ポンサリー ルアンナムタ アッタプー
ラオス旅事情TOPへ戻る

 ラオスの旅行事情 5
 2001年 新春

ムクダハン/サバンナケート

  所要時間 15分

  ムクダハンでは 建物の前に イミク゜レーシヨン事務所があるが 出国スタンプは 船切符購入窓口を過ぎて 建物の中に入った 右側の窓口。 船賃 50バーツ。船に乗る前に ムクダハン側メコン沿いにある屋台街を散策するのも一興。 サバンナケートでは 外国人用の 窓口で 入国手続。 エントリーフィー 2,000キップを支払う。 または 10バーツ支払も可。 ラオ・マイ銀行の 出張両替窓口が 休日もオープンしており また サバンナケートの両替可能銀行が 若干遠い所にあるので レートも同一であり 便利。 銀行の年末年始休日は 28日から 元旦までで 2日から営業。 バスターミナルの隣りに 極めて立派な 市場・タラートが出来ている。 
  バスターミナルの 表示板には セポン行き 8時、 ムアンピン行き 7時30分、タケーク行きは ほぼ  1時間おきに、ヴィエンチャン行きは 午前中に 6本、と。ハノイ行きは 深夜便だが ターミナル表示板には 出発時刻は 20時と掲載されていたが しばしば 変更される様子。

サバンナケート/パクセー

  所要時間 10時間

  前回は 朝 6時のみだったが 朝 5時と 6時発のバスあり。ただし 今回は 年末休日という事情で 朝 6時発 1本のみ。運転手が  貨物の積み込みに 精を出して 結果的に 午前7時 出発。 途中 1時間程度のエンストがあったが 夕方 薄暗く 6時に パクセー・北バスターミナル到着。 バス代 20,000キップ で 若干の値上がり。距離 229kmだが 前回の 所要時間 8時間より 更に 悪化。 
  架橋工事が ほぼ終了するなど 道路工事は 徐々に進行している模様だが 地盤強化のための石を埋め込む 掘り返し作業が いたる所で ほぼ全線で 行われており 仮設道 onlyの バス走行と言って 良い状況。 ノロノロ運転、振動、揺れ、土埃 等 最悪。

 この工事中の道路が 2002/MAR/06に サラワン県とサバンナケート県との境の町=ラック・ホンペーンから パクセーまでの98kmが 全面開通したとの情報で これで ヴィエンチャンからパクセーまでの国道13号線が 快適な片側2車線の舗装道路で通行可能となり 所要時間の 大幅短縮が可能になった。と 思う。

パクセー/タッロー

 所要時間 2時間半

  大晦日だけは リッチにと思い リゾートへ。パクセー・南バスターミナル 9時 サラワン行きバス発。 11時20分 タッロー入り口前に到着。 バス代 10,000キップ。そこから サラワン方面に向かって 右の道へ 入り口には 英語でも 案内表示あり。トクトクは無く ソンテオがあるのみ。徒歩で タッロー・リゾートまで 30分程。宿は バンガローが 滝を上から眺める位置が US 35ドル、その他のバンガローは ファン・ホットシャワー付で 25ドルの 2タイプのみ。 ヴィエンチャンの タイパンホテルに勤務していた支配人は 英語・仏語が流暢。グリーンハウスと呼ばれる G/Hは 10,000キップだが レストランまでは遠いので 食料・夕食の事前持ち込みが不可欠の様子。 滝の上部に レストラン併設の 新G/Hが 建築中。 象2匹おり エレファントライディングも可能。バスの途中 あちこちで コーヒー豆の収穫、天日干しが。

タッロー/サラワン

    所要時間 40分

  バス代 6,000キップ。サラワンのバスターミナルの行き先・料金表示板には  1  コーンセドン行き 85km  9,500キップ 10時 12時 14時 発。 2  タ・ホイ行き 84km 12,000キップ 10時発  3   サ・ムアイ行き 148km  22,000キップ 10時発。 4   トケット行き 155km  18,000キップ 7時発  5   トゥムラン行き 50km  7,500キップ 14時発 等の 掲示あり。
  トゥムラン発サラワン行きは 午前1便のみで 折り返し便が サラワン発トゥムラン行きで 午後1便のみ  たかだか 50kmの距離だが バスを使った日帰りは困難。トゥムランには 宿泊施設は無い。

サラワン/セコン

所要時間 2時間

タ・デーン村経由で 距離 約90km。 7時40分発 10時 セコン・バスターミナル到着。バス代 9000キップ(45 バーツ)、市場のある 町の中心部まで 徒歩で20分弱。 南の方角にある 高さ 20メートル程の コンクリート製貯水塔が目印。 タ・デーン村のバスターミナルから 当方のトラック・バスに乗り込んできた乗客が 突如 下車して 隣りに パクセーから来た アッタプー行きのバスに 全員 乗り換えた。今思えば このアッタプーまで行くバスは セコンの市場前が停留所の節で セコン・ターミナルからの徒歩を回避する動きだった模様。 前回のG/Hへ 宿代 35,000kip (同じ施設で 2階が 45,000kip だが 10,000kipプラスの価値認められず) 
  セコン川は この時期でも 水量タップリであり 宿の従業員の話では アタプーまで 船旅可能とのこと。
  パクソン・コーヒー豆は セコン市場(タラート)で 500グラム程度の粉で 5,000キップ。

セコン/パクセー

  所要時間  2時間

  9時45分 アッタプー発 パクセー行きのバスに 国道 16号線まで出て 乗車。タ・デーン、パクソン経由で 快適な旅。バス代 15,000キップ。途中乗車なので バス前面に表示されている ラオス語の行き先を 注視する必要あり。乗車客が 自分一人の場合は ボヤボヤしていると 通り過ぎられてしまう恐れも。私も 一瞬 危なかった。 前回 セコンでは 市場前で サラワン行きのバスに あわてて 飛び乗ったので たいして 意識しなかったが バスターミナル、市場前、国道停留所と セコンでのバス乗降は 3ヶ所が ケースに応じて 使い分けられているので 要注意。

パクセー/ワンタオ

  所要時間 1時間

  前回の ムアンカオ行き 渡し舟・フェリーは 橋が完成したことから 廃止されている。 南方面バスターミナルの途中にある スタジアム・競技場の前の通りから 橋が続いている。 橋の袂には 大きな市場・タラートが 出来ている。 以前の 桟橋からも 橋の袂からも ソンテオが 頻繁に 走っている。 バス代は 5,000キップで ラオス・イミグレの前で 下車。ムアンカオの町中を通過するが ムアンカオは 閑散としている。 ワンタオの イミグレ近くの市場も 橋の袂の タラート、ショッピングセンターに押されているのだろうか 心なし 賑わいが 減ったような。パクセーでは 以前の 桟橋近くにも 大型のショッピングセンター建設が進行中。
  ラオス・イミグレは 土・日および 午後 4時以降は 「OVERTIME」 ということで 10,000キップの支払い必要。窓口のガラスに 表示あり。

ワンタオ/ピブンマンサハーン

  前回は チョーンメックに泊まっが 今回は タイ・ピブンマンサハーンの町で 宿泊。 チョーンメック/ピブン間 ソンテオ代 25バーツ。バスターミナルから 徒歩5分で 英語も多少通じる ホテルで 宿代 200バーツ。 夜の屋台街もあり 結構な数の外人客も 宿泊。近郊の観光スポット巡りの拠点としている節。インターネット・カフェも 数軒あり。翌日は ワーリン/ウボン経由で コーンケーンに出発。バスは ワーリン市場から 乗客の要請で 鉄道駅を経由して ウボンの町中まで 乗車。その後 市内バスで 長距離バスターミナルへ。

タイ・コーンケーンでのVISA 取得

 年末年始を ラオス南部で 迎える予定のため VISA取得の日程に余裕が無かったことと バンコクはあまり好きではなく 出きる限り バンコク滞在を回避することにしているため タイ・コーンケーンにある Consulate 0f Laos ラオス領事館(TEL  221961, 223689) で 30日間 VISAを取得しました。窓口オープン時間は 午前が 8時30分から 12時まで 午後が 13時から 16時まで。写真1枚 必要。 
  申請書提出後 ものの10分間で 交付されました。 費用は USドルで 48ドル、 タイ・バーツ支払も可能で 1,890バーツ。
  場所は 町外れにあるので トクトクよりも 5バーツ定額の 市中バス利用が便利。 オレンヂ色の No13のバスか 黒色の No5の バスを利用。 バス運転手には ラオス・コンサレイトと 英語読みでも 通じますので 下車場所を 教えてもらうと良いでしょう。

  2001年の夏に コーンケーンのラオス領事館を 再度 VISA申請のため 訪れましたが ラオス領事館は移転していました。 移転後の場所は コーンケーンのTATがある前の通りを カーラシン方面に 歩いて15分程度です。 大きな看板が見えるガソリン・スタンド 「JET」の前です。 VISA代金は 1,500バーツでした。

▲このページの先頭へ

ラオス旅事情TOPへ戻る