「THAI TEXTILES」  by Susan Conway
published by British Museum Press ,1992

(未定稿) タイの布を知るために 22ページ分を 私の独善的発想で 日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。
置換者備考
1 著者の経歴は不明ですが 服飾・ファッション史関係研究者と思われ 染め・織り面のアプローチ・記述は 今一の感がある本です。浮紋模様のキット織りに使っている  この地方の方言で ”ダ・ムー”と呼ばれる糸を「plied yarn」と記述していますが 正しい用語なのだろうか?
2 タイ北部の「パー・シン」(巻きスカート)は ラオスとは若干相違して 腰布部分が 2枚の布で構成され 4枚の布が縫いつけられているのが基本。そして その縫い目も オシャレとして 意識していたのが 分かります。
3 巻きスカート用布として「パー・チョンクラーベン」がありますが 「チョンクラーベン」とは 織り手法・模様の名ではなく 元々は 着装のスタイル名であったことが分かります。確かに タイ語では 「チョン」=「〜となるように」 「クラーベン」=魚の「エイの類」であり 股の間に布をはさんだ姿は そのものである。ミャンマーでは「カダウンチェ」と言いました。 注; 耳で聞けば 「カベン」になります。
4 ここには「パソー」が登場します。今では ビルマの巻きスカート「ロンジー」は 華やかな模様の入った女性用を「ロンジー・タメイン」、格子柄主体の男性用を「ロンジー・パソー」と言っていますが 元々は 9mもある長い布で 古代ローマの彫像に良く見られる布の使い方に似ていて 下半身でチョン・クラーベンのスタイルを作り 背中に回してから 肩に掛け 腕の下に垂れ下げることを していたことが 分かります。 ミャンマーでは 「タウンシェ・パソー」と言っていました。
5 チェンマイなどタイ北部の布は ビルマ西部・シャン地方、中国南部・シーサンパンナー(シップ=10・ ソン= 2・パン=1000・ナー=水田)地方、ラオス南部、加えてインド、それとタイ古来の伝統が 融合・混在して 独自の布文化が発展したものと 改めて 実感できます。

 7. タイ北部の布 (textiles of north Thailand)

総論/パーシン

 タイの北部は タイ人が古くから定住しており 着る服やシーツ、蚊帳などの生活用の布を女性達が織り 主食としての米を耕作する 山と肥沃な谷に囲まれた土地です。ビルマとの長年にわたる戦いに嫌気をさし 戦火から逃れるため いくつかのグループは チェンマイ、ナーン地方から 他の遠くの地方に移住しました。 一方 これ以外のグループは 沢山の戦死者を出しながらも 強制的に避難させられた地で 再び生活を続けました。 その土地は 織物を作るには ピッタリの環境でした。川に沿って 例えば藍(インディゴ)を育てたり 山から 染めの材料を採取したり また 染めとか糸紡ぎに 必要な水が たっぷりありました。

 「絹」は 特別な場合に使用する服を織るのに必要な最低限程度の量しか 野生の蚕からは 取れませんでしたので 服を作る素材は ほとんどが「木綿」でした。 チェンマイ地方に住む 山岳民族のメインは 「タイ・ユワン族」です。 その祖先は 13世紀にラーンナー王国が建設された時には 既にこの地方に定住していました。もう一方は 19世紀に強制的に この地に移住させられた「タイ・ルー族」と チーク材の伐採に従事しながら 長い歴史の中で 住みついた シャン州からのビルマ族です。

 チェンマイ地方の「パー・シン」(巻きスカート)は タイ北部のいたるところで 見うけられますし お隣の国のビルマでは このパターンを”チェンマイ・スタイル”としてロンジー(ビルマの巻きスカート)にも用いられています。  織り上げるには複雑な過程が必要ですが  「パーシン」は 縫い目も ある種の飾りとなるように 4枚の布が縫いつけられた物です。 4枚の布とは 2枚で構成される「フア」と呼ばれる腰布部分の布、「シン」と呼ばれる中心部分の布、それと「ティン」と呼ばれる裾部分の布です。

腰 布 部 分

 腰布部分は 裾部分の布とは 明確に区別されます。 足は不浄なものとの 仏教の教えにもとづき 腰部分の布は 間違っても 上下逆さまにして 足の近くに使うことは 決してありません。「フア」(タイ語で”頭”の意)と呼ばれる腰部分の布は 幅(丈)10〜14インチになるように 無染色の木綿布と 赤か茶色に染められた木綿布を 縫い合わせます。

 「パーシン」は 身体の前に布をプリーツのように折り畳んで 布の中にタックして しっかりと挟みます。スカートを留める紐には 普通は滑りにくい木綿を用いますが 絹を使う場合は 銀製か 金属製のベルト または帯布を用います。この腰布部分は 中心部分の布に 単純に縫いつける あるいは 鮮やかな色をした縫い糸を使って飾りのような縫い目でつけます。

中 心 部 分

 「シン」と呼ばれる中心部分の布は 「パー・シン」を構成する4枚の布の中では 一番大きい布です。チェンマイ地方で良く見られるのは 身体を水平線状に回るように織られている 数条のカラフルなストライプ模様です。このストライプは 多種多様な幅と色をもって 経糸に絡ませたもので 撚った糸(この地方では 「ダ・ムー」と呼ばれている)で出来ている列を含んでいます。

 この布は 見た目を より多種多様なものにするために 太さの違う様々な糸を使っています。チェンマイの南西にある チョム・トン地区では 藍染めの木綿を使っています。これは この地区では 「パー・ホム・ウアン」と呼ばれていますが ペテイコートと同じ 少し透けてみえる織り方で 緯糸、経糸双方に 太さの違う藍染めの糸を交互に織りこむ模様です。

 チェンマイの宮廷の女性は この中心部分には 絹製の布を使いました。 絹糸は この地方で生産されたものか または 東北地方産、中国産、インド産の輸入糸も使われました。この部分の布の幅(丈)は 20から24インチで 下の部分には 華やかな模様の裾部分の布が縫いつけられます。

裾 部 分

 裾部分の布は 「ティーン」と呼ばれ 平織で 赤、茶、黒、青色の木綿で 出来た幅広の布てす。足首までの長さがあり 道路や畑での汚れがつきやすく傷む部分です。 汚れや傷みが激しくなると この部分だけ取り替えます。晴着には この部分は 「ジョク」と称される縫取り織技法で出来た華やかな色の木綿または絹製のものに 替えられます。

 模様は手の込んだものです。ジョクは上の部分に使い 下は簡単に平織になりますが その間には緯糸に編物のように絡ませた模様が入り 全体の長さは10から15インチになります。 この「ティーン・ジョク」は 絹または木綿で織られ 多種多様な色と模様があります。例えば 鳥、植物、六角形、ジグザグ模様などがあり 金糸・銀糸も使われます。この部分は ある意味ではステイタス・シンボルとなっています。

 つまり 裕福な家庭は 絹糸や金糸・銀糸をふんだんに使います。ジョクの糸には 鮮やかな黄色の木綿が良く使われます。これは 多分 金糸を使う余裕のない家庭が それに見せかけようとしているのだろうと思います。

ランナー、チャイン・トン、シーサンパンナー

 チャイントンは ビルマのシャン州で最も大きく 最西にある所で シーサンパンナー、ランナー、ラオスと接しています。13世紀から18世紀まで チャイントンは ランナー王国の一部で 19世紀になって ランナーとビルマ間で領土紛争が生じました。

  ランナーの重要な地区であり シャン国と小競り合いを続けていましたが 19世紀の終わりには ビルマの領土として決着がつきました。チャイントンのタイ族は シーサンパンナーのタイ族に枝分かれしますが 北部にいるタイ族が話す言葉と同じであり 文化も似ています。 服装には いくつかの共通点があります。チャイントン、シーサンパンナー、ランナーの「パー・シン」は 腰布部分、水平線状ストライプの中心部分、裾布部分という 作り方・構成は同じです。 シーサンパンナーとチャイントンのタイ族は 素晴らしい技術を持った銀細工師で 彼らの服装用に銀装飾品を作ります。 

 彼らは 自分たちの従来からの布に加えて ヨーロッパからのベルベットとか 中国の絹糸の刺繍を スカートの中心部分に 上手にアレンジします。

ナーン地方

 ナーン地方は チェンマイの東に位置し 小さな山並みが間にあります。ナーンの町を流れるナーン川は 肥沃な谷を通って 南に流れ 主流に合流します。 ナーンの町は かつては 重要な拠点として13世紀に建てられた州の 都でした。  この州は 歴史的には色々ありますが 1931年に絶対王制が終わりを告げるまで チェンマイ王に忠誠を誓っていますが ある時は ビルマに支配されたこともありました。

 ナーン地方の最大のグループは 「タイ・ルー族」です。彼らは シーサンパンナー、中国の南から移住してきて 定住したのはここ200年程度です。ナーンの近くの村に 王が最初に移民を連れてきた記念としての石碑が建てられています。 いくつかのタイ・ルー族は ビルマとの戦いで荒廃した地を復興するために強制的にランナーに居住させられもしました。

 この地の主産物は 米で 次は野菜ですが タイ・ルーでは 米の次に来るのが「綿」で ある地域では 天然染料で染色もします。ここのタイ・ルーには 養蚕の伝統は無く 絹は メコン川を渡った地(現在はラオス領土)のタイ・ラオから持ちこんでいたと言います。チェンマイの宮廷のように 王族ファミリーは 宮廷内で 金糸・銀糸を使った 絹の衣装を着ていました。

 ナーン地方では 織りの技術と 織りこむ模様の華やかさは有名でした。この複雑な技法の織物は 基本は シーサンパンナーから移住してきたタイ族が持ちこんだものと 他の山岳民族との交流から得たもので それを自分たちの形に 進化・進展させたものです。 ナーン地方の「パー・シン」は 普通は 二つの構成になっています。木綿の腰布部分と 裾として下に平織を織りこみ 中央に模様を織りこんだ中心部分の布で構成されます。 

 この中心部分の布は マットミー(かすり)とか キット、ジョクの等 多種多様な技術を駆使し 何とも複雑で華やかな模様を織りこみます。 マットミーは タイ・ルーが タイ・ラオから学んだ技術と言われています。 ナーン地方の「パーシン」は 普通は木綿ですが 絹は 晴着用とか ナーンの宮廷用に使われました。 宮廷用の「パーシン」 は チェンマイ地方と同じに 「ティーン・ジョク」が使われています。  「ワット・プーミン」、「ワット・ノーンブゥア」の壁画には この地方で織られていた「パー・シン」の様々な模様、形が残っていて 大変良い資料になります。

パー・チェット

 タイ北部に住むタイ・ルー族の男性は お寺の行事の際に 「パー・チェット」と呼ばれる 特有の肩掛けを着けます。この肩掛けは キット技法で 手紡ぎの無染色の木綿で 織られます。 緯糸で織り成される模様は 刺青の模様と同じく 動物を象どったものです。

 いくつかは 鳥とか スマトラ島でも見受けられる形の船の模様もあります。パー・チェットの裾には お寺でよく見かける 柱に施された模様とか 壁の上部の飾りとか 壁画の回りの模様と似たものが織り込まれます。

 タイの田舎では 口の中を真っ赤にして キンマの実とか色々な物を混ぜて噛みタバコ(注;ミャンマーのコオン)を 噛む習慣があります。 「パー・チェット・ノーイ」という小型のパー・チェットは 口に付いた髪タバコの赤い露を拭くのに使われます。 色とか 模様は パー・チェットと ほぼ同じです。宮廷では この小型パー・チェットは 海外物が 多かったようです。

▲ このページの先頭に戻る

ワット・プラ・タット・ランパン・ルアン

 ワット・プラ・タット・ランパン・ルアンは 16世紀に建てられた木造のお寺で 屋根の庇の彫刻と チーク材の柱が見事です。 かつて このお寺がある所は 1000年以上も前に建設された山深い都市でした。 内部の木板に描かれている壁画は タイの研究者によれば 一部がその後付け加えられている可能性はあるものの 18世紀初めのものとされています。壁画は 金箔で細い縁取りがあり 赤、黒、青、茶、白で描かれていますが 保存状態は 良くないです。

 お寺とか 住居の風景と伴に 田畑を耕したり 木の実を採ったりする 農村の様子が描かれています。 村の女の人は 赤、黒、白のストライプの入った「パー・シン」とか 同じ模様の「パー・チョン・カペン」を着用している姿が描かれています。  女の人は ノー・プラか 「パー・サバーイ」を 肩から垂らすか 胸自体に巻きつけています。 髪型は 軽く巻いて止めているか 何もしないで垂らしているかです。男の人は 腰にナイフをさし 「パー・チョン・クラベーン」を着用して 農作業をしており 中には 太腿に刺青をしている 男の人もいます。

 住居とか お寺の中に居る人の服装は もっと 多種多様で 華やかです。 女の人は 黒の地色に 赤い色の丸い円とか 渦巻き状の模様が施された「パー・シン」を着ています。 これらの模様は今はあまり見られませんが バンコクの市場で売っている 赤の幅広の筋も入っているインド製の捺染生地に似通っています。  「パーシン」と一緒に 「パー・サバーイ」とか長袖のブラウスも着ています。 女の人の髪型は 彫金細工の髪飾りをして 髪をてっぺんに一つにまとめ 赤の石で出来た首飾り(多分 当時タイとビルマで採掘されていたルビーを真似ていると思います) そして耳には 大きな金製のイヤリングを付けています。

 他に描かれているのは 警護に当る兵隊の集団で 丸首のシャッを着て つばのある帽子を被り これ見よがしに長い木の槍を持っています。 他にも 蓮の形をした団扇を持った 位の高いお坊さんは 円錐形の帽子を被り 襟は重ね合わせる形の 床に付く程の長さで ゆったりした幅の袖がある法服も描かれています。  描画一つ一つは 花と葉が描き入れられた枠で囲まれており 個々の描画は たくさんのココナツとヤシの木か または 瓦葺の複数の住居で 仕切られています。

ワット・ブゥアック・クロック・ルアン

 ワット・ブゥアック・クロック・ルアンは チェンマイの郊外の村にあります。 このお寺は 瓦葺の屋根で 木彫の飾りがある庇があって 漆喰仕立てのブロック壁で出来ています。 このお寺の彫像と壁画は ビルマ・シャン州出身のタイ・ヤイ族の作とされています。  ビルマは ランナー王国の画家・彫刻家の影響を受けていましたが そのまま受け入れてはいませんでした。 今でも シャン州では 彼らは チェンマイ・スタイル(式)のお寺と言います。

 チェンマイとその周辺の山岳に住むタイ族は 「タイ・ユワン」と知られており 彼らの普段着は ワット・ブゥアック・クロック・ルアンの壁画に描かれている日常生活の風景そのままの服装をしています。 壁画に描かれている女の人は 三つの布構成にハッキリ区分できる「パー・シン」を着ており 壁画には三つの布を縫いつける糸の縫い目さえも描かれているものもあります。 

 腰布部分は 普通は赤 または赤と白で 中心部分の布は 多種多様な幅、色のストライプが織りこまれています。裾部分の布は 赤1色または赤と黒のどちらかです。 村の女性の多くはバストを隠さず 一部の人は 青か白の「パー・サバーイ」を 肩からゆったりと垂らしています。 髪型は 頭の少し横側に編んで束ねるか 丸めて止めています。 お寺の境内では 金の首飾りをしている女性もいます。 男の人は 単純な色と模様の「パー・チョン・クラベーン」を着て ひざ頭までの長さ あるいは 太腿の刺青が見えるように腰のあたりまで捲し上げている人もいます。

 宮廷での服装は もっと華やかで ビルマの強い影響が見られます。シッハルタ皇太子のお妃は 中心部分の布に波形模様を施したパー・シンを着ていて これはビルマの王族専用であるキット織りの「ルンタヤ」模様です。  王女は 両サイドに金で模様が施されている三角形の枕に頭をのせ ブランケットに横たわっていますが 髪には金の鎖、金のイヤリング・ネックレス・ブレスレットを着けています。彼女が横たわっているお付の者は タイ・ユワンの服装をしています。

 シッハルタ皇太子は ランナー王国の宮廷衣装 つまり パゴダ(塔)の形をした頭飾り、幅の広い金の首飾り、金のブレスレットを付けています。 長袖のジャケットには 両方に肩章を付け 長さは腰の下辺りまでで そこには金糸のトリミングが施されています。 赤と金色の腰布帯を着けています。 王子は ビルマのルンタヤ模様の「レイ・シン・キョ」という波形の帯状模様が付いた パー・チョン・クラベーンを着ています。 周りに描かれている インドのジャカタに登場する人物の服装にも このビルマのルンタヤ模様が付いています。

 宮廷の風景画には 部屋の間仕切り・つい立にも 黒、赤、青の大きな花模様がある布が付いています。 一つ一つの間仕切り・つい立には 正方形状の布が3枚張られていて 各々の布は 外周に正方形に帯状の筋があり その内側真中に 花の模様を並べた丸い円が描かれています。  インド北部 アーメダバードに近いパイタプールの捺染生地の工場では タイ模様で作っていました。壁画の写真を見せたところ この間仕切り・つい立の模様は インドで ベッドカバーとかテーブルクロスに良く使う 木綿の夾纈(きょうけち)での模様のようだと言っていました。

 18世紀を通して ランナー王国は ビルマの侵略が大きな問題でした。壁画にも ビルマとタイの兵士が 登場します。タイの兵士は 金属製のボタンが付いた赤の長袖のジャケットを着て 赤いヘルメットを被っています。 兵士達は 馬と象に乗って 戦っています。 

 特に統一された軍服は着ていず 戦いの際に 強い精神と肉体をもたらすと信じられている トラと神話にでてくる動物の刺青が見えるように 「パー・チョン・クラベーン」を お尻のあたりまで捲し上げています。武器は 木の槍、ナイフ、小銃です。馬の鞍は 金色の房が付いていて 象には 鞍、紐 それと金と赤の縁取りがある頭巾が付いています。

 壁画には ゆったり目のジャケットと スカートではなく いわゆるズボンを着用した中国人の作業人の姿も見えます。何かロザリオのように見えるものを持って ズボンとジャケットを着ている外国人の姿も見えます。

▲ このページの先頭に戻る

ワット・プラ・シン

 ワット・プラ・シンは チェンマイ市内にあるお寺の中で 最もあがめられているお寺です。 ランナー王国第7代のプラ・チャオ・パユ王が1345年に建て 壁画には チップ・チャン王時代の18世紀の様子が描かれています。 四つの壁画があり 二つはランナースタイルで 後は タイ中部のスタイルで描かれています。

 ランナースタイルの壁画は 特に 北部田舎での日常生活の服装に焦点を当てて描かれています。 撚った太目の糸を使っていること そして タイ・ユワンのパーシンと同じスライプ模様であるということを主張するかの如く 鮮やかなタッチで描かれています。 裾部分の布は 単純に 赤か茶の布ですが 金糸も使った黒と赤の ティーン・ジョクを付けている姿も見られます。 バストは隠さず パー・サバーイを肩から垂らすか 腰に巻きつけています。パー・サバーイは 綺麗な花模様で 端部分にはストライプ模様があります。 布色は 多くは 赤、青、白、橙、緑か 黄色の単色です。

 髪型は 束ねて結っていますが 束ねて背中に おさげのように垂れ下げている人もいます。 髪に何も手をかけず 長くストレートに垂れている人もいます。働く女性は 何の装飾品も付けていませんが チェンマイの宮廷風景では タイ・ユワンのパーシンと 金のイヤリングをしていて 女性の一人は シェルーと呼ばれるタバコを吸っています。

 男性は 刺青が見えるように 腰のあたりまで巻くし上げた 赤、黄、か青のパー・チョン・クラベーンを着用しており 何人かはベルトか腰帯布を付けています。 肩には 一方の端を背中の方に垂れる 白の「パー・カァウマー」(幅狭の手拭状の布)を着用しています。 耳たぶにはピアスをして 切り花を刺していますし  ある者はシェルーを刺しています。

 タイ中部の男女も 壁画にあります。 女性は 多分 インド物の捺染生地と思われますが 花模様のひざ下までの長さのパー・チョン・クラベーンを着用しています。 バストは隠さず 黒か白のパー・サバーイを胸に巻いています。 何人かの女性は 腰のあたりまで届く 長いチェーンを付けています。 髪型は ランナースタイルの女性とは違って 何かヘアーブラシに似ていますが 頭のてっぺんの髪だけを残し 周りの髪を剃っています。 

 男性も 女性と同じに 花模様のパー・チョン・クラーベンを着ていますし シャツは 詰め襟があり 赤、青、緑3色の単純な模様か 白か金糸による花模様があります。胸の正面にボタンがあり 比翼の付いたものもありますし 袖はカフス布が付いた長袖です。 シャツは パー・チョン・カーベンの内側に たくしこむだり カッタウェイ・ジャケットのように着ている人もいます。 長い帯布をベルトのように 体の前面で結んでいます。男性も女性も 同じ服装、髪型にするのが 当時19世紀の流行りでした。

 このお寺の壁画に描かれている宮廷の風景は ビルマのものか タイ中部かどちらかです。 ビルマの王と貴族は ターバンのような白い布を てっぺんの髪だけを出して 巻いています。 髪型は 布をコイル状に巻きこんでいるポニーテイルで 尻尾部分は垂れ下げています。 何人かの男性は 単なる白い布をバントのように巻いているだけです。

 タイ・ヤイの王のシャツは ピッタリとしており 肩章が付いた青色の長袖で 丈は腰の下あたりまでで その裾はフレアーの入ったスカラップ縁です。 巻きスカートのパー・チョン・クラーベンの模様は ビルマ語で”大きなライン 壮大な建物”を意味する「マハ・キョ・シュバァイ・タァイク」というルンタヤ模様に似ています。 肩には 赤緑色の花模様が織りこんである 金糸の布をしています。

 ビルマの宮廷の官吏は 「パソー」と呼ばれるトーガ(古代ローマで見られるゆったりした上着)のような衣装を着ています。 これは 9mの長さの布を まず 腰にしっかりと巻きつけ それから ズボンの形になるように股の間に通して 後から左肩に掛け 左腕の下に垂らす衣装です。 その中には 丸首のシャツと 金糸で縁取りされた長袖のジャケットを着用しています。タイ・ヤイ族の刺青はタイ・ユワン族のものと似ています。

 タイ中部の宮廷の服装も壁画に描かれています。頭に付けているものと ピッタリしたジャケットは 形はランナー、ビルマの宮廷の服装と 似ていますが 金糸をもっとふんだんに使つていて より多くの金の装飾品も付けています。 宮廷でのパー・チョン・クラーベンは 質の良い絹糸も使っていて 多分 当時インドから入ってきていたものと思われます。

 壁画にみられる宮廷内で使用している家具には ランナー、中部タイどちらも 花模様の入ったカーテンが掛けられています。 多分 インドで手描きか 捺染された模様も見られ ヨーロッパ調の模様もあります。

ワット・プーミン、ワット・ノーンブゥア

 ワット・プーミンとワット・ノーンブゥアは 両方とも チェンマイの東に位置するナーン地方にあります。 ワット・プーミンは ランナー王国統治下であったナーンの君主 チャオ・チェタブット・プローミンが 16世紀に建てたものです。壁画には 19世紀中頃の日付があります。 ワット・ノーンプゥアはナーンの北にあるノーン・ブゥア村にあります。 村の小さなお寺ですが 壁画は ワット・プーミンと同じ時期に描かれています。

 ナーン地方の山岳民族は 18世紀から19世紀にかけて 中国南部のシーサンパンナーから移ってきた タイ・ルー族が 主体です。 壁画には シーサンパンナーの文字があります。 宮廷関係者と村人の服装・布が描かれていて 中部に住むタイ人、カレン族、ビルマ人、ヨーロッパからの外人が登場しています。 村人は チェンマイに住むタイ・ユワン族のものと似ているパーシンを着ています。 しかし タイ・ルー族が着ているパーシンの中心部分の布は もっと複雑な織りをしています。 中心部分の布の水平状の帯模様には マットミーとかキット織りで 様々な色の幾何・花の浮紋模様がちりばめられています。

 パー・サバーイ(肩掛け布)は いくつかは端に赤、黒、金糸で織られた部分がありますが チェンマイの女性が着用していたものとは ちょっと 違っています。 シー・サンパンナーで着られていたタイ・ルー族伝統の服装である 前開き あるいは 体にピッタリとフィットするように横腋でしっかり留める形の 長袖の青色のジャケットを着ています。 髪型は 頭の上に束ねて 銀か金のチェーンをして 花で飾っています。耳には 金の細い環状のイヤリングをしています。

 タイ・ルー族の男性は 小さい花の模様が付いたパー・チョンクラーベンを 刺青がみえるように 膝か ふくらはぎの上あたりの長さで着ています。 前にボタンが付いた 丸首の長袖のシャツを着て 肩帯布をしています。 髪型は テッペンの髪の毛だけ残して 頭部の横側を剃っています。 耳には 切り花と金属製か金のイヤリングをしている男性もいます。

 タイ・ルー族の王女は 村人が着ているパー・シンと同じ模様ですが 裾部分の布は 金糸で華やかに飾られています。 そして ふんわりした青色のケープを着ていて それには 小さいルビーが散りばめられた房が付いていて 体全体を巻くように所々にルビーも縫いこんだ赤と金の鎖模様が それはそれは精巧に織り込まれています。 金のチェーンが髪に巻かれ 腕にはブレスレット、耳には金の環状のイヤリングをしています。

 ワット・プーミンの壁画に描かれている貴族には 私は すごい興味があります。1852年から1891年まで君臨した ナーンの君主 チャオ・アナンタ・ワラリッチディの姿と思います。 前ボタンのジャケットを着ていて それには 波形模様で出来た正方形の帯線の中に 丸い円が入った模様が付いていて ジャケットの中に 詰め襟のシャツを着ています。 このスタイルは 多分 中国のものと思います。赤色のコートを肩から掛けていて 腰に巻いた帯の端を前に垂らしています。耳には イヤリングのように切り花を飾り 頭のテッペンの髪の毛を残し 周りは剃っています。

 ワット・プーミンの壁画には ビルマの宮廷スタイルの服を 普段着として着ている 若い男女のカッブルが描かれています。 女性は ビルマのルンタヤ模様のロンジーを着て 現代のビュスティエに似た赤のブラウスを着ています。 本当に細い袖の付いた黒色のビルマスタイルのジャケットを着ています。耳には 金の環状のイヤリングを付けて 髪型は 上に束ね 端を ほんの少し左側に垂らしています。男性の方の髪型は 上に束ねて たくさんの結び目が付いた白い帯状の布で結えています。 悪霊から身を守るとして 胸には サルが踊っている 赤色の円状、四角状の刺青をしています。 男性が着ているロンジーは 女性が着ているのと同じ模様ですが 男性用で「パソー」と呼ばれるものを着ています。 ロンジーの下からも 神話に登場する動物の刺青が 見えます。

ワット・プーミンの壁画には ヨーロッパ人と中国人の姿も 描かれています。 ヨーロッパ人は ズボンと背広状の上着を着ていますが 19世紀の中頃から後半にかけての ものと思います。 太腿に刺青をして 細い小さな腰帯を付けている山岳民族の男性の姿も描かれていますが 竹篭を背中に背負い 歩きながら アヘンを吸っています。ストライプの入った服を着ているカレン族の男性の姿も登場しています。 ワット・ノーンブゥアの壁画には ハイビスカスのような花をあしらった青と白色の布のスクリーンも描かれていますが これは 同じパターンを繰返すインドの捺染での模様ではなく インドネシアか 中国のものと思われます。

▲ このページの先頭に戻る
(この章 了)