毎回の織物出会い旅毎に ラオスで買い込んできた絵葉書です。外人観光客用の土産品としては 絵葉書は 人気が高いようだ。1枚 2000キップ(約30円)程度。観光名所のものが主流で この種の少数民族の絵葉書は売れ筋ではないためか どの店にもあるという訳でなく あっても たった1枚ということが多く 探す、見つけ出すのに苦労が要る。

でも 見つけた時には ついつい 歓喜の大声を出してしまう。特に 糸紡ぎ、繰り、織り、布、織物の風景が撮影されている絵葉書は 必ず 買い込むことにしている。これを日本で見ていると 実際に出会った錯覚に陥る。

布自体には そこそこ興味があるのですが 民族自体には今一つの知識です。不正確な記述があるかもしれません。
ヤオ族;ラオス北部 ポンサリー ホー族;ラオス北部 ポンサリー
YAO,MIEN,MIAO,LU MIEN,MANと称される。 LU MIENとMANは野蛮人を意味するベトナム語。 ラオスの居住人口は 23,000程。"藍を着る民"を意味する「ランテン」とも総称される。  頭巾の巻き方と装飾品が特徴。ラオスには一万人程度で90%がポンサリー。この絵葉書を 女房が見つけ 自分の小さい時の顔にそっくりと驚喜
ローロー族;ラオス北部 ポンサリー モン族:ラオス西南部 フェーサイ
 長い幅広の布を頭に巻きつけるのは ホー族と同じだが 装飾品は布と一緒に巻き付けた後 一部分を布の外に見せる。ラオスには1,500人程度。英語表記"LOLO"を和訳すると「ロロ」になるが ラオス語では長母音の"オ"なので ローローが正確。  「メオ」とも称されるが 「猫」を想定した中国での蔑称(苗・ミャオ)で「未開人・野蛮人」を意味するとして ラオスでは 使用されない(cf;Lao Hill Tribes p33)。ラオスではモン・カァウ(白)、モン・ラーイ(ストライプ)が主流で 26万人程。
タリアン族;ラオス南部 サラワン コー族;ラオス北部 ポンサリー
 パクセーに橋ができ タイ人がマイクロバスで南部を観光することが増え タイ人相手に布を売り出し始めた。赤、黒色を主体した腰織りで 小さいビーズが織りこまれる木綿の厚手の布。民族の移動・同化が進んでいて 布の特徴も融合してきた感。  22派に細分されるが 一般的には「アカ」(中国:ハニ)と総称されている。タイでは"下等奴隷"を意味する蔑称「イコー」とも。ラオスではコーと総称し10派程度に細分される。頭巾というよりヘッドギアが特徴。ポンサリーに3万人、ルアンナムタに2万6千人。
patch7 TOP laos