ひとりごとlogo 一 Archives;過去ログ>>  Page 001から049 まで もどる
テーマ; (ひとり旅)危険  ビール  カンティア  (リーダー心得)死の彷徨 は アーカイブがあります。 
049 05/JUL/01 毎年4月に行われる「水掛けまつり」(タイではソンクラーン)は 交通事故頻発の様子。今年のソンクラーン連休期間中に タイ全国で 死者531人 負傷者3万人超との政府発表。確かに 運転中の車、バイク目掛けて 容赦なく バケツ一杯の水を浴びせると 何が起きても不思議では無い感じがする。また 水の洗礼を極力 最低限に押えようと 急にスピードを上げるドライバーもいて 危険度は一層高くなるようだ。この状況に 政府関係者は頭を痛めているとのことだが お祭りは どこの国も 結果を気にせず フィーバーするのが 楽しむ道。 どうせ阿呆なら 踊らにゃ ソンソン。
危険(7)
048 03/JUL/01 日が落ちてから町を歩く時は 地方では懐中電燈(ペンライト)が必需品となる。現地の人は この種の道具は 勝手知ったる道であり 全く不要らしい。懐中電燈の明かりは 「私は この町の者ではありません」と宣伝しながら 歩いているみたなものだ。
ただ 街路灯もなく 格好つけて電燈無しで 歩き回ると 文字通りの「落とし穴」に 遭遇する危険がある。排水溝のある歩道は 覆いが破損、陥没が多く 夜道では 片足を突っ込み 良くて切り傷 最悪 骨折もありうる深さ。よしんば 幸い 怪我を免れたとしても 悪臭の汚れは避け難い。
雨期などには あちらこちら 大きな水溜りが 道路幅一杯を占領することもあり 灯かり無しでは どこかで餌食になること請合い。乾期でも こんどは 大きな 新鮮な牛の糞に スリッパの片足がズッポリとの危険も。どちらにしろ 命に別状があるもので無く 旅の想い出ではあるが。
危険(6)
047 30/JUN/01 日中 食事をする際には 疲れを癒すため(のん兵衛の屁理屈) ついつい飲み物が欲しくなる。で 何を所望するかと言えば コーラ、ファンタ、ミリンダの類は どうも抵抗があり やっぱり ビールとなります。特に ラオスでは コーラとビールの値段差が 75円=90円の15円程度となると 迷わず ビールとなる。でも この日中から アルコール、ビールを飲むという風景は 現地人して見れば 何とも 奇異に感ずるらしい。
昔 タイの田舎の食堂で 日中 例の氷入りシンハ・ビールを注文したところ 周りの目線のスサマジサを感じた。 食事代は 精々頑張っても15バーツ。その何倍もするビールなどを それも日中 まして 一人で注文するとは 何者との視線だった。 多分 「日本人は 日中からビールを飲む人種」との感動?を与えてしまった みたい。 確かに もっと安くて アルコール度の高いものがあり 彼らは それを 夜 たまに 皆と飲み交わす時にだけ ありつくものとの生活習慣。アルコールより もっと 金の使い道があるよ とも。 タバコも 20本入りのパッケージを買う者はなく 店ではバラ売りで 2、3本買う時代だった。 
ビール(5)
046 24/JUN/01 タイの田舎のある町で 若者が 「僕は 日本の歌が好きで テープもそこそこ 持っている」と言い 大事そうに持っていた そのテープを聴かせていただきました。 でも 全部が中国語 多分 香港ミュージックでした。「これは 日本の歌 日本語ではないよ」と伝えたところ 彼は 大変 戸惑っていました。 多分 日本Pops通を友達に喧伝されていたのでしよう。 皆の前ではなく 後で伝える配慮をすべきと 後悔しました。でも 彼らにしてみれば 中国も 台湾も 日本も 区別がつかないのは 当然とも思いました。どの国にも 現地には 行ったことも 見たことも ないのですから。

 最近でも アメリカのTV番組等で 中国も日本も 区別が付いていない 例えば セットが中国風で 主人公が着物/和服を着ているなど を 見かける時は 「なんだ これは」と つい。でも アメリカ人にして見れば 「東洋」という範疇では 違和感は 無いのでしょうね。
 ミャンマーでも ある時間帯に放送される 人気番組があり 日本の番組だから お前も 見ろと 強く勧められ 見ましたが なんのことはなく セリフは中国語(ミャンマー語字幕)で セットは障子等を使い日本風になっていますが 人力車が登場するなど 私が見れば 日本のイメージを演出した(トレンディードラマ風)香港製だと直ぐわかり 「これは日本の番組ではなく 多分 香港製作だよ」と。 その時の 「お前は余計なことを言うな これは日本と思って見ているのに」との表情に それ以上は 控えました。中国と日本は明確に違うんだよ と 伝えることのできる場面が いつか 訪れることを願いつつ。

逆に見れば 日本人は 「エスニック」と一括りにして 例えば タイも ラオスも 区別が付かない と 彼らは同じ感情を持っているのだろうな と 考えると あながち 私も同類項ではないか と。 布 織物では 特に このことを 感じます。でも 「○○通」などと 知ったかぶり 通りすがりではなく 違いが分かる人と 現地人に 認めていただくには 後 何十年要求されるのだろう。
日本ポップス
045 23/JUN./01 バンコクの日本語紙「バンコク週報」の最近の記事に タイの狂犬病のことがありました。
現在も タイ全土で年間約50人 バンコクで20人以上が感染して死亡しているとのこと。バンコク市内の犬の数は約50万匹で 野良犬は 10万匹。1980年代には 全土で 370人をピークに 毎年200人以上が死亡していたとのこと。バンコクの私立病院によれば 「犬に噛まれた」という邦人旅行者が毎月 数人は訪れる由。 決して 油断めされるな !!!
(「バンコク週報」の購読は 東京オフィス 03-3325-3616 へ ご照会下さい)
危険 (5)
044 16/JUN/01  タイの田舎で 安定的にエサを提供されるという意味では飼い犬だが ほとんどが放し飼。 ある時 バイクの後に乗っかり移動していた時 一匹の犬が 猛然と吠えながら 走るバイクに敢然と襲いかかってきた。いかにも 私の脚を狙っている風にしか 私には感じなかったが。
 聞けば 昔 バイクに跳ねられた 苦い経験をお持ちの犬で その後は バイクを敵視しているとのことで 決して人を噛むことは無い由。 でも この種 行動をする犬には 結構 出会っている。事故関係の犬が 多いのだろう。
危険 (4)
043 16/JUN/01  決して 犬の皆様の小競り合いを邪魔することなく 静かに その場を立ち去ろうとした時 一部で衝突が発生。「キャイン」の後に 追いかけ合って 当方に近寄って来るような殺気。多勢に無勢。慌てず走らず 明かりの点いた家へ一目散に。
 その家の住人は 慣れたもので 近くの石を取り上げ 犬の集団に向けて一投。全ての犬が退散。私にとっては心底 事無きを得た感。
 タイの犬の皆様は 人間の逆襲には 痛い目を身体で覚えているようで この投石という方法が 何かの時には 極めて有効であることを あちこちで 経験している。 フリを見せるだけで スゴスゴと 捨てゼリフならぬ 捨て吠えの余韻を残しながら 退散していく。
危険 (3)
042 10/JUN/01  大韓航空でアジアに向かうことがあるが 機内ではビールを所望する。その際の 韓国語は絶対に忘れない・・メクチュ・ジュセヨ。 とすると 高級イメージなのか スチュワーデスは 必ず「バドワイザー」を持ってくる。折角の機会に どこでも飲める洋物ビールは遠慮する。韓国文字ブランドのビール「カフリ」、「カス」をと ワガママを言うことにしている。ただ 隣りの席の韓国人は 不思議な表情をするが。高い飛行機代支払っているのに なんで 安い韓国ビールなどを との感。でも 私は その場の国の味を その時々 必ず アプリーシエイトすることにしている。 日本国内以外では「バドワイザー」などは 飲みたいとも思わない。 
ビール(4)
041 09/JUN/01  犬に狂犬病の予防注射が徹底されているハズもなく 旅前のワクチン予防接種も 効果が出るのは数ヶ月後のようで無意味と聞いている。 何よりも 一人旅での旅先での 怪我は回避したい。全てを台無しにする。
 最大の危機は 夜中に バンコク・ファランポーン駅と高速道の間のエリアを歩いていた時。20数匹の犬が こちらの方向に移動しつつ 2グループに分かれて 暗闇の中 低い唸り声を挙げて睨み合いの最中。一瞬 身体が硬直。 「トバッチリなんて勘弁してよ」 逃げるが勝ち。 犬なんか恐くない お前達の存在には気はついていないよ たまたま もう引き返そうと思っていた・・ どんな名優でも不可能と思われる 一世1代の演技を瞬時に 犬の皆様に 披露することに。(続)
危険 (2)
040 27/MAY/01  タイ料理店が タイ料理の本が増え タイ料理も日常化しています。以前は 辛い 臭いとの評判で 一部のマニャックご用達で 長続きするタイ料理店が少なかった感じがします。タイ料理と一口に言っても 日本料理と言っても「懐石料理」から「親子丼」までと同じで 人それぞれに 見方が違うようです。ツアーで連れて行かれたタイレストラン味・メニューも タイ料理でしょうし。料理名も フランス料理と同じで 「何々の」(素材)、「何々の」(風)「何々」(料理方法)手合いで 日本語に直訳したら 何の変哲もないものが多く 上品な外人旅行客しか知らないのではと疑う 料理名も。

  ”おいしい”は タイ語では「アロイ」、ラオス語では「セップ」。ラオスからタイ東北地方に入ると つい 「セップ」の単語が。でも 東北地方はラオ系が多く充分 この「セップ」が まかり通っています。 で その人にラオス語を話すのかと質問すると ちょっとイヤな顔を見せる気がします。タイに住むタイ人なのでラオス語は関係無い そんな雰囲気です。

 彼らは イサーン語(日本で言えば”東北弁”)だと 言います。 ある家庭で ラオス語も理解できると ちょっと見栄を出してラオス語で話しかけたら 「馬鹿にするのか」との反応。 どちらかと言えば 純粋(?)タイ人は ラオ系タイ人を 下に見ているのではと感じる場面が多々。意識して タイ東北地方では ラオス語は控えるようにしている。でも タイの町中で トゥクトゥクの小父さんが 「パイサイ」(どこまで)、「サァーウ」(20バーツ)等と近寄ってくると ツイツイ。
おいしい
039 14/MAY/01  最初に インドネシアのヌサテンガラに入った時 例の「ビンタン」(星の意)ビールに親しむ。 店で購入の際 栓を抜くかと聞かれ ストローが付いてくる。ビールはコップで飲むもので ストローで飲んだ経験は 全く無い。食堂でも経験した。まあ コーラと思えば 理解できない訳でも無いが。これが なんとも 喉ごしに 頼りない感が蔓延する。ビールを飲んだ気がしない。それも ストローの長さが ビール瓶の長さより 短く 一口飲む度に ストローが陥没するのを回避する気遣いが必要で 何ともワズラワシイ。
 ある時 量を飲めない状況だったので 小瓶を所望した。その際には ストローも コップも用意されない。うーん? ラッパ飲みをするのだ ということらしい。これが 何とも サマになる。映画・CMを地でいくような。これ以降 ビンタンビールは ”小瓶のラッパ飲み”が 定着。
ビール(3)
038 14/MAY/01  あちらこちらを旅しますと 通りすぎてしまうば 笑い話になるような 色々な性質・度合いの「危険」に遭遇します。何かの節に思い出します。
 小さい時 犬に追いかけられて 恐怖の余り 川に飛び込み 近くの家の子供が 全員女の子だったことから 女の子の服に着替えさせられて 家まで帰させられたハズカシサが入り混じり 今でも 犬とは親しくなれないでいる。

 これが野良犬であれば さらに 文字どおり 私とは 「犬猿」になる。番犬の落ち武者とは考えられないが タイ 特に 都会では エサが豊富らしく あちこちに 野良犬が徒党を組んで タムロしている。 ラオスでも ミャンマーでも。 細い小路での遭遇、特に夜間は 私には 恐怖感・危険度はMAXだ。(続)
危険 (1)
037 07/MAY/01  「構造改革」の文字が 最近 とみに見受けられる。昔 「新しいワインには 新しい袋が必要」とも。明治以降の 欧米へのキャッチアップ、「追いつき 追い越せ」の”成長”主義が 追いついた時に各国から 「フリー、フェアー、グローバル(FFG)」の言葉の反攻を受けた時に もろくも 新たな出口を見出せない日本経済を象徴する言葉とも。「成長」はあったが 「発展」は 遅々としていたと。
 そんな面からの 経済学が ありそうな。暇にまかせて 30年前フランスで生まれた”レギュラシオン理論”を じっくり 2、3年間かけて 取組んでいこうと。タイの経済危機も 源は 同一とも。
成長/発展(1)
036 06/MAY/01  最初に ラオスに入った時に 高額な設備投資となる殺菌処理装置が必要な「ラガービール」(瓶ビール)は普及していず 日保ちはしないが 「ドラフトビール」(生ビール)が 安価で大衆的との日本での出発前の情報。それも ラオスでは工場直送の「ヤカン」で運んで来るとの。
 あちこちの食堂に潜り込んで その試飲のチャンスを 窺っていたところ ある食堂で ある年輩の男性が 何かを注文して 「ヤカン」から グラスに液体が注ぎ込まれ アワが出ている のを発見。

 「これだ!!」と思い あわてて 当方も注文。が 結果は 単なるお茶であった そんな経験も。
 この時には 結果的に ウィークエンドのみ開店の ビール工場の敷地にある ビアガーデンまで 意地で 出かけて 堪能することに。のん兵衛の根性は 下戸には 測りしれない。。。
ビール(2)
035 04/MAY/01  最初に タイに入った時は 「シンハ」ビールしかなく 田舎では電気事情が悪くて冷蔵庫が まだ 普及していず ビール瓶ごと冷やすこと出来ず グラスに氷を入れて ロック状の飲み方でした。何とも 熱い気候にマッチして 「喉越しサワヤカ」を満喫。
 最近は さすが 氷ロックの飲み方は必要なく ビールのブランドも増えました。価格破壊ビールの「チャーン」(象)ビールに追随した シンハビール社の対抗商品「リオ」(獅子)ビールが 現地人の人気。英語表記は「Leo」ですが タイ音は「レオ」ではなく 「リオ」。これの 若干高級品で「スーパー・リオ」ビールが 私の お勧め。
ビール(1)
034 03/MAY/01  桜の季節が全国的に 終わりそうですが 花見会は 最近 とんと ご無沙汰。
 タイには 「花見」と「太郎」という 酒のツマミに 最適のスナックがあり いつも お世話になっている。「花見」(パッケージに漢字あり、Hanamiの英語表記)は 日本の”カッパえびせん”と 同類で 塩分が 少し控えめ程度の味。長距離バス乗車の際の 非常食の代わりなり ビールのおつまみにも 小袋一つが約15円弱で 手頃な値段。
 「太郎」(パッケージにTaroの表記)は 日本の”するめ珍味”であり 千切り状で 色々な味があり。タイ国内では 田舎でもバスターミナルなどで 簡単に手に入るので 重宝しています。
花見/太郎
JTBのサイトで このHPが 紹介されています
033 26/APR/01  かなり前のことですが 広告代理店の博報堂が造った言葉ですが 都会の「間抜け」というのがあります。「空”間”がなく 時”間”がなく 人”間”関係がない」。都会は 三つの間抜けだと。
 時折しも 大分県の一村一品運動などに見られるように 第4次全国総合開発計画が策定され 「国土の均衡ある発展」がテーマでした。東京一極集中・地方過疎化が加速し ”都会の不満 地方の不安”などの 言葉も マスコミで取り上げられました。

 タイもバンコク集中が加速していますが タイの地方を歩いていますと 「間抜け」ではないことを 本当に実感します。
間抜け
032 26/APR/01  旅をする時には 必ず現地人用の「地図」を まず 手に入れることにしています。織物地に向かうには 観光ガイドでは役立たずなもので。 目的地に 近づけば 近づくほど 英語・日本語で表記している地図などは何の意味も持たない。現地の本屋・市場を あちこち 隅からすみまで 都合の良い地図を探して歩き回ります。人生でも 何度となく 色々な地図を 色々な人から 見せられます。

 でも 大概は 目的地に「X」印 が 付けられている だけで そこまで どの様に 行くかの ルートは 示されていないのが通常。会社でも 「頼むぞ」の声だけで 「後は お前の努力」と ハッパを かけるだけ。「X」印に近づいていないと 「何をしているんだ!!」と 失望の声を出すだけが 激励と思いこんで 高見の見物を決め込むことを 常用している組織も。
 目的地を示す「X」印は 誰でも 付けられるよね。そんな サラ上司は 反面教師として 自分だけは 絶対にと。受験勉強でも 期待を示す「X」印を 付けるのが 教師・親の責任と思っている人が多くない? 
地 図
031 25/APR/01    どうして”ユウコ”という名前をおもいついたの?  カンティア
「そんなの簡単じゃない。”おしん”の女優がいたでしょ?」 
   おしんの若い時代を演じたのは”田中 裕子”だった。
   もう一回、日本人になって みたい?
「ユウコは、もう死んだよ。これからはカンティアが生きていくんだよ」
   今度は ちゃんとした 夢を見るんだよ。
「夢は見たくないの。毎晩 うなされるから。毎晩 毎晩 めちゃくちゃになる夢しか見ない。いまは」
   ”夢”の 意味を 誤解したらしかった。
カンティア()
 
030 24/APR/01  昔 学生時代に読んだ 大江健三郎氏著「叫び声」を 本は手元になく読み返してもいませんが何となく 思い出しています。
 確か やり切れない”閉塞感”、このままではとの”焦燥感”が 蔓延している時 誰かが うめき声に似た 微かな叫び声を上げると その声が 自分自身が 上げたものではと 感じて 一つのうめき声が  うねりとなって 共鳴し合い 大きな叫び声となる そんな テーマでした。
 政治の世界、会社の世界でも 似たような現象・状況が ありそうです。倒産、破綻に至った会社は 必ず こんな状況に陥ってそう。ただ うめき声、叫び声を上げたいと思っている・上げる社員が どの程度の数 かによって 亡びるか 再興するかの 分岐点になりそう。
 イズント・イット(英語)、ネスパ(仏語)、チャイマイ(タイ語)、メェーンボー(ラオス語)
叫び声
029 17/APR/01  タイ、ラオス、マレーシアなどの東南アジアの染織に関するフォーラムを見学してきましたが ちょっと 気になることが。。。日本の染織の熟練者が 今回の対象とする各国の染織の実情を見て歩き その内容が報告されましたが 例えば ある国で使用している絹糸の性質が劣るので 織物を海外マーケットに出すためには 別の国で使用している絹糸の導入が必要と指導したとか。

 でも 各国の織物は それぞれ その国・地方の風土・文化・伝統という背景の中で 長年かけて育まれてきた代物であり 単に 日本ではいかに達人の評価がある方とは言え 日本人の眼だけで 改善を指導することが可能・適当・妥当なのかと。文化には 「大国」は存在しない ハズですが。有名なタイのジム・トンプソンのシルクは ヨーロッパ・シルクであり 決して タイ・シルクではないと 私は 思っています。商用化を第一義とすると 文化が 捻じ曲がる と。。
指 導
028 11/APR/01  ”郷に入れば郷に従え”で 散髪も 旅の途中が多くなります。総合調髪とかいうのが 日本では三千数百円しますが 1百円弱で可能です。散髪はアジアと すっかり 気に入っています。
昨年は 日本で一回、タイのチェンマイ、ヤソトーン、コーンケーン、カラシン、メーホンソン、それと インドネシアのバリ・チャンディダサでした。ミャンマーとラオスでは 床屋の入り口までいきましたが たまたま 相当な田舎であったので 散髪器具の不衛生さに ちょっと たじろぎ 遠慮しました。

 髪型は 熱い地域 水シャワーの後の処理等から 現地人スタイル・・例のタイ・キックボクサーによく見られるスタイルになります。というより 髪型をきめこまかく注文する現地語に不慣れが 最大の理由。このスタイルで 困ることは メガネをしているので バリカンで短く刈り上げられた両サイドを メガネのツルが 皮膚を刺激して 痒くなることでしょうか。ヒゲソリでは さすが 日本の蒸しタオルという制度?が無いため 生のまま ジョリジョリやられまして 後で ヒリヒリ。マッサージは さすが本場と 妙に感心。例の回転イスは 田舎では めったに見られません。明日 日本の床屋に久し振りに 行かなければ なりません。タイ式スタイルを 「きめ細かく」 注文します。
散 髪
027 13/MAR/01 NHKの朝の連続ドラマ「おしん」が 日本での放送終了直後の 1984年に タイ語の吹替えで放映され タイ全国で大変な人気を集めた。おしんの声を演じたタイ女優の言。
”それまでは日本のことを何も知らなかった。日本人と言えば他人のことを考えないエゴイストだという印象だった。それがあのドラマの後 ああ、この人たちも こんなに苦労してきたのかって 日本人を理解しょうとするタイ人が 実際に増えた。”  
貧困がいっぱいあるタイ人の暮しと 苦しい日々を耐え けなげに成長していく「おしん」の人生が 自分のこととして 共鳴したのだろう。 ((そうなんだ 暗いと不平を言うよりも すすんで 灯かりを点けましょう。。? 部外者注))
カンティア(10)
026 13/MAR/01 「日本人ごっこ」の著者:吉岡 忍氏が バンコクの屋台で見つけたミュージックテープ。
歌詞には、
”セイコーで起きて/ライオンで歯を磨き/シャンプーは花王フェザー/仕事に行くときはホンダに乗って/扇風機は東芝/ポットはナショナル/お買い物は大丸でして/おしゃれな服はタイ東レ・・、ワコール/ソニー/サンヨー/富士フィルム・・・”  日本企業と製品が次々と...
最後のオチは、
”だけど気になって鏡に聞いた/ワタシはタイ人ですか?/ワタシはタイ人ですか?”
カンティア(9)
025 08/MAR/01 「どうすればよかった?」 カンティアは 
「私が威張って言えばよかったの。”だから タイは駄目なの、タイ人は一生懸命働いていない、日本を見習え”って 強く言えば言うほど 私のことをみんなが信用するの。その通りって。そのことがだんだんわかってきたんだ」
「みんなね ほんとうにそう思っているんだもの。タイ人が作ったものは駄目で 外国製品がいいと思っている。タイは力がなくて 日本のほうがいいんだって。みんなタイ人なのに タイのことを馬鹿にしているみたいだったよ」 (続く)
カンティア(8)
024 07/MAR/01  去年の今頃は何をしていたのかを 思い出すと 1年というのは本当に早いものと感じます。
バンコク空港での両替際 窓口で 筆跡が違うとサインしてしまったT/C両替拒否され バンコク市内銀行でなんとか交渉して両替に成功し ミャンマー・ヤンゴン行きの航空券を4,000バーツでゲットした後 直ちに ヤンゴンあて出発。今頃は シャン州南部のタウンジー行きバスの切符手配に走り回っていた頃です。
 そして タウンジーの食堂で意気投合した元学校教師、牧師と 彼らの自宅でミャンマージンのミリンダ割りで 現政府批判の大声を聞くことに。その後 深夜に軍事上の重要場所として厳戒警備の山に 全員で上り(勿論 一応は衛兵には伝えて) タウンジーの町の素敵な夜景を見る(さすが 写真は遠慮しました) まず経験できないことにも。一つ一つの出会いが 鮮明に思い浮かびます。
去年の今日
023 21/FEB/01  テレビで流行りの「必殺料理人」「鉄人」。この方達は 一般庶民が良く目にする どこにでもある素材・材料・調味料を組み合わせている訳で とてつもなく珍しい家伝秘宝の材料は使用していません。
 中野陸軍学校の大秀才で一貫して諜報部門に従事し 戦後シベリア抑留生活から帰還し 伊藤忠商事に勤めた(小説のモデルにも)方にお会いした時 「情報とは何ですか?」と質問すると 「XXX君ね。情報というのは 誰も知らない情報というのは 無いんだよ。あとで何かあった時 そんなことは知っていたよという経営者が多いよ。 といって 誰でも知っている場合は情報ではなく それは常識になるんだが」 「情報力とは 回りにある情報の価値を生かせる力だよ」と。
 一見 脈絡が無い様に思える 断片的な動きを 感性で組みたてる力 これが情報力と彼は言うのです。新聞の国際面の ほんの数行の小さい記事でも 凄まじい価値を持っている場合も あるとのこと。同じ素材・材料を使用しても 味に雲泥の差がでる 何か 料理人みたいです。

 小さい国とはいえ やみくもに歩き回る金と暇もなく ほんの小さい情報を組み立てて 布との出会いを求めて旅を続けています。観光土産屋に毛の生えた業者が 能書きを付けて 外人相手に「卸売」しているアジアン雑貨布には 全く興味が無く まず自分で体得・納得しないと部下に申し訳無いと思う元サラリーマン管理職の性が ついつい。
情 報
022 18/FEB/01  あるドアに 「Staff Only」 、そして「関係者以外立入禁止」。これを見て その国の 行動の拠って立つ思想が分かりそう。タイのお坊さんは 様々な 数多くの「戒」を いかに 得徳しているかが 尊敬の基準のようです。
 仏教の「戒」は "Do not"=「するべからず」が基本。キリスト教は"Do"=「するべし」が原点?  仏教国のアジア人は "Do not"を優先して「謙虚」が美徳?   これが 結構 アジアを旅する白人と現地人の間に 摩擦が生じ易い要因かとも。「Japanese Smile」も これが源とも?  
 タイは「微笑みの国」というのがキャッチフレーズですが これも "Do not"から 発しているとも 思います。"Do not"を逸脱していなければ "Do"は趣味の問題であり 一歩下がって 争ってもセンないことで 微笑むしか ないよ。「マイ ペーン ラーイ」。そんな応対に思えます。
 
  これがクセもので "Do"派は 次から次へと とりあえずダメで元々と思って まず自分としての"Do"を突きつけます。旅していますと こんな場面に 数多く 遭遇します。サラリーマン社会でも "Do not"派と "Do"派を 見かけませんか?  意外と"Do not"派が ワリを食っている場面を。
 私が タイ・ラオスが好きなのは "Do not"派が 大半だからですが。「"Do not"派は損する」 それを一回体験すると 次は どうする。まず とりあえず"Do"から 始めるのを処世術と している方が 日本も多く なりましたね。
 良く言えば「自己主張」の目覚め。タイでも 最近 多く なってきた ような。卑近で言えば 「世間相場以上は いけない」が ダメで元々であり「まず この値段を出して見る」 そんな輩が 多く なってきた ような。最近 トミに。ラオスの 観光地でも。   ....合掌。
「DO」&「DO NOT」
021 12/FEB/01  一人旅をしますと 色々な究極?の選択に遭遇することがあります。その時 自分で受け入れて解決するのか 現地の方に支援を求めるか 判断の分かれ道になる場面が 少なからずあります。

 ガイド、現地旅行代理店をbackに仲良くなれば気楽でしょうが 気楽の代償(金銭だけでなく)も大きくて。頼り過ぎれば「いい加減にせよ」との現地人からのご批判も当然でしょうし 頑なに 自分だけで解決しょうとすると 自分を追い込み 結果的に 現地の方に大変なご迷惑を掛けることになりかねませんし。 「頼り上手」、「負け上手」という言葉を 心の中で 常に 反問することになります。 どの TPOで 「じぶん」と「まわり」 どちらで解決するのか。

 これは 会社、学校、世間、友達、家族等 旅だけではなく 色々な場面で 遭遇してきています。これは 何度も失敗して 反省して 自分を厭になって そこから 旅の中で生身で覚えていくものと。「厄介者」「お荷物」、「気楽者」とはなりたくないと自問しつつ この 問題は 一人旅の永遠のテーマかも 知れないと 思っています。もっと 「うまくやれ」を自問しつつ。
上 手
 
020 11/FEB/01 1 ミャンマーの場合
 1=「ティッ」、2=「フニッ」、10=「タッ・セー」、20=「フナッ・セー」
2 インドネシアの場合
 1=「サトゥ」、2=「ドゥワ」、10=「ス・プルー」、20=「ドゥワ・プルー」
3 フィリピンの場合
 1=「イサ」、2=「ダラワ」、10=「サ・ンプー」、20=「ダラワ・ンプー」
4 ラオスの場合
 1=「ヌン」、2=「ソン」、10=「シップ」、20=「サーウ
5 韓国の場合
 1=「イル」、2=「イ」、10=「シッ(プ)」、20=「イーシッ(プ)」
6 タイの場合
 1=「ヌン」、2=「ソン」、10=「シップ」、20=「イーシップ
 東南アジア田舎一人旅の場合 最低でも その国の言葉を ナチュラルスピードで 「数字」が聞けて 話せないと 極めて不自由です。中途半端な英語で 「15」と「50」を聞き間違えるよりはマシです。それと 英語onlyの旅行者は「ボラれる」「カモられる」のターゲットとなる確率が高い のが経験則。

 ラオス、タイの場合 日本語での20=「に」+「じゅう」という単純式ではなく 言語学的、音声学的には分かりませんが 想像もつかない大転換の発音となります。でも この音を聞くと タイ、ラオスを旅しているという実感に浸ります。このHPのスタートページの最上段右側にある表札画像は 「20」をタイ語表記したものです。左部はアラビア数字ではなく タイ数字です。(ラオス数字もあり タイ数字と一部似て 一部違う)。「イーシップ」は 私の 好きなタイ語の一つです。韓国語と なぜか似ているのが不思議。
弐拾
019 08/FEB/01  今 国会代表質問の場で議論されている話題は 詰まるところ 「滅私奉公」と「公私混同」間の 距離の置き方に起因するのではと。
 民間会社でも これまで 公私混同する上司は 非難の的だったのですが 現代の ウスペラでファジーな人間関係社会では 公私混同も 潤滑油として重要とも。

 営業で エゲツなくやれば"癒着"、徹底排除すれば"お固い"、中途半端にやれば"セコイ"。人事で エゲツなくやれば"セクハラ"、徹底排除すれば"非情・冷淡"、中途半端にやれば"エコヒイキ"。 「公私混同」をスマートにやれる才能も リーダーに要求される資質 なとど 会社組織・サラリーマン世界から 距離を置いて見て 何となく 感じるこの頃です。私は 無才でした。
公私混同
018 07/FEB/01  タイ・チェンマイ、インドネシア・バリ、ラオス・ヴィエンチャン、ルアンプラバン等の 外人観光客用に 市場、ショップで 良く 「古布」と称する布・織物を見かけます。
 が 本当に価値ある「古布」は 既に その筋のプロの方々に 収集され尽くされていると 思われ 「ただ 古いだけの布」か あるいは 「手荒に扱われただけの布」が ほとんど。 もし 本当の古布が あったとすれば 引く手数多で 凄まじく高い値段が付き 素人には手が出ない 目に触れない。 と 思っています。 

 インドネシアのバリで ある白人が 日本人の素人コレクターが 闇雲に 手を出し 値段を吊り上げていると 強い剣幕で 批判していました。私は 古布には 手を出しません。伝統を踏まえた 技術・技法が 今に継承されている布だけです。
 この前 タイ・チェンマイの 外人観光客用の織物屋が並ぶ通りの ある店で ラオスの浮文織布を冷やかしに見ていたところ 値段が 6,000バーツ弱とのこと。 織りが稚拙なので とても古布の価値はないと申し出たところ そうこうして 結果的に 300バーツ弱にディスカウントするよと。アレ アレ。買いませんでしたが。
古 布
017 07/FEB/01 著者の 吉岡 忍氏は 事件後のカンティアを 探し出した。
今は無くなった(?) ラチャダム通りの"The Mall Dept."の地下ブティックで働くカンテイアは 言った。
「日本からきたの? ほんとに日本から?」 「わぁーっ、日本から?」
「日本人とこうやって話すの、私、はじめてなんだ」
「日本人になりたかったの。あるときバスに乗っていたらね 急に止まっちゃったことがあったの。窓からみていたら 国旗を立てた黒い大きな自動車がすごいスピードで飛ばして行ったの。周りの人が "あれは日本大使の車だよ"と言っていたわ。日本人になりたいって 突然 そう思ったの」
「英語だとでたらめをしゃべると すぐにばれるけど タイ人で日本語がわかる人はあまりいない」
「どうすれば だませるかが だんだんわかってきたの。簡単だったよ」            (続く)
カンティア(7)
016 03/FEB/01   去年は タイ地元の人達と 観光客用ガイドブックには絶対に紹介されない 地元の信仰心厚い人だけが訪れる 仏教の霊山・名刹を訪れる機会が多かった。というより こちらからお願いして 連れて行っていただいた というのが正しいが。12人乗りのマイクロバスを 一日チャーターしても オール込みで 1,500バーツ(4,000円)程度。泊まる・寝るだけと思っている宿には 250バーツでも凄まじく高いと避ける人間が 2〜3時間程度で 1,000バーツを狙う 高級ホテル前・観光地にたむろするボッタクリタクシーに使うくらいならば 有効な使い道と考えて 1,500バーツ全額を当方負担で 手配します。
 ある時 近所の方々とも一緒に チャイヤプゥーン(Chaiyapum)県にある 急な参道を登って ワット・タム・ウゥア・デーン(Wat Tham Wua Daeng) に行った時 今思えば その寺の最高僧だったのですが 長い数珠を 私の首に掛けてくれました。珍しい物なので 一瞬 観光客になり ジロジロ・ベタベタやってしまいました。 一緒に居たタイ人の 恐ろしい視線を感じました。
  霊験アラタな代物ですから タイ人と言えども まず経験できないらしく 私の扱い方が 末恐ろしいことをしている なんか そんな雰囲気を感じました。帰ってから たっぷり 受け取り方 返し方を 仕込まれることに。

 そして 挙句に 私は そもそも「ありがとう」の言葉が 少なすぎるとの 強い批判も受けることに。確かに 態度と顔の表情だけで 「ありがとう」の気持ちを伝えることに 慣れ親しんできた 私は 多分 日本人全体にも言えることでは? 。 タイ人の「コープクン」(ありがとう)と まず 言葉で感謝を伝える態度は 見習はなければと。ついつい 夫婦間でも 無言の感謝だけで通す訳には いかない  か !!!
名刹
015 22/JAN/01  色々な町を回って歩いていると  色々な人に出会い 色々な行動・言動に遭遇します。
その時 いつも 悩まされるのは それが "nation-ality" なのか "person-ality" なのか ???
今回も 悩まされ続けられました。 そういうものだと理解すべきなのか あるいは 違うと 指摘すべきか。

 ドイツ人、アメリカ人、インド人、フランス人、スペイン人、イスラエル人、スイス人、カナダ人、韓国人、台湾人、中国・上海人 ・・・  そして日本人とも。  多分 現地人も 色々な見方をしていると 思います。ただ ガイドブックを振りかざして 単なる旅行者=通りすがり passer-byと 思っている方々は nation ではなく personという 方程式が 当てはまると 感じる この頃ですが。person 旅人は 時に selfish丸だし に。現地人にして見れば invader としか 映らないような。 
-ality
014 19/DEC/00  私は タイに関心を持ち始めた10年前から タイに関するテレビ番組を コマメニ録画している。番組表で「タイ」と見つけたら すぐ予約。でも「鯛(タイ)料理」だったことも。ハハハ・・・ 150時間程度になるだろうか。

 その中で タイ・北部の村で タイの子供の教育に自費で取組む日本女性の番組がある。貧しいがために 勉強の機会がなく あげく都会に売られていくタイの子供たちをなんとか と思い 寄宿舎を建て 食事・学用品を用意し 学校に行かせる。そんな奮闘のドキュメント。
 番組の最後に語る この女性の言葉 「タイの子供はもう大丈夫。いま 日本の子供が危ない」と。妙に 頭に焼き付いている。
録画テープ
013 19/DEC/00 カンティアは 視察・歓迎パーティー後に 周辺の人から印象・感想を求められた。
・・いちばん印象が強かったのは あなたの家族の生活だった。夕食を作るのもみんなでやるし 食べるときもいろいろ話している。みんなが助け合って 楽しく生きていることがよくわかった。
。。。そんなものかな と思ったんです。日本は物質的に豊だけれど 家族や人間の関係はあんがい冷たくて 生活しにくいのかしらってね。。。
カンティア(6)
012 19/DEC/00 騙された タイ・バンコクのエリート大学の学生談。
・・日本が経済的に進んだ国だっていうことは みんな知ってる。街には日本の商品・広告があふれ バンコクには日本人のビジネスマン、観光客がたくさんいる。しかし ぼくらには日本人の知り合いが一人もいなかった。日本のこともたいして知らない。
・・カンティアに カンボジア大使の娘だとか インド大使の娘って言われたら きっとぼくらはたいした関心を持たなかったと思う。関心を示さなければ だまされることもなかったわけですからね。それはやっぱり日本だからですよ。
カンティア(5)
011 19/DEC/00 カンティアが パトカーに先導された田舎の 学校の校長先生の談。
・・親たちは、9割近く農業で貧しく 一ヶ月2,000バーツ(6,000円)程度の収入があれば上等の部類。教材購入の寄付を募っても 一家で2バーツを出すのが精一杯。
・・高校へ進学するのは 卒業生のほぼ1割、ほとんど公務員や商売をやっている家の子供たち。さらに大学に進学するのは ひとりかふたり。
・・日本人は一生懸命働いて豊かに見えるよ。だけど タイ人だって よく働いているよ。けっして怠け者じゃない。しかし 生活は苦しいまま。
・・貧しいから不幸だ と言ったら このあたりの農民はみんな不幸になってしまう。それは間違いだよ。でも あんまり不幸には見えないけど 貧しいままでいいとは言えない。
カンティア(4)
 
010 17/DEC/00   英語「How much ? 」、タイ語「タウ・ライ」、ラオ語「タウ・ダイ」、ミャンマー語「ベ・ラウッレー」、インドネシァ語「ブラパ」、朝鮮語「オルマイニムカ」、カンボジア語「タライ・ポヌマーン」、ベトナム語「バウ・ニュー」、フィリピン語「マダカノ・ポー」
"How much is this, I  or you ? "
・・・「会社本位制」、「禁本位制」、「滅私本位制」、「上司本位制」、「出世本位制」、「自己本位制」、「鏡本位制」、「瞬間勝負本位制」、「恋人本位制」、「doll 本位制」、「妻本位制」、「子供本位制」、「孫本位制」、「親本位制」、「家族本位制」、「唯我独尊本位制」  そして それは 「固定相場制」、「変動相場制」
どれも 人生通貨制だけど 何かに based on しているよね。
でも 点数・偏差値は後 人間が先。それぞれ・・・
いくらですか
009 12/DEC/00   ラオスでは出会っていないが ミャンマーでも タイでもギターを弾く若者が多い。私はクラシックギターを長年触っている(今も右手の爪は手入れしている・30年前に15万円で購入したオーダーメイドのギターが健在)ので このギターが親しくなるキッカケとなっている。
といっても 若者は俗に言うスチール弦のフォークギターだが。チュニングが低くなっているので 特に女性が入って歌うと窮屈なので 弦を張り 絶対音に上げようとすると エライけんまくで止められた。弦は高価であり 強く張ると寿命が短くなると思っている。タイではヤマハ製弦6本1セットが220バーツ(660円)だが 1食5バーツのインスタントのタイ麺(ヤムヤムジャンボー)で空腹を満たしている若者には手が出ない代物。ミャンマーでも同じ経験をした。
 それではと ある時 キーを上げる 300バーツもする「カポタスト」をプレゼントして 使い方を教えてあげると 大変親しくなり その若者とは今も交流している。芸は身を助く などと 不遜なことを。
ギター
008 12/DEC/00  今 日本で公開されている映画「コヨーテ・アグリー」を先月の下旬に タイ東部都市・スゥリンで見た。文字どおりの「見た」。タイ語の吹替えで 英語の字幕スーパーも無く セリフはほとんど理解不能。12時と7時の昼夜2回の上映で 入場料は40バーツ(120円)。夜の上映を楽しんだが 観客は10人ほど。タイもテレビの普及で映画館は苦戦なのか?。
 9月にも タイ東北部都市・サコーンナコーンでも映画(コミック)を見たが これもタイ語吹替えのみで 回りは全員が大声をあげて笑っていたが 私は笑うタイミングがツーテンポもづれていた。6年前にも メコン川沿いの東北部都市・ナコーンパノムでも映画を見たが これは言葉を覚える前の原始人の物語だったので セリフはなかったので現地人と同レベルで楽しめたが・・・。

 タイでは 映画上映に先だって国王一家の映像と国歌が流れ その際に観客は全員起立して敬意を表する。また 座席は最後列から埋まっていく。6年前に 起立しないと不敬罪にもなると話しは聞いていたが 迂闊にも「おや」と思いつつ 見とれていたが 私は近眼なので前列に座席を確保して前の列には観客がいなかったが 後の熱い視線を感じて あわてて起立した。
ただし 今回のスゥリンでは起立行動は見られなかった。ただし サコーンナコーンでは全員起立していた。
徐々に 色々な変化が現れているのだろうか ???
映画
007 10/DEC/00 09/DEC/00 朝日新聞夕刊 5面 「ウィークエンド経済」  "中高年はいま 海外を目指す" からの抜粋
・・・北海道に生まれ、工業高校を出た後、京都の洋服デザイン会社に就職した58才が 「まだ体力、気力のあるうちに」と 60才定年前に会社を退職し 手工芸品の市場開拓を支援する JICA(国際協力事業団)派遣のボランティアとして ラオスに出発した。
・・・ラオスは山岳地帯に少数民族が多く、独特な生活用具や衣装がよく知られている。「その輸出を手伝いたい」というのが目標。
・・・旅費と滞在費が補給され 任期は2年。日本の家はそのままにして、奥さんと二人で旅立った。
       /// 2年後の身の振り方に期待しましょう。頑張って。
色々な選択
005 07/DEC/00 パトカーに先導された田舎で カンティアへの 中学校の男子生徒の質問
・・・ ユウコは 10歳の時に もう大学を卒業したと言ったので 「どうしたら あなたのように勉強できるようになりますか ?」
・・・ 「一日24時間の予定表を作りなさい。まず寝る時間の8時間を引く あとの16時間に何をするのかを考えなさい。学校へ行く時間 家の手伝いをする時間 食事の時間 これを決めて 残った時間に 各科目の時間を割り振る。こういうふうにきちんと予定を立てて その通りに実行することです。日本では 大人も子供も みんな そうしている。タイ人のいちばんいけないところは ずるずる遊んだり おしゃべりしたり 時間を無駄にするところだ」
・・・ 「日本人を見るのは初めてだった。ボクは すごい人だなあ と 思った」  (続)
カンティア(3)
004 05/DEC/00 取り調べ時 カンティアの告白
「小さい時 父は 銃で撃たれて死亡した。家族は母を含めて4人。家は貧しかった。バンコクに働きに出た姉を頼って出てきた。姉は見つからなかった」
「みんなにに聞くと テレビもラジオも乾電池も車も デパートで売っている商品も いいものは全部日本の会社が作ったもの と知った」
「ある時 誰かが冗談で "おまえは 色が白いから 日本人みたいに見える"と言った」
「そのとき 日本人になりたい と思った。日本人になれば みんなが 大事にしてくれそうな気がした」 (続)
カンティア(2)
003 04/NOV/00   現在のビルマ政府は、英語呼称を、従来の「Burma」ではなく「Myanmar」に変えました。理由は、ひとつは、ビルマ語自体には、「ビルマ」に相当する呼称として"bama"という文字と"myama"文字の二つがありますが どちらの発音も 英語の「Burma」とは かけ離れている もうひとつは "bama"は特定民族の「ビルマ」民族だけを指すのに対して "myama"のほうが多民族国家ビルマの名称としてふさわしいということです。

  しかし、ビルマ語の"bama"と"myama"には "bama"が口語的で "myama"が文語的程度の差しかなく、どちらも 狭義のビルマ民族を指す呼称には違いありません。「Myanmar」が 多民族国家の名称として ふさわしいという 現政府の変更理由は 意図的なものを感じます。、、、、という ことです。
Burma/Myanmar
002 02/NOV/00     タイ北部・チエンライ県の寒村・ルアン出身の ほんの片言の日本語しか話せない 12歳の女の子・カンティアが バンコクで 「私はユウコという名で 日本大使の娘」となりすまして 百日間ほど タイ・エリート大学生相手に 騙しつづけた事件が実際に起きた。極めつけは 田舎でパトカーに先導され 視察・歓迎パーティーが開かれた。。 冷静に振り返れば 誰が見たって 不可思議なことばかりなのに、、、だいの大人が WHY?
  右の本は その子と騙された人を追跡したドキュメンタリーです。「ユウコ」という名前は NHK「おしん」を演じた女優名を借用して。(続) 
本img
カンティア(1)
001 25/OCT/00    ヴィエンチャン・タイムス新聞のHPによれば 10月19日木曜日 ラオスの北東部・サムヌア町の20km手前で ラオス航空の飛行機が墜落し インド人3人を含む8人が死亡し 外人2人を含む9人が重傷とのこと。多分 満席だったと思います。
  元々 サムヌアの飛行場は 軍用飛行場だったようで 離着陸に障害となる大きな山に囲まれた敵には見えにくい悪立地を敢えて選んでおり しかも未だにレーダー設備が全くなく 有視界飛行で 離着陸はパイロット頼み。
  が 近くは霧が常時発生し まして 使用機材も空軍の払い下げで(中国製旅客機が事実) 乗客を乗せて滑走路に向かう途中にエンストを起こす程老朽化しており 余程 切羽つまった状況でないと ラオス人も敬遠するそうだ。 運賃は割高の外人特別料金。フライトスケジュールも 全く当てにならず 飛べば luckyの世界。
  確かに 滑走路には牛の糞が満ち溢れており(当然 離着陸時はエンジン音で逃げる? のだろうが/飛行機と牛の衝突事故など考えたくもない) 現地人乗客の多くが座席で念仏を飛行中始終唱え 飛行中も機内に霧が充満してくるし 非常口の外枠は取り付けが緩んで飛行中ガタガタ音を立て 隙間から外界が見え いつ外れても。
ニュージーランドのツアーセスナが墜落するのとは 確率が違うか。 が 旅行者には 時間の節約が優先され 私は 何度となく 乗っていた。 
  今後も 事故発生は 私が天皇賞を当てるのと同じ確率と信じて 乗り続ける と思う。。。 
ヴィエンチャン・タイムス http://www.vientianetimes.com/Headlines.html 
墜落

もどる