バス、トラック、飛行機、列車など 色々な交通機関に お世話になりますが 切符には 乗車した日付、発車時刻、運賃等 記念になる事項が記載されていて 必ず持ち帰って 保管するようにしています。
1998年3月 タイ・ウボンラチャタニーからスゥリンまで タイ国鉄・3等車に乗ったオンライン化される前の切符。31バーツ。

ウボンのワーリン駅に着いた時に 窓口には駅係員がいなくて 地元の高校生が待合室がわりに使っていた。彼らに 料金と発車時刻を 教えていただいた。駅構内の売店で食料を買い 木のベンチに座って 集まってくる人々を じっと見つめていた。

向かいの座席に座った スィサケートに住む男子高校生が つっけんどんに ちょっと反発的に イラ付いた表情で 英語で 毎度のように独り旅の私に 質問をしてきました。
"どうしてタイを旅しているんだ" "どうして 日本人は 集団で旅するのだ" "タイは貧しい国だから 安上がりというのが理由だろう" 等々 どちらかと言えば 反日感情剥き出しの表情でした。

若いタイ青年の 「日本人」イメージの 一面的な見方を融かすために 丁寧に お答えしましたが。
2000年11月 ウボンからスゥリンに乗った時は オンライン化されていて 切符は端末からアウトプット。値段は 同じ 31バーツだった。

以前 コラートからバンコクに戻る時に どうしても1等車に乗りたくて 駅窓口に申込んだところ 駅員は発車時刻間際になっても切符を発行してくれず 頼りは 貴方だけとの目つきをして 窓口の前に座っいました。列車が到着した時 当の駅員が急に走り出しました。必死に彼の後を追いました。

結果は 列車の車掌に空席があるかを 直接確認するためでした。電話でやりとりしていて オンライン化前だったので座席指定の1等車は この駅では空席状況が 当日始発駅発車後は 不明だったのです。事情を知らず ご迷惑を掛けました。
1990年6月 タイのラオス国境の町/ノーンカイから クルンテープ(バンコク)まで タイ国鉄の1等ツイン個室寝台に乗った時の 切符。値段は 730バーツだった。

エアコンが効き過ぎて 寒かった。食堂車の出前料理が おいしかった。バンコクに到着する直前 電池式のヒゲソリを使っていて その音を車掌に不審がられて急襲を。そんな記憶が つい この前のような。

最近 駅が少し移転して 趣は変わっていますが 当時の駅前は 本当に田舎の駅でした。午後7時頃の発車ですが 午前中から 人が集まってきていて 延々とおしゃべりをしながら 待っていました。駅前の食堂も賑わっていました。

1998年10月の時は 女房と乗ったのですが 当日の正午過ぎに ノーンカイ駅の窓口でツイン1室個室ゲット(運賃497+寝台580=1,077バーツ/人)のはずが 別々のキャビンとなっていて 車掌さん等予約済み白人さんに 大変 ご迷惑を掛けました。 いつもの独り旅の気楽さでの切符購入が 騒動を巻き起こしてしまいました。
2001年1月 タイ/チェンマイから スゥコータイヘのバス切符

タイでは いろいろな私営バスがあって 値段、所要時間、バスの装備もマチマチで 自分の事情に応じて使い分ける必要があります。 ターミナル近くにある各会社の事務所を歩き回って 事情の違いを確認しないと 期待に反する目に逢うことも。

これは この地域専門の 「ウィン・トゥア」。 153バーツで 値段は高いバス。このウィン・トゥアも とりあえずは目的地には到着できるが 各駅停車もあれば 貨物兼用バスもある。
ラオス・ラオス航空のボーディング・パス。  座席指定は無く 早い者勝ちの席取り。窓側に座りたかったら 先手必勝 スチュワーデスは居ない路線が多く 搭乗時の梯子階段を上る時に 空港職員が キャンディーの入った篭で 機内サービスの変わり。それだけ。国内線でも 空港係官にパスパートの提示・チェックが不可欠。

国内線は 古い機材、レーダーの無い有視界飛行、操縦室との扉は開いたまま、機内に雲が入りこむ、水滴が膝に落ちる、良く山に激突する等々 乗客の命がけ?のフライト。  なにせ ポンサリーとかサワンナケートには 実際には飛んではいないのに 堂々と 航空路線図に記載している航空会社。でも 職員は 皆んな 素敵な人達 。

サムヌア空港ではルアンプラバンからの到着便を ちゃんと見ていたので 2000年4月 ルアンプラバンのラオス航空支店窓口でサムヌア便を予約しようとすると そんなルートは無いとの返事。外人用に公開しているものと現地人用のフライトスケジュールは 別々だと解釈すべきみたいとも。

でも ルアンプラバンのラオス航空支店は 座席キープは 顔なじみの現地旅行代理店の係員優先みたい。個人で予約・座席キープに出向いても 後回しみたいで 挙句に 満席の言葉を連発するとしか思えなかった。
ラオス航空のバゲージ・クレイムタグ。  ちょっと いい加減で 行き先とは違う都市名のタグを 堂々と 使用することも。ちょっと 焦(あせ)るよ。
ヴィエンチャンの今の国内線ビルは 元の 国際線用。今の新しい国際線用のビルは 日本からの借款で建築されていて 白人が曰く 「さすが日本。ビルの屋根まで 日本風瓦葺屋根にデザインして誇示している」と失笑しているが。

ヴィエンチャン空港は最近 さすがに変化したが 以前は フライトのアナウンスも表示も無く 急に現地人がビル搭乗口から 歩き出して行き その度に あわててボーディング・パスを係員に見せて 自分の乗りたい飛行機かと 尋ねていた。

航空運賃は 外人料金は現地人料金の 多分 4倍はしていると思う。それでも ラオス/エリート公務員の月給が 20ドルを思えば 現地人にすれば 目玉の飛び出る料金だ。座席ベルトの意味を全く理解しない人 窓の外を意識して絶対見ようとしない人 乗ってから 離陸・着陸までの間 念仏を小声で称え続ける人 様々だ。

日本の40年前に 日本航空(JAL)の飛行機(もちろん プロペラ)に 憧れ航路の海外なんて居るハズもなく(”パンナムで行くハワイ”が最高のクイズ目玉景品) 国内線で乗ったことのある人は 村民全員では 1人か2人だった気がする。機内で配布される 日本航空の機体が写っている絵はがきを 最高級の お土産として 自慢していたおじさん。そんな日本の つい この前の時代を思い出します。
patch6 TOP patch8