マットミーtitle
マットミーの背景へ

「Thai Silk」    by Jennifer Sharples
published  by Post Books, Bangkok Thailand   1994年版 

2 Collecting Silk Textiles (アンティーク・タイシルクについて)

 絹織物は タイでは 文化的な遺産として 重要な位置を占めています。単に 染め、織りの技術を研究するのに役立っているといことだけでなく これまでのタイ人の歩んで来た過程、習俗、生活スタイルを 多く語るという意味で です。
絹織物は その時々の時代において 富裕度・社会的地位を指し示す指標でした。綿織物は 庶民のものでしたが 良質の絹織物は 権力の象徴として 王族ご用達でした。

 その意味で 昔の絹織物(アンティーク・シルク)は 現代のものに比較して 上質で また 天然染めであることから 色彩の輝きも すばらしいものです。昔の絹織物(アンティーク・シルク)の着方と模様は 作られた地方によって 様々です。たとえば 中部地方でみられる物は 模様デザインには インドの影響が色濃くでていますし、 イサーンと称される東北地方では ラオスの影響が強く出ています。

 絹織物は 「衣食住」の衣として 日常的に着用するものであつたことから いまでも その形を残している絹織物は 大切に着用されていた物ということが判ります。また タイの雨季のジメジメした気候は 絹織物には大敵で その難から逃れるのも 生易しいものではありません。

 結果として アンティーク・シルクを見つけるのは かなり難しく、事実 国内外で収集されている 殆どのアンティーク・シルクは ここ 1、2世紀程度以前のものです。中国では お墓の中から 4000年も前の絹織物が 保存が良い状態で発掘されてはいますが。

 幸いなことに 絹織物に興味がある人、現物の風合いを見たい人達のために タイでは 数々の博物館で 織物が所蔵されています。バンコク国立博物館では アユタヤ時代以前の 絹織物・衣裳を所蔵しています。殆どのものは 王室で使用されていたもので それが故に きわめて上質の絹織物です。

 これ以外にも 東北地方独特の 格子柄模様のマツトミーとか、当時 インドがタイ国用として製作していた 金糸・銀糸を使ったサテンの紋織り(錦)布、王室用として特別にデザインされたイスラム文化模様の織物などが コレクションされています。タイの最高級ランクの品物を所蔵していますが 一般に 公開されることは めったに ありません。

 首都・バンコク以外では 県立博物館で その地方特有の織物を 数は多くはありませんが コレクションしています。北部地方の良質の織物を所蔵しているチェンマイ国立博物館、これ以外の ウボーン・ラチャタニー、ナーン、ラチャブゥリ、ロツプブゥリ、ナコーンスィータマラートの 各国立博物館も 訪れる価値のある場所です。

 コーンケーンにある国立博物館には この国の絹織物の真骨頂が見られます。良質のアンティーク・シルクが展示されているだけではなく 絹織物の製作に関連する道具とか絹織物関連の美術品なども展示されています。

 タイ国外の博物館にも 極上質のタイ絹織物美術品が所蔵されています。 スミソニアン大学の人類学部、ハーバード大学ピーボディ考古学民族学博物館、アメリカ自然史博物館、ワシントンテクスタイル博物館、ワシントン・シアトル大学博物館、オーストラリア国立芸術ギャラリーなどです。

 タイ国内に存在する極めて良質のアンティークシルクを買い求めようとする その道のプロ相手に バンコクには 数多くのアンティークショップがあります。 タイ織物専門のショップも いくつかあります。

 リバーシティ・ショッピングセンターとか オリエンタルプラザには トップクラスのショップが テナントで営業しています。 ただ これらの店では 極上のものは 店内には陳列されていず 織物の目利きができる・知識のある お客のみに 店の奥から持ち出してきて 見せることが 多いようです。

 掘り出し物を探すとか、値段の安いものは チャトチャックとか ウィークエンド・マーケツトの露店で 選ぶというより 偶然に見つかることもあるようです。見つかることは めったに無いでしょうが 根気よく 通いつめてみる 価値は ありそうです。

 パヤタイ通りとサイアム・スクゥエア通りの交差点にある プレイアーテクスタイル・ギャラリーには 地方からのコレクターが良く通っているそうです。オーナーのナパジャレ・スウァヌエンチャイ氏は 逸品のアンティーク織物を持っていますし アンティーク・シルクについての知識も いろいろ教えていただけると思います。

 今日では タイシルクのアンティークは 良質のものが見つかることは 奇跡に近いものとなっています。 タイ国内で 容易に手に入れられ そこそこ人気があって 想像以上に安価なのは カンボジア、ラオスから持ち込まれているものです。余程の知識が無ければ これらの隣国から持ち込まれているものとの区別は 難しいと思います。

 アンティークシルクを吟味する時には ショップの外に持ち出して 本当の色具合がわかり 保存状態も見極められる 太陽の自然光の下で 見ること です。

 タイのたくさんの人が いまでも 箪笥の中には 衣服として または アクセサリー用として アンティークの織物を持っています。ほんの小さなアンティーク布は 上着、ベスト、壁掛け、スカーフなど 現代風のデザインの中に 様々に 縫い込まれています。より大き目のアンティーク布は 巻きスカートの一部として 利用されています。ブラウスの上に掛けて使用されたサパーイと称する肩掛け布も まだ 見かけます。 これらは 日常茶飯に使われたもので 破れることもあって 荒っぽく繕いが施されているものが 多いです。

 アンティークシルクは 天井から吊り下げる、フレーム上に貼り付ける、アジア製銀製品のような美術品の背景として等 いろいろな方法で 展示されていると思います。厳しい年月を経て育まれた 精魂込めて織られる 手織りの妙のアンティークの絹織物を 収集すること そして 何十年も前に創作された模様の絶妙さを紹介することは 大変 価値のあることです。大切に取り扱えば 永遠に その絹織物は 生き続けます。

 アンティークシルクの取り扱いについて
* 色褪せ・カビを防ぐために 強い光とか 熱を避け 常に一定の温度で保存しましょう
* 埃、煙、タバコの匂いなど 布には有害な物質を避けるため 通気性の良い 乾燥した 蓋のついたケースに 入れて 保存しましょう。 決して 折り畳まないで 無漂白のティッシュペーパー、セロハン、モスリンを芯にして ロール状にしましょう。
* もし 壁に掛けるのであれば 紫外線を通さないガラスの入ったフレームにするか ほんの短い期間だけに 止めましょう。 蛍光灯も 太陽の光と同じく 布を 傷めます。
* オールドシルクを 陳列・展示する時には 細心の注意を払いましょう。 化学糊とか ちょっとした釘に引っかかって 傷をつけたり 布に穴を開けてしまうことも あります。 最も良い方法は たとえば 木製のボードに貼り付けることのできるマジックテープ状の紐のような しっかりした 支えに 注意深く 縫い付ける ことです。
* 定期的に カビとか シロアリの害を点検しましょう。 もし 被害が疑わしければ 専門家に相談しましょう。
* アンティーク織物の洗濯・修繕は 専門的なプロセスが不可欠なので その道のプロに お任せしましょう。 もし アンティーク織物が それなりに 丈夫な状態であれば 埃をブラシで優しく祓い落とし、より刺激の少ない洗剤を使い ぬるま湯で洗いましょう。 干す時は 平らに 置いた状態にしましょう。
 

マットミーの背景へ