タイシルクtitle

「Thai Silk」 by Jennifer Sharples
published by Post Books,1994

(未定稿) タイの布を知るために  私の独善的発想で 日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。
この本の著者は 出版ジャーナリストの模様であり 染織関連の記述には 若干 舌足らず、不正確、不明瞭と思われる部分が多く 正確な知識とするには その他の著者、文献と対照する必要があると思われます。

From Cocoon To Loom (タイ織物の工程)

 タイの絹糸を作る工程は 複雑で 大変な時間が必要とされるものです。 タイの気候は 絹糸を作るのには適していて 年間を通して生産できます。 タイの中央部、東北部では 米の収穫が終わる頃になると 絹織物関連の仕事に取り掛ります。 若い娘達は タイの伝統的なスタイルの家の近くにある織り機(ハタ)に向い お母さんの指導宜しく 織物の技術を覚えこみます。

 織物をしっかり出来るということは 家計を助ける一助になりますし 結婚式とか 葬儀の際に自分が着るためでもありますし お祭りの時なんかには素敵な彼氏を射止めるのにも役立ちます。 女性にとって 織り物とは 一人前の大人として認知され いつでも お嫁に行けるということの 資格証明書みたいな物なのです。

繭・絹糸づくり

 絹織物生産は 住んでいる村の地域環境で若干の相違はあれ 基本的には 家内工業です。 最近では 桑の木を栽培して 蚕を育てて繭を売るだけの人もいますし あるいは 生糸は買ってきて 誰かに売るために それを染めて織るだけの人も います。 蚕の卵・幼虫を育て糸を作ることから 布として織物を完成させるまで 一貫して取組んでいる人は 少なくなりました。

 糸を吐くのは 全ての蛾と蝶が分類される鱗翅(りんし)目に属する昆虫には 全て見られるものですが 絹糸として利用されるものは 大きく分けて 二つです。 一つは いわゆる養育種の「カイコガ科」、もう一つは 野生種の「ヤママユガ科」です。 カイコガ科では カイコ(カサン)が 一般的に利用されています。家畜化された幼虫であり 餌は 大量の桑の葉のみです。 一方 ヤママユガ科の幼虫は 世界に500種あると言われ 餌としては 様々な木の葉を食べます。家畜化されたものよりは がっしりとしていて 絹糸は 色は 白というよりは ページュとか 黄色いものまであり 取り出せる糸も短くて ゴワゴワしたものです。 この種の絹糸は 良く タッサー・シルク と 呼ばれています。

 タイでは 二種類のカイコが育てられていて 一つは 二化性(1年に2回絹糸を吐く)で 機械織りに適した白い色の絹が産出され もう一つは 多化性(年間に絶え間無く絹糸を吐く)で 伝統的なマットミー織りに使われる手織り用のハタに適した 少しゴワゴワした黄色の絹糸を産出するものです。

 蚕の一生は 卵(カイ)、幼虫(トゥアノーン)、蛹(さなぎ・ダクデー)、成虫(蛾・ピィスゥア)の 四つのステップを経ます。 20,000個の卵から 15,000個の蚕が育てば まあまあ 成功の部類なのですが ロスを最小限にするために 「まぶし」という 仕切りのある特別なトレイに入れ 手厚く育てます。 最近では タイ・シルクの品質と生産量を上げるために 進んだ飼育技術と環境の下で 日本産の蚕が導入されつつあります。 蚕の幼虫は 繊細な生き物であり 手間がかかり 手間の掛け方で 絹糸の品質、生産量が大きく左右します。 幼虫には 適正な量の餌を与え続けるだけではなく 過敏なまでに隅々を清潔にしておく必要があります。 また 音とか匂いとか 周囲の生育環境には 極めて敏感な生き物です。

 成虫の蛾は 数時間の交尾のあと 雌(メス)は 300から500個程度の 縫い針の頭程度の大きさの灰色の卵を生みます。 排卵が終了すると 2,3日後に息を絶えます。 蚕の卵は 成長する時には 涼しい気候が必要で 孵化する時には 暖かい気候が必要です。 気候状況によって 10日間で孵化する所もあれば 10ヶ月間必要な所もあります。

 タイでは 気候が暖かいため 普通の環境下では 10日間で孵化させることが出来ますが 日陰などに置いて 24℃から28℃にコントロールして 約21日間かけて孵化させています。 蚕の幼虫は 孵化すると直ちに 餌を食べ始めます。 蚕の一生の中で この孵化直後が 敵虫の攻撃面、健康の面で もっとも危険な時期です。 この時期には 青々として柔らかい桑の葉を積んで 刻んで 一日に三度も 餌を与えます。 この作業は 気を抜くことは出来ず 時間どおりに 繰り返し続けなければなりません。

 28日間 この餌食行動を続け 通常に成長すると 体重は 驚くことに 10,000倍にもなります。 3インチ程度の大きさに成長すると 4回 脱皮します。 この時期には 孵化した頃の500倍に及ぶ量の餌を食べます。 充分に成長(熟蚕)すると 絹糸を吐き出す兆候として 頭を 持ち上げ始めます。

 まさに 絹糸を吐き出し始めるその時には 頭の先に付いている 絹糸腺と呼ばれる一対の管から 青味がかった黄色の粘液を分泌します。 この粘液で 繭を定着するためのネットを作ります。 これが出来あがりますと 一対の管から 絹糸の粘液を吐き出し始めます。 この粘液は 外気に触れますと 繊維(繭糸)になります。  2、3日かけて 頭を八の字に回転しながら 絹糸の粘液を均等に吐き出し 中心部から外側に向かって 巻きこんで行きます。絹糸で 幼虫は完全に かたびらのように 覆い包まれてしまいます。

 タイでは 蛹となって この状態で 約23日間(**二化性の蚕の場合と思うが。多化性では10日間弱) 過ごします。 550メートルから730メートルの絹繊維が産出されます。 1,650メートルの絹糸を吐き出すことができる蚕の種類もあります。

 タイの蚕では 100グラムの絹糸を作るのには 1,000個以上のが必要となる計算です。 単純に見積もっても 絹のネクタイ1本を作るのに500個を越える繭が必要であり ブラウスでは4,000個、イプニング・ドレスを作るとすれば 8,000個の 繭が必要となります。 出来あがった繭は 中に居る蛹(さなぎ)が殻を破って成虫になろうとするので それを防ぐ為に 繭を煮沸して 蛹を殺します(**結果であって目的ではないのでは? 煮繭は糸繰りを容易にするため 繭をやわらかくするのが目的では)。 タイでは 繭から絹糸を取り出すのは 伝統的に 手作業で行っています。 繭を選別してから 蛹を殺すためと 繭に付着しているセリシンを取り除くために 煮立ったお湯の甕(かめ)に 繭を入れます。

 V字形の切り込みの入った 木製の長いヘラ(プゥアンサァウ)で 繭を沈殿させて かき混ぜます。 繭に充分に水分を浸透させると 糸口が 繭の表面に浮き出て来るので それを10本か20本まとめて 木の枠に巻きとって行きます。 木製のヘラに付いているV字形の切り込みは この時に 糸が もつれたり からんだりするのを防ぎます。 次ぎから次ぎへと 繭の糸を 付着しているセリシンの性質を利用して 継ぎ足しながら 絹糸を引き出して行きます。

▲ このページの先頭に戻る

絹糸の品質種類

タイでは 繭から引き出される過程によって 三種類の名前で 絹糸が区分されています。

マイ・トン (または フゥア・マイ)
 これは 最初に繭から引き出される つまり 繭の表面の糸の名前です。この絹糸は 太くてキメが粗く 鈍い黄色味の濁りがあります。精錬、漂白の工程を経て 糸として利用しますが 太くて ゴワゴワした物になります。

マイ・クラン (または マイ・ソーン)
 マイ・トンが引き出された後の糸で スムーズに 糸を引き出すことが出来ます。一つ一つの繭の同じ部分の糸を繋(つな)いでいきます。 糸枠を用いて 絹糸の太さを 均等に そして 節(ふし)の少ない滑らかな糸に 出来あがります。

マイ・ノーイ (あるいは ヨ・マイ)
 これは 繭の最芯部から引き出される糸です。黄色で素晴らしい繊細なものです。いろいろ複雑な工程を経て この部分の糸は 最も価値のある 高価な絹糸となります。

 引き出しが終わって 糸枠に巻かれた絹糸は 残留しているセリシンを完全に取り除くために 熱いお湯に入れます。この段階では タイの絹糸は 黄色味を帯びています。糸を染める前に 過酸化水素か ライムの汁で 漂白して 日光で乾燥させます。 このように出来あがった糸は 数本の糸を撚りあわせるという「紡ぎ」の工程を 経て 絹糸となります。

染め、染料

タイでも 最近は 糸染めの材料として 輸入物の合成染料を使用することが大半ですが まだ たくさんの村では 草の葉、根、虫、土などの天然染料を使っています。

 藍色は クラーム(インド藍)と呼ばれる木の葉から、、赤色は インディゴラック虫(クラン)と巣 あるいは木の樹皮に含まれる蝋(ろう)から、、ピンク色は ヒンロウジの実から、、黄色は カー(**カヌンのことだろうか? とすればパラミツだが ?)と呼ばれるこの国特有の樹木、ウコン(カミン) あるいは パラミツの木芯(カヌン)から、、黒色・茶色は コクタン(マクルゥア)の実から、、緑色は タレーン(**根の部分を使って緑色を出す材料の名前は確認できないが ?)と呼ばれる草の根 あるいは クルミの殻(チャムチュリ) パイナップル(サパロッ)の葉から、、、
 こういった天然染料の材料は 色を鮮やかにするために つぶしたり、細かく刻んだりして 煮沸します。

 天然染料を使うと 合成染料には無い 微妙な色合いが生まれます。その材料は地方毎にも違うことがあり その手法は 秘法として 親から子だけへと 密かに伝えていくことも 良く聞く話です。絹糸の綛(かせ)を 染め液に入れて 浸して置きます。植物の抽出液あるいは化学合成の媒染剤を使って 色を定着させて 美しい自然の色を出します。

織り

 いかにモダンな工房と言えど タイシルクは 繊細な絹糸を傷めないために手織りで作られます。このことが あの独特な風合いと品質を生み出しています。しかし 絹糸の品質改善が進みつつありますので 近い将来には 機械織りが 一般的になると思われます。

 タイシルクの需要が伸びるにつれて 家内工業での小生産から 大規模な工場での生産が 急速に伸展してきているのが現状で 結果として 絹糸の量が不足してきています。 緯糸(よこいと)にはタイ産の絹糸を使いますが 経糸(たていと)には 中国とか日本からの海外物の絹糸が 強くて 機(ハタ)にしっかりセットできるということで 使用することが多くなっています。 海外物の絹糸を併用することによって 製品の質が安定して 海外マーケットが 同質・大量に必要としている洋服生地としては 通用するようになりました。

 伝統的な織機・ハタには 色々な種類がありますが 木と竹で作られます。フライングシャトル(飛び杼)は 作業効率が良く操作が簡単ということから 一般的に使用されています。(**平織の単純な布では使われているのをタイでも見かけますが 緯糸1本1本を慎重に重ね合わすことを要求される 模様を織り込む布では 粗雑な柄・織物しか出来ないので フライング・シャトルを使うと 精々 観光土産品的な織物となります。プリント模様用の無地の布製作以外では タイでは 一般的に使用されているとは言い難いのでは)

 経糸を準備して 織りの作業中 各糸をコントロールする役目の綜絖の穴に通します。綜絖(そうこう)は 四角形の綜絖枠に取り付けられます。綜絖枠には 踏木が付いていて それを上げ下げすることによって 経糸と緯糸が 交互に織り合わされます。フライングシャトルに付いた紐を引張ることにより 経糸幅一杯に 緯糸が張られ 織物が出来あがって行きます。と 同時に 経糸を配置する筬(おさ)を 前後に動かして 緯糸をしっかり打ちこみます。

 平織の布では 2枚の綜絖を使用します。緯糸を交互に開口して 織り幅一杯に緯糸を通して行きますので 緯糸が経糸を通り過ぎることにより 双方の糸が 組み合うことになります。 細かな模様とか 浮き織りには 沢山の枚数の綜絖が必要となります。 礼装用に良く見られる精巧な形の模様を織るには 金銀糸が散りばめられた緯糸を 経糸を規則的に交互に操作せず 不規則に通すことにより織り上げます(キット技法)。 織るデザインを決める時には どのように機(ハタ)をセットするか 経糸を操作するのに特別な綜絖が必要か 等を考える必要があります。

 家内工業での織物 特に 絹絣のマットミーを織る場合ですが 織り方 染め方には 個々人毎に 微妙に違っています。織りこむ模様は 鳥、花、果物、蛇、樹木、動物 宗教的な物象など 自然界に存在するものに基づいています。この模様は 全国共通なのですが 特定の村では 特有の模様もあります。 織物を作るには高い技術が要求されます。 熟練者で 模様を織りこむ布は 一日に約2メートル、単純に経糸・緯糸を織り込むだけの布でも 一日に9メートル程度を織り上げるのが 精一杯の速さです。

▲ このページの先頭に戻る

現代タイシルク

 世界的には コンピューターを使って 布に模様を描くプリント印刷技術が一般的ですが タイでは 旧式のシルクスクリーン印刷技術が 大部分を占めています。結果の見た目は 同じなのですが。このシルクスクリーン印刷技術は 布の模様デザインを 何枚もの平板のスクリーン(製版)を作り それを 次ぎから次ぎへと 布に印刷して行きます。

 各々のスクリーンには 模様デザインは 直接手で あるいは 型紙を使って 写真のネガを使う(写真製版)こともありますが 描いて行きます。その模様部分以外の所は インクが浸みない材料を 当てます。模様デザインが 意図通りになるかを 小さな布を用いて 試し刷りをします。 顔料、製版、布が準備できると 絹布を裏表にして 長い印刷台に乗せます。模様の一色だけ印刷するスクリーンをセットします。1枚のスクリーンで 一色だけを 絹布全長に 印刷してしまいます。一つの色が 乾ききると スクリーンを取替える、この繰り返しを 意図した模様デザインの色 全てが印刷されるまで 続けます。

 印刷が終了した絹布は 乾燥のため 印刷台の上に 掛けられます。たとえば 九色を使って 36メートルの絹布に模様を印刷するのに必要な時間は 5時間程度です。 電子制御で各スクリーンを絹布にセットする 自動化されたシルクスクリーン印刷は 生産スピードは もっと速くなります。使用する顔料が 自動的に コンベアベルトに運ばれ 次ぎから次ぎへと 模様が印刷・描かれて行きます。全ての模様が印刷し終えると 今度は 自動的に乾燥機の中に運ばれます。この方式ですと どれだけ沢山の色を使用しても 大体 20枚程度のスクリーンが あれば 事足ります。

 一部の印刷工程では まだ依然として ブロックなどを使った手作業による模様印刷も使われています。芸術的な素晴らしい模様を印刷する時場合などには 色と模様を 直接手で 布材料に押しつけて描いて行きます。このブロックの材料は 石、木、とか 他の適当な材料で作られます。印刷の作業が終わると 色を定着させるため蒸気を当てます。 模様が印刷された布は 定着していない色とか その他の不要な物質を取り除くために 熱いお湯で 洗います。乾燥された後 縮み防止、シワ防止 そして 手入れが容易になるように 布を 化学材料で加工します。

まとめ

 このように 紡ぎ、染め、織り、それと 最終工程で 過敏ではとも思える程の エネルギーを使ってこそ 世界に名だたるタイシルクが 出来あがっています。

▲ このページの先頭に戻る