「Isan Textiles」 by Patricia Naenna
Thai Textiles published by Chiang Mai University,1996

(未定稿) タイの布を知るために  私の独善的発想で 日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。
 著者は シンガポール人の女性で タイ・チェンマイに染織工房を持っていて チェンマイ大学の講師でもあり 英語による染織レッスンに参加された日本人も多いと思います。 タイ東北地方の織物がたくさん紹介されていて興味深いものです。 タイの織物を全地方にわたって広範囲に記述していることもあり 部分部分では 言葉足らずの感もあります。Patricia NaennaさんのHP があります。チェンマイのスタジオの地図も掲載されています。

1 概説

 ”イサーン(isan)”とは タイ語で「東北」を意味する言葉で コラート高原に位置する17の県からなる地域です。 北部と東部は メコン川でラオス人民共和国と接し 西と南は コラート高原の山並みが連なっています。 この地域は 北部、中央部、南部と 三つに区分されて 色々言及されることが多いです。 中央部とは コーンケーンの南辺りからブリィラムを結ぶ線の東西地域で メコン川流域も含まれます。

 イサーンは 大変長い歴史を有していて 必ずしも 今のような 乾燥した地域ではなかったようです。 40年前は 木々が生い茂り 糸の染めに用いる天然材料も 豊富でしたが 今日では 天然染料として見られるのは 水を大量に必要としない 藍(インドあい)、昆虫のラック程度になっています。

 イサーン北部には もっとも古い定住民族が確認されていて 紀元前3600年頃とされるバーン・チェン文化として知られています。 紀元前2700年頃には 青銅器文明が発達し 紀元前700年頃には 綿、麻の布が作られていたことが確認されています。 筒状の土器表面の凸凹した模様に 色素が付着しているものが見つかっていて これは 多分 布を押しつけて 布に模様を描いた跡だろうと推測されています。 バーン・チェンの先住民族は プリント模様の布を使っていたか 着ていたと思われ その模様の要素が変遷していることから 東南アジアの他の地域と交流も行われていた 可能性が高いのです。 バーン・チェン文化は 紀元後3世紀には消滅しました。

  その後 8世紀が過ぎたドヴァーラヴァティ時代まで 確認できる文化は存在していません。 この文化の人達は 石を削る文化を持っていて 仏像を形どったものも いくつか発見されていますが 一般の人達が布とか 服を着ていたことを示す証拠は何一つ見つかっていません。 彼らの石彫刻に見られる服装は インドスタイルの物を着て 釈迦の一生の物語に登場する人達のものです。 多分 紀元後1世紀以降 扶南とかチェンラー等のインド文化の影響を受けていた国々からの影響が強かったのでしょう。一般庶民大衆は その土地固有の布、服装を着始めたのでしょうが 貴族などは インドスタイルを守り続けたのでしょう。

 今日 イサーンで見られる織物・服装形式は 大きく分けて三つあり ”ラオ系” ”プータイ系” ”クメール系”です。

 これらの織物・服装は 民族として区分する時にも用いられていますが 単にどの民族かということだけではなく 富裕度、社会的地位なども示していて 多分 どの村出身なのかも判断できることもあります。 イサーン北部と中央部の地域は ラオスのランサーン王国(1353〜1707年)に 南部の地域は アンコールのクメール王朝(1050〜1431年)に 統治されていた時代があり その後 アユタヤのサイアム王朝に統治されました。 メコン川を挟んで ラオスとイサーンの人々は血縁的には強いものがあります。 プータイは ラナス南部のセポン及び周辺の町(ムゥアン)からイサーンに移り住んできています。

 イサーン北部の織物は 主は 緯絣(マットミー)と浮織り技術が用いられた木綿のものです。 (1) べトナムから移住してきた”タイ・ラオ、(2) ラオ・プゥアン”と ニョー、ユイ、カルーン、サク等と呼ばれている”タイ系少数民族グループ”、(3) それと 今ではラオ系グループと似たような織物になっていて元もとの形が失われてしまっている クゥイ、ブルゥー、ソー等の”モン・クメール”  これらのグループによって 織られています。

 メコン川流域からイサーン中央部に亘って住みついたのは 絹織物の長い歴史を持つパクセー、サヴァンナケート辺りから移り住んできたラオ系の人々でした。 これらの人達は 絹絣と浮織り(キット)の技術を この地にもたらし 19世紀の後半には 国王ラーマ5世(注;1868〜1910年、日本は明治時代)が進んだ技術を導入したこともあり 今では 輸出商品として素晴らしい絹織物を生産しています。 プータイ系も ラオスから カーラーシン、ムクダハーン、チャヌマーン方面に移り住み 経浮織り、絹絣、緯浮織り(キット)等 の技術をもたらしました。

 イサーン南部は クメール系が住んでいて 綾織とか綜絖を3枚使う形式(サームタコー、サーム=3枚 タコー=綜絖)の絹絣等が特徴的です。

 今日では イサーンは最も貧しい地域の一つなのですが 農耕作業の時でさえ絹織物を着ています。 それはこの地域は乾燥しすぎていて 綿花の栽培に適していないからで 蚕・繭を飼育するのに必要な桑の葉だけがあれば足りる絹織物が 安上がりだったということなのです。 クメール系の人達が使う織機(ハタ)は イサーン北部とか中央部で見られる織機・ハタとは 形が違っています。 この地域のラオ系の人々は メコン川沿いに住んでいて ラオス中部と同様の 独特の絹織物を作りますす。

 イサーンでは 衣装、家財道具としての織物、お寺寄進用の織物と 用途に応じて 色々な織物がありました。 衣装は どの民族に属していて どの地位にあるかを示すと共に その布を織った人の技術を誇示するものでもありました。 女性用の織物は 男性用に比べて 華やかで 特に 儀礼用の衣装は美しいものでした。 日常着は 実用的に作っていて 普通は 質素なものでした。 しかし 結婚式、お寺の行事、葬式、高官との公式行事、法事、例年開催される各種のお祭り等々に着用する 儀礼用の織物は 費用とか 時間を惜しげなく使っていて 最上の品質となり 織りの模様・技術も手の込んだものとなっています。

 かつては 織物の巧拙が 良妻と判断する最も重要な要素とされたので 若い妙齢の女性が 自分の織物の技術を周囲に誇示する絶好の機会であり 結婚相手として いかに相応しいかをアピールする場でもありました。

▲ このページの先頭に戻る

2 女性用の織物

パーシン(筒状スカート)

 イサーンの女性が着用する伝統的な服装は「パーシン」と呼ばれる筒状のスカートですが 北部、中央部、南部では 趣を異にしています。

イサーン北部

 この地域では 日常着は藍染めの木綿の絣を用いており 丈夫な幅の狭い裾布があり 無地か縞模様のある腰布部分を付けます。 ウドンタニー県、ノーンカイ県のバーンチェーン村、バーンサーンサ村、バーンフゥアイソム村あたりが有名です。 儀式などに使う正装用としては 地元の木綿布か または メコン川流域のラオスかイサーン中央部で買いこんだ絹布を本体部分に使い ジョク(縫取り織)技法を用いた裾布を 付け足します。

 緯幅の狭い織機(ハタ)を使うため スカート丈は ふくらはぎ までです。 これは ラオスの伝統的なスタイルです。 着た時に筋が垂直になる形の緯かすりで 模様は 菱形、蛇、星形、ヤシの実、草、木、鉤形などです。 これらは キット(浮織り)とか絣の模様として ラオス各地でも見られるものです。 タイ系少数民族グループと ラオスが融合していて クラシック模様と言われています。

イサーン中央部

 この地域の「パーシン」は ラオ系とプータイ系のものです。 日常着としてのパーシンは どちらも イサーン北部と同様に 木綿のかすりです。 しかし 儀式時などの正装用は 絹を使い 模様デザインは木綿のものと良くにていますが かつては 天然染料を用いた自然染めだったのですが 絹の風合いにマッチした 様々な色を使っています。

 ラオス系の人達が使っていた織機(ハタ)が ラーマ5世の時代以後 改良が進み ハタの幅が広くなり 織り布の幅が充分になったので 裾布を付け足す必要がなくなりました。 平織の普通の布か あるいは 縞模様の入った 木綿または絹の腰部分の布は 使っています。 ハタが広く改良されるまでは 絹のパーシンには チョク(縫取り織)での 華やかな裾布が付け足されていました。 「シン・ミー」と呼ばれる ラオ系の人達の絹のパーシンの地色は 紫、緑、橙、茶、赤などで かすり模様です。

 普段 年輩の女性が着用するパーシンは 「シン・ティウ」(ティウ=線、帯)です。 これは 経糸の一部に 鮮やかな赤い糸を使っていて 着用すると水平線状のライン模様になる 藍染めの木綿のスカートです。 年輩の女性が着用する織物には もう一つあって 「シン・マイコーム」とか 「パー・マイケーン」と呼ばれていて 2色の糸を撚り合わせた絹糸を織りこみ 縦状のライン模様となっているスカートです。

 カーラーシン、ムクダハーン、チャヌマーン方面のプータイ系のスカートは 彼等特有のものになっています。 従来からの幅の狭い織機(ハタ)で 平織の絹のマットミーのパーシンを織っています。 鮮やかな色彩を用いたラインで 二つ または 四つのボックスが並んでいるように配置した模様が特徴です。 伝統的には 深い紫、茶色を地糸に使い 模様には 黄色、赤、緑色などを使います。 模様の形は 大小のダイヤモンド形、鉤形、ナーク(蛇)、ヤシの実、星形です。 パーシンには 木綿または絹の裾布が 付け足されます。

 肩掛け布(ショール、パーサバイ)と同じキット技法で織られた 普通 地色は赤で 縞模様がある腰布も付け足します。 イサーン北部のラオ系と同様に プータイ系が 普段着用するパーシンは 藍染めの木綿製で 模様には色を使わず白だけで 裾布と腰布部分が付け足されています。 プータイ系の人達の村は カーラシン県・カムムウアン地方のバーンポーン村、ムクダハン県・ノンスーン地方のバンプー村が 良く 知られています。

イサーン南部

 ウボン・ラチャタニー辺りで見られるラオ系のパーシンのスタイルは 前述のイサーン中央部のスタイルと似ていますが 「シン・ローン」と呼ばれる 独特なパーシンがあります。 縦縞状に 金(銀)糸の織りと マットミーが交互に織りこまれているものです。 赤、緑、紫の3色のストライプで 銀糸で織り込まれた菱形模様が入った 「フゥア・ジョクダオ」と呼ばれる 腰布部分が付け足されています。裾は 浮織り模様です。

 最も上質のものは 平織の絹生地にひし形模様等が浮織りで織りこまれている インド風の”イャラバッブ”スタイルのパーシンです。 浮織りの裾布が付きます。 裾布の模様は ヤシの実、ナーガ、馬、幾何学模様等です。 産地として 有名なのは ウボーン県至る所で見られますが ウボーンのバーン・バアウ村、アムナートチャロンのバーン・ブゥアイフゥアドン村、サームシップのバーン・ソンヤン村です。

 イサーン南部の織物は クメールの影響を受けています。 男性も 女性も そうですが 伝統的な布は 絣か平織で織られた 「パー・チョンクラーベン」と呼ばれるものです。 腰に巻くか 折り重ねて 前で布の両端をしっかり結び 股の間を 前から後に通して 腰の後で 端を中に巻きこんで止める布です。 この着用方法は インドの影響を受けていて 布地の模様も インドの宮廷で着用されていた「パトラ」の影響を受けています。 パー・チョンクラーベンという着用方法は タイの人には 古めかしい(ダサイ)と映り 第二次大戦以降の国勢発展とともに だんだん廃(すた)れていきました。 

 タイの巻きスカートは クメールから取り入れたもので 元々は クメールの3枚綜絖方式のハタを使って織られていたのですが 徐々に 古くから使っていた幅広の裾布・腰布が 単純な白い木綿の腰布に変わって行くことになりました。

 今日では 古くからのマットミー模様とされているのは 「ミー・ホル」と呼ばれているもので 赤の地色に 黄色、緑、黒色などのストライプを織りこんだものです。 これらは 礼装としても 日常着としても 着用されますが 古くなったもの、質の良くない絹糸を使ったものは 日常着になります。 第二次大戦以前には 「パーチョンクラーベン」の裾布の面影を残した マットミー模様の裾布を付けた巻きスカートが 劇場の踊り専用として作られていました。 

 クメール系の人達によって織られている女性用の巻きスカートで 素敵なデザインがあります。 「アム・プロム」と呼ばれている模様で 赤・緑の格子柄の地に 白の点模様を配置した経緯がすりです。 他には 「サモー」と呼ばれ 赤の線枠に緑、黄色の格子柄を織りこんだものです。 「サクゥー」という 赤の地色に緑、紫の格子柄が織りこまれたものです。 スゥリンの周辺では バーン・クワァウ村、バーン・サワイ村、バーン・チャンロン村などが 織物の村として知られています。 これらの村では 今でも 繭から手紡ぎで絹糸を作り 天然材料を使って 染めています。

 イサーン中央部の コーンケーン市に近い チョンナボットの村では 今でも クメール・スタイルの織物が織られています。 バンコクの国立博物館にも収蔵されている 「パー・プゥーン」「パー・ナーナーン」という 昔の模様の面影が残っている織物です。 縦糸を 巻いて強く引っ張るために 平板の千切り(ちきり、縦糸巻き)を使う クメール式のハタを用いています。 3枚の綜絖(サーム・タコー)を使い 模様が裏表になる形で 織りこんで行きます。 化学染料(アニリン)とか輸入物の絹糸も使って 幅40インチで 複雑な模様を 様々な色糸で 織られたマットミーです。 

 織り人の多くは男性で 女性は 男性のように 絹糸を しっかり 確実に括るのは無理なようです。 ここの織物は コレクター(愛好家)の注目の的で 国主催のコンクールが開催されています。

 プゥリラムでは ”赤裾の巻きスカート”を意味する 「シン・ティン・デーン」と呼ばれる ちょっと風変わりな巻きスカートがあります。 一見 ラオスの織物を思い起こすタビー織りですが 幅が広く この織物の名前の由来でもありますが 布の両端に赤の縦糸を使い それ自体を見せて織っている織物です。 黒または茶褐色の地糸に 赤、黄色、緑の絣の緯糸を使い 模様柄は 大き目です。

上着・ショール

 20世紀に入って取り入れられたもので 元々 イサーン地方の伝統では 上着を着ることはありませんでした。 ただ プータイ系だけは例外で 短い立て衿、長袖、前開きの 木綿の藍染めの上着を作っていました。 首回り、袖裾、前開き部分に紋織りまたは刺繍の飾りが付いていました。 上着の代わりとして ラオ系、クメール系の人達は 日常 模様が入らない 藍染めまたは白の木綿の布(ショール)を 肩から掛けて胸の周りに着けていました。 礼装用には 上半身を巻いて どちらかの肩に掛ける 模様の入った布を着けました。

 この布は 「パー・ヴィアン」「パー・ホーム・ラーイキット」と呼ばれているもので 今日では 上着の上に着けます。 イサーン北部・中央部の人達の 典型的なパターンは 浮織り技法で帯状の幾何学模様が入った 木綿または絹の赤い織物です。 両端は赤い地だけで 房は付けません。時には より長くするために 両端に 「パー・ホームラーイキット」と呼ばれている布を付け足すこともあります。

 男性も 踊りの時の頭の周りに、何か特別な際に 首の回りにゆったり巻く布として この布を使います。ただ イサーンのほとんどの地方では 今は この伝統的な布を使うのは珍しくなっていて 町で売られているタオルを使うことが一般的になっています。イサーン北部の人達は 中央部に住むラオ系の人達と同じ布を使っていたと聞きますが 確認できるものはありません。

 しかし プータイ系は 長さの単位の1ワー(約2m)を意味する 「パー・プレ・ワー」と呼ばれる肩掛け布・ショールの伝統を維持し続けてきています。 赤の地色に 黄色、緑、橙色、淡い青、ピンク、紫、黒色を使って タイの伝統的な模様 つまり 鉤、蛇、鳥、川の表面の流れ模様などを帯状の中に織りこんだものです。 より複雑で華やかなものは 織物全体に 花を思わせる模様を作る ジョクと呼ばれる縫取り織技法で 織られたものです。 今日では 化学染料を使っていますが 絹糸は上質で カーラシン県のバーン・ポーン村あたりで織られています。 片方の端を胸に巻いてから もう一方の端を肩の上に掛けて使います。 ラオスのパー・ヴィヤンよりは 房が付いていず 少し短めです。若い男性も 冠婚時などには ちょっと格好をつけるため この布を使うこともありますが 普通は 女性の礼装用の布です。

 プータイ系には 「パー・モン」と呼ばれる ハンカチ状の小さい四角形の素敵な布もあります。 ラオスのタイ・プゥアン族の若い女性がボーイフレンドにプレゼントするために織っていた「パー・モン」に似てはいますが どのように使われていたのかは ハッキリしていません。 今は プータイ系の女性は 結婚式など冠婚時に 頭に巻く布として 時々 この布を使うことがあります。

 イサーン南部で使われるショールは ひし形模様を織りこんだ 白またはクリーム色のものです。元々は 礼装用で 胸を覆い隠すものでしたが 今日では 上着の上に ゆったり巻くものとなっています。かつては 白のショールと交互に使われていたようですが 今は 葬式の際に着られる 黒い地のショールもあります。

▲ このページの先頭に戻る

3 男性用の織物

 イサーン地方の男性は タイ全土でそうですが 普段は いまや 標準服と言えるまでになった 洋服を着るようになっています。 農作業など仕事をする時は 上着を着ず 「パー・カァウ・マー」と呼ばれる 無地か格子柄模様の 木綿の長い布を使います。 プータイ系の男性には 腰から膝にかけて刺青をしているのが見られますが イサーン北部では刺青は あまり見られません。

 国王ラーマ5世時代以前のファッション・スタイルなのですが 上流社会の男性及び正装としては 白の丸首シャッ、時にはシャッ無しで インドの影響を受けている「サロン」と「パー・チョンクラーベン」を着るものです。 サロンは 絹製で 「パーマイ・ケーン」と呼ばれる太めのコントラストのはつきりした糸を使った格子柄模様で 織られています。

 イサーン南部では 緑、ピンクの色が好まれ 北部では 青、赤ノ色が好まれます。 サロンは 洋式の服装が取り入れられてからは 徐々に 着用されなくなり 今では 木綿または合成繊維製で作られ 寝巻き的に使われているだけです。

 「パー・チョンクラーベン」は 絣(かすり)か 2色の太めの糸で織られていました。 村の一般的な男性は このパー・チョンクラーベンは 自分の結婚式と死んだ時の二つの場面だけで着たものでした。 これに似たような織物が 自分の棺桶を覆うため あるいは 自分の家族の誰かが死んだ時に 使うための 葬祭用の織物として 家に準備されていました。 かすり織りのパー・チョンクラーベンのスタイルは 「パー・ムゥアン」と呼ばれる平織りの紺色のシルク生地 あるいは 「パー・ハーンクラローク」と呼ばれる 儀式の時などバンコク等タイ中央部で使われていた 太めのシルク生地 が公式用の服として採用された 国王ラーマ5世の時代あたりから 廃れていきました。

 「スゥア・モーホーム」と呼ばれる藍だけで染めた半袖のシャツと (柔道着のような)お尻部分が少し下がっていて たっぷりタックが取れるように ゆったりしたウェイストとなっているズボンが 中国商人と地主の影響から 20世紀初頭には 標準的な労働(作業)着となりました。 今日でも このスタイルは あらゆる場面の作業・労働時には 伝統的・一般的なものとなっていて 「パー・カァウマー」(白い馬の布の意)と呼ばれる 黒白または赤白の格子柄の布が 腰のベルト替わりに着用されています。

 男性用のショールも 伝統的に イサーン地方全土で用いられていました。 イサーン中央部では 踊りの場面では顕著ですが 肩に掛ける あるいは 頭に着けるなどして 女性スタイルで 「パー・ホームラーイキット」を用いていました。 プータイ系の未婚の男性は ある娘が誰以上に好きだということを示す目的で その娘の着けている「パー・プレ・ワー」より素敵なものを着けることもあったようです。

 イサーン北部では 「パー・カァウマー」が 色んな場面で広く使われるのに対して 儀式用として 格子縞模様の絹の肩掛け布(ショール)が使われていました。 イサーン南部のクメール系の男性は シャツは着ないで 碁盤目状模様の絹布を ショールとして使っていました。

 シャツは 社会的に地位の高い人のみが着用し 輸入物生地で 立て衿、腰周りがくびれた形のものでした。 「スゥア・ラート・パテン」と呼ばれるスタイルに似た短めのものでしたが ペルシャの上着のように 豪華なブロケード装飾のある コートとも思える程の長いシャツを着る人もいました。 時代とともに タイの男性服スタイルは 洋式に代わって行き 仕事、公式、行事などの際に 急速に洋装スタイルが浸透しました。

4 家財道具の織物

 過去には 家財道具としての 必要な布は 手づくりで織られました。 今日では 町中で買うことが多くなり 手作りの枕、布団などは少なくなりました。 イサーン地方の 伝統的な枕は タイの北部でも見られる 小さい四角柱状の枕で 両端は無地ですが 中心部分に模様があります。 木綿を使ったキット技法で 普通は 地は白で 模様には 赤と黒が使われます。 三角形の枕(モーンパー)は お寺に寄進するもので 模様が織り込まれています。 模様柄は マットミーに用いられるものと似ています。 木綿のマットミーは 枕の生地として使われることもあります。

 カーテンは キット技法で織られ 何枚かのものを合わせて 平織りの白・赤・黒または木綿布を縫い付け足して 使います。 ドアの代わりとして長い暖簾のように吊るしたり 部屋のパーティションとして使います。 特に 新婚さんのプライバシーを守ってあげるために 結婚式の時などは パーティションとして 活用されます。

 ブランケットは 無地1色か 格子柄で 色々な技法を用いて作られ 1枚の布か それとも2枚の布を真ん中で縫い合わせたものでした。 時には 袋状にして その中にカポックを詰めることもありました。 木綿の藍染めで 片端にキット技法で模様を施した布団も作られていました。 プータイ系は 白、橙、黒で模様を施した 黒か赤の 縦浮織り技法(ムック)を用いた 「パー・チョン」と呼ばれる 変わったブランケットを持っていました。 この布は 寒さを防ぐのに使われ 棺桶を覆う布としても使われました。

5 お寺の織物

 お寺に寄進する 平織りの小さい布とか お経の本を包む表紙の布は その土地の年長の女性が 主に 作りました。
 長さのある幟(のぼり)も織られましたが イサーンでは 普通は 竹片を加えて 幟を補強することはしませんでした。 木綿か絹の素材の橙・赤・白色に作られた帯状の枠の中に キット技法で 赤または白の模様を織り込んでいました。 使われた絹糸は 布に強さを保つために 普通は しっかりしたものを使いました。

 模様は お寺(プラーサート)、人、象とかの動物、神話上の創造物、鳥、幾何模様、蛇の頭がボートの形をなす もの等でした。 お寺用の幟(のぼり)のもう一つのパターンは 緯糸の一部として 竹片を使って模様を形づくっている 木綿のものです。 白無地の木綿と絹の布は お坊さんが着る布 あるいは その他お寺で日常使う布として お寺に寄進されました。 お坊さんは それらの布を お寺用の色に染めました。

 白の木綿布は 「パー・プラ・ウェッ」という 長さが20メートル程度で 多彩な色具を使って ブッダの一生を描いた布としても 用いられました。 今日では 最早 織られてはいませんが 古布には お寺の高僧の瞑想用に ジョク技法を用いた 正方形の座布団も 見られます。

 プータイ系では 結婚に先だって 花嫁予定者が、ラオス系の人達では 息子の母親によって 棺桶を覆う布が 織られていました。 プータイ系は パー・プレ・ワーに似たデザインで 葬儀用の 浮織りの絹製のブランケットも 作っていましたが 葬儀用のものは 通常のものよりは長めでした。 遺体の上に竹でテントのように築かれたものに 3枚の「パー・チョン」を 掛けることも ありました。 ラオ系の人達は 棺桶に掛ける マットミーか 太めの絹で織られた布も用いました。

 こういった素敵な布は 家宝として 代々引き継がれましたが いくつかは 火葬の際に 一緒に 燃やされる布もありました。

▲ このページの先頭に戻る