アジアの絹織物に関する書物、雑誌、出版物が極めて少なく 旅の途中で目に入ったものは ほんの僅かな記述でも 後々 何かの役に立つと思って 持ち帰ることにしています。

 これは 2001年に タイ航空の国内線に搭乗した際 何気なく見た機内誌に書き込まれていた「An Active Exponent of Thai Silk」と題する 英語・タイ語併記の記事です。当時、タイを訪れた時に 東北地方の食堂の 何気なく見ていたテレビで、素敵なタイシルクが所狭しと飾られている この風景が報道されていました。来年こそは 見に行こうと。。

アジア織物愛好家は 是非 11月に開催される このフェスティバルには 訪れて見て下さい。
会場でのシリキット王妃
タイ航空国内線機内誌 「キンナリー」
-2001年01月号
コンテスト入賞タイ・シルク
(機内誌・記事内容)
毎年11月に タイ・サコーンナコーン県で開催される  伝統的タイシルクのフェスティバル&コンテスト

An Active Exponent of Thai Silk

 綺麗な模様の 色とりどりのタイシルクが タイ・サコーンナコーン県のシルクテーマパークの中にある プゥパン宮殿のカムホーム中庭の趣を一変させています。シルク・フェスティパルが 毎年 シリキット王妃が東北地方を巡行の際 プゥパン宮殿に立ち寄るのにあわせて 毎年 この中庭で開催されています。

 このフェスティバルは タイシルク織物の宣伝と販売促進を目的とするコンテストが特色となっています。これは あわせて タイシルク織物伝統を根付かせることに励んでいる村人達に 自信を 与える狙いもあります。

 2000年11月に中庭で開催されたタイシルク・コンテストは シリキット王妃が座長を務めました。あわせて タイ王室から マハ・ワチュラロンコン皇太子殿下、シーワンワレ・マヒドル王妃陛下も出席されました。

 このコンテストは 新作・伝統模様のマットミー、ハーン・クラローク、プレワー、ルーク・ケェウ、キット、クレッタオなど 伝統的タイシルクの技法毎に 12のカテゴリーから構成されています。

 コンテストで賞を得た 全てのタイシルクが カムホーム中庭を 埋め尽くして陳列されています。そして 会場は霊山であるヒンマパン森林に移動し タイシルク・コンテストのカテゴリー毎に 展示されます。神話に登場する色々な生き物、神々、悪霊などを模した衣装を着た人たちが 舞踏を始めます。

 ヒンマパン森林の中心にあるメル丘は 何重ものタイシルクに埋め尽くされます。たくさんの踊り手たちが メル丘の周りを囲みながら 列をなして踊ります。メル丘の周辺にあるアノダート池では 神話上の生き物、たとえば 人魚、孔雀、キンナリー(半人半鳥)、馬、蛇などに ドレスアップした若い男女たちが 集まります。

 展示されるタイシルクの中には スゥリン地方の伝統的な模様であるハーン・クラローク・シルクで 69メートルの長さの物もありました。これは スゥリンのシコラプゥーム地方・プラトゥーム村の織り手たちが シリキット王妃の68歳の誕生日お祝いとしてプレゼントしたものです。

 また 王妃のこれまでの活動を布に織り込んだ 9メートルの長さのシルクもありました。 一枚のシルクを織り上げるのに 2キログラムもの絹糸を使用しています。このことは あわせて 絹織物を織るのに必要な養蚕技術が優秀であることも 誇示しています。

 シルク・コンテストは タイ・シルクの素晴らしさをPRするだけの目的ではなく あわせて タイ東北地方女性たちの手織り技術を世間一般に知らしめる目的もあります。ファッション・デザイナー、一流の外国ブティック経営者、海外の外交官・政治家・各民間機関の代表の奥様たちが 集まってきます。

 このシルク織物プロジェクトは シリキット王妃が主宰するSUPPORT基金の一環として行われています。この基金は シリキット王妃が 地方の人々に 家族を養うのに十分な収入を得られるようにと 創設されたものです。このシルク織物プロジェクトは タイの各地に存在するタイ・シルクの素晴らしい伝統を 次の世代に伝えていくことにも貢献しています。
(1)ハーン=尻尾、クラローク=リスの類  (2)ルーク・ケェウ=球状の飾り物、 (3) クレッ=小片、タオ=亀 
patch7 TOP laos