ひとりごとlogo 二 Archives;過去ログ>>  Page 050から099 まで もどる
テーマ; (ひとり旅)危険  ビール  カンティア  (リーダー心得)死の彷徨 は アーカイブがあります。 
099 02/JAN/02 日本で言う「お正月」の時期には ラオスでは national holidayで役所・銀行は休日になりますが 特段に庶民の生活に変化はなく 平穏なものです。中国系の方達が ほんの少し 騒がしくなる程度でしょうか。サヴァナケートで 中国人小中学校の校庭で 獅子舞の練習をしているのを見かけました。仏教徒ですが 除夜の鐘のような 年越しのカウントダウンもありません。メインは 4月頃になる「ピー(年)マイ(新しい)ラオ」(ラオスの新年)です。
ラオスの正月
098 01/JAN/02 青森第5連隊神田大尉は 士官学校出でもなく 士族・華族出でもなく 平民の出で まだ封建時代の考え方がかなりはっきりと残っていた時期に 陸軍という特殊社会で 大尉にまで昇進したということは 並大抵の才能や努力ではなかったことを如実に示すものであった。

仕事に尽瘁していた。与えられた仕事に全力を傾倒してかかっていた。 独断専行については特に慎んだ。 彼の権限を外れることについては 必ず上官の耳に入れて置くように心掛けていた。それまで累進してきた神田の処世術でもあった。同僚はもとより、彼より下級の士官に対しても 彼は決して憎まれるようなことはしなかった。
死の彷徨(18)
097 01/JAN/02 青森第5連隊 神田大尉は 心底 こう 思った。
大隊長山田は 帰営の方針で夜明けを待たず出発し その夜が明けないうちに 前の命令を取り消そうというのだ。それも 雪中行軍計画者であり 指揮官である神田に相談せずに。
神田は必死になって言った 「自分にお任せ下さい。もうすぐ帰路は発見できます」 だが それ以上は なにごとも言うことはできなかった。

”何も 言えない” それが 神田の 全てだった。結果 多数の部下と 残された家族を 見捨てることになる 神田の 未熟さ・無責任さ だった。立身出世競争の先頭走者として 偶々 残っているだけで リーダーという鬼には なっては いけない器だった。
隊員は 曹長の後を黙って従いて行った。4時間後の 午前8時半には 案の定 行き詰まって動きがとれなくなった。戻るに戻れなくなった。翌日25日の朝までに 一晩で 兵員の3分の1の 70名の兵が姿を消した。兵は 犬死だった。無残だった。
死の彷徨(17)
096 30/DEC/01 青森第5連隊 大隊長山田少佐が言った「神田大尉はなにをしているのだ」 
神田の意見を一蹴し 帰営のため無謀にも深夜に出発した2時間後の 午前4時のことであった。

山田少佐の直ぐ後を歩いていた曹長が進言した 「どうやら我々は道を間違えたようであります」「自分は以前に この道を通った覚えがあります。このブナの木に覚えがあります。ここを右に廻りこんだ道が目的地です」
山田は言った「どうして もっと早く言わなかったのか」「目的地まで お前が案内しろ」「ようし 帰営の予定を変更して 当初予定の目的地へ向うぞ」   暗夜で何も見えないのに 提灯に映し出されるブナの木の1本や2本で 目的地への道が分かる筈がない。山田の指令に 神田は 唖然とした。
死の彷徨(16)
095 30/DEC/01 弘前第31連隊徳島大尉は 雪中行軍計画策定に当って 連隊長児島大佐に こう言った。
「この雪中行軍が死の行軍になるか、輝かしい凱旋になるかは、この行軍に加わる人によって決まります。雪地獄の中で一人の落伍者が出ればこれを救うために十人の落伍者が出、十人の落伍者を助けるために小隊は全滅するでしょう。雪地獄とはそういうものです」
連隊長児島は 徳島大尉のような部下を、何人か持ったことがあった。こういう男がこういう言い方をする場合は、その事柄が意外に重大なものであることが往々にしてあった。注意してかからないといけない と思った。
死の彷徨(15)
094 28/DEC/01 旅では 結構 ”結果オーライ”の場面に出会う。本数の少ない路線のバスに乗るとき(と言っても 朝晩1本しかない路線などとは露知らずのこともあるが) たまたま出発の数分前ということもあった。もし あと数分遅れて到着していたらと思うと ゾッとする。 また たとえ 充分な情報を集めて 確信を持って出かけても 変更になっていたこともある。運・不運と諦めるしかない。多分と思って下車した場所が 全く違ったり、多分と思って歩いて行った方向が 全く逆だったり、 反対に 道に迷ったと思ったのが 結果的に 近道だったり、さまざまな場面で 経験する。私の一人旅の場合は ”ドジ” ”まぐれ” が半々で いつかはチャラになると思って 全ては 次に進めるが 複数、組織の場合は 笑い事では済まない。
短い人生でも 運・不運が その後の 幸・不幸に直結することが しばしば 起こる。会社組織でも 私のゴルフスコアではないが ”もし、たら、れば”の妙で 「勝てば官軍・負ければ賊軍」の場面を見かける。勝ち組は 運も実力のウチとし 負け組は 泣きっ面にハチの姿だ。アメリカ大統領選挙のブッシュとゴアもそうかな。青森第5連隊も もし 出発して当日に 未曾有の悪天候に会わなければ 弘前第31連隊の小人数の成功よりも 賞賛をあびたかもしれぬ。今日の勝ち組が 明日の 負け組になるかも しれない。
栄枯盛衰。勝って 誇らず 負けて 嘆かず。 
まぐれ
093 24/DEC/01 「死の彷徨」で 雪中行軍計画策定過程を見てみると 再保険の真髄が解かる。
青森第5連隊の神田大尉は 小人数の編成を考えていたが 大隊長山田少佐の「中隊編成」計画案の指示には抵抗しなかった。抵抗して 後で何かが起きれば 「だから」と 一人だけでツメ腹を切らされる。この場面では おとなしく従うのが得策。
山田少佐は 出来た案を 連隊長津村中佐の決裁を受ける。その時には「弘前隊は既に出発しました。時間がありません」の”脅し文句” ”殺し文句” ”心中文句”を突きつける。で 決裁印をもらえば 皆んなで渡れば 恐くないの境地に突入。最早 結果は 誰の責任でもない 最悪の結果でも 言い訳は 通る。 社長の引責辞任は サラリーマン組織では 良く 発生する光景だ。この時の社長は 「敗軍の将 兵を語らず」の心境だろう。だが 引責辞任で決着できる場合はラッキーだ。組織自体が 崩壊・壊滅・消失することが 起こる。
再保険(2)
092 24/DEC/01 サラリーマン世界では 良く 「報告・連絡・相談(報・連・相=ほうれんそう)」という言葉を躾られる。組織行動の原理原則だ。これを怠ると ある日突然 ハシゴを外されることもあるし 左遷の憂き目にも。整理をせぬまま細部まで から 大雑把まで 程度の差はあれ この原理原則は常に意識しているハズ。何かの時には 「報告はしていました」で全ての火の粉を 振り払うことができるし 仕事をしていますとのアリバイづくりにもなる。巧拙で立身出世も左右される。自分の立場を守る手段であり ある意味では 責任の「再保険」だ。
ただ これが蔓延すると「無責任」組織の極致になる。組織の体力を 徐々に衰退させる。平時・好景気時には隠れているが 何かの事件を契機に 咎が噴出す。組織が ダッチロールしながら ガタガタと崩れ落ちて行く。
再保険
091 24/DEC/01 旅の途中で「危険」に遭遇する場面は −移動する −泊まる −食べる −払う がほとんど。とりあえずは 「移動する」の場面を 書き続けます。

タイのローカルバスに乗ると シートに悩まされることがある。多分 新車当時は高級観光バスであったのが 古くなるにつれて段々田舎に回されてくるのだろう。 ローカルバスに当初の原型を留めているシートは見たことがない。床に固定された鋼製の台座は残っているが その上に乗っかるシートはカバー、スプリングが破壊され シート丸ごと取替えられている。この取替え用のシート製造場面を見たことがあるが 木枠にベニヤ板を乗っけてビニールのカバーを貼りつけただけ。それを木ネジで鋼製の台座に取り付けるから 台座と木ネジとの長年の喧嘩により 必ず 木ネジがシートの木枠からハズレル。とすると 台座の上にシートが置いてあるだけの状況に。
車の振動と身体・お尻の前後左右の動きにより 突然 シートが台座から滑り落ちる。ガタン。バスに乗った時は 出きる限り シートが台座にしっかり固定されている席に座るようにしている。
危険(14)
090 22/DEC/01 青森第5連隊の露営地で 炊事班が飯を炊きにかかったが 火の熱で雪が融け水となり火を消すの繰返しで 吹雪の中では いかに炊事が困難であるかを知らされた。橇隊の兵は 下着は汗でびっしょり濡れていたが 着替えもなく 特にみじめであった。気温が著しく降下し 寒気は外套を通し その寒さは耐えがたかった。

大隊長山田は 神田を呼んで 直ちに出発して 帰営するよう命じた。
「お言葉ではありますが 現在地点もはっきり分かっていないのですから 深夜に動くことは非常に危険です。夜明けまで出発を待って下さい」

「すぐ出発しろ」----  神田は 命令に逆らうことはできなかった。24日深夜 午前2時 いざ出発(帰営)の号令が掛かった。死の彷徨のクライマックスが 幕を開けた。
死の彷徨(14)
089 16/DEC/01 12月16日 日曜日の夜10時テレビ番組「世界ウルルン滞在記」・・”ラオス山岳民族ンゲ族一番忙しい秋”を 楽しみにしていた。ラオスでも人口1万人内外の少数民族だ。だが 見終わって 正直 ガッカリした。多分 番組のコーディネートは 昨年9月 社団法人シャンティア国際ボランティア会発刊「南ラオス・山河紀行」の関係者だろう。セコン県ガルム郡ハッヴィ村という滞在地が 全く同じだ。
ラオスでも少数というより稀少民族のンゲ族の文化、生活には一切触れていなかった。ただ この村は裕福なようで 女性が着けているスカートは市場で買った 俗に言う「シン・コピー」=化繊の生地使用が大半で ンゲ族伝統の織物を着用していた女性は一人二人だった。建物の入口にあるはずの魔除けの模様も 梁に 少し見えただけ。まして パーカーティアウは 全く 紹介されず。で 番組の最後のプレゼントは ラオスのどこにでもある 観光土産の「銀食器」であり 興醒めした。
日本のテレビ番組の限界だろうが 誇り高いンゲ族のプライドを 大きく傷つけている。
ウルルン
088 13/DEC/01 旅に出るときは そこで「何を」(WHAT)するのかと 「どのように」(HOW)するのかを 事前に考える人が多いと思う。このWHATとHOWが両立しないことが しばしば起きる。WHATがあっても HOWが容易には思いつかないか 情報が無い。旅慣れていて HOWは なんとかなるとの自信がある人でも なぜか毎日の旅に充足感が持てない。色々な旅人に 良く出会う。
組織の中でも 優秀、できるとの評価の高い あるいは 自信を持っている方は 大半は HOWに長じた方が多い。貧乏暇無し、俺が居なければとの思いが強く 必殺仕事人風情である。肉体を苛みつつ所与の組織の命題に全力投球をする。ある時には「雑用ばかり」と嘆きつつ。
平時は このHOWが重要だが 混沌時、戦時には HOWより WHATが 死命を制することが多い。このWHATを見定める能力がリーダーに問われる。昨今の 官僚、抵抗勢力との動きも このHOW/WHATのスタンスの問題に思える。このpageで続けている「死の彷徨」の悲劇も このテーマとも思える。言葉を変えれば「目的」と「手段」だろうか。HOWのプロは なかなかWHATを認識できない。猛烈社員は 退職後 もぬけの殻になってしまう。
HOW/WHAT
087 08/DEC/01 めったに使うことは無いが 使う時は緊急事態の場合が多く 現地で調達するとしても 症状説明の言葉もあり ちょっと心許ない。それで 旅に出る時は それなりの常備薬は持っていく。 
ラオスのある地で 顔に深手を負い 手持ちのパッチ形絆創膏が尽きてしまい 現地調達を余儀なくされた。一番確実に購入調達する方法は 店先にある現物を 店員に指し示すことだ。 日本のドラッグストアーには いつも店先のバスケットなどに 大小の箱が陳列してあるが 全く みつからない。 そうか この国にはパッチ形絆創膏という代物は まだ 普及していないのか などと。 結局 顔に貼っていた最後の1枚の絆創膏を店主に指し示して 同じ物はありませんか と たずねると 徐に 出してきた。えーっ。箱に入ってはいず バラ売りであった。何枚必要かと。
タイでも 疲れた胃腸に 冷たい高級生牛乳を一気に飲んだ後 下痢に悩まされ ついに ドラッグストアーへ。 ここでも 何錠必要か と。 薬のバラ売りは 珍しくない。でも 旅の途中での調達には 必要量だけ購入できるので 好都合なシステムだ。
086 04/DEC/01 トラックバスに乗ると 充分注意しなければならないのは 木の枝だ。 山道を通る時 道路まで はみ出した木の枝を トラックバスが押しのけて 前を進む。 木の枝は フロントガラスを ゆっくり通りすぎ サイドガラスを 舐めて 荷台の所まで 進む。 この間に 木の枝は たっぷりタワミ あたかも 鋭い しなやかな 鞭(ムチ)に変身している。 遮る物が無くなる荷台のところに 来ると タワメられたエネルギーは 思いきり解き放たれる。バシーッ。 上半身を屈んでいないと 頭 頬に 鞭の線を 旅の思い出として 刻み込まれる ハメにも。 
危険(13)
085 01/DEC/01 タイを歩くと 道端に 蓋が付いたダルマ形をしたボックスを 良く見かける。 当初はミャンマーの道端に置かれている「水甕」かとも思った。でも 水をクーリングする効果のある素焼きではない。 どうしても 蓋をとって 中を覗いて見たくなった。おお 臭い。 ゴム製の ゴミステーションだった。確かに プラスチックとは違い 雨に強く 蓋にもそれ相応の重みがあり 風、臭いの拡散にも対応できる すぐれものである。 ある時 何気なしに見た家の軒先で 車の古タイヤを 鎌(カマ)を器用に使って削って ダルマ形にしていくのを見つけた。 これが あのゴム・ゴミステーションの製造風景であつた。タイヤは焼却処分しか考えられない国とは さすが 違う。
このゴミ・ステーションに溜められたゴミは ちゃんと 当局の車が回収にくる。ラオス南部のサバンナケートで 深夜にベトナムへバスで向う日本人と 数時間過ごしたが この代物を見て いたく感激し 写真を何枚も撮っていた。現地人は 奇妙な表情で その姿を 通り過ごして行った。
ゴム甕(カメ)
084 27/NOV/01 青森第5連隊神田は 行軍中 大隊長山田の号令を聞くたびに神経質に唇を震わせた。
彼は今まで 大隊長山田を信頼していた。尊敬もしていた。だが 今度の雪中行軍における山田の行動・態度は了解に苦しむほど奇怪であった。
神田は強いてこう思いこもうとした。「大隊長山田が指揮官として自ら号令を掛ける以上、自分は指揮官としての権限を返上して 一将校として従っておればよいのだ」
死の彷徨(13)
083 27/NOV/01 青森第5連隊神田は 出発日 1月23日の当初目的地まで あと2kmのところまで来たことを自認した。 神田が至急 手を打たねばならないことは 2kmも後方に居る橇(そり)隊を本隊へ収容することと 暗くならないうちに目的地への道をつけることであった。 夜はすぐそこまで来ていた。

それまで悪いながらも小康状態を続けていた天気が一変した。 それは 目の前に突然雪崩が起こったかのようであった。 その暴風雪の中 本隊は 悪戦苦闘して荷物を運ぶ橇(そり)隊を 強風に打たれたまま 2時間余り待たねばならなかった。 橇隊が本隊に追いついた時は 神田が恐れていた 夜になっていた。

大隊長山田は 橇を放棄するよう命じた。 いまさら その命令が出ても出なくても橇隊はもはや一寸も動けなくなっていた。午後9時 猛吹雪の中 風を防ぐことが出来ない地点での露営が決定された。
死の彷徨(12)
082 27/NOV/01 タイで初めて「生ビール」を飲んだのは ナコンラチャシマー(コラート)だった。 G/Hの部屋で食べようと ナイトバザールで 赤いスイカではなく ちょっと値段が高い黄色いスイカを買いこんだ帰り道に どうしてもビアシンが飲みたくなり たまたま見つけた「Singha」の電飾看板につらされて 入ったホテルのビアガーデンであった。
なんと!!! 生ビールのサーバーがあるではないか。当時は まだ 生ビールをタイ語でなんと言うのか知らなかった。真っ先に サーバーの場所まで行き 「これは 今 ここで飲めるのか」と 堰を切ったごとく 尋ねた。 おいしかった。 ツマミとなってしまったスイカの味も忘れられない。教えてもらったタイ語・・ ビア・ソット・シンハも 忘れられない。
ビール(10)
081 23/NOV/01 青森第5連隊の 出発当日の昼食は悲惨だった。
隊員たちは それぞれの雑嚢や背嚢から 握り飯を出したが それは石のように凍っていた。
こんなものが食べられるものかと 凍った握り飯を雪の中に捨てる者もいた。 握り飯を捨てて 餅にかじりついても凍っていることには変わりがなかった。 彼等は 携行食として握り飯と餅とか持っていなかったから それらの物を食べないとすれば 昼食を摂らないと同じことであった。 雪中行軍には食事が大事であった。

自分の知恵で 握り飯を凍らないようにした者がいたが 多くは 山間部出身者で 厳冬期の山仕事にたずさわったことのある者であった。 だが 多くの隊員は 空腹よりも 寒さのほうがこたえた。
死の彷徨(11)
080 22/NOV/01 バスに乗って パンクはスペアタイヤに取替えれば解決するが エンジンのトラブルは 旅の不安が倍加する。 何度か立ち往生した経験がある。 途中に修理工場、営業所があるハズもなく 助っ人は期待できない。 ほとんどがギアか ブレーキの異常だ。 タイでは まだ 携帯電話が普及しているので そのうちにと「マイ・ペーンライ」の気持ちが保てるが ラオス、ミャンマーでは 運転手が全ての頼り。 運転手の修理で 完全に回復した場面は 見たことが無い。
道路を走ってくる数少ない車に頼んで乗せてもらうか 運よく とりあえずの町までの別のバスが通りかかるか 解決方法は これしかない。 別のバスに乗り移る場合 料金はどうなるの ? 乗った時に 目的地までの料金は 払ったよ、全額返してよ、ここから先の料金分だけでも返してよ・・・
でも 日常茶飯のケースなので 双方の運転手間で取り決めがあるみたいで 追加料金を要求されたことは 一度も 無い。
危険(12)
079 19/CT/01 弘前第31連隊徳島が ”さわ”女の案内で出発した1月24日は 吹雪は覚悟していたが それは吹雪をとおり越し 雪の狂乱だった。(その日 青森第5連隊は 気象の急変により 死の行軍となっていた)

隊は 案内人・さわ女について行けなかった。 後を追うのがせい一杯だった。 隊員たちは これこそ雪地獄というものだと思った。 だが 彼等は死の恐怖は抱かなかった。 さわ女が先頭にいるかぎり生きる望みはあった。 時折 彼女は 「兵隊さん、しっかりしなさい」「隊長さん、なにしてるだべ」などと言った。そこには 大尉も中尉もなく 指揮官は案内人のさわ女であった。

さわ女は言った「もうここまで来たら大丈夫だから 弁当を食べましょう」。 隊員たちは 油紙に包んで 肌に抱いていた 焼いた粟餅(あわもち)を食べた。凍っては いなかった。
死の彷徨(10)
078 15/OCT/01 バンコクのプラトゥー・ナム(プラトゥー=門、ナム=水)市場の屋台での出来事。
店前に並ぶ例のバットの中から チキンのゲーンを探したが見つからず おばさんに尋ねたところ 店前に垂れ下がる旗の「斎」の文字を指差して あるハズがないとの表情。 意味理解できず とりあえず バットの中から適当なものを注文して 空腹は満たした。
この「斎」は 魚・肉・香菜・卵など一切入らない精進料理のことで チキンなんか あるハズもない。 タイ語では「ジェー」と言う。 そういえば 日本でも斎(とき)という言葉があるが。 その後 この”斎”の文字が付いた缶詰、調味料が 私の目につくようになった。
斎(ジェー)
077 13/NOV/01 世界経済問題にまでなっている 銀行の不良債権も 当時の銀行組織には 「死の彷徨」青森第5連隊の大隊長山田がいて 神田がいた気がする。 もう少し 先見性・大局観が 勇気があったなら。 最近 新聞で話題になっている ある信組の「紙1枚貸出」も 今思えば誰が見ても異常と思える。 組織の中に 一人でも 弘前第31連隊徳島が居たならば。 衰退した 崩壊した 亡んだ組織の一兵卒は なにがしかの思いあたる節があるのでは。 山田は? 神田は?
不良債権
076 12/NOV/01 青森第5連隊神田は 磁石を頼りに歩いた。だが 寒気が厳しくなると磁石が利かなくなることを知っていた。神田は 祈りたい気持ちだった。

1台4名で引いている14台の橇(そり)が 隊の行軍の速度を極度に遅らせていた。 橇には 隊の食糧、燃料で 1台平均約100kg近く積んであった。 傾斜が急になり しかも雪が深く その雪も ふわふわとした軽い雪であり 先頭が雪を踏み固めて道を開いて進むわけにはゆかなかった。
神田は 大隊長山田に言った。 「橇を放棄し 人の背によって運搬するようにしたい」 山田は申し出を却下した。「そう簡単に橇を捨てることはあるまい。そのうち楽に動けるようになるかもしれない。いよいよ駄目だというときになって捨てても遅くない」
地吹雪の中を 声もなく進軍した。
死の彷徨(9)
075 11/NOV/01 ラオス、タイ東北地方の食堂で 米麺を食べる時には カゴ一杯のサラダが添えられ 好きなものを千切って麺に乗せ かき混ぜて食べている。 「サラダ」と言えば素敵だが 何のことはなく 家の周りに野生している雑草である。 これでは失礼なので「ハーブ」としよう。(笑) ある旅ガイドでは 野菜を洗った時の水による下痢、それと寄生虫の恐れもあるため 回避するのがベターとも書かれているが 生野菜が欠乏し易い長旅には 実にヘルシーだ。
1994年に 出来たばかりのメコン川「友好橋」を ラオス側から渡って タイ/サコーンナコーン・ナコーンパノムを旅した時 タット・パノムの食堂で カゴの中に ”ミョウガの大親分”に出会った。 最初に見たので 何物かわからず 色・形が似ていて渋い味で そう表現するしかなかった。 他の野菜とミックスすると 全体の味がしまる。 バナナの花である。 市場では地面に投げ捨てられた格好で 売られている。 タイ語では 「プリィー」という。
バナナの花
074 10/NOV/01 1.”部下からは慕われるが 上司にはウケの悪い奴” と 2.”上司の信頼は厚いが 部下からは距離を置かれる奴”。いませんか? こんなタイプ。 周りに。 それと 3.”上司からも 部下からも ウケは悪くない奴” と 4.”上司・部下双方から ウケは良くない奴”。
1.は 革新・改革タイプ、2.は 保守・守旧タイプ 3.は 調整タイプ 4.は 専門・一匹狼タイプ? 部下からの「人望」/上司からの「信望」で 四タイプに区分して 組織の人を見てみると おもしろい。 
明治維新前後に登場する人物も この眼で 見ると 結構 楽しめる。 高杉晋作、西郷隆盛、坂本竜馬、桂小五郎、岩倉具視、勝海舟、伊藤博文、吉田松陰、 等々。 それぞれ力量を持ち合わせていても 登場する場面を間違うと 上司、部下それと本人に 悲劇が襲いかかる。 組織・会社の存亡の危機にも陥る。
青森第5連隊の神田大尉、弘前第31連隊の徳島大尉は どっちのタイプ ???
人望/信望
073 09/NOV/01 青森第5連隊の出発間もなく 風速が加速度的に増大し 吹雪の様相を帯びて来た。

出発したときとは比較にならない情況に変わりつつあった。軍医は神田に進言した「雪中行軍は中止して、ひとまず帰営すべきと思います」 神田は同意したが山田を納得させる理由がほしかった 「帰営の理由は ?」。
軍医は言った 「天候の急変です。隊員の服装はこの深雪を行軍するには不充分です。このまま前進することは危険です」      神田は山田に進言した。

山田は各小隊長を集めた。吹雪の中で立ったまま作戦会議が開かれた。 神田が指揮官であるから 軍医の進言を受け入れた時点で退却は決まったも同然であった。だが 全将校を集めて議論を始めたことは、指揮不統一を 部下の前に公開したと同じことであった。 異例であった。
部下の中には 神田の腹が退却に決まったらそれでいいと思っていた。 山田がなぜ将校全部を集めたのか その真意を疑う者もいた。
一人の下士官が山田に言った「進軍は不可能だと言われましたが 不可能を可能とするのが日本の軍隊ではないでしょうか」 
大隊長山田少佐は 突然軍刀を抜き、吹雪に向って 「前進!」と 怒鳴った。 神田は顔色を変えた。 だが すべては終わった。 前進の命令が発せられたのであった。

時に 青森出発5時間後の 1月23日 12時15分であった。
死の彷徨(8)
072 07/NOV/01 いかに 日本語に堪能な白人と言っても 日本の七五調演歌の心を まともに理解できる人には会ったことがない。 タイ東北地方には 民謡−演歌の関係に似た モラーム−ルークトゥンがある。 何とも言えぬ情緒、雰囲気が好きで 地元の人には 古い曲だからだろうが 現地のバーゲンで1枚 50〜60円で売っているので ついつい たっぷり テープ、CDを買いこんで 持ちかえってしまう。 タイのカラオケSHOP、あるいはインターネット・カラオケでも つい 私も参加したくなる衝動にかられるが 完璧に自制している。
かなり前のことだが 白人が ” 親の血をひく兄弟よりも〜義兄弟・・ ”と 「兄弟仁義」を あるスナックで 日本語らしく 演歌を したり顔で歌っていたのを見て 腹が立ったのを覚えていて 同じ感情をタイ人に抱かしてはいけないと いつも 根っからのタイ人によるタイ演歌を もっぱら 聞き役に 回っている。 これからも タイ人から歌唱指導を 受けるのは ご遠慮する。
タイ演歌
071 06/NOV/01 もはや 日本では死語化してしまった 「ガリバン(ガリ判)」を ご存知だろうか? 昔 コピー機など無い時代に 学級新聞を作る時などにお世話になった代物。
いまでは めったに聞くことは無いが 数年前のラオスでは この”ガリバン”は 「私は日本語を少し知っている」という現地人が 発する単語の定番だった。 印刷技術・供給が遅れていた頃 ラオスの地方の学校には副読本も無く、配布される教科書さえ 生徒全員に行き渡ら無い状況を見て 手軽な印刷手法ということで 日本の仏教関係のボランティア団体が ラオス各地に持ち込んだことが始まりらしい。 私は あえて 距離を置いているが 寄付を募って 知り合いの村に 学校・図書館建設を という日本人グループの活動も 依然として あるようだ。
ガリバン
070 03/NOV/01 タイでは かなり減ったが ラオス、ミャンマーでは まだ主流と思える 所謂バスではなく 荷台に木のベンチをつくり 幌を付けたトラック・バスに乗る機会が多い。 命に別状がある訳でなく 危険とは言えないが 相当の注意を要する。 凸凹道を通ると トラック丸ごと宙に浮き 着地の際の対処を間違えると お尻・臀部の打撲傷に悩まされる。 1、2時間程度の乗車であれば 楽しみで済むが 10時間余りも乗ると 集中力が途切れ 必ず これまでの人生では経験の無い お尻打撲傷に患わされる。 到着後 食堂の椅子に座った時には その余韻をたっぷり味わうことになり ビールの酔いで 紛らわすしかなくなる。 

突如のスコールには 対向車の水しぶき、陽が落ちてからは 風の寒さ、足の前のスペースに置かれた荷物との陣地取りゲーム、大型車の後に付いた時の土埃、、 一瞬も気の休まる時間は無く 心地よい眠りを得るなどとは 10年早い。 さすが 現地人は 爆睡とも思える眠りで 余裕たっぷり。 でも この対面式のトラック・バスは 乗る時間が長い程 見知らぬ現地人との お付き合い・触れ合いが 深まる。
危険(11)
069 31/OCT/01 ピーマイラオ(水掛け祭り)最終日の ラオス・ルアンプラバンの食堂での出来事。

いつもの通り 食事の前に ビールとツマミとして高額「フライド・ポテト」を まず 注文した。 店主曰く「ビールは売りきれました。今日は 日曜日なのでビール会社も休みでどうにもなりません。申し訳ありません」と。 「え!!」。 結果的には 近くの商店で 売っているハズだからと 私の注文分だけ買い出しに行ってくれた。
うーん?? ビア・ラオは 製造量が豊富ではなく 祭りの特別イベント時期には 多い需要に応じ切れないの だろうか? 食堂、商店等には 配給とは言わないが 期間毎に瓶数の割り当て制があるのだろうか?? 初めてで その後は経験が無いため いまでも 不可思議だ。
ビール(9)
068 30/OCT/01 弘前第31連隊 徳島は1月20日 午前5時半に出発した。青森連隊とは 逆のルートを通り 11日間の行軍予定であった。

徳島隊は 装備をできるかぎり軽くした。炊事道具や食糧、物資などを一まとめにしてもって歩くようなことはしなかった。彼等は昼食及び非常食を各自が携行するだけで、必要物資は行く先々の村落で買い求め、食事も宿舎も村民に依存する方針であった。小隊全員が平均した重量を担い、特に重い物を持たねばならないような者はいなかった。

1月24日 暴風雪・雪地獄は 23日に続いて いささかもおさまる模様を見せなかった。村の古老たちは、口々に、いくら兵隊さんたちでもこの吹雪では無理だと言った。 徳島は 今日の行軍するについての適当なる案内人を探せと隊員に通達した。 隊員は 徳島が 案内人に絶対的な信頼を置くことに一抹の不安を感じていた。 徳島は 半ば独白であった「将校たる者は、その人間が信用できるかどうか見極めるだけの能力がなければならない。他人(ひと)を信ずることのできない者は自分自身を見失ってしまうものだ」。

「実家に行くために、年に何回となく、この道は通っている。このくらいの吹雪で道を迷うようなことはないつもりです」。 村人の嫁のさわが言った。さわを道案内人として暴風雪を冒して出発した。
死の彷徨(7)
067 30/OCT/01 青森第5連隊・総勢210名は 弘前第31連隊徳島が八甲田山中で 現地人もかつて経験のない大吹雪で苦しんでいた1月23日 午前7時 出発した。

山の入口の村で 大隊長山田の怒鳴る声が神田の耳に入った。「お前たちは案内料が欲しいからそのようなことを言うのだろう」「雪の中をいく軍(いくさ)と書いて雪中行軍と読むのだ。いくさをするのにいちいち案内人を頼んでおられるか。案内料を稼ぎたがる人間どもより、ずっと役に立つ案内人を軍は持っている。それは磁石というものだ」。 この怒鳴った言葉は 実はそのまま 神田に対して案内人を使ってはならぬと命令したのである。 
神田は 案内人が如何に必要かは承知していたが もはや なにもいうことはなかった。

「出発用意! 前へ進め」の号令が 山田の口から発せられた。
部下は 何かの理由で指揮は 神田に代わって 山田が直接取ることになった と思った。
死の彷徨(6)
066 29/OCT/01 青森第5連隊大隊長 山田少佐は 神田の計画書を 連隊長 津村中佐に持って行った。

連隊長は 意外な表情をして言った「小隊編成でやるのではないのか」。 そうは言ったが 連隊全部から人を集めて中隊を編成するのに異存はなかった。ただ 大隊長・山田が随行することが気になった。そして念をおした。「中隊での行軍の指揮は 神田大尉が取るのだな」

大隊長は 言った。「中隊の指揮はいっさい神田大尉にまかせて置きます」
連隊長は しばらくは計画書に捺印することをためらっていた。
大隊長は 案を練り直している時間はないとして 「弘前第31連隊は 今朝未明に 既に出発しました」 と言った。連隊長は  ううむと一言口の中で低い唸り声を出してから 雪中行軍実施計画伺い書に捺印した。

1月20日のことだった。出発まで 後 3日と迫っていた。青森第5連隊は 一種熱っぽい空気に包まれた。が 誰一人として 雪中行軍を死の行軍のように考えている兵は いなかった。始まりだった。
死の彷徨(5)
065 28/OCT/01 ビールを飲む時の必需品が 「栓抜き」だ。 機内に持ち込めるバック一つで 旅に出るため 搭乗検査で 別預かりとなるアーミーナイフは煩わしいので 今は 携行しない。
店で瓶ビールを買って ゲストハウスで 飲む際に この「栓抜き」の調達に苦労することがある。どこにでも ありそうな物だが 調達に 結構 手間がかかる。 ゲストハウスの従業員が 2本のビール瓶を 1本を逆さまにして もう1本のビール瓶の栓とクロスさせ コジ開ける あるいは強靭な”歯”を使う 離れ業にも お世話になった。 ビールは置いてあるが 栓抜きが無いという 食堂にも 何回か遭遇している。
ラオスの田舎では 我々が良く見る形状ではなく お手製の「栓抜き」を 見た。 ブラシの柄に似た木の板に 木ネジを2本埋めこむんで ネジの間にビール瓶の栓を入れ 後は 普通の栓抜きの動作で開ける。 なんとも 知恵に 驚嘆した。
最近は 値段の高い物ではないので 市場の雑貨屋で 旅の都度 「栓抜き」を購入し 帰国する当日 検査前に ゴミ箱に捨てる そんなことをしている。
ビール(8)
064 27/OCT/01 バスで移動すると しばしば パンクに遭遇する。
さすが タイでは 道路事情とタイヤ・チューブ等の装置が 急速に改善されていて 最近は めったに見かけないが ラオス・ミャンマーでは 日常茶飯事の出来事で 乗客も鷹揚である。
取替え用に積んでいるタイヤに交換するスピードは手慣れたものである。運転手以外の乗務員が多いのは 色々な事情があるのだろうが このパンクの修理の際には 乗務員の数が 力(ちから)をフルに発揮する。
ミャンマーでの出来事だが パンク発生が 直ちに乗客の知れるところとなったが 日陰と水が確保できる場所まで しばらく 走り続けて修理を始めた。 民家のトイレに走る女性 水をいただく乗客 大きな木の下の陰で 体を休める乗客 その間 約1時間程 バスの回りを囲みながら 談笑しながら進行状況を見つめ 修理を見届けてから おもむろに バスに乗り込み 何事も 無かったかの ように 走り始める。 パンク、ギアの故障、エンジンの不調 なんでもアリの旅だ。
危険(10)
063 26/OCT/01 青森第5連隊第2大隊長山田少佐は 神田大尉に 言った。
「雪中行軍は中隊編成でやるべきと思う。本連隊全体がこれに参加する形式の中隊を編成し、これに大隊本部が随行する形式の実行計画を作成して貰いたい」

神田は 内心 思った。
(これはまずい。指揮系統にいささかでも無理があるような編成は いざという時混乱を起こすおそれがある) 大隊長は 「なにか言いたいことがあるのか」 
「なにもございません。早速 その編成にとりかかります」 神田は 即座に 答えた。
  出発する5日前、弘前第31連隊が出発する2日前の 1月18日のことだった。
死の彷徨(4)
062 26/OCT/01 弘前第31連隊長の児島大佐に 徳島大尉は 「雪中行軍実施計画書」の概要を持って行った。

大佐は言った。「八甲田山は無理と思うか。なんでもいいから率直に言って見るがいい」
徳島は言った。「すべてをおまかせ願いたいのです」
大佐は 「すべてをお前にまかせるという約束で始めたことではないか。そして その通りに進んで来たのではないか、これ以上なにをまかせろというのか」
徳島は 「これからの問題を言っているのです。行軍の編成・装備については いっさいこの徳島が建てた計画を そのまま取り上げていただきたいのです」

大佐は 計画書を読んで声を上げた。 「これはどういうことだ」 兵卒の数が非常に少ない小隊だった。
  12月25日 全員で38名の小隊にて 弘前第31連隊の行軍編成は終った。
死の彷徨(3)
061 22/OCT/01 日本のサラリーマン根性が身にシミついていて 食事の前の晩酌としてビールを飲む という感覚が捨て去れない。 そこでは ツマミという概念が どうしても登場する。
だが 私の訪れる国では その発想が 全く無いのではと感じる。 食堂に入り 「まず ビール」と 第一声を発しても 直ちに ビールだけを テープルに運ぶという行動は 期待できない。

食べ物を同時にオーダーしないと 先に進まないし 挙句に ライスも 一緒に運ばれてくる。ビールで満足してから 主食を との私の要望は ほとんど 無視される。飲んでから食べるではなく 食べてから飲むのが 流れと 思わざるを 得ない。
魚、鶏肉、野菜など 簡単で素早い料理で まず ビールのツマミが 欲しいのだが 田舎の食堂では 料理の名前も無理矢理付ければ 書けるのだろうが メニューなんぞ あるハズもなく  その食堂 その食堂で ツマミとして 最適な食べ物を 探し出すのに 苦労する。それが 旅の楽しみだが。 
ビール(7)
060 19/OCT/01 第5連隊及び第31連隊は第4旅団に属し 第4旅団は第8師団に属していた。
第8師団参謀長中林大佐が言った。
「日露両国が戦争状態に入った場合 鉄道及び道路が艦砲射撃で破壊されることが予想され 青森と弘前、青森と八戸方面の交通は八甲田山系を縦断する道路を利用せざるを得ないだろう。夏期はなんとかなるとして 冬の交通路が設定できるか全く不明である。厳寒、深雪を冒して軍の移動が可能なるや否や、また可能ならしむるためには、如何なる方法を用いるべきかの研究がなされていない」 神田・徳島大尉も参加していた 11月末の会議の席上だった。
死の彷徨(2)
059 18/OCT/01 新田次郎著「八甲田山死の彷徨」を思い出しています。映画「八甲田山」にもなった原作ですからご存知の方は多いでしょう。

日露戦争を前に 厳冬の八甲田山で過酷な訓練が行われた。神田大尉が率いる青森第5連隊は大吹雪の雪中で  前進撤退を協議している時 大隊長が突如の”前進”の命令を下し  中間管理職の思いと上司の思いが錯綜し 「やっぱり」「だから」の疑心暗鬼の中 指揮命令の無責任さと不消化から 部下隊員200名が死ぬ最大の惨事を招き、一方の 徳島大尉率いる弘前第31連隊は 全員 目的を達成し 無事 帰還した。

先行き不透明・ファジィーの中 どの組織のトップも 信念を持って前進後退の号令が出さない中 黙って連いていく庶民・部下は 一歩間違えば 生と死を 分ける。  それを 結果・運命・寿命という2字の言葉では あまりにも 残酷。
「敗軍の 兵を語らず」は良く聞くが 「敗軍の 将を語れず」では 無残だ。
死の彷徨(1)
058 15/OCT/01 森田村は 「つがる地球村構想」と題する新しい村づくりビジョンを策定した。タイ/ウドンタニ県を訪れた森田村代表は、そこに自分の村と同じようにコメを生産し仏教を信仰している住民がいて、森田村の縄文遺跡と同じような数千年前の土器遺跡をもち、森田村の若者が試作・実演している土器太鼓と同じような土器楽器があり、さらにはアイヌの紋様に似た織物があることを発見し、驚愕し 共感を深めた。ウドンタニに染織工場を建設し その製品を輸入して 森田村の特産品とセットにして 日本国内で販売する。
森田村の民家の納屋に眠っていた足踏みミシンを修理して6台プレゼントした。

これは 現在のお話ではなく 「ふるさと創生1億円」等の言葉が飛び交っていた時代の 1989年の タイの田舎と同じく 若者の都会流出を悩む日本の過疎地域のことである。 消化促進剤は こちら にあります。
森田村
057 13/OCT/01 6、7年も前のことだが タイの東北地方、ウドンターニから サコンナコンに向かうバスで 熱湯を浴びたことがある。
タイ語の読みには まだ 自信が無い時期で タイ語でしか書かれていない バスの行き先表示の確認に不安があり また 行き先と終点が同じであれば まだ 心の余裕も出るが 途中下車となると 不安が倍増する。 そこで バスの中で 一番偉い人はドライバーだ と言うことを生活の知恵で感じており できるだけ ドライバーの側に席を確保するようにしていた。そうすれば 一々 確認の質問の声を発する必要もなく 不安の目線を流すだけで まだまだ とか ここだよ とか もう少しだよと 伝わってくるので。
相当に旧式のバスなので その席の場所は だいたいエンジンの真上あたりになる。 ある時 思いきり バスがバウンドした。 その瞬間です 熱湯が下から飛び出してきました。なんとか ズボンだけの被害で 押えきりましたが 熱いこと 熱いこと。火傷で軽く肌が赤くなりました。
水冷エンジンだったのでしょう。冷却用水が エンジンの熱で 熱湯になっていたのだと思います。さすがに 今はもう こんな経験はできないと思いますが。でも 今でも 長距離バスて 後にあるエンジンルームに ホースで水を流し込んでいる姿とか ボンネットのドアを 開けたまま走っている姿を見ます。外気温度が 常時30℃を超える中を走る この国のバスは 色々 工夫があるものと感心します。
危険(9)
056 11/OCT/01 最近のテレビ番組で”所さんの笑ってコラえて全世界スペシャル/バンコク24時の怪しい人々”で 現地では「ミスターR」と呼ばれている(でも タイ人はこの言い方はしないと思うけど? クン・デーンかな? でも もっと俗っぽい言い方なのかな? 日本のテレビ用にネーミングしたと思う)   顔部分も含めて全身真っ赤な服を着て、全体を真っ赤なシートで覆われた自転車リヤカーに乗る タイ人が登場しました。この人を バンコクのニューロードで見たことがあります。
 見た時は スピーカーで音楽を流しながら このくそ暑い中 どうみても ビニール製の雨合羽としか思えない物を着て 動いているこの人物は 何者なのだろう と不審に思いました。もしかして その筋の病院に行った方が良い方なのか とも。
 でも この番組を見て 途中のゴミを拾いながら動く廃品回収業者と知りました。素顔も出していましたが 善良なバンコク人丸出しの人でした。遠くからでも お客に目立つように こうしているとか。疑問が解けて 感動しています。
   でも タイも ゴミ拾いではなくて 廃品回収という業種が 出現してきたのですね。"資源"を意識し出したという意味で タイ社会が 進んできた証(あかし)なのでしようね。
ミスターR
055 03/OCT/01 タイのローカルバスには スピードメーターの形跡はあるが それが稼動しているバスは見たことがない。というより オイルメーター始め 全てのメーターが故障して稼動していないというのが正しい表現。それ程年代物ということだ。
メーターがなくとも エンジンと車輪があれば 車は走るということを実感するが 何となく不安を感じる時がある。途中でガス欠は無いのだろうか? スピードの出し過ぎは大丈夫なの? でも 燃料タンクに木の棒を入れて確認している姿を何回か見ているし 年代物バスであり エンジンの力は衰えていて それ程スピードが出るハズもない。生活の知恵の中で それなりに対応しているのだろう。
でも 追い越しのため スピードを目一杯上げて 対向車線に出た時 対向車が「急接近危険」意思表示のため ヘッドライトの光を激しく上下させる際には 一瞬 目をつぶる時も。
タイは結構 手荒いドライバーが多く バスに乗っている途中 何度か 衝突事故を見ているし 道路の上に犬の死体も 良く みかける。 いつか 乗っているバスの衝突事故に遭遇するのではとの思いは強い。
危険(8)
054 28/SEP/01 ミャンマーでは シンガポール産の「タイガー・ビール」と 地元の「ミャンマー・ビール」、「マンダレー・ビール」が主体。
 ミャンマー・ビールは 中瓶1本が雑貨屋では 250チャット(50円程度)、食堂で 500チャット(100円程度)なので ドリンキング・ウォーター程度の感覚で 飲んでいた。 マンダレー・ビールには 赤ラベルの”ストロング・エール”が ほぼ同じ値段で売られている。味は ミャンマー・ビールが 淡白・あっさり味で マンダレー・ビールは とろっとした 濃い味。 日本のキリンとサッポロ・黒ラベルの味の違いか?
 暑くて 汗が流れている時には 飲料水代りには ミャンマー・ビールが 飲みやすい気がする。あちこちと言う程ではないが このミャンマー・ビールの 生ビール・スタンドを 見つける。 小ジョッキが 一杯 120チャット(30円弱程度)なので これも 冷たく喉越しさわやかで このスタンドを見つけると 必ずと言って良いほど 休憩がてら 飛びこむことにしている。
 タイ、ラオスでは その感覚が無い 酒の「ツマミ」の種類が豊富で 私は ポテト・チップスか エビ・センを注文する。現地人は 最初に 小ジョッキ2杯を注文し 飲み終わると 勘定をして出て行く。日中 仕事の合間に 喫茶店代わりに 利用しているようだ。日中 若い女性二人組みで ジョッキをかたむけている姿も見た。飲み終わると 自転車二人乗りで 元気良く 出て行った。
ビール(6)
053 23/SEP/01 ラオス・ポンサワンのゲスト・ハウスの出来事です。
ゲスト・ハウスのオーナーから 一向に ジャール平原に行くでもなく 何日も泊まっている私を 見て 何しに この町に来たんだとの質問。
ラオスの織物・布、織り人に会いたくて 来ていると 答えると 何で 織物に興味があるのだと。
ラオスの織物は 評価が高いのだよと 伝えると 漠然とは感じているのでしょうが 実感が無い様子。そこで ついつい 演説を してしまいました。
一枚の布を完成するのに 糸の原料を育て 紡ぎ 染めて そして何日もかかって織り上げる 気の遠くなる手間と日数の結晶だよ。技術の優れた織り人は 町一番の大金持ちになって 町一番の大きい家に住んで 日本の新車を持っていても 当然なんだよ。それくらい 凄い人なんだよ。って。

彼は やっと 実感が湧いたようです。心底 私は そう思っています。何の努力もせず 保有していただけで大金持ちになる「土地成り金」以上の 成り金になっても 当然と思います。でも 今のラオス国内での現実は 現金収入稼ぎ程度の評価です。仮に 誰かが 織りのコンクールを開催して 優勝賞金 数百万円を提供し その布を美術館・博物館所蔵とすれば 文化の保存にもなるし 当該人の 今後作成する布・織物の 一応の値決め・取引価格基準にも なる気がします。芸術センス?の創作織物ではなく 日常織っている伝統織物のコンクールです。もちろん 誰が糸を作り 染めたのかも明示して その方たちも評価してあげます。日本でも 国宝級の作品は 気の遠くなる値段が付いています。三百万円もあれば 町一番のビルが建てられる国です。いつか そんなことを 夢見ています。
成り金/夢
052 20/SEP/01 布、織物については 現地の織り人からの生の情報が 一番正確なのですが 事前に予め相当程度の知識を蓄えてからでないと 言っている事の真意がつかめない あるいは大事なメッセージを見過ごしてしまう場合が 多いです。
英語、仏語、日本語などの外国語の本は 全体像・基礎知識を理解・把握するには有効でしょうが これでの知識は 現地では何の役にもたちません。そこで 私は 現地の博物館、大学を 時間を気にせず ダメで元々の気分で 出きる限り訪れることにしています。ミャンマー・マンダレーで出会った日本人女性の大学院生が インダー族をテーマにした論文のため 資料を集めているとのこと。ヤンゴン大学を訪れたが 国内でも資料・文献が極少と聞かされた由。でも 日本でいえば 「秋田のナマハゲ」に関する資料を東京大学の教授に期待するみたいなものと 感じましたが。現地のことは 現地で聞く 調べると。
ミャンマー、タイでは 文化に関する「博物館」を 国が意識しているようですが ラオスでは 歴史に関する博物館が大半で 布・織物など文化に関する博物館(ピ・ピ・タパン)は 軽視されている感がします。世界に誇るラオス布文化であり その殿堂が 欲しいです。 日本も 余計なお節介の 織り技術指導援助で 下手に金を使うのではなく この分野で貢献すべきではとも。
資料集め
051 10/JUL/01 暫らくの間 布・織物の出会い旅に出ます。
カンティアの本を知って 「日本人は一体 何者?」を 探したくて まず 地方のタイ人達に どうしても会いたくて 10才の子供を連れて 日本を飛び出して以来 何度も 出かけて 「人」を知って また旅が始まり 「旅」を知って 布が始まり  「布」を知って また 布を取り巻く「人」に 戻り また その人達に会いたくて また「旅」に出る そんな 繰返し です。
布・織物は それ自体では 無機質、無味乾燥な存在ですが 取り巻く 匂い 温かさ 息吹き それを 合せて 取りこみますと 布は 日本に持ちかえっても 言葉を 話します。語りかけます。
これが 私を 旅に出る勇気を 与えて くれます。 いろいろな 人との 出会い から 何かが いつも 始まります。 着いた 初めは なんで こんな所まで 来たんだろう と思い 「布」に出会えなければ 凄まじく 落ちこみます。 でも 新しい 布・織物との 出会い、 麻薬 みたい です。 
始まり
050 05/JUL/01 2、3ヶ月前の カンボジアでの出来事とのこと。
アンコールワット遺跡を観光していたタイ人の団体が 道路にキャンディーを ばら撒いて カンボジア人の浮浪児が群がるのを 面白おかしく興じていたそうな。この様子を見た カンボジア人が激怒して その団体を取り囲み 生命さえの様子となったらしい。全員 警察官に保護されて ホテルに戻り 事無きを得たようだが ホテルの回りを 400人余りのカンボジア人が取り巻き 騒然となったとのこと。
タイ人の団体は 決して 悪気とか 侮辱との意思は 全くなく 素直に 施しの気持ちだったと 信じますが 自尊心を傷つける 侮辱と感じたのでしょう。こんな大事件にまで至らなくとも 当人は無意識でも 現地人が大きく傷つく 似たような状況は どこかで 見たような気がします。自戒。 
自尊心
もどる