友好橋 バンヴィエン ルアンプラバン
ラオス旅事情TOPへ戻る

 ラオスの旅行事情 4
 2000年 秋

ノーンカイ/タ・ナーレーン(タドゥア)/ヴィエンチャン

所要時間 3分

 タイ側橋近くの市場から 20バーツの友好橋シャトルバスあり。
 VISA申請が必要な場合 市場から乗ったバスは待たずに出発するので イミグレでは荷物を全て バスから手持すること。入出国手続後に 次発のバスに購入しているバス乗車券を見せて 乗ること。

 2週間有効の 「VISAS ON ARRIVAL」は US$30。(T/Cの場合の手数料表示があったので T/C利用も可か ?)  イミグレーション建物一番手前の窓口(表示あり)で 申請書を受取り記入。ラオス国内知人記入欄が最下部にあるが 無記入あるいは その上の記入欄の滞在先 (ヴィエンチャンのホテル)名と同一でも可。写真一枚を同時に提出 (糊付け添付は不要)。写真は 持っていないと言った場合の対応を試してみたかったが 今回は遠慮。

  窓口横にある入出国カードを真っ先に記入したくなるが VISA申請用紙を窓口の係官から受け取り VISA申請書提出後 返却までの待ち時間(10分程度)に ゆっくり記入するのがベター。入国審査ブースでのスタンプ終了後 10バーツの入国料を払うテーブル・カウンターがあるが これはVISAではなく 身分証明書だけで入国するタイ人にのみ適用されるものであり  正式VISA(on arrivalといえど) を持つ外人は支払不要。訳わからず素直に 金を出すと 黙って受け取られ 手続されてしまう。
 ラオス側出口には 立派な「DUTY  FREE  SHOP」が。出口右側に 食堂が並んでいるので 先を急がず 一旦休憩し 情報入手も是非。
  ラオス側イミグレからは バスで タラートサオまで 1,000キップ。 バス停は トゥクトゥク(150バーツ程度の言い値) ・ソンテオ(50バーツ程度の言い値) の溜まり場の先。

ヴィエンチャン/バンビエン

所要時間 4時間

  タラートサオのバスターミナルから 午前7時 バンビエン終点普通バスで 6,000キップ。午前中に3便。ルアンプラバン (あるいはカシー)行きバスで途中下車も可能。途中 山岳民族が集まることで知られている「ラック・ハーシップソン」(52K market)市場が 火事で ほぼ全焼したばかりで まだ煙が燻っている状況を確認。バンビエンの宿は 新旧数多く あせらず ゆっくり歩いて  気に入った宿を探しては。
  今回は あえて 「lon・・」 版で 評判の悪いG/Hを。さすが 白人は一人も泊まっていず。20,000キップ(ホットシャワー。トイレ・ファン付)。ガイドブックの評判は 見方 それぞれを 改めて 実感。

バンビエン/ルアンプラバン

所要時間 7時間

   バンビエン始発のルアンプラバン行きバスは 朝9時出発。40.000キップ。現地人がほとんど乗車せず 外人観光客専用のバスで 料金は どうみても高い。国道まで出て ヴィエンチャンから来るルアンプラバン行きバスに乗るのが安上がりか? ただし 空席状況は不明。ルアンプラバンの南バスターミナルに到着。町中心部までのソンテオ 5,000キップ。事情あって 春に泊まったG/Hへ。

ルアンプラバン/パックモン/ウドンサイ

所要時間 5時間

    ルアンプラバン北バスターミナルから 午前7時20分 出発。トラックバスで 22,000キップ(現地人は 15,000キップ)。ノンキァウ方面道路とのT字交差点・パックモンまで 2時間。パックモンまでは 道路状況は快適だが その後は曲がりくねった山道・悪路。

ルアンナムタ/ヴィエンチャン

所要時間 1時間

    ウドンサイからルアンナムタまでの 移動内容は 春の逆ルート。 ルアンナムタの宿は ルアンプラバンから一気に走ってきて 到着が午後6時半と暗くなっていたため 春に泊まったG/Hに直行したが 値段を2倍提示してきたことと こちらはラオス語でチャレンヂしているのに 英語も話せないのかとの対応も気分悪く (といっても 20,000キップだ)  新築のG/Hへ。タイ・ラオス・ミャンマーの中で このG/Hで 一番熱いホットシャワーを体験。バスターミナルの近くにも 今年5月に 0penしたばかりの モーテル風の新しいG/Hを確認。
  ルアンナムタからは 飛行機でヴィエンチャンへ。週4便 ヴィエンチャンからの折り返し便。 料金は 80US$ 。空港利用料 1,000キップ。飛行場は町から かなり離れた所にあり トゥクトゥクは無い町なので ソンテオをチャーターして 5,000キップ。航空券は 町のハシにあるラオス航空の事務所で購入。ヴィエンチャン行き飛行機の直前に ルアンプラバン行き飛行機が離陸。

▲このページの先頭へ

ラオス旅事情TOPへ戻る