luangpabang
ラオス・ルアンプラバン(Luang Phabang)のプーシー(Phusi)の丘から 東側山並み/朝日を見る。
ラオス地図

ラオスの歩き方
ラオスの旅行事情  1
*  この情報は、2000年春に ラオスを約4週間一人旅した際の情報に その後の7週間の旅情報を追加・補正しています*
 西のムアンシンから東のサムヌア、北のポンサリーから南のパクセー・アッタプーまで ラオスの「西東-北南」を 陸路(バス)で 数年に亘ってではなく 年月を空けず 走破しています。 
 ***  2000年 秋・2週間の旅事情を このフォントの色で 補足しました。
 ***  2001年 新春・3週間の旅事情を このフォントの色で 補足しました。
 ***  2001年 夏・2週間の旅事情を このフォントの色で 補足しました。
  お役に立つとは 口がさけても言えませんが ひとり旅で遭遇した「危険」(ハプニング)を 綴っているページが こちらに あります。
2000年 春 
01.ラオス25日間 17.電気 33.ムアンシン/ウドンサイ(ウドムサイ
02.25日間の行程 18..国際電話 34.ウドンサイ/ポンサリー(ポンサーリー)
03.北部/南部 19.地酒 その1 35.ポンサリー/ハットサ/ムアンクワ
04..通貨 20.地酒 その2 36.ムアンクワ/ノンキァウ
05..気候 21.カウヂー 37.ノンキァウ/パックモン/ルアンプラバン
06.情報源 22.ビール 38.ノンキァウ/ナムヌーン/サムヌア
07.移動 23.音楽 39.サムヌア/ヴィエンチャン
08.移動/北部 24.ラオス語 その1 40.ヴィエンチャン/タケーク
09.移動/南部 25.ラオス語 その2 41.タケーク/サバンナケート(サワンナケート)
10.バスターミナル 26.カイソーン 42.サバンナケート/パクセー
11..道路/北部 27.ピーマイラオ 43.パクセー/アッタプー
12..道路/南部 28.ゴム草履投げ 44.アッタプー/セコン
13.荷物 28.ゴム草履投げ 45.セコン/サラワン
14.宿泊 その1 30..旅情報(行程の概略) 46.サラワン/パクセー/ワンタオ
15..宿泊 その2 31.フェーサイ(フアイサーイ)/ルアンナムタ 47.ワンタオ/チョーンメック(チョンメック
16.ヤモリ 32.ルアンナムタ/ムアンシン 48.チョーンメック/ウボン
2000年 秋
49.ノーンカイ/タドゥア/ヴィエンチャン 51.バンビェン(バンビエン)/ルアンプラバン 53.ルアンナムタ/ヴィエンチャン(ビェンチャン)
50.ヴィエンチャン/バンビェン 52.ルアンプラバン(ルアンパバン)/ウドンサイ  
2001年  新春
54.ムクダハン/サバンナケート 57.タッロー/サラワン 60.パクセー/ワンタオ
55.サバンナケート/パクセー 58.サラワン/セコン 61.ワンタオ/ピブンマンサハーン
56.パクセー/タッロー 59.セコン/パクセー(パークセー) 62.タイ・コーンケーンでの VISA取得
2001年 夏
63.サムヌア/ヴィエンサイ 65.ナムヌーン/ポンサワン(ポーンサワン) 67.ジャール平原(トン・ハイ・ヒン)
64.サムヌア/ナムヌーン 66.ポンサワン/ムアンクーン 68.ポンサワン/ヴィエンチャン

ラオス25日間

 2000年04月06日にフェーサイから入り 陸路主体に 北西から北東 そして 南へ移動し パクセーから05月02日にタイに出ました。乾季のこの時期しか移動できない方法をあえて 選択しました。 これまで ラオスには サイヤブリを除く ラオス16県を踏破しています。 

行  程

タイ・チェンコンから メコン川を渡って

 フェーサイ(フアイサーイ)/ルアンナムタ/ムアンシン/ウドンサイ(ウドムサイ)/ポンサリー/ハットサ/ムアン クァ/ノンキァウ/ルアンプラバン(ルアンパバン)/(ノンキァウ)/ヴィエンカム/ヴィエントン/ナ ムヌーン/サムヌア/。。。。

 ヴィエンチャン(ビェンチャン)/タケーク/サバンナケート(サワンナケート)/パクセー(fパークセー)/アッタプー/セコン/サラワ ン/バクセー  そして ムアンカオ・ワンタオから タイのチョーンメック(チョンメック)。。。。 です 。

 サムヌア/ヴィエンチャンの飛行機、ハットサ/ノンキァウの川下り・船以外は バス ・トラックでの 現地人に紛れこんだ 約4週間の一人旅でした。サイヤブリー県とチェンクワン県以外は 足を踏み入れたことになります。 結果的に 過去を含めて タイ・ラオス国境越えを 飛行機・船・バス・徒歩の 4種類経験しています。

 2000年の秋には 2週間 タイ・ノーンカイから「友好橋」を渡って ヴィエンチャン/バンビエン/ルアンプラバン/(パックモン)/ウドンサイ/ルアンナムタ と移動し ルアンナムタからは 飛行機でヴィエンチャンに 戻り 再度「友好橋」を経由して タイに入りました。

 2001年大晦日、新春を どうしても ラオスで迎えたくて(春のピーマイラオとの雰囲気の違いも肌で感じたく) タイ・コーンケーンでVISAを取得し ムクダハンから サヴアンナケートに渡り ラオス南部を 3週間 さ迷い歩きました。 大晦日は ボラバン高原の「タッロー・リゾート」で ラオスには につかわしくない場所で 優雅に21世紀の到来を迎えました。 出国は パクセーから 新しく出来た メコン橋を越えました。 

2001年の夏・雨期に 2週間 タイ・コーンケーンのラオス領事館で VISAを取得し 友好橋を渡り 北東部サムヌアから ナムヌーンを経由して シェンクワン/ポンサワン/ジャール平原へ 移動しました。

(1) ムアンシン >> ルアンナムタ >> ウドンサイ >> (パックモン) >> ノンキァウ >> ヴィエンカム >> ヴィエントン >> ナムヌーン >> サムヌア
(2) ポンサリー >> ムアンクゥア >>ウドムサイ >> (パックモン >> ルアンプラバン >> バンビエン >>ヴィエンチャン >> タケーク >.> サバンナケート>> パクセー > >アッタプー・・   (3) サムヌア >> ナムヌーン >> シェンクワン    と 西から東へ(国道1号線)、北から南(国道4号線+13号線・18号線) を陸路で 年月を空けず 走破しています。

 無謀とはおもいますが ラオスでは 旅事情が大きく相違すると感じますので  ルアンプラバン以北を「北部」(北シリーズ)、以南を「南部」(南シリーズ)として 使い分けて記述しています。

通  貨

 当然 ラオスの通貨はkipですが ラオス愛好者は 何等かの形で タイ・バーツの 感覚に親しんでいると思いますので 
10バーツ=2000kip換算を 今後の報告で多用させて下さい。50,000kipは 250バーツとなります。1USドル= 7,500キップ。 
昨年9月の政策意図的換算レート 10バーツ=1600kip 地方では瞬間=1000kip もありが 影を潜めていました。
 秋には 1USドル= 8,200キップで 「ドル高・キップ安」が さらに進行していました。
 2001年の夏には 1USドル= 9,200キップと さらにキップ安が 加速していました。ただし 1バーツ=200キップは変化がなく ラオスには USドル所持が お得。 また 地方では両替レートが悪かったのが 今は 都市部と大差がないようです。

気  候

 乾期の真只中で 雨はほとんど体験せず 北部のウドンサイ・ボンサリーで 各1日  朝方に小雨程度と 南部のアッタプーで1日だけ 雷を伴う4時間程度の大雨を経験しただけでした。
 川の水量は少なく 道路は乾燥仕切っていました。あちこちで蝉の声が喧しく トンボ も目立ちました。後で 報告しますが 船での移動の不安および「土ぼこりシャワー」 洗礼を経験します。しかし 橋の設置が乏しい道路の場合の移動は この時期しか困難とも思えます。
 秋の北部は 雨はまつたく無く あちこちで稲刈りが見られ 木の葉も色付くものがある等 日本の感覚とは相違しますが ラオスの他の時期に比べれば「秋」の感。朝晩は めっきり涼しく というより 寒いくらいになります。
 雨期には 道端の地盤が緩んでがけ崩れが多発し 水分をたっぷり含んだ土砂が道路を塞いで 通行困難 あるいは 目的地到着に相当の時間を要するケースが あります。

情報源

 日本国内で入手できる ラオスの情報源・ガイドブックとしては「lonely p..、ラオス 」版と日本の「旅行.、メコンの.」版と思いますが 今回は詳細記述という点で「lon..」版を使用しました。
 しかし ここ数年急速に事情の変化激しく かなりの部分で現状とのギャップが目立ちました。どの国のガイドブックも参考にしか過ぎないのですが 特に ラオスは 最終 的に自分の足と耳での現地での 都度の情報入手・聞き込みが不可欠であることを再認識しました。 「lon..」版を 信じ込んで 裏切られる場面が 多かったです。

2000年の5月に 何とも中途半端な情報ではあるが 「地球の歩き方 ラオス版」が 出版された。

移  動

 結果として ラオスの客輸送として使用されている全種類・サイズの手段を経験したと思います。
大型バス・ミニバス(マイクロバス)・トラック(8人乗り、12人乗り、24人乗り 、45人乗り)、そして 耕運機リヤカーにも。いずれも 現地では「バス」(ロットメー)で 通じましたが。

 飛行機での国内移動は ラオス航空のみです。地方飛行場では まだ レーダー装備が未熟であり 悪天候の場合には 相当な危険を覚悟する必要がある。日本外務省も 機材に不安がありとの注意喚起。ルアンナムタ=ヴィエンチャンは ジェットだったが 大半は プロペラ機。 多分 オンライン化していない為だろうが 往復切符の購入は困難で 帰路便は 到着した町のラオス航空事務所に出向いて購入。地方でも 出発の時は 飛行場で 必ず パスポートのチェックがされる。搭乗案内は無いので 現地人の動きを注意してみていて 合わせる必要あり。飛行場に直接出向いて 購入できることもあるが ヴィエンチャンでの 国内線航空券購入は ラオス航空事務所のみで購入可で 外人は 国際線用の窓口へ。座席指定は無いので 窓側座席を希望するならば 先手必勝。支払は USドルのみ。

移動/北部

 北部では 一度だけミニバスを経験しましたが 基本はトラックの荷台にベンチを取りつけたもの(タイでいうソンテオ)のみ。
悪路の振動激しく 臀部・お尻の打撲傷を経験。現地人は慣れているようですか 不慣れな当方は ついつい どこかにしがみつく習性が身に着き 結局 手の握力・腕の筋力運動を常時 丹念に行う結果。最長13時間、トラックの旅を経験 ほとほと もう 充分と感じました。
また 経営感覚に秀でた運転手は 客の積め込みテクニックに長けており 隣りの席  前の席と 自分の快適なスペース確保の静かな闘いにも 熟練。

移動/南部

 ヴィエンチャンから南方面に走る国道13号線には バスの横に日本の国旗を印した  新車の韓国製のバスが日本政府援助により導入されており乗り心地は快適。
幹線道路から東方面へのバスは 例の写真で良く見る 荷台にバスのシートを並べた大型トラック(荷客相乗り)が主役。

バスターミナル

 北部のターミナルは ほぼ街中にあり 徒歩での移動も可能だが 南部では 必ず 街 外れにあり 街中との移動は 値段交渉前提の 小型トラック・トゥクトゥク等利用が 不可欠。タケークとパクセーでは 北方面と南方面バスのターミナルが別々。
ルアンプラバンも 北方面と南方面のバスターミナルが別々

南部・セコンのバス発着は 町の北端に 貧弱な一応のバスターミナルガあり バスは 市場周辺、国道沿い、そして このバスターミナルと 3ヶ所から発着するので 行き先・出発時刻により 充分な注意・確認が必要。

出発時刻は 南部では 定刻がほぼ存在。
北部では 聞けば一応の答が返ってくるが 客の集まり次第。凄まじく早くも出発する し 何時間経っても出発しないことも多々。白人は「crazy」と怒っていたが。これも  この国のシステム。 急ぐ旅であれば 朝7時前にはターミナルに行き 乗客が比較的集まる 初発バス狙いがベター。

▲このページの先頭へ

道路/北部

 少なくとも フェーサイとルアンナムタ間は 道幅拡張工事進行中ですが 小川に橋がなく 舗装もなく 水はけ悪く 雨期の増水時には陸路での移動は極めて困難 というより 不可能の状況。
このルートは 太い樹木が残る壮大な森林 自然 山岳民族の集落を多数通過する魅力 あるので 今回は 中国ナンバーのトラックに相当数スレ違いましたので いずれは中国の援助により立派な道路に変身するのではと期待しています。
概して 北部は舗装済でも その後のメンテが不充分で 穴凹が多く スピードの上がらないバスの移動には たっぷり時間を見る必要があり。 また バスの種類(中型・小型)性能(エンジンの老朽度)にも所要時間は大きく左右されますので 道程100kmだから 精々2時間などと期待すると ほぼ裏切られま す。パンク・エンストは当然の事象であり いかなる場合も 乗る前の軽食準備は不可欠。

道路/南部

 南部のメコン川と平行する国道13号線は 日本の援助もあり ハイウェーともいえる程 立派に整備済み。数年前のガイドブックには このルートの陸路移動は困難、メコン下り以外は不可能とされていたのが嘘の様。逆に 現在は 現地人も船の利用は激減の様子。
ただし サバンナケット県内は 依然工事中で 迂回する道路は旧道の模様であり ここを通る限りは やはり雨期には移動不可能の面影があります。今年中には 全面開通の節。
2000年末に 工事完了を楽しみにして 敢えて 再度 バス走行した サワンナケートとパクセー間は 工事が進行するにつれ あちこちで地盤強化のため道路が掘り起こされており 虫食い状態となり 全線仮道路走行とまで言える状況で 最悪。
 この区間の舗装工事が完了し 2002/MAR/06に 供用を開始したとの情報得ています。
パクセーとアッタプー間は パクソンを経由して ボラバン高原を横切る新ルートの工事中で 完成すれば新たな観光ルート間違いなしの感。ただし 途中 あちこちに「UXO」(地雷)の注意書がありましたが。

荷  物

 荷物は 北部ではトラックの屋根の上が基本で 直射日光・土ぼこり・激しい振動に耐えられる荷造りが必要。また トラック内の足下に置くとしても その上に重い荷物が載せられる ドンと座られる 他の荷物の水汁を浴びる 匂いが着くことも充分想定す る必要あり。

南部では バス内持込み バスの屋根の上 トランクを経験しましたが 北部と同様の注意が必要。サラワンとパクセー間の韓国製の古いバスでは トランク内に 生きた豚2頭が そのまま格納されるのを見ました。荷物が一緒だったら? 到着後 掃除する のだろうか?

宿泊 その1

 「visit Laos year」効果もあり 新しい快適な宿泊施設が出来ていますので ガイドブックに頼らず 到着後 自分の足 あるいは ターミナル等での聞き込みが不可欠。 街外れにあることも。
「lon..」版に記載の宿泊施設は 老舗であり 相応に利用価値はあると思いますが  ラオスでは =古い=汚い=白人優先・御用達が相場と感じました。時には 覗き穴も 。記載の宿泊料金は その後のインフレ激しく 全く参考にならず。

G/Hの相場は 
北部では 一人 高くても30,000kip。10,000kip(50バーツ、ファン 付・共同水シャワータイ式トイレ、蚊ネットあり)が太宗。

新築開業のG/Hは 40,000キップ程度が相場になりつつあります。VISIT LAOS YEAR効果から 外人観光客相手のG/H経営は 旨味があると判り急遽開業した方も居るようで 英語はpoorなG/Hも。 どう見ても 現地人と外人の2重価格制と思われるG/Hも。


南部では タイ側の影響とも思いますが 様変わりし 10,000kipは少なく 北部とほぼ同様の施設で 2倍・3 倍の 20,000kip(100バーツ)から30,000kipが主体でした。 北部では ルアンプラバン以外 ドル支払も可能な高級ホテルは見当たりません。南部のアッタプーでは 開業記念ということで オール込みで10ドル(370バーツ)の高級ホテルを 好奇心から泊まってしまいました。

宿泊 その2

 北部の そこそこの建物のG/Hで 看板はラオ語・英語・中国語の併記でしたが 白人宿泊者は皆無でした。不思議に思い 受付の主人を見ていると 一切英語を話さない で応対し 白人が敬遠している様子。 後で 主人は相応に英語を話せることが解り 尋ねてみると 英語しか話さない横柄者は積極的に対応しない方針とか。ディスカウント交渉当然可能ですが 宿泊代は相場の2倍で表示していました。 おかげで 現地人宿泊客から 生の情報を ゆっくり仕入れることができ こんな泊まり方もあるものと 感じました。当然ですが 北部では中国人、南部ではベトナム人宿泊客との交遊も楽しめます。 

 南部のサラワンで 春に宿泊した 3歳の娘の名前を付したG/Hに 2001年新春にも お世話になりましたが 経営方針が一変していました。主人が曰く 「単価が高いと聞いたので外人観光客狙いに これまでの食堂only経営に加えて 食事メニューの英語表示とか G/Hを増築してopenしたが 外人相手とする程の宿泊客数が確保できず 一方で 外人が食堂にタムロしていると 現地人飲食客が敬遠してしまったので 現地人優先に戻した」とのこと。英語メニューを 食堂から取り外し 宿泊希望で立ち寄る外人観光客には いかにも 英語がpoorなG/Hに映るように対応しているとのこと。現地の役人・中国系・ベトナム系の RICHな客の方が コンスタントに収入を確保できるとのこと。簡単に ”VISIT LAOS YEAR”ブームに 乗っかると 落とし穴が ということか?

▲このページの先頭へ