ヴィエンチャン ムゥアン・クゥン ヴィエンサイ
ラオス旅事情TOPへ戻る

 ラオスの旅行事情 3

旅情報(行程の概略)

ラオス25日間旅の行程ごとの情報です。下記をご了解下さい

*金額は 交渉・経済情勢により 上下します。特に バス関連は 会社経営の場合でも 運転手個人事業の色彩強く その場の状況により 極端に言えば 毎日 微妙に変化することも。ミャンマー程ではないとしても 現地人より割増の ツーリスト値段が  偶に顔をだすことも。 秋の頃には だいぶ 外人観光客慣れしてきたようで 少なくとも 現地人とは違う値段で当然 あるいは徹底すべきだとの 風潮が 蔓延ってきた感。少しは 英語にも馴染んできたようでもあるし。

*バスのタイムテーブルは あって 無い様なもの。所要時間は 使用機材の性能・乗降客数・荷物重量により大きく変化します。パンク・エンストは当然として 途中何でもありの世界です。時間ロスを事前に折り込んで下さい。特に北部では。

今回も 山岳民族の切った木が道路を遮断、前のタンクローリーがぬかるみで立ち往生 、運転手の息子が勉強の為運転してノロノロ、道路工事の車輛が作業終了するまで気長に停車、貨物積みこみの為遠回り 等々色々経験させてもらいました。

*宿は 各自の好み・評価もあり 個別の宿名は割愛します。

フェーサイ/ルアンナムタ

所要時間 7時間。

フェーサイに宿泊せず その日にルアンナムタ到着を目指す。8時開始のタイ・チェンコンでの出国を 一番最初に並び 時間前の7時40分に出国手続き受付。8時20分にフェーサイ・バスターミナル着。9時20分バス出発。午後4時半にルアンナムタ終点到着。バス代 50,000kip(250バーツ、定員12人トラック)

小川に橋がなく 雨期・増水期の通行は不能では。宿代 10,000kip(ファン、共同シャワー・トイレ、蚊ネット、「lon..」版には 2,000kipとの記載)。2000年秋に再訪した際 新しいG/H建設続々、トイレ・ホットシャワー付きで 40,000キップが相場。

ルアンナムタ/ムアンシン

所要時間 2時間半

朝7時20分 ルアンナムタ・バスターミナル出発。9時40分 市場横のムアンシン ・ターミナル到着。バス代 8,000kip(40バーツ、定員12人トラック)。宿代 10 ,000kip(50バーツ)。日本語での宣伝看板G/Hあり。山岳民族の家を利用したG/ Hあり 1泊 30,000kipらしい。

中国国境(ラオス側;ピンハイ)まで 片道徒歩2時間程度で 素晴らしい散歩コース 。レンタサイクルは 突如の政府達しにより 取扱停止中。

▲このページの先頭へ

ムアンシン/ウドンサイ

所要時間 7時間半

ウドンサイ直通バスは無く ルアンナムタで乗り継ぎ。7時30分にムアンシン出発。 山下りで 9時にルアンナムタ着。ターミナルに ウドンサイ行きミニバスが待機中も  客が集まらず 結果的に ルアンナムタを11時出発。バス代 15,000kip(75バ ーツ)。数度のエンストを経て 午後4時15分にウドンサイ・ターミナル着。穴凹だ らけの舗装道路。 2000年秋に 逆ルートの「ウドンサイ-ルアンナムタ」を乗ったが バスは中国製のほぼ新車の立派な快適バスで 所要時間4時間だったが 料金は 19,000キップに値上がっていた。

  細長く拡散して所在するが 新しいG/H多数。中国人・白人・現地人の各御用達がありそう。あえて 中国人ご用達のG/Hへ 宿代 10,000kip(5ベットのドーム式、 シャワー・トイレ共同)

昆明からヴィエンチャンまで 中国側900km、ラオス側760kmの計1660kmtが HIGHWAYとして完全舗装道路となり 2002/05/01に 供用開始との情報あり。中味は未確認だが 両国間で "AUTO TRANSPORT  AFREEMENT" が締結されたとのこと。昆明=景洪=ボーテン=ウドンサイ=ルアンプラバン=ヴィエンチャンのルートと思うが 往来が 便利になるようだ。(2002/03/19) 人民日報記事から

ウドンサイ/ポンサリー

所要時間 11時間

7時30分にウドンサイ・ターミナル出発。行けども 行けども 山また山。午後6時 15分に 市場横のポンサリー・バスターミナル終点到着。トラックバス代 30,000ki p(150バーツ)。途中 食堂が全く無く 軽食持参必須の行程。

宿代 30,000kip。汚いが安いG/Hあり そこのドイツ人宿泊客は 清潔なG/Hの食堂で食事をし その際に必ずトイレを使用していたが。こういう方法もと感心。

ポンサリー/ハットサ/ムアンクワ

所要時間 7時間

7時40分にポンサリー出発。山岳民族の集落を間近に横切り 雲の下を 中を 上を 通過し 実に素晴らしい景色。9時にハットサのボート桟橋到着。トラックバス代 3, 000kip(15バーツ)。 9時20分にボート出発。いわゆるスピードボートは見かけず。現地人で満員状況。午後2時20分にムアンクワ到着。ボート代 35,000kip(175バーツ)。 水量少ない乾期は 航行不能も との「lone..」版情報のため 前日 必死に情報収集。

所々 現地人が 清流が流れ込む近くで バーベキューパーティー。ナムウーの川下りは 一度お試しあれ。

▲このページの先頭へ

ムアンクワ/ノンキァウ

所要時間 6時間

朝7時に 船着場へ。客が集まらず 出発できず。現地人は ムアンクワから先は 高額のボート利用を避け 割安のバス利用主体らしい。船は観光客用になっているらしい 。いくら待っても 白人2人と当方のみしか 集まらず。

一艘 300,000kip(1500バーツ)の値段もあったが 家庭の事情で ノンキアウあて出発必要な船頭が見つかり 一艘 120,000kip(一人 40,000kip)でチャーターし 7時45分出発。途中 エンスト数度繰返して 午後1時半にノンキァウ到着。最早 ルアンプラバン行きのボートもバスも無し。新しいG/H数軒あり。宿代 10,000kip。

急流である上流のムアンクワまでの景色とは一変し この中流では 写真で良く見る  山岳民族の集落が谷にヘバリ付く風景をたんのう。

ノンキァウ/ルアンパバ

所要時間 3時間半

前日同乗の白人の誘いを断り ボートを諦め バス利用を選択。9時15分出発。パクモンまでは山道だが それ以降は完全舗装にてハイウェイ並み。12時40分に ルアンプラバン・北ターミナル到着。トラックバス代 14,000kip(70バーツ)。

ノンキァウ/ナムヌーン/サムヌア

所要時間 都合 実に 14時間

当初のルアンプラバン/ポンサバン/サムヌアの予定を 飛行機満席のため 陸路移動に変更。ノンキァウに戻り 1泊後 出発。乗客の現地人2人・ベトナム人2人・タイ人1人 ・白人3人・当方計9人の旅事情・行き先と運転手の思惑が 複雑に絡んだので 移動料金は割愛します。

朝7時20分に トラックの荷台に乗り ノンキァウ出発し 9時にヴィエンカム到着 。トラックバスに乗換え 10時ヴィエンカム出発 午後2時にヴィエントン着。また  乗換えて 午後2時30分に出発し 午後6時にナムヌーン通過し 午後9時40分 にサムヌア・バスターミナル着。

このルートは 現地人の利用少なく バス確保が困難にてお勧めできないが ヴィエントンかナムヌーン1泊が正解では。ナムヌーン/ポンサバン間の道路は 相応の舗装の由。 2001年の夏に ナムヌーンとポンサバン 間を トラック・バスで 走行しました。ルアンプラバン経由で ヴィエンチャンとサムヌア間を 毎日1往復 韓国製バスが走っているので ノンキァウで途中乗車を 試みるのも一考かとも。ただし 相当の長距離であり 定刻は あって無いようなもので 停車場所も不明で ノンキァウでの途中乗車客は 多分 想定していず 確実に そのバスをゲットできるかは リスクが大きいかも。

▲このページの先頭へ

サムヌア/ヴィエンチャン

所要時間 1時間半

8時20分に飛行機(70ドル)出発 サムヌア空港利用税 1,000kip。タイ人女性5人のグループ旅行者同乗。9時50分ヴィエンチャン着。空港から 街中まで トゥクトゥク 8,000kip(40バーツ)。

サムヌア町中には Lao Aviationの事務所なく 予約・切符購入は 前日に 直接  空港事務所へ。

ヴィエンチャン/タケーク

所要時間 5時間半

前日に タラートサオのバスターミナルで 出発時刻確認。サバンナケート・パクセー直通パスもあり。定刻 早朝5時10分に出発し 10時40分タケーク・北方面ターミナル着。普通バス代 12,000kip(60バーツ)。

途中 メコン川が顔を出すのは パークサン辺りのみ。ターミナルに隣接したG/Hを避け ラオス語表示のみのG/H泊。宿代 40,000kip(ファン・シャワー・トイレ付 )。ホテルは 最低70,000kip(350バーツ)が相場。

タケーク/サバンナケー

所要時間 2時間半

タケークからパクセー直通バスなし。南方面バスターミナルから ミニバスで 朝7時 出発。9時30分 サバンナケート・ターミナル着。バス代 10,000kip(50バーツ)。サバンナケートのターミナルから ベトナム行き国際バス 数便あり。

サバンナケットからのパクセー行きは 朝6時と午後3時の2便のみ。午後出発を諦め  サバンナケートのベトナム人御用達とされるホテル泊。宿代 40,000kip(200バーツ)。

サバンナケート/パクセー

所要時間 8時間

大型バスで 朝6時20分に出発。午後2時20分パクセー・北方面バスターミナル着 。バス代 17,000kip(85バーツ)。

途中一部 道路工事中・迂回路通行のため 凄まじい悪路・土ぼこりで 我慢の一字。 当初 タイ入国は サラワン/サバンナケート/ムクダハン(タイ)想定も 2度と経験したくないルートのため パクセー/チョーンメックに変更決断。道路が完成すれば  快適。

この区間の舗装工事が完了し 2002/MAR/06に 供用を開始したとの情報得ています。

午後便に乗車していれば 真夜中11時パクセー到着となり 前日 諦めて正解。

▲このページの先頭へ

パクセー/アッタプー

所要時間 5時間

パクセー・南方面ターミナルから 大型トラックバスで 7時30分出発。新ルート経由して 12時30分にアッタプーバスターミナルに到着。バス代 15,000kip(75 バーツ)。

老舗G/Hも建替え済み。他にモーテル風G/Hあり。興味本位で 2か月前に 仮オープンした高級ホテルに宿泊。 開業特別料金 オール込み10ドル(75,000kip・375 バーツ、バスタブなし・ホットシャワー・TV・冷蔵庫付、広いロビー・立派なレストラン、前庭・中庭整備中、客より従業員数多し、英語可能)。

アッタプー/セコン

所要時間 4時間半

バスは 午後1便のみ(セコン/アッタプーの折返し便?)。大型トラックバスで 午後2時20分にバスターミナル出発。客数少ないためか 途中 運転手は必死に 貨物を集荷。途中 大木が道路を遮断し 斧での切断処理のため時間ロス。日が暮れた 午後7時に市場付近のセコン終点着。バス代 10,000kip(50バーツ)。

「lone..」版にも市内地図記載なく 真夜中の宿探し。暗闇の中 方向感・距離感つかめず不安。 新しいG/Hなく 当地1箇所のG/Hへ 宿代 35,000kip(175 バーツ)。満室だったら悲劇的な状態。

セコン/サラワン

所要時間 3時間半

サラワンへは 午後1時発の1便のみとの 宿主人と途中の食堂お姉さんの情報で 1時間前にはと ノンビリ構えてターミナルに 11時50分到着。「サラワン」と書いた 大型トラックバスが出発する直前。呼びとめて 飛び乗り 午後3時30分にサラワン・バスターミナルに到着。バス代 8,000kip(40バーツ)。

途中 双方の道路を結ぶ未舗装道路(コーヒー園とバナナ園を横切る)を通過するが  セコン/パクセー間道路とサラワン/パクセー道路の完全舗装を利用して快適。新しい G/H多数。娘(3歳)の名前を付したG/H泊。宿代20,000kip(100バーツ)。

サラワン/パクセー/ワンタオ

所要時間 5時間半

朝6時30分にサラワン・ターミナルを 普通バスでパクセーあて出発。途中 エンジンオイル切れで時間ロスも 9時30分にパクセー・南ターミナル着。バス代 8,000k ip(40バーツ)。

10時15分に 船(客数10人程度)でパクセー対岸のムアンカオ着。船代 1,000kip 。ソンテオに1時間程乗車して 11時50分に 国境の村ワンタオ着。バス代 3,00 0kip。

▲このページの先頭へ

ワンタオ/チョーンメック

リヤカー運転手を振り切り ラオス側国境付近の市場を散策。ラオス南部の物産揃っているが 外人には相場の2倍程度の値段を 先ず切り出す節。ワンタオ・イミグレで出国税支払を覚悟も 一切要求されず。 

ラオス・イミグレは 土・日および 午後 4時以降は 「OVERTIME」 ということで 10,000キップの支払い必要。窓口のガラスに 表示あり。 フェリーが廃止された後の状況は 20001年新春の旅情報に記述。 

午後1時に タイ・イミグレで入国手続(ピッブゥン・マンサハーン名のスタンプ)終了。入国事務所前で 宿泊客の寄せ書きノート(今年2月の日本人記入部分を大きく提示)を持ったお兄さんの執拗な勧誘を振り切り 自分の足でG/H探し。

新しい長屋の一軒分を一人使用で 20,000kip。じっくり 国境見物。

チョーンメック/ウボン

所要時間 2時間半

朝7時45分に ソンテオでチョーンメック出発。9時に 立派に変身したピップゥン ・ターミナル着。バス代 20バーツ。 ウボン(ワーリン)行きの普通バスに 飛び乗り 10時にワーリン市場に到着。バス 代 20バーツ。ワーリンの老舗G/H泊。宿代 120バーツ。ワーリンからウボン市中には 1回5バーツ 定額の路線バス(便数多い)を利用し ウボン泊より割安感を確保。

▲このページの先頭へ

ラオス旅事情TOPへ戻る