サラワン パクセー セコン
ラオス旅事情TOPへ戻る

  ラオスの旅行事情 2

ヤモリ

 タイでいう「トッケ」は ラオスでは 鳴き声から 小型を「カップッケー」、大型を 「カップトー」と呼んでいましたが 「トッケ」と違い 小心者で部屋への乱入は遠慮がち。虫を食べるカワイイしぐさに心が和みました。
春には聞けたルアンプラバンでも ルアンナムタでも 秋には  鳴き声を全くと 言って良いほど 聞きませんでしたが 繁殖期とか 何か時期的なものがあるのでしょうか ?
 北部では感じませんでしたが 南部では「トッケ」と「カップッケー」が共存している様です。生物学的に どう違うのかは 知りませんが。 タイ・チェンマイでは 「トッケ」は家には入ってこず 家に居るのは「チュッチュッ」だと 教えられました。ますます 不可思議になっています。

電  気

 電気は 南部では 南東部も含めて 韓国の電力開発援助もあり 1日中利用可能でしたが 北部では 日没(6時20分頃)から 早くて9時 遅くても10時まで でした。

 停電も頻繁ですので 懐中電灯が必需品。シャワー・トイレは早めの利用を。また 明るくなるのが朝6時過ぎですので 忘れ物をしない為 早朝出発は前日夜のうちに荷造 り励行がベター。日の出・日の入りは 秋もほぼ同じ時刻。

 自家発電装置所持のリッチな家・店もありますが テレビ・冷蔵庫は普及せず 冷えたビール・飲料は取得期待困難。日本での 電気が1日中 なんの違和感もなく使えることの有難さを 再認識しました。

国際電話

 電話局での 日本への国際電話料金は 3分あたり 53,400kip(267バーツ)で ラオスの料金は割高です。各地に国内・国際兼用のカード式電話ボックスがあり 故障ボックスもなく テレホンカード利用が便利でした。

 カードは「PHONE CARD」の布の垂れ幕を掲げている店で 400 UNIT(28,000kip)から 3種類売っていますが 1000 UNIT 59,000kip(295バーツ)が最適では。カードは  バット・オーン(薄いカードの意?)というマグネット式と バット・ケーン(固いカ ードの意?)というチップス式がありますが チップ式は不便のようです。
 2001年の夏には ヴィエンチャンでは チップ式の電話BOXが 急速に増えています。今後は チップ式の電話BOXを主流とする方針が 見てとれます。確かに マグネット式のカードは トラブルが多いです。私も 買ったばかりのマグネット式カードが 一切使っていないのに 使用済みのサインが出て 捨てざるを得ないことがありました。

 ダイヤル方法は ラオスでの国際電話認識番号「00」に続けて 国コード「81」  後は いつもの通り。 国際電話の利用し易さという点では タイ・ミヤンマーとも比較して ラオスが一番便利の感。

地酒 その1

 現地人以外は必ず腰を抜かすので 遠慮すべき 特に一人旅ではと 固く決めていた「 ラオ・ラーオ(ラーオ酒)」に 今回はハマリました。本当は違法なのでしょうが 北部市場では ビン売りは当然 例のプラスチック袋に入れる 測り売りもあり。

 ポンサリーの食料品店で売っていた 薄い緑色した薬草入りの高級品(ビール中瓶で11 ,000kip)の一番小さい瓶 3000kip(15バーツ)を部屋で挑戦したのが 始まりでした 。 安物・普及品は ビール中瓶で 3000kip程度のもの。ラオビール1本 6000kip(30バ ーツ)前後を考えると 割安感大。

 でも 確かに とある町では 腰を抜かし 意識不明に陥り 朝起きた時は 体のアチコチに擦り傷 額にバンソウコウ。のん兵衛のいつものセリフ「全く覚えていない」。 お粗末の段。

地酒 その2

 南部のホテルレストランで 英語メニュー名;「Liquor in Jar」、壷に原料がギッシリ詰まっていて ストローで飲む 白く濁った「ラオ・ハイ」(Sサイズ 12,000ki p・60バーツ)にも。

 水の入ったコップが同時に出され 当方はアルコール度が強いから 一緒に飲むものと 。しかし これは 壷への注ぎ足し用で 結構な量を味わうことに。

サラワンでは ラオラーオにマックワイ(小型バナナ、といっても これをバナナとい うと必死に 違うという現地人に何度もあいましたが)を漬けた ある意味では果実酒的のものも。「ラオハイ」に似て非なる 英語メニュー名「Lao Wine」も(壷Lサイ ズ 7000kip)。

▲このページの先頭へ

カウヂー

 北部と地方の町では 全く見かけませんが 例のフランスパンに肉・キュウリ等の具を挟みこんだ「カウヂーパテ」。ルアンプラバンの露店では 輪ゴムでとめた 小さいパン ・簡単な具で1,500kip、ヴィエンチャンの食堂では 大きいパンのハーフで5,000kip( 25バーツ)程度。

 南部では バスターミナルで フランスパンの横をナイフで裂いて コンデンスミルクのみをたっぷり 流し込むものが 主流でした。これにも お世話になりました。

ビール

 中瓶1本 6,000kip(30バーツ)程度の「ビアラーオ」とは仲の良い付き合い。瓶コーラ・スプライトの 5,000kip程度と比較すると のん兵衛は迷わずビアラーオを必ず選択。 北部では中国ビール、南部ではベトナムビールが 5,000kipと 若干安目。

 昔 タイの地方でも見かけましたが グラスに氷(タイ語でナムケーン、ラオ語ではナムコーン)を入れて ビールを注いで飲むスタイル。アルコール度が高く 味がシビア なので このスタイルかと 当時は 妙に納得していましたが 電気事情・冷蔵庫と密接な関係が起源みたい。生ぬるいビールを飲むには このスタイルしかない。当然 氷はサービス。

音  楽

 昔 当方がヴィエンチャンのタラートサオで買った ミュージックテープは ジャケットもカメラ写真自体を使用した お粗末なタイ・ミュージックの海賊版(コピー)でしたが 今は CDも ラオ語のジャケットであり 韓国製のカラオケソフトも ラオ語の歌詞が 入っています。隔世の感。
 地方で ラオスのミュージックテープを買い求めたところ タイ人のミュージックテープに比べて 値段が高く 売り子曰く タイよりラオス人のミユージックが 優秀だからとのこと。 ???   多分 生産コストの兼合いなのだろう。

ラオス語 その1

 普段見ている衛星放送が タイのチャンネルでもあり こちらのタイ語は結構理解してくれますが あちらがタイ語を話すことはなく ラオス語onlyです。

数字は 10,000kipの場合 正しくは 万の位「ムーン」ですが 千(パン)の単位で 「シップ(10)」と話す(パンも省略する)のが通例になっています。バス代を支払う時は要注意。

 最低限 ラオス語のバスの行き先表示程度理解できると 余裕が出ると 思いますが。 ガイドブック記載の都市名表記は ラオス語と若干相違する場合もあります。「lon. .」版の表記で「NAM NOEN」は どう発音しても「ナム ノエン」ですが ラオス語で読むと「ナム ヌーン」です。

ラオス語 その2

 ある町のバス切符売り場で 切符を買う際に 売り子さんが 「スー・ヤン」。「スー 」=買う 「ヤン」=まだ そうか切符発売は もう少し後なのか でも バスは出発の準備をしているぞ 変だな。売り子さんが紙を出して 何かを書けと言っているみたい。そうか ラオス語だよな 「スー」=名前 「ヤン」ではなくて「ニャン」=何? 。 まさか 切符を買う際に 一々 名前が必要とは。

カイソーン 

 北部でも南部でも 各地で 胸像がある立派な公園「カイソーン・モニュメント」を見かけました。独立運動志士の一人で 1975年現国家樹立の際の 初代首相「カイソーン ・ポムブィハーン」(1920年南部のサバンナケット生まれ、1992年死去)の記念公園。

逝去後の事業と思いますが 広大な敷地に 多大な費用を投入して整備している模様。 ただし 現地人は あまり 存在を意識していない様子。今後の運営維持が気になる。 余計なお世話か? 一度 ご覧になれ。

ピーマイラオ

 今回は 結果として ポンサリー・ムァンクァ・ノンキァウ・ルアンプラバンの4ヶ所で  現地人の様々な過ごし方の ピーマイラオを経験。

ポンサリーは標高1400m 高原の町で避暑地の様に涼しいこともあり 水掛けの習慣は全くなく 中国人も多い影響か 墓掃除・ペンキ塗り・参りをして 静かに家庭主体の  どちらかと言うと 昔の日本のお正月の風情。ある家庭に招待され タップリ味わいました。

 ムァンクァは お寺を中心とする宗教的儀式が主体みたいで 色々な形のお祈り式があり 昼夜 礼装の現地人で お寺が賑わっていました(のど自慢合戦もあり)。こちらも 水掛けは 一切なし。

 ノンキァウは 何故か ほんの貧弱な 小さいお寺しかない関係でしょうか その雰囲気はほとんど 無し。ノンキァウからルアンプラバンに向かうバスから 例の水掛け騒動が始まりました。沿道にバケツ集団が 待ち構えていて タップリ洗礼を受けました。

ゴム草履投げ

 ポンサリーで 多分 お正月の遊びと思いますが 子供達が 標的とするゴム草履に向かって 自分のゴム草履を投げつける遊びを見ました。 標的のゴム草履の下には 100kip(0.5バーツ)札があり 最初にそのゴム草履に当てた子供が 全ての 100kip札を獲得できるルールみたい。「賭けゴム草履投げ遊び」か 。 1日中 飽きないで 全員が本当に夢中で 日が暮れるまで遊んでいました。他の地では 見かけませんでしたが。
2001年の夏には 東北部のサムヌアで 子供達が この草履投げを ベットするなど同じルールで遊んでいるのを 見ました。

国際援助

 ODA、NGO等 北部では中国 南部では日本・韓国の援助プロジェクトを目にしました。ラオスのインフラ整備が着々と進展していて 5年後のラオスが楽しみです。

 ヴィエンチャンからパクセーまで 深夜便・座席指定エアコンバスが 所要時間10から12時間 100,000kip(500バーツ)程度で 走るのも間近かと。

 南部では あちこちの村で 日本の国旗を表示した「井戸」を見ました。例の ラオスに井戸を贈るNGOの活動と思います。ほぼ一巡した節。

 ただ この日本国の援助と日本人が結びついていない節。その意味でも もう少し 日本人が メジャー観光地のみでなく ラオス各地を旅行して 日本を紹介しては などと 不遜な言いぐさを。

▲このページの先頭へ

ラオス旅事情TOPへ戻る