マットミーtitle
マットミーの背景へ
タイの 絹絣 = マットミーが 詳しく 解説されています。
(未定稿) マットミーをご理解いただくために 独善的発想で英語本を日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

「Thai Silk」    by Jennifer Sharples
published  by Post Books, Bangkok Thailand   1994年版 

 1 Magnificent Mudmee (素敵な織物 マットミー)

 タイ国東北地方の県には 何世紀にもわたって その手法が脈々と続いている素敵な織物があります。それは「マットミー(mudmee silk)」として知られています。英語ではイカット(ikat)と訳されます。

 ットミーの特徴は 一種独特な色合い、独創的なデザイン と 何とも言えない模様です。マットミーの伝統的な色は それぞれの地方で若干の差はありますが 基本的には 黒、赤、茶そして黄色です。マットミーは マシーンは使わず 人の手で織り上げますので 工業(生産)ではなく「工芸」の範疇に属しますので ひとつとして 同じ物はありません。 じっくり見ないと 一見 同じに見えますが 糸の状況 染めの状態 微妙に違う模様等 同じマットミーは存在しません。

 絹を生産する多くの国では 色々な手法で「かすり」(ikat)を織り上げています。 でも 染めの仕方と織りこむ模様が それぞれ違います。タイのマットミーは 多種多様な染めの過程を経て織り上げられます。 織ろうとする布の色と模様をイメージして そのイメージに沿って 糸を括り 染めていきます。

 経糸(たていと)か緯糸(よこいと)時には両方もありますが 糸の必要な部分だけを染め上げます。布の幅と同じ長さの木枠で糸を整経してから マットミーの模様を織るのに必要な本数の糸を ラックミーと呼ばれる木枠に張りを調節して取り付けます。

 そして バナナの乾いた葉あるいはビニール紐で一つ一つ糸を括っていきます。括った部分は染める時に染料が沁み込みません。しかし 染まった部分と染まなかった部分の際/境には 微妙な「にじみ」が出来ます。この括り作業で マットミーの模様ができます。括って染めた後 一旦 括りを解いて乾燥します。数種の色を使用する場合は 括って=染めて=乾燥する この作業を何回も繰り返します。この作業が完了すると 織りこんで行く糸の順序を保って糸枠に巻きつけます。ここでの失敗は全てを台無しにしてしまいます。

 ットミーの模様は 一般的には 自然界に由来しています。 何世代も受け継がれてきている花とか動物が織り込まれます。 でも 文献として残されなかったことから 昔は存在した多くの模様が今は消えてしまった物も数多くあります。 同じ色と模様で濃淡を変えることもありますが 色々な模様パターンを体で覚えています。 単純なものは三色か四色しか使いませんが 高級なものは八色か十色も使用します。

 マットミーの最も単純な模様は「雨模様」です。これは 緯糸 時には経糸もありますが 奇数本の糸を適当に括って染め上げれば 白い斑点が出来る物です。多くのマットミーは 直線、竹の葉、蛇、菱形などの模様を染め上げます。良く見られる模様は 形の大きさは様々ですが 布地一杯に並べられる「菱形模様」です。 スゥリンとかコーンケーン等のイサーン地方では 鳥とか 象・蜘蛛・亀・蝶々とかの動物模様を 布の一方の端に織り込めることを好みます。 スゥリンでは美しい象とか孔雀の模様が特に有名です。ウドンターニとかメコン川沿い周辺のいくつかの村では ラオスの影響も受けています。

 同じ模様パターンでも 使う色あるいは色の組み合わせを変えることで 全く別の模様パターンに見えるというのも マットミーの優れた特長の一つです。 強い光を照てて色々な角度からマットミーを見てみてください。マットミーの色合が微妙に 踊るように美しく変化するのが お分かりいただけると思います。

 皆さんは ットミーが タイ王室シリキット王妃と深く結び付いていることから「Queen's Silk」と呼ばれているのは ご存知と思います。 マットミーは ここ数十年間 外国製あるいは工業製品に押されて衰退し伝統が消えかかっていました。商業ベースの品物とは考えられず 誰もこの伝統に関心を示さなかったことから 自用または特殊な場合に使うものとして細々と いくつかの村で織られていただけの状況でした。

 シリキット王妃が 1970年にイサーンをご訪問した際に マットミーの模様と色の独特な美しさに感動されました。 そして あちこちの村を回って マットミーを織っている女性と会い 素敵なマットミーの古布を収集されました。良いマットミー古布は 王宮内でインテリア布として用いていることも公にしました。そして 特に素敵で商業ベースにのると思われたマットミーについて 各村の女性に 織りを復元することを要請しました。相応の値段で買い取ることも付け加えてです。

 王妃自身 沢山のマットミーを買い上げ やがて マットミーを王室ご用達の布とし 公式行事の際にも着用しました。 直ちに 上流社会の女性も 後に続いて着用し始め マットミーは タイ国社会で確固たる高いステイタスを得ました。

 1976年に 地方の貧しい人々の現金収入を確保するため 現存する手工業の促進を意図して シリキット王妃の後押しで「SUPPORT基金」(The Foundation for the Promotion of Supplementary Occupations and Related Techniques)が発足しました。 シリキット王妃は 沢山のマットミーを見て周り 優秀な出来映えのマットミーを誉め称えるなど マットミー産業に積極的に関与しています。若い優秀な女性達が バンコク王宮内にある「SUPPORTセンター」で しっかりマットミー織りを勉強しています。このセンターの勉強を修了すると 自分の村に帰り 自分の家族をサポートすることになります。

 今日 7,000人以上の織り関係者が このSUPPORT基金で育成されており 充分な収入も得ています。シリキット王妃のご尽力で 海外でも マットミーのファッションショーが開催され そして 沢山の国々でマットミーが人気を得ています。

置換者 追記
その昔 マットミーは、 洋服を買う金を持てない バンコクに出稼ぎに来る 東北地方の貧乏人が着る物として どちらかと言えば「田舎者」の代名詞だったとのこと。 そんな「田舎者」の布を王室が着用し始めたことで タイ国民 特に バンコクっ子は ビックリしたとか。「田舎者」と取り扱えば”アジアン雑貨”であり 「王室ご用達」と取扱えば”テキスタイル”。しっかり織られたマットミーは 間違い無く「テキスタイル」と思います。 タイ・シルクとして知名度の高い 「ジム・トンプソン」は ヨーロッパ・シルクであり タイ織物の伝統とは 無縁のものと 私は 感じています。
マットミーの背景へ