「THAI TEXTILES」  by Susan Conway
published by British Museum Press ,1992

(未定稿) タイの布を知るために 10ページ分を 私の独善的発想で 日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

8. タイ東北部の布 (textiles of north-east Thailand)

総 論/マットミー

 コラート高原からメコン川に至る タイ中央平野の東の地方は 「イサーン」と呼ばれています。 この地方に住んでいる主要な民族は クメール時代にカンボジアから移って来て定住した「タイ・ラオ」です。 タイ南部にも居ますが スゥリン、シーサケート、ブリィラムの各県に 特に多いのです。

 イサーン地方は 起伏の少ないなだらかな土地で 干ばつと洪水のため 肥沃ではありません。 そのことから 貧困と離村の繰返しの歴史です。 雨が少ない年には 村に 幼い子供、女、老人を残して 沢山の村人が 町に出稼ぎに行きます。 雨が充分な年は お米、野菜、蚕用の桑を育て 多くはないですが 綿花も栽培します。 

 このタイ東北地方は 絹(シルク)の質と織り人の技術で有名です。 この地方の絹は タイ北部のナン、チェンマイ それとバンコクにも 宮廷用として拠出されましたが 今でも この伝統が息づいています。 達人が織った 金糸、銀糸を使った絹布とか マットミー模様の絹布は タイ国内だけではなく 海外でも 裕福な婦人達に愛好されています。 

 タイ東北地方に定住したラオ系の人達は タイ中央平野の西端の方 たとえば ウットラディットとかピチット県に移住した者もいます。 タイ北部・中央部の影響を受けた模様を織る 従来のタイ・ルー族とか タイ・ユワン族との交わりが始まりました。

 ウットラデイット地方の東には 小さな山や谷があり 道路が通ずる20年前までは 取り残されていました。 ウットラディツトの東に位置するナム・パットとか ファ・ターの地域の人は 木綿の紋織り模様と 独特の模様をしたマットミーに ストライプ(筋)模様を入れたスカート(パーシン)を 織ります。 このスカートは 色のバランスと華やかさと その織り技術で それは 素晴らしいものです。

 コラート高原では 多種多様な模様と色使いで織られるマットミーが有名です。 花、木、果物、動物、鳥など 身の回りにある自然のモチーフを使って 四角、三角、円、ジグザグ、ストライプなどの形で 多彩な模様を織り上げます。 糸を括り 染めて それを織り込んで行く技術は相当なものです。

 大体は 花とか 木とか 動物なのですが マットミーの模様は それぞれに 名前が付いています。時には その地方・村の名前が 後に付くこともあります。 タイ東北地方の村を回ってみて 拾ってみた名前は おおよそ 次のものです。
コブラ ダイアモンド ドラゴン
大蛇
スイカ ライオン
蝶々
トウモロコシ
白い花 蓮の花
ロケット イカ
スイカの種 蜘蛛

 マットミーは スカート(パーシン)の本体部分に使います。 スカートは 絹布を使うことが多い紋織り模様の腰布部分、マットミーの本体部分、それと 紋織りの裾部分の 三つの部分で構成されます。腰布部分は水平のストライプが入っていて 裾部分は木綿で出来ていて 数ヤード・メーターの長い布を切った 普通は 3〜4インチの 幅の狭いものを使います。 どちらの部分も 自分で織るか 市場などで買います。 

 イサーン地方のスカート(パーシン)は 着る人の年齢とステイタスによって違います。 若い女性は ハッキリした模様を着て 中年の女性は ”ばあちゃんスカート”としばしば呼ばれますが より穏やかな色、柄を着ます。 老齢の女性は 渋い色柄のマットミーを着ます。最近では 三つの部分で構成するのは少なくなり 本体と裾の二つの部分となっています。

 腰近くの部分に単純なマットミー柄を染めて 中心となる残りの部分に 複雑な柄を使います。古い写真や お寺の壁画を見ますと 伝統的なイサーンのスカートの丈は くるぶしの上か ふくらはぎまでの長さだったことが分かります。

 スゥリン、シーサケート、ブリィラムの各県は カンボジア国境沿いにあります。 これらの県に住むクメール系の人々は 糸を括るのに技術が要求されるクメール柄のマットミーを織ります。 黄色と黒を基調として 渋い赤色、紫、緑の色を 使います。このパターンのスカートは 依然として しっかり 三つの部分で構成されています。

 スカート(パーシン)を着る時に 「パーヴィアン」と称される 肩掛けを付けます。 普段は 綿のものを使いますが お寺などの行事に参加する時などは 白の絹のものを使います。 カーラーシン、ムクダハン、ウボンの各県に住む「プー・タイ」族は ”パー・プレーワー”と呼ばれる赤い色の肩掛けを織ります。 カラフルで複雑な紋織りの布ですが 袖なしのキャミソールが出来あがるように バストの周りに付けます。

 クメール系の人々は 男性も女性も 絹製の「パー・チョンカーベン」を着ます。 この布は 華やかな柄のマットミー模様を挟むように しっかりと織られた細いパネル状の柄が織りこまれています。宮廷用の衣装として パー・チョンカーベンは 複雑な柄のマットミーと 精巧な裾布が織られました。 19世紀頃の タイ東北地方のお寺の壁画を見ますと パー・チョンカーベン柄は 単純なストライプと格子柄のものですが 「タイ・ラオ」も織っていたことが分かります。 

 今では パー・チョンカーベンを着る人はなく ほとんどの地域で 地域特有の藍染めズボンとか 格子柄のサロン(男性用スカート)に 置き換わっています。 「サロン」というのは 腰の部分でタックが作れるように筒状に縫われた方形の布です。 柄は 色々ありますが シェイドに染めた普通 あるいは ちょっと太目の色糸を 経糸に使います。 緯糸は  様々な大きさの格子柄が交互に出来あがるように織りこまれ 光りに当てるとチラチラ煌くような感じになります。明るめのトーンは 若者向き 渋めの格子柄は中年向けです。 

 男性は 「パー・カァウマー」と呼ばれる 頭に巻いたり 腰に巻いたり バスタオル代わりに 単に汗拭きにと使う 格子柄の布を 日常 持っています。 竹の棒にしっかり結びつけて 赤ちゃんの揺り篭がわりにも使います。 こういった日常には 木綿製のパー・カァウマーが普通ですが 儀礼的な場合には 金糸・銀糸で装飾することもある格子柄を織った 絹の肩掛けを着ます。

ワット・チャイ・シー

  ワット・チャイ・シーは コーンケーン県・サワティ村に あります。 このお寺は 煉瓦としっくいで建てられていて 木像の馬をあしらった低い壁で囲まれています。 外壁、内壁に描かれている壁画は 19世紀半ばから後半にかけてのものとされています。 青、黒、黄、黄土、 藍、土も使い それと この地のススか 中国から輸入の墨で絵の縁をなぞっています。 農作業用には 藍染めの木綿を着ていたのはわかりますが 使っている色が限られているため 当時の タイ・ラオが織っていた布の色調は はっきりしません。

  淡い青、黒に近い青色のパー・シン、ブラウスを着ている婦人達 藍染め作業に好都合な日陰 藍液に浸された布などが 描かれています。 点と線柄の藍染め木綿マットミーのパーシンが多いです。 パーシンと一緒に 丸首、長袖、小さいボタンが付いた横止めのブラウスを 婦人達は着ています。 ブラウスの上には 肩掛けとして 白のパー・ヴィアンを付けています。

 装身具には 金製のヘアークリップと 袖の上に金製のブレスレットをしています。何人かは 日除けの黒い傘を手にしています。 男性は 膝下か 脚の刺青が隠れる程度の丈の 青のパー・チョンカーベンを着ていて 上半身裸か 青い色の丸首 フロントボタンのシャツで 頭には 今でも農家で見られる小さい縁のついた ココナツ・ヤシの葉で作られた帽子に似た物を被っています。

ワット・スラ・ブゥア・ケーウ

  ワット・スラ・ブゥア・ケーウは コーケーン県・ノーンソーンホンにある お寺で これも 煉瓦としっくいで建てられています。 20世紀の初め頃の壁画は 藍、黄、黄土、茶、黒、青、緑が使われています。 婦人のパー・シンの腰布部分は 細くて 真っ白か 白と黒の幾何学模様があります。 本体部分は マットミーとタイ東北地方でキットと称される織りに 似た 幾何的、直線的な柄です。裾部分は 紋織りのように見えます。

 パー・ヴィヤンは 無地か 小さな花模様で 肩から 胸に巻いています。 何人かは 袖なし丸首のブラウスに パー・ヴィヤンを肩からショールのように着ています。 耳の上程度の短い髪型で 金属製クリップを頭に着けています。

 タイ・ラオの男性は ハッキリした幾何模様が入った 青か 紺碧色のパー・チョンクラーベンを着ています。 上着は ふくらはぎ辺りか 脚の刺青が隠れる程度の丈です。 上半身裸の人は少なく パー・カァウマーを着けた 短袖、丸首のシャツを着ています。 ワット・チャイ・シーと 同じ帽子を被り 日除けのを手に持っています。

▲ このページの先頭に戻る