「Lao Textiles and Traditions」    by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

 (未定稿)ラオスの布を知るために 私の独善的発想で 11ページ分を日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

3  Textiles for Daily Life  (ラオス暮らしの織物)

ラオスの集落と住居様式

 ラオスの人たちは、水田稲作農耕を主体とする定住生活を営んでいますので、水田の周辺、または、水の利用・交通に便利である川の周辺に 小さな集落を築きます。 だいたいは 凡そ 100程度の家屋で構成され、それぞれ近接して 建てられています。 隣の集落 また 街からも遠く離れていて 孤立しているために お塩と鍋鎌(なべかま)等の鉄製品以外は 自給自足とするのが 典型的な形です。
 男も女も 皆で 共同作業で 水田を耕し、米を作ります。 女性たちは 自分たちが着る あるいは 家の中で使う 布を織るために 綿花、桑の木を育て、染料となる材料を森の中かから採取します。

 伝統的なラオスの家屋は、木を地面に杭(くい)打ちして その上に 竹、木、その他を材料にして 作ります。 屋根は ヤシあるいは草葺きとなっています。 ただ その地の気候の差異によって 若干 そのスタイルが 変化することがあります。 温暖な気候の低地では、地面から約2メートルの高さを確保するように 木の杭を打ち その上に 家屋を建てます。これは、換気を良くするためと 陽射しの強い時期には 日陰になった縁の下が 仕事で疲れた身体を 休めるのに都合が良いからです。 この場所で、糸紡ぎの準備をしたり、布を織ったりします。

 ラオス高地の より涼しい地方では 家屋は 杭打ちする木は より短くて、屋根は より厚めに葺(ふ)き、屋根のてっぺんは 船がひっくり返った船底の状態 あるいは 亀の甲に似た形となりますが 丸くカットします。 その家の富裕度およびその集落の社会的地位によって、住む家屋の木に施した装飾が 華美になることがありますが、家屋の基本的な作り方と家屋に対する考え方は みんな 共通しています。 家屋を建てる材料(特に 家の中心となる柱)を選ぶ、および 建てる家屋の儀式的な環境(風水)に 大変に執着することは、ラオス人にとっては、単に 雨露をしのぐための「家を建てる」という意味を はるかに 超えたものとなっています。

 典型的な建て方は、家の前面に 広くて 屋根の付いたベランダを付け、どちらかの側に ちょっと低めの高さなのですが 屋根の無いベランダが あります。 水浴びと洗濯は この低めの高さの 屋根の無いベランダを 使います。 そして メインに使う場所は、床(縁)の下か 屋根の付いたベランダです。

 家屋の中は、リビング・スペースと 来客用のスペースで構成されています。 リビング・スペースと 家事用のスペースとは離れて、家族全員で使う 寝室スペースがあります。 外来者は この寝室スペースには 近づけません。 寝室スペースは 普通 家屋の東側に 設けられます。
 家長は、家の祭壇にもっとも近い位置で、部屋の北東方向の隅で 寝ます。 ラオス人にとっては、頭を 「死」の方角である 西向きにして寝ることは 不運不幸を招くものと信じています。 

ラオス住居の家具・家財道具

 家族共用の寝室は、カーテンと 蚊帳で 仕切られています。 ラオスの家屋内の家具は 多くはなく 最小限程度のものしかありません。竹 または 草の茎で編んだ敷物 それと 食事の時に使う竹製のテーブル以外には、ほとんど 据置きタイプの家具はありません。 椅子・ソファは使わず 大切なお客様には 木綿 または 木綿と絹を併用して織った 美しい布製の敷物に 座ってもらいまいす。 ラオスの人たちは、足は不浄なものと信じていて、家主としては、お客様には 足を乗せるのに適した 模様のある あるいは 装飾された布のある場所に 通します。 しかし、 この場合には 特に 模様とか 色とか また その布の上下を明示する飾りとかに ついては これといった 決め事はありません。

 特別な行事が催される場合には、長方形の織物を 壁に掛け、賓客が お座りいただく場所であることを明示することが よく あります。 
 お坊さんが 家内安全あるいはその他の儀式を執り行う際には、お坊さんが座わるために 特別な枕(敷物)を 作ることもあります。 これは、その場に居合わせた人達の頭よりも お坊さんの頭(目線)の位置が 下にならないよう するものです。 もし お経がお坊さんによって営まれる際には、お経を唱えている間、参列している人達の目線から お坊さんを遮(さえぎ)るための布のある 特別な場所も用意されます。 

 足とは逆に、ラオスの人たちにとって、頭は 生命力の源と信じていますので、不浄な物からは遠ざけるべきと思っています。 
 たとえば、枕については たくさんの タブーがあります。 決して 枕を 足で跨(また)いでは いけませんし、ましてや 布団の上の枕に 座るなどは 以ての外となります。また ズボンとかスカートを 巻いて 枕として代用することも 決して ありません。

 睡眠用の枕の他にも、 肘(ひじ)掛けとして使う 美しく装飾された 三角形または 横長の長方形状の 枕も作られています。 座る時のためには、綺麗な模様装飾の中心部分の布に 藍染単色の縁(へり)を付けた 薄い厚さの長方形のクッション(座布団)が 使われます。 新生児には ベットとして 特別な枕を使います。

自家用の織物と模様

 花嫁道具の一部として あるいは 特別なお客様用として 予め作られている 家財(自家用)道具は 念入りに精魂込めて 模様を形づくり 織られます。 織り手にとって、幸運を招く あるいは 身を守ると信じられている 伝統的な模様の形が 織り込まれています。 日常的に 使用する織物・布にも 何らかの 装飾が施されています。 模様の数と模様の形の種類によって、その織物の使用目的が分かります。

 たとえば ベトナム・ドンソン文化に源(みなもと)を遡(さかのぼ)る 幾何学模様のように 古くに由来する模様の形は、その民族および織り人個人の 解釈によって 違った意味合いとなっています。 その古い時代の 後の世代の織り人は、彼らの周りの環境を反映させた模様の形の名前を 付けています。 たとえば、ベトナム・ドンソン文化に由来する模様・・鉤、鍵、S字、菱形、渦巻き、曲線、二重線、そして 星形 などの模様は その地方の動物、花を イメージした 名前iに 変化させてしまいます。 これらの模様は、一般的には 織物の主体を構成する模様の 周りに 散りばめられます。 

 インドあるいは中国から移入されてきた 具象化模様は、ラオス人の織物模様レパートリーの一部に なっています。儀式用あるいは自家用の織物に よく 織り込まれる幸運を招くとされる模様の形は、孔雀、蝶々、鹿 雄鶏 などです。 獅子、龍、馬 それと ハムサと称する白い孔雀なども 布・織物の模様としては 良く 使われるものです。 

 ラオスの織物には、ラオス文化特有といえるもの あるいは ラオスの人たちによって 特別な意味合いを吹き込まれた いくつかの模様が存在します。 一例を上げますと、ダイアモンド形・菱形模様、ナークと称される蛇、モムと称される神話上の鳥、シホーとかコサシンと称される長い鼻を持った半身象・半身ライオン などです。 コサシンあるいは他の動物の背に乗って、両腕を大きく上にあげた人間の形を具象化している模様を 良く 見かけませんか ?

 この種の模様は いたる織物の場所で かつ 様々に変化した形で 眼にします。 ナークは蛇の形なのですが、それは 実に 30種類以上のバリェーションが ありまして、ウナギ程度の小さいものから 巨大な大きさの 神話上のナーガーの程度まで 様々な ものがあります。 このナーク模様は、蛇自体が 土の下で 仲の良い共同体を営んでいることと 多産であることから 身を護(まも)る象徴とされています。 ナークの模様は、寝る際に使うブランケットとか赤ちゃんを負ぶる布 から 着る服まで 幅広い分野で 使用されています。

 ダイアモンド形・菱形模様は、極めて 重要な位置を占めていて かつ 様々なパワーを秘めている形でして、その意味合いの捉え方には 様々なものがあります。 この模様こそ、古い時代の意味合いが 元々の地域から 移転していく間に その地で 色々な意味合いを 付加されていった 典型的な 模様なのです。
 ある学者は、臍(へそ)または胎内などの多産に関係するものとし、ある学者は 仏教・ヒンズー教で言う 宇宙の中心を示す ものとも 言います。インドでは、菱形模様は、「第三の眼」(diamond being)を 意味するもとしています。 額に付けたダイアモンド形を 包むように タイ・デーン族のシャーマン(祈祷師)の頭巾には この菱形模様が使われているのですが、このインドでの 意味合いを 持っている のかも 知れません。 ダイアモンド形・菱形模様は、赤ちゃんを負ぶる布とか 結婚の際に使うカーテンにも 良く 使われています。 

▲ この頁の先頭に戻る

ラオス寝具とブランケット

 ラオス人の 手作りの木綿の布団としては、カポックの綿とか その他の天然繊維を 中に 敷き詰めます。 一般的には、藍染めをしたもので 赤い色の布を 縁(へり)に付けます。 いくつかの村では、その布団を 起きて 巻き上げた時に 丁度 見える部分に 別に織られた 綺麗な模様の付いた布を 貼り付ける所も あります。 座る際に使う布・織物よりは 少し 幅が広いのですが、寝る際に使用するブランケットは、細長く織って、それを適当な幅に切って、真ん中で縫い合わせて 使います。

 タイ・デーン族とか 他の北部地方の民族は、ブランケットの一つの縁(へり)に、鮮やかな赤色の 縫取織りあるいは浮織り技法の模様を あしらいます。 ブランケットの縁の赤い色を もっと 際立たせるための手法として、白い縦糸(たていと)の一部を 織る前に 予め 赤色の染料に どっぷりと浸して 染めることも 良く あります。 ブランケットの縁に付ける模様の質、大きさを見れば、その使用目的が 分かります。 儀式の際に使うものは、広くて 実に精巧な模様の縁が 織られます。 儀式用の いくつかのブランケットの本体部分には、多彩な色と模様を駆使して 絹糸を使用した 浮き織り技法で 織られているのもあります。

 ラオス北部の冷涼な地方で使用される自家用としてのブランケットは、縦糸、緯糸双方とも 太目の木綿が 使われます。 使用する色は 単色の組み合わせ、たとえば 木綿または絹を使用した白地をベースとして、濃い藍染めを 浮織り技法で織り込み 模様を作ります。 卍模様も 家内安全祈願の古くからのシンボルとして、良く使われる模様です。 タイ・ルー族のように、いくつかの民族では、より厚手の そして より肌触りの良いブランケットを作るために、綾織り技法を使うことも 見かけます。

 タイ・ルー族は、ブランケットとか肩掛けを織る際には、たとえば 赤色のように 原色を 良く 使います。 タイ・プゥアンとプー・タイ族では、木綿または絹で 橙色、黄色、緑色などの原色を使って、美しい儀式用のブランケットを 織ります。
 これらの民族では、主となる模様の帯と交互に、動物などが 具象化、デフォルムされた帯模様を 織り込みます。 他のラオスの民族と同様に、まず 一枚の 長い織物を作り、それを 切って必要とする幅にあわせて 数枚を 縫い合わせて使います。 だいたいは、そのブランケットの端には、縁布を 付けます。

ラオス暮らしの織物

 ラオスの女性は、自家用として 長方形、正方形状の織物・布を たくさん 織ります。 何のために 織られたものかについては、その織物・布を 所有している人にしか、説明が付かないことが 良く あります。 織物に従事できる時間的余裕度、織る人の技術レベル、上質の糸と染料の手配等々を考え合わせますと、たくさんの様々な自家用の織物・布は、その家庭の富裕度とか地位を 指し示す 重要な要素となります。 

 あまり裕福ではない家庭では、ほんの少しの枚数の長方形の織物・布を、多種多様な用途、たとえば、肩掛けとして、赤ちゃんを負ぶる物としたり、寝具としたりの 使い方をします。 このように多種多様な用途に使うためには、だいたい 50センチから2メートル程度の長さにし、1色か2色のみで、縦糸・緯糸には 木綿だけを使用して、緯糸のみを駆使した 浮織り技法で 織られています。 

 余裕のある家庭では、木綿だけでなく 絹も使用して、多彩な色で染められた緯糸を使い、浮織り技法を用いて 様々な幅の長方形状の織物を作ります。 何枚かは、敷物用として、赤色の平織りに房(ふさ)を付けたものも あります。 房ではなく、縁布をしっかり付けて、布団カバーとかシーツとして 使うこともあります。 また 模様を緯浮織技法で織られた正方形の織物を 中心として その周りに楕円状の布を付け加えて、赤ん坊を 負ぶるための布として使います。

 タイ・ルー族の女性の中には、「象の頭飾り」と称する 狭い幅の長方形の布・織物を 花嫁道具の一つと することもあります。 赤ん坊の負ぶる布の中心部を 綺麗な模様とし、赤ん坊とお母さんの背中を しっかり固定するために 長い紐を付け加えます。

 色々な目的・用途から、正方形あるいは小さい長方形の模様の中に、さらに模様を織り込んでいる織物もあります。 これらの布・織物の中には、家の中の祭壇の前でお祈りをする際に 脚の膝を乗せる あるいは 儀式の際の献上物を包む布・織物として 作られるものもあります。 織物の周りに 赤い木綿の布を 付け加えることも 頻繁に 見かけます。 ただ、タイ・ダム族だけは、赤色よりは 黒色の方を 幸運を招く色と 考えています。

 ベトナム・ドンソン文化から受け継いだ模様は、模様と模様の空間に織り込まれることから、ナーク(蛇)模様とダイアモンド形模様は、家の中の祭壇で使われる布・織物には 至るところに 織り込まれています。 ちょっと おもしろい模様の 猿の形も この祭壇用の布・織物には 時々 登場します。 いくつかのラオスの民族では、猿は、この世と あの世を 媒介していると 信じられています。 

ラオスの季節とお祭りと織物

 ラオスの集落の人々は、農作業に あわせた生活周期となります。 モンスーン気候のラオスでは、それぞれ ほぼ半分づつの 6ヶ月間周期となる ひとつは 乾季 一方は 雨季と 明確に 季節が区分されます。 ラオスでは 稲作は年に一度 パサパサした 粘り気の少ない モチ米種を 収穫します。 ラオス南部では、女性用のスカート用マットミー生地の模様として、この稲穂の束が 使われることは 珍しくはありません。 

 雨季の到来と共に、あちこちの集落は、一斉に 水田を耕し 種を植えます。 稲が育ちますと、虫害、病害から 稲穂を守ろうと せくせくと 働きます。やっと 稲を刈り、収穫しますと、人々は ほっと 息をつき 他の仕事 たとえば 織物作業など に目を向けます。 農作業の各節目、特に 種植え時期と 稲刈りの時期ですが、人々は、悪霊を鎮(しず)め、先祖の霊と 食料の大部分を占めるお米の恵みを たくさん 与えてくれる善霊とが お互いに 協力しあうことを願って、儀式(祭典)を 執り行います。 

 タイ・デーン族では、種植えを始める時には、祈祷師が主宰する "地を満たす"という意味の 「ピーティークゥン」の儀式を 執り行います。 田を耕し始める時には、ラオスの低地では、凡その意味は 水田の霊にお供(そな)えをするという 儀式を 執り行います。 「タリオ」という 竹を星形に組んだものを 棒の先に付け、水田の隅と 家の敷地の隅に祭られている祠(ほこら)の周りに 置きます。 お供えとしては、絹の布、キンマの実、お酒、それと お料理を 水田の霊に 奉げます。

 稲刈りの期間には、いくつかの民族では、収穫したお米を 納屋に入れる時に 特別の儀式を する こともあります。 その他の民族では、豊作を祝って 仏教の僧侶によって執り行われる 「ブゥン」というお祭りが 開かれることもあります。 竹で組まれたタリオは、悪霊を遠ざけるためとして お米の入った納屋の上に 置かれます。

 ラオスの人々は、天地万物に 鎮められるべき霊が 宿っていると信じています。 農家では、病気にかかった木の周りには、橙色の布を 結ぶことがあります。 果物の実をつける木を成長させるために、全ての木は女性と考えられていることから、女性のスカートを巻きつけることもあります。 ラオス北部及び中部では、大きな動物、たとえば 野生の水牛、象、虎 などを殺した時には、その霊を鎮めるために 儀式が執り行われます。 その際には、タイアモンド形模様を大きく織り込んだ布が、肉として食べる前に その死んだ動物の頭に 掛けられます。 

 「ブゥン」 つまり お祭りが 農作業の節目に応じて 催されます。 気候が良く、農作業に余裕のある時期には、宗教的・民族的な お祭りが 催されます。 乾季の時期全体を通じて、特に 収穫後の頃ですが、満月の日毎に、仏教のお寺の境内で といっても 古くからの精霊信仰が根付いているのですが、一張羅の服を着込んで ブゥン=お祭り の準備に 精を出している集落の人々の姿を 良く 見かけます。 仏教徒の祝日の期間中は、伝統的に 全ての 織り・染めの作業を中止することにしています。

 これらのお祭りの期間は、若い未婚の女性達にとっては 自分が織った 一番出来栄えの良いスカートを着飾ることで、花嫁として充分な資質を持っていることを 誇示する 絶好の機会に なります。 また、このお祭りには 皆が集まって来るので、模様の新しい組み合わせのヒントを得られるとか、ちょっと 見たことの無い染色の方法についての情報交換の場とも なります。 

 ラオスでの最大のお祭りは、二つあって、古くからの精霊信仰仏教の精神が合い混じったもので、乾季に 催されます。

 「ピーマイ」、ラオスの新年のお祭り ですが、乾季の終わり頃の 4月中旬に 3日間 催されます。 暦の終わりを示す 南部インド及びスリランカでの 新年のお祭りを 換骨奪胎したものです。 元々は、ラオスのピーマイは 宗教的な意味合いはなく、一般大衆のお祭りでした。 しかし、現在では 清められた水で 厳(おごそ)かに 仏像の汚れを取り除くことと合わせて、年配者に向かって 静かに水を掛ける 儀式から スタートします。 このことが やがて 友達、隣人 そして 道行く人までにも 水を どっぷり掛ける お祭りと なってしまいます。 地上に降り注いだ水の全てを 土に戻すことで 充分な降水が確保され、豊作となると 信じられています。 お祭りの三日目が、新年・元旦となります。 おニューの服を着て、父母、祖父母 及び尊敬する年配者へ新しい服とか織物をプレゼントすることで お祝いをします。 

 もう一つの 一般大衆のお祭りは、乾季の終わり頃、太陰暦 6月の15日に催される 「ブゥン・ファイ」(ロケット祭り)です。 この日は、釈迦・ブッタの輪廻を 思い起こす 仏教徒の最大のお祭り= ヴィサーカーブーサー(仏誕祭)の日なのです。 このお祭りは、巨大な 花火ロケットを、雨季の訪れを象徴する 地平線のかなたの 黒光りしている 柱のような大雲に向かって、打ち上げる ものです。 僧侶が ロケットにお祈りを捧げて 釈迦・ブッダに 雨を降らすことをお願いしている儀式の間にも、お構いなく 村人の 狂人的な騒動が始まっていることからしても このお祭りは 古くから 一般大衆の 豊穣を願うものであることが 分かります。 このお祭りでは、たとえば 濃いサングラスをして 男物のシャツを着るなど ちょっと 風変わりな服装の女性も 見られます。 ロケット模様は、ラオス低地の絹のスカートでは、良く 見られる 模様です。

 タイ・ダム族とかタイ・デーン族とかの 北部のラオス民族では、家とか村の霊を鎮めるとして 例年恒例のお祭りが 開かれます。 ここでも また、お祭りは、最も素敵華麗な服装をする期間であり、若い男女の出会いの場であり、彼らのお母さんが 織り技法、染め技法についての 情報交換する場にもなります。

▲ この頁の先頭に戻る