日本でも良く見かけますが タイのスーパーマーケットのピラ、チラシです。
バンコク等都会は知りませんが 田舎では 日本と違って新聞折り込みではなく(と言っても 新聞の宅配システムは?) 路上での配布が主体の様子です。各地で意識して 受け取り 日本に持ち帰るようにしています。

1バーツは 日本円で 凡そ 3円程度ですが 値段感覚は 日本円に置き換えて それを 10倍してみればタイ庶民の感覚に近づきます。たとえば テレビ27,400バーツは 日本円換算で8万円程度の物ですが タイの生活感覚では 日本人が日本で80万程度のテレビを買う感覚に 近いと 私は思います。
 タイでの 電化製品のチラシ。最上段のテレビから 冷蔵庫、洗濯機と並んでいます。3種の神器なのだろう。

値段は、テレビは  6,550〜27,400バーツ、
冷蔵庫は 4,799〜14,500バーツ、
洗濯機は 2,949〜17,100バーツ。
HITACHI、SHARPの名前も。

冷蔵庫は 何故か どこの家庭でも 太い木枠の台に 大事そうに 乗せられていて その木枠は市販されている。
 これも タイでの 電化製品のチラシ。最上段から ステレオコンポ、ラジカセ、ビデオ、ガス器具、炊飯器などが。

値段は、ステレオコンポは 5,999〜9,900バーツ、
ラジカセは 450と999バーツ、
ビデオは 1,949と4,590バーツ、
炊飯器は 399〜4,490バーツ。

 タイでは 電気炊飯器は かなり 各家庭に普及しているが、停電が多いラオス、ミャンマーでは まだ普及していない。
 タイでの 別の店の 日用品のチラシ。ホットシャワー付きG/Hでお世話になる電気湯沸し器が 1,988〜4,800バーツ。SOFEE関連が 455から1,795バーツ。

余談だが 私の妻がタイ人に持っていくお土産は このSOFEE関連が多い。日本製は質が全く違うそうで 喜ばれている。
 カセットテープは MAXELLが90分3本で63バーツ、TDKが60分5本で85バーツ。

 何故か キャンプ用品があり シュラフ、テント、手袋等が。写真フィルムのバーゲンも。タイでも ”レジャー”という概念が 定着しつつあるのだろう。
タイ・HONDAのバイクの商品パンフレット。メインストリートのあちこちに HONDA、YAMAHA、KAWASAKIの販売店が見られる。

50ccバイクで 4万バーツ程度と 相当な高級品で 新車は高嶺の花だ。

タイの自動二輪車の年間国内(新車)需要は90万台で ホンダが75%の圧倒的なシェアを保持している。因みに 自動車(新車)年間販売台数は まだ 30万台に 過ぎない。
 ラオス・ヴィエンチャン、ワット・タット・ルアン祭りでの博覧展示会で並んでいた50ccバイクで 近づいて ため息をついている人も。

 値段は お祭り特別価格で 8,800,000と8,900,000KIP(44,000バーツ程度)。ラオス政府高級役人の年収の何倍にもなる値段だ。

 外人観光客が ”安い”を ラオス国内あちこちで連発すれば あるいは 1泊20ドルするホテル等は 国民感情の反発も ある意味では。。。外人溜まり場狙いの爆弾事件頻発は 理解できない訳でもない。
patch7 TOP laos