Archives_02//Theme もどる
テーマ ; 死の彷徨   カンティア (タイ人の見る日本)
死の彷徨 (サラリーマンリーダー心得)
18/OCT/01  新田次郎著 「八甲田山死の彷徨」を思い出しています。 映画「八甲田山」にもなった原作ですからご存知の方は多いでしょう。

 日露戦争を前に 厳冬の 青森・八甲田山で過酷な訓練が行われた。神田大尉が率いる青森第5連隊は大吹雪の雪中で  前進撤退を協議している時 組織トップ・大隊長が突如の ”前進”の命令を下し  中間管理職の思いと 上司の思いが錯綜し 「やっぱり」 「だから」の組織内 疑心暗鬼の中 指揮命令の無責任さと不消化から 部下隊員200名が死ぬ 最大の惨事を招き、一方の 徳島大尉率いる弘前第31連隊は 全員 目的を達成し 無事 帰還した。 来年は 事件発生後 丁度 100年目にあたります。

 先行き不透明・ファジィーの中 どの組織のトップも 信念を持って前進後退の号令を出さない中 黙って連いていく 庶民・部下は 一歩間違えば 生死を 分ける。 それを 結果・運命・寿命という2字の言葉では あまりにも 残酷。 最近 とみに 経営者・幹部 (と言っても 元々は サラリーマン)の無能により 崩壊する組織が増えている。それを 「未曾有の経済環境」 の一言で 総括されたら 従順に日々精励していた部下・その家族 は その後の困苦を考えれば タマラない。

「敗軍の 兵を語らず」は良く聞くが 「敗軍の 将を語れず」では 無残だ。

 これから記述して行きます 新田次郎氏の著作 の一部分は 全て 現代の会社組織(サラリーマン組織)を念頭に置いて 削ぎ落としているもので お近くに 仕事上の出来事、 同僚、上司、役員、トップの中に 当てはまる 内容、思い当たる節・人物 が 必ず どこかに ある・いる と思います。

  少なくとも 会社組織の どこかの部署に 神田(青森発)が居て、徳島(弘前発)が居る ハズです。
死の彷徨(1)
19/OCT/01 スタート させます。

青森 第5連隊及び 弘前 第31連隊は 第4旅団に属し その旅団は第8師団に属していた。
第8師団参謀長中林大佐が言った。

「日露両国が戦争状態に入った場合 鉄道及び道路が艦砲射撃で破壊されることが予想され 青森と弘前、青森と八戸方面の交通は八甲田山系を縦断する道路を利用せざるを得ないだろう。夏期はなんとかなるとして 冬の交通路が設定できるか全く不明である。 厳寒、深雪を冒(おか)して軍の移動が可能なるや否や、また可能ならしむるためには、如何なる方法を用いるべきかの研究がなされていない」 

神田(青森発 第5連隊)・徳島大尉(弘前発 第31連隊)も参加していた 11月末の会議の席上だった。
死の彷徨(2)
26/OCT/01 弘前第31連隊長の児島大佐に 徳島大尉(弘前発)は 「雪中行軍実施計画書」の概要を持って行った。
大佐は言った。「八甲田山は無理と思うか。なんでもいいから率直に言って見るがいい」
徳島は言った。「すべてをおまかせ願いたい のです」
大佐は 「すべてをお前にまかせるという約束で始めたことではないか。そして その通りに進んで来たのではないか、これ以上なにをまかせろというのか」

弘前・徳島
は 「これからの問題を言っているのです。行軍の編成・装備については いっさいこの徳島が建てた計画を そのまま取り上げていただきたいのです」
大佐は 計画書を読んで声を上げた 「これはどういうことだ」。  兵卒の数が 非常に少ない 小隊だった。

  12月25日 全員で38名の小隊にて 徳島大尉 弘前第31連隊の行軍編成は終った。
死の彷徨(3)
26/OCT/01 青森第5連隊 第2大隊長山田少佐は 神田大尉(青森発)に 言った。
「雪中行軍は中隊編成でやるべきと思う。本連隊全体がこれに参加する形式の 中隊 を編成し、これに大隊本部が随行する形式の実行計画を作成して貰いたい」

神田
は 内心 思った。
(これはまずい。指揮系統にいささかでも無理があるような編成は いざという時混乱を起こすおそれがある) 
大隊長は 「なにか言いたいことがあるのか」、、神田は 「なにもございません。早速 その編成にとりかかります」 即座に 答えた。

出発する5日前、徳島大尉 弘前第31連隊が出発する 2日前の 1月18日のことだった。
死の彷徨(4)
29/OCT/01 青森第5連隊大隊長 山田少佐は 神田大尉 (青森発)の計画書を 連隊長 津村中佐に持って行った。

連隊長は 意外な表情をして言った「小隊編成でやるのではないのか」。 そうは言ったが 連隊全部から人を集めて中隊を編成するのに異存はなかった。
ただ 大隊長・山田が随行することが気になった。そして念をおした。「中隊での行軍の指揮は 神田大尉が取るのだな」

大隊長は 言った。「中隊の指揮はいっさい神田大尉にまかせて置きます」 津村連隊長は しばらくは計画書に捺印することをためらっていた。

 決裁を仰いだ 山田大隊長は 最早 案を練り直している時間はない として 「弘前第31連隊は 今朝未明に 既に出発しました」 と言った。 
 ある意味では 「時間切れ」御旗の サラリーマンとしてのテクニック だったのかも しれない。 

 津村連隊長は  ううむと 一言 口の中で低い唸り声を出してから 雪中行軍実施計画伺い書に捺印した。1月20日のことだった。出発まで 後 3日と迫っていた。
 青森第5連隊は 一種熱っぽい空気に包まれた。 が 誰一人として 雪中行軍を死の行軍のように考えている 兵卒は いなかった。 始まりだった。
死の彷徨(5)
30/OCT/01 神田大尉 青森第5連隊・総勢210名は 弘前第31連隊 徳島大尉が 八甲田山中で 現地人もかつて経験のない大吹雪で苦しんでいた1月23日 午前7時 出発した。
 山の入口の村で 大隊長山田の怒鳴る声が神田(青森発)の耳に入った。 「お前たちは案内料が欲しいからそのようなことを言うのだろう」 「雪の中をいく軍(いくさ)と書いて雪中行軍と読むのだ。いくさをするのにいちいち (アルバイトの)案内人を頼んでおられるか。 案内料を稼ぎたがる人間どもより、ずっと役に立つ案内人を軍は持っている。それは磁石というものだ」。 この怒鳴った言葉は 実はそのまま 神田 に対して案内人を使ってはならぬ と命令したのである。 

 神田としては 案内人が如何に必要かは承知していたが もはや なにもいうことはなかった。 「出発用意! 前へ進め」の号令が 上司・山田の口から発せられた。

 部下は 何かの理由で指揮は 神田に代わって 山田が 直接取ることになった と思った。
死の彷徨(6)
30/OCT/01 弘前第31連隊 徳島(弘前発)は1月20日 午前5時半に出発した。青森連隊とは 逆のルートを通り 11日間の行軍予定であった。

 徳島隊は 装備をできるかぎり軽くした。 炊事道具や食糧、物資などを 一まとめにしてもって 歩くようなことはしなかった。 彼等は昼食及び非常食を各自が携行するだけで、必要物資は行く先々の村落で買い求め、食事も宿舎も村民に依存する方針であった。 小隊全員が 平均した重量を担い、特に重い物を持たねばならないような者はいなかった。

 1月24日 暴風雪・雪地獄は 23日に続いて いささかもおさまる模様を見せなかった。 村の古老たちは、口々に、いくら兵隊さんたちでも この吹雪では無理だと言った。 弘前 徳島は 今日の行軍するについての適当なる案内人を探せと隊員に通達した。 
 隊員は 徳島が 案内人に絶対的な信頼を置くことに一抹の不安を感じていた。 

 徳島は 半ば独白であった「将校たる者は、その人間が信用できるかどうか見極めるだけの能力がなければならない。 他人(ひと)を信ずることのできない者 は自分自身を見失ってしまうものだ」。

 「実家に行くために、年に何回となく、この道は通っている。このくらいの吹雪で道を迷うようなことはないつもりです」。 
 村人の嫁の さわ が言った。 さわ を道案内人として暴風雪を冒して出発した。
死の彷徨(7)
09/NOV/01 青森第5連隊の出発間もなく 風速が加速度的に増大し 吹雪の様相を帯びて来た。
出発したときとは比較にならない情況に変わりつつあった。 軍医は神田(青森発)に進言した  「雪中行軍は中止して、ひとまず帰営すべきと思います」 
神田は同意したが  山田を納得させる理由がほしかった。 「帰営の理由は ?」 

 軍医は言った 「天候の急変です。隊員の服装はこの深雪を行軍するには不充分です。このまま前進することは危険です」  
  神田は山田に進言した。 山田は各小隊長を集めた。 吹雪の中で立ったまま作戦会議が開かれた。 神田が指揮官であるから 軍医の進言を受け入れた時点で退却は決まったも同然であった。 だが 全将校を集めて議論を始めたことは、指揮不統一を 部下の前に公開した と同じことであった。 異例であった。

 部下の中には 神田の腹が退却に決まったらそれでいいと思っていた。 上司の 山田がなぜ将校全部を集めたのか その真意を疑う者もいた。

一人の下士官が山田に言った「進軍は不可能だと言われましたが 不可能を可能とするのが 日本の軍隊ではないでしょうか」 

 大隊長 山田少佐は 突然軍刀を抜き、吹雪に向って 「前進!」と 怒鳴った。 神田は顔色を変えた。 
 だが すべては終わった。 前進の命令が発せられたのであった。    時に 青森出発5時間後の 1月23日 12時15分であった。
死の彷徨(8)
12/NOV/01 青森第5連隊 神田は 磁石を頼りに歩いた。 だが 寒気が厳しくなると磁石が利(き)かなくなることを知っていた。 神田(青森発)は 祈りたい気持ちだった。
 1台4名で引いている14台の橇(そり)が 隊の行軍の速度を極度に遅らせていた。 橇には 隊の食糧、燃料で 1台平均約100kg近く積んであった。 
 傾斜が急になり しかも雪が深く その雪も ふわふわとした軽い雪であり 先頭が雪を踏み固めて道を開いて進むわけにはゆかなかった。

 神田は 大隊長山田に言った。 「橇を放棄し 人の背によって運搬するようにしたい」 

 山田は申し出を却下した。
 「そう簡単に橇を捨てることはあるまい。そのうち楽に動けるようになるかもしれない。いよいよ駄目だというときになって捨てても遅くない」 地吹雪の中を 声もなく進軍した。
死の彷徨(9)
19/CT/01 弘前第31連隊徳島(弘前発)が ”さわ”女 の案内で出発した 1月24日は 吹雪は覚悟していたが それは吹雪をとおり越し 雪の狂乱だった。
  (その日 青森第5連隊は 気象の急変により 死の行軍となっていた)
 隊は 案内人・さわ女について行けなかった。 後を追うのがせい一杯だった。 隊員たちは これこそ 雪地獄 というものだと思った。 だが、

 彼等は死の恐怖は抱かなかった。 さわ女が 先頭にいるかぎり生きる望みはあった。 時折 彼女は 「兵隊さん、しっかりしなさい」「隊長さん、なにしてるだべ」などと言った。

 そこには 大尉も中尉もなく 指揮官は案内人のさわ女 であった。
 さわ女は言った「もうここまで来たら大丈夫だから 弁当を食べましょう」。 隊員たちは 油紙に包んで 肌に抱いていた 焼いた粟餅(あわもち)を食べた。凍っては いなかった。
死の彷徨(10)
23/NOV/01 青森第5連隊の 出発当日の昼食は悲惨だった。
隊員たちは それぞれの雑嚢や背嚢から 握り飯を出したが それは 石 のように凍っていた。

 こんなものが食べられるものかと 凍った握り飯を雪の中に捨てる者もいた。 握り飯を捨てて 餅にかじりついても 凍っていることには変わりがなかった。 彼等は 携行食として 握り飯と餅 しか持っていなかったから それらの物を食べないとすれば 昼食を摂らないと同じことであった。 雪中行軍には食事が大事であった。

 自分の知恵で 握り飯を凍らないようにした者がいた。 多くは 山間部出身者で 厳冬期の山仕事にたずさわったことのある者であった。
  だが 多くの隊員は 空腹よりも 寒さのほうがこたえた。
死の彷徨(11)
27/NOV/01 青森第5連隊神田(青森発)は 出発日 1月23日の当初目的地まで あと2kmのところまで来たことを自認した。 

神田が至急 手を打たねばならないことは 2kmも後方に居る橇(そり)隊を本隊へ収容することと 暗くならないうちに目的地への道をつけることであった。 夜はすぐそこまで来ていた。

 それまで悪いながらも小康状態を続けていた天気が一変した。 それは 目の前に突然雪崩が起こったかのようであった。 その暴風雪の中 本隊は 悪戦苦闘して荷物を運ぶ橇(そり)隊を 強風に打たれたまま 2時間余り待たねばならなかった。 橇隊が本隊に追いついた時は 神田が恐れていた 夜になっていた。

 大隊長山田は 橇を放棄するよう命じた。 いまさら その命令が出ても出なくても 橇隊はもはや一寸も動けなくなっていた。 
 午後9時 猛吹雪の中 風を防ぐことが出来ない地点での露営が決定された。
死の彷徨(12)
27/NOV/01 青森第5連隊神田は 行軍中 大隊長山田の号令を聞くたびに神経質に唇を震わせた。

彼は今まで 上司・大隊長山田を信頼していた。 尊敬もしていた。 だが 今度の雪中行軍における山田の行動・態度は了解に苦しむほど奇怪であった。
 
 神田は 強いてこう思いこもうとした。 
 「大隊長山田が指揮官として自ら号令を掛ける以上、自分は指揮官としての権限を返上 して 一将校として従っておればよいのだ」
死の彷徨(13)
22/DEC/01 青森第5連隊の露営地で 炊事班が飯を炊きにかかったが 火の熱で雪が 融け水となり 火を消すの 繰返しで 吹雪の中では いかに炊事が困難であるかを知らされた。 橇隊の兵は 下着は汗でびっしょり 濡れていたが 着替えもなく 特にみじめであった
 気温が著しく降下し 寒気は外套を通し その寒さは耐えがたかった。

 大隊長山田は 神田を呼んで 直ちに 出発して 帰営するよう命じた。

お言葉ではありますが 現在地点もはっきり分かっていないのですから 深夜に動くことは非常に危険です。 夜明けまで出発を待って下さい」

 「すぐ出発しろ」---  神田は 命令に逆らうことはできなかった。 24日深夜 午前2時 いざ出発(帰営)の号令が掛かった。

 死の彷徨のクライマックスが 幕を開けた。
死の彷徨(14)
30/DEC/01 弘前第31連隊 徳島大尉(弘前発)は 雪中行軍計画策定に当って 連隊長 児島大佐に こう言った。

 「この雪中行軍が死の行軍になるか、輝かしい凱旋になるかは、この行軍に加わる人によって決まります。 
  雪地獄の中で一人の落伍者が出ればこれを救うために十人の落伍者が出、十人の落伍者を助けるために小隊は全滅するでしょう。雪地獄とはそういうものです」

 連隊長児島は 徳島大尉 のような部下を、何人か 持ったことがあった。 
 こういう男がこういう言い方 を する場合は、その事柄が意外に重大なものであることが往々にしてあった。 注意してかからないといけない と思った。
死の彷徨(15)
このページの先頭に戻る
30/DEC/01 青森第5連隊 大隊長山田少佐が言った 「神田大尉はなにをしているのだ」 

神田の意見を一蹴(いっしゅう)し 帰営のため 無謀にも 深夜に出発した 2時間後の 午前4時のことであった。

 山田少佐の直ぐ後を歩いていた曹長が進言した 
 「どうやら我々は道を間違えたようであります」
 「自分は以前に この道を通った覚えがあります。このブナの木に覚えがあります。 ここを右に廻りこんだ道が目的地です」

 山田は言った。
 
 「どうして もっと早く言わなかったのか」 「目的地まで お前が案内しろ」 「ようし 帰営の予定を変更して 当初予定の目的地へ向うぞ」  

暗夜で何も見えないのに 提灯(ちょうちん)に映し出される ブナの木の1本や2本で 目的地への道が分かる筈がない。
 山田の指令に 神田は 唖然とした
死の彷徨(16)
01/JAN/02 青森第5連隊 神田大尉(青森発)は 心底 こう 思った。

上司・大隊長山田は 帰営の方針で夜明けを待たず出発し その夜が明けないうちに 前の命令を取り消そうというのだ。 それも 雪中行軍計画者であり 指揮官である神田に相談せずに。

神田は必死になって言った 「自分にお任せ下さい。もうすぐ帰路は発見できます」  だが それ以上は なにごとも言うことはできなかった。
何も 言えない” それが 神田(青森発)の 全てだった。 
 結果 多数の部下と 残された家族を 見捨てることになる 神田の 未熟さ・無責任さ だった。 
 立身出世競争の先頭走者として 偶々 残っているだけで リーダーという鬼 には なっては いけない器 だった。

 隊員は 曹長の後を黙って従いて行った。 4時間後の 午前8時半には 案の定 行き詰まって動きがとれなくなった。 戻るに戻れなくなった。翌日25日の朝までに 一晩で 兵員の3分の1の 70名の兵が姿を消した。 兵は 犬死(いぬじに)だった。無残だった
死の彷徨(17)
01/JAN/02 青森第5連隊 神田大尉(青森発)は 士官学校出でもなく 士族・華族出でもなく 

 平民の出で まだ封建時代の考え方がかなりはっきりと残っていた時期に 陸軍という特殊社会で 大尉にまで昇進した ということは 
 並大抵の才能や努力ではなかったことを如実に示すものであった。
 仕事に尽瘁(じんすい)していた。 与えられた仕事に全力を傾倒してかかっていた。

 独断専行については特に慎んだ。 

 彼の権限を外れることについては 必ず上官の耳に入れて置くように心掛けていた。 それまで 累進してきた 神田の処世術 でもあった。 

 同僚はもとより、彼より下級の士官に対しても 彼は決して 憎まれる ようなことはしなかった
死の彷徨(18)
18/JAN/02 青森第5連隊隊列は乱れ出した。 落伍する兵が次々と出た。 誰かが落伍すると、その兵の銃や背嚢を別の兵が持ってやらねばならなかった。 

自分の持物だけで精一杯のところを他人の物まで持たされるので、今度はその荷物を持った兵が落伍しなければならなくなった。 
 兵は歩きながら眠っていて、突然 枯れ木のように雪の中に倒れた。

 大隊長山田少佐は 疲労のため人事不省になった。 兵は山田少佐を 守護することに 懸命になっていた。 

 各個人が身を動かすことが精一杯であるのに 動けなくなった山田少佐を連れて歩くことは たいへんなことであった。 

 生き残りの兵は 歩けなくなった山田少佐に 肩を貸した。 数百メートルも行くと山田少佐と共に雪の中に倒れた。 倒れた山田少佐は すぐ雪の中から引き起こされて、また別の兵の肩にすがって移動したが、倒れた兵は 二度と起き上がることはなかった

 一人の山田少佐を守るために 次々と兵が 切り捨てられていった。 
 この事態を招いた張本人が誰であるかを知らずに 健気(けなげ)に職を全うした。 
 三日目の夜の25日までに 210名で出発した兵のうち160名が雪の中に倒れ 生存者は もはや 50名になっていた。 
 そして 26日の朝までに 更に 20名が倒れた。
死の彷徨(19)
23/JAN/02    2002年1月23日 朝日新聞 夕刊7面 「八甲田山」100年 区切りの慰霊 の記事。
1092年1月23日、日露戦争に備え、耐寒訓練などを目的として、八甲田山越えの雪中行軍に出発した。しかし、記録的な寒波と猛吹雪のため遭難、参加した210人のうち199人が凍死した

100年も経てば 時があらゆるものを流し去り 兵員の死は 単なる気象条件 が全てだった との記述になってしまう。 歴史の流れの中では 一般の普通の市民の断末魔・無念の声は 残らないのだろう。 
 この記事の横に報道されている 「雪印食品」の事件でも 会社組織の中に 上司・山田少佐、 エリート部下・神田大尉がいて そして その組織の中から 時が経てば忘れ去られてしまう 一般の普通の隊員・市民(社員)の過酷な 路頭に迷う 新たな運命が 幕を開けているのだろう。
 未曾有の経済環境 という 美辞で 片付けられようと する。。。

 リーダーというものは 己の身の丈(たけ)以上の舞台に立っては ならない。 責任という言葉と裏腹の{判}断は ”勘と経験と度胸”で 出きる。 だが {決}断は 責任とは無縁で 孤独なものだ。 その資質を持たぬ人間は リーダーという響きの良い麗句に惑わされる前に 自ら 潔く退場する 見極めが必要だ。

 組織の中では 立身出世という 自己満足だけの価値観(神田大尉 ??? )で 上を目指して 結果として トップに 昇り上がったが やはりの 劣悪な人格・資質が 災いし 組織崩壊を 発生させ 倒産につながり  帰る故郷を失う難民(社員) が 多数出してしまう。 
 身を引く 時、場所、機会、ステージ(TPO)を 感じる 資質もリーダーとしての 極めて重要な資質である。 そんな時代と思う。
死の彷徨()
25/JAN/02 「今日は1月25日だな」 弘前第31連隊徳島大尉(弘前発)は念を押した。

 青森第5連隊とは逆回りのルートを踏破し 徳島は 当初予定通りの村に到着した。 予定では ここで 青森第5連隊神田大尉と すれ違うハズだった。宿の主人 鈴木は 「実は第5連隊のことを心配しているのです」と言った だが それ以上のことは 徳島には言わなかった。 それ以上は軍のことに立ち入ることであった。 翌26日にも 徳島は 青森第5連隊とは出会わなかった。 宿の入り口には ”青森歩兵第5連隊様 弘前歩兵第31連隊様 御休憩所”の 張り紙がしてあった。

 宿舎で 徳島は全員を呼んだ。 「第5連隊が二日も遅れて尚この地に着いていないことは、もしかすると万が一のことが起こったのかもしれぬ」 
 隊員たちの顔が引きしまった。
死の彷徨(20)
26/JAN/02 1月26日の夜 青森第5連隊 神田大尉(青森発)は雪の中に坐りこんでいた。 
立つことができなかった。 頭の中を怪獣が駆け回っていた。  なぜ このような結果になったか。

案内人を頼まなかったこと、出発して間もなくの天候の急変で帰営を判断したが 突き上げられて前進したこと、第1夜の雪濠を夜中に出発したこと、帰路探しの途中 ブナの木の2本3本の目印で行き先を変更したこと、等が。  上司・山田少佐のことが頭に浮かんだ。

 もし いっさいを自分に任せていてくれたら。 しかし 今となってはそれは繰り言でしかない。 生き残ったとしても責任はまぬがれないのだ。 昇進の道を断たれるばかりか、おそらく軍人としての生命をも失うことになるだろう。

 立身出世を 背に 負って いる 自分に いったいなにが残るであろうか。
死の彷徨(21)
28/JAN/02 青森第5連隊神田大尉(青森発)はつぶやいた。 「この雪中行軍計画を立てたのはこの神田であった。 幾多の誤りがあった。 自然を甘く見過ぎていた。装備も不足だった。 すべて事前の研究が不足だった。 責任はすべてこの神田に ある」

 生きる望みを失った。 神田は 手も足も利かなかった。 死ぬ方法として残された唯一の方法は 舌を噛み切ること だった。 舌を噛(か)んだが、歯にも力がなく、舌を噛み切ることさえできなかった。 血が口の中に溢れた。

 1月27日 午前11時 救助隊に神田が発見された。 動かすと口から血を吐いた。 まだ 幾分 ぬくもりがあったが 蘇生させることはできなかった。
死の彷徨(22)
05/FEB/02 1月29日深夜 到着した村の家の入口に掲げられている「死体収容所」という木札を見ながら 弘前第31連隊徳島大尉(弘前発)は 佇立(ちょりつ)していた。 
 第5連隊がどうなったかほぼ想像できた。 青森第5連隊遭難救助隊長の 木宮少佐 が 徳島大尉を宿舎に直ちに呼んだ。

 徳島は尋ねた。 「指揮官の神田大尉も行方不明ですか」

木宮少佐は 「気負い過ぎた雪中行軍計画を建てた責任を負っての自殺だ」と 答えた。

(徳島)「気負い過ぎた行軍計画ですって?」     (木宮)「そうだ。研究も 装備も不足だった」       (徳島)「それは結果論でしょう」、、

「途中で 何を見た」     (徳島)「何を見たと申しますと」   「とぼけるな。同じ経路を反対方向から来て 見ないという法はないだろう」 
    (徳島)「なにも見ませんでした」  徳島大尉は 生涯たった   一度の嘘を言った。

 舌を噛んで死んだ  神田大尉のことを 気負い過ぎた 雪中行軍計画だと誹謗した 木宮少佐を許すことができなかった。 

 徳島は神田の無念さが分かり過ぎるほどよく分かった。 徳島も遭難したかもしれない そのときは 自分も舌を噛みきったに 違いない。
死の彷徨(23)
17/FEB/02 青森第5連隊神田(青森発)が 舌を噛み切った 1月27日には 弘前第31連隊徳島大尉は 7人の案内人を立てて行軍に出発していたが 猛吹雪だった。

 「とてもこの吹雪では目的地まで行くのは無理だと思います。出直した方がいいと思います」

突然 徳島は大声を張り上げて怒鳴った。 「案内人ともあろう者がこのぐらいの吹雪でびくびくしているとはなにごとだ」 「案内役を放棄することは反逆行為を働くことになるのだぞ」 「困難に対しては退くよりも立ち向かって行くほうが楽なのだ。覚悟を決めるのだ」

案内人は言った。 「近くに無人小屋があります。その小屋を探しに行ってまいります」

 「案内人から寸刻たりとも眼を離すな」  徳島は 案内人に逃亡の虞れがあると疑った。

 徳島
は 目的、自分の信念を貫くのに 常に 冷徹果断であった。 そのためには情け容赦はなかった。
死の彷徨(24)
21/FEB/02 「大隊長殿救助隊が参りました」

 「そうか来たか」 青森第5連隊山田少佐はそういうとはらはらと涙を流した。 病院に収容された。
生存者は わずか 合計17名であったが 5名は収容後症状が悪化して死亡した。

山田少佐は、「今回の遭難の最大の原因は 自分が山と雪に対しての知識がなかったからである。 第二の原因は自分が神田大尉に任せて置いた指揮権を奪ってしまったことである。 総ての原因はこの二つに含まれ、そしてその責任は自分にある」 そう 病院で話し出した。

 「死んだ部下たちの遺族のことをよろしくお願いします」と言って 目を閉じた。 津村連隊長は 自決する覚悟だな と思った。 総ての責任は自分にありと言い残して死ぬ つもりだと思った。
死の彷徨(25)
21/MAR/02 弘前第31連隊徳島大尉(弘前発)は 踏破の見通しがついたところで 案内人に対して言った。

”途中で青森第5連隊の遭難に出会ったことは誰にも言ってはならない。へたなことをしゃべると 一生暗いところに入れられて そこで生涯を終わることになるかもしれない。命が惜しければ黙っていることだ。わが31連隊と同行したことも、言いふらさないほうがいいだろう”
そう言って 一人に50銭ずつの案内料を渡した。

 命を危うくしての案内、一生の間の黙秘・・ その見返りとしては寡少過ぎると思った。 
 「兵隊なんていうものは勝手なものだ。おれたちのことを虫けらぐらいにしか 思っていない」
死の彷徨(26)
06/APR/02 青森第5連隊山田少佐は 部下に 明朝 病院に持参して来るべき物をメモさせた。 

山田少佐の妻 ”わか” は その持参すべき物のメモの中に拳銃(けんじゅう) があることに疑問を持った。
 だが 夫がなにを考えているかは よく分かった。 神田大尉が舌を噛み切ったという気持ちも良く分かっていた。

 彼女は 持ち物の中に拳銃を入れた。 もし夫がその拳銃で自決することになったら 自分もまたその後を追えばいいのだと思うと 心は落ちついた。

「うちのせがれが戦争に行って死んだならあきらめがつくが、山の中で凍死したと聞いたのではなんとしても我慢ができない、紙切れ1枚で軍隊へ引張って行かれて こういう殺され方をしたんじゃ黙ってはおられぬ」  5連隊へおしかけて、率直に怒りを表明した親がいた。二人や三人ではなかった。
死の彷徨(27)
23/APR/02  「雪の八甲田だ、なにが起こるか分からない・・・・・」

 青森第5連隊神田大尉(青森発)は、妻の "はつ子"  の顔を見て言った。 
 その眼は、いつもの自信に満ちた あの眼ではなかった。 おれは平民の子であり、士官学校も出ていない。

 しかし、おれは、やがて少佐になって見せるぞ。 それだけの才能をおれは持っているのだと、妻の前で、言い切れる、いつもの、夫の眼ではなかった

 はつ子は、夫の眼の中に、いままで曽(かつ)て見たことのない、暗い翳(かげ)を見た。 ついぞ、一度も見せたことのない眼の色だった。
 「怖い−−−」。。  はつ子は、そう叫んで、畳の上に坐りこんだ。 出発の前夜の会話であった。
死の彷徨(28)
06/MAY/02 「おめでとう。よくやってくれた」   門間少佐は徳島大尉 (弘前発)に言った。 青森第5連隊雪中行軍隊の惨憺たる敗北に引き替えて、弘前第31連隊の雪中行軍隊の赫々(かっかく)たる凱旋を賛(たた)えるべき言葉を知らないと 門間少佐は言った。

 なにかにつけて比較された。 

 弘前第31連隊は まだ 歴史が新しい連隊だった。 誇るべきものがなかった。
(だが、こんどこそ、31連隊は 完全な 勝利を 収めたぞ) すべてが 同じ気持ちでいた。

 31連隊は完勝し、5連隊は 負けたのだ。勝利感を満喫すればいいのだ。

 やっぱり 我々は 正しかった と。 やっと これまでの 努力・苦労が報われた と。  勝ち 誇れば 良い のだ。
死の彷徨(29)
20/MAY/02  当時の新聞の中には、この大惨事を詳細に国民に告げることだけに満足せず、はっきりと、雪中行軍隊の指揮官を責めるものもあった。

 だが、全般的な傾向としては、青森第5連隊指揮官の無能を責めるものは少なく、未曾有の猛吹雪に遭遇したために起きた止むを得ざる事故であるという論調に変わって行った。 五連隊は遭難家族に対して低姿勢を取った。

 5月28日には、雪はほぼ解けて、間もなく若草が萌え出す季節になって、五連隊遭難者の最後の遺体が発見された。
結局 下士官ではない兵隊で 生き残ったのは 8名だった。  英雄だった。  独身だった。  嫁の希望者が殺到した。
死の彷徨(30)
16/JUN/02  199人という尊い犠牲を出したこの事件の 翌々年の明治37年に 日露戦争が始まった。 軍上層部の事件関係者は 誰一人として責任を問われる者もなく、 左遷・転任させられる者もなかった。

 弘前第31連隊の徳島大尉(弘前発)は 出征し 黒溝台の戦いにおいて 戦死した。 
 31連隊の雪中行軍に加わった兵隊のうち 半数は 日露戦争で 戦死または重傷を負った。

 青森第5連隊生き残りの英雄8名のその後は 概して 悲運であった。 日露戦争が始まると、英雄は日本中に溢れた。 
雪中行軍隊の武勇伝より 実弾をくぐった英雄を 喜んで迎えた。
 日露戦争が終わって数年経つと この8名の英雄は いつの間にか人々に忘れられた。 その鬱憤を酒にまぎらわせ 家庭崩壊した者もいた。

 31連隊と5連隊の二つの雪中行軍隊の終末は、その成功、不成功にかかわらず総じて 暗かった。 
この事件・遭難自体は 語り継がれたが なぜ起こったのかと真剣にこれを解析しようとする者は少なかった。
死の彷徨(31)
19/JUL/02  青森第5連隊の出発日の 前々日に 雪中行軍の予定が発表された。 第5連隊は一種熱っぽい空気に包まれた。 が 誰 一人として 雪中行軍を死の行軍のように考えている者は いなかった。

 田代温泉に一泊という予定表を見て 「雪の中の山の温泉で一杯やるのもいいものだぞ」と 一人の伍長が言うと、数人の下士官が相槌を打った。 自分達には 何の咎も責めも 無いまま 帰らぬ人となるとは 夢想だに していなかった。

=====
 (( 最近の 例の牛肉事件の組織のことだが 永年営々と築き上げてきた経営基盤が 崩れ落ちる瞬間を その日その時まで 誠実に 忠実に 励んできていた 社員の誰一人が 想像していただろうか。 リーダーの資質欠如は 大量殺人犯 と同等の 最大の犯罪なのかもしれない。 リーダー当人は 未曾有の暴風雪と同様に 置かれた時代の環境に主犯を押し付けるのだろう。 いまや破綻・転職は日常茶飯のこと、大企業はまだ恵まれているとの眼はあるとしても 当該社員の多くは 帰る故郷を失った難民として彷徨することになるのだろう。 ))

===============================

古代・中国の兵法家 "戦わずして勝つ"  孫子曰(イワ)く。。。 

 怒(イカ)リハ 以ッテ復(ま)タ喜ブベク、憤(いきどお)リハ 以ッテ復タ悦(よろこ)ブベキモ、亡国ハ 以ッテ 復(ま)タ存スベカラズ、死者ハ 以ッテ 復(ま)タ生クベカラズ。故ニ 明主ハ コレヲ慎(つつし)ミ、良将ハ コレヲ警(いまし)ム  と。。。。 

内容は、
 (この会社は・・との) 社員の怒りは 時が経てば喜びにも変わるだろうし (馬鹿な上司・・との) 憤りも いつかは 喜びに変わることがあるかもしれない。
だが しかし 国(組織・会社)が 滅んでしまうと、 人が死んでしまえば 二度と生き返らないと 同じように、、、 それでおしまいなのだ。 
で あれば  良将は リーダー(統率者・代表者・社長)は 慎重な覚悟で臨
むべきである....」 


 己の力量をしっかり見つめ ゆめゆめ 立身出世競争の結果としての先頭走者で 誰かが トーナメント方式決勝に進んで行く 結果としての リーダーに押し出される場面は回避すべきなのだろう。 
サラリーマンは 潔(いさ)ぎよく 身を引く覚悟を 常々 持ち合わせる べきと思う。 

 サラリーマン時代を振り返って 「不遇」「悲運」と自嘲するのは 自己力量計測 ・・・ 己を知るの 努力不足露呈を喧伝しているのだ と 思うが。 また 一方で サラリーマン、組織人として 相応の評価・地位を得た人間が 退職後に 自分を見失って しまう ことも 良く 目にする。 自分の生き方を 人生を 作り上げる 営むことの 人間としての根源を 見続けることの 重大さを ヒシヒシと 感じる。 

 弘前の徳島は 苦境の「乱」の時代の、 
 青森の神田は 順調の「治」の時代に 能力を発揮する人材なのだろう。

 「治」の時代には 生還した 弘前・徳島は 融通が利かない・協調性希薄として 一匹狼的に 不遇を託(かこ)つのが通常であり 
 青森 神田は 「乱」の時代には 決断力不足・何も決めないとして 責任を一手に引き受けさせられるのだろう。

 もし 強固な組織が存在するとすれば この両タイプを温存し 機に応じて登場の機会を 演出できる 組織 なのだろう。

・・・10ヶ月にわたり サラリーマンのリーダーの心得の側面から この「死の彷徨」を見つめて きました。 
 『分』を知る 『身』の程を知る 。。 これを 自問自答 できぬ 人は 決して ハシゴ の 上を 目指しては いけない。。。。。。。。。。。。。。 
 運も実力のうちとの 一論はあるが 「運」が良かった だけの 次官・役員なのか 否か の見極めが 出来ぬ・自問自答できぬ 身を測る謙虚さを身に付けられない 者を 
 決して 上司として 担いでは ならない。。。 

 引責・辞表覚悟などと 軽々しい言動は 自己保身の立身出世のための 部下・家族を従属者と誤認し続ける サラリーマン根性丸出しの アリバイづくりでしか 無い と 自戒。
死の彷徨
(32・完)
このページの先頭に戻る
カンティア (タイ人の日本人観;日本人ごっこ)
02/NOV/00     タイ北部・チエンライ県の寒村・ルアン出身の ほんの片言の日本語しか話せない 12歳の女の子・カンティアが バンコクで 「私はユウコという名で 日本大使の娘」となりすまして 百日間ほど タイ・エリート大学生相手に 騙しつづけた事件が実際に起きた。

 極めつけは 田舎でパトカーに先導され 視察・歓迎パーティーが開かれた。。 冷静に振り返れば 誰が見たって 不可思議なことばかりなのに、、、だいの大人が WHY?
  
 右の本は その子と騙された人を追跡したドキュメンタリーです。 「ユウコ」という名前は NHK「おしん」を演じた女優名を借用して。 
本img
カンティア(1)
05/DEC/00 取り調べ時 カンティアの告白
「小さい時 父は 銃で撃たれて死亡した。家族は母を含めて4人。家は貧しかった。バンコクに働きに出た姉を頼って出てきた。姉は見つからなかった」
「みんなにに聞くと テレビも ラジオも 乾電池も 車も デパートで売っている 商品も いいものは全部日本の会社が作ったもの と知った」

「ある時 誰かが冗談で "おまえは 色が白いから 日本人みたいに見える"と言った」
「そのとき 日本人になりたい と思った。日本人になれば みんなが 大事にしてくれそうな気がした」 
カンティア(2)
07/DEC/00 パトカーに先導された田舎で カンティアへの 中学校の男子生徒の質問
・・・ ユウコは 10歳の時に もう大学を卒業したと言ったので 「どうしたら あなたのように勉強できるようになりますか ? 」

・・・ 「一日24時間の予定表を作りなさい。まず寝る時間の8時間を引く あとの16時間に何をするのかを考えなさい。学校へ行く時間 家の手伝いをする時間 食事の時間 これを決めて 
残った時間に 各科目の時間を割り振る。こういうふうにきちんと予定を立てて その通りに実行することです。日本では 大人も子供も みんな そうしている。
 タイ人のいちばんいけないところは ずるずる遊んだり おしゃべりしたり 時間を無駄にするところだ」

中学生は こう 感じた。
・・・ 「日本人を見るのは初めてだった。ボクは すごい人だなあ と 思った」
カンティア(3)
19/DEC/00 カンティアが パトカーに先導された田舎の 学校の校長先生の談。

・・親たちは、9割近く農業で貧しく 一ヶ月2,000バーツ(6,000円)程度の収入があれば上等の部類。 教材購入の寄付を募っても 一家で2バーツを出すのが 精一杯。
・・高校へ進学するのは 卒業生のほぼ1割、ほとんど公務員や 商売をやっている家の子供たち。 さらに大学に進学するのは ひとりか ふたり。

 ・・ 日本人は一生懸命働いて豊かに見えるよ。  だけど タイ人だって よく働いているよ。 けっして怠け者じゃない。  しかし 生活は苦しい まま。
 ・・ 貧しいから不幸だ と言ったら このあたりの農民はみんな不幸になってしまう。 それは間違いだよ。 でも あんまり不幸には見えないけど 貧しいままでいいとは 言えない。
カンティア(4)
19/DEC/00 騙された タイ・バンコクのエリート大学の学生談。
・・日本が経済的に進んだ国だっていうことは みんな知ってる。街には日本の商品・広告があふれ バンコクには日本人のビジネスマン、観光客がたくさんいる。
  しかし ぼくらには 日本人の知り合いが一人もいなかった。 日本のことも たいして知らない。

・・カンティアに カンボジア大使の 娘だとか インド大使の 娘って言われたら きっと ぼくらは たいした関心を 持たなかったと思う。
 関心を示さなければ だまされることもなかった わけですからね。

 それはやっぱり 日本だからですよ。
カンティア(5)
19/DEC/00 カンティアは 視察・歓迎パーティー後に 周辺の人から印象・感想を求められた。
カンティアは こう 答えた。
・・いちばん印象が強かったのは あなたの家族の生活だった。 夕食を作るのもみんなでやるし 食べるときもいろいろ話している。 みんなが 助け合って 楽しく生きていることがよくわかった。

 周辺の人は こう 思った。
。。。そんなものかな と思ったんです。日本は物質的に豊か だけれど 家族や人間の関係は あんがい冷たくて 生活しにくいのかしらってね。。。
カンティア(6)
07/FEB/01 著者の 吉岡 忍氏は 事件後のカンティアを 探し出した。

今は無くなった(?) ラチャダム通りの"The Mall Dept."の地下ブティックで働く カンテイアは 言った。
「日本からきたの? ほんとに日本から?」 「わぁーっ、日本から?」
「日本人と こうやって話すの、私、はじめてなんだ」

「日本人になりたかったの。 あるときバスに乗っていたらね 急に止まっちゃったことがあったの。 窓からみていたら 国旗を立てた黒い大きな自動車が すごいスピードで飛ばして行ったの。
 周りの人が "あれは 日本大使の車だよ" と言っていたわ。  日本人になりたいって 突然 そう思ったの」

「英語だとでたらめをしゃべると すぐにばれるけど タイ人で日本語がわかる人はあまりいない」
「どうすれば だませるかが だんだんわかってきたの。  簡単だったよ」
カンティア(7)
08/MAR/01 吉岡氏は 聞いた。 「どうすればよかった?」 、、、  カンティアは こう 答えた。

「私が威張って言えばよかったの。  ”だから タイは駄目なの、タイ人は一生懸命働いていない、日本を見習え”って  強く言えば言うほど 私のことを みんなが信用するの。 
 その通りって。そのことがだんだんわかってきたんだ」 「みんなね ほんとうにそう思っているんだもの。タイ人が作ったものは駄目で 外国製品がいいと思っている。タイは力がなくて 日本のほうがいいんだって。

 みんなタイ人なのに タイのことを馬鹿にしているみたいだったよ」
カンティア(8)
13/MAR/01  「日本人ごっこ」の著者:吉岡 忍氏が バンコクの屋台で見つけた ミュージックテープ。

歌詞には、
”セイコーで起きて/ライオンで歯を磨き/シャンプーは花王フェザー/仕事に行くときはホンダに乗って/扇風機は東芝/ポットはナショナル/お買い物は大丸でして/おしゃれな服はタイ東レ・・、
 ワコール/ソニー/サンヨー/富士フィルム・・・”   日本企業と製品が次々と...

 最後のオチの歌詞は  ”だけど気になって鏡に聞いた  /  ワタシはタイ人ですか? / ワタシはタイ人ですか ? ”
カンティア(9)
13/MAR/01 NHKの朝の連続ドラマ「おしん」が 日本での放送終了直後の 1984年に タイ語の吹替えで放映され タイ全国で大変な人気を集めた。 

 おしんの声を演じたタイ女優の言。

”それまでは日本のことを何も知らなかった。日本人と言えば他人のことを考えないエゴイストだという印象だった。
 それがあのドラマの後 ああ、この人たちも こんなに苦労してきたのかって 日本人を理解しょうとするタイ人が 実際に増えた。”  

 貧困がいっぱいあるタイ人の暮しと 苦しい日々を耐え けなげに成長していく「おしん」の人生が 自分のこととして 共鳴したのだろう。 ((そうなんだ 暗いと不平を言うよりも すすんで 灯かりを点けましょう。。? 部外者注))
カンティア(10)
25/APR/01  どうして”ユウコ”という名前をおもいついたの? 

 カンティアは
「そんなの簡単じゃない。”おしん”の女優がいたでしょ?」 と 答えた。
   おしんの若い時代を演じたのは”田中 裕子”だった。

 もう一回、日本人になって みたい?
「ユウコは、もう死んだよ。これからはカンティアが生きていくんだよ 」

 今度は ちゃんとした 夢を見るんだよ。
「夢は見たくないの。毎晩 うなされるから。毎晩 毎晩 めちゃくちゃになる夢しか見ない。 いまは 」

   ”夢”の 意味を 誤解したらしかった。
カンティア()
 
もどる