マットミーtitle

タイ シリキット王妃
アジア織物伝統(工芸と産業) マットミーの振興について
 1992年(平成4年)1月30日 ”アジア織物伝統−工芸と産業”と題する博覧会のオープニングの際に チェンマイ大学のサーラー・タムで行われた タイ・シリキット王妃のスピーチを 日本語に置き換えました。 タイの 織物、マットミー、ハンディクラフトの真髄の一端を 垣間見ることができると思います。
用語使いには 精一杯 最大限 敬意を意図したつもりですが 至らぬ点 不敬な点、お気づきの点がございましたら 是非 ご指摘・ご指導を お願い申し上げます。
This address shows Her Majesty's interest in promoting local textiles and her mission in preserving and developing Thai textiles as a cultural heritage.
(Thai Textiles>>Threads of a Cultural Heritage, by Chiang Mai University 1996)

 私が タイ国内のハンディクラフトに係わりましたのは 農家の方達の貧しい現状を見るにつけ 何か生計を維持できる副収入が 見つからないものだろうか そんな思いからでした。


 国王陛下と一緒に 地方を訪れた何年かの間に 国民の最大多数は 本当に真摯に汗水を流して働きつつも 干ばつ、洪水、虫害などの災難に直面している 農家の方達なのだ ということを実感しました。 それなのに 農家のご家族の大多数は 貧困を余儀なくされておりました。


 何か起きた時に お手伝いするというだけでは その場凌ぎに過ぎず ほんの一瞬 彼らの困窮を緩和するだけなのです。


 国王陛下は 農家の方達が 自立できるような 継続した取組み方策を模索する必要があるねと 私に お話になりました。 お聞きしますところ 世界全体で見れば穀物不足の状態なのに ありがたいことに タイでは食糧は充分であり お米の主産国として輸出もできる状況を 思い起こし 私は 農家の方達に もっと 感謝すべきであり もっともっと関心が持たれて しかるべきだと思いました。


 国王陛下は 農業振興の主要施策である 治水灌漑、土壌改良のプロジェクトに 心底 ご尽力されております。 そのことに加えて 国王陛下は 農家の方達と家族が もっと豊さを享受できるよう尽力したいのだと 私に お話になりました。


 私は 農業に従事しているご家族の 健康、教育、住環境の実態を つぶさに知ることから 行動を 開始しました。 そこで 農家の方達は 先祖代々から 素晴らしいハンディクラフトの伝統を受け継いで来ているということを 知り得たのは 私にとって この上もない感激でした。


 その多くは タイ東北地方で絹織物を作るための蚕を育てる桑の木を栽培しているように 農家の方達の日々の生活に根差した中から 産まれておりました。


 これを見て 農家の皆さんの生活水準を改善するのには その方達自身が生まれながらに備わっている能力を引き出す そのことは 同時に その方達がしている仕事に 自信と誇りを 再認識させることにもつながる そんな思いから絹織物を助成促進することに 取り組み始めたのです。


 そして わたしは SUPPORT基金(副収入及びそれに関する技術を助成する基金)を 設立することにいたしました。


 このハンディクラフトを産み出される方々達は 生まれながらにしての 生来の 偉大な芸術家なのだということを 私はハッキリと申し沿えます。織物で言えば 古くからある 素晴らしい美しい模様のマットミーシルクを織ることもできますし 一方で 様々な色彩を駆使して 創作的な新しい模様を織り出すこともできるのです。 


 私は 農家の方達のやりがいを助長し それを助成するという 活動に止まらず この素晴らしい美しさを 世界の皆様にも 何等かの形で お見せする努力もと そんな思いをしております。


 以上で 私が タイの芸術、工芸をしっかり受け継ぎ 発展させる役割を 喜んで担うことに至ったかの お話を 終わります。



 タイのハンディクラフト 特にこの手織りの生地ですが タイ国民だけでなく 海外の人達にも 良く知られるようになった現状は 今後の活動に 強く勇気を与えます。


 もし 今 ここにお集まりの皆様が この織物の価値をしっかり認識して 守り 発展させていこうと 心を一つにされれば 次ぎの世代に タイ伝統文化の素晴らしい美しさを 脈々と伝えていくことにもなり それが私達の責任であると 信じます。