タイ・ノンカーイとラオス・ヴィエンチャン(タナレーン)の間のメコン川に架かる 1240mの友好橋(Thai-Lao Friendship Bridge、Sapan Mittaphap Thai−Lao)が 1994年4月に開通した。

取得したVISAは ヴィエンチャン周辺しか移動できないものであったが ラオス側から この橋を歩いて国境を越えたかったのと ラオス最大の ワット・タートルアンのお祭りを見たかったことから 1994年11月に ラオスを訪れた。

その時の様子を伝える品々・写真です。ほぼ10年が過ぎましたが 現状とは 隔世の感があります。
10年前 1994年当時の ラオス友好橋 近郊風景
公定レートでは大損なので タラート・サオの闇(?)両替でT/C20US$を両替した時の明細。手数料として2ドルを引かれ レートは 1ドルあたり 718キップであった。インフレが進展し 今は 7200キップ程度。
因みに 当時 1US$T/Cは 25バーツ。
ヴィエンチャンのメコン川土手上の掘建て小屋の食堂で トゥクトゥクのお兄さんと食べた時の請求明細書。
トムヤムパーが 一人前3000キップ、ラープ・ガイが 一人前2000キップ、ビヤラオが一本600キップ。
ラオス・ヴイエンチャンのパトゥーサイ(アーヌサワリー)の入場料は 200キップであった。
現在は 1000キップ になっている。
ラオス・ヴィエンチャンのメコン川土手から見えた フランス風建築の名残りのある民家。いまは 現代的な建物での町並みに変わってしまった。メコン川土手の屋台風景も一変している。 ヴィエンチャン・メインストーリートのラーンサーン通りの風景。まだ 自動車・バイクも少なく 通りの両脇には雑草が生えていて 繋がれた牛が 草を食むでいる箇所もあった。のどかであった。
友好橋で ラオス・イミグレからタイに向かう 橋を渡るシャトルバス発着風景。 料金は 10バーツ。 歩いて橋を渡りたいとお願いしてみたが 当然 NOであった。 まだまだ 手続きに並ぶ外人旅行客も少なく また 橋を渡るトラックも数える程で 静かな雰囲気であった。イミグレの建物の周りには 免税店などあるはずもなく まったく何もなく イミグレの二階に 小さな喫茶店があった。
現在は無くなった 友好橋・イミグレ2階の喫茶店の 1994年当時のメニューと料金
all kinds of canned beer 1000キップ
Lao beer (bottle) 1000キップ
all kinds of canned soft drink 500キップ
drinking water 200キップ
all kinds of canned fruit juice 500キップ
soft drink (bottle) 250キップ
tea + ovaltine 250キップ
(インフレが進み 値段は 隔世の感です)
ラオスからタイに向かう橋の入り口。まだまだ 至る所で地盤整備の工事が続いていた。タイ側からのタクシー、トゥクトゥクが イミグレ建物の至近まで 入り込んでいた。 当時のタイ側の橋の入り口風景。
この時の私には 出口であったが。
patch7 TOP laos