「Lao Textiles and Traditions」    by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

 (未定稿)ラオスの布を知るために 私の独善的発想で 9ページ分を日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

5  Textiles for Religious and Ritual Use (ラオス祈りの織物)

 ラオスの人達は どこの村にもお寺(ワット)と僧侶が居ることに象徴されるように ”仏教”を 生活・信条の拠り所としています。お寺は単なる寺社仏閣という建物だけの存在ではなく ラオス人達にとっては 生活のあらゆる場面で大変重要な場となっています。 普段から 子供達の遊び場であり お年寄り達の祈りの場であり 僧侶とのおしゃべりの場に なっています。 ラオスのお寺の僧侶は 日常生活 たとえば 家を建てる 病気を治す お葬式等の場面で 大切な役割を担っています。

 仏教では 悟りを開くには 八つの厳しいステップを経る必要があります。在野の一般の人は 仏教の全ての教え・戒律に忠実であるように努力する一方で より良い来世を確かなものにするため その人の出来る範囲で 寄進によって功徳(ブン)を積むことが重要とされています。自分自身のために積むこともあれば 生者・死者問わず自分以外の人のために積むこともあります。

修行・功徳・布

 功徳を積む最良の方法は 仏門に入って修行するか 僧侶になることです。仏門で修行するのに 長い日時は不要で 三日間程度の短い期間でも充分です。ラオスの少年のほとんどは 14才になると 7月からの安居(あんご)の3ヶ月間 剃髪して お寺に入って修行します。若い女性は 織物技術をマスターするまでは結婚すべきでないと同様に 昔から 若い男性は仏門での修行が終わるまでは結婚すべきではないと 特に 地方では考えられています。

 得度式は 大きな行事になります。沢山の若者が一緒に剃髪を受けるときは この三日間の儀式の最中 夜通し宴会が催され 村の大きなお祭りになります。送り出す家族の女性は 事前に 何日間もかけて この時に若者が着用する布・織物を作る仕事をします。併せて お寺で修行する時に使用する日用品 たとえぱ 布団、枕、シーツ、タオルなども準備します。

 この得度式に先だって 若者は シッダルタがブッダになる前に着たとされる ちょっと変わった衣装を着て 村中を回る2度の行列に参加します。普通は 絹のスカートを穿き 肩から垂らした絹ショールそれと 頭を縛る布を着けます。2回の行列それぞれ 違った衣装、服装となります。剃髪する若者達と一緒に男の村人達が続き 時には 自転車、馬、象に乗って 行列して祝います。

 得度式の当日は 父親に従って お寺の僧侶が着ている黄色の布と同じ形の 白い布を着て お寺に出向きます。父親は 息子に修行する許可を与えているという証に 息子と一緒に 僧侶が着る布と同じ色の布を載せたトレイを持って行きます。お寺の一番偉い僧侶が その布をトレイから受け取り その布の着方を若者に教えることで 修行することの同意を与えます。

僧侶が着用する衣装、服装は ブッダの教えに従い 枚数、型、色、サイズが細かく きちんと決められています。そして たたみ方、保管の仕方、壁等の掛け方も 決められています。 その布を染める仕方も きちんと決められていて 例えば 藍染めなどの服装は禁じられています。仏教の初期の頃の僧侶は ゴミ捨て場とか墓地に捨てられていた布で僧衣を作ったと言い伝えられています。パッチワークのように作られた僧衣とか 僧侶へ僧衣を寄進する場合の正式の儀式では この名残りが見うけられます。

 一旦 仏門に入りますと その人の年齢に関係無く 立場が一変し 崇められる存在となります。僧侶は 男性でも 女性でも無く 性別無しとされます。そして 女性と肉体的な接触を持つことはタブーとなります。 男性は 直接 僧侶に手渡しで寄進ができますが 女性の場合は 僧侶の前に置かれている布の上に 寄進の品物を置かなければなりません。

 ラオスの女性は 仏門に入る道はありませんが 年老いた女性は 髪、眉毛を剃って 白い布を着ることで「メー・チー」になります。この女性達は227の戒律を厳しく遵守し 僧侶とは離れて生活しなければなりません。 女性は サンガ組織いわゆる仏門に息子を入れる、僧侶に食事を施す、僧侶あるいはお寺で使用する布・織物を準備することで 功徳を積みます。僧侶がお祈りする時によりかかる枕(クッション)とか 仏像を飾る布も織ります。

 僧侶が座る時にはいつでも みんなより高い位置に座る必要があります。これ用として しばしば 精巧に織られた厚手の座布団を お寺に寄進します。お経を唱えるとき 僧侶と信徒を隔てるスクリーン代わりに使う 大きな団扇も 女性達が用意します。

 団扇の信徒に見える側は 仏教に関係の深い絵図が描かれています。ルアン・プラバンでは ブッダの当時の光景が 歴代の王妃とその娘達によって 美しい刺繍で縫い取られているのがあります。 また お経はヤシの葉に書かれますが あまり丈夫ではないので それを保護するために 特別あつらえの布も織ります。この布は 通常の布とは 大きさ(凡そ 20 X 60cm)と堅さが違っています。あたかもレース編みのように 竹の板に直接糸を巻きつけて織った お経の見開きカバーを作ります。

 北部の地方では お経用の布の大半は 色使いと模様は日常用の布と同じです。白色木綿の地に 浮き織りで 染めた木綿と絹糸を使って織り上げます。 お寺のたくさんのお祭りは 功徳を積み重ねる絶好の機会になります。だいたいは 満月の時で 農作業の端境期に行われます。

▲ この頁の先頭に戻る

お寺の祭り・布

 僧侶がお寺に篭もって修行する安居(あんご)の時期は 雨期で 陰暦8月の15日(カオパンサー)に始まり 乾期となる 3ヶ月後の満月の日(オークパンサー)で終わります。田植えの重労働が終わり 収穫期の前になります。その時期には 伝統的な衣装で身を包んだ若者達によるボート漕ぎレースが行われます。

 ラオスでの最大の祭りは ラオスの首都/ヴィエンチャンで開催される「タートルアン」の祭りです。この祭りは 稲の収穫作業がもまなく始まろうとする時期の 11月(陰暦12月)の満月に行われます。圧巻なのは 各地から集まった何百人もの僧侶に 布・織物とかその他を 寄進する場面です。夕刻頃になると 大きな塔の周りは 人々で ごった返します。皆で 食べたり 話したり 色々な余興を楽しんだりします。

 男性も女性も このお祭り用のために 彼らの持っている最上等の伝統的な美しい衣装を着用します。 男性は 肩ショールを着け 長い布を半ズボンのように穿くことも時には見掛けます。 女性は シンと呼ばれるスカートと パーヴィヤンと呼ばれる肩ショールを着用します。 年取った人の中には 長い時間お祈りをするので 足が痛くなるのを和らげるために 織物の座布団を持ってくることもあります。 手織りのスカート、ショール そして幟(のぼり)には 宗教的な模様(モチーフ)が 織りこまれます。お寺の塔とか プラサート・プゥンと呼ばれる 遺跡に良く見られるピラミッド状をしたお寺への捧げ物などが 織りこまれます。

 スカートとかショールなどの裾・端に織りこまれる細長幅の模様は お寺の柱の台座を象ったものとされています。仏陀の姿を具象化した模様もあります。ショールには 2匹のナーガーが頭をもたげて お互いの尻尾が絡み合っていて あたかも船の形に見える ロウソクの形を成した模様が織りこまれているのを見ます。このロウソクの形の内には 仏陀をイメージしている 人の姿模様が織り込まれます。

 仏陀の生涯に関わる物語で重要な役割をしている 実在のあるいは架空の動物の形が ラオスに仏教がもたらされた時に 一緒に 入ってきました。仏陀の生涯を表わした物語に登場する ナーガー、鹿、象、馬、猿、獅子、鳥と獣が合体した動物等々。これらの動物をモチーフにしたデザインが 宗教、儀礼等の織物・布に しばしば用いられます。

トゥン(幟、のぼり)

 お寺の境内には 僧侶の生活用住居、書物庫、集会所、釣鐘堂など たくさんの建物があります。メインの部分は 「ヴィハン」と呼ばれる お経を唱えたり 説教したりする本堂です。仏像は この本堂に安置されます。いろいろ華麗な装飾・飾りが 施されます。仏像は 橙色の布で覆われ その上には 橙色の幟(のぼり)が 掲げられています。

 前の章で記述しましたが 「トゥン」と呼ばれる この幟(のぼり)は 形も大きさも様々で 模様も多種多様で お寺の中 周りに 掲げられます。鮮やかな色の平織の布ですが 死者を弔う あるいはお祭りなどの時にも掲げられます。時には お祭りの時にだけ見られるものですが 精巧な織りの布が使われ 本堂の入口の前か お寺の内部の梁から吊るされます。 幟(トゥン)には 様々な素材が使われます。お寺の内部で使われる幟(トゥン)としては普通は 白の木綿糸で あまり強く打ちこまないで織ったもので お寺、塔、木、捧げ物としての花 それと 動物 たとえば ナーク、象、馬、鳥 人が乗った船などの模様が描かれています。

 この幟(のぼり)には 木綿の経糸の間に 竹の板を挟みこんで補強がされています。そして その竹の板は お寺とか他の宗教的な模様、モチーフが シルエットのように 象られています。このトゥン、幟は 家族単位で 功徳を積む目的で作られ お寺に寄進されます。 プゥアン族は ショールのものと似た形の模様を この幟に織りこみます。ナークとか鳥とか その他の伝統的な模様が 帯状に幾何学的に織りこまれていて 独特な布となっています。素材も 木綿よりは絹を使うことが多々あります。タイ・カオ、タイ・ルー族どちらも 幟(のぼり)は お寺の内部に吊り下げます。明るい色彩を好むという民族なので 鮮やかな赤、ピンク、橙色などで糸を染め 浮織り技法で 幟(のぼり)を織ります。

▲ この頁の先頭に戻る

クゥアン(霊魂)・お祓い

 布、織物を作るための糸は 宗教的意味合いのある長くて美しい織物に用いられるだけではなく 清めの場面で用いられることもあります。重要な祭典が催される際に 祭典の場所の境界を示すのに 僧侶によって清められた白い木綿糸が使われます。「スゥクゥアン」(バーシーの儀式)と呼ばれるラオス特有の儀式にも 白い木綿糸は 重要な役割をします。

 現在では 仏教は 低地ラオ族のみならず ルー、タイ・カオ、プゥアン、プータイなども含めて 全ての民族にとって 生活の中に入りこんでいますが 仏教がラオスに入ってくる前にはラオス文化の一部分であったアニミズム信仰も 依然として 残っています。 個々人、部落を安定・融和させるために 「クゥアン」(霊魂)を呼び寄せて 身近なものにするという「スゥクゥアン」の儀式の他にも 突然の人間の力を超越した災難が部落に降りかかってきた時にも 祈祷師、霊媒師が活躍します。 霊媒師の役割は その地に住む諸事の因果を司る「ピー」(精霊)とコンタクトして会話をすることにあります。

 低地ラオ族では 疫病が発生すると 様々な方法を試みます。お寺の僧に 聖水を振り掛けながら念仏を唱えてもらうとか その道の詳しい人に 色々な薬草、食事を調合してもらうとか。それでも 治らない場合には 霊媒師の出番となり 疫病のピーとコンタクトしてもらいます。霊媒師が着る服装は 呼び出す、コンタクトするピーによって変化します。呼び出すピーは 先祖の霊もあり 中国、ベトナムの霊もあります。

 霊媒師が霊とコンタクトし出すと 霊媒師とその家の者たちは 霊が癒され疫病が治るようにとの祈りをこめて 舞います。その時には 霊媒師も 村の人々も その時用の特別な 同じ服装、衣装を着ます。低地ラオでの霊媒師は 普通は女性ですが 儀式を始める時に 頭巾、腰布と一緒に シルクの細い肩ショール「パーヴィアン」を着用します。赤い色は パワーの象徴です。

 プゥアン族の霊媒師は 赤の地色の布に たくさんの色を使った模様を織りこんだ 房布の付いた幅の広い腰布を着用します。タイ・デーン族の霊媒師は 頭巾と一緒に 日常普段も使っている 長さ2.5m 幅40cm程度の 黒ずんだ赤色の肩ショール(置換者注;パー・ペイ)を着用します。平織の白布地に浮織りで織りこまれた 大きな菱形模様が 頭の額の真中に来るようになっています。

 ベトナム・ドンソン文化の影響を受けている 幾重にも同心円状になっている菱形模様が 幾何学的に配されています。この菱形はショールの両端にあって その周りには藍染めの具象的動物模様が施されています。菱形模様以外の部分の経緯糸は 黒ずんだ赤色を使い 通常は 真中部分は平織で 両端部分には伝統的な模様 たとえば ナークとかその他の神話上の模様が施されています。

 経糸は 菱形模様が織りこまれる部分は白に 他の部分は赤色にと 部分染めが必要となります。ただ 最近では 部分染めを省くために この菱形模様部分を白の経糸を使って別に織って 赤の経糸を使って織った部分とを 縫い合わせるやり方で このショールを織り上げることも 見受けます。いづれにしても 模様の基本的な構成は同じで このショール(置換者注;パー・カンスゥン)は宗教的、儀式的に重要なものです。

タイ・デーン族の村では 年に何回か 精霊を呼び戻すお祭りが催されます。女性達は その着ている衣装で その地位、立場が判ります。地位の高い女性は 最上質の糸をふんだんに使って織り上げられたスカート、ショールを纏います。その村の長の未婚の娘は 村一番の最高級の衣装を着用します。 タイ・デーン族の霊媒師による儀式は 色々な手順で執り行われ その間 牛が生贄として殺され その家族と霊媒師は 特有の服装をします。その家の主の奥さんは 何枚ものスカートを重ね着します。生贄となる牛が メスであれば 九枚、オスであれば 七枚 の重ね着となります。

 儀式が執り行われる部屋の中では ナーク模様のような強さの象徴を織りこんだ布を 悪霊を遠ざけるために その儀式の場所に掛けられます。霊媒師の服装は 強さ、パワーの精霊を呼び寄せる、引きつけるものです。ある場合には 赤のショールを頭から 肩にかけて 掛けますし ある場合には 藍染めの頭巾の上に 両端に房布の付いた だいたい40 X 50cmの大きさの四角になった布を纏います。 最近では この房布は プリント柄などで市販されているものも使いますが 赤、白、ダークブルー、黒など色使いは 同じとなっています。こういった際の頭巾には インドでのお寺の守り神である「ヤークシャ」から由来する 「ピー・ヤック」という鬼の模様が 施されています。

 タイ・ダム族の霊媒師は 女性 (置換者注;ピーモット) も男性 (置換者注;ピーモン) もいますが 精霊を呼びよせるために伝統的な衣装を着用します。カラフルな色の布が縫いつけられている黒の長い上着(置換者注;Seua Hie)と独特な赤い帽子を着用します。腰の周りにも カラフルな色の布が巻きつけられます。

 病気、怪我から見を守るために ラオス人は 色々な 魔除けのお守りを 首から下げます。仏教徒は 尊師とされる僧侶によって描かれた呪文の付いた 漂白していない白の木綿でできたシャツを魔除けとして着用します。 一生の魔除けとして 身体の要所に 刺青がされることもあります。仏教でよく見られる 「モム」と呼ばれる神話上の鳥、「シホー」と呼ばれる半分獅子、半分象の動物などが 施されます。男性は 敵の力を殺ぐと信じられているので 女性のスカートの切れ端布を お守りとして 身に付けることもあります。

▲ この頁の先頭に戻る

織りの模様

 精霊信仰者である様々なラオスの民族が儀式の際に使う模様は 色々な宗教の影響を受けています。中国、インドからの影響が 色濃く反映されています。ナーク、モム、シホー、先祖の霊、星の形、菱形、卍形、孔雀模様のハムサ(ラオスではホン)等々 ラオスの織り人の生活習慣によって それらが 色々な形で表出します。

 それぞれの模様が持っていた本来の意味合いは 最早 あまり意識されていません。彼らは彼らなりに 意味合いを 解釈・認識して織物に使っています。 素晴らしい織物というのは こういった独特の模様が織りこまれているだけではなくて その織り技術も凄いのです。染めと織りの過程で費やされる汗水が 素晴らしい織物の背景にあります。

 模様を織りこむために予め準備される 棒綜絖を全く使わないで 長い織物を織り上げる人がいるのは驚異です。棒綜絖を一切使わないというのは 自分の経験、勘だけを頼りにして 指で経糸を操って 完璧な模様を織りこむ ということです。 この人が織った布は 同じパターンの繰返し模様が極めて少なく それは 素晴らしく価値のある織物です。

▲ この頁の先頭に戻る