パクセー サムヌア サヴァンナケート
ラオス旅事情TOPへ戻る

 ラオスの旅行事情 6
 2001年 夏

サムヌア/ヴィエンサイ

  所要時間 1時間30分

  ベトナムとの国境の町 ソップハウへの道を途中右折して 30km程度の距離で 舗装状態も良好だが 行きは山登りとなり 結構な所要時間。 1時間半程待って 10時にサムヌアのバスターミナル出発 11時30分 ヴィエンサイの市場前終点着。 山間いを走るので 景色は堪能できるし モン族主体に山岳民族の集落も見られる。トラックの中も 一瞬 中国語かとも思える モン語が飛び交う。 トラックは 往復 相当の頻度の本数がある。 バス(トラック)代 5,000キップ。

 ヴィエンサイは 過去の革命軍の本拠地で つい最近まで 外人の立ち入りは厳しく制限されていたとは思えない程 今は平穏な町で さすが 本場(?)の立派な「カイソーン・モニュメント」が。 スパヌボン等の洞窟があり そこそこの外人観光客が来るらしい。

  現地人以外の入出国は出来ない国境の町 ソップハウには サムヌアからの日帰りは 交通の便悪く 困難で 多分 あるとは思うが ゲストハウスの存在は 確認できなかった。 

サムヌア/ナムヌーン

  所要時間 4時間30分

  早朝 6時にトラックバス出発し 10時30分 ナムヌーンのターミナル到着。 早朝 山の上を走るので 非常に寒い 時々鳴らすクラクションは 道路にたむろする牛の群れへの合図だ。 道路状態は良好。バス代 25,000キップ。 サムヌアから ヴィエンチャン行きの韓国製長距離バスが 同じ時刻頃出発したが ナムヌーン、ノンキァウ、パックモン、ルアンプラバン経由で 料金は 80,000キップらしい。 ルアンプラバンまででは 50,000キップらしい。 ヴィエンチャンまでの所要時間は 恐ろしくて 聞けなかった。 

ナムヌーン/ポンサワン

 所要時間 6時間

  サムヌアからのトラックバスが ナムヌーンに到着した すぐ隣りに 行き先表示は全く無かったが ポンサワン行きトラックバスが 待っていた。 午前11時に ギュウギュウ詰めで 出発。 道路状況は 一応の舗装だが ムアンカムまでの道幅は サムヌア−ナムヌーン間よりは 狭い。 1時間程走った所で がけ崩れのため 水分をたっぷり含んだ大量の土砂が坂道を 1000m程にわたって 塞いでいる。 今年は 例年になく異常な雨の量で 地盤が緩み あちこちで このような状況とのこと。坂下りの当方のトラックは なんとか ゆっくりと 車輪で土砂を踏みしめ進んだが 坂上りのナムヌーン行きオンボロ・バスが 土砂に車輪をとられ スリップで 坂の途中で 立ち往生していて 行く手を阻む。

  坂登の後続の ポンサワン発ヴィエンチャン行き韓国製バスが 土砂の無い場所まで牽引して戻し そのバスを排除。この間 1時間程度の大騒ぎ。雨期のこの時期は ラオスでは珍しくはない光景。 1時間程度のロスは ラッキーの世界。  途中 オンボロタクシーの存在が確認できたムアンカムで 30分の休憩をはさみ 16時45分 市場横のポンサワンのバスターミナル着。 バス代 35,000キップ。 

 ポンサワンには 英語のメニューがある食堂が 2軒。いつも 外人がたむろしている。ラオス料理の味は 外人用と 現地人用を使い分けている。外人用は 食べれた物ではない。 ただ 何ゆえか ラオスウィスキーの「マー・ダム」と「マー・デェーン」が ボトル1本同じ値段で 10,000キップと 破格の安値だった。 ビア・ラオの 1本 7,000キップとの割安感から もっぱら マー・デェーンが飲みたくて そこそこ 利用していた。

ポンサワン/ムァンクーン(オールド・シェンクワン)

    所要時間 1時間

  ムアンクーン方面バスは 町中の市場横のターミナルではなく 町の南西にある トゥクトゥクで 1000キップ程度のナムグーン市場横から出発。 余裕を持った日帰り旅を目指して 早朝 6時のソンテオに乗車し 途中 少しの未完成部分があるが 舗装工事終了直後の 立派な道路。1時間弱の距離。6,000キップ。 ソンテオ以外に 荷物の多い現地人乗客は 装甲車風情のモスグリーンの中国製ミニバスを おもに 利用。

  帰りは 現地人も良く利用している バス停にたむろする オンポロ乗合いタクシーを利用。 外人には 思いきり法外な料金を提示してくる。 お昼にフゥーを食べた食堂のおばさんから 値段を聞いていたので 思いきりハードネゴ。当初の 言い値は 20,000キップだが 現地人より 500キップ高い 7,000キップで決着。 普通乗用者に 9人も乗りこむギュウギュウ状態。

ジャール平原 (トン・ハイ・ヒン)

  所要時間 往復 2時間

  ジャール平原には 町中を歩くと ガイドと称するラオス人が英語で 声掛けしてくる。 一番近いサイトまで 50,000キップが言い値。 町中の旅行会社でも 4人グルーブで 1人 3から 4ドル程度の相場の模様で ゲストハウスでも アレンジしている。さすが 外人観光客の町。

  トゥクトゥクでは 馬力が不足して 到達困難であり 市場にいるソンテオの貸切チャーター。 英語は通じないので トン・ハイ・ヒンと伝えて 値段交渉し 当初の40,000キップから 往復 25,000キップで決着。 トン・ハイ・ヒンの入場料 4,000キップ。

ポンサワン(シェンクワン)/ヴィエンチャン

  所要時間  2時間

  ラオス航空の事務所は ポンサワン町中には無いので 航空券の手配は 飛行場まで行く必要あり。 Lonely Planet  の地図には 戦争中の旧エァーフィールドの近くにあるが 廃止ずみ。トゥクトゥクで 2,000キップ程度。 ただし 到着客専用の町中行きソンテオは 1人 6,000キップ定額の模様。ヴィエンチャンまでは 午前・午後の 2便あり 料金は 44ドル。 午後 3時発の 飛行機に搭乗。

  空港で出発を待っている間に 奇妙な光景を目にすることに。 どうみても 軍用ヘリコプターだが 飛行場を旋回して 着陸した。 そうすると 空港ターミナル建物横に 陣取っていた多数の現地人が おもむろに そのヘリコプター目掛けて 走って行く。 現地人専用の移動手段なのだろうか ? 。 どこに 行くのだろう ?

  ヴィエンチャンの国内線ターミナル出口に客待ちしているタクシーは 利用せずに 駐車場の端で 客待ちしている流しのトゥクトゥクまで いつも 歩くことにしているが  今回は 想定している値段を タクシーが 初めから提示してきたので 利用したが 案の定 宿の紹介を しきりに 勧誘してきた。

▲このページの先頭へ

ラオス旅事情TOPへ戻る