ひとりごとlogo 三 Archives; 過去ログ>>  Page 100から149まで もどる
  テーマ; (ひとり旅)危険  ビール  カンティア  (リーダー心得)死の彷徨 は アーカイブがあります。
149 29/JUL/02  ラオス、ミャンマーでは まだ未発達だが タイでは 都会では渋滞回避・スピード優先、田舎では乗客少数路線のバス代替として タクシーがわりの オートバイの二人乗りによる 移動を余儀なくされる。 これが 私には 大の苦手である。 走行途上で 転倒し 血を流している乗客を 何度も 横目にしている。 でも それしか手段が無い田舎では 覚悟を決めて 乗らざるを得ないことがある。
 ドライバーが 走行中に タイ語で話し掛けて来ることがあるが スピードの風で聞こえない時は 危険が倍加する。 会話を諦めてくれれば良いのだが 後ろでしがみついている小生に向って 顔を後ろへ振り向いて どこから来たか とか 何しに行くのだとか 知り合いが居るのか とか まあ 真剣だ。 私は、いいから こっちを向くな ちゃんと 前を向け 道が凸凹だろうが 穴ぼこに突っ込んだら どうする ばかー。。 50ccで 大型トラックなんか 追い抜くなよ。こらー。。 心で叫んでいる。 汗が流れる。 あげくに 猛スピードの最中 片手を離す ことなんか されたものなら もう 眼をつぶってしまう。 かみさまー。。 タイヤの性能は最悪なのだろうが 雨が降った後で 道が濡れている時でも 猛スピード。 おれはよーー そんなに急いでなんか いないからさー スピードを落としてよ。 チャー チャー コートート。
危険(26)
148 27/JUL/02  男性の私には 絶対に出来ないが 女房が一緒に旅に出かける時には お土産として 女性の生理用品を持参しているようだ。 勿論 タイ製品が出回ってはいるが 日本製は サイズ・品質・使用感が 全く違うそうで 楽しみに待っているそうだ。時には お礼として EMSで 日本から 送ってもいるようだ。うけている。
 紙製品は やはり 日本が世界超一流の品質の評価で 日本の町中で配布されているサラ金のものではなく 柔らかいポケット・ティッシュも 人気のお土産品である。 最近は目にするが 依然は タイでは ポケット・ティッシュという品物自体が存在しなかった。 タイのトイレット・ペーパーも 色が白くなく 品質も悪いが ただ これは トイレで使うものではなく 紙ナプキン・ペーパータオル的に 使用することが多く 日本製の上質は 無意味のようだ。 食堂のテーブルの上に 専用のボックスに入った トイレットペーパーが 置いてあり 指の汚れを取り除くのに 使用する。
お土産(6)
147 25/JUL/02  タイでは少なくなったが ラオス・ミャンマーあたりでは まだ 荷物をバスの屋根に乗っけることが多い。ネット・ロープなどで しっかり保持はされているが バウンドなどで この屋根の荷物が ドスンと道路に飛び出す(落ちる)場面を 見かける。 カメラ・ビンなど 荷物の中に 壊れ物などが入っていれば 大変だ。 落ちることは 無いとしても 土埃と直射日光を まともに 荷物が浴びることは避けられない。また 到着後 屋根から荷物を下ろす際に 下で 受け止めることになるが 重たいと 受け止め損ない 地上にまっ逆さまに 落ちてしまうこともありうる。荷物は 出来る限り一つ、コンパクト、軽く まとめるのが得策だ。 だが 長旅をするうちに 織物が ついつい増えて そうはいかなくなるのが常ではある。
危険(25)
146 24/JUL/02 タイ東北地方を主舞台とするタイ小説「その名はカーン」(スワンニー・スコンター著・1971年刊)です。
ハルタイ ・・・ バンコクの貧しい家庭の一人娘。美人で 大学ではマドンナ的存在で 男性の憧れの的。
トーモン ・・・ バンコクの金持ちの事業家の息子。金に不自由は無く プレーボーイ的存在。ハルタイとは 大学時代から 付き合っている。
カーン ・・・ タイ東北地方の貧しい家庭の息子。幼い時の体験から 医学部に入って医者になり タイ東北地方の地域医療の理想に燃えている。雨の日に ハルタイと劇的な出会いをする。

ハルタイの母は トーモンと結婚してほしいのだが トーモンの浮わついた心を信用でぎす ハルタイは カーンとの結婚を選び 慣れた都会の生活とは雲泥の差があるタイ東北地方の生活に 保健医療センターに公務員として赴任するカーンとともに暮らし始める。だが 潔癖すぎるカーンは 金儲けが不得手で その日の食事代にも 事欠く状態。そして 田舎の生活、金、将来に ハルタイは 悲観し始める。。。。。 そこにトーモンが忍び寄る。。。 タイ東北地方の生活・暮らしの有り様が知り得て ストーリー展開もドラステイックで 連続テレビドラマには格好の題材と思われる小説です。 真面目にコツコツ働いても貧乏人は ますます 貧乏人になり 才覚がある者は 悪行とは裏腹に ますます 金持ちになっていく そんなタイ社会の矛盾を 肩の力を抜いて 書き続けた そんな小説です。
カーン
145 24/JUL/02 「おれはもううんざりだよ。母さんの功徳のことだけど、母さんはあるもの全部持ち出してタムブンしてしまう。孫がお腹を空かせていても、持っていって坊さんの托鉢に入れてしまうんだ。おれとしても、これは母さんの幸せに関することだから言いたくないよ。だけど、坊さんたちが玉子焼きを食べている時に おれの甥っ子が白飯にナムプラーをかけて食べてるのを見るのはショックだよ」
「母さんは口を開ければやれ徳だ やれ善だって言うけど 母さんが持っていった金と引き換えで買った功徳善行はどこに行っちまったの。おれたちが楽になるようになにかしてくれたかい」

「現世では間に合わないかもしれないけど、来世ではお目にかかれるよ。現世でなめたような難儀に二度とあうことはないよ」 
「自分は満足に食べられないくせに有り金をはたいて寺に持っていく者ばかりだから、寺は繁盛して豊かになるけど、おれたちの家は ますます貧乏になるだけで いいことは何も無しじゃないか」

苦しい現世にも拘わらず 来世を願うばかりに 息子から無心をして お寺にタムブンをし続ける母に 蛇を捕獲して売り 何とかその日の生活費を確保するのが精一杯の 息子が 泣き言を言う場面です。
タイ東北地方の生活を舞台にした タイ小説「蛇(ヌー)」(ウィモン・サイニムヌアン著・1984年刊)の一場面です。 貧しいタイ家庭の 仏教・お寺・タムブンに対する 一つの側面が 垣間見れます。でも 20年も前に 聖域であるお寺批判ともとれる こんな小説が タイにも あったのですね。
蛇(ヌー)
144 22/JUL/02  私は 「車酔い」とは 全く無縁であり 気にすることはない。 トラック・バスでは 車酔いに陥る乗客には まだ 出会ったことはないが 助手席、普通のバスでは 周囲の乗客のとばっちりを 被ったことがある。 ラオスのノンキァウからサムヌアに向う時 素直そうな男の子が乗ってきたので 旅の会話でもと思い 助手席に一緒に乗せてあげた。 しばらくは 楽しい会話が続いたが その後 急に 居眠りを 始めた。心地よいからだろうと思ったが 数十分後 急に 例の 車酔いの症状を シートどころか 私のシャツ・ズボンにも 撒き散らし その匂いが 運転席一杯に 蔓延した。運転手は あわてて 車を止め 処理・掃除に 専念した。 私は 余計なお世話を 男の子に したのだと 深く反省を せざるを えなかった。 ラオスのルアンナムタからムアンシンに向うトラック・バスで 出会った ヴィエンチャンから飛行機で来た 一人旅の日本人女性は トラックの最後部の座席を確保し 近くの男性が 女性は危険だから 中に入ってとの忠告に 私は車酔いするから ここを確保しているとの ゼスチャーを見せていたが・・。 タイの方は 良く 車酔い止め効果なのか メンソール状の液体あるいはゼリー状の嗅ぎ薬(ピムセーン)を しばしば 使っている。
危険(24)
143 19/JUL/02  青森第5連隊の出発日の 前々日に 雪中行軍の予定が発表された。第5連隊は一種熱っぽい空気に包まれた。が 誰 一人として 雪中行軍を死の行軍のように考えている者は いなかった。
田代温泉に一泊という予定表を見て 「雪の中の山の温泉で一杯やるのもいいものだぞ」と 一人の伍長が言うと、数人の下士官が相槌を打った。 自分達には 何の咎も責めも 無いまま 帰らぬ人となるとは 夢想だに していなかった。
=====
 (( 最近の 例の牛肉事件の組織のことだが 永年営々と築き上げてきた経営基盤が 崩れ落ちる瞬間を その日その時まで 誠実に 忠実に 励んできていた 社員の誰一人が 想像していただろうか。 リーダーの資質欠如は 大量殺人犯と同等の 最大の犯罪なのかもしれない。 リーダー当人は 未曾有の暴風雪と同様に 置かれた時代の環境に主犯を押し付けるのだろう。 いまや破綻・転職は日常茶飯のこと、大企業はまだ恵まれているとの眼はあるとしても 当該社員の多くは 帰る故郷を失った難民として彷徨することになるのだろう。 ))

 孫子は言う 「怒リハ 以ッテ復(ま)タ喜ブベク、憤(いきどお)リハ 以ッテ復タ悦(よろこ)ブベキモ、亡国ハ 以ッテ 復(ま)タ存スベカラズ、死者ハ 以ッテ 復(ま)タ生クベカラズ。故ニ 明主ハ コレヲ慎(つつし)ミ、良将ハ コレヲ警(いまし)ム」  と。。。。 怒りは 時が経てば喜びにも変わるだろうし 憤りも いつかは 喜びに変わることがあるかもしれない。 だが 国(組織)が 滅んでしまうと 人が死んでしまえば 二度と生き返らないと 同じように それでおしまいなのだ。 だから リーダーは 慎重な覚悟で臨むべきである....

 己の力量をしっかり見つめ ゆめゆめ 立身出世競争の結果としての先頭走者で リーダーに押し出される場面は回避すべきなのだろう。 サラリーマンは 潔ぎよく 身を引く覚悟を 常々 持ち合わせる べきと思う。 「不遇」「悲運」と自嘲するのは 自己力量計測 己を知るの 努力不足露呈を喧伝しているのだ と 思うが。 弘前の徳島は 苦境の「乱」の時代の、 青森の神田は 順調の「治」の時代に 能力を発揮する人材なのだろう。 「治」の時代には 徳島は 融通が利かない・協調性希薄として 一匹狼的に 不遇を託(かこ)つのが通常であり 神田は 「乱」の時代には 決断力不足・何も決めないとして 責任を一手に引き受けさせられるのだろう。もし 強固な組織が存在するとすれば この両タイプを温存し 機に応じて登場の機会を演出できる 組織 なのだろう。

・・・10ヶ月にわたり サラリーマンのリーダーの心得の側面から この「死の彷徨」を見つめて きました。引責・辞表覚悟などと 軽々しい言動は 自己保身の立身出世のためのアリバイづくりでしか 無い と 自戒。
死の彷徨(32・)
142 13/JUL/02  旅に出がける時には 長旅なので 栄養のバランスを慮って それなりのサプリメントを持参するが 気休めなのだが 栄養ドリンク剤も 愛飲している。 医薬品の扱いではなく 清涼飲料水として売られている。タイ語では クルゥアン・ドゥーム・パムルゥン・カムラン( = 力増進飲料)と呼ぶ。
 リポビタンD(リポー)、M−150(エーム・ローイハーシップ)、クラーティン・デーン、レーン・ジャー等々で 10〜15バーツと値段も手頃ではある。 ペプシコーラが販売しているクラーティンデーンの(2匹の赤い牛が向き合っている)模様入りTシャツが バンコクの屋台などでは 良く売られている。 ミャンマーでも ”プルブミン”という栄養剤の 派手な広告看板を良く目にした。 何せ暑くて 汗が流れるので ミネラル・水分補給のために スポーツ飲料が欲しいのだが 最近 売り出されてはきたが 何せ 甘くて 後味が スッキリしない。日本から ポカリスウェットなどの粉末の袋を持ち込むようにしている。 ミャンマー・ヤンゴンの長距離バスターミナルで 出発前にミネラルウォーターのボトルに ポカリスウェットの粉末を 流し込み ボトルを振ってかき混ぜていた私の姿を見て 近くの人達の興味を誘い しきりに それは何だとの質問を 浴びせられた こともある。
ドリンク剤
141 12/JUL/02  乗車賃は 割高となるが タイ・ミャンマー・ラオス・インドネシアどこでも トラックバスでの 最上等席は 運転手の隣の助手席だ。 なんとなく体が疲れていて 一眠りしたい あるいは 長時間乗車を覚悟している時などは 座りごこちが良く 実に 快適ではある。 ただ この席は ゲット・確保することは 結構 苦労が要る。 運転手の隣に座り続けるので 運転手の好みが ありそうなのだ。誰でも ということでは なさそうだ。
運転手にして見れば ドライブ中に 隣の乗客と 楽しい会話が欲しいのだろう。 助手席をお願いしたときに 体良く 断られた経験があるが 荷台の乗客が少なく 売上げを 上積みしたいという状況では 会話の楽しみは全く期待は出来ないが 金払いの良い 外人旅行客にも お声が掛かる時がある。 というより 強引に荷台席から 助手席に誘導されることも経験している。 車掌兼務の奥さんが 助手席に どんと 座り続けている あまり商売熱心とは思われないトラックバスも。 綺麗な衣服を着た現地の金持ち風情 それと 若くて可愛い女性は この助手席に 優先的に 座らせてもらえる、 そんな ヒガミを 感じることがある。
危険(23)
140 11/JUL/02  トラックバスでは 座った席で 運・不運に出遭う。 運転ブースの真後ろはエンジンと排気筒があり その熱は かなりのものだ。早朝・日没後等 気温の低い時間帯 あるいは 風避けには これが なんとも 快適なのだが 暑い日中では 荷台最前列の席は地獄である。 まともに 熱が体に押し寄せる。走っている間は 走行中の風が ある程度カバーしてくれるが 運転手がトイレ休憩などの為停車させた時には 地獄である。 振動による振り落としの危険があるので 女性は めったに座らないが 最後部は 景色をしっかり楽しめ 走行中にも タバコも こっそり吸え 乗降時も楽なので 1等席ではある。だが 居眠りには 不適で 風の影響を まともに受け 体温の維持と目・髪の処置に難儀することがある。
 発車間際に飛び乗ると もはや ベンチ座席には 座れず 荷台の後ろに付いているステップに立ち 腕で トラック幌の棒に すがりつく ことになる。 日本での何ヶ月分もの 筋肉運動を余儀なくされてしまう。 ラオスのナムヌーンからポーンサヴアンに向う時には 荷台の後部開閉扉の上に座るハメになった。そう あの鉄製の細い部分に。座布団などは あろう はずもない。まともに お尻に 深手の打撲傷を負った。乗車賃は どの場合も 同じだ。
危険(22)
139 03/JUL/02  年末年始の時期に タイを旅した時には ある家庭に 日本のお菓子を お土産にしました。 ロッテ、グリコなどのチョコ、チューインカ゜ムなどは売られているのですが 日本語の入った 本場の品物を 見せたいとの思いも重なっていました。 で 時期的には クリスマスで 例の 靴下型の お菓子ボックスを 買い込みました。家族からの 仏教国の本場に なぜ キリスト教なの との冷たい視線には 耐えました。
 しかし これが大失敗でした。 子供の喜ぶ顔が見たくて 到着するなり 子供に 直接 手渡しました。その時の 母親の強い視線に気づきました。 宗教の理由では全く無く 子供への甘いお菓子は きつく コントロールしているのに 子供の手から 取り上げるのに 苦労するとのことでした。
 母親によると 虫歯を 極度に 恐れているとのこと。 確かに 田舎に 歯医者が ある訳でも無く 仮に 子供が 虫歯になった時の 対応を想像したら 母親の 苦労・視線も 理解できるものでした。
お土産(5)
138 30/JUN/02  タイでは G/Hの部屋で ビールを飲む時には 惣菜の屋台店で 食事兼ツマミを 買いこむ。 輪ゴムで器用に閉じる 例の ビニール袋に入れて もらう。 しかし 部屋に戻っても スプーン、箸などの食器が無い。 G/Hから借りるなども不可能だ。 タイに到着すると 市場に出かけて アルミ製の 薄くてペラペラの フォーク、スプーン それと 汁物も若干は対応できる程度の プラスチックのお皿を買うことにしている。精々 トータルで 20バーツ程度だ。この セットをリュックに入れて旅をしている。タイを離れる最後の日に G/Hの掃除のお姉さんに処分をお願いしている。
 タイの中堅都市では 共働きが多いみたいで お母さんが 家の台所で食事の支度が出来る方は 限られているようで また 燃料費等も考えるとコストパフォーマンスも確保できるので テイクアウト惣菜屋台が 繁盛する。テイクアウト専門お母さんを 「ビニール袋ママ」と呼ぶそうな。
ビール(15)
137 16/JUN/02  199人という尊い犠牲を出したこの事件の 翌々年の明治37年に 日露戦争が始まった。軍上層部の事件関係者は 誰一人として責任を問われる者もなく、転任させられる者もなかった。

 弘前第31連隊の徳島大尉は 出征し 黒溝台の戦いにおいて 戦死した。31連隊の雪中行軍に加わった兵隊のうち 半数は 戦死または重傷を負った。

 青森第5連隊生き残りの英雄8名のその後は 概して 悲運であった。日露戦争が始まると、英雄は日本中に溢れた。雪中行軍隊の武勇伝より 実弾をくぐった英雄を 喜んで迎えた。日露戦争が終わって数年経つと この8名の英雄は いつの間にか人々に忘れられた。その鬱憤を酒にまぎらわせ 家庭崩壊した者もいた。

 31連隊と5連隊の二つの雪中行軍隊の終末は、その成功、不成功にかかわらず総じて 暗かった。 この事件・遭難自体は 語り継がれたが なぜ起こったのかと真剣にこれを解析しようとする者は少なかった。
死の彷徨(31)
136 08/JUN/02  ラオスの通貨単位は KIP(キップ)。硬貨は発行されていず全て紙幣で 現在の最高額紙幣は 5,000キップ。最高額といっても 価値からすると 1ドルの2分1程度。したがって 銀行で 100ドルも両替すると 全て最高額紙幣としても 凄まじい枚数のキップ札が 手に入る。ある時などは 全て 2,000キップ札だったので バックのかなりのスペースを お札が占めてしまった。窓口で出されたキップ札を 数えて確認するなどは 毛頭 考えられない程の量。輪ゴムで括られた札束の数だけを確認するのが精一杯。
 ある田舎町での光景だが 銀行から出てきたオートバイが 何かの拍子に 荷台にロープで縛り付けていた満杯の麻袋が地面に落ち 袋の口の紐がほどけ 中味が道路に飛び出してきた。キップ札だった。あわてて 拾い集める姿が なんとも 奇妙だった。デノミが必要なのかもしれない。
 ラオス政府は 10,000キップ札、20,000キップ札 の 発行を 先月 決めた ようだ。だが 現地庶民には 500キッブ札、1,000キップ札で 不自由は 無い ハズだが。
 10,000キップ札の図柄は 日本からの借款で造られた メコン川に架かるパクセー橋とのこと。
( 発行・流通開始後 数週間で 精巧な質では無いようだが ニセ20,000 Kip札が 出回ったそうだ。やはり 高額紙幣なのだろう。 )
kip
135 04/JUN/02  バスに乗って 購入した切符の保管に戸惑うことがある。トラックバスでは めったに 切符などと言う代物には まず お会いしないが(降車手前でのニコニコ現金払い) そこそこの中距離バスでは 乗車前 あるいは 発車直後に 切符を購入させられる場合が多い。発車後 しばらく すると 切符販売担当とは 別の担当乗務員が 切符確認に席まで訪ずれ 切符の一部を指でカットしていく。切符は チラシ(使用済みノートの場合も)を小さく切って 担当がボールペンで料金数字を書き込むだけのものもあれば 例のブリキ製円柱から巻き出した切符もある。この取り扱いに悩まされることがある。再度 検札がある場合と 無い場合があり、終点間際に回収される場合と 無い場合がある。色々なことで 乗車、出発の安堵に浸りきってしまうと さて 切符は どこに入れたのかと ちょっと待ってと言いつつ すべての指で あらゆるポケットを 訪れることになってしまう。たまたま 前日の 回収されなかった切符が ポケットに残っていると 思わぬ恥をかくことにも。でも 回収を免れた切符は 旅の良い記念になる。
危険(21)
134 02/JUN/02 タイでお世話になった家庭の子供が 大変 車が好きだった。たまたま バックにチョロQを 持っていたので プレゼントした。動かし方を教えて上げた時の その驚き・表情は すごいものがあった。自宅に泊めてもらって マットミーの模様のことを 詳しくご講義いただいたお礼に 帰国してから ラジコン仕様の車の玩具を 送ってあげた。で 何ヶ月か してから 再訪した時に 車の玩具の状況が気になった。既に 使われては いなかった。タイで買う乾電池の性能が 劣りすぎていて 直ぐに パワー不足となっしまう ようだ。子供の玩具のために 乾電池を そんなに 買ってあげる親心ではなかったようだ。ラジコンは 失敗土産 だった。
お土産(4)
133 30/MAY/02 市場の中 バスの中 食堂の中 それぞれで タイでも ミャンマーでも ラオスでも 現地人同士で 言い争いを しているのではと 不安になる会話を しばしば 耳にする。 耳をすますと 決して 言い争いの状態ではなく 普通の会話のようである。言い終わった最後に 笑みが見えるのは その証拠であろう。 ゲルマン系、ラテン系等と同様に それぞれに 言葉、言語が独自に持つ響きなのだろう と 思うことにしている。 とすると 日本語は 極めて表情、響きの無い言語と思うことが 時々 ある。 海外交渉でも 通訳を通しても 相手には 日本人は 無表情と誤解される場面も発生するのでは。 日本語でも 関西弁、鹿児島弁、京都弁、津軽弁等々 各地の方言でも 各々響きが 違っていると感ずることがあるが。
言葉
132 20/MAY/02  当時の新聞の中には、この大惨事を詳細に国民に告げることだけに満足せず、はっきりと、雪中行軍隊の指揮官を責めるものもあった。だが、全般的な傾向としては、五連隊指揮官の無能を責めるものは少なく、未曾有の猛吹雪に遭遇したために起きた止むを得ざる事故であるという論調に変わって行った。五連隊は遭難家族に対して低姿勢を取った。
 5月28日には、雪はほぼ解けて、間もなく若草が萌え出す季節になって、五連隊遭難者の最後の遺体が発見された。結局 下士官ではない兵隊で 生き残ったのは 8名だった。英雄だった。独身だった。嫁の希望者が殺到した。
死の彷徨(30)
131 13/MAY/02  ビールの空き瓶の行方が気になることがある。 かつて 日本では 空き瓶を花壇の垣根、縁石代わりに 並べられていたことがある。土埃で白くなった空き瓶が 転がっていたのも見たことがある。だが タイ、ラオス、ミャンマーでは そんな光景は見たことがない。空き瓶の回収方法、ルートは どうなっているのだろうと ふと 悩むことがある。日本では 回収した空き瓶を積んだトラックを見ているが それにも会ったことがない。
ビール(14)
130 09/MAY/02  ラオスのトラック・バスでの出来事だった。例のごとく 足元には 乗客の荷物が 幾重にも積まれていた。座席(ベンチ)の下のオイルタンクが 車の振動と共に 注ぎ口から 液体が飛び出してきて 私のリュックが濡れてしまった。焦りましたよ。注ぎ口は キャップ等があるはずもなく ビニールの袋と輪ゴムで止めてあるだけだから無理も無い。こんなこともあろうかと ビニール袋で しっかり包んではいるが リュックの中には 大切な織物が入っている。ガソリン等オイル系であれば 匂いの付着などを 恐れた。あわてて 首に巻いたタオル(汗拭き兼粉塵除け)で 液体を拭い去る。
 でも 何か 匂いが違いました。ラオスの焼酎=ラウラーオであった。
危険(20)
129 06/MAY/02 「おめでとう。よくやってくれた」   門間少佐は徳島大尉に言った。青森第5連隊雪中行軍隊の惨憺たる敗北に引き替えて、弘前第31連隊の雪中行軍隊の赫々(かっかく)たる凱旋を賛(たた)えるべき言葉を知らないと門間少佐は言った。

 なにかにつけて比較された。弘前第31連隊は まだ 歴史が新しい連隊だった。誇るべきものがなかった。(だが、こんどこそ、31連隊は 完全な 勝利を 収めたぞ) すべてが 同じ気持ちでいた。 31連隊は完勝し、5連隊は 負けたのだ。勝利感を満喫すればいいのだ。

 やっぱり 我々は 正しかった と。やっと これまでの 努力・苦労が報われた と。誇れば 良い のだ。
死の彷徨(29)
128 27/APR/02  織物との出会い旅なので お会いする相手は どうしても女性が主体になる。いろいろ 面倒な質問、撮影モデル等へのお礼に 移動の負担にならないように 軽く嵩張らない小物を 常時 リュックに入れている。 やはり 化粧品関連が多くなる。リップ・スティック(口紅)は最適である。
 持ち歩く本数が多いので高級ブランド品は手が出ず スーパーなどで売られている安物となる。英語オンリーのラベルは人気が低く 日本語が適度に混じっているものが好まれる。色は 一般的な物よりは ピンク、ブラウン系など 少し ハイカラなものを選ぶ方が多い。珍しいからなのだろう。
お土産(3)
127 23/APR/02  「雪の八甲田だ、なにが起こるか分からない・・・・・」
 青森第5連隊神田大尉は、妻のはつ子の顔を見て言った。その眼は、いつもの自信に満ちた あの眼ではなかった。 おれは平民の子であり、士官学校も出ていない。 しかし、おれは、やがて少佐になって見せるぞ。それだけの才能をおれは持っているのだと、妻の前で、言い切れる、いつもの、夫の眼ではなかった。
 はつ子は、夫の眼の中に、いままで曽(かつ)て見たことのない、暗い翳(かげ)を見た。ついぞ、一度も見せたことのない眼の色だった。「怖い−−−」 はつ子は、そう叫んで、畳の上に坐りこんだ。
 出発の前夜の会話であった。
死の彷徨(28)
126 12/APR/02  タイの地方都市の日用品市場では 良く 日本語ロゴの入ったTシャツをみかける。もちろん 英語のアルファベットが主流ではあるが。 ある時 「あなたが好き」の日本語ロゴの入ったTシャツを着た タイ人女子学生から どういう意味なのと質問されたことがあった。その通りを教えてあげたが 顔面を真っ赤にさせてしまった。
 美容室のガラス・ウィンドゥにも 結構 日本語のロゴを見かける。ただ ヒラ仮名を並べただけ(多分 日本語の雑誌の一部分を写したのだろう)で 全く意味不明のものもある。 ジャージのラインの中にも 意味不明の日本語ロゴを見かける。それだけ 日本語に対するイメージが 高いのだろう。
 そういえば そう遠い時代では無い日本も 床屋で 英語のロゴを多用し 理容室と野蛮人が 入り繰っていた ことを 思い出す。
日本語
125 09/APR/02 旅の途中で 間違いなく 織物、布地で一杯になるため 日本を出発する時 バック、リュックは 軽目とするよう極めて空間を多くしている。で 知り合いの家庭を訪問することを予定している場合は 軽くて 嵩張る土産を持っていくことが多い。空間の隙間埋めになり 渡してしまえば 当初の目論み通りとなる。プラスチックの玩具も適している。ただ 最近 日本で売っている この種の玩具は ほとんどが made in Taiwan であり 心がひける。日本からの土産なのに 何故 台湾製なのとの ご指摘は いただいたことは無いが。
お土産(2)
124 06/APR/02 青森第5連隊山田少佐は 部下に 明朝 病院に持参して来るべき物をメモさせた。山田少佐の妻”わか”は その持参すべき物のメモの中に拳銃があることに疑問を持った。だが 夫がなにを考えているかはよく分かった。神田大尉が舌を噛み切ったという気持ちも良く分かっていた。彼女は 持ち物の中に拳銃を入れた。もし夫がその拳銃で自決することになったら 自分もまたその後を追えばいいのだと思うと 心は落ちついた。

「うちのせがれが戦争に行って死んだならあきらめがつくが、山の中で凍死したと聞いたのではなんとしても我慢ができない、紙切れ1枚で軍隊へ引張って行かれて こういう殺され方をしたんじゃ黙ってはおられぬ」
5連隊へおしかけて、率直に怒りを表明した親がいた。二人や三人ではなかった。
死の彷徨(27)
123 04/APR/02 ビールのツマミとして タイのコンビニ、雑貨屋で手に入れられる かっぱエビセンの「HANAMI」と イカ珍味の「TARO」は 既に この項(No.034)で紹介しました。加えて グリコが タイ国のみで発売している「プリッツ」の”ラープ・テイスト”が なんとも ビールにマッチして 非常食にもなるので 重宝している。1箱の値段は 5バーツものと 10バーツ(約30円)ものが売られている。 ピリッと辛く うす塩味で なんとも香ばしく プリッツ本来のの歯ごたえが。 日本へのお土産にも 結構 好評です。パッケージ写真は こちらに あります。

”ラープ”とは ご存知の方が多いと思いますが ラオス人、東北タイ(イサーン)のラオス系タイ人の日常食で ラオス料理、イサーン料理では 定番のものです。牛、豚、鶏肉等の挽き肉を炒めて トウガラシ、パクチー等の香草、タマネギなどを 魚醤(ナムプラー)味で 和えた料理で 簡単に出来るので 我が家のタイ料理のメインメニューの一つです。
ビール(13)
122 24/MAR/02 バスが終着点に近づくと おもむろに 近くの女性が バスの中で 髪の毛を梳かし始める。長い髪だと 私にも災難が振りかかることがある。周りの人間の存在は完全に無視されている。さてさて 素敵な彼氏の出迎えに対する準備作業、身だしなみなのだろうと寛容な気分で 見つめることがあった。
何度か この場面に遭遇したが 誰の迎えも無いことが多々で 必ずしも 彼氏の為だけでは無いようだ。バスの道中に降りかかった土埃、汚れを 下車前に とりあえず 櫛(くし)で 髪の毛から 取り除くというのが どうも 主な 真相らしい。たしかに 細かい土の粒子が 髪に絡みつき バリバリとなっている。
危険(19)
121 21/MAR/02 弘前第31連隊徳島大尉は 踏破の見通しがついたところで 案内人に対して言った。

”途中で青森第5連隊の遭難に出会ったことは誰にも言ってはならない。へたなことをしゃべると 一生暗いところに入れられて そこで生涯を終わることになるかもしれない。命が惜しければ黙っていることだ。わが31連隊と同行したことも、言いふらさないほうがいいだろう”
そう言って 一人に50銭ずつの案内料を渡した。

命を危うくしての案内、一生の間の黙秘・・ その見返りとしては寡少過ぎると思った。「兵隊なんていうものは勝手なものだ。おれたちのことを虫けらぐらいにしか思っていない」
死の彷徨(26)
120 11/MAR/02 ”危険”、”ビール”のテーマに加えて 新しく 「お土産」をテーマに書き続けます。
旅から日本の友達等に持ちかえるお土産は 結構 イメージが湧くのですが 日本から持って行く「お土産」として 何が喜ばれるか 適当か については 悩まれる方を 良く 見かけます。私の旅は 旧知の家庭に予め用意していく土産もあれば 何かの時に 突然の訪問にも温かく迎え入れてくれた家庭に ほんの気持ち程度の土産を 何がしかしら リュックに入れています。そんな アジアでの成功、失敗談を 書き綴ります。皆さんも そんな話題があれば BBSに 書きこんで下さい。
お土産(1)
119 10/MAR/02 バスで移動する時に 土埃の襲撃に悩まされ続けることがある。荷物運搬の大型トラックが前に走っていたものなら それは スゴイ。未舗装、道が細く 簡単に追い越しなど出来ず 延々と前のトラックが舞い上げる土埃の餌食となり続ける。バスの方は 10分でも一旦停止して やり過ごすということを考えても良いものだが 乗客全員が こんなもの と思っている節があり だれも 提案する者はいない。ラオスの”フェーサイからルアンナムタ”、”サバンナケートからパクセー”、ミャンマーの”ターズィからタウンジー”が 最悪の経験で 丸一日中 土埃の歓迎に会った。
ルアンナムタに向っていた時には 途中 村人が 水浴びをしている小川を通過した際 運転手に無理を言って 停車してもらい 顔と 上半身を洗った時には 誠に スガスガしい感触を味わった。他の乗客も 跡を追って 同様の行為に出た。到着後のG/Hでは 何度も 身体全身に水を浴びても 赤い水となり また 着ている衣服の洗濯にも 相当の体力を要する。
(サバンナケートとパクセー間は 今年3月6日に舗装工事が完了した模様で 快適になったハズ)
危険(18)
118 04/MAR/02 最低でも 自分の名前を ロシア語、韓国語、アラビア語 そして タイ語で書けたらば。
このインスタント食品のパッケージは何て読むの? ガイドブックに出ているこの写真の文字は何て読むの?意味は? そんな見方で旅すると 世界が拡がる、身近になる。
そんな本が出ている。「ロシア語のかたち」「韓国語のかたち」は 既刊で 今月に アラビア語とタイ語が発売される。発行社は 例の学生時代にフランス語でお世話になった”白水社”で 権威は申し分無し。本を示すだけで会話が出来るとして発行された 間違いが多い「旅の指さし会話帳」よりは 価値があるよ。 うー〜ん。アラビア語で 自分の名前くらいは 書きたい。買う。1300円で TVコマーシャル、スポーツ中継、時報とか録音されているおまけのCDが付いている。タイ語も 買う価値ありで おススメです。
タイに行く時で 日程に余裕がある場合には 録音テープを持参して ラジオとかテレビの番組を 6時間程度分を 録音してきていた。帰国してから テープを流しているだけで 雰囲気は最高だ。
かたち
117 02/MAR/02 ミヤンマー、ラオス、タイの3カ国国境地点には「ゴールデン・トライアングル」があり観光スポットになっているが、 カンボジア、ラオス、タイの国境地点で ゴルフ場を主体とする「エメラルド・トライアングル」観光開発構想が進んでいて 先月 基本合意が出来たそうだ。
タイ領土に9ホール、カンボジア領土に9ホール、ラオス領土に9ホールつくり 3カ国を回って ホールアウトが出来るそうだ。うち一つのホールは まさに3カ国の領土が交わる地点に作られるとか。カンボジアでティーショットして ラオスで第2打、タイのグリーンでパット そんなことになりそう。ヒッカケ、シャンクは 越境もの? パスポートを提示する必要があったりして???
世界には フランスとベルギーの国境をまたぐゴルフコースがあるそうだが。アメリカと日本の投資家も動いているとか。森林の乱開発だけは 避けてほしいと思っている。
観光開発
116 25/FEB/02 アジア関連のテレビ番組をテープに録画しているが 1995年にラオスの現状をルポした番組のテープを 久し振りに見た。当時の 北の町のムアンシンのの市場風景とか ヴィエンチャンからサワンナケートまでの道路状況等の画像が出ていた。いつも変わらないと思われているラオスが この 5〜7年間程で 凄まじい速度で変化していることを 改めて感じた。向こう5年間で もっと もっと 変化して行くのだろうと思うと 嬉しいことには違いないが ちょっと 複雑な気持ちではある。
1995
115 21/FEB/02 「大隊長殿救助隊が参りました」
「そうか来たか」 青森第5連隊山田少佐はそういうとはらはらと涙を流した。病院に収容された。
生存者は わずか 合計17名であったが 5名は収容後症状が悪化して死亡した。

「今回の遭難の最大の原因は自分が山と雪に対しての知識がなかったからである。第二の原因は自分が神田大尉に任せて置いた指揮権を奪ってしまったことである。総ての原因はこの二つに含まれ、そしてその責任は自分にある」 そう山田少佐は病院で話し出した。
「死んだ部下たちの遺族のことをよろしくお願いします」と言って 目を閉じた。
津村連隊長は 自決する覚悟だなと思った。総ての責任は自分にありと言い残して死ぬつもりだと思った。
死の彷徨(25)
114 17/FEB/02 青森第5連隊神田が 舌を噛み切った 1月27日には 弘前第31連隊徳島大尉は 7人の案内人を立てて行軍に出発していたが 猛吹雪だった。
「とてもこの吹雪では目的地まで行くのは無理だと思います。出直した方がいいと思います」
突然 徳島は大声を張り上げて怒鳴った。「案内人ともあろう者がこのぐらいの吹雪でびくびくしているとはなにごとだ」「案内役を放棄することは反逆行為を働くことになるのだぞ」「困難に対しては退くよりも立ち向かって行くほうが楽なのだ。覚悟を決めるのだ」

案内人は言った。 「近くに無人小屋があります。その小屋を探しに行ってまいります」
「案内人から寸刻たりとも眼を離すな」 徳島は 案内人に逃亡の虞れがあると疑った。徳島は 目的、自分の信念を貫くのに 常に 冷徹果断であった。そのためには情け容赦はなかった。
死の彷徨(24)
113 15/FEB/02 晩ご飯と一緒に ビール等アルコールを嗜(たしな)むこととなるが 一人旅で 何が起きても 全て自分で完結させなければならない為 日本と違って 誰かの肩を頼りに 深酒をすることは ご法度である。色々あって どうしても酔いたい場面があるときは 食後に商店でビール、ウィスキー等をし込み 宿舎の部屋で じっくり飲むことにしている。宿舎のベランダ、ホールとか 他客の部屋も ご法度である。酒での意識不明の無防備は 翌日 起きた時に 何度も 冷や汗をかいている。
ツマミは 屋台とか 市場の惣菜屋で 手当てすることになる。これが また 楽しみである。たった 一人分の少量だが ついつい あれもこれもと種類を沢山 買い込み 結果的に 相当の量になってしまう。
ビール(12)
112 09/FEB/02 長距離を トラックバスで移動する時には なんらかの軽食の用意が必要である。途中で 売店、商店、食堂を見つけることが 困難な場合が多々ある。現地の乗客も何等かの軽食は手持して乗りこんで来る。まあ 体力を温存して 椅子に座っているだけなので 空腹感に苛まれることは少ないので 過敏になる必要はないが 後日の体力消耗が気に掛かる。
ラオスでバスに乗りこむ前に調達するのに手頃なのが 1個 1000キップ(13円程度)のリンゴ、南部では 真中を割いて コンデンスミルクをたっぷり垂らして沁み込んだ フランスパンのバゲット、北部では 竹筒にもち米と砂糖、ココナッツミルクを詰めて 火の周りに置いて加熱したカオ・ラーム だ。
竹の部分を手で裂いて もち米部分を出して食べるのだが 加熱した後のカオ・ラームの竹筒の皮を裂けやすいよう ナタで 薄く削いでいる売り子の姿を良く見かける。
危険(17)
111 05/FEB/02 1月29日深夜 到着した村の家の入口に掲げられている「死体収容所」という木札を見ながら 弘前第31連隊徳島大尉は 佇立していた。第5連隊がどうなったかほぼ想像できた。青森第5連隊遭難救助隊長の木宮少佐が 徳島大尉を宿舎に直ちに呼んだ。
徳島は尋ねた。「指揮官の神田大尉も行方不明ですか」
木宮少佐は 「気負い過ぎた雪中行軍計画を建てた責任を負っての自殺だ」と 答えた。
「気負い過ぎた行軍計画ですって?」 「そうだ。研究も 装備も不足だった」「それは結果論でしょう」

「途中で 何を見た」「何を見たと申しますと」「とぼけるな。同じ経路を反対方向から来て 見ないという法はないだろう」  「なにも見ませんでした」  徳島大尉は 生涯たった一度の嘘を言った。
舌を噛んで死んだ神田大尉のことを 気負い過ぎた雪中行軍計画だと誹謗した木宮少佐を許すことができなかった。徳島は神田の無念さが分かり過ぎるほどよく分かった。徳島も遭難したかもしれない そのときは 自分も舌を噛みきったに違いない。
死の彷徨(23)
110 28/JAN/02 バスで移動する時に 必ずご厄介になるのが トイレだ。乗る前には事前の準備は怠りなくするのだが 到着予定が全く不明なルートの時には 都度 機に対応しておく必要がある。立派でなくとも トイレらしき建物がある場合は まだ ましだ。ラオス、ミャンマーの田舎路線では ほとんどが 草薮の茂みで代用される。男性の場合は見慣れた風景だが 女性の場合も 老若問わず 地元の人達は 何の違和感もないようだ。茂みの奥の方に向い 突然 頭が 消え去る。ただ 男性の場合も 少し 留意すべき事項がある。トイレ休憩は なぜかしら ほぼ 同じ地点となるらしく 先客の残し物が 所構わず 残存しており 油断すると ・・・・・。
危険(16)
109 28/JAN/02 青森第5連隊神田大尉はつぶやいた。「この雪中行軍計画を立てたのはこの神田であった。幾多の誤りがあった。自然を甘く見過ぎていた。装備も不足だった。すべて事前の研究が不足だった。責任はすべてこの神田にある」
生きる望みを失った。神田は 手も足も利かなかった。死ぬ方法として残された唯一の方法は舌を噛み切ることだった。舌を噛んだが、歯にも力がなく、舌を噛み切ることさえできなかった。血が口の中に溢れた。
1月27日 午前11時 救助隊に神田が発見された。動かすと口から血を吐いた。まだ 幾分 ぬくもりがあったが 蘇生させることはできなかった。
死の彷徨(22)
108 26/JAN/02 1月26日の夜 青森第5連隊神田大尉は雪の中に坐りこんでいた。立つことができなかった。頭の中を怪獣が駆け回っていた。なぜこのような結果になったか。

案内人を頼まなかったこと、出発して間もなくの天候の急変で帰営を判断したが 突き上げられて前進したこと、第1夜の雪濠を夜中に出発したこと、帰路探しの途中 ブナの木の2本3本の目印で行き先を変更したこと、等が。山田少佐のことが頭に浮かんだ。もし いっさいを自分に任せていてくれたら。しかし 今となってはそれは繰り言でしかない。生き残ったとしても責任はまぬがれないのだ。昇進の道を断たれるばかりか、おそらく軍人としての生命をも失うことになるだろう。自分に いったいなにが残るであろうか。
死の彷徨(21)
107 25/JAN/02 「今日は1月25日だな」 弘前第31連隊徳島大尉は念を押した。

青森第5連隊とは逆回りのルートを踏破し 徳島は 当初予定通りの村に到着した。予定では ここで 青森第5連隊神田大尉と すれ違うハズだった。宿の主人 鈴木は 「実は第5連隊のことを心配しているのです」と言った だが それ以上のことは 徳島には言わなかった。それ以上は軍のことに立ち入ることであった。翌26日にも 徳島は 青森第5連隊とは出会わなかった。宿の入り口には ”青森歩兵第5連隊様 弘前歩兵第31連隊様 御休憩所”の 張り紙がしてあった。
宿舎で 徳島は全員を呼んだ。「第5連隊が二日も遅れて尚この地に着いていないことは、もしかすると万が一のことが起こったのかもしれぬ」 隊員たちの顔が引きしまった。
死の彷徨(20)
106 23/JAN/02 19日土曜日 午後2時のTV番組で タイに永住しようとしている日本人の姿が 放映されました。一応 私も とりあえずは 見ましたが その後 私に 色々な お問い合わせがありましたので 少し コメントします。
どこの国でも 外人を自国民と同様の取扱いで 受け入れるハズがなく 仮に 受け入れるとすれば 何等かの事情があるハズです。いかに アジアの大国と自称する日本人と言えども。タイが 外人あてに発行するのは あくまでも 観光ビザで 必ず 更新が必要です。現行施行の法律では 55歳以上で 80万パーツ(約2百万円)をタイに持ち込むのが条件で ビザの更新が 6か月か 1年に 一回と 長期化されます。
ただ この制度は 1997年7月の導入で 当時のタイは自国通貨の切り下げ等 経済危機に直面していて なり振りかまわず 外貨が 欲しかった時期です。導入当初は 5000人限定で 持ちこみ必要外貨も 1000万バーツ(約25百万円)と破格の条件で 富豪対象の移住誘導が 本音と思います。ただ あまり 希望者がいなかったので 基準を下げた。それだけです。いづれ 何かの拍子に(例えば 何かの犯罪で 現地人の反発行動勃発) この制度適用条件が かなり高いハードルへ 急遽 変更されるということも 充分想定される というのが 私の 見方です。何が起きても 自己責任で 解決できる方々のみ この制度で タイ永住に挑戦してみては。 欧米、日本女性には 見向きもされない 66歳の日本人年寄り男性が タイだと 24歳のギャルが振り向いてくれる等と 夢を抱くのは ご本人の魅力ではなく 間違いなく 誰かが仕組んだ幻想でしか ありません。
タイ永住
105 23/JAN/02 2002年1月23日 朝日新聞 夕刊7面 「八甲田山」100年 区切りの慰霊 の記事。
”1092年1月23日、日露戦争に備え、耐寒訓練などを目的として、八甲田山越えの雪中行軍に出発した。しかし、記録的な寒波と猛吹雪のため遭難、参加した210人のうち199人が凍死した”

100年も経てば 時があらゆるものを流し去り 兵員の死は 単なる気象条件が全てだった との記述になってしまう。歴史の流れの中では 一般の普通の市民の断末魔・無念の声は 残らないのだろう。この記事の横に報道されている 「雪印食品」の事件でも 会社の中に 山田少佐、神田大尉がいて そして その組織の中から 時が経てば忘れ去られてしまう 一般の普通の市民(社員)の過酷な 路頭に迷う 新たな運命が 幕を開けているのだろう。リーダーというものは 己の身の丈以上の舞台に立っては ならない。責任という言葉と裏腹の判断は ”勘と経験と度胸”で 出きる。だが 決断は 責任とは無縁で 孤独なものだ。その資質を持たぬ人間は リーダーという麗句から 自ら 舞台に立つ前に退場する潔さが必要だ。組織の中では 立身出世という 自己満足だけの価値観で 上を目指しては 巻き添えとなり 帰る故郷を失う難民が 多数出る。身を引く 時、場所、機会、ステージ(TPO)を 感じる資質もリーダーとしての 極めて重要な資質である。そんな時代と思う。
死の彷徨(外)
104 18/JAN/02 青森第5連隊隊列は乱れ出した。落伍する兵が次々と出た。誰かが落伍すると、その兵の銃や背嚢を別の兵が持ってやらねばならなかった。自分の持物だけで精一杯のところを他人の物まで持たされるので、今度はその荷物を持った兵が落伍しなければならなくなった。兵は歩きながら眠っていて、突然 枯れ木のように雪の中に倒れた。

大隊長山田少佐は 疲労のため人事不省になった。兵は山田少佐を守護することに懸命になっていた。各個人が身を動かすことが精一杯であるのに 動けなくなった山田少佐を連れて歩くことはたいへんなことであった。生き残りの兵は 歩けなくなった山田少佐に肩を貸した。数百メートルも行くと山田少佐と共に雪の中に倒れた。倒れた山田少佐はすぐ雪の中から引き起こされて、また別の兵の肩にすがって移動したが、倒れた兵は二度と起き上がることはなかった。
一人の山田少佐を守るために 次々と兵が切り捨てられていった。この事態を招いた張本人が誰であるかを知らずに 健気に職を全うした。 三日目の夜の25日までに 210名で出発した兵のうち160名が雪の中に倒れ 生存者は もはや 50名になっていた。そして 26日の朝までに 更に 20名が倒れた。
死の彷徨(19)
103 13/JAN/02 長距離のバス、トラックに乗ると ドライブイン的な場所で 昼食・夕食・軽食休憩がある。トイレに行き 食事を取ることになる。これが 難儀な場合がある。今は 慣れたが はじめの頃は 不安だった。というのも 何分休憩 何時出発のアナウンスが全く ないのだ。立派な高額長距離バスではないので 出発する時の人数確認なんかも 見たことがない。こんなところで 置いてきぼりを 食らったら シャレにならない。そこで 生活の知恵を発揮。
バスから降りて 運転手の側にくっつき続けるか 常に 運転手の居場所を目で追い続けるか だ。この種のバスは 誰でもなく ただ運転手のみが全ての差配をしているというのを 感じていたからだ。運転手が おもむろに バスに近づき歩き始めると 出発だ。その雰囲気を感じた時点で それーっ これで 全てが 解決した。
危険(15)
102 13/JAN/02 タイの東北地方で ビールを飲みながらの昼食を 安上がりに仕上げる方法がある。というより 人口の少ない田舎の町・村では この方法しか無いことも。
まず お店で ビール中瓶(35バーツ)を1本買い 栓を抜いてもらい 栓は 手で開けられる程度に 瓶口に押し付けて 近くの飯屋に行く。だいたいは 高校生あたりが おやつ代わりに食べているが メニューは 「カァウ・マン・ガイ」(蒸した鶏肉にタレをかけたご飯)か 「カァウ・ムー・デーン」(豚肉チャーシュウにタレをかけたご飯)で 値段は 15バーツ(約40円)程度。総額で50バーツだが これで 充分堪能できる。ご飯を扱っていない店の場合には インスタント・ラーメン(ヤムヤムジャンボー)を 野菜を加えて作ってもらうことも。10バーツ程度だ。ここまでして 真っ昼間から ビールを飲むこともないと 若干の 自己嫌悪には陥るが。
ビール(11)
101 12/JAN/02 ミャンマーの ヤンゴンとバガンの中間にあるピィに行った時のことです。石鹸と水でごしごし洗って 石の棒に巻きつけて転がすと 艶が出ると言う シュエダウン・ロンジー(スカート)の産地として その筋では有名な この町から14、5km南にある村を訪れるためです。
バガンからのバスで深夜1時にピィに到着したので トリショー(自転車タクシー)のお兄ちゃんに とりあえず 身をまかせてG/Hに潜り込みましたが G/H主人とトリショーのお兄ちゃんの遣り口に我慢ならず 朝 草々 退散し 別のG/Hの受付に行きました。片言のミャンマー語で 空室と値段を尋ねたところ 奥の部屋から老齢の主人が出てきて 流暢な英語で 「ドルで支払う人間は泊めない」と 恐そうな表情。なぜ?と聞くと 「ここは ミャンマーだ。チャットで支払うのなら泊めるが ドルなんか関係ない。この国で お前らは英語とドルばっかりだ」との答えで 早々に立ち去れとの感。ミャンマーのG/Hは どこでも ドル優先 それも政府発行のドルではなく USドル札大歓迎の国。こんなミャンマー人には初めて出会った。その気概・自尊心に感激して 必死にミャンマー語で チャットで払うからと 宿泊をお願いした。受付のお兄ちゃんの執り成しもあり 泊めさせていただいた。ドアは静かに閉めるように シャワーの水は大切に使うこと 大声で話しをしないこと 旅に関する情報を求めないこと 等など 細々と注意が。余程 外人には 我慢がならぬ経験があるのだろう。このG/Hでは 3泊したが お母さんにも 皆さんに 本当に懇意にしていただいた。
自尊心
100 11/JAN/02 織物との出会い旅の途中で どうしても 明日もまた 続きの織り工程を見たい時には その家庭に 何とかお願いして 泊まりこむ、転がり込ませていただくことがあります。そのお礼として 家族の食事の材料を 市場から買いこんできて提供することが 間々 あります。タイでは 高級、高額材料である海老を買ってきて トム・ヤム・クン(海老のスープ)という所望が多いですが。田舎の現地人が作るトム・ヤム・クンは それぞれの家庭の味、おふくろの味となり バンコクなどの都会で食べるものとは 場の雰囲気も手伝って 全く違う味となります。
一緒に料理をすることも 料理方法を知る機会にもなります。その時に 熱い鍋をつかむのに 変わったものが出てきました。婦人服用の肩パットでした。うーん こんな利用方法もあるものかと いたく 感心しました。
鍋つかみ
もどる