ひとりごとlogo 四 Archives;過去ログ>> Page 150から199 まで もどる
   (ひとり旅)危険  ビール  カンティア  (リーダー心得)死の彷徨 は テーマ別アーカイブがあります。
199 29/APR/03  両替で結構 危ないのが 休日の時である。まして それが 連休となると 余計な不安感が増す。特に 外人観光客が訪れる都会を離れている場合には 手の打ちようがなくなる場合も発生する。日曜日はなんとか理解できても その国特有の祭日などが絡むと 悲惨である。 地方では 銀行が休業日、日祭日もオープンしている両替所など あろうはずもない。 

 タイ・ムクダハンから ラオス・サヴアンナケートへ メコン川を船で渡り 到着して さて ラオス・キップへ両替するために銀行に出かけた。 だが 本日は 午前中にて閉店し 次の開店は 5日後との掲示があった。 ガーン。。。 年末年始の休暇に入った 直後であった。 バンコク国際空港から 真っ直ぐ 飛行機で コーンケーンに入り 直行していたので タイ・バーツの持ち合わせも 少なかった。 焦りました。 年末年始の間 貧乏・窮乏生活を強いられるのは 耐えられない よ。。 それよりも 銀行開店するまで この地で 足止めをくらうのは なんとも 退屈である。

 地方にでかける時には 両替の不安は 取り除いて 出発するようには している。 だが 両替後のラオス・キップ紙幣の枚数は 相当の量に上るので その取り扱いに難儀することも しばしばではある。
危険(55)
198 16/APR/03  タイ語のカラオケDVDは 安価で大量に販売されていて バンコクでも 地方都市でも さほど労せずして 手に入る。しかし ラオス語での カラオケDVDは まだ 希少品的価値がありそうだ。 字幕スーパーの歌詞が ラオス語で流れるのは なんとも 小さな楽しみが倍加する。 でも バックの風景は なぜかしら 列車のホームなどもある。 ラオスには 列車のホームという風景は 考えられないのだが。 多分 タイ語バージョンの画像を 流用しているのではないだろうか。

 ラオス南部・サラワンのゲストハウスで カラオケDVDの装置・マイクがあって 近所の皆様の カラオケ大会が 延々と 早朝まで続いたが 決して 子守唄とは 受け止められなかった。
カラオケDVD
197 08/APR/03  ラオスの電話帳を 無性に手に入れたくなった時があった。 生活・文化に関する情報の宝庫であり、広告欄を見ているだけでも ラオス人の生活の匂いが ヒシヒシと伝わってくる。 市場を駆け巡ったところで 販売されているハズもなく 少なくとも 対価を支払うことで 手に入れることは 困難と 思われました。

 そこで ホテルの部屋に備え付けられていることを 思い出し めったには宿泊しない 高級ホテルに あえて 泊まりこみ フロントに 電話帳を なんとか 譲り受けさせて いただけないものかと ゆっくり 時間をかけて お願いをしてみた。 はじめは いぶかしがられたが 当方の 懇請に なんとか 理解を示していただき 結果として 無償にて 手に入れることが できた。 少なくとも ヴィエンチャンの 織物業界に関する会社情報は 詳細に 把握はできた。
電話帳
196 01/APR/03  タイでは 最近は 定価の表示がなされていますが かつては たばこの値段は 全国共通とは思えなかった。 まず かつては 20本入り一箱を買い求める現地人は少なく 一本単位のパラ売りが多く 一箱を買う場合には 割高となる 一本*20本と計算されることも しばしばであった。 また 例のごとく 外人には 値段交渉の余地を残し 当初の言い値は 売り手の才覚とも思われました。 「タバコは定価」の感覚に慣れ親しんでいる日本人は 何の疑念も無く 支払う場合もあったようにも思われます。 ミャンマー、ラオスでは 依然として タバコの値段は 都会、地方、店毎に 区々のようです。

 とにかく 一箱を買う場合には 一本*20本の値段だけは どうしても 潔しとは しない。
危険(54)
195 23/MAR/03  ミャンマーで 夜行バスに乗ると どうしても 不思議な光景に出くわす。 道路を 自転車で走る人間を 追い越すのである。 バスが 自転車を追い越すことは 当たり前であり 追い越すことではなく こんな 夜間に 何ゆえに 自転車で 走る ペダルをこぐ人間が いるのか ?  ということが謎である。 

 どうみても 近くには 人の存在、村の明かりなどは 見られない。 どこから帰ろうとしているのか ? どこに行こうとしているのか ?  皆目 検討がつかない。 自分の家に帰るのなら もっと 早く 明るいうちに 帰りなよな !!!   どこかに行こうとしているのなら 何も こんな 夜遅く 自転車を漕いで 走らなくとも 。。。。 いろいろな 思いが 過ぎる。 夜間の 狭い道を 無灯火て゜ 走るのは 本当に 危ないよ 。。。 余計な 心配を してしまう。
危険(53)
194 16/MAR/03  各国・各地で ドル紙幣の両替をすることがある。100ドルなどの高額紙幣と 1ドルなどの小額紙幣で 両替料率が 大きく相違するのが 通常だ。高額紙幣は 小額紙幣と比べて 手間の問題もあるのだが 料率は 好条件だ。 ただ 100ドル紙幣一枚も両替すると 現地人の数ヶ月の生活費にも及ぶ すさまじい価値のものとなってしまう国も あり 小額紙幣が 便利なTPOが あるが。。。 

 インドネシアのある田舎の銀行では この 高額、小額で 両替料率に 相違が無いところが あった。 ここぞと ばかりに 1ドル紙幣、5ドル紙幣を 両替した。 田舎の町の銀行は 都会の銀行に比べて 両替料率が不利なところが 多いが この町の銀行では 小額紙幣に限って 言えば 都会の両替料率よりは 上回っていた。 両替の行動は 旅人にとっては 不可避であるが その巧拙で 少しは その国のシステム・経済運営を 理解ができる ことが ある。
危険(52)
193 02/MAR/03  ホワイト・ホース(白い馬)というウィスキーは有名だが ”赤い馬”、”黒い馬”という名称のアルコールがある。ジョニ赤、ジョニ黒ではないが ラオスで マー・デーン(赤い馬)、マー・ダム(黒い馬)という 瓶入りのラオ・ラーオである。 値段は 各地で 区々で ”黒い馬”が 若干高めのようだ。16,000〜18,000キップ。 ラオビール一本7,000キップ程度を考慮すると のん兵衛には コストパフォーマンスが良い。 ある町の食堂で 赤い馬も 黒い馬も 同じ値段で 10,000キップということだったので ついつい 黒い馬(マーダム)を 買い占めてしまった。 
ビール(20)
192 10/FEB/03  ミャンマーでは しばしば 汚れ痛んだ紙幣で 悩まされる。 例え モヒンガーしか食べなかった食堂でも 発生した。「これは汚れているので 支払いとしては 受け取れない」というものだ。

 決して 偽札ではないのだが。 で じゃ この汚れた紙幣は もう 使えないのか と 質問すると 別なところでは 使えると言う。 でも モヒンガーの食堂は 決して高級食堂ではないよ。 それ以下の 食堂となると 。。。 うーん。 で サイカーの利用時とか 沢山の紙幣を使う際に モグリこますとか。その 処理・始末に そこそこの神経は使わされる。 
危険(51)
191 03/FEB/03  一人旅の危険も そろそろ 移動の場面から 支払う・両替する の場面に 移すことにします。

インドネシア・バリで 両替に挑んだときであった。 メインストリートの 両替率の良い店の看板を 見つけて 入った。 大体は 小路の奥に立地している。 おもむろに 従業員が現われ 机の上で 両替作業が始まる。 膨大な枚数のルピアになるので 従業員が枚数を数えながら 当方に 同意を求めてくる。

 で 札束を数えることには そこそこの自信がある 当方は 相手の同意を求める数えの後に 自分で 再度 枚数を 日本流で 確認する。 うーん。 一束分 どうしても 少ない。 何度か その 繰り返しが 行われた。 最後に 相手は 両替率の変更を 強く 申し出てきた。

 なるほど やっぱり。 カード手品のごとく 机の上で 一束を 机の下に隠す 技術を 持ち合わせていたのだ。 そうそうと 両替をお断りして 退散した。  
危険(50)
190 26/JAN/03  テレビ番組 ”世界・ふしぎ発見!” 「奇跡への道!!ミャンマー古都紀行」を見ました。タウンジーのお祭りなど どこかのコーディネーター任せの安易な番組ではなく 各地をしっかり取材した良質な番組と 思いました。
 インレー湖では 蓮(ハス)の茎から採取した繊維での織物が紹介されていました。日本でも 少なくとも鎌倉時代には この織物が存在していたとされています。現在では 町田市の「藕絲(ぐうし)館」で わずかに製作されていると聞いています。

 水上生活では 綿花、桑の木などの繊維を作る材料に乏しく 身近な素材である「蓮」を繊維として利用したのだと思います。 特に お寺に寄進する織物として。 植物の茎の繊維であるので 細く紡ぐことは 強度の確保の面から困難であり どうしても 粗っぽい感じの織物になってしまい 着心地の良いものには ならない。 また 機(はた)の引っ張りに耐えられる縦糸の長さの確保も難しく 大きな織物には なりにくい。 小さな仏像に 着せられていたり 近くの市場では 蓮の繊維のシャン・バックが売られているのを 良く 見かける。 日本人の染織家・指導者の眼からは 縦糸を 日本の絹糸を使用させたくなりそうだが それだけは 勘弁してほしい。 
蓮の織物
189 20/JAN/03  インドネシアのフローレス島・マウメレから 西チモールのクパンへ 飛行機で向かおうとした時だった。 マウメレのメルパチ事務所で航空券を手配し(約40USD) 当日の朝 G/Hの従業員に別れをつげ 飛行場へ向かった。バリから飛んできてフローレス経由の便だった。パリを出発する時間が過ぎ フローレスに到着する時間になっても 搭乗手続きの動きがまったく無い。出発予定時刻をしばらく過ぎてから 現地語でアナウンスがあり 待合室のみんなが ぞろぞろ引き上げて行く。私には まったく事情が理解できない。 今日は 飛ばないとのことを理解するまでには 時間が必要だった。飛ばない理由はまったく 誰も 理解していないようだ。 乗客が少ないから 赤字を出さないために 間引きしたのではとも 疑いたくは なる。
 ハリ島を飛び立っていないのなら もっと 早めに 欠航の決定を アナウンスしても良いのでは なとどは 誰も 口には しないようだ。 で 航空券は どうすれば良い の ? 払い戻しなの ?

 明日 もう一度 飛行場に来れば良いとのこと。でも 明日は フライトが無い曜日だよ ! 大丈夫なの ? この航空券は そのまま 使えるの ? なんとも なんとも、であった。 
 それと 待合室に入るときに 係官に6600ルピアの空港利用税を支払ったけど お釣りが無いので 後で持って行くと言われたけど なんの反応も無いよ。それは どうなるの ? 
危険(49)
188 08/JAN/03  ラオスのルアンナムタ飛行場での出来事だった。 ヴィエンチャンに戻る 一人旅の若い白人女性が 大きな声で 私に 議論を投げかけてきた。 この国は CRAZYと言う。飛行機の出発の案内アナウンスもなく 係員の不親切も極まりないと。確かに ラオスの地方空港では どこでも そんな 対応はまったく ない。また 国内線なのに 何ゆえ いちいち パスポートの提示を求めるのかとも。 現地の人の動きをしっかり見極めて 自分なりに 対処する以外には 方法は ない のだが。 多分 彼女は 直前に ルアンプラバン行きの飛行機が飛び立っていて それが もしかして ヴィエンチャン行きだったのではとの 不安感が助長していたとき だったからなのだろう。

 その後の横柄な振る舞いには 現地人も 眉をしかめいてました。特に たまたま 到着便から 現地政府高官が降り 特別室で 花束贈呈などのセレモニーが 行われたが その後に 誰も入室しない その部屋のソファーに大の字になって 寝そべっていたのには 私でも 呆れ返った。
危険(48)
187 02/JAN/03  タイのハイウェイ長距離バスに乗ると 最後部にトイレ付きのがある。 何度か利用したが なんとも 違和感が残る。 ここも やはり タイ式トイレなのだ。 つまり あの 小さいポリタライが浮かぶ水バケツが置いてある。 まあ ハイウェイなので 然程のユレは 無いが 水が飛び出しはしないかと なにかと 気にかかる。 ソクソクと 立ち去ることにしている。 でも あの狭い空間で 女性たちは 相当の苦労をされているとは 思う。 
危険(47)
186 08/DEC/02  ラオスのボンサリーから船の川下りで ルアンプラバンを目指した時は 爽快感と危険が裏腹であった。この船は 乾期には 水量が少くなると 運行をストップしている。 間もなくストップするという時期だった。 結構な急流で 船はスピードがある。 水量が少ないと 所々 浅瀬が出来ている。 ここに乗り上げると 多分 船は 破壊されるだろう。 実際に 浅瀬に乗り上げた船の残骸を 何艘か見た。乗客は どうなったのだろう ?

 もちろん ライフジャケット等は 支給されなく 全くの 無防備。 ノンキァウまでの区間が 一番 恐怖感があった。 ノンキァウからは 例の スピードボートが 運行されていたが 決して 乾期には 乗る気には なれない。
危険(46)
185 21/NOV/02  私は 眼鏡を使用しているので このトラブルが その後の旅に 大きな影響を及ぼす危険がある。 東南アジアでは 少なくとも 都会は別として 修理とか 自分の視力に合わせた眼鏡を買い求めることは 極めて困難である。
 ミャンマーの18時間程の深夜長距離バスで移動した時であった。 ついつい 睡魔の誘惑に耐えられず 眼鏡をしたまま 座席で眠り込んでしまった。 何かの拍子と思うが 知らぬ間に 眼鏡が 顔面からハズれ 意識を取り戻した時には 目の前の光景にボヤケが生じていた。 あわてて 探したところ バスの床に 転げ落ちていた。
 見つけたことと 破壊を逃れていたことに 安堵して 掛け直した。 お−−−っと !!!。

 なんと 軟弱なプラスチック・レンズに 細やかなカスリ傷が 丁度 眼鏡の焦点部分に 無数に 付いていた。 その視界の煩わしさは 表現が出来ないほどであった。 多分 眼鏡が転げ落ちたバスの床面が 細かい砂利で覆われていて バスの振動により眼鏡が紙ヤスリの上を 動きまわったと同じ作用が働いたのであろう。 これには ほとほと 困った。 もう一つの 度付きサングラスが 日中には 威力を発揮することとなったが。。。 夜は。。
危険(45)
184 18/NOV/02  早朝 ミャンマーのピンウーリン(メイミョー)からティーボーに 移動するため 例のごとく 気楽な気持ちで G/Hを出て 通りすがりの住民に バスターミナルの方向を尋ね 徒歩でゆっくり向かった。 到着後 行き先を告げ バスを探したところ まさに 発車しようとしているバスを 示された。 車掌に ティーボー行きですかと 尋ねると 何か様子が おかしく 結局 行き先が違うので 乗せられないとの返答。 うーん ???
 で ウロチョロしていると どこに行きたいのかと 尋ねてくれる住民が登場し 有態を伝えると 先程のバスまで 連れて行ってくれて このバスに乗れと言う。でも 車掌が このバスは 行き先が違うと 先程 言われたよ!!! 

 結局は このバスは 現地住民専用のもので 外人が乗るには 汚なすぎるということで 車掌が 乗車拒否をしたとのことが 判明。 無理矢理乗せていただけたが 確かに すごいバスであった。でも バスの後部に 大量に積まれている米袋の上に 大の字になって 寝てていて良いとのことで 寝台バス的な心地を体験した。
 で 乗車料金の集金が無く 結局は 目的地に到着して下車するときに 請求された。値段は 現地人とは違い 外人専用バス的な額を 請求された。 それはそれで異存はないが たぶん 外人から いくらの乗車料金を徴収すべきなのかを 思いあぐねていたのだろう。 
危険(44)
183 08/NOV/02  軽くて 嵩張らなく 手頃なお土産としては 文房具がある。 特に 日本製のボールペンは 高温の国でも 性能が良いので 人気があるようだ。 確かに その昔 日本でも 胸のポケットに 突っ込んでいると 突然 ボールペンの芯のインクが 中断し 書き込み不能などという状態も頻発していた時期を思い出す。 私は 旅の途中 毎日 バスの待ち時間、一人での食事の際など 時間潰しにメモ張に 記録を書き込むようにしているが 筆記用具は現地調達なので この種の不都合を何度と無く経験をしている。で その日本製ボールペンも 2色、3色が一体のボールペンのお土産だと 現地では 高価なこともあるようで とみに 受けが良い。 

 ただ その色の選び方に一考を要する。 日本では 黒色が中心で あとを どう プラスするかだが タイ、ラオスでは 黒色で 文字を書くのは 少なく もしかして タブーの感がする。「死」「不吉」という感覚と どこかで 一致しているのかも しれない。 手紙とか ノートの書き込みを見ると 青色での文字が 主体のようだ。 確かに タイ人あての手紙は 黒色ではなくて 青色で書くべきと どこかの雑誌で 読んだことがある。 2色、3色の リボルバーのボールペンを 日本からのお土産として選ぶ場合は 黒を外して 青の芯を 主体に 赤、緑等が 一体のものを 選ぶのが ベターと 思っている。 だが この種の リボルバーのボールペンを 見つけ出す、購入するのは 結構 難しいものがある。 日本では。 
お土産(13)
182 07/NOV/02  タイの若い女性集団の織り人用に 日本の女性用ファッション雑誌を お土産に持って行ったことがある。 日本の女性は どんな服装をしているのと 質問されたことが あったからだ。 手渡すと 雑誌を最初に開ける方法が違った。雑誌の裏表紙の側から ページを めくり始めた。なるほど タイの雑誌では それが正しい。

 で 最初に 見たページが 使用前・使用後的な 痩せる効果を宣伝する広告ページであった。 ひとしきり そのページから 織り人全員の眼が離れなかった。会話の弾むこと弾むこと。 先のページを開くまで また 日本の雑誌のめくり方を ご教授できるまでには 相当の間を要した。 当初のお土産目的の 日本の若い女性の服装についての 感想は しばらく 聞かれなかった。 タイ東北部では それほど 太目の女性は 目にしないが 女心・関心は 万国共通なのだろうか。
お土産(12)
181 06/NOV/02  これは お土産でもあり 自用のものでもある。 日本を出る時には 180cc紙パックの日本酒を数個持って行くことがある。 いくら飲ん兵衛と言っても 大量は不要であり ワングラス容器では 重たい。 ラオスのベトナム国境に近い町のG/Hで そこの主人と談話していた時に 日本のアルコールの話題となり 丁度 今 日本のお酒を持っているので 飲んでみるかと申し出たところ 多分 人生の最初で最後と思うので 飲みたいとの返答。
 ただ この主人は 日本のお酒だけではなく 下戸で ラオスのお酒も めったに口にしない人だった。

 さて 一口つけたところで ギブアップした。匂いが 我慢できないとのこと。結果的には 私 一人が全ての量を片付けることになった。でも 次回に来るときにも また 日本酒をお土産に 持参してほしいとの希望を受けてしまった。 アルコールが好きな友達を集めて 日本酒パーティーをしたいとのことらしい。 1.8リットル紙パックを 持参する必要があるだろう。ちょっと 悩んでしまう。
お土産(11)
180 30/OCT/02  ラオス・タイでは めったに 暴力・危害が加わることを心配する危険には出会わない。 が ラオス南部・パクセーでの出来事であった。今は 日本の経済援助でメコン川に橋が出来上がって便利・快適になっているが まだ パクセーから渡し舟でメコン川を越え タイに入国するしか方法が無い時期であった。

 サラワンを早朝一番のバスでパクセーに向かい 南バスターミナルに到着後 いまさらパクセーでは何もすることが無いと思い 一気にタイ入国を目指して ターミナルから トゥクトゥクに乗り メコン川の桟橋に到着した時であった。 トゥクトゥクの運転手に代金を支払う間に 私の荷物が あっという間に 消え去った。 ある青年が 1万キップと叫びながら 荷物を抱えて 渡し舟の方に走り去った。 ここまで来て 大切な布・織物を他人に渡すことはできないと 慌てて 後を 追った。 青年は 渡し舟の中で 荷物を抱えて どんと 座っていた。要は ポーターとしての小遣い稼ぎであった。でも そんなに遠い距離ではなく 私自身で運んでも労の無い場面である。押し売りになってしまっている。まして 1万キップとは 法外な。。 外人と見透かしての暴挙なのだろう。確かに 1ドルをほんの少し超える額であり 外人にすれば チップ程度なのだが。でも 布・織物をコツコツ織るおばさんが 1万キップ稼ぐのに どれ程の汗水を出しているかを考えると なんとも 容赦できなくなった。

 そこで 私は荷物運びを依頼した覚えは無く 1万キップを払う筋合いは無いと応じたところ 渡し舟の中で 数人の仲間の青年に取り囲まれてしまった。 大声で 直ぐ払えと どうせ ラオスを出国するのだから 最早 キップ札は必要ではないだろうとの 暴言も。おれは また ラオスに来るから キップ札は 必要だとか いろいろ言い合ったが なんとしても 払えとのスゴミ。 ラオス出国間際に 馬鹿馬鹿しい争いもと思い 観念して 支払った。
 仲間の青年が退散した直後に 渡し舟の船頭おばさんが 私に事情を聞いてきた。ありのままを話すと 同情してくれて 船賃をタダにしてくれ あとで 彼らの青年達を 厳しく 叱るとのこと。 今まで出会った 本来の ラオス人の誠実な国民性が呼び起こされ なんとか 気分を取りなおして チョンメックまで到着した。
危険(43)
179 29/OCT/02  ラオス北西部・ムアンシンの町から 自転車で 周辺の少数民族の村を横切りながら 中国との国境付近を散策することを目論んだ時だった。 さすが 社会主義の国なのだろうか ある日突然 外人観光客相手のレンタサイクル屋が 営業を停止してしまった。政府からの通達だそうだ。 多分 どこかの観光地で 外人によるトラブルが発生したのだろう。そこで 片道 2〜3時間も歩けば 何とか国境周辺には辿り着くであろうし 村人達・織物との出会いも楽しめるであろうし と思って 軽食と水を片手に 早朝から 歩き出した。しかし 疲れと共に 後 どの程度を歩けば辿り着くのか 初めての道程は なんとも心細く 気が萎えてしまい もう 戻ろうかとの弱気が 襲いかかる。

 そのとき ムアンシンの市場で 売り買いを終えて 中国側に戻る 中国人の耕運機に出会った。後ろの リヤカーには そこそこの人が乗っている。是非 国境まで乗せてほしいと頼んだところ なんとか応諾を得た。が リヤカー荷台の後ろ枠の上にお尻を乗っけざるを得ない状況だった。悪路、振動、、、 その度に お尻がバウンドで打ち続けられた。 痛いこと 痛いこと。 でも 何とか 国境・イミグレまで 辿り着きはした。 耕運機の ヒッチハイクは 最初で最後であった。
危険(42)
178 28/OCT/02  飲ん兵衛というものは 一人だけで寂しく飲むのは 極力回避する癖があるらしく  ついつい 周りにいる誰かを 誘い 会話をしながら飲みたい気分に陥る。 ただ 充分な警戒は必要である。一人旅であり 意図的に 酔い潰されて 狙われたとしたら 一溜りも無い。 一方で この飲み会がキッカケで 親しくなり 素敵な織物情報が得られることも しばしばである。ビールは 庶民には高級品であり これを片手に飲み交わすと 大変 喜ばれることがある。こちらも ビールでは 酔いつぶれる心配も無いので ついつい 量がすすむことになる。

 ミャンマーのある場所で この 日本でのいつもの方式で つい 女性にも ビールをすすめてしまったことがある。 周りの男性から 大変 たしなめられてしまった。女性が 人前で アルコールを飲むのは 不謹慎とされ 勧めるのは 相手の女性に対して 非礼ということであった。
ビール(19)
177 25/OCT/02  タイ・小説「裁き」(タイ語名:カムピィーパークサー、1981年刊、チャート・コーブチッティ著、星野龍夫訳)。周囲の人の性(さが)の無い思い違い・噂によって 孤独感に苛まれ 自暴自棄となり 喀血するまで酒で身を亡ぼす お寺に関わりの深い ある男の物語です。白痴気味の色気たっぷりの後妻を持った 学校用務員の父親が 死亡して その後妻の面倒をみることになつた息子が 村人、お寺住職、先生、生徒から 不道徳との烙印を押され 何かにつけて 疎外され 誤解が誤解を生み 意味も無く 風評・デマで裁きを受けてしまった との あらすじ です。

 死、得度式等お寺行事の進め方・意味合い、境内の建物の名称、葬式・火葬・納骨の方法・意味合い等々 日本の刊行物では 取り上げられていない内容が ふんだんに叙述されていて タイの庶民風俗を知るには 絶好の小説です。
 サーラー(休息所)、ヴイハーン(礼拝堂)、サーラー・トゥーシン(持戒堂)、サーラー・タムプゥーン(布施堂)、ポードー(布薩堂)。。。等々
裁き
176 12/OCT/02  まだ 友好橋が出来る前の タイ・ノーンカーイでの イミグレ近くの食堂での出来事です。 タイのお金持ちと思われる方達と たまたま 隣合わせとなり 例のごとく どこから来たの、何人、タイは何回目等々の質問を浴び 丁寧に お答えしていました。で 日本では どこのメーカーの なんという車種に乗っているのか との質問。

 私は 自動車の運転をしないので 持っていないと答えたところ 妙に 同情をされました。車も持てないほど おまえは 貧乏なのか という感触でした。 暫くしてから タイ人の富裕度バロメーターが 自家用車保有、車種 そういった感触を持っていることに 気が付き 日本での状況の相違を 説明しましたが 結果的には 理解は 得られず 私の食事代を 全て 払っていただくことになりました。
 固く辞退はしたのですが 聞き入れられず なんとも 妙な 気分に 陥りました。
富裕度
175 09/OCT/02   ラオス南部のアッタプーからセコンに向かう時だった。 朝早くに 例の如く アッタプーの町外れノバスターミナルに出向いたが セコン便は 午後1便のみと言われ ながーい時間を ターミナルで潰していた。やっと 出発することになったが 途中で バスの行く手を遮るものに出くわした。
 なんと 道路一杯に 太い木が横たわっていた。多分 開墾のために伐採した木が 何かの間違いで 道路側に 切り倒されたのだろう。 乗客のみなさんは 大変 鷹揚であった。 ただ 私は 初めて訪れるセコンには 何としても 日没前には到着を願っていた。 地図も無い町では 暗闇の到着は 方向感が 全く無くなるからだ。宿の探し、夕食場所等々 全てに 差し障りが生ずる。

 おもむろに 乗客が降り 近所の斧、まさかりを集めて 共同で 道路上の大木を 切り刻み始めた。それは 微笑ましいことではあるが おいおい そんな大木に斧で挑戦して 何時間かかるの。もしかして 今日中には。。。。
 さすがだか なんとか 3時間で とりあえず バスが通りすぎれるだけの空間が 確保され その場から 開放はされた。 でも 案の定 セコン到着は 真夜中になってしまった。 どこに下りたのか 町のどの場所なのか。。。
危険(41)
174 01/OCT/02  タイ東北部(イサーン)の県庁所在都市のG/Hの出来事です。 G/Hの掃除やら雑用をこなす うら若き女性が 私に 手紙を持ってきて タイ語に直してほしいとのお願いがありました。日本語の手紙でした。旅の途中に泊まった日本人男性からのものでした。彼女は 恋をしている様子でした。手紙のやりとり自体は お土産とは関係はないのですが。

 彼から 化粧品を送ってもらうのが 大変 待ち遠しいとのことでした。私は 地黒だから 少しでも 白く美しくなって 彼に好かれたいとのこと。あらら。頑張ってね とは 言いました。 でも 彼が送ってきているのは とある基礎化粧品会社のサンプル オンリーでした。 無料のお土産で うら若き乙女の心を奪う手口は 心憎いと。 でも そのことは 彼女には 伝えず そっと しました。
お土産(10)
173 20/SEP/02  ラオスをバス等乗り物で移動している時には 私は 窓から見える景色には あまり 興味が無く ついつい 各家庭の物干し竿、洗濯物に眼が行ってしまう。決して その筋の危ない習癖を持っている訳では無い。干してある洗濯物の布、織物の柄、素材を確かめている。その洗濯物を見ながら この家庭は XXX族系の家族なのだとか、通り過ぎる家庭の全てが 化繊、市販の布・服のみであれば この地域は もう 織物は失われたのかとも。山間部を走っていて めったに見かけない柄の洗濯物が干してあれば ついつい 乗り継ぎの便など 後先を考えずに やみくもに乗り物を降りて その家庭を訪れたくなる衝動に駆られる。

 ラオスの南部では 一度だけ 我慢が出来ずに 通りすぎてから やみくもにバスを降りてしまった。通りすぎた家庭の場所まで戻る方法は 歩くだけだった。何時間 歩いて戻っただろう。途中 不審者として 村の役人の尋問まで受けてしまった。何とか 洗濯物の家庭に辿り着き 腰織りの織物に出会える幸運に巡り合った。だが その後が大変だった。あるのか無いのか、いつ来るのか検討もつかない乗り物を 待つことになってしまった。
洗濯物
172 19/SEP/02  バンコクで宿泊し深夜便で帰国のため タクシーで国際空港に向かう時も緊張がみなぎる。タイを離れる最後の瞬間は楽しい気分の余韻で終わりたいと心底思う。だが このタクシーで何度か裏切られている。 深夜だが高速道路を使う・使わない、近道だとして見なれない道路を走る、高速料金代をゴマかす、意図的と思える荒っぽい運転、等々。。。まあ どんなことがあっても タイでは命には別状が無く 金で全てが解決するのではあるが。
 メーターTAXIだが 私は 高速料金等々あらゆるものを含めて 250バーツでと交渉して納得するタクシーを探すことにしている。だいたいは拒否するドライバーは居ない。50バーツ程度は お願いだから楽しい気分のまま帰国させて との意味でのチップと思っている。

 一度だけだか あと数時間後に帰国するために国際空港に向かう高速道路上で 自家用車の無理な割り込みのため 急ブレーキによりタクシーの後部が半回転し 危うく事故となるところだった。入院、保険、格安航空券の処理・・・色々なことがよぎった。高校生の息子が フィリピン・セブ島・モアルボアルに 格安航空券での単独旅行をした際に 翌日 マニラから帰国するため セブ島を移動していた時に 前走車が事故って 道路封鎖となり マニラに到着できず帰国不能となったことがあった。何も無く順調に旅が進行すれば 一人旅ほど楽しく・気楽なものは無いが トラブルの時の対応能力が不可欠だ。 
危険(40)
171 14/SEP/02  タイなどの町を歩くと 道端、小路で いろいろ おいしそうな食べ物に出くわす。ついつい さほど空腹でもないのに 立ち止まって 好奇心で 買ってしまうことがある。「食は路上にあり」だろうか。だいたいは 何の材料なのか どういう名前が付いているのかは 知る由もない。この種を 手に入れる私の手練手管は まず 現地人の行動をつぶさに見守る。どういう注文の仕方があるのか どの程度の値段なのか。。。この時は 衛生・不衛生という概念は捨象する。売り子さんと 目が合った時が 勝負。。

 だいたいは 言葉を発することなく 10バーツ紙幣を出す。それで買える分だけ 欲しいという意味合いだ。何度か 数、量をゴマカサレたが 致し方がない。この度胸で 結構 いろいろな食べ物に ありついている。
 例の ココナッツミルク・たこ焼も この方法で 最初に 食した。「カノム・クロッ」という らしい。 
路上
170 12/SEP/02  タイ・バンコク市内は どうしても好きになれないでいる。大きな要因の一つは タクシーである。バンコクのタクシーでは あまり良い思い出はない。タイ北部、東北部の旅を終えて 国際空港から帰国するため バンコクに戻る際も バンコク1泊は考えず 郊外のランシットでバスを下車し そのまま飛行場に向かうことが 多くなっている。

 バンコクのタクシーも 最近はメーター・タクシーが主流で 相場感の不安、値段交渉の煩わしさからは解放されたが 結構 依然として 曲者(くせもの)である。確かに 一方通行、右折禁止、時間帯別通行制限、渋滞回避等々 そういった交通事情は想定はできるが 意図的に迂回するタクシーに 何度も 出会っている。宿泊先のヤワラーから 中央郵便局に行くため タクシーを選択したところ シーロム通りに入り ニューロードに突き当たり 右折すべきところを 右折禁止だからとして 左折して どんどん遠ざかって行った。挙句に 高速道路にまで進入してしまった。怒りました。抗議の態度を

 精一杯 誇示しました よ。ドライバーから返る言葉は 「ヤン ヤン」。メーターの料金は 上がり放し。
 まず タクシーを路肩に停止させることを 要求し バンコク市内地図を広げて 多分と思われた現在位置を指し示し 直ぐ 戻れと タイ語で強く言い渡すと やっと 観念し 当初目的場所まで 戻った。その間 1時間程。気分は 最悪であった。
危険(39)
169 06/SEP/02  ミャンマーの夜行長距離バスでの事件である。綿織物工場のあるバガン対岸のパコクからヤンゴンに戻る時のことである。バガンをお昼過ぎに出発し 翌日早朝ヤンゴンに到着するバスだが 観光には全く用が無く 通り過ぎるだけなので入域料を払うのは潔しとはせず 現地人から知恵を授かり 役人がまだ出勤前の 朝4時早朝の渡し舟で パコクから バガンに入った。

 定刻の発車となったが 走り始めは 冷房も効き快適であったが そのうち 蒸し風呂化してきた。カー・クーラーが変調を来たしてきたのだ。バスの装備は 日本から持ちこまれた高級(?)観光バスだ。窓全面ガラスで 客席には 外気を入れられる 開閉できる窓が無い。クーラーが完全停止して 炎天下の密室状態。。。結局 日が落ちて 自然クールダウンするまで その状態。この時こそ タイで良く乗る オープン・エアコンのバスの便利さが 骨身にしみた。
危険(38)
168 03/SEP/02   かなり昔だが ノーンカーイ西部シーチェンマイの手前の町 ターボーで 1泊せざるを得ないことがあった。日本の静岡の魚加工場で夫婦共々数年間働いていたことがあるという家族と出会った。親戚一同寄り集まって焼肉パーティーとなった。ビールの中にメコンウィスキーを入れたグラスを差し出され 飲めと言う。確かに 安上がりに酔うことは出来る。で その時に リージェンシィー・ウィスキーも出てきた。これは 高級品だから そのまま飲めという。私が 初めて リージェンスィーを飲んだのは この時だ。
 現在は タイも 色々なパターンのウィスキーが登場してきて リージェンスィーも 高級品では無くなってきた ような。。。
ビール(18)
167 01/SEP/02  ミャンマーで日本を身近に感じるのが 「車」です。バスなどは 「富士急行」「伊豆箱根」「○○カントリークラブ」「○○幼稚園」等の日本語がボディに書かれた そのままで 走っている。 日本で廃車になったものを 誰かがミャンマーに持ち込んでいるのだろう。 トラック・自家用車も同じで 「○○運輸」「○○豆腐店」「○○寿司」等の表示と 住所、電話番号が 書かれたまま走っている。 ついつい その写真を撮って 日本に帰ってから その住所あてに送ってあげたくなる衝動にかられる。

 ただ 何故かしら 交通ルールは右側通行で 車が日本式のままなので 右ハンドルとなる。これが 私には不安感が増すことになる。 前方車を追い越す際に 運転手には 前方車の その前が見えない状態でスピードを上げていくのだ。 反対車線から大型車でも走って来ていたら どうなるの。。。 追い越す度に 車掌が 乗降扉から 身体を乗り出して 運転手に 合図を 送っている。
危険(37)
166 30/AUG/02  タイには 男性用の下着を お礼に持っていたことがある。 本当にお世話になった方の 40才代の旦那さんだが かなり大き目・太目の方です。 タイの男性が着用する下着は 老いも若きも 化繊のブリーフというのが相場のようだ。 元々 あれだけ 日常着を自分で織る文化の国だが 下着の織り文化というのは 存在しないようだ。

 旦那が 水浴びの後 ブリーフ1枚で立っていた姿を思い出し トランクス、コットン100%、で 超ビッグサイズの下着を 日本から持って行った。 これは 喜ばれました。 市場でも トランクスは売られているが 日本で言う 3Lサイズは まず 手には入らないようで ご本人は 早速 着用し 腰の周りが軽くなったと ご満悦でした。 日常は 使用せず 何かの礼装の際のみ着用するとして 大事に 保管するとの お返しの言葉がありました。
お土産(9)
165 26/AUG/02  アジアの田舎を回ると メニューという代物が無い場所で 空腹を満たすことが多くなる。 俗に「ゲテモノ」と言う言葉があるが 食べる時は 知らぬが仏だ。 旅では 屋台でも 市場の中の食堂でも 周りの現地人が食べている物には いささかも警戒感は払はず まず食べることにして 全てappreciateすることにしている。 そりゃそうだ。 いちいち素材を聞きまわっても詮無いことで ゲテモノというのは よそ者の言葉であり 現地人には 常食なのだから。 それと 不衛生という 言葉も封印している。 日本人だって つい数十年前は 同じ状況だったハズ。 

 この覚悟があると 何を どんな場所で食べても お腹をこわすという軟弱な症状には出くわさない。 ただ 市場の中をブラつくと うーん、もしかして等と言う素材に 何度も出くわす。 ラオス北部ベトナム国境の町の市場では 鶏肉と一緒に 犬の頭部が売られていた。 正真正銘の犬であって 羊頭「狗」肉では なかった。(こんな諺が中国にあるのだから 相当昔から 犬の肉は食べていた。だから ゲテモノではない。。。。?)
危険(36)
164 25/AUG/02  ひとり旅の宿泊では 色々なことが発生する。 我が侭になるのか、その宿泊料金ならば仕方が無いのか、アンラッキーなのか、同宿者の質も影響するし 各国によっても微妙に事情が相違するし 施設、サービス、ホスピタリティーなど 様々な場面・苦境に遭遇する。
 宿探しから始まるが 都会では 特に神経を使う必要は無いだろうが 田舎を回ると 日が暮れて 夜に町に到着する時が 一番 緊張を感じる場面ではある。

 普段は その緊張感を回避するため 宿探しに数時間かけてもOKな程度の時間帯に 移動をストップするようにはしているが バス故障などで 思惑通りに 進まなかったことがある。 初めて訪れた ラオスのとある町では 真夜中の8時頃に到着することとなり トゥクトゥクなど移動手段も皆無、町の地図も無く 街灯も有るようで無いようで 人の通りも皆無。 ハズレなのか中心部なのか 町のどの場所で下車したのかも 確認できない。 行動の拠点・目印になる建物も見当たらない。 このときは 心底 不安だった。 家の灯りを見つけると 必死に飛び込んで 宿の有無・方角を 家人に聞きまわった。

 こんな時は 自分の力・勘には 全く頼らないのが 賢明だ。 ただ ただ 皆様の お力に すがる。。 それが 最良の方策だ。
危険(35)
163 23/AUG/02  織物出会いひとり旅の途中で遭遇する 移動する、泊まる、食べる、払う(含両替)の各ステージで起きる危険・ハプニングを書き続けていますが 泊まる、食べる、払うのステージを 書き始めることができず 「移動する」だけでも まだまだ 書き足りないみたいです。 飛行機もあるし タクシーもあるし 列車もあるし 船・ボートもあるし 。。。 そこで 他のステージの話題を とりあえず 一つだけ 書き足してみます。

 タイ・国際空港の両替窓口での出来事。 ドルT/Cの両替をすべく 窓口の目の前で 3枚のT/Cにカウンター・サインをして 提示したところ しばしの 沈黙。 結果 「サインが違っているので 両替には応じられない」の言葉。 おいおい。 購入者控えの呈示を要求するでもなく。 裏に 再度のサインを求めるでなく。 NOの一点張り。 CASHも持っていたので イザとなればとのあきらめは ありましたが 既に カウンターサインを行ってしまっているので 帰国してからリファンドするまで このT/Cは 無用の長物 ??? 日本から 到着したばかりだよ これからの 旅行費用どうするの。。。 そんなに 不審人物に見えたのだろうか。 結果的に 困ったときの 邦銀と言うことで 翌日 XXX銀行のバンコク支店に出向きました。 事情を詳しく話して 購入者控えと 購入計算書の呈示で 無事に両替を済まし 事無きを得ました。 ヨーロッパ系のT/Cのブランドが 良くなかったのだろうか? ラオスでは 外貨支払いのトラブルらしいが 一時期 MXXXXRのT/Cブランドは 一切 両替禁止という ブランド排除もあった見たいだが。
危険(34)
162 23/AUG/02  タイで 厭な思い出となることは少ないが 大きなリュックを背負って バス・ターミナルに出向くと 必ず どこに行くのと声を掛けてくる人がいる。 親切に あのバスだとか 後を付いておいでと 教えてくれる。 この人たちは ガイド料として 当該運転手から なにがしかの手間賃を いただいているハズ。 ただ 時に 手間賃が多額(?)なバスに誘導することがある。 誘導されたバスでは 直ちに運賃を支払うことはせず しばらくは 周りのバスの行き先表示を見つめることにしている。 

 確かに 行きたい目的地は通過するので 到着はできるが より 便数が多く そのバスより出発時刻が早く 運賃も安く 結果的に早く到着できるバス便がある ことを経験している。 逆に 長距離バス・ターミナルに出向いてしまって 目的地へのバス便は別の近距離ターミナルということもあった。 まごまごしていたら 中長距離のバス運転手に なんとか 途中で降車(本来は通過する場所)させてあげて と 頼み込んでくれた人にも 出会っている。
危険(33)
161 22/AUG/02  ラオス・ルアンプラバンでのトゥクトゥクのことでした。 この町も 最近は完全に外人観光地となってしまって 仕方が無いことでしょうが 実直なラオス人の中にも (バンコク・ヤンゴンで良く見かける)個人の利益を貪る(むさぼる) 外人一見(いちげん)旅行客目当ての 悪意の商売・行動が顕著になってきているようです。 何度も訪れている織物の村に 女房と2人だったので バスではなく 往復をトゥクトゥクを利用することにしました。

 現地人相場より若干高めの値段を申し出てOKとなり 目的を果たし 町に戻り支払いの時点になると 「一人当たりの料金だ」とのスゴミ。 トゥクトゥクで 一台あたりではなく 一人当たりの料金提示など あろうはずもなく 要は 倍の値段を 要求したのだった。 そう言えば 村で 観光客を乗せた他のトゥクトゥク運転手と話をしていたので その際に そんな知恵を授かったのだろう。 こんな新手が はびこってきた。
危険(32)
160 21/AUG/02   旅のバスで 途中の停留所から乗車した時に 焦ることがある。 バス賃は高額ではないので小銭の準備が不可欠になっている。 その小銭を生憎(あいにく)手持ちしていない時には 紙幣を握って 集金係・車掌の顔を ありったけの恐縮の表情で見つめてしまう。 車掌は 予め発車前に つり銭用のお金を手持ちするシステムではなく 乗客の支払う運賃で お釣りを賄っている。 乗客が少ない場合などには 当方に渡すお釣り分の手持ち金額が無いことも ある。 当方の高額紙幣を受け取ったまま お釣りは 後でね と 言いながら 別の乗客の集金に精を出しに行く。 時間が経過すればする程、到着予定地が近づけば近づく程 乗車中 車掌の行動を ついつい 眼で追うことになる。 おのー お釣り渡すのは忘れていないよ ね。。。 との眼差しだ。

 ある時には 予定地で下車となったが 当の車掌の姿が消えたのだ。 バスは いかにも 直ちに発車の体。 おーい お釣りーー。。 つい 大声を出して しまった。 5倍もの乗車賃を 払う気は ないよーーー。 ゴメン 疑って。 当の車掌は 当方の下車時までに お釣りが用意出来なくて 停留所近くの商店まで 両替に行っていた のだった。  
危険(31)
159 18/AUG/02 「東北タイの子」「田舎の教師」等タイ辺地農村を舞台にした小説のハシリとなった タイ・スゥコータイ出身の小説家=ニミット・プーミタウォン。 奥地に入植・農地開拓し将来に夢を抱く農民の苦闘の物語−−「畑作農の娘」(野中耕一訳、井村文化事業社刊)の1節。

”母親は服を買って着るのをなかなか許してくれなかった。 高過ぎてお金が勿体ない。 自分で織ることが出来る。綿も自分で植え、糸繰機、織機も家にある。 母親は、北部系の血筋を持つ婆さんから、糸繰り、機織りの訓練を受けてきた。腰布(スカート、パーシン)、毛布、布団まで、母親は自分で織って使った。 母親は、生活に余裕が出てくれば、蚕を飼って糸を紡ぎ、絹地を織って、娘を綺麗に着飾ってあげると言っていた”
”娘は 裾に模様織りの布(ティン・ジョク)がついている緑色の腰布を着ていた。 その模様織りは、母親が娘の頃から織ったもので、何十年という長い間、箱の中に仕舞い込まれていたものであった。 母親は、これを切って娘の新しい腰布に縫いつけてやった。 一枚織るのに、婆さんに数え切れないほど叱られて、やっと織れるようになった、もうちょっと、生活にゆとりが出来るまで待ってくれたら、教えて上げる、などと 娘に語った” 

タイの小説を読んでいると こういった1節が 所々に登場してきて 嬉しくなってしまう。
プーミタウォン
158 16/AUG/02 1937年発表(参考;川端康成「雪国」が1935年発表) シーブーラパー著タイ小説 「絵の裏」。 タイ近代文学の起点とされる古典小説。(小野沢正喜訳・九州大学出版会) 著者が 1935年から36年にかけて 朝日新聞の招きで 訪日した時の経験を題材にしたものでしょう。 主役は この部屋の主人の椅子の後ろに飾られている 東京都秩父多摩の”御岳”の風景画。 山、川、岩と男女2人座っている油絵。 この油絵に秘められた悲恋ストーリーを書き綴る小説。

 舞台は タイから金融論を学ぶため 立教大学に留学している23歳タイ男性が住む東京・青山。 タイの貴族男性が 35歳の新婚の妻を連れて 8週間程 日本に滞在する時の お世話をすることなにった。 新婚妻と主人公2人だけで御岳(みたけ)をハイキングした時 恋に陥る。 あとは 心のスレ違い、新婚年上女性の非業の病死。。。  彼女の臨終時に彼に残した最後のメッセージ ・・・  「私は、自分を愛してくれる人もなく死んでゆきます。 でも、私は愛する人を持てたことで満足しております」、、、

 鎌倉、横浜、東京など日本の昭和初期の風景が タイ文学にふんだんに登場しています。 当時の日本が タイ人にとって どのような存在に映っていたかが 偲ばれます。・・・ 日曜日に御岳にでかける新宿駅の雑踏と日本人の余暇感、タイ人男性の日本人女性観、、、
 ラブレターが たっぷり掲載されているので この部分だけでも タイ語の原語に触れてみたく なりました。 多分 相当に美しい響きのタイ語なのだろうと思います。 いつか 原書にチャレンジしてみます。
絵の裏
157 12/AUG/02 インドネシアのバリでは ヤシ酒を飲む機会に恵まれた。 時間が経つと 酸っぱくなり 味が落ちるということで 朝方に注文をしておき 夕方に飲むテハズとなった。 高いものでは無いので プレゼントするとの申し出であり じゃ 私はと サテとトウフ・ゴレンを 屋台で買い込み 少々のツマミを用意することになった。 おいしかったーー。 夜遅く明け方まで 近くの若者と 片言の言葉で 歓談だった。

 彼らから 知る限りの日本の地名が 出てきたが 要は 親しくなった日本女性の居住地だった。 名古屋に自分の子供が居るという若者が 一番 元気だった。 その後 アラックの瓶を見つけると ビンタン・ビールと一緒に 買い込む衝動が付いてしまった。 バリの空港では インディゴ・ワインと バリ地酒を買い込み 日本に持ち込んでしまう。
ビール(17)
156 04/AUG/02  バンコクでは 最早 禁止されているようだか 田舎では 自転車タクシーが健在だ。 バイク世代の若手ドライバーは数少なく ほとんどが 中高年だ。 ゴム草履でペダルをこぐ 黒光りした 逞しい脹脛(ふくらはぎ)に感心しながら ゆっくりと進むのは 何とも私には心地が良い。 ただ 長い距離を移動する際には ついつい こちらが気を使ってしまう。 登り坂などが あろうものなら 背中をたたいて 「大丈夫かい ? オレ 重たいからさ そこまで降りて歩くよ」と 声を掛けてしまう。 ある時 立ち漕ぎで 必死に登っていた時に チェーンが バスッと 切れてしまったことがあった。

 一気の空回りで ドライバーの脚は 空(くう)を切り ペダルに強く打ち付けられた。その苦痛の表情はすさまじいものであった。ゴメン 私が悪かったよ トゥクトゥクを選ばなかったオレが悪い そんな後悔が頭の中を駆け回る。 ミャンマーでも 全く同じ経験をしている。 普通は こういった チェーンに負担が掛かる場面では 体力とは無縁に ドライバーはサドルから降りて押して歩くのが常道のようだ。 タイのサームロー、ミャンマーのトリショー。
危険(30)
155 03/AUG/02  グラビアと言えば 日本のカレンダーも喜ばれる。 運ぶには重たいが 出発直後のバックの隙間埋めには格好だ。 お寺などの庭園、富士山等 日本の雄大な景色の物が 大人には好まれる。(逆に 私は 現地のカレンダーを 仏暦表記で 祝祭日も載っているので 毎年 必ず持ち帰っている) 日本での広告宣伝・無料頒布用のカレンダー、特に ニッサン、トヨタ、ホンダ等新車のカレンターであれば最高。 年末になると この種カレンダーを 反射的に 集め回っている。日本のアイドル・カレンダー、キャラクター・カレンダーも 若者には喜ばれる。 「たれパンダ」のカレンダーを持って行ったことがあったが その時は 「なにー、これー」との感触だったが その後 たれパンダが タイでも流行し出して その女の子の貴重品に納まってしまった。
 タイの男性高校生に 日本人女性アイドルのカレンダーを プレゼントしたことがあるが 彼氏のガールフレンドの反感を買ってしまったことがあった。 綺麗な色紙などを使用している卓上用の小さいカレンダーも 持ち運びに負担が無く お世話になった人達への 心ばかりのお返しにしている。
お土産(8)
154 01/AUG/02  お持ちの方は ラオス南部の地図を開いてください。 お昼過ぎ 午後1時頃の サラワンのバスターミナルでのことであった。パクセーからの途中にある タッロー・リゾートで1泊して サヴァンナケートに行きたいとする うら若き白人女性2人が 大きな声の英語で バス運転手に なにやら 要求をしているようだ。 たまたま居合わせた 私が 引っ張り出されて 言い分を聴かざるハメに。 パクセー>タッローと来たが 同じ道を戻るのも おもしろくないので サラワンから 国道23号線を北上して 国道9号線のサヴァンナケート>ラオバオ(ベトナム国境)のルートのムゥアンピンに行き サヴァンナケートに出たいとのこと。 確かに Lonley Planetには ”very interesting route”  との記述はあるけど。

 運転手達は ここからの北方面バスは 早朝1便のみで こんな時刻には 無いし トゥムランまでのバスしかなく あとは 乗り継ぎ・乗り継ぎになる とのこと。その通りを伝え、で 私なりに付け加えた。 多分 道路事情は まったく 不明であり その村その村でバスの乗り継ぎ便があったとしても 本数は少なく 相当の日数を覚悟する必要があるだろうし 英語は まず 通じないだろうし このルートの村に G/Hがあるとも思えず パクセーに戻るのが ベストだよ と。

 結果は 「もういい それは私たちが判断すること あんたには言われたくない、23号線はハイウェイなんでしょ  とりあえず ヒッチハイクで行くから 北方面の国道23号線を教えて」 との要求。私の 言い方が 感情を害させる程 よほど ひどかったのだろうか? ホットパンツ、ヘソ出しルックの2人は 国道23号線の道路傍に立ち始めた。 どうなったのだろう。向かったのだろうか? ハイウェイと言ってもね、?、何事 もなければ良いが。。。
 タイ、ラオス、ミャンマーでも 移動運賃に割高感が無いので ヒッチハイクの必要性は 感じない。
危険(29)
153 01/AUG/02  バイクタクシーは こちらが お客という立場もあり それなりの要求は可能なので 対応策はあるが 手も足も出ないケースがある。 タイの織り地に なんとか バスを乗り継いで とにかく 辿り着いたとして 出かける前に 帰りのバス便なんか 知る由も無いし そんなこと不安がっていたら 相当数の織り地を 一生 無視せざるを得ないたろう。 戻ろうとすると こんな時間(と言っても昼過ぎ頃なのだが)に 町方向へ行くバスは もう あるはず ないよ という悲惨な境遇に陥ることを しばしば 経験している。もちろん トゥクトゥク、タクシー等の代替手段は無い。 

 なんとか 織り人の旦那・息子・隣人など その村人の善意にすがり付いて バス便がある 最至近の大きい道路まで 送ってもらうことを 模索するしかない。 これが その道路に到着するまで 眼をつむり続けることになる。 四輪車の選択は 論外で 村人のバイクの後ろに乗っかることに。 こちらは お願いする立場であり ただ ただ 村人のバイク運転に 身を任せることに なってしまう。 この時ばかりは タイ人は 全員 暴走族 あるいは レーサーか と 呆れてしまう。 こんなタイの田舎で 転倒事故で病院に担ぎ込まれたくは無い。乗っかっている間中 祈るしかない。

 織り地には 全ての不安を取り除くため 外人観光客狙いのタクシー あるいは 旅行エージェントにセットを依頼する・金で解決する方法もあるだろうが その種訪問客には 村人・織り人の信頼は 極めて薄いようで 行ったことがあるだけで 終わってしまう。
危険(28)
152 31/JUL/02  初めて バイクタクシーに乗ったのは タイ東北・スゥリンから到着したナコン・ラチャシマーの長距離バスターミナルから G/Hを探すため タオスラナリ像まで移動する時だった。例のごとく たくさんのドライバーが近寄ってきて トゥクトゥクと思って付いて行くと なんと バイクタクシーであった。一瞬 たじろいだが いまさら と思い 乗っかった。重たいバックを背負い よいしょと乗って とりあえずは 安全運転で 像の近くに到着した。右足を上げ シートから降りようとした時 重たいバックのおかげで 思い通りにはいかず バックを背負ったまま 道路に真後ろに 倒れ カメ(亀)が あお向けになった様になってしまった。

 ヤソトーンでは ウボンから到着したバスターミナルの側の食堂で腹ごしらえをし ついでに食堂の主人に G/Hの有無・場所を尋ねた。それが思わぬ方向となってしまった。主人の妹さんが このターミナルで バイクタクシーのドライバーをしているということで 大きな声で 食堂の前まで 呼んでしまった。大きな荷物があるので バイクでは無理と抵抗したが なんと 小生の荷物を オイルタンクの上に どんと乗っけて 両腕で挟み込んで 運転すると言う。そんな危険な。進行方向が荷物でほとんど見えないよ それに もし 荷物が何かの拍子で動いたら どうなるの。

 三箇所目のG/Hで なんとか 値段と部屋が釣り合ったが いざ バイクタクシー代の支払いとなると 相場の3〜4倍の値段を呈示。それは無いよ と抵抗すると 重たい荷物をオイルタンクの上に乗っけて運転したから その分だとか。 おいおい だったら 初めから トゥクトゥクか サームローにしていたよ。。 バイクタクシーでは あまり 良い 思い出がない。
危険(27)
151 31/JUL/02  ミャンマーでは 予期せぬ物で うけた。 空港に向う途中で 買い求め 出発前に捨てることも無いまま バックに入れてしまい 結果的に ミャンマーに持ち込んだ 漫画週刊誌だ。 G/Hの男性スタッフが 漫画そのものは 日本語なので読めず興味は無いのだが 挿入されていた 日本アイドル女性の水着姿のグラビアに 大変な ご執心だった。 

 その部分を切り取って 渡したが 本当に コッソリという表現がピッタリあてはまる如く 大事そうに しまいこんだ。 ミャンマー男性にとっては この種グラビアは 珍品なのだろう。
お土産(7)
150 31/JUL/02  タイ・メーサイで 日本酒一升瓶二本を持ち込んで バンコク飛行場からまっすぐにここ来て 毎年 年越しをしていると言う 日本人農家の青年に出会ったことがある。 それまでとは思うが 旅をしていると 無性に日本酒が飲みたくなる時がある。 タイには RICE WINE と称する 酒が 売られている。 バンコクの南・サムットサコンに本社があり ブランド名は 「忍」。 

 値段は小瓶で25バーツ程度、タイ語で ”シノーブゥ”と発音し 漢字ロゴも書かれている。 だが 日本酒のイメーシで買い求めると 裏切られる。 一度だけトライしたが その後は 口にはしていない。 ビールの味だけで 充分に満足だ。
ビール(16)
もどる