Archives 01//Theme もどる
ひとり旅の「危険」は 別page に移行しました。
アジアのビール
04/MAY/01  最初に タイに入った時は 「シンハ」ビールしかなく 田舎では電気事情が悪くて冷蔵庫が まだ 普及していず ビール瓶ごと冷やすこと出来ず グラスに氷を入れて ロック状の飲み方でした。何とも 熱い気候にマッチして 「喉越しサワヤカ」を満喫。

 最近は さすが 氷ロックの飲み方は必要なく ビールのブランドも増えました。価格破壊ビールの「チャーン」(象)ビールに追随した シンハビール社の対抗商品「リオ」(獅子)ビールが 現地人の人気。英語表記は「Leo」ですが タイ音は「レオ」ではなく 「リオ」。これの 若干高級品で「スーパー・リオ」ビールが 私の お勧め。
ビール(1)
06/MAY/01  最初に ラオスに入った時に 高額な設備投資となる殺菌処理装置が必要な「ラガービール」(瓶ビール)は普及していず 日保ちはしないが 「ドラフトビール」(生ビール)が 安価で大衆的との日本での出発前の情報。それも ラオスでは工場直送の「ヤカン」で運んで来るとの。
 あちこちの食堂に潜り込んで その試飲のチャンスを 窺っていたところ ある食堂で ある年輩の男性が 何かを注文して 「ヤカン」から グラスに液体が注ぎ込まれ アワが出ている のを発見。

「これだ!!」と思い あわてて 当方も注文。が 結果は 単なるお茶であった そんな経験も。
 この時には 結果的に ウィークエンドのみ開店の ビール工場の敷地にある ビアガーデンまで 意地で 出かけて 堪能することに。のん兵衛の根性は 下戸には 測りしれない。。。
ビール(2)
14/MAY/01  最初に インドネシアのヌサテンガラに入った時 例の「ビンタン」(星の意)ビールに親しむ。 店で購入の際 栓を抜くかと聞かれ ストローが付いてくる。ビールはコップで飲むもので ストローで飲んだ経験は 全く無い。食堂でも経験した。まあ コーラと思えば 理解できない訳でも無いが。これが なんとも 喉ごしに 頼りない感が蔓延する。ビールを飲んだ気がしない。それも ストローの長さが ビール瓶の長さより 短く 一口飲む度に ストローが陥没するのを回避する気遣いが必要で 何ともワズラワシイ。

 ある時 量を飲めない状況だったので 小瓶を所望した。その際には ストローも コップも用意されない。うーん? ラッパ飲みをするのだ ということらしい。これが 何とも サマになる。映画・CMを地でいくような。これ以降 ビンタンビールは ”小瓶のラッパ飲み”が 定着。
ビール(3)
10/JUN/01  大韓航空でアジアに向かうことがあるが 機内ではビールを所望する。その際の 韓国語は絶対に忘れない・・メクチュ・ジュセヨ。 とすると 高級イメージなのか スチュワーデスは 必ず「バドワイザー」を持ってくる。折角の機会に どこでも飲める洋物ビールは遠慮する。韓国文字ブランドのビール「カフリ」、「カス」をと ワガママを言うことにしている。

ただ 隣りの席の韓国人は 不思議な表情をするが。高い飛行機代支払っているのに なんで 安い韓国ビールなどを との感。でも 私は その場の国の味を その時々 必ず アプリーシエイトすることにしている。 日本国内以外では「バドワイザー」などは 飲みたいとも思わない。 
ビール(4)
30/JUN/01 日中 食事をする際には 疲れを癒すため(のん兵衛の屁理屈) ついつい飲み物が欲しくなる。で 何を所望するかと言えば コーラ、ファンタ、ミリンダの類は どうも抵抗があり やっぱり ビールとなります。特に ラオスでは コーラとビールの値段差が 75円=90円の15円程度となると 迷わず ビールとなる。でも この日中から アルコール、ビールを飲むという風景は 現地人して見れば 何とも 奇異に感ずるらしい。昔 タイの田舎の食堂で 日中 例の氷入りシンハ・ビールを注文したところ 周りの目線のスサマジサを感じた。 食事代は 精々頑張っても15バーツ。その何倍もするビールなどを それも日中 まして 一人で注文するとは 何者との視線だった。 

多分 「日本人は 日中からビールを飲む人種」との感動?を与えてしまった みたい。 確かに もっと安くて アルコール度の高いものがあり 彼らは それを 夜 たまに 皆と飲み交わす時にだけ ありつくものとの生活習慣。アルコールより もっと 金の使い道があるよ とも。 タバコも 20本入りのパッケージを買う者はなく 店ではバラ売りで 2、3本買う時代だった。
ビール(5)
28/SEP/01 ミャンマーでは シンガポール産の「タイガー・ビール」と 地元の「ミャンマー・ビール」、「マンダレー・ビール」が主体。
 ミャンマー・ビールは 中瓶1本が雑貨屋では 250チャット(50円程度)、食堂で 500チャット(100円程度)なので ドリンキング・ウォーター程度の感覚で 飲んでいた。 マンダレー・ビールには 赤ラベルの”ストロング・エール”が ほぼ同じ値段で売られている。味は ミャンマー・ビールが 淡白・あっさり味で マンダレー・ビールは とろっとした 濃い味。 日本のキリンとサッポロ・黒ラベルの味の違いか?

 暑くて 汗が流れている時には 飲料水代りには ミャンマー・ビールが 飲みやすい気がする。あちこちと言う程ではないが このミャンマー・ビールの 生ビール・スタンドを 見つける。 小ジョッキが 一杯 120チャット(30円弱程度)なので これも 冷たく喉越しさわやかで このスタンドを見つけると 必ずと言って良いほど 休憩がてら 飛びこむことにしている。

 タイ、ラオスでは その感覚が無い 酒の「ツマミ」の種類が豊富で 私は ポテト・チップスか エビ・センを注文する。現地人は 最初に 小ジョッキ2杯を注文し 飲み終わると 勘定をして出て行く。日中 仕事の合間に 喫茶店代わりに 利用しているようだ。日中 若い女性二人組みで ジョッキをかたむけている姿も見た。飲み終わると 自転車二人乗りで 元気良く 出て行った。
ビール(6)
22/OCT/01 日本のサラリーマン根性が身にシミついていて 食事の前の晩酌としてビールを飲む という感覚が捨て去れない。 そこでは ツマミという概念が どうしても登場する。だが 私の訪れる国では その発想が 全く無いのではと感じる。 食堂に入り 「まず ビール」と 第一声を発しても 直ちに ビールだけを テープルに運ぶという行動は 期待できない。

食べ物を同時にオーダーしないと 先に進まないし 挙句に ライスも 一緒に運ばれてくる。ビールで満足してから 主食を との私の要望は ほとんど 無視される。飲んでから食べるではなく 食べてから飲むのが 流れと 思わざるを 得ない。魚、鶏肉、野菜など 簡単で素早い料理で まず ビールのツマミが 欲しいのだが 田舎の食堂では 料理の名前も無理矢理付ければ 書けるのだろうが メニューなんぞ あるハズもなく  その食堂 その食堂で ツマミとして 最適な食べ物を 探し出すのに 苦労する。それが 旅の楽しみだが。 
ビール(7)
28/OCT/01 ビールを飲む時の必需品が 「栓抜き」だ。 機内に持ち込めるバック一つで 旅に出るため 搭乗検査で 別預かりとなるアーミーナイフは煩わしいので 今は 携行しない。店で瓶ビールを買って ゲストハウスで 飲む際に この「栓抜き」の調達に苦労することがある。どこにでも ありそうな物だが 調達に 結構 手間がかかる。 ゲストハウスの従業員が 2本のビール瓶を 1本を逆さまにして もう1本のビール瓶の栓とクロスさせ コジ開ける あるいは強靭な”歯”を使う 離れ業にも お世話になった。

 ビールは置いてあるが 栓抜きが無いという 食堂にも 何回か遭遇している。ラオスの田舎では 我々が良く見る形状ではなく お手製の「栓抜き」を 見た。 ブラシの柄に似た木の板に 木ネジを2本埋めこむんで ネジの間にビール瓶の栓を入れ 後は 普通の栓抜きの動作で開ける。 なんとも 知恵に 驚嘆した。最近は 値段の高い物ではないので 市場の雑貨屋で 旅の都度 「栓抜き」を購入し 帰国する当日 検査前に ゴミ箱に捨てる そんなことをしている。
ビール(8)
31/OCT/01 ピーマイラオ(水掛け祭り)最終日の ラオス・ルアンプラバンの食堂での出来事。
いつもの通り 食事の前に ビールとツマミとして高額「フライド・ポテト」を まず 注文した。 店主曰く「ビールは売りきれました。今日は 日曜日なのでビール会社も休みでどうにもなりません。申し訳ありません」と。 「え!!」。 

結果的には 近くの商店で 売っているハズだからと 私の注文分だけ買い出しに行ってくれた。うーん?? ビア・ラオは 製造量が豊富ではなく 祭りの特別イベント時期には 多い需要に応じ切れないの だろうか? 食堂、商店等には 配給とは言わないが 期間毎に瓶数の割り当て制があるのだろうか?? 初めてで その後は経験が無いため いまでも 不可思議だ。
ビール(9)
27/NOV/01 タイで初めて「生ビール」を飲んだのは ナコンラチャシマー(コラート)だった。 G/Hの部屋で食べようと ナイトバザールで 赤いスイカではなく ちょっと値段が高い黄色いスイカを買いこんだ帰り道に どうしてもビアシンが飲みたくなり たまたま見つけた「Singha」の電飾看板につらされて 入ったホテルのビアガーデンであった。なんと!!! 生ビールのサーバーがあるではないか。

当時は まだ 生ビールをタイ語でなんと言うのか知らなかった。真っ先に サーバーの場所まで行き 「これは 今 ここで飲めるのか」と 堰を切ったごとく 尋ねた。 おいしかった。 ツマミとなってしまったスイカの味も忘れられない。教えてもらったタイ語・・ ビア・ソット・シンハも 忘れられない。
ビール(10)
13/JAN/02 タイの東北地方で ビールを飲みながらの昼食を 安上がりに仕上げる方法がある。というより 人口の少ない田舎の町・村では この方法しか無いことも。まず お店で ビール中瓶(35バーツ)を1本買い 栓を抜いてもらい 栓は 手で開けられる程度に 瓶口に押し付けて 近くの飯屋に行く。

だいたいは 高校生あたりが おやつ代わりに食べているが メニューは 「カァウ・マン・ガイ」(蒸した鶏肉にタレをかけたご飯)か 「カァウ・ムー・デーン」(豚肉チャーシュウにタレをかけたご飯)で 値段は 15バーツ(約40円)程度。総額で50バーツだが これで 充分堪能できる。ご飯を扱っていない店の場合には インスタント・ラーメン(ヤムヤムジャンボー)を 野菜を加えて作ってもらうことも。10バーツ程度だ。

ここまでして 真っ昼間から ビールを飲むこともないと 若干の 自己嫌悪には陥るが。
ビール(11)
15/FEB/02 晩ご飯と一緒に ビール等アルコールを嗜(たしな)むこととなるが 一人旅で 何が起きても 全て自分で完結させなければならない為 日本と違って 誰かの肩を頼りに 深酒をすることは ご法度である。色々あって どうしても酔いたい場面があるときは 食後に商店でビール、ウィスキー等をし込み 宿舎の部屋で じっくり飲むことにしている。

宿舎のベランダ、ホールとか 他客の部屋も ご法度である。酒での意識不明の無防備は 翌日 起きた時に 何度も 冷や汗をかいている。ツマミは 屋台とか 市場の惣菜屋で 手当てすることになる。これが また 楽しみである。たった 一人分の少量だが ついつい あれもこれもと種類を沢山 買い込み 結果的に 相当の量になってしまう。
ビール(12)
04/APR/02 ビールのツマミとして タイのコンビニ、雑貨屋で手に入れられる かっぱエビセンの「HANAMI」と イカ珍味の「TARO」は 既に この項(No.034)で紹介しました。加えて グリコが タイ国のみで発売している「プリッツ」の”ラープ・テイスト”が なんとも ビールにマッチして 非常食にもなるので 重宝している。1箱の値段は 5バーツものと 10バーツ(約30円)ものが売られている。 ピリッと辛く うす塩味で なんとも香ばしく プリッツ本来のの歯ごたえが。 日本へのお土産にも 結構 好評です。パッケージ写真は こちらに あります。

”ラープ”とは ご存知の方が多いと思いますが ラオス人、東北タイ(イサーン)のラオス系タイ人の日常食で ラオス料理、イサーン料理では 定番のものです。牛、豚、鶏肉等の挽き肉を炒めて トウガラシ、パクチー等の香草、タマネギなどを 魚醤(ナムプラー)味で 和えた料理で 簡単に出来るので 我が家のタイ料理のメインメニューの一つです。
ビール(13)
13/MAY/02  ビールの空き瓶の行方が気になることがある。 かつて 日本では 空き瓶を花壇の垣根、縁石代わりに 並べられていたことがある。土埃で白くなった空き瓶が 転がっていたのも見たことがある。だが タイ、ラオス、ミャンマーでは そんな光景は見たことがない。空き瓶の回収方法、ルートは どうなっているのだろうと ふと 悩むことがある。日本では 回収した空き瓶を積んだトラックを見ているが それにも会ったことがない。
ビール(14)
30/JUN/02  タイでは G/Hの部屋で ビールを飲む時には 惣菜の屋台店で 食事兼ツマミを 買いこむ。 輪ゴムで器用に閉じる 例の ビニール袋に入れて もらう。 しかし 部屋に戻っても スプーン、箸などの食器が無い。 G/Hから借りるなども不可能だ。 タイに到着すると 市場に出かけて アルミ製の 薄くてペラペラの フォーク、スプーン それと 汁物も若干は対応できる程度の プラスチックのお皿を買うことにしている。

精々 トータルで 20バーツ程度だ。この セットをリュックに入れて旅をしている。タイを離れる最後の日に G/Hの掃除のお姉さんに処分をお願いしている。タイの中堅都市では 共働きが多いみたいで お母さんが 家の台所で食事の支度が出来る方は 限られているようで また 燃料費等も考えるとコストパフォーマンスも確保できるので テイクアウト惣菜屋台が 繁盛する。テイクアウト専門お母さんを 「ビニール袋ママ」と呼ぶそうな。
ビール(15)
31/JUL/02 タイ・メーサイで 日本酒一升瓶二本を持ち込んで バンコク飛行場からまっすぐにここ来て 毎年 年越しをしていると言う 日本人農家の青年に出会ったことがある。 それまでとは思うが 旅をしていると 無性に日本酒が飲みたくなる時がある。 タイには RICE WINE と称する 酒が 売られている。 バンコクの南・サムットサコンに本社があり ブランド名は 「忍」。 

 値段は小瓶で25バーツ程度、タイ語で ”シノーブゥ”と発音し 漢字ロゴも書かれている。 だが 日本酒のイメーシで買い求めると 裏切られる。 一度だけトライしたが その後は 口にはしていない。 ビールの味だけで 充分に満足だ。
ビール(16)
12/AUG/02 インドネシアのバリでは ヤシ酒を飲む機会に恵まれた。 時間が経つと 酸っぱくなり 味が落ちるということで 朝方に注文をしておき 夕方に飲むテハズとなった。 高いものでは無いので プレゼントするとの申し出であり じゃ 私はと サテとトウフ・ゴレンを 屋台で買い込み 少々のツマミを用意することになった。 おいしかったーー。 夜遅く明け方まで 近くの若者と 片言の言葉で 歓談だった。

 彼らから 知る限りの日本の地名が 出てきたが 要は 親しくなった日本女性の居住地だった。 名古屋に自分の子供が居るという若者が 一番 元気だった。 その後 アラックの瓶を見つけると ビンタン・ビールと一緒に 買い込む衝動が付いてしまった。 バリの空港では インディゴ・ワインと バリ地酒を買い込み 日本に持ち込んでしまう。
ビール(17)
03/SEP/02   かなり昔だが ノーンカーイ西部シーチェンマイの手前の町 ターボーで 1泊せざるを得ないことがあった。日本の静岡の魚加工場で夫婦共々数年間働いていたことがあるという家族と出会った。親戚一同寄り集まって焼肉パーティーとなった。ビールの中にメコンウィスキーを入れたグラスを差し出され 飲めと言う。確かに 安上がりに酔うことは出来る。で その時に リージェンシィー・ウィスキーも出てきた。これは 高級品だから そのまま飲めという。私が 初めて リージェンスィーを飲んだのは この時だ。

 現在は タイも 色々なパターンのウィスキーが登場してきて リージェンスィーも 高級品では無くなってきた ような。。。
ビール(18)
28/OCT/02 飲ん兵衛というものは 一人だけで寂しく飲むのは 極力回避する癖があるらしく  ついつい 周りにいる誰かを 誘い 会話をしながら飲みたい気分に陥る。 ただ 充分な警戒は必要である。一人旅であり 意図的に 酔い潰されて 狙われたとしたら 一溜りも無い。 一方で この飲み会がキッカケで 親しくなり 素敵な織物情報が得られることも しばしばである。ビールは 庶民には高級品であり これを片手に飲み交わすと 大変 喜ばれることがある。こちらも ビールでは 酔いつぶれる心配も無いので ついつい 量がすすむことになる。

 ミャンマーのある場所で この 日本でのいつもの方式で つい 女性にも ビールをすすめてしまったことがある。 周りの男性から 大変 たしなめられてしまった。女性が 人前で アルコールを飲むのは 不謹慎とされ 勧めるのは 相手の女性に対して 非礼ということであった。
ビール(19)
02/MAR/03  ホワイト・ホース(白い馬)というウィスキーは有名だが ”赤い馬”、”黒い馬”という名称のアルコールがある。ジョニ赤、ジョニ黒ではないが ラオスで マー・デーン(赤い馬)、マー・ダム(黒い馬)という 瓶入りのラオ・ラーオである。 値段は 各地で 区々で ”黒い馬”が 若干高めのようだ。16,000〜18,000キップ。 

ラオビール一本7,000キップ程度を考慮すると のん兵衛には コストパフォーマンスが良い。 ある町の食堂で 赤い馬も 黒い馬も 同じ値段で 10,000キップということだったので ついつい 黒い馬(マーダム)を 買い占めてしまった。
ビール(20)
もどる