不定期に追加していますので
「更新」ボタンをClickの上ご覧下さい
最新Noは 307  過去ログ (#001〜049)は こちら、(050〜099)は こちら 、 (100〜149)は こちら 、 (150〜#199)は こちら、 (200〜#249)は こちら
(250〜#299)は こちら  をご覧下さい。
(ひとり旅)危険  ビール  カンティア  (リーダー心得)死の彷徨 は テーマ別アーカイブがあります。 


307 28/MAY/09 カ たるな
 マ けるな
  タ よるな
   ニ げるな
    シ らけるな
     グ ちるな
       チ らかすな

                       先人 から の 教訓 です。
蒲田西口
306 26/MAY/09  民族、国家(軍治) ・ と ・ 言語 文字(生活文化)の 関係 を 真剣に 意識 させられて しまう 書籍に 出会いました。

 ラオス旅行で使う言葉は、 ”タイ語で 充分 通用します。似ていますから”  が とおり相場の模様です。 ラオスでのテレビは 諸事情から、娯楽番組的には 日々 常時 BS/タイ語物を聞いている ので ラオス人は タイ語を 聞き取れる から だ と。 確かに 現実は まったく その とおり なの ですが。 

 しかし、 タイ語での ローンレーム が なぜ ラオス語では r → h  で ホーンヘーム なのだろう ? とか。 タイ語に較べて 文字数が 少ないのは 優 なの 劣 なの 遅れた言語な の ? とか。 
 その昔、ラオスで 国境という物理的独立に加えて 近隣国と 国民としての 言語的独立を どう 確保するのかについて、議論されていた。
 《 ぺー 》 は タイ語では 「負ける」 でも ラオス語では 「勝つ」と 正反対となっている。

 スペイン ポルトガル言葉に同化 した 中南米諸国、  フランス言葉を残す アフリカ、 英語を残す オーストラリア、 表音のため ローマ字を受け入れるフィリピン、インドネシア 等々 宗教家・白人征服者 からの 圧力を 無造作に 受け容れる ことも 一案としつつ でも 国民語として ラオス語を 確立させたい 集団が いた。 アジアの ほんの とるに足らない 少人口の 国でも 言葉だけでも 民族の自立を 持続したいと 動いた 時 が あった ことを 感じさせられます。

 タイ語で 「東北地方」を 表明する 「イサーン」 との言語は 「東+北+地方」合成ではなく 異質です。 何故か 長すぎるということから、古代 パーリ語・サンスクリット語起源を使い 文字には 音韻を残すために 特殊な形を 用いた。 でも ラーオ語・文字では 形だけの 文字は 避けた。 だから 文字数は タイ語よりは 少ない。 そんな すごい ことを おしえて もらえる 本 です。

 国民語が「つくられる」 とき ラオスの言語ナショナリズムとタイ語  矢野順子著  風響社 (2008年11月発行)。 800円の価値は充分と思います。
言葉 が 独立
305 23/DEC/08  「権謀は無策に劣る。 巧詐は拙誠にしかず」 「虚心坦懐、光風霽月、是を是とし、非を非とせよ」
 「部下に威張るな、部下の機嫌をとるな。至誠一貫、正々堂々」

 「寡黙重厚。従容自若。眼眸厳正。挙止端正」
 「その労するところを知り、よく、これをねぎらえ」 「みだりに難きを責むるな。ただし、泣いて責むべき場合あり」 
 「広く意見を徴すべし。部下の話は熱心に聞け」 
 「知らざることは、あくまで知らずとなせ」 「少なく言い、多く行え」 「自分一人にて事をするな。任せて人を使え」
 「部下の人事に熱心になれ。人の世話はよくしてやれ」
 
 「よく休ませ得る者は、よく働かせる得るものなり」 「人のことをわがこと程に思え」 
 「努めて失意逆境にある人をひきたてよ」 

 「己に薄く、人にあつく、己に厳に、人に寛なれ」
愚直
304 16/JAN/08  日本航空 の、ロシア・モスクワへの 乗入空港が 07/12/14 から ドモジェドボ空港(domodedovo DME) へ 変わった のですが。

 モスクワ市内から ドモジェドボ空港までは、 地下鉄 5号線 の「パブェレツカヤ」(バベルツカヤ)の 目の前にある (地下道直結・格安御土産購入OK) 駅から 空港まで 150ルーブルで 直行する { 混んでは いない } エアロトレイン エアロトランスポート 列車が便利でした。 注意するのは、 車内で 必ず 係官による 検札があり、また ドモヂェドボ空港駅に 到着して 出る時には、バー・コードが印字されている キップを 機械に 読み込ませる 必要がありますので、必ず 駅を出る まで 切符 を 確保 しておか ざる 得ません でした。

入場すれば 出る時は フリーの 地下鉄の切符と 同じには この切符は 扱え ません。  です。 
モスクワ
303 22/MAR/07  私としては 「シマウマ」が 日本の動物園以外の どこに 棲息しているのかについては とんと 知らないのですが。

 少なくとも アジアの地域においては、生活の中で 「シマウマ」を 身近な動物として 慣れ親しんでいる レベルでは ないとは 思っています。
 その 「シマウマ」が アジアの 歩道のある場所に セメント・モニュメントと として 見つけた 場合には、どのような 反応を 示すべき なの でしょう か。
   えーっ。 「象」ではないの ?  歩道に設置する動物モニュメント と しては、たぶん 子供に 素直に受け入れられる 対象が 優先的に 選択される ハズ なのだ が。 ここは タイ国 だよ。 えっ え-- っ。 

 タイの 東北部、ウボン・ラチャタニー  ワーリンでの出会い でした。 「シマウマ」さんが あちこちの歩道に 鎮座 して おりました。 へーーっ。 タイ国でも この地方は 「シマウマ」に 相当 興味が ある のだ !   でも 「キリン」でなく 「ライオン」でなく 「とら」でなく どうして 「シマウマ」とは ?  どのような経緯、事情 なのだろう ????  

 横断歩道を タイ語で なんと 言うのか は 教えて もらっては いましたが、その 意味が かなり 後で やっと 理解 できました。

 タイ語での 横断歩道・・・ 「ターン・マーラーイ」。  「マーラーイ」の 意味は 「シマウマ」 !  道路に しましま 模様 が ある 場所 その 地点 には 「しまうま」さんの モニュメントが ふさわしい ! !  なっとく。 でも 横断歩道を タイでは 誰が いつから シマウマの道 としたの だろう ?   

 まぁ タイ・バンコクの 交通事情を想像してみれば 確かに 横断「歩道」 など という 概念が その必要性が 認知されたと すれば、その時代には 間違いなく 「シマウマ」の姿が もはや タイには移入 されていたの かも。 横断歩道 よりは シマウマ さんが 先に タイ語・バンコク に 到着していた。。。  
シマウマ
302 05/MAR/07  アジアの現地では 極力 現地の言葉で 会話をする・意思を伝える ことに TRY することにしていますが。
 そのことが あらぬ トラブルを 生むことが あります。 仮に 相手が 英語を 使えることに 相応の自信を 持っている 方に対しては です。 

 ゲストハウスの フロントには 欧米人宿泊客を相手として 現地語ではなく それなりに プライドを持って それなりの 語学力を 発揮している方も います。 と 言っても 私は 出来る限り 現地語で 用件を 伝える 努力を します。 それが フロントの方には 大変な 無礼と 受け止められることも ある ようです。 「私は 英語を 話します。 あなたは 英語も 話せないのですか。 だから 日本人 は」 と 蔑んだ フロントからの目線を たっぷりと いただくことが あります。

 タイ・ラオス国境の ノンカーイのG/Hの フロントでの ことでした。私としては 丁寧な タイ語で 空き室の有無と値段を尋ねたのですが、いきなり 英語で あなたは英語が できないのですか と 応じられました。
 あらあら タイ国では 英語ではなく タイ語 で すべてを TRY したい と 私は 思っているので と タイ語で なんとか 応じました。 でも フロントの彼女は 癖のある アメリカ語で どうせ 日本人は 英語も まともに 話さないと きました。 きれました。

 よくよく 話せば、どこかのネオン街で 覚えた 片言の タイ語を 話す 変な 日本人オヤジの部類と 同一視された みたい です。 でもね そんな オヤジ人種は 日本人だけでは ナイ ヨ。。 そんな人種は 生まれつき 英語を 話している 部類にも いるの だ けど ね。
危険(116)
301 24/FEB/07  あちらこちらの国を旅しますと、どこかの国で アジアの 次の目的国にむかう ため オン・アライバルではなく 正式の「VISA」を 事前に 申請・取得する必要が生じる場面が 訪れます。
直接 大使館・領事館に出向いて 自分で 申請できるのであれば、危険は 無い のですが、大使館・領事館が 現地に存在しない場合は どこかの 取得代行ショップの お世話にならざるを得ない ことも 多々 です。

 どのような状況であっても、パスポートの現物を 預ける ことは 必須と なります。 もし その業者が 突然 明日 閉鎖と なっている 可能性も 否定は できません から。

 さて、さて です。 あちこち 顔を出して 出来る限り ビザ取得代行手数料が 少しでも 安くて 取得までの 日時の短い 代行ショップを 探すことになりますが、これが かなりのストレス・危険を 産み出します。
安い・早い イコール 悪徳業者とも 限りません。 たしかに その種の 代理店も 間違いなく 存在しますから。 店構え だけで 判断する ことも かなりの 危険を内包します。 悪徳業者にすれば どうせ 一見の外人・通りすがり客 相手に 短期間に限って 稼ぐ のは 詮も ないこと ですから。 そこまでとは 言わなくとも パスポート偽造グループと 直結している業者も ありますし。

 表通りの ビザ取得業者が 安心で、裏通りの業者は ウサンクサイ との 法則は 全く 成り立たないのです。 その逆も 成り立ちますし。 ゲストハウスに 依頼するのが 安全ではあるのですが、かなりの 高額な手数料を 上乗せするのが 通り相場ですし。

 そのショップの前に立ち 瞬間に 人を見る 店を見る 雰囲気を見る 研ぎ澄まされた 才覚が 要求 されます。 迷った挙句 安い 早い だけで ババ を引く ことは 避けなければ。 
危険(115)
300 27/JUL/06 「私は アブルバンディの家に生まれたのだから、体に流れる血は、私が求めるとき、自然に私自身の指先に教えてくれると。気にそまない仕事をしていても、いつかは必ず真のマスターになれると。念願だった 自然染色のベルベットの絹絣の復興に取り組んでいる」 (季刊 銀花 127号)

ウズベグ語の「アブルバンディ」は 絣布、その語源は「雲の織物」を 表す。 水面に映った雲が光を受けて波紋となり、それが とても美しいので、つい 織りの先人は 瞬く間に 絣に 変えてしまった、、  それこそが アブルバンディの 始まりで あった と 伝えられる。

18世紀から19世紀には、オアシス都市は染織工芸の産地として発展してきた。 シルクロードの出発地点「西安」の 西門に立って、この先にある ウズベキスタンの 織物に 想いを 、、 いつか たっぷりと 時間を かけて、会いに いきたいものだ と。
ベルベットの絹絣
▲ このページの先頭へ
もどる