「Textile Patterns of The Tai in Vietnam」
Hoang Luong, Faculty of History Hanoi University

From 「Textiles of Asia : A Common Heritage」 
published by Chiang Mai University  1993年初版

 (未定稿)ラオスの布と古代ベトナム文化との関わりを知るために 私の独善的発想で 日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。
** 参考 ; ラオス織物とベトナム・ドンソン文化との関わりについての記述抜粋 ** 
「ラオス織物の歴史背景」 ・・・ 全文は こちら のページに (Lao Textiles and Traditions by Connors)
>>>
 ベトナムでは 現在は”バク・ボー”と知られている紅河(RED RIVER)デルタ地域に芽生えた新しい文明が このラオスにも 何がしかの影響を与えました。 ”ドン・ソン”と称される この文明は 紀元前1000年前半頃には 既に 青銅器を作っていました。 この文明の 交易の主産物は 青銅器で出来た 大きなドラム(銅鼓)でした。このドラムは 広く 東南アジア各地に 流れていました。元々、このドラムは 当時 あちらこちらで支配、統治という概念が生まれつつあった頃で その新興勢力の 権力の象徴的な物でした。

 このドラムには 人物、動物、幾何学的な模様のフリーズ装飾が施されていて これは 今日では 歴史上で 貴重な価値・意味合いを持っています。 それは 青銅器のドラムが廃(すた)れてからも 長い間 ドラムに施されていた模様が 東南アジア各地の人々によって 徐々に形は変えつつも 儀式上に使われる布に 畏敬の念を持って 脈々と繰返し 受け継がれてきていることです。   >>>

ベトナムにおけるタイ族の織物模様 Textile Patterns of The Tai in Vietnam

(置換者注) このページでいう「タイ族」とは タイ国の国民・民族という意ではなく ラオス等に住む”タイ・ダム族” ”タイ・デーン族” ”タイ・カァウ族”などに代表される 民族学における分類「Tai Family−タイ族」として 使用されています。また この文献は タイ語文と英語文の両方併記となっていますが 英語文は不明確な表現が多いので タイ語文を ベースに日本語へ置き換えを行なっています。 ラオス織物の真髄を 改めて 実感できる文献と思います。>>>

 ベトナムに住むタイ族によって織られた布・織物は まさに古代からの文化遺産であって この地におけるハンドクラフトの伝統が集積している産物です。 これらの布・織物は そのスタイル、技術、模様がそれぞれ 民族毎の起源、歴史、社会、ライフスタイルを反映していることから 我々に 大変有益な情報を 与えてくれます。

 タイ族の布・織物についてのテーマは 研究の緒に着いたばかりで 大変 奥が深く まだまだ 今後の研究を待つ必要がありますので ここでは 単に 布・織物の模様のパターンと装飾方法・デザインだけを とりあげることに致します。これを機に タイ族の精神・魂が注ぎ込まれている美しい布・織物を より良く知ることの一助となることを 切に 願っております。

 タイ族が用いる布・織物の模様対象・タイプには 数種類ありまして
 植物・草木  動物   日常生活道具  物  その他雑多  と分類できます。

 これらの織物模様タイプの全てについては ベトナムとその周辺で見られる 古代のプゥンギェン−ドンソン遺跡にも 見られます。 当時の タイ族の布・織物の 元々の模様がどんなであったかを知ることは不可能ですが これらの古代の遺跡で見られる模様と 現代に依然として伝えられ使用されている タイ族の織物模様とを 大枠を比較調査することによって 類推することは可能でしょう。

 心許ない限りですが プゥンギェン−ドンソン遺跡時代の タイ族の織物模様の大まかなイメージを お話したいと思います。

 模様の形の基本パターン

 タイ族の織物模様は その取り入れた対象物及びそのモチーフにおいて 極めて多種多彩であるというのが 何と言っても大きな特徴です。もっとも一般的で 良く用いられるパターンは 次の通りです。

私の手持ちのラオス布・織物から 模様の形のイメージを 掲載しました
パー・ピィヤァゥ
(タイ・ダム族、頭巾)
八つの極を持つ星の形
(目印にpinkの点を補記)
鋸の歯の形 鉤の形

1 ギザギザの形状をした八つの極を持つ星の形

 この形は ”パー”(布)、”パー・ピィヤァゥ”(頭巾)等 タイ族のあらゆる布・織物に現れる もっとも 一般的な形です。 ドンソン時代全体を通じて見られる青銅器ドラム(太鼓・銅鼓)の上面には メインの模様として この星の形が描かれています。 プゥン・ギェン遺跡の発掘作業の過程では 土器とか 測量用のおもりにも この形が描かれたものが出土します。 考古学的な見方では タイ族の布・織物と ドンソン時代の青銅器ドラム上面に出現する この形は 他の国、文化から移入・影響を受けたものではなく 彼ら独自のものというのが 通説です。 タイ族の布・織物では この八つの極を持つ星の模様・形は しばしば 何重もの同心円で囲まれたチェーン状の色々な形の星模様を 周りに施します。

2 点線の形

 タイ族では ”ラーイ・クルゥーム”(波模様の意)と呼びますが この形は 布の端部分を飾るのに 良く使われます。 これと同じ形は プゥン・ギェン時代からドン・ソン時代にかけての 土器、青銅器ドラム(鼓)の飾りとしても 見られますが 長いラインではなくて 短いラインに切り刻まれて 施されていることがあります。

3 鋸(のこぎり)の歯の形

 タイ族では ”ラーイ・ヤックゴーンカイ”(鶏のとさか模様の意)と呼びますが 良く見かける形で 百姓が使う各種の農具にも使われている この地固有のものです。 タイ族の頭巾 ”パー・ピィヤァゥ”には 布全体に より複雑な この形が散りばめられています。 この形を等間隔に あるいは 逆三角形に 単純に隣り合わせに並べて 模様を構成します。 土器と青銅器のドラム(鼓)の上面には この鋸の歯の形をした三角形が 単線あるいは複線で 周りを縁取りするように 使われていました。

4 鉤(かぎ)の形

 時に ”ラーイ・クゥート”と呼ばれる形ですが この鉤形模様は タイ族の布・織物の中に 実に様々な形で 織り込まれています。 ドン・ソン遺跡時代を遡る時代−プゥン・ギェン時代、ドーン・ケェウ時代、コームゥン時代−では この形は 土器に施された模様の主流でした。 出土される この土器の中には 様々なテクニックの鉤の形の模様が見られるのですが 基本形は同じですが 土器では どちらかと言えば 滑らかな曲線形で 布・織物では 角張った形の鉤形となっています。

5 コイン(硬貨)の形

 円形のコインの形は ”ラーイ・チャムロート”(筒・管に閉じ込めた模様の意)と呼ばれる形で 前述した形と 同じ方法のものです。 タイ族では 昔から タイ族の頭巾 ”パー・ピィヤァゥ”の装飾模様として使われていて 現在も 依然として多用されています。 もちろん 土器、青銅器ドラム(鼓)にも この形が 見られます。

6 心臓の形

 カァウ・ラーム(竹の筒にココナッツミルクと共に蒸したラオス式五目ご飯)を四角形に切ったような形で ”ラーイ・マークチュム”(水に漬けた檳榔子模様の意)と呼ばれます。 これも 土器・青銅器には良く見られる模様・形で 特に 後期のドンソン時代には 顕著です。 イェンチャウ(ソーンラー)地方に住むお年寄りの方達は かつては この形は ただ タイ族の頭巾 ”パー・ピィヤァゥ”のみに 十字形状で使われた模様だと 言っています。 特に 後期ドンソン青銅器時代のドラム(いわゆるムゥアン・ドラムと称される)の上面には この模様しか使われていないと言っても 言い過ぎではない形です。

7 アルファベットのS字状の形

 タイ族では 頭巾 ”パー・ピィヤァゥ”などに アルファベットのS文字の形が施されているのを見かけます。 指輪の模様としても使われています。 ただ このS字の形は 単独で施されることは無く 普通は 前述の ギザギザの形状をした八つの極を持つ星の形の周りに 複数のS字の形をライン状に繋げて 施すのが 一般的です。 この形は ほとんどのタイ族の布・織物に施されていて 彼らの布・織物を素晴らしいものとする 源であります。

8 生き物(動物)の形

 生き物・動物を模様の形にすることは タイ族の布・織物伝統では あまり見られないのですが ベトナムとラオスの国境に住むタイ族のグループでは ”トーカム”と呼ばれる模様に見られます。 生き物・動物の模様は 概して その形はデフォルメされます。 タイ族の布・織物である”パー”、”パー・ピィヤァゥ”(頭巾)等 に 尻尾の短いあるいは長い猿の形が見られますが この形は ドンソン時代の青銅器ドラムにも 見られます。

 このことは タイ族の文化はドンソン時代の文化と同系だと結論できるのでしょうか ? 依然として この問題には 明確な結論が出せないのが現状ですが 古い時代に タイ族、ドンソンという この異なった人達が 密接な関係には あったという可能性は 充分に考えられます。

 =====
 タイ族とプゥンギェン−ドンソン時代の装飾にみられる 主要な模様の形の いくつかに言及しましたが この両方の装飾物に共通に見られる形が まだ 数種類あります。

 どうして このように 似た・共通した形が 見られる理由はなんなのでしようか ? お互いの文化が 時間を経て 融合した結果と見るべきなのでしょうか ? 我々のこれまでの経験則では この種の同似性は 歴史的にルーツを 共有している証と見るべきでしょう。

 模様構成

 タイ族及びプゥンギェン−ドンソン時代の装飾模様には 前述の基本パターンが 色々散りばめられて 構成されています。布大枠に 四角形が 同心円状に または クロスして配置されるのが タイ族の布・織物の一般的な模様構成です。

 タイ族が 真ん中に施す ギザギザの形状をした八つの極を持つ星の形を囲む 同心円状の大小の四角形模様は ドンソン時代の青銅器ドラム(鼓)にも使われていました。 違いは タイ族は 布・織物に施し ドンソン時代では 土器・青銅器の削り模様に用いられたというだけです。

 一本 あるいは 一対のラインも タイ族の布・織物には 良く 見られます。これらのラインは あるいは線と線との隙間に ひし形状の模様、鋸の歯の形、点線の形等と併せて 施されます。ドンソン、プゥンギェン時代の土器、青銅器と同じです。

 こういった模様構成を見ますと タイ族の人達とプゥンギェン−ドンソン時代の達人達は 実にあざやかに 様々な模様を作り上げたものと感心をいたします。これだけの素敵な模様を作り上げたということは その創造力・創作力は 極めて 優れたものと評価できると思います。また 真ん中に鏡を置いたように 相対称に模様を構成するのも 世界のほかの地方と同様に タイ族、トンソン時代 両方の特徴でもあります。

 まとめ

 タイ族とドンソン時代の文化おける装飾模様の技術は 同じ流れ・伝統を受け継いだものであろう。ある物の形を忠実に表現・描写するのではなく その形の持つ精神・エキスを抜き出す、具象化することに 意を注いでいるのは 共通しています。

 これらは 間違い無く 域外からの影響も受けたとは思いますが 彼らが持っている本来からの文化と 上手く 融合させて 大枠を維持しながら受け入れたのでしょう。タイ族とドンソン時代の文化の装飾模様に見られる同似性は 共通の流れを持っている証です。これらからは 古代のタイ族と 古代のドンソン時代の人々の間に 密接なつながりを持っていたということが 推測できます。 

 そこで 私達は 古代のタイ族は 初期のベトナム文明の担い手・貢献者であったと結論付けできます。北西地方のベトナムはタイ族文化によって育まれたということと それが ベトナムの北西及び北東地方に住むタイ族の行き来を可能にさせた ター川、タイ川、ロー川などの流域に沿って 伝播していったと まとめることができます。
▲ この頁の先頭に戻る