「Lao Textiles and Traditions」    by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

(未定稿)   ラオスの布を知るために 私の独善的発想で 11ページ分を日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

4  Textiles Used in Rites of Passage (ラオス冠婚葬祭用の布)

 ラオスの人達は伝統を重んじていて 過去の人達がやっていたやり方をそのまま踏襲することが多いです。慣習とタブーは 幼少期から 成人して 結婚して 親になって行く各ステップでも そして 祖先として崇められる葬儀の時も 丁寧に守り続けます。

 伝統を守り この人生のサイクルを経て行く各過程で 「布・織物」は重要な役割をします。民族の一員とか地位を示すものだけではなく 現在の年齢、既婚未婚の別も差し示すものです。

誕 生

 妊娠している女性は 赤ん坊用に新しい布を織るのは不幸を招くとして忌み嫌います。この世は善霊と悪霊双方が住んでおり 新品の服を生まれた赤ん坊に着せると 邪悪な霊が取り付いて 赤ん坊に害悪をもたらすと信じています。 それで 乳幼児は お母さんの着古したスカートで包むことが良く見られます。 ラオスの多くの人は 女性の衣服、特にスカートは 魔除けの特別なパワーを持っているので 害悪から赤ん坊を守ると信じています。

 赤ん坊が生まれて20〜30日間は お母さんと赤ん坊は 外には出ず 囲炉裏の周りで 父親が集めてきた薬草を煮た湯気の立つ釜の近くで過ごします。 悪霊を家に近づけさせない為に 竹の片で星型に積み重ねた「タリオ」という魔除けを置きます。 星の形は ラオスでは 魔除けの形として良く使われます。 この生後の期間が明ける時には 「スクフゥアン」という儀式が行われます。 お母さんと赤ん坊の魂が平穏となり 病とか死とかを招じさせる魂の乱れが起きないようにと願って行われます。 この時に 親戚の最長老の人が 赤ん坊を命名します。

 生まれて2、3か月間は 赤ん坊は必ず背におんぶします。 普通は「パー・カァウマー」という 何にでも使える長い紐状の布を使いますが タイ・ダム族のように いくつかの民族では このおんぶ用に特別の布を織ります。 夜には 手紡ぎの木綿の布で囲んだ竹製の揺り篭に入れます。 揺り篭はお父さんが作って 周りの布はお母さんが作ったという内容の 可愛い子守唄を歌ってあげます。

 これを過ぎて 大人になるまでの間には 特別な儀式はありませんが 歳に応じて 役割分担を与えられます。 小さい時には 女の子は織りに必要な糸作りの色々な過程を学びます。 12歳頃になると 女の子達は織りを始めます。 だいたいは「ティン・シン」と呼ばれるスカート用の裾布ですが ほとんどの女性は 生まれて最初に何を織り上げたかは ちゃんと覚えています。

結 婚

 糸を紡いだり 織物をする時期は だいたいは 米の収穫の後と 雨期の前で 米の耕作サイクルに合わせます。この紡ぎ、織りの時期は 若い男性にとっては 農作業が終わったという解放感に浸り 適齢期の女性の家を遊び歩く 一番楽しい時期です。 ラオスでは ほとんどの人は 織り作業を 昼過ぎ涼しくなってから 家の床下でするので 道行く人にとっては 若い女性が織っている姿を見て 結婚相手としてふさわしいかを見極めるのに 絶好の機会になります。

 ラオスでは 好意を持っていることを示すのには 色々な方法があります。 本命の女の子には 詩を書いたり 唄を歌ったり 服を贈ったりします。 唄の歌詞には 美人で 魅力のある女性ということを表現するのに 染織の用語を使うこともあります。 ラオスの昔からの詩とか格言には 若い女性を見定めるには織りの能力を見ろ との言葉があります。

 若い女性は 気に入った男性には 機(ハタ)を使って ちょっとしたプレゼントを作ります。 プアン族では その男の子が好きだよと言う意思表示のために 赤い色の肩掛け袋を織って プレゼントします。もし その女の子が 好きという段階を超えているならば その袋の中に ボイルした鶏を入れます。そして その相手の男の子の家では 肩掛け袋で 女の子の織りの資質、鶏の太り具合で その過程の裕福度合いを判断します。

 タイ・ダム族では 大きなハンカチがたくさん作れる白い布を織ります。そして 若い女性は 切ったハンカチに刺繍をして 好きになった男の子にプレゼントします。 ラオス北部の ルー族では 若い女性は お寺の周りに高く掲げる旗を織りますが これは自分と家族の信心の証という面がありますが 自分の織りの力量を 男達に見せるという側面も持っています。

 低地ラオの女性は 適齢期に達しているということを明示するのに 緯糸の幅一杯の長さのカバーを織って 枕を作ることがあります。 全く別の複雑な模様で複数の枕カバーを織り 自分の織りの力量が 並外れているという証とします。 低地ラオは 自分の周りに居る人の中から 将来の伴侶を見つけますが 高地ラオでは 自分の周りにはそれ程若者が居ないので 方方の集落から参加する大きなお祭りの席が唯一の出会いの場となりますが 沢山の人が集まりますので 未婚・既婚が相手に分かるような服装をします。

 タイ・デーンはスカートの腰布部分の色で、タイ・ダムは頭に着ける頭巾の被り方で、ルーはスカートの裾布部分に縫いつけた布の色で 既婚・未婚が判断できます。 こういったお祭りで着る服装が素敵に見えるほど 結婚の相手としてふさわしいと見られます。 結婚適齢期になると 女の子は 嫁入り道具の一つとして 嫁ぐ先に持っていく品物を準備し出します。 手織りの布団カバーとか シーツ、ブランケット、枕カバー、新婚夫婦用のスペースを仕切るカーテン、きれいな帯飾りの付いた蚊帳などです。 嫁入り道具の数と質で お嫁さんの織りの力量もさることながら 嫁ぐ先の家の裕福度合が判断できます。 結納金が多ければ多いほど お嫁さんの家では 沢山の嫁入り道具が揃えられます。

 プー・タイでは ちょっと変わった嫁入り道具を準備します。それは 姑用の幅広のショールです。この織物は 姑は 冠婚葬祭時には それを肩に掛け 姑が死んだ時には それを お棺の上に掛けます。嫁と姑は 特別な関係です。

 タイ・デーンの母親は 自分の息子のために特別仕立てのスカートを織ります というのは 息子が伴侶を見つけた時に彼女にそれをプレゼントするのです。プレゼントされたお嫁さんは 普段それを着ないで 姑のお葬式の時に着るために大切に保管します。 

 私は ラオス南部、パクセーの低地ラオの家庭で ラオスを離れて海外に移住する若い二人の息子に 息子が結婚する時に嫁に着せた 自分が織ったウェディング用スカートを 返還させている女性を見ました。

 結婚式の日取りは 最も縁起を担ぎます。日取りは 普通 村の占星術の知識のある人か または お寺の僧侶が決めます。米の収穫後とか 農作業が始まる前の時期が 通常です。 結婚の儀式は 三つの段階がありますが それぞれに着る衣装が異なります。 最初は 結納式みたいもので 花婿が 嫁入り道具として使われる貴金属、お金を持って お嫁さんのご両親に ここまで育ててくれたお礼、感謝する「キンドン」という儀式が 結婚式に先だって執り行われます。

結婚式

 次は 結婚式そのものですが ラオスの結婚式は それ程 宗教的儀式・セレモニーはありません。何かの時に執り行われる 霊を呼び迎える儀式 いわゆる「バーシー」とか「スウ・クゥアン」と呼ばれるものの 一種が行われます。結婚式の場では 「クゥアン」(霊)への捧げ物を 綺麗に飾って載せた鍋状のトレイ=パ・クゥアンを 二つ用意します。

 式は 霊の祈りを仕切るだけではなく 新郎新婦の良きアドバイザーとなる 村の長老が執り進めます。新郎新婦は 捧げ物とトレイに取り付けられた 事前に清められた白い糸が出ている 二つの「パ・クゥアン」の前に座らされます。結婚式の最後に この白い糸を切って 式の参加者、長老によって 新郎新婦の手首に 結び付けられます。この糸は 幸せな夫婦生活を祈念しています。

 最後の三つ目の段階は「ソンマ」と呼ばれる 花嫁から 花婿の両親と近親者あてに 織物がプレゼントされる儀式が行われます。 ブランケット、服 たとえばシンという女性用のスカート、パー・サロンという男性用のスカートなど 生活に使う織物です。

 結婚式の段取り・進め方は どの民族もほぼ同じですが 重要視するポイントが若干違います。 精霊信仰者のタイ・ダム、タイ・デーンでは 儀式的なセレモニーが 結婚式自体より 重要視されます。 タイ・ダムの花嫁は 彼女が持っている一番綺麗な手織りのスカート、ショール、頭巾、装飾品を着けますが 結婚式自体は 低地ラオに較べると華美ではありません。

 タイ・ダム、タイ・デーンの花婿は 普通は 藍染めの木綿の服を着ます。 タイ・ダムでは 白より黒色が縁起が良いとして 白い糸ではなく 黒い糸を 新郎新婦の手首に巻きます。

 これに較べて 低地ラオでは バーシーの儀式と その後の食事会が 盛大に行われます。 花嫁は ヴィエンチャン・スタイルで スカートを着け 華やかな色の赤と青の 最上品質の絹糸を使用したショールを着けます。 スカートとショールの端は 浮織り模様で 金糸・銀糸をふんだんに飾られています。 花嫁の頭飾り、イヤリング、ネックレス、ブレスレット、スカートのベルトなど あちこちに装飾品として ゴールドが用いられます。

 旧都のルアンプラバンでは 花嫁は 精巧にコーチングされた上着を着ます そして その襟の高さが 家庭の裕福度合いを示しています。 花婿は 金糸をふんだんに使った浮織り模様の裾布の付いた 長い良質の絹のスカートを穿きます。 踝が少し見える程度の長さにして 前でタックを取って腰に巻きつけます。

 上着には 白のシャツか 中国スタイルの高い襟の付いた儀式用のジャケットを着て 左の肩にはショールを付けます。 この花婿用のスカートは 代々の男が受け継いできた家宝で 男の葬儀の際 お棺に掛けられることもあります。

▲ この頁の先頭に戻る

葬 儀

 精霊信仰者で 死体を土に埋めるか 仏教信者で火葬にするかの違いはありますが 葬式の場面では 全てのラオスの民族で 織物が役割を果たします。 死んだ人と その家族のスタイタスを示すのに 織物が使われます。 織物は 信仰心を示すことと 死者が来世で安寧であるようにとの願いが込められています。

 精霊信仰者のタイ・デーンは 男性、女性双方とも お棺に銀、お金、織物を入れるなど 盛大な儀式で埋葬しますが 女性の埋葬は もっとも 盛大です。 お棺には 数多くのスカートが入れられますが その多さと立派さから見ると 生前に自分自身で織って準備していたことが分かります。 お嫁さんのために織るスカートに加えて タイ・デーンの女性は 自分が埋葬されるときに着るスカートを 5〜7枚程度は 織っています。

  「フゥア・ブゥアン」とい腰布部分が付いた 藍染めを使った「シン・ミー」が 最も 必要なスカートです。 マットミーと浮織り模様が 交互に織りこまれたパターンのスカートです。腰部分の布は 経浮織り=ムックで織られています。 葬儀参列者は 死者ではないとの意味で 胸側を縫い合わせて しかし 背中側は 思い出を留める意味で 縫い合わせない 特別仕立ての上着を付けます。

 亡骸は 2〜3日間 美しく織られた長い布で仕切られて 横に臥せられます。 裕福なタイ・デーンの場合は 最初の日に 水牛を殺します。 次の日には 水牛か 雌牛を殺します。 お墓の場所には 死者が来世で使えるようにと 家財道具を入れた 小屋が建てられます。

 仏教信者の場合は 葬儀の際には さまざまな形で 織物が使われます。 低地ラオは 死者に最高級の新しい服を着せます。 安置される時には お棺の中に もう数セットの服を入れます。 男性のお棺には 僧侶になる時に準備していたとか 結婚式に着たとかの 長い布が 巻きつけられます。 いくつかの民族では 火葬する前に その場所に掛けたり 覆ったりする 精巧な模様を入れた布を織ります。

 お棺を覆った織物とか お棺の中に入れた新しい服とかは 死体と一緒に燃やしたり 埋める必要はありません。 僧侶が清めてから 家族に戻されるか 困っている人達に寄贈されます。

 「トゥング」(旗)は 葬式と密接な関係にあります。 タイ・ダム、タイ・デーンのように 実際の葬儀に靡かせることもあれば 他の民族では 故人を偲ぶとして お寺に靡かせることもあります。 故人と寄贈者の名前が刺繍されただけの白い布ですが 美しく織られた家宝的な物もあります。 村の篤志家等が死んだ時には その偉業を称えて 例えば お寺の僧侶に織物を寄進したとかを書きこんだ旗を靡かせます。

 様々な儀式のセレモニーに使われる数多くの模様は時代の変遷とともに 別の民族に移ってて行く場合だけでなく 同じ民族の間でも その意味と用い方が変わっていきました。

 しかし 依然として 自分自身を守る、成長していく過程を助ける、より良い明日をもたらす という力を持っているとして 冠婚葬祭用の布に 織りこまれる模様が残っています。 たとえば 菱形の模様は 悪霊から守るとして 赤ん坊を負んぶする布に良く使われます。

 嫁入り道具として ラオスの女性は 枕、カーテン、そして 鳥・蝶々・鹿・花・菱形模様を織りこんだ 新婚時の蚊帳用の帯紐を 織ります。 子宝に恵まれますようにということで X線を透かして見たように 神話の動物のお腹の中に さらに 小さい動物とか 人間を織りこんだ模様もあります。

 色々なセレモニー、特に 結婚、葬式の際には 人間が神話の動物に乗っかった模様が良く 見られますが 女性用のスカート、男女ともに用いるショール、お棺に掛ける長い布には 特に顕著です。  「ナーク」の模様も また 冠婚葬祭用の織物には 良く 見うける模様です。

▲ この頁の先頭に戻る