site club

このsiteを  ご紹介いただいている皆様です。  ありがとうごさいます。


織物

oribito

Top page link page http://www.oribito.com/
ラオス・タイの染織情報を豊富な写真と共に紹介。このサイトが一番詳しいかも。
 手織りや手紡ぎが大好きなウィーバー&スピナーのためのホームページです。 国内だけでなく 海外のサイトもある染織関連リンクは 斎藤義晴代表のポリシーが明確で 充実しています。

silk new wave

Top page link page http://www.nias.affrc.go.jp/
このところ話題になっている東南アジアのラオス、ミヤンマー、タイ等の国々の養蚕〜染色〜整経〜糸繰り〜製織まで幅広く写真入りで紹介されています。興味深い内容になっています。
独立行政法人 農業生物資源研究所 (NIAS;農林水産省 旧蚕糸・昆虫農業技術研究所)>Silk New Wave(カイコ・蚕糸・染織 etc.に関心のある人のためのページ)>東南アジアの染め・織り /今井恒夫 氏の発言です。

国立国会図書館

Top page link page http://www.ndl.go.jp/index.html
 インターネット上に存在する豊富なデータベースは、学術研究はもとより、 多方面にわたる調査に不可欠であり、質的にも量的にも重要な情報資源です。国立国会図書館では、電子図書館事業の一つとして、インターネット上の各種データベース・サイトを案内する「国立国会図書館データベース・ナビゲーション・サービス」(Dnavi)をおこなっており  「アジア織物用語集」を リンク収載しました。
National  Diet  Library == データベース・ナビゲーション・サービス(Dnavi)。 収録データベース数:約9,000件。 テーマ検索>芸術>75 工芸(16件)>753 染織工芸(3件) 

香川県立図書館

Top page link page http://www.library.pref.kagawa.jp/
図書館、郷土、その他情報源 --- 300社会科学 383 衣食住の習俗
NDC(日本十進分類法)順に1043のサイトが リストアップされています。

YAHOO !  JAPAN

Top page link page http://www.yahoo.co.jp/
タイ、ラオス、ミャンマー、インドネシアの織物と人々の生活、関連用語集等を掲載。
- 東南アジアの美しい織物を求めて旅に出た作者が見たもの、出会った人々とは? 織り文化と人々の深い結びつきをこのサイトから感じ取ってみよう。
地域情報>世界の地方(942site)>アジア(278)>生活文化(13) のカテゴリーに紹介されています。
***  2002/03/25、YAHOO! JAPAN 「今日のおすすめサイト」に ピックアップされました。

バンコクの写真

Top page link page http://www.ajisai.sakura.ne.jp/~tabi/index.htm
圧倒される大変な量、そんなHP、最近リンクした中に3つありました。そのかけられたエネルギーがすごい。もちろん質もすばらしいのだが。しかも、内容が絞り込んである。だから、その分野においては何でもある。
タイを深く知る>>仏教・芸術。 画面サイズ毎の 300枚もの壁紙を中心に運営しているHPです。 SHYで 武骨なのですが 風俗とは無縁の 水平な目線でアジアのバンコクを 画像を通して 伝わってきます。 タイ・バンコクを心底愛していらっしゃることが 伝わってきます。 毎月 更新されているカレンダーを デスクトップに 貼り付ける のも 楽しめます。

旅人文庫

Top page link page http://homepage2.nifty.com/keny/
こちらのサイトの作者さんは何度もラオスを訪れ、その膨大な記録をこのサイトに載せておられます。“ラオスの歩き方”から進むとテーマごと場所ごとの情報を見ることが出来ます。
スペイン語学・言語学大学院生のkenyさんのサイト。世界各国・地域の旅行記リンクを個人で運営される労力には頭が下がります。トピックスは毎日更新されています。

ショップ

new road

Top page Link page http://newroad21.com/
こちらのサイトを拝見致しまして、あまりの素晴らしさに感動 しました。
タイ陶器、陶芸を 雑貨・物として販売するのではなく 生産国では自国の誇りと感じている文化の結晶を お伝え・お渡したい そんな経営policy が サイトから 伝わってきて 共感できるお店です。ビジネス、経済に対する目線も 熟練していて 根をしっかり付けた実業shopです。

 元タイ国駐在員の こちらのショップ・オーナーが ”役に立つ! タイ語関連書籍・・・タイのキーワード集”を 出版されています。1,600円。 ”マットミー”の用語解説の欄に このHPアドレスが 紹介されています。多謝。。。 お買い求める価値充分です。