六 Archives; 過去ログ>>>   Page 250から299まで
 (ひとり旅)危険  ビール  カンティア  (リーダー心得)死の彷徨 は テーマ別アーカイブがあります。
299 22/JUN/06  サッカー・ワールドCUP の試合に 狂喜しています。
やはり ですが、「攻め」(オヘンス)と「守り」(ディヘンス)の バランスが とれている・ 攻めと守りの タイミングを感じている チームは 試合を見ていると ワクワク します。

 どこかの世界・ビジネス でも ありそう な。。

 ”役所”は 多分 「守り」を 主体に ゲームを作っている ような。  市民から キツクされる 玉を 必死に 受け止める ことが 役割 ?? なんとか 苦情・非難されること だけは 避けたい、、、
 最近の ライブドア とか 村上ファンド とか は 「攻め」を 玉条 に して 何せ シュート・キック を 打ち続ける。。 でも どこかで 「守り」 が 疎か(おろそ)に なってしまう。 で、 逆襲を受け、大量失点 に つながって しまう。

 まず 「守り」から しっかり やろうと する チームは、とりあえずの マイナス点は 回避 できる けど ね。 そこそこは 少なくとも。 非難・叱責・譴責は 避けられる、、 マスコミからの 襲撃にも 耐えられ る。

 日本 サッカー・チームの 弱点は ソコカモ。 日本企業の・ 日本企業社員の 強みであり、 最大の 弱点。 悲観から 始まり、『失敗』の要因を まず 除く、しかる 後に じわじわと チャンス を うかがう。。 「攻め」という 楽観主義を持つ 国民性に 憧れ ます。 でも 「攻め」と 「闘う」 は まったく 違い そう です けど。 
攻 & 守
298 20/JUN/06  ある時の バンコク国際空港での出国の際の出来事です。
 見るからに 日本人・ビジネスマンの二人連れでした。 私が 窓口に向って 列に並んで 順番を待っている最中に、後ろに並んでいた その 二人の中の 一人が、「何やっているんだ よ」「手際が悪すぎるよ」「本当に タイ人は これだから な」、、、  と 周りにこれみよがしに 大声で 会話を し出しました。
 確かに 隣の窓口の列とは 若干 進み具合が 遅い感じは 私も しては いましたが、それは どこの国の 入出国でも 遭遇する場面であり、それを 「タイ」だからと 非難するのは あまりにも 同じアジア人として 申し訳ない 気持ちに 陥って しまいました。 並んだ列には 審査に慎重になるノービザではない国からの グループも含まれていることも 多々ですし。

 あまりにも しつこく繰り返すので ”いいかげんに しなさい”と 同じ ”おやじ” の一員として 厳しく 叱責を いたしました。 タイに 何度も訪れている タイ贔屓・タイ大好き の ご仁 でしたが。 
だから
297 11/JUN/06  母国を離れて 他国へ 出稼ぎに出かけている 方達には、言葉の壁を意識せず、気持ちを同じくできる場面は、やはり 同じ国の人たちとの交流なのでしょう か ? 

 「香港」でのことです。 たまたま、土曜日だったのですが、地下鉄の1日乗り放題乗車券をゲットして、きままに 1日中 全駅・乗下車を目指して、旅行ガイドブックも持たずに、手当たり次第に 到着した地下鉄駅で下り、地上に出て、フラフラと 街を散策し、気が済めば また、地下鉄に乗り、次の駅を 目指す。。。 そんな 1日を 過ごしました。

 その際なのですが、タイ語が聞こえてきました。 ある地下鉄駅から 少し 離れた公園でのことでした。 いかにも タイ人相手の屋台も 出ていました。 彼らは あの タイで よく見かける 発砲スチール製の弁当を持ちながら 談笑をしているのです。 つい 声を掛けたくなったのですが、遠慮しました。

 多分、ですが、タイから 出稼ぎに来ている女性達が、休日の過ごし方として、住まいの近くの穴場に 集い合っているの でしょう。 別の地下鉄駅でも、フラフラの途上、タイ料理屋を見つけて、食事の後、フェリー桟橋方向まで 足を伸ばしますと、そこでも タイ人同士が グループを作り、タイ語の歌を合唱している光景も 目にしました。 縄張りとも見える 別の場所では、フィリピン人も 多数 集まっていて、讃美歌を合唱している姿も 見ました。

 異国では、同胞の交流が 最高の 気晴らし なの でしょう か ???  
同胞
296 28/APR/06  タイ・東北部、ラオスを 歩き回りますと、出会った現地の人と共に 「お寺」を 訪れることが あります。
その際に 彼らと一緒に お坊さんから その際に 手首に「白い糸」を 巻きつけられる ことが あります。 極めて 「聖なる」代物 です。 その巻き付かれた白い糸を 仮に 邪魔だとして ハズす ましてや 切る などとは 不吉・不運を呼び起こす ことに なる など と。 念押されて います。

 手首だけではなく、例えば ラオス・サムヌアから北の ヴィエンサイへ行く「ソンテオ」の運転席のハンドルに この白い糸が 夥しく 巻かれていたのを 見ています。「交通安全祈願」らしい です。 かように「聖なる」代物ですので、邪険に扱うことは出来ず、結果として 地方から たとえば バンコクまで 移動した後 でも、腕の周りには 白い 聖なる糸が 鎮座しております。 

 白から 変色してしまい、その途中で 大事に 傷つけることなく 腕から そっと 外して 日本に持ち帰ることも 多々 なのです。 その数は・・

 あるとき バンコクで トゥクトゥクの若い運転手と トラブった ことがありました。 最後に その白い糸は どこで 付けたのかとの 質問に どごどこのお寺 と 答えると 全てが 解決してしまいました。 彼は タイ・イサーン出身だったかも ? そんな 効用も。。。。 かつては。。。

 いまは もう 若い方々は あまり 意識をされていない ような 感 もしますし、一方で 木綿の 糸ではなく、化繊で 切れることは 想定できない ミサンガ的な 物も 蔓延っている ような。
聖糸
295 21/APR/06  「過去」を 当時を経験していない 後代の者達が ある時代を 誘導されずに、潜入観念を抱かずに、見つめる こと が 出来たならば どれだけ 幸せなことなのか と 感じる ことが あります。 まして、それが ある国際関係 と なれば なおさら のことと 思います。「台湾は日本の植民地ではなかった」(黄 文雄著・ワック出版)などという それなりの立場の本を いま 読んでいますと つくづく です。

 数千年前の 民族にとって ある境いから 立場逆転・・ たとえば 支配者から 従属者 となって。 そんな ことが 国際関係では 多々 発生 している ような。 ラオスと タイの関係、、 カンボジア・ベトナム・ビルマ と タイの関係も 戦いを繰り返しつつ いつかの境目では いろいろ あったような。 でも 東南アジア、東アジア を ついつい 訪れて いますと、その 歴史の 過去の 事実 について、当時を知らない 今を生きている 方達の 目線に ハッと することが 多々 です。 でも ヨーロッパ の各国 でも 同じ 雰囲気を 目線を 出会ってしまう ことも 多いの ですが。

 「観光旅行」「ツアー旅行」という 自分の立場・思い入れ・期待感・理想像を とことん 貫く 満足させる・させたい 反するものは 極めて例外と 思い込み 続ける ことが 旅の間の価値感享受との認識 を 一旦 解放してしまうと、この その国の歴史が 文字ではなく 実感として、切実に 思い知らせられる ことが あります。 いまの 日韓・日中関係も どこかで 表層的ではなく、観光客・日本人 が 思い知らされる ことが あり そうです。

 日泰(タイ)も 間違いなく、日韓・日中 以上に 繊細 です。 つい この前 「反日活動」が ありました から。 今の 日韓・日中関係 よりも もっと 険悪な。 タイ人が 最近 ツアー観光で日本に 来られる ように なっていますが、その際に参加者に タイ出発の際に配布される タイ語での 日本観光ガイドを 見る機会が ありましたが、 内容は 愕然 と する ものでした。。 
歴史
294 07/APR/06  「思い込み」のついで です。

織物との出会い旅 で、つい かつて 出会った織り人に もう 一度 会いたくなる 衝動が 訪れます。 ここまで来ているのなら 折角 だから、足を伸ばして とりあえず 顔だけ でも と。 多分 というより 間違いなく 寄り道 には なる のですが。

 でも、その 想いが 余計なものであり、とりあえず と の もしかしての 甘い感情が、全て 虚しくなって しまう 「危険」が 潜んでいることが、多々 なのです。 人間、人生 こちらの 期待どおりには 進まない ようです。 あちらは あちらなりの 人生が 進んでいるのは 当然 でしょうから。

 でも、織りは もう 止めた との 事情を 聞かされますと、「何故 ?」 と 悲しい 気持ちに なって しまいます。 ラオス・アッタプーで なかなかの 技巧者と思っていた 当時 16歳の織り人に セコンまで行った ついでに  足を 伸ばして みました。

 「止(や)めた」、、 旦那が いる。 子供が 1歳に なる。  おいおい、、 祖母、母 から 受け継いでいる 織物染色体DNA とは そんなに 簡単なものなのか と ついつい。 でも 経済が 「衣」食住の文化を 侵略 してしまうのは、当然の 流れ とは。 だから、ラオスの織物は アジアの 世界織物遺産 なのかも。  
危険(114)
293 23/MAR/06  タイでも、ラオスでも、アジアを訪れ続けていますと、元々 旅行ガイドブックを携行する習慣も無く、何度も 訪れた町に 再度 行くときに それなりの 危険を 招くことが あります。 「思い込み」です。 刻々 日々 月々 年々 現地の状況が 変化するのは 当然なのでしょうが。 ますます その変化の速さが・サイクルが 進んでいるような 気がします。 「前回に来たときには こうだった。だから」という 思い込みが 通じないことが 起こるのです。

 次に あの町に行くためには ここでバスを待てば だった、ここを 右に回れば あのゲストハウスが、とか が 裏切られる場面に 出会います。 出会ってから 「だよね」と 自分を納得させるには それなりの時間が必要になります。 前回までは 絶対にあり得なかった バス路線が 新設されていることもありますし。 道路が改良されていて、トラック・バスでしか 通過・移動できなかったハズが、ツアー・バス的なものが 走っていて、快適に たどり着ける とか。
 
 タイ・チェーンコーン から ラオス・ルアンナムタ までも、今は もう それなりのバスが 走っている のです よ。 あの 雨季には トラックバスが ぬかるみに はまって 一歩も進まなかった 最悪の路線 がです。 日々是更新 です。 外地に足を踏み入れる時には、常に 異邦人・侵略者という 謙虚な気持ちを 持ち続けないと 受け入れられない という こと でしょう か。 
危険(113)
292 28/DEC/05  どこの国の どの町に 立ち寄っても、夕方から 食に ありつくために、それ相応のレストランも それ相応の行くべき価値があるのですが、地元の方達が それ相応の目的で 集まる 夜市、ナイト・バザール、屋台 へ たっぷりと 身を沈め 決して 地元の皆様には 異邦人として 疎んじられる 仕草 などは 絶対に しては いけないと 場数を踏み・鍛錬を積み、 ひっそりと 参入をさせていただいて います。

 本当に 気を 使って しまいます。 どこかの 日本語ガイドブックに 推薦されている場合も ありますが、そういう夜市、屋台小路は まことに 安心では ある みたいですが、「安心」と引き換えに 失うものが ありそうです。

 現地の方達の 生活実態とか、彼らの関心事項とか、お金の使い方 とか、それぞれの 家族の内情とか、 生身の現地を 垣間見ることが できる 絶好の シチュエーション では あります。

 でも、とりあえずチャレンジとして それを求めて 入り込みますと、決して 外人相手に 日々の味の勝負をしている訳でない 現地の方に 戸惑いを 抱かせて しまうことが 充分 想定されます。 私も 現地人からして みますと、その部類と 選定されていると いう 目線を 感じることが 多々 ですが。。  通り過がり=パッサー・バイ と ナイト・バザールは 犬猿の仲 では と 感じてしまいます。 突然のお邪魔をする場合の そこそこの仁義・作法は ありそうです。 最低限 目立たず・ひっそり は 大原則 の ようです。

 アジアに限らず、欧米でも ナイトバザール=庶民の生活現場 には 通り過がりを 異邦人を まず 拒否する 姿勢から 始まっている と 思います。。 日本人も 同じかも。 真摯に 日本のことに 触れたいと思っている 外人の日本観光客には それなりの 対応を している場面を 結構 見かけますから。 
ナイト・バザール
291 19/DEC/05  フイルム・カメラを持ち歩いて 旅していた時には 感じなかったことですが。。
初めて デジカメに持ち替えて 日本を出国し アジア各地の織物出会い旅を 続けた時の ことです。

 織物に、織り人に 出会う度に もしかして もう 二度とは 出会えないかも しれないとの 想いもあって、詳細に いろいろな角度から パチリ・パチリしてしまいます。 私は 行った先の風景・遺跡とか 織物に関係しないものには 特段の関心は無く カメラに収める行動は極力 控えて、どうしても と の 場合には、プロが写した絵はがを 買い求めることに しています。 

 だけど そうは言っても 絵はがきには なりそうもない 自分なりに 心に残したい風景にも 出会います。 つい パチリ も あります。
デジカメとの 初めての旅では、これが 何ヶ月もの 旅の終盤には 大きな落とし穴・危険と なりました。 デジカメの記憶容量には 限界が あったのです。 より大きな容量の記録媒体を持って行けば なんのことは なかったのですが。。。 
アジアでは いまだ 購入できる店も無い時期だったですし、記憶容量が不足してきますと、どれかの画像を抹消・削除しなければ なりません。 まさか、織物関連の画像を 一枚たりとも 抹消が 出来るハズもなく、織物に無縁な画像を 削除する ことに なります。 

 その時に 抹消した画像が 風景が バスターミナル等で出会った人が 今と なっては、画像が残っていない悔悟が 無性に 襲ってくる 瞬間が 今でも あります。 今は 無駄で もともと と 思って、余分の 余分の 記憶媒体容量を 持ち歩いて います が。。 
危険(112)
290 18/DEC/05  日本では 「年賀状」の作成に 思いを致す時期になっています。 日本国内のハガキ代が 50円。

 だけど 国際郵便の方が 割安の場合が あります。 タイ国内から 日本の住所あて 国際郵便にて ハガキ・年賀状を 出す 方が、値段的には 円換算では 割安なのです。 ミャンマー・ラオスからは いざ 知らず タイからの 日本宛国際郵便ですと、行方不明・未着ということは想定 できません し。 

 いかが ですか。 新年に タイの郵便スタンプが押さされている 年賀状を 受け取った 友達の 表情を 想像できます か ? タイで 年賀状を 書く気に なりました で しょう か ? 
年賀状
289 14/DEC/05  いまや タイでは めったに 見当たらないですが。 バスターミナルなどでの 公衆トイレで、大をもよおした時に かつては エーッと 愕然とした 思いが あります。 でも 緊急事態には そんな 愕然は 飛び去ってしまい、そんなものだと 全てを 受け入れる 術 以外は 見出せずに 目的を貫徹することがあります。 慣れですよ、慣れ。。

 タイ・ムクダハンの バスターミナルのことです。 その目的を果たしたい場所では、大きなフィールドに コンクリートで出来た 小山があり、そこに溝があり、その溝に水が絶えず流れており、溝に一定の間隔で 背の低い仕切りがあり、、、
 その仕切りの中に 目的を果たしたい人が 溝をまたいで かがみこみ おもむろに。 でも たった お尻を隠せるだけの 低い仕切りを越えて 前の 同じ目的で かがみこんでいる人の 仕草を 厭がおうにも ながめつつ。 後ろから 同じ目的を 達成している人の 残骸が 溝の中を 転がっていくのも 確認 せざるを 得ない なか。
 なんとも 妙に 連帯感 共同感 が 芽生えると 言えないことも ないのですが、でるものも 出なく なるという 危険は 間違いなく 避けられません。 
危険(111)
288 08/NOV/05  そう言えば、かつて、日本でも ほんの少し前に 傷痍軍人という出で立ち で。 あるいは、親の因果が子に報い との口上とか。 そんな 風景が 間違いなく あった ような。 そんな風景を 見た・知る 日本人の比率も めっきり 減ってしまって、「物乞い・乞食」などとの 日本語は 死語に なってしまった のかも。

 ただ、間違いなく アジア各地では 依然として その風景には 出会います。 そんな アジア各地での「物乞い」だけを 19歳から 妙に意識から離れられず その真実を追い求めた本が出版された。 文藝春秋社発行 『物乞う仏陀』・・ 石井光太著 だ。 どうせ・・ 失礼ながら アジアを題材にして 小銭稼ぎする 例のアジア寄生植物  に堕している ご仁の 書き物では とは 思いつつ、読んでみました。 が。

 1977年生まれ 28歳のご様子です。 要は、アジアでの「物乞い」とは・・ 身体障害者と 限りなく 同意語との 目線です。 福祉とか、救済とか、援助とか を 超越して、全てが 現実であり、一生懸命 自分自身で その現実自体に 向き合おうとする旅 のようです。 産道から出てくる奇形児に対峙する ベトナムの”産婆”、 生まれつき障害を持つ女性へ奇跡を信じさせる ネパールの”呪術師(ザグリ)” を 本で取り上げた その言葉には、なんとも 現実の重みを 感じます。 アジアの人々の 現実に 真正面から 向き合う必要があるとの 著者の気概は 伝わっては きます。

 ただ、如何せん どこか自虐的な目線なのです。 自分を 捜し求めている旅 なのかもしれません。 自分自身が 何かが見えないために、どこかで 自分を映し出してくれる 鏡を 求めている旅 なのかもしれません。 同情という感情は あまりにも 虚空との衝撃から 宗教に 足を踏み入れ つつ ある ような。。。 ??  いづれにしても、今となっては昔の 日本人が アジアを見るに こんな 目線も と 感心は いたしました。 

 アジアの貧困を何とかしなくては とか、恵まれない人々へ援助を とか、自分が出来ることを 自分の範囲で とか、 そんな 傲慢な 同情は 大きなお世話となっている かもしれない 自己満足で終わっている 危険性については、この本で いたいほど 理解 できます。
アジアの乞食
287 24/OCT/05  東南アジアの各国・各地で、田舎の食堂に入って、食にありついている 時に、飼い ? 野良 ? 住所不定の 犬・猫 が、テーブルの下・周りを うろつき、熟練の猫・犬は、椅子の側に 座り込む ことも。 食事している 善良な旅人が、例えば 鳥の骨とか、魚の身とか を 善意に下に 落として くれるのでは、との 期待感 を 持って。。

 これが 結構 厄介なのです。 私としては、どうせ ゴミ箱行きの 残り物を 下で 期待感一杯の 犬・猫に ほんの善意で 落として あげても、タイ人がいう これも 功徳の一種 では と、、、 思いたいのですが。 無いと 思うが、もし、躾を しっかり している 食堂主人・飼い主で あったら、「余計なことを スルナ」と 睨まれてしまう 危険も 一瞬 過ぎります。 決して ここに ウロツク 犬・猫が バイキン・寄生虫の 持ち主であり、食堂といったら 衛生 という概念の敵・危険物体として、退去させるべきとは 一切 思いは しません。 

 期待感一杯の 犬・猫さまに 善意を施す際には、必ず 主人に 許可を 得てからにして ます。 NO という言葉には 出会った ことは ありませんが。
危険(110)
286 23/OCT/05  仮に トラックの座席に ただ 座っている最中に、何の前触れもなく、メガネに触れた時に、柄の付け根が ポリッと 突然 折れた としたら。。
不吉、、、、 ! もしかして、日本の身内に 不幸が襲っていて、その知らせが 遠くの このトラックの中へ と も。。。 胸さわぎ・・「不吉」と思って 不思議では ないです よ ね。 慌わてて、日本へ 国際電話で 消息を 尋ねたく なります よ ね。 「何も なかった かい ?」。  こんな田舎で、また 明日 どこに行くかも 私だって分かっていないのに、日本から 身内に 急変があっても、私に 連絡のスベなんか ありゃ しない。。 だから、こんな無責任な旅は、身内にとっては 「危険」極まり ない と。。。 怒り 頂点の最中では と。

 ラオス・パクセーに着いて、直ちに 電話ボックスから テレホンカードで 日本へ国際電話を 掛けました。 そうすると、話し中 なのです。 また、胸さわぎ です。 何度も 話し中なのです。 不幸があって、あちらこちらから あるいは あちらこちらに 電話を 使用中 なのか ?? !! ますます、、

 結果的には、思い過ごし という 笑い話 で 終わり ましたが。 さて、その後の旅での 折れた箇所に バンドエイドを ぐるぐる巻きにしての、応急処置は、なんとも 調子が悪いのです。 日中は 度入りサングラスにて 対応したとしても、ゲストハウスに 投宿した 夜中などは サングラスを使用し続ける訳にもいかず、誠に 不便を託ちます。 想像してください。 いくら バンドエイドで応急修理をしても、何時間 メガネの機能を 維持できるでしょうか ?

 近眼の者にとって、メガネ機能の援助を 見捨てられて しまった 「危険」は。 長旅の 最中に。。
危険(109)
285 21/OCT/05  「牙(きば)科」・・ 何のことは ありません。 日本で言う「歯科」のことです。 タイ、ラオスでは 良く みかける看板です。 とは言っても、この牙科に お世話になりたいとの気持ちは 起きません。 「キバ」ですよ、きば・・・。 私は 猛獣では無い ったら。 「歯」ごときは 病気でもなく 命に危険が 及ぶものでは ない のですが。。

 ラオス・シェンクワンのポンサワンに 何度目かに 訪れたときのことです。 例のごとく ラオ酒を手に入れ、それも 薬草入りベトナム産の珍酒ということもあって、ゲストハウスで 玄関口のベンチに座り込み 心地よく 量が 捗(はかど)りました。 泥酔一歩手前で、そくそくと 部屋に戻りましたが、その後のことは まったく 記憶に ございません 状態となりました。 ぐっすりの後、翌朝 ちゃんと ベットの中で 目をさますと 何か 異常なのです。 

部屋の中が 誰かが 何かに ブッかった 状態と も 思えるのです。 それと、、、!!!
私の 前歯の1本が 大きく ヒビ というより 裂けそうなワレ が 入っているのです。 今にも その歯が 分解 しそうな状況 です。 もしかして、泥酔一歩手前が 実は 通り越していて、私自身が 泥酔状態の中で、ベットに入る直前に 固い物に 前歯を しこたま ブッつけた 結果ではと 。。。

 まさか、いくら 酒好きとは 言え、この人生 そこまでの 意識不明は 論外 です。 ブツけた結果で 前歯が そこまでの状態となるのであれば、間違いなく 顔の皮膚から 血が 出ている ハズ です。 でも 腫れてもいず、痛みも無く、出血も 皆無です。 原因は ??? とはいえ 長旅の最中です。 ハタと 思案しました。

 このまま 田舎の旅を続ければ、かろうじて 破壊を逃れている前歯が いつ 激痛に 襲撃されてしまう かもしれません。 食事も ままに ならない状況です。 とりあえずは 直ぐに 田舎を脱出して、都会で しばらく 様子を見るのが、ベターと思い、そくそくと ポンサワンから とりあえず ヴィエンチャンまで 飛行機で 退散しました。 いざとなれば、ヴィエンチャンには 「牙科」は ありますから。。。 
危険(108)
284 18/OCT/05  A 売値を 引き上げる(値上) B 生産を絞り、ブランド価値を上げる C 24時間生産体制を組み、少し値を下げて ここぞと増産供給する D 幹部社員は一斉に退社・独立して、模倣品を生産する  E 早速 隣の土地を買い、工場を建てる F 同じ生産技術で、OEMを他社に売り込む 

 発売した商品の 売れ行きが 好調だった場合に取る 企業行動のデフォルメ らしい。 C は 日本で、 E は シェアに拘る韓国企業の性向らしい。
 Aは 米国、 Bは欧州系、。。。

 Dは 当然 中国。 F は 台湾。 何か 駄作・愚作であるようだが、一面での 雰囲気は ジョークとしては 伝わる が・。 
売れている
283 13/CT/05  タイ、ラオスで バスに乗って旅をしていますと、バスが停車する都度、おばさん・おねえさん・おじょうちゃん 達が、物売りに 駆け寄ってきます。 飲み物・ご飯・果物・鶏の肉・・等々。 バス運転手とは 深いコネクションをお持ちとは思いますが、バスの中にまで乗り込んできて、必死にセールスする方々にも 出会います。 時には 停車中に 乗り込んだまま バスが動き出しても、あわてることなく、次の停車まで、居続ける方にも。 次の停車で降り、帰りのバスに乗り込み、また、同じセールスをし続け、振り出しの場所に 戻れば 良い だけ でしょうから。 生活の知恵 ! なのでしょ う。

 セールスさん達の品物で、私は 竹の棒に串刺しされている ゆで卵が 好物です。 生卵に小さい穴を開けて、中味をボールに集めて溶き、若干の味付けを施して、器用に 開けた穴から 元に戻して、蒸す・・ それを 長い竹串に突き刺す・・ そんな 場面に 路傍で 見かけます。

 最初に 遭遇したのが、ラオス・サヴァンナケートの メコン川沿いの 露店でした。 ゆで(蒸し)卵を おやつ として、と 思って、おもむろに 品定めの手を 差し出しました。 ところ、、 おばさんが 「ベィビー」と 叫ぶのです。その意味が 分かる ハズ も ありません。 三個を 買い求め ました。

 卵の殻を剥き、パクリと しょうと した時です。 おっと かすかな羽と 足と 嘴が 中に 入っています。 隣の伯父さんは 手際よく、捨てる部分と 口に運ぶ部分を 指で より分けながら、一気に 食べています。 私も 真似をしながら、食しましたが、結構、美味なのです。 その場は、ホホーッ こんな食べ物が !! との 感覚でした。 でも 私は その後は 一切 この羽化直前の ゆで卵 を 敬遠しています。

 ベトナム戦争当時 難を逃れて、ラオスに越境してきた、ベトナム人が 持ち込んだ 食文化と思います。 立派な食であり、肉体面への「危険」は 全く 無いのですが、精神面での なんというか 後ろめたさ・・人間とは 食のためには ここまで してしまうものか、、、 とのダメージ・危険 から 逃れられなく なっています。 「殺生」などという 高邁なものではないのですが。 「命の誕生」という意味では、産みたての卵と どこに差異が あると 言うのだ。。 フィリピンでも、カンボジアでも、 この種の ベィビーゆで卵は、食文化として 根付いている ようです。 受精後 10日ものが 最高に 美味しい とか ??? あへっ。
危険(107)
282 12/CT/05  「辛い」・・という感覚があります。 タイだけではなく、アジアでは、文字通りの 辛い という 食べ物・料理に出会います。 というより、 辛くなければ 食べ物では 無い というのが 相場でしょう。 確かに、あの クソ暑い中で それなりの香辛料の力を 借りなければ、食欲・・必要な食事量を確保する など というものは 地平線のカナタに 追いやられてしまう 気が 心底 します。 日本でも ホット という 言語で、辛さ○○度 とか、ベーリィとかマイルドとか、それなりの 目安・基準で 呈示・オーダーする という 習慣が 出来上がり つつ は ありますが。

 でも、現地にいて、現地の食べ物に ありついて、それが 「辛い」というレベルでは どの位置に属する ものなのか、判断が 出来ない 場面に 出会います。 もしかして、意地の悪い 現地料理人が いたとして、”なにか 現地の ツウ の 仕草を しているが、外人のクセに。 ちょっと 試してみる か。 ウフ。” として、 現地人でも 悲鳴を 上げる かも しれない程の 辛さを 投じられた 料理が 出された として。 さて、さて。。 たとえば、バンコクで タイ・カレー を 注文した時に、、

 さすが、、、現地の味だ として、必死に 根性で 完食したと して。。。 周りの 反応は。。 たとえ 拍手がおき 感心されたとして。 ??? 絶対に 健康には、内臓には 危険 が 及びます よ。 数日間の 後遺症には 確実に 悩まされ ます ??!!

 タイでの 「ソムタム」、ラオスでの「タムマックフゥーン」、、 青い未熟のパパイヤの 皮を 薄く削いだものを 材料にした 唐辛子をふんだんに 使用する 和(あ)え物 です。 その地、その地。 その料理人、その料理人 に より、まったく 別の味 に なります。 料理人の個性を 正直にあらわすという意味では、日本での「漬け物」、韓国での「キムチ」的な 感じの 食べ物です。 日本では「パパイヤ・サラダ」と 訳し・称されているようですが、副食としての「サラダ」とは ちょっと 感覚が ちがいます。

 さて、その「ソムタム」の辛さ が どこが ノーマル なのかの レベルを 知るまでには、 相当の場数を 踏まないと、適正な 評価は 出来ない ようです。 自分が これは キツイ と 思った時に、隣の現地人も 涙を流しながら、カオ・ニャウ あるいは チムを 口に駆け込む 姿を 確認した時には、やっぱり だよ ね。。。。 「からーーい」、、  ペーー ット。。  マーーーク。
危険(106)
281 08/OCT/05  「危険」・・のテーマで書き続けていますが、”食べ物” に関しては、本当に 危険を 感じた瞬間が 思いだせない のです。 多分 現地の人たちが 食べ物に 危険を 感じることは ありえない との 私の信頼感から もたらす ものと 思っています。 現地の方達と 一緒のものを 食べることに 徹することが、長年の経験で 最大の「安全」ということを 動物本能的に 身に 染み付いて いる の では と。

 現地の彼らが 食べて 何の変化も 症状も、警戒感も 持たない・・ 持っていれば 食べない、、 ハズ。 この 覚悟を身に付ければ、全てOK との寛容さが生まれ、「危険」等とは 無縁の動き と なります。 うま−−−い。。 の 感動だけが 全てを牛耳(ギュウジ)ます。 たとえ コクのあるシルで、日本で言う 「タイ麺」に ありつき、堪能したとして、完食の直後に その屋台の おばさんの 行動を 見てしまい、もし、ツユ・ダシの源が ドロドロとしたブドウ色の液体だった。 ラオス・ルアンナムタでの市場内のことですが、それが 採りたての 牛の 「生血」 であったことを 認識してしまっても。 牛の「血」、 この程度は 痛くも かゆくも 無い。 「冷凍」などとの 技術・伝統が ある ハズ もなく、多分 鮮血 なの でしょう。 

 そうか。。。 う- - ん。 感心するだけです。 「危険」、、 二度とは・・、 などと 思うことは、絶対に 無い の で すが。 ルアンナムタ以外でもウドンサイ、、タイ・ラチャシマー(コラート)、 でも。。  他でも あっちこっちで、ありふれた 食べ物 として、牛の「血」を 堪能して しまいます。 

 最近では、「牛の血スープ」として、日本国内でも、タイ通の方々により、タイ料理として、それなりの料理名を付されて、紹介されていますが、そんなタイ語名前で 現地の屋台で、ご注文されても、まず、ありつけない の では と。 ただ、、 このスープを 使用した ラー麺を 開発すれば、日本国内でも 大成功 と なる のではと。。 でも 「タイ・ラーメン」と 付す ことは、 禁止手 です。 よ。 日本人には、ボルドーでもなく、ブルゴーニュでも なく、「南」フランス郷土料理で使用されている 赤ワイン風味の かくし味と すべき なの でしょう。 南仏で 牛の血を食材とするとは?? そんなこと 日本人には 誰も 分から ない の では。 料理名の付け方は、フランス料理も タイ料理も 同じ です から。 美味しければ それで 良い。

 フランス で ありょうが、 タイで ありょう が。
危険(105)
280 29/SEP/05  バンコク・ヴィンチャン・ヤンゴン など アジアの都会では ありふれた 場面でしょうが、けっしてメジャーではない アジアの地方において 食堂で 夕食等 に ありつく 場合に、食事メニュがあることは 珍しく、ましてや 「英語メニュ」などという 代物(しろもの) が あるハズも ない 期待することが論外との ことが 日常 です。

 ただ、地方であっても 日本の「地球の○○方」などのガイドブック等に 紹介されている 観光地であれば、数は少ないのでしょうが 「英語メニュ」を わざわざ 作成している 食堂も あります。 この種の食堂が 私には 大変な 災い・危険を もたらす ことが 多いのです。 あえて 回避し続けている というのが 実態 です。 そこそこには 英語は 通じる のでは ありますが、、、

 現地料理としても 味が きわめて 迎合的な中途半端で、期待して裏切られる、ちょっと 怪しい西洋料理風のメニュとか、外人の溜まり場化してしまって 現地人が敬遠しているとか、オーナーが 外人かぶれ(言いすぎ かも  ! ) しているとか、その割には 値段が 外人相場 で あったり。。。

  私は 英語メニュ を 設置している 食堂に 入って しまった場合には、味を楽しむなどとの 平穏は 期待も できないと、危険を 察知して、そくそくと 退散 することに している。 
危険(104)
279 29/SEP/05  タイに象使いのトレーニングに出かけた 日本人中学生の実話をテーマとする 映画「星になった少年」。

 ロケ地を タイ北部チェンマイ近郊 として 字幕で 紹介されていますが、疑義あり です。 逃げ出した小象を見つけた場面の廃墟遺跡は クメール系の建築様式だとか、現地タイ人が イサーン語を 使っているよ との 語学系考察とか、、、 等々 タイ北部では ありえるのだろうか とのことも さることなのですが、 わたし的には、どうしても 現地タイ人女性の スカートの様式・模様 に 注目してしまいます。 間違いなく クメール・カンボジアの影響が濃いスカートも登場して、タイ北部では あり得ないもので、タイ東北部 スゥーリン近くの カンボジアとタイ国境の山あい が ロケ地 と 判断してしまいます。が ???

 「星になった少年」のロケ地ツアーとして 堂々と チエンマイ近郊の 象キャンプを 訪れる ものが 日本の旅行社から 発売されている のです ね。そのことと 映画の評価とは 何の 因果も ありません ことは 自明です ことを。 厭ですね。 こんな見方が 映画の鑑賞で出てしまうの は、、、 。
「星に・・た少年」
278 08/SEP/05  最近は 東南アジアに限らず また 元に 戻って 「織物」を追って 再度 東アジア また 欧米に 踏み込むことに 意識を しています。

 タイトル通りの 『おやじ』に 戻ると思うのだけど、小さい頃 読んだ というより 教科書にも取り上げられていた(?)  ルース・ベネディクト著の 「菊と刀」に 思いを 致している。 当時は 丸山 真男「日本の思想」、加藤周一「羊の歌」、土居健郎「甘えの構造」、中根千枝「タテ社会の人間関係」 等など 読み漁っていた 時代は 確かに ありました。 「日本人」 って 何なのだろう と。 皆さんも 古典とか、ダサイ とか ストレートに思わないで、どこかの 心の片隅に 思いとどめて、何かの機会に 立ち読みでも してみては いかが ですか ?

丸山真男の どの家系とか、誰が親であるとか の 「何である」(BE)の価値ではなく、自分自身が 今  「何をする・何をしている」(DO)の価値 への 移行 などとの 文字・言い種 には 歓喜したものである。

 米国人が書き上げた「菊と刀」は、日本人精神の特殊性(というより後進性としてかも)として 「恥の文化」、それに対峙する 「罪の文化」として 比較文化 を 明快に 論じて いた ような。 日本敗戦直前という 出版タイミングから、米国占領政策の一環という評価が 定説のようですが、

 米国系からすれば かつての日本精神に対した時 と同様に 今の イスラム社会も 似た 論点なのかも しれない。 政治・経済と 文化 は 全く 異質のものであって、政治・経済が 文化を コントロールできる、あるいは コントロールしなければ 政治・経済の目的が 達成 できない とする 不穏なグループ が いろいろ と 物議を 巻き起こす のこも しれない と、つくづく 「織物文化」に 接すれば する ほど 感じてしまいます。 

 中国、韓国、香港 とうとう での 東アジアでの 反日感情も 日本国民が 文化よりは 経済・政治の価値を 前面に 押し出すからなのかも しれない。 DO よりは お互いの BE を 認め合える センス が 国際感覚 としては 肝腎では と 痛感 している。 「私は ? 」

 かつて このページで 「- ality」  を 題材としました。 異質文化との接点は、 「NATION - ality」なのか、 「PERSON - ality」 なりか と。 パーソナリティーとすれば 個々に 相当な 研鑽が 必要の ような。 少なくとも 「織物」は 顔と顔の - ality です。 
私は ?
277 31/AUG/05  「安い」労働力を 求めて、経済大国は 遊牧を するのが 原則 の ようです。 経済原則・方程式では 疑いの無い 正しい理論です。 「文化」との概念には無情な 分野ですし、決して 批判・否定は すべきでは ないの でしょう。 「文化」だけと 「経済的豊かさ」 とは もしかして 犬猿の仲 かも。
 「中国」が 安価な労働力 欲しさの 経済原則から ターゲットになり、製造業の国外移転 などと、かつての タイ、インドネシア から 日本経済原則から 中国に 遊牧され、かつ、今日に 至って 中国○○リスクから ベトナムに 拠点を 移す ことが 活発化 している ような。

 安価な労働力は いつも 経済「大国」から チューイングガムのように 利用され 味が無くなれば 捨てられる もの かも。 それを 乗り越えて 初めて 自国の国民の発展が ある のだ よと 言い草 も ある のかも。

 ラオス も そうなる のかも ね。  「経済大国」のチューイングガム に ベトナムの 後 なる のかも ね。 アジアの最後の 安価な労働力リゾートとして。 私は 絶対に 厭 だ よ。 だったら ○○リスク 覚悟で ミャンマーを ターゲット に する のを 先に して よ ね。 経済大国の 財界は。
ラオス政府も 在日大使館も 安売り、迎合 は しないで よ ね。 
安価な労働力
276 29/AUG/05  衛生感覚が進展している 現在のタイでは、もう ありえない世界だろうが、20年程前は そりなりに それなりの 状態が あった ような。。
 サコンナコーンから ウドンタニーまで 行く 途中で、一時期は 世界最古の文明とも 騒がれた タイ人文化の遺跡に 立ち寄った。 西洋人が 木の枝に つまづいて転んだハズミで 発見した とか。。。 その時訪れた博物館の パンフレットは 今も 大切に 私の 書棚に 保管 されている よ。 

 その博物館の前の食堂で 昼飯を 食べた のだが、テーブルの上には 無数 の ハエ が 食堂内部の全域を 占拠していた。 食べる時に 使用する お箸 も それは それは 元の地肌の色を 超越した 長年の お客の手垢で 「黒」となっていた もの だった。 想像を して 下さい。 黒色の お箸 を右手に 持ち、左手で ドンブリの上を 舞う ハエ を かき分けながら 料理を 食べている 姿 を。 

 その時は、ハエが持つかもしれない ハエが蔓延させる 菌は 直ぐ 食べてしまえば 何の 害にも ならない と。 堂々と 料理の味を 楽しむ ことに 専念 した。 そんなことを 気にしだしたら そんなことに 危険を 感じたら、瞬間の おいしい 大事な感動を 捨ててしまう ような 気が して。 
危険(103)
275 09/AUR/05  先月 中国通貨の「元」が とりあえず 切上げすることが 合意 されました。 その事情背景は、ブッシュ政権下での 減税による国内財政収支赤字 と 輸入が輸出を上回る 貿易等の 経常収支の赤字 いわゆる 「双子の赤字」を 抱え込む 米国の圧力 でしょう。 経常収支で大きく赤字を出してしまう 元凶は 中国からの輸出 とする バッシング との 見方 です。 

 中国人民元対USドルで 言えば ゴルフに喩えると 「おいおい お前の ゴルフの腕前でね お前が これまで ハンディを自主申告してきたのを そのまま 受けて チョコレートとか コンペで 受けてきたよ。 結果さ なんだよ おまえは チョコレートは受け一方になっているし、ことごとく 優勝だろう。 いい加減に せや。 甘やかせて おけば いい気に なりやがって。 グロスで 勝負 する か。 もう だめ 今度からは ゴルフのハンディを ちゃんと 調整するから。それが 厭だったら 二度と ゴルフには 誘わない から 」。 それが 今回の 元切上げ と 思います。

 なにか かつて 品質抜群そして安いという 自動車の輸出で いい気になって 連戦連勝を つづけて ひんしゅく を 買って しまった 結果、主催者の怒りを 買い 恭順の低姿勢を 徹底し その後のゴルフでは ハンディ調整を受け入れ、たとえ 優勝しそうに なっても 最終ホールで フォー パット を 意図的に した プレーヤーが いました。 今回の 人民元と ほぼ 同様の 構図 でしょう。

 1985年9月、20年前の 『プラザ合意』 です。 日本の「円」は ドイツ、フランス、イギリスと 協調という 御旗の下に、強いUSAを演出し、世界の盟主としてのアメリカ国民の自尊心を復活させるため 結果として 当時の レーガン大統領が 抱え込んだ「双子の赤字」を 米国外に視線を向けるため、対USドルで 240円から 一気に 百数十円台 まで ハンディ を 調整されました。 一時期には 1ドル 80円台にまで。日本は 米国から迫られた 「海外貿易頼りを軽減し 国内の内需を喚起する」 ことを 日本の経済発展目標として 超低金利策を 促進しました。 ドイツ あたりでは、適当に お付き合い程度の政策・カジとり であったのに、日本は 本当に 真っ正直に 恭順の意思を示し 合意内容を 守り続ける 政策を 取り続けました。 それが 経済ファンダメンタルズとは 大きく 飛び離れた 「バブル経済」が 勃発し その 後遺症 に いまも 悩まされ 続けている。 俗に言う 米国による 日本叩き = ジャパン・バッシング と 思っています。 誰があっての 日本 ぞ よ との 指摘を 日本政府が過剰に 意識 した 結果 かも。 政治は 別として 経済面では そうと 思います。

 中国の 今回の ハンディ調整が 2%の水準とは さすが 中国は したたか と の 感を 強く しています。 米国の思惑を充分に分析しつつ、かつ 独立性は 確実に 保つ という 政策論に 固執したようです。 この動きを見て いますと、日本円(JPY)では  無理で、中国元(CNY)が アメリカドル および ユーロ の 基軸通貨に 対抗できる 第三基軸通貨として 対応できる 唯一つの 通貨では と 感じ 始めています。 中国元の 暴落 は、韓国ウォン、日本円 のみ ならず、タイ・バーツ等 アジア全体の 通貨 を 巻き込んでしまう 勢力・影響力 に は なっている ような。

中国「元」が アジアの盟主 と なる かも ね。 
中国 元 切上げ
274 09/AUG/05  ラオスの ヴィエンチャンから ルアンパバンを 経由して ルアンナムタ それから ムアンシンまで、あるいは ルアンナムタから ボンサリーまで、あるいは ルアンパバンから サムヌアまで 一度 バスで 通過 して みてください。 結構 山あいを 走り抜けますが、本当に トンネルというのに 出会ったことが ない のです。 日本のように 山岳地帯ですと 道路における 「トンネル」というのは 極めて 日常のことなのですが。

 さすが ラオスの南部では トンネルを 開通させたらば という 地勢には 出会いませんが、北部では 山の裾野を クネクネと 曲がりくねって 走行するよりは、どーん と トンネルを 通過すればと 思う 道路が 目白押し です。 でも 私は ラオスでは バスに乗っていて  トンネルを 通過した 経験は 全く 無い のです。 

 タイでも チエンマイ などの 北部地方の ミャンマー方面では トンネルがあれば と 思う 道が あるのですが、通り抜けた 経験が 無い のです。
日本の土木技術は 世界最高水準 なの かも しれません。 ??? まあ そのうちに 中国を 越えて ラオスを 通過して タイ・バンコクに 至る そして いたるところに トンネルを 貫通させた 高架 高速道路が できる 日 が 来る のを 楽しみに します。 いつか な ぁ !!! 
トンネル
273 08/AUG/05  タイでは 何故かしら 昔から 「フォーリング レイン」という メンソール系のタバコを 吸うことにしています。 最近では フィリップモーリス・フィリピンからの輸入物 「アルパイン」も 手に入れます。 ただ、最近は タイの法律が新しく制定されまして、タバコのパッケージに 真っ黒くなっている肺の映像や、いかにも 死人に近い女性の画像や 等 が パッケージの半分を使って 掲載されています。 タバコメーカーは この制定法律に対して 法廷闘争を 宣言しているようですが。

 これまでは、日本の警告メッセージよりは かなり 過激な文言で タバコ・パッケージには 掲載されてはいましたが。 この画像は いかにも タバコを吸うことに 躊躇してしまう ほど です。 タイの子供の前でも かまわずに タバコを 吸ってしまっている 私は もっと もっと 自戒を しないと。。
タバコ
272 30/JUN/05  ミャンマーのヤンゴンでの買い物のことです。 宿の近くで ミャンマー人ご用達とは 到底 思えないほどの 高級高額食材のみを 陳列している 食料品スーパーに 通りがかりに 好奇心を抱いて 立ち寄りました。 旅の途中 移動の途中であり、その種の物を 買うという行動は 余計なものなのですが、ついつい 日本での食習慣を思い出して そう言えば と オーストラリア産直輸入物の 「牛乳」1リットル・紙パックのみを 買い求めました。

 安宿にて 冷蔵という概念は皆無にて 牛乳鮮度の腐敗進行が いたく 気になり、どうせならば 高額商品であり 勿体無く 早めに 胃の中へ と それなりのスピードにて 飲み続けました。 翌日の飛行機便にて、ヤンゴンから タイ・チェンマイに向けて 出発することでも あり。。。

 さてさて チェンマイに到着した途端 飛行場内にて お腹で 急降下の予兆が。。。  あれーーーっ。
もはや ゆっくり 街中に出て 宿探し など とは、到底 出来るハズもない 状況となりました。 チェンマイ飛行場内の ホテル紹介所で とりあえずの宿を確保して、即刻 タクシーにて ホテルに向かいました。 なんとか 間一髪セーフでは ありましたが。

 そのホテルで 安眠などとは 全く無縁の夜を過ごし。。 トイレに 泊まった みたい、、、!! 翌日 いつものパターンのG/Hに なんとか 移りましたが、トラック・バスに乗って 何時間も 移動できるとの 勇気は 3日間起きず、私にしては 何の価値も見つけられない チエンマイに とどまらざる を 得なく なってしまいました。 現地人から 提供される 飲み水には たったの 一度も 下痢などという 症状は 見せたことが ない 私なのに。。

 「高額」商品というだけの 負い目のみ にての 軽率・軽薄な行動は 「危険」が 潜んでいる。 
危険(102)
271 10/JUN/05  長年の 期待していた通り 想定していた通り ですが、ラオスで 首都・ヴィエンチャンと 南の都市・パクセーとの間に 直行・長距離バスの 運行が 開始されている。 陸路を 通して 走り抜けることは 想像も出来ず、唯一つの交通手段として、メコン川下りの 週一便だけの 定期船しか 無かった 時代が つい 10年前のこと だったのに。 隔世の感 です。 最後まで残っていた、サヴァンナケートとパクセー間の 道路・高速整備工事完了の 結果なのだろう。

パクセーでは、ヴィエンチャンまで 色々なパターンの直行バスが 出発している。 朝7時に出発して、午後の6時に到着予定のバスとか、 夜8時に出発して ヴィエンチャンに 朝の6時に到着予定のバスとか、数社で 色々なタイプ(エアコン・2階建バスから ファン・バスまで)、色々な料金体系にて バクセーの 町中心部のターミナルから出発している。 パクセーの南部・ベトナム国境周辺の アッタプーからも なぜか 知らぬが 99,000キップという ギリギリ二桁の値段で ヴィエンチャン直行バスが 朝7時に 出発している。ラオス南部と 首都・ヴィエンチャンとの 距離感覚が 相当に 縮まったの だろう。

 パクセーからは、値段は、110,000キップを軸として、上下 20,000キップのレンヂのようだ。 気になるのは、「LOCAL ONLY」を標榜するバス会社があり、値段は 140,000キップと かなり 高額なのである。 いままでの この種 バスでは、外人観光客目当ての 高級バス使用・外人のみ適用の割高料金 というのが ラオスでの 通り相場だった ハズ ???   それを 外人は絶対に乗車させません・ラオス人専用のバスです・いままでは外人観光客専用に使用していた超高級バスです・だけど 通常よりは 割り増し料金です、、、 

 こんな商法が、顧客ニーズがあるとは。。 !!! 確かに、一部の ラオス人も それなりに 豊かさを 享受してきている 階層も成立してきているし、いつまでも 闊歩する外人観光客に 横暴に席捲され ほんの 端っこに 見下され続けながら 遠慮を余儀なくされて バス座席に座り続ける 屈辱には 割り増し料金を 支払っても 回避したいとの ニーズが 生まれている のかも しれない。 

 ラオス政府の 外貨獲得優先施策のための VISIT LAOS YEAR政策が 終焉に 近づいてきた の かも しれない。 
ラオス人専用バス
270 30/MAY/05  このページ No 260 "男の嫉妬"にて 書き込みました 「新潮新書 「嫉妬の世界史」(山内 昌之著)を 読みました。 東条英機に 徹底的に 嫉妬され 事あるごとに 完膚なまでに 斥けられた 「石原 莞爾」に関する本を 読みたくなりました。」

ということで、 とりあえず 「石原 莞爾 その虚飾」 (講談社・佐高 信著)を 読み始めています。 著者の佐高氏は 石原莞爾と同郷で 山形出身ですが、 極めて 批判的な視点で 展開しています。 好意的な視点からの著者の本も 事前に 買い求めていますので、この読後直ちに 見方の違いを 楽しもうとは 思っています。

 佐高著本の中に、「ちょす」という方言を使って、石原を評価する文章が 出てきます。 意味は、おちょくるとか、侮辱するとか いった 意味らしい。

 自分より下にいる者、または慕って来る者には 言葉も態度もていねいなのに、自分より上の者には この「ちょす」性質が 出てしまう。 
石原莞爾 は ただ その性質の由縁の言動のみであり、決して 高邁な理想など 根には なかった  と。。。 周囲と 自分は 元々 根本が違うと 誇示する意図のみにて、周囲の人間をしっかりと意識した上での その場限りの パフォーマンスを 続けていた 「ちょす」に 過ぎぬ と。 その証拠に、石原礼賛論者が 摘出する 石原名言には、首尾一貫の節は みじんも 無い と 佐高氏は 断じて います。 どこまで 男の信念を、理想を 確固たるものとして 抱いて いたか 極めて 疑わしい と。

 確かに、そういった節・性質を持つ サラリーマンは 間違いなく 組織には 存在するような、、、 本人は 不遇を託って 他言憚らないようですが。 
 石原礼賛論者の 著書 を 出来る限り 早く 読み始めます。 東条英機は 石原莞爾に 男の嫉妬を 抱き、完膚なまでに排斥したとする、、
ちょす
269 25/MAY/05  例年のごとく タイ・ヤソトーンでの「バン・ファイ」・・ ロケット祭りが 今月 開催されました。 ・・ ラオスのムアンシンでも 盛んなのです よ・・・。  これから タイ・東北部のみならず タイのあちこちで 突然の大雨を体感する 雨季に突入する 時期なのでしょう。  バンコクなどの 屋台で 晩御飯を ゆっくりと ありついている 時に、何度も 突然の 大雨に 見舞われる ことを 覚悟しなければ いけない 時期 です。 

 ビール党の私は 必ず 近くのストアーで買い込んだビールを 手に持って、気分によっては 焼き鳥というよりも サテー(1本 5バーツ程度)も買い込み、好みの食材を提供する屋台のテーブルに 陣地を確保します。 最低でも 2時間は 居座ります。 居座りながら 隣の現地人の会話を聞きこみ、時には 会話に参加をさせていただきながら ですが、、、

 なんとも 現地の方には 私は 異邦人であり、侵略者であり、邪魔者であり、大変 ご 迷惑なのでしょうが、私には アジアを 実感させていただける 最高の場面ですので、ひっそりと 精一杯 努力をし、気を使って 側に 置かさせて いただいております。 その時 突然 ポタポタ、、、 あれーっ 数秒のうちに バサバサ と 天からの大水の 文字どおり 洗礼を 受けることが 多々 です。 

 とりあえず 洗礼から 緊急避難を図る 必要があります。。 食べ物、、 ビール、、、 サテー、、、  あるだけの物を 両脇に抱えて 大声をあげながら 逃げ場を 探し求める 姿を ご想像 あれ !!  慣れてしまえば、決して 危険ではなく 風物詩・・ これも 屋台の 絶好の 調味料 と 思うまでには、 相当の 失敗作・ドジを 体感 しなければ。。。 でも その逃げ惑う姿は どこも 人間は 同じ動きの ようです。 つい 目だけで 仲良く なれる 絶好の機会にも、、、、  
危険(101)
268 24/MAY/05   うーん。。 すごく 悩んだ のです。 「ひとり旅の危険」を テーマとして 書き続けてきて 既に 100 に なります。 たっぷり 一冊分の本を 出版すら出来上がるボリュームに なってしまった と 思っています。 もう ここで 筆を 置く タイミング では と。。 


 でも、 まだ 何か 積み残して しまっている、、 そんな 燃え残り感が どこかに あって 自問しています。  「危険」との言葉を使って 仮態させて アジアの文化・現実を 書き続けてきている、 たまたまの ラッキー者の 成り金者にしか過ぎない 経済大国の立場からではなく 私自身が 水平な目線で アジアを アジア住人を アジアDNAを 見続けていた そう努力してきた そして それは 今も これからも 変らない(?) と思いますので、 見た事実について、もう 少し 書き続ける ことに 意を 決しました。 どこで 筆を 折るかは 私自身も 想像も つきません。 
危険(100)
267 17/MAY/05  日本語の名詞には 「普通名詞」と「固有名詞」の区分があると 思いますが、辞典の定義とは違って、日本人の内面個々に 区分が ありそうな。。

 たとえば 私が 「アッタプー」という名詞を 発した際には、受けとめる相手は 間違いなく 普通名詞 では ない でしょう か。。 そんな 名詞が ラオス南部の町の名前であったとしても、日本の地図には当然のこと ラオスを紹介する 日本語ガイドブックのラオス地図に 明示されるハズもないので、日本語の発音としては 聴取できても、ただの「普通名詞」としか 日本人の相手には 理解してもらえません。  でも 私自身にすれば ラオスの本当に素敵な町で 間違いなく 「固有名詞」 なのです。

 こんな 「普通名詞」と「固有名詞」とのスレ違いを 決して 相手を無知として責めることなく、当然のこととして 包容する余裕が 欲しい ですね。 その境い目は 自分の生き方 そのもの の 反映と 思っています。 自分の 過去の日本でのコンプレックスの はけ口 として アジアを 素材にすることだけは 勘弁 してほしい。 私は 黙って 拝聴することに 専念しましたけれど アジアについて 「普通名詞」と「固有名詞」を 武器として 闊歩されている方に 出会って しまいました ので。 アジアに居るとき ぐらい もっと 自己に 素直に なりなさいとの 老婆心は 隠して ですが。

 ビジネスの社会でも 普通名詞と固有名詞を 使い分けて 意図的に 優位に立とうとする 卑怯者が たくさん おった 気が する ??? 
名詞
266 13/MAY/05  タイでも 中国でも、まして ラオスでも ミャンマーでも 日本の路上で 極めてありふれた光景である タバコ・飲料水等の 「自動販売機」というものを ついぞ 見かけない。 中国の武漢市内で 数台の 清涼飲料水の自動販売機を見つけたときには 狂喜してしまった。 いつぞや どこかで 私は 人件費の方が まだまだ トータルコスト安と 愚見を ノタマった ことが ある。

 だけど フランスでも タバコの 自動販売機を見つけられず タバコショップを 方々で 探し回った 経験もした。 フランスでは、あれほど 健康に 極めて 悪影響を及ぼす タバコを 買主も確認せずに 販売するなど とは との 文化 らしい。。。 ?? 

 所 違えば、、、
自動販売機
265 22/APR/05   もし 仮に 公道の道幅 一杯に ドブねずみ が 一斉に 一目散に 側溝の穴に向けて 駆け出している 姿 を 目前に したら ??? !!
その数 数○匹。。。。

 タイ東北部のローイエットの 夜明け 間近の出来事です。 前日に ヤソトーンの宿泊から 織物の出会いを 求めて ローイエットの町まで バスで移動し、いつもの行動にて、一夜の安らぎを得るための G/Hを 探し求めて フラフラと 歩き続けて とりあえずの宿に 荷物を落ち着かせました。 その間の途中で 見つけた 国際電話が可能な公衆電話があるショップを 目に留めて いました。 日本の寝起きを 急襲しようと 日本との 時差 2時間を 充分に 念頭に入れて 早朝に G/Hから その 公衆電話まで 足を運びました。

 前日には 地元の庶民の生活を実感したいとして、道端にて 数時間 たたずみながら、晩御飯を手にいれた 路上マーケット が ありました。(今は 既に 撤去されていますが) まさに その 公道 を 通ったのです。 右手に 道を 曲がった その時 目にした のが 公道 一面に 走り惑う ネズミの 一帯 でした。 丸々 と 肥えた ネズミです。 ネズミ様たちが 全部隊 公道から 姿を 全て 消え去るのには 多分 その時間は たった 数十秒 だったのでしょう、、 でも 私には 、、、  相当の時間が 止まって いました。

 ネズミ様たち 自体は 私には 危害を加えるハズもなく、ネズミ様たちの 平穏な 残飯 朝ご飯の邪魔をした 私が 責められ こそすれ。。 ただ、 前日の 路上マーケット・屋台の 消毒・衛生管理は と 思えば、「危険」と 言えなく も ない。

 だけど、 そんな ことを いちいち 思い巡らす ので あれば、 タイ、、 地方 なんかに 足を 踏み入れる 資格も 無いことは 間違い ないで あろう。。  生まれながらにして 現地に 住み 生活している 人たちに 失礼 とも思える。

 アジアで ジュースに 氷の入った ものは 飲んでは いけない という ことを 守ろうと する あるいは 野菜サラダも 下痢の危険が あるという ガイドブックの忠告を 守ろうとするには 絶対に 回避困難な 旅 で は ある。 
危険(99)
264 10/APR/05  これは 間違いなく 命にも関係する危険であった。 ちょっと 大袈裟かも ??

 ラオス・パークセーから 東へ サラワン行きの トラックバスで 途中で下車をする 「タートロー」の滝での ことです。 フランスワインを 飲み、子豚の丸焼きを食べながら、珍しく 高級バンガローに泊まりました。 何の喧騒も無い ただ ただ 滝の音だけが 聞こえる 静かな保養地です。 見たことの無い 近くの(?)珍鳥が 籠の中に飼われて いました。

 上流の方にも 何箇所か 別の滝も在るということだったので、見物がてら 徒歩にて 山の中を 一人歩きしていました。 決して 山の中で遭難した訳ではないのですが、一瞬 方角を見失いました。 たまたま、バイクで通りかかった男性に 滝の方向を 尋ねました。 サラワンの警察官ということで、バイク好きで、休みの日には 遠出をしているとのこと。 で、で、自分のバイクの後部シートに乗れ とのこと。 案内してあげるよ 。。。 

 私は バイクでの この種のご好意を あちらこちらで体験をしており、何度と無く「危険」な目にあっていて、ご遠慮することにしていますが、、50ccではなく それなりのツーリング用と 思えたものですから、甘えてしまいました。 山の中を あちらこちら ご案内していただいて、堪能しました。 間違いなく 徒歩では 不可能でした。

 でも やっぱり 起きてしまいました。 泊まっている場所まで 戻る には 山を下るという工程が必要でした。 舗装道路である ハズもなく、デコボコ道を それなりのスピードで 下りざるを得ない状況になり、案の定 車輪をワダチに取られ、大きく転倒です。 私は 何とか 手の平の擦り傷程度で逃げ切りましたが、運転手は 顔から路上に投げつけられ、顔から 大きな傷では無いのですが、血が 流れています。 その後のドタバタは割愛するとして、タートローで数泊の後、サラワンで宿泊予定の 馴染みのG/Hで 待ち合わせすることに。。。 危険と 出会いと、 親交は 紙一重 と 実感する場面は 多々 です。
危険(98)
263 03/APR/05  特に 身体に危険が及ぶものでは無いのだが。。。
しかし、精神面では 不意打ち というのは 結構 その瞬間では 傷が付いてしまう。

 もし ある食堂のテーブルの椅子に腰掛け、たった 今 注文した料理が 来るのを 待っている場面で。 その 直ぐ後ろを 歩きながら 突然 ある人が 椅子の後ろで 大声で 流行歌を 歌いだしたら、、  そして それが ミャンマー語の歌 だったら、、、  後ろを振り向いて ついつい その人の 顔を 見つめたく なる ような。

 そんな場面を ミャンマーでは 何度と無く 不意打ちの 経験しています。  あんたよ、、、 食堂の店員だ ろ ぅ・・・  そんなの 日本じゃ 勤務中に 鼻歌なんて、、 不謹慎とされて どうみても 即刻 クビ だよ。 

 でも これが 当然のごとく ミャンマーでは 多いのだ。 微笑ましいと、 これも 店員による ある種の サービス なのでは と、 寛容に なるまでには 数度の 危険を 体感 しなければ。
危険(97)
262 01/APR/05  ”トポロジーの登場によって、図形の本質や空間の性質に関する知識は飛躍的に豊になった。根拠地をトポロジーにおいたカタストロフィー理論の出現は、数学者の眼を 連続から不連続の世界へと移そうと している。”

 ”約半世紀前に、E・アルチンは、「組み紐」という材料をモデルにして、「組み紐」の数学を作った。はじめ、直観的で、素朴なこの幾何学が時代と共に次第に洗練されていった”

わが国では「組み紐」は、刀の下緒や柄巻きなどに、実用と装飾を兼ねて武家社会で大量に用いられて発達してきたものである。しかし、明治以降 婦人服の和装小物用としての帯締め、羽織紐となって、庶民の間に 広まった。。。

 「組み紐」が初めて 数学の文献に現れたのは、1923年のことである。 アメリカの位相幾何学の先駆者 アレキサンダーの論文、、、、

織る、染める、、、 編む。。 の 「編む」を 学問としている 科学分野が ありそうな。。 位相幾何学= トポロジー という そうな。。 「編む」は 「編む」であって そんなトポロジー理論 なんて そんな難しい言葉を 意識する必要も まったく無く 組み紐 は できあがります、、、  トポロジーなんて 知らなくても ちゃんと 組み紐は 現実として 主婦の間で 創作されています。 人間国宝も います。  逆に トポロジーを研究している数学者では 良い組み紐 は 絶対に 作れるハズがない という でしょう。。  両方を 知った上の 組み紐 作品は 革命かも ???  
組み紐
261 30/MAR/05  中国 広東省・広州で、中国の愛国教育を垣間見ようと 「広州起義烈士陵園」を 訪れました。 その隣にあった 「広州近代史博物館」に 何気なく 入ってみました。 と言っても 現地で入手した 観光客用の市内案内図には そう書き込まれていましたが、「広州蜂起烈士霊園」とか 「三元里人民抗英斗争記念館」とか 「広東革命歴史博物館」との 名称も ありそうな ?? 公園内には 現地人の観光客で 溢れて いました。

 博物館には、確かに アヘン戦争時の抗英、その後の 抗日、日本人による虐待 等々 の写真・バネルが 大半でした。 中国政府による HPを見ると、間違いなく 「教育」という文字が 見えます。 国際化・友好の潮流の一方で 日中関係の 現実を しっかりと 認識してしまいました。

 それはそれとして、この博物館には、その当時の 庶民の生活風景等々の 一部ですが 陳列もありました。 その中に だだ一つ 当時 一般家庭内で使っていたと思われる 綿織物用の 「手織り機」実物 を 見つけました。 今までには 見たことの無い 形状でした。 縦糸を強く張る装置に 竹でバネの原理を応用していると思われる 工夫がありました。 腰織り機 を 進化させた 直後の時代の 織り機 ではと も 思われる 簡素ですが 織り機の 三要素を しっかり 備えたもので 私としては そんな陳列物があるとは 事前に全く意図しない場面だったので いたく 感激をしてしまいました。 確かに そんな物を ガイドブックに載せる・紹介する という 諸子が 居る ハズ も 無く。 一見の 価値は 間違いなく ありそうです。

 織物との出会いは やはり ”犬も 歩けば” なのだ と いうことを 改めて 実感しました。。  
中国・教育基地
260 28/MAR/05  「杉山 元(はじめ)」、、 1880年生まれ。 戦前の日本陸軍で 失脚することなく、一貫して 出世コースを歩んだ人間の一人。敗戦時 ピストル自殺を図り、今は 多摩霊園に眠る。 1937年 陸軍大臣、開戦時の1940年 参謀総長、1944年 教育総監 と 陸軍三長官職すべてを経験した稀有な存在だった。

 この人の アダ名が 「ドア」だったとか。 強く押すと 開く、、部下が強行に決断を迫れば、その要求が通る からだった とか。 リーダーとしての 強い 定見・信念が 欠如していたのだろう。 ひどいのは 「便所の戸」という 言い回しも あったそうな。 当時の陸軍のトイレの戸は むこうから 押せば こっちに開き、こっちから 押せば あっち側に 開く。。 いやはや である。 

 この種の人物のように、安定してしまっている組織の中では、大事な処世術なのかもしれない。人を言葉で刺激はせず、思った思想や考えをすぐ口に出さず、「沈黙は金なり」「雉(きじ)も鳴かずんば 撃たれまい」。 すぐ 圭角(けいかく)や感情を表に出す人物は、いつかは 無用な軋轢を生み、小競り合いの中で 失脚してしまう 場面を 自ら 懐(ふところ)に 引き釣り込んで しまう。 

 男が 嫉妬する、嫉妬を受ける ということで 世界の歴史が 大きく 動いた。。 他人の才能を、武勲を、人気を、家柄を、学歴を、妬み・妬まれ、 排斥し・排斥される。。。  嫉妬は 決して 女性の専売特許では無い。。  森 鴎外 だって、 

 新潮新書 「嫉妬の世界史」(山内 昌之著)を 読みました。 東条英機に 徹底的に 嫉妬され 事あるごとに 完膚なまでに 斥けられた 「石原 莞爾」に関する本を 読みたくなりました。
男の嫉妬
259 27/FEB/05  「誡(イマシ)むるは 面従にあり」、、、 ”面従” ”腹背” ・・・ 最も 警戒すべきことは 表面だけの服従である、、、
 相手の前では表向き従順な顔をする。そう装って媚(こび)を売る者。。。

 西暦 紀元後 200年当時、中国 三国志 時代 「自分は背(そむ)こうとも 自分に背かせはしない」、、 との 曹操が。。  部下からの献策に乗じるを 良しとしない、高すぎるプライドが邪魔をした ・・・ 優秀な人物を抱え込む・重用することは 危険と考えた ? 曹操は、、

 人を信用して 任せられない そんな リーダーが あちらこちら に。 劉備が、三顧の礼をもって迎えた 諸葛亮。。 図抜けた才覚の持ち主 呉の 名参謀・周瑜(しゅうゆ)。 そんな人材を 身近に置けず、切れ者と名高い参謀 楊脩(ようしゅう)を処刑し・「王佐の才」と称えられた有能な軍師 荀域(じゅんいく)を自殺に追い込み・司馬懿(しばい・仲達)に嫉妬して・    疎ましく思い 周辺から追放し続けた 曹操 だった。。  リーダーに対して 心地良い仕草をし続ける 面従腹「従」 の 者たち(YES マン)のみが 結果として 残った、、、 そんな国・組織は 永続き が できる ハズ も なく。。。

三国志 「将の名言 参謀の名言」 守屋 洋 著 を 読んでいます、  
面従
258 25/JAN/05  私としては 何の「危険」も無かったのだが。
ミャンマーで、養蚕の地を訪れたくて、それなりの当たりをつけた地点まで 出かけて、現地にて 情報収集と案内役の道筋を探し回り、一週間弱 滞在してしまったG/Hがあります。 結果としては、その地までの交通事情に不安があると判断し 断念することには なりましたが。

 かなりの田舎の地でして、外人が宿泊できるG/Hでは無かったのですが、とりあえず、G/H主人が 外人宿泊届けの資料を 都度 政府に 出すことにより、宿泊が可能なG/Hでした。 確かな養蚕情報を得るまでには、何も無い地ですので、nothing to do、nothing to see、その地の方々・老若男女と たっぷり 交流することになりました。 

で、あきらめて その地を発つときに、そのG/Hの主人から 極めて 危なかっしい表情で 頼みごとが 申し出されました。
 それは 外国・シンガポールあての 手紙を 航空便にて ミャンマー出国後に 出状して欲しい とのものでした。 聞けば、友達宛てのものであり、決して 危ない内容ではないけれど ミャンマー国内から 外国あて 手紙を出せば 検閲は間違いなく、無用の憶測・誤解を受けることは 回避したいから とのこと。 

 一歩間違えば、良く 耳にする 飛行場で 荷物を 気軽に預かり、ご法度品目であった などと。 一瞬 ヒビリ ました。
が、G/H主人の人柄も たっぷり理解していた状態でしたので、OKとして受け取り ヤンゴンからの到着地・バンコク国際飛行場の郵便局で 約束どおり 間違いなく 出状しました。 そんなこともあって、私は ミャンマーへ便りを出す際には、封書では無く 必ず ハガキにしている。 
危険(96)
257 15/JAN/05  フランス織物旅の合い間に 念願の フランス・リヨン国立オペラ劇場で オペラを見てきました。 7階建ての音響効果の優れた劇場でした。 Domitri Chostakovitch 作曲 「Moscou、Quartier Des Cerises」でした。 ショスタコービッチが 没後30年ということで 最近 日本でも 音楽雑誌で 特集が 組まれているのを見かけました。 日本では 極めてマイナーなオペラの様子ですが 「モスクワのチェロムースキ」と なっているようです。 

 冷戦時代 ソビエト連邦共産主義体制迎合派として 西側では あまり 評判の高くは ない ?  作曲家の模様です が。 リヨンでは オペラ自体は ロシア語で演じられ 途中のアドリブ(?)台詞はフランス語で 舞台最上部に フランス語の字幕スーパー電光表示でした。 なかなか 日本では まず 絶対に 演じられそうもない 曲目であったので、 いたく 感じいって おります。 

 CDを 探し求めて、なんとか 1998年ハーグ市民交響楽団版 が 手に入りそうです。 
オペラ観劇
256 25/DEC/04  "ひとりごと"の 25/MAY/04 NO 239 「5:5:3」で ヨーロッパ「ユーロ(EUR)」 と アメリカ 「ドル(USD・$)」 に 肩を並べる 第三極としての 通貨圏、、、 YENの通貨圏・経済圏は 想定できないだろうか と 不遜な 独り言を 書いてしまいました。

 だけど YES(イエス)通貨圏構想として 論陣を展開している文書に 出会いました。 Y =  JPY、CHY 。 ユーロの E。 USDの$= S 。 を 並べると Y・E・S と なりますからね。 

中国が 東南アジア地域・ASEAN各国と 積極的に展開している FTA(自由貿易協定)に対して 日本が YES通貨圏を展望しながら 中国と協調して 的確に アジアFTA、あるいは EPA(経済連携協定) を 構成できれば 夢でも なさそうなのですが ???? 

 というよりも そうしないと 日本の通貨も ドルか ユーロに 吸い込まれてしまいそうなのですが。。。  アジアは アジアであって、欧米とは 一線が と。。 日本だけが不遜に闊歩した かつての 大東亜思想・帝国主義戦争とは 中国・韓国・台湾・ASEAN と 経済侵略ではなく 対等協調するという 点で 全く 違うと思うけど、、、 

どうかな ???  そのためには 日本人個々が もっと もっと 国際人(International Person)、国際感覚、国際目線の醸成が。。 唯我独尊の、狭い社会のプライド誇示の 反対語かも。 
YES通貨圏
255 06/DEC/04  「トレッキング」という行動には 何の興味もなく、また そんな体力には自信がないので、タイ北部でも 全く無視をしています。 
ただ、一度だけ 結果として 似た行動をしたことがあります。 ミャンマーで インレー湖から マンダレーに戻る途中 直行するのも なにか 勿体無い気がして 途中の町「カロー」で バスを下車しました。 とりあえず 市場を散策して 気になる織物・柄がなければ お昼ご飯だけ取って 出発し ターズィか メッチーラあたりの町で 宿泊でもと。 それが 私にとっては 恐怖・危険の 前兆となりました。 三枚の布を横に縫い合わせた なんとも言えないロンジー・タメイン(女性用巻きスカート)に出会って しまったのです。

 聞けば 周辺の山の中に住む 少数民族の織物と か。 三枚を縫い合わせている幅ということは どう考えても 腰織りのハズです。 「カロー」の町で G/Hを探し、その店主に この少数民族の村まで 行く方法を尋ねると、外人一人では無理なので 友人を紹介するから その人に相談してみれば とのこと。 

 英語に堪能なインド系のミャンマー人でした。 当方の要望・希望・意図を伝えると 一緒に行ってくれるとのこと。 私は 喜びました。
お礼として 一日トレッキングのガイド料相場と 同等の金額を 私から 申し出しました。 もし 知人の布が気に入れば 買ってくれるだけで良いとの 返事でしたが、どちらにしろ 戻ってきた段階で 決着しようと 合意しました。 翌日の朝 午前7時に G/Hをスタートしました。

 山また山、、 急斜面、細い道、藪の中、お茶畑、それはそれは 暑い中。 私は 織物に会いたくて 歩いているのであって、決して ハイキングとか トレッキングの意思・心構え は 当初から 持っていません。 準備不足でした。 念願がかない 腰織りの場面、整経の方法等 たっぷり 見聞をしました。 G/Hに戻ったのは 午後の5時頃、その間 山の中を歩き続けました。 案内してくれている人に 申し訳ないと思う気持ちも マイナスでした。 休憩したいと 伝えることに躊躇しました。 多分 脱水症状、筋肉疲労の極致状況だったのでしょう。 まともな お昼ご飯の手持ちもせずに 出発しましたし。

 戻って 直ちに 夕食に出かけました。 例の ミリンダ割の ジンを のみながら、ミャンマー料理にありついたところ、半分も食べきらない内に はきけが 襲ってきました。 そくそくと 店を飛び出し G/Hに戻る途中で 全てを、、、 翌日の早朝の マンダレー行きバス出発までに 起きれるかどうか 自信がなくなりました。 
危険(95)
254 30/OCT/04  ミャンマー・シャン州・タァゥンジーでの 出来事です。
 たまたま 晩御飯を食べるために 入った食堂で、隣のテーブルの 中年男性と お近づきの印に 一献を傾けることになりました。ヤンゴンの大学で 日本史を学んだことのある キリスト教会関係者の風でした。 そのうちに 男性の仲間も 次々と 食事のため 食堂に入ってきました。たっぷりと 会話を楽しんだ後、海外渡航の段になって、ここでは マヅイとの 話題になり(現政府批判的)、中年男性の自宅まで 連れ込まれていきました。 酔いの挙句の この種の行動は、一人旅では 極めて 危険なことは承知の上でしたが、虎穴に入らずんばの 心境でした。 結果的には、ミャンマーの一般的な 庶民の住環境、食生活、家族の関係を たっぷり 実体験が出来ることに なりました。 

 深夜まで、政府批判の雄弁を お聞きした挙句、今晩は 自分の家に 泊まって行けと の 強い申し出を受けました。 これには、思いっきり 抵抗をしました。 ミャンマーでは、外貨欲しさに 外人観光客を受け入れてはいますが、行動できる範囲・宿泊可能ホテルを 限定していて、外国人の自由な行動は ご法度になっています。 仮に、その男性の家に 政府の事前許可を得ることなく、宿泊をし、仮に、近隣の家から 「外国人が無許可にて宿泊している」との 密告・通報が 政府に届いた場合には、スパイ容疑さえ 私は 覚悟しなければなりません。 その男性は その件については 問題は発生させないとの自信は 見せてはいましたが、、、

 当方の 危惧を理解していただき、そくそくと お暇(いとま)を頂戴いたしまた。 で、じゃ と 言うことで、帰り際に タァゥンジーの町の全貌を見渡せる丘を 案内したいと、、、 これも 「アブナイ」のです。 全貌を見渡せるということは、軍備の要衝のハズです。 そんな場所に 外国人が 立ち入ったことが、仮に バレたら、、 その場で 拘束 かも しれません。。。  少なくとも 外国人の立ち入りは 絶対禁止の場所の はずです。

 案の定、丘の頂上に繋がる道の 入り口で 私達の車は 軍隊の検問に 出会いました。 こんな深夜近くに 丘の頂上に行く輩(やから)は、、、「ヤバイ」・・ 最悪の事態 ???  でも、その男性は 土地のそれなりの顔役らしく、係官は 不承不承 ゲートを開けました。 たっぷりと タウンジーの夜景を 楽しみはしました。 こんな風景は 外国人では 絶対に 体験は出来ない との 嬉しさはありましたが、手持ちのデジカメで 千載一遇のチャンスとして 夜景をパチリとの 無謀な勇気は 全く 起きませんでした。 
危険(94)
253 29/OCT/04  慣れてしまい、そんなものさ と 理解するまでには、「危険」と おぼしき 場面もあります。

 G/Hのベッドには、日本での 清潔という概念とは ほど遠い 代物(しろもの)に 出くわすことがあります。 フロントあるいはG/H主人に 対して、知りうる全ての現地語・単語を駆使しても 交換を訴えたい衝動に 陥ります。 もし、シーツが、枕カバーが 垢(あか)で ベットリ染められている のではと錯覚するまで 黒く染み汚れていた と したら、、、

 でも 決して その部屋に限られたことでもなく、また、そのG/H従業員が 怠け者の集団でもなく、サービス精神の微塵も持ち合わせていない 訳ではないようです。 宿泊料金の差と ほぼイコールの 都会のG/Hとは違い、地方では 通常とまでは 言い切りませんが、あちら こちら で 出くわします。 そんなことに 気後れする程度の者 なら こんなとこまで 来るのじゃ ないよ、、 外国人だからと言って 特別扱い する 修練は したことが 無い よ、、 と まで 言い返され そうです。。

 現地人の宿泊客は 当然のごとく その状態で 寝泊りしている訳であり、受け入れ拒否は 失礼と 私は思い、抵抗感無く 寝入りますが、時に、体調不良・疲労の極致の場合には、なんとも 鋭敏になってしまうことが あります。 そんな場合のために、タオル生地は かさ張って 処置に困るため、日本製・木綿生地の大判の手拭を 持ち歩き 首の周りに 巻きつけて 寝入ります。 少しは 緩衝剤には なります。 

 それでも 匂いさえ 気になる場合には、タイの夜店あたりで 20バーツ程度で売られている 小瓶のオーデコロンを持ち歩き 少量を 首周りに 吹き付ける ことで 解決しています。 タイの夜店オーデコロンは、水を加えて薄めているのでは と 思われるほど 匂いは 長時間 残留しないため、次の日の宿泊客にも 迷惑は お掛け しないハズですので。 

 ある土地のG/Hで、前日の宿泊客は いかにも 欧米・白人女性であった だろう と 直感できる程に 香水が ベッドに 染み渡っていまして、辟易した経験が ありますので、、 
危険(93)
252 24/OCT/04  古代、身辺に繊維質の物質を発見しては、なんらかの方法で長い糸にしたことであろう。それが ある量確保されたところに織物作り「織(おり)」が始められたことであろう。 糸の量が少ない場合には、織物にはいたらず、編物か 組紐としたであろう。 繊維質が「糸」に適さない場合には織物にしないで、例えば、羊毛繊維は それに熱と湿り気を与えて 繊維をからませ(縮絨して)フェルトにしている。 樹皮の繊維は打ってのばしてタパに作る。

どちらも非常に古い歴史をもつている。 人々は なによりも 線から面に変えて実用化をめざしたのである。 織物によって生活がどれほど ゆたかに なったことであろう。織物と名づけられるものは「機(はた)」を介して実現される。 

"絹の道 シルクロード染織史" (長澤和俊・横張和子著、講談社 刊)からの抜粋です。 織物の起源・源流を まことに 明快に 表現していると思います。 ここ最近 織物のみの目的ではないですが、上海、武漢、宜昌、北京、瀋陽等 なにかと 中国に出向く機会が多く、現代の中国織物・絹の評価は さておいて、漢代、唐代の織物技術に 関心を持ってきました。 そこから 延長して、シルクロードの終着点であろう かつての フランス・絹にも 思いを馳せています。 
糸と織
251 11/OCT/04 「虚勢(きょせい)」 ===   うわべばかりの勢い。見せかけの威勢のよさ。からいばり、、、

 何がしかの 負い目・コンプレックスを 抱いている人間が 時に 見せる挙動。。。  他人には図り知れない 自分だけが守りたいプライドが損なわれると感じた時に 相手の行動に 激しく反撃する挙動。。。 まず 小競り合い に だけは 一歩も譲らないと 執拗に 抵抗する態度。。。 周りの全ての人間に 自分が認知されるべきと 訴求する挙動。。。 相手と自分の勢力差を 瞬時に 測定・見極めて その立場を 威丈高に振舞う態度。。。 相手のひるみに乗じて 自分の その時の 優位差を 嵩(かさ)にかける言動。。。 限られた社会での 地位・勢力構図が 一般的にも 通用すると思ってしまって 違う社会で 限定社会と 同様に振舞う態度。。。 

 最近 この種の 輩(やから)が 蔓延してきているような、、、 バスの中でも、、 飛行機の中でも、、、 レストランでも、、、 ゴルフ場でも、、、 サラリーマン社会にも、、、 どこかの企業の 中小企業オーナー社長さん さへ も、、、 ましてや 社長夫人にも、、 身近な旦那・子供との勢力争いを制した主婦層、、、、 それぞれ 目一杯 生き抜いている疲れの 裏返し なのだろうけど ね。。。 

 だけどね、他人の目線を意識せず まず、、、 「自分」を 正確に測ることが 先なのですけどね、、  自分を 他人に 測って もらっていては いつまでも 不安は 追いかけて きます よ ね。。。 自信・過信、謙虚、傲慢、自認、自尊心、虚勢 は 刃渡り三寸 だよ、、、 
虚勢・ツッパリ
250 07/OCT/04  「牛首紬(うしくびつむぎ)」とのタグが付けてある ティッシュペーパー入れを お土産店で 500円で 買ってしまいました。 うーーーん、、、
500円の品物に 小言を言ったら、 "分かって 買え ! !" と 店主から 反撃を食らいそうですが、こう言った形で 牛首紬を 観光土産として 売り出すのは 織物に対する評価に 誤解を 与えることに なってしまいますが、、 「牛首紬」とは この程度の織物か 、、 と。

絵を描いて 「猫」では無いよと、『虎』の文字を 添え書きし。。。。

インドネシア・バリ島トゥンガナン村の 縦緯絣 「グリンシン」も、クタ、レギャン界隈のショップで 安く売られています(日本でも1〜2万円で販売されている) が、これを 「グリンシン」であると 絶対に 誤解しないでほしい、、、 これに似た 状況かも しれません。
牛首紬については こちらのHP が 詳しいです。
牛首紬
もどる