「Lao Textiles and Traditions」    by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

 (未定稿)ラオスの布を知るために 私の独善的発想で 11ページ分を日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

1  Setting the Scene (ラオス織物の歴史背景)

ラオス国の起源

 ラオスには この国の由来とか 国内に色々な膚の国民が存在することを説明している 民話が残っています。何世紀にも亘って ラオス人が信じているのは ”クン・ボロム王”が 天上から ラオスとベトナムの国境近くの地点に 下り立ったのが この国の始まりだ ということです。

 彼は たくさんの財宝と何人もの妻と共に 白い象にまたがり やって来ました。 クン・ポロム王が この世に下り立った時 奇妙なツルにぶら下がった 二つのヒュウタン(瓢箪)を 見つけました。 彼は そのヒョウタンを 焼き火箸で突き刺すように 命じました そうすると たくさんの男と女 それに 動物や植物の種等 ありとあらゆる種類の必要な物が 飛び出して来ました。 突き刺された焼き火箸に どのくらい触れたか によって 膚の色が 相違した という民話です。 歴史学者とか 人類学者などは あくまでも民話で非現実的としていますが メコン川流域の南部から 中国南部・ベトナムとを隔てる山並みと接する北西部までの 現在のラオス領土に いかに多くの人種が移住してきたかの 一端が垣間見えて 興味深いとしています。

 クン・ボロム王は ムゥアン・テーンを都と定め 七人の息子に領土を治めさせました。 現在も 西双版納(シーサンパンナ)と言う名で 中国・雲南省に残っていますが 七人各々に 12,000枚の水田(シップ=10・ソン=2・パン=1000・ナー=水田)を分け与えました。 長男の”クン・ロー”には 現在 ルアン・プラバンとなっている ムアン・スゥア(サワー)の町を 分け与えました。

 ジャール平原と呼ばれている北部中央地域では 人類学者が 紀元前300年から 紀元後300年の間と推定している 埋葬場所があります。 この地域は 当時も そして今も 豊富な塩が産出されます。 この豊な恵みを支配した人々は リーダーを埋葬する数多くの石壷を作るなど 治世を安定し始めました。 遠くの国と交易をするなど 豊さを存分に享受していました。 ワット・プーに代表される 9世紀頃のクメール寺院が残る南部地域は 寺院の石などに この地域に根付いていた 当時の文化の一端が はっきり残っています。
▲ この頁の先頭に戻る

ラオスの歴史

 ラオスで 文献・記録で確認できる歴史の始まりは  ”ファー・グム”候国時代です。 民話によれば ファー・グム王は ”クン・ポロム王”七人の息子の長男”クン・ロー”の第23代目とされています。 ファー・グム王の父親は アンコールにあったクメール宮廷に 追放されていました。 ファー・グム王は ここで育ち クメール王の娘と結婚し 仏教に改心しました。

 1353年に ファー・グムは ムァン・スゥア(ルアン・プラバン)に凱旋し その時 プラ・バンと称される崇高な仏像を 持ち帰りました。彼は 直ぐに 新たな王国を樹立し それを「ラーンサーン王国」と名付けました。 ファー・グムは ラオス人を率いて またたく間に 領土を拡張していきました。現在のラオス領土に ほぼ近い地域に 加えて タイ国の北部、東部のかなりの部分を制圧していきました。 この時代が ラオスの歴史、文化の黄金時代でして ファー・グムの後継者により 2世紀の間 この栄華が続きました。 ただ 不幸なことに ラオスは ビルマ、ベトナム、中国、タイ、カンボジアに サンドウィッチ状に挟まれていて 地理的条件は 極めて 他国の攻撃を受けやすいものでした。

 これらの国々の 政治的・経済的な勢力状況が まともに この国・ラオスに影響、影を 投げかけました。 16世紀頃には ビルマとタイとの執拗な争いに 巻き込まれたこともありました。 その後の300年間は 周辺地域の勢力地図に左右され 国土は 都度 変更を余儀なくされました。 国境ラインは 一度も 安定して続いたことはなく 都度の勝国の いいなりでした。 王と兵隊は なんとか その場、その時の戦いを しのぐしかありませんでした。

 戦争と殺し合いが治まった時に 元の地に戻り それまでの何世紀も営んできた 農耕と家族の養育を続けました。 多分 国籍は 都度 色々替わったのだと思いますが 何事も無かったかのように いつもの生活を続けたのでしょう。 1884年に カール・ボックは 「寺院と象」と題する シャム王国からラオスを旅した記録を書いています。 彼は キィアン・マイ周辺地域の 当時のラオスの生活スタイルを 克明に 記しています。 彼が訪れたラオス地域は 現在では タイ国の領土になっています。 侵略者に 土地を奪われ逃げるだけでなく 捕虜、奴隷として その地を離れることもありました。 水耕に適した土地を見つけると その土地で一族が暮らせなくなる程に増大した時以外は ラオス人は その土地にしがみ付きました。

 どこの国も一緒ですが ラオスの歴史、経済、文化の盛衰は 偏(ひとえ)に その地理的条件に 左右されました。 東部(右)は ベトナムと境を決める 山深く木々が密集しゴツコしたアンナン(ルアン)山脈がそびえ、 西部(左)は 2000kmに亘って国土を流れるメコン川があります。 メコン川は ビルマ、タイとの国境を形成するのに 重要な位置を占めています。ラオス人のほとんどは この偉大なるメコン川によって育まれた 流域に 住んでいます。 多くのラオス人にとっては 恵みある生活を可能にさせる土地は ほとんどは タイのコラート高原を分断するメコン川流域の ラオス国土の西側地域です。
▲ この頁の先頭に戻る

ラオスへの影響文化

 東南アジアで発見された人類最初の定住跡の いくつかは コラート高原にあります。紀元前3600年の初めの頃には既に 狩猟をしながら土地を移動する生活から 一定の土地に止まり 作物を耕す 定住生活が行われています。 高原を流れる二つの河川の合流地点に近い バン・チァンでは この地のものではないビーズとか布を身につけた人類の化石が見つかっていますが 紀元前3000年から 紀元前500年のものと されています。 バーン・ナーディー近くの同じ年代の遺跡からは 絹の布、石と貝で作られた腕輪等 この地のものではない品々が 発掘されています。

 ベトナムでは 現在は”バク・ボー”と知られている紅河(RED RIVER)デルタ地域に芽生えた新しい文明が このラオスにも 何がしかの影響を与えました。 ”ドン・ソン”と称される この文明は 紀元前1000年前半頃には 既に 青銅器を作っていました。 この文明の 交易の主産物は 青銅器で出来た 大きなドラム(太鼓)でした。 このドラムは 広く 東南アジア各地に 交易されました。 元々、このドラムは 当時 あちらこちらで支配、統治という概念が生まれつつあった頃で その新興勢力の 権力の象徴的な物でした。

 このドラムには 人物、動物、幾何学的な模様のフリーズ装飾が施されていて これは 今日では 歴史上で 貴重な価値・意味合いを持っています。 それは 青銅器のドラムが廃(すた)れてからも長い間 ドラムに施されていた模様が 東南アジア各地の人々によって 徐々に形は変えつつも 儀式上に使われる布に 畏敬の念を持って 脈々と繰返し 受け継がれてきていることです。

 紀元前1000年後半頃には 勢力範囲は小さいものでしたが 国と言える内容の社会になると 大きな変化が現れます。各地域が ますます 中国とインドの文化の影響に曝(さら)されます。 物作りにも 物事の考え方にも それらの影響が現れます。 四方を陸地に囲まれたラオスは これらの文化を持った人達が 新たな定住地を求めて あるいは交易のために通過することとなり 人民が移動する時に発生する「文化融合」の典型となります。

 何千年も前、いろいろなルートのシルクロードを通って 中国とインドの間では 交易が栄えていました。 その一つは 今で言えばビルマかインド・アッサム辺りへ 山合いを流れる川を通じて交易した シーチュアンを起点とする南西シルクロードであり もう一つの地点は 現在 バオシャン(保山)として知られる中国南西部地域です。 シルクロードの時代には ここら辺りは アイ・ラオとして知られる古代少数民族の 統治下でした。 絹が中国からインドにもたらされ インドからは様々な品物 例えば 宝石、象牙、布等と一緒に 文化、宗教が もたらされました。
▲ この頁の先頭に戻る

ラオスの独立

 ヨーロッパで 最初に ラオス国の存在を知るのは 17世紀になってからです。 ラオスの交易ミッション団が 安息香と染料のラック棒を持って オランダのインドネシアの拠点、ヴァタビィアに到着した時です。 オランダ人は これに興味を示し 1641年に ゲリット・フォン・ユストフを団長とする調査隊を メコン川を遡って ラオスの都 ヴィエンチャンに派遣しました。 この調査隊が記した日記は 当時のラオスの文化を知る上で おおきな拠り所となります。 フォン・ユストフ一行は たまたま ヴィエンチャンでは タート・ルアン祭りの最中という幸運に巡り合います。 王族、貴族の華麗さ・豪華さを記しただけでなく テラヴァルタ仏教を深く信仰している庶民の姿も 記しています。 このフォン・ユストフの調査団以降 約200年もの間 一切 この種の記録が残されていないのは 不思議なことです。

 1860年代になって フランシス・ガルニエとドゥダール・ド・ラグリエの2人のフランス人が メコン川を 幅広い地域に亘って 探検をしました。 アンコール・ワットの件で有名な 自然探検家のアンリ・ムオットは 1861年に ルアンプラバンで 永眠した記録があります。 これらのフランス人が訪れた当時のラオスは 三つの王国に分裂していて いずれも タイ、ベトナム あるいは双方の 支配下に置かれていました。 この状態は フランスのインドシナ戦略、”ミション・シビリザトリス(民族開花)”の一環として フランスが ラオス国内問題に関わり合うまで 続きました。

 初代フランス総督のアウグスト・パヴイが 1886年 ルアンプラバンで仕事を始めた時には ラオス国王のウゥン・カムの承認を得ました。 1828年のことですが タイとラオスの間で 壮絶な戦いがあり ヴイエンチャンは 完膚なまでに破壊され この地域の人々の大多数は 長い間 ”ラオ・ヴィエン”が住んでいた メコン川を渡った西部地域に移ることを余儀なくされました。

 この地域は 今は タイでは ”イサーン”として 知られています。 ラオス国王は タイと対抗し 国境ラインを取り戻すことを目論んで フランスの力を利用しょうとしました。 結果的には 1893年 タイは メコン川西部流域から撤退しましたが ラオスは ベトナム、カンボジアと同様に ”インドシナ”の一部として フランスの保護下に入ることになってしまいました。 結局 フランスは 第2次世界大戦で 日本が占領するまで ラオスに駐留することになりました。 ラオスが 真の独立を勝ち取るのは 1953年のことです。 第2次世界大戦が終結し それぞれの国が独立して初めて フランス語読みの”インドシナ”ではなく 「東南アジア」という言葉、表現に替わり この地域に住む民族の 凄惨な高い代償を払った歴史が 終わりを告げました。
▲ この頁の先頭に戻る

ラオスの民族

 今でも 学者の間では この地域に住む民族を どう分類するかについては 諸説紛々です。話す言葉と 文化的な共有要素、例えば 衣装・服装・住まいなどで 分類するのが 一般的です。 フランス保護時代には ラオスを 38の民族グループに 分類していました。 それを 話す言葉によって 大きく4つのグループに区分していました。

 低地の河川流域に住むグループ=ルー族、プゥアン族、プータイ族、タイダム族、タイデーン族、タイカオ族などは タイ語系として分類されます。 このグループは 現在のラオス人口の約60%ちょっとを 占めています。

 北部地域では チベット・ビルマ語系のグループ=アカ族、ハニ族、ローロー族などが います。 北部地域には シナ・チベット語系のグループ=モン(メオ)族、ヤオ(ミィエン)族など もいます。これらのグループは 人口の8%程度です。 南部地域は モン・クメール語系のグループ=ラバン族、カッセン族、カトゥ族など が大半です。 クゥム族は 同じ  モン・クメール語系に分類されますが 他の民族と少し相違していて ラオス元来固有の民族と考えられています。 このように 数多くの民族がラオスに居住していて この本では 全ての民族を とりあげることは困難であった ということを 予め ご承知、ご理解ください。

 メコン川流域の肥沃な土地に住む 低地ラオの民族は 国外の影響に 大きく曝されてきています。 現在の首都ヴィエンチャン、それと それ以前の旧都ルアンプラバンの双方では 文化・服装などに ラオス固有土着の伝統にインド、中国、欧米の影響が加わり その他のラオス地域とは趣を異にしています。 南部地域の織物・文化には インドの影響を受けたクメール文化が反映されていて 何世紀もの間にわたって この地域の主要な位置・要素を占めています。 奥深い森林に囲まれている北部地域は ルー族、タイダム族、タイデーン族、タイカオ族の本拠地です。この民族グループは 峻険な山合い、峡谷に 小さい集落・村を形成して生活しています。 こういった地理的に孤立した状況なので 結果的に 服装、文化に 域外の影響を受けることは ほとんど ありませんでした。

 記録として残されているものが無いので 最初にラオスに定住したのは どの民族で どの地域なのかについては 確かなことが 分かりません。 現在の中国南部にあった ナンチャオ王国(南詔国、大理国?)が 13世紀に亡びると 国境の山を越えて 大量のラオ系民族が ラオスに流れ込んで来ました。 山合いにあちこちに点在して居住する 民族グループの ルー族、タイダム族など 今 住んでいる場所には 長い歴史を持っているのは 確かです。

 ただ タイデーン族は ベトナムの紅河流域 および ディエン・ビエンフー高原あたりから この200年間程に 移り住んだ とされます。 タイカオ族も シップソン・チュウ・タイ(12のタイ州)として知られたベトナムの最北西部地域から ラオスに移り住んでいます。 プゥアン族は ラオス北部地域のシェンクワンに 大部分が住んでいますが 年月をかけて少しずつ 川を下り 多くの人が ヴィエンチャンに移動しています。

 プータイ族は ラオス南部地域のサワンナケートが 本拠地です。 この民族の文化は プゥアン族とか 低地ラオに住む民族に 似通っています。 北部地域のいくつかの民族は このプータイ族の仲間とされることがありますが それは ”プータイ”という言葉が ラオス語では 「その他」という意味も持っていて ”その他の どこにも当てはまらないラオス民族”と分類したのが 誤って このグループの仲間とされることがあります。
▲ この頁の先頭に戻る

ラオスの宗教・信仰

 低地ラオに住む民族の大半と 高地ラオの民族(ルー族、プゥアン族、プータイ族、タイカオ族など)は 仏教信者です。ラオスの仏教は テラワーダ仏教(上座部仏教(小乗仏教))です。 テラワーダ仏典は 色々な戒律を示しています。 仏教の中で この宗派は 礼拝ではなく 個人の瞑想に力点を置いていて ブッダ本来の考えを踏襲しています。 その明快さで 多数派の宗派 たとえば 仏像崇拝とか神秘的な儀式を幅広く説いている マハーヤーナ仏教(大乗仏教)とは 大きく違っています。

 テラワーダ仏教では ブッダを 即座に全ての悩みを払拭し得る全能の存在というよりは より良き生き方を過ごす道を指し示す偉大な先導者として 捉えています。仏門 つまり僧侶の世界では 信徒に説教をし ブッダの教えを読経します。 ブッダの像は ただ この偉大な先導者の存在を 個々人に 思い起こさせる一助のものでしか ありません。

 一般のラオス人は 瞑想の本来の形を説き その哲学的な意味合いを示している 仏教自体が持つ思想的な奥義は あまり意識していません。 一般普通の人間にとっては 毎日の生活の中で 徳を積むことによって 罪とか 業(ごう)とか 因果とか 転生とか 往生とかを どう捉えるかが関心事なのです。 ブッダは 信者の立場、状況、能力に応じて その教えが理解できるように 色々なレベルの教えを説いています。 このことが ラオスの田舎の村人でも 仏教の教えを受け入れ理解することができ 先祖の霊魂を意識し尊崇するという部分を持つ 古来のラオス精霊信仰とマッチしていたのです。 このような状況ですので ラオス人が 仏教の涅槃という考え方を信じる一方で 精霊信仰も いまだ 根強く日常の生活の中で 息吹いているということは 決して 矛盾はしないのです。 

 ラオス文化の根幹を成すものの一つに 個々人 そして 家族、村・集落、広義には社会の中で いかに協調するか ということがあります。 様々な信仰・宗教を いかに協調させるか ということが ラオス全部に当てはまることですが いろいろな場面で 出てきます。

 旧来のラオス精霊信仰では 生きとし生けるもの 全てに ”クゥアン”と称する霊魂が宿っているという考えが 基本にあります。 災難が及ぶということは その本人が 周りにある霊魂を粗末に扱ったということの結果とされます。 全ての物、人々の中に たくさんの霊魂があり、それが 時に 苦悩をもたらし 病気・災厄の元となり 社会の平和を乱す としています。バーシーとか スゥ・クゥアンの儀式では クゥアン(霊魂)を呼び起こし 何とか クゥアンに この場に止まってほしいとして 食べ物、飲み物を捧げるのです。

 この儀式は 単に来訪者を歓迎するという場面から 家を建てる時に大黒柱を立てる時などの 何か大事なことを執り行う場面とか 結婚式のように節目節目の場面とか 大病から回復したお祝いの場面とか 実に 様々な場面で 催されています。 牛とか象が 病気になった時にも 回復を願って 催されることさえ あります。

 新しい車とか 舟に 木綿の糸を結んで 無事を祈ることもあります。 バーシーとか スゥ・クゥアンと称される儀式は スゥ・クゥアンの方が より重要な場面で執り行われます。 スゥ・クゥアンの儀式で使われる白い糸は 予め 僧侶により 清められています。 この儀式は 村の長老が執り行いますが 米酒、ゆで卵、手を加えた鶏肉、バナナなどを 円錐形に花で飾ったトレイの周りに置いて 捧げ物とします。 花飾りのテッペンには 竹の棒があって それには たくさんの木綿の糸を 結(ゆわ)えます。 このアレンジメントの形・様子・姿は しばしば 織物の模様として登場します。 さ迷って悪さをする霊魂を呼び起こして 本来止まっている場所に落ち着くように 説きふすために 長い念仏を 唱えます。 儀式の終わりに 白い糸が 村の長老によって 花の周りから外され 主催者と 参加者全員の 腕(リスト)に 結びます。

 バーシーの儀式でも 長老が 祝福を祈りつつ 3つの結び目を作りながら 主な参加者の腕(リスト)に この糸を結び その他の人は その時 健康と家内安全を祈る という やり方は 同じです。 この糸は 今 全ての霊魂(クゥアン)が 本来の場所に戻り 安らかになったということを示す 象徴です。

 ラオスでは ”クゥアン”の他に 善のものも悪のものもあるのですが 村、水田、森に宿る ”ピー”(霊)というものも信じられています。 「先祖の”霊”」という場合は これを 示しています。 このピーを 蔑(ないがし)ろにすると 色々な困難が降りかかります。 様々な形の儀式が 霊を供養するために執り行われます。

 タイダム族、タイデーン族は 仏教信者ではないのですが 先祖の霊を供養する儀式が 例年 行われています。 こういう儀式は 霊が悲しんでいると思い立った時には ラオスのどの民族も 執り行っています。 突然の予期せぬ死、病気、災害は 霊が悲しんでいる証とみなします。霊媒師 普通は女性ですが 起きている因果を司る”霊”と 意志を通じ合うことが出来ます。

ラオス織物背景

 ラオスの山深くに住む ラオス人とタイ語系の民族は 彼らの住んでいる所が 人里離れていたことから その特異な独自性、服装、習慣を 守り続けることに なったのでしょう。 ラオスは 236,800平方キロの国土に 450万人と アジアで 最も人口の少ない国であり その人口密度は 19人でしか ありません。

 北部に住む山岳少数民族の大部分は 山深い土地で 100家族にも及ばない小さな集落・村でもって あちこちに 分散して住んでいます。流れの早い川を利用するのが 交流の唯一の方法であり そのことは 外界からの影響を 最小限に止めているということです。 たとえ 山などの こういった障害が少ない南部地域、西部地域でも 移動するということは 極めて 不便な状況です。

 ラオスの国では 地方・田舎の人々は 米を作り 布を織り 自分達だけのために 自給自足の方法で 生活を支えるしか無い状況です。 綿花と蚕を育て 自然の恵みを巧みに使って 布を染めることに なります。 着ている服装とその模様、織物が どこか似ていると感じた時には 隔絶されて住んでいる各々の民族の環境を考えて見ると わかることがあります。 多分 ラオスの人々のルーツを見てみる場合には 織物、布を見てみることしか 方法は無いのではとも 思います。 精巧に織られた 素晴らしい布、織物は ラオスの文化の 生き証人であり それを織った民族が どこに属するのかを 明瞭に物語って くれます。

▲ この頁の先頭に戻る