「Lao Textiles and Traditions」    by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

  (未定稿)   ラオスの布を知るために 私の独善的発想で 14ページ分を日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

6 (続) Textiles as Clothing (ラオスの衣服)

女性用の衣服 (Women's Clothing)  ・・・ 続き

Upland Lao (中腹ラオの衣服)

 北部では 普段着として 藍染めの衣服を着用しているため 木綿を栽培しています。 ここでも また 巻きスカートの模様として 色々なデザインの緯絣(かすり)が使われます。 スカートの裾部分には 紋織りで鮮やかな色の模様が 良く用いられます。 また この裾部分には 織り模様よりは 刺繍も 良く用いられます。 木綿は 単独であるいは絹糸と混ぜて 北部の色々な民族では 頭巾とか上着を作ります。 北部で生産される絹糸は 冷涼な気候だからと思いますが 南部の絹糸より 柔らかく太いのが特徴です。

 一般的には 北部の巻きスカートは 低地ラオのものより 重く長くなっています。 スカートの長さは 中心部のボディ部分は標準的な長さですが 腰周り部分と裾部分は 幅広になっており 好みに応じて複数枚の裾部分が用いられることもあります。

Lue (ルー族)

 ルー族の仲間には たくさんの亜流があり 中国、ミャンマー、タイとの国境沿いの山に 広範囲に住んでいます。 このことは 各々の分離性を高め ルー族といっても いくつかのパターンがあります。 といっても 独特の浮織り技法(tapestry weave)を用い 両サイドを縫い合わせるという巻きスカートの基本的なパターンは 同じです。

 ルー族は 鮮やかな色と ハッキリした模様を好みます。 緯糸を交差させながら 菱形とか光線状の模様を 緯(よこ)浮織り技法で 縞状のラインで作っていくのが一般的です。 ルー族の特徴は 他の民族でも見られる巻きスカートの飾りについて その位置具合です。 飾りの重点を パーツとして織って後で縫いつけられる裾部分ではなく スカートの中心部分(ボディ)の上部 ヒップ周り部分を飾る織り方をします。 この飾り方を より有効にするため 織った布を一旦切って スカートの両サイドを縫いつける仕方をします。

 他の民族でも見られる「ヘッド」と呼ばれれる腰周り部分パーツは スカートの一部として組みこまれて織られるのが通例です。 スカートの長さを ”ふくらはぎ”までの長さにするために 飾りを抑えこんだ丈夫な布を 裾部分として 取りつけます。 大体は 裾部分に 黒色を使うのは既婚者で 赤い色は 若い人、未婚者です。 ルー族では 既に結婚しているということを示すために 赤色と青色が多いのですが スカートの裾部分に 色の付いた布を 縫い付けることもあります。

 ルー族の女性は 昔は中国・雲南地方の衣服と近かったことから ピッタリとした (日本の着物のように)胸の前で交差させる形の上着を着用します。 礼装用には 幾何と動物の紋織り模様を施した 細長いショールを 合わせて使います。 日常は 木綿糸で織っただけの白い頭巾(ヘッドクロス)を着けますが 礼装時には 藍染め地に 両端を紋織りで飾った 筒状の頭巾を着用します。

Thai Daeng (タイ・デーン族・・赤タイ)

  タイ・デーン族の巻きスカートは ラオスで良く目にする物と同じで 腰回り部分、裾部分そして中心部分と 別々に織り上げられます。 スカートと一緒に 布の帯、上着、肩掛け布、頭巾を着用するのが タイ・デーン族の正装ですが 年齢と民族内のステイタスに応じて 色々に変化します。 裕福な家あるいはステイタスの高い家の女性は 最上質の絹糸を使い 織られる模様も精巧です。 タイ・デーン族では 巧みな織り方、染め方で布を作る達人は 持てはやされます。
 
 ラオス国内で見られる基本的なモチーフは タイ・デーン族のものということからも 彼らのスゴサがお分かりいただけると思います。 タイ・デーン族が着用している 礼装用の巻きスカートが 彼らの織り技術のレベルの高さを証明しています。 巻きスカートは 重ね着することもあります。 従来からある礼装用の巻きスカートは「シン・ミー」と呼ばれるものです。「シン・ミー」は マット・ミー(かすり)模様と紋織り模様が 縦長の帯縞状の形で 交互に織り合わせたもので 裾部分に布が付いています。 マット・ミー部分は 絹の赤と綿の藍色を緯糸(緯糸)に使い 帯縞毎に 色を変えます。 藍色のマット・ミー部分を織った時に紫色の風合いが出るように 織り全体に絹の赤い経糸(たていと)を使うこともあります。

 マット・ミーの一般的な模様は 色々な形のナーク(蛇・龍)です。 その他には 抽象化された人間、星の形、それと幾何模様です。 紋織り部分の模様は 小さい菱形、鉤形、斜方形、幾何模様です。 このタイプの巻きスカートの裾部分には 手のこんだ織り方の「ティン・シン」型から 単純で 打込んだだけの 単一色のものまで 様々です。 もう一つの礼装用の巻きスカートは「シン・ムック」と呼ばれるものです。 これは 「タ・ムック」という 経浮織り(たてうきおり)の手法名から由来しています。 藍染めのマット・ミー(かすり)緯糸と細い帯状の緯浮紋織りに 経の浮紋織りを交差させる 格子状の模様です。 時には 経絣(たてがすり)が組み合わされることもあります。

 巻きスカートの下部には 幅広の緯浮織り(よこうきおり)手法での裾布が付きます。 最近では この裾布には 模様は同じですが 織りこむのではなく 刺繍を用いることもあります。 華やかな模様の浮織り手法の「ティン・シン」(ティンは足の意)と呼ばれる裾部分も よく用いられます。

 「シン・ムック」は 緯浮織り手法に加えて 経て浮織りも使い 緯絣 時には 経絣手法も用いる 極めて難度の高い織物です。 熟練者(達人)のみが織ることが出来る代物です。 花婿のお母さんが 大切に扱って 自分の葬式の時には着てほしいとの願いを込めて 息子のお嫁さんに 贈るということは 良く見られる光景です。 花嫁が結婚式に着るスカートは 濃い藍色か黒色の平織の絹で 普通は織り模様ですが 時には 生地に刺繍を施した 裾部分があります。 輸入物の銀糸を用いて縁部分を飾ることもあります。 この輸入物の銀糸を使うということは その家族が裕福で ステイタスが高いということを示します。

 既婚女性の頭巾は 幅40cm 長さ175cmですが 濃い青か黒色です。礼装用は 両端に浮織り模様があります。 タイ・デーン族では 頭巾を飾る時の色は 青緑色(ターコイズ)が人気です。 頭巾は 頭を3、4回巻いて しっかり巻きこみます。 既婚者は 巻きスカートの腰部分には 木綿か絹の平織の白い布を付け足します。 ステイタスのある年輩の女性は 腰部分には独特の腰帯を付け足します。 これは「ファ・ブアン」(ファは頭の意)と呼ばれるもので 藍染めの布に白い経浮織り模様が施されているものです。 未婚者は 緯浮織り模様の赤い頭巾を使います。若い女性の腰部分の布は 赤色です。白は着けません。

 礼装用には 長袖で 折り返し襟のある ピッタリした上着を 全ての女性が着用します。 濃い藍色の木綿で織られていて 背部分には 深いカットがあります。 これは スカートの腰部分を見せるためであり

 その人の既婚・未婚、ステイタスが分かるようになっています。 絹の「パー・ビャン」というショールが タイ・デーン族の女性の正装には不可欠です。 大体 幅16cm 長さ160ccmですが 両端部分に 緯浮織り手法の模様が施されています。 「パー・ビャン」より幅が広く長いショールが 冠婚葬祭時には着用されます。 大体 幅45cm 長さ200cmのショールで 織る技術が巧みなので 布収集家の強い関心を集めています。

 織り・染め、織りこまれている模様等 最上級のショールは 色んな意味が盛り込まれています。 濃い青色の地に 白い糸を使い 浮織り手法、縫取織り手法を用いて 幾何模様、動物模様、先祖の霊模様などが 丹念に織り込まれています。 手の込んだものは それを見る者には迷路とも思える程で 各部分毎に 色糸を使って 素人には無造作とも見える配置で 織り込んであり 時には 色糸部分ではなく 残された地色部分に意味がある こともあります。 彼等にとっては 深い意味のある模様が ふんだんに 登場します。 学者たちは 身の周りに取り付く悪魔を混乱させるために 迷路のような複雑な模様を あえて織りこむと言っています。

 タイ・デーン族は また 宗教儀式の際に 僧侶が頭を覆う時に用いる 片方の端に菱形模様の付いた 赤い色の長いショールも織ります。
▲ この頁の先頭に戻る

Thai Kao (タイ・カオ族・・白タイ)

 タイ・カオ族も また 良質の糸を紡ぎ 自然染めで 素晴らしい布を織ります。 主にファパン県に住んでいる この民族は 近くの地域に住むタイ・デーン族より 数が多く タイ・デーン族よりはもっと以前から ラオスで暮していることが 明らかになっています。

 区別はちゃんとできるのですが 礼装用の巻スカート、肩掛けショール、頭巾など タイ・カオ族の衣装は タイ・デーン族のものに酷似しています。 仏教徒であるタイ・カオ族は 仏教に関連した 例えば 卍型、ストゥーパ(塔)、寺院、お寺に捧げるもの などを モチーフとして良く使います。 タイ・デーン族が青緑色(ターコイズ)を好むのに対して タイ・カオ族は 布の模様には 白い糸を多用します。 タイ・カオ族の巻スカートは 帯状の浮紋織り手法での模様と マットミー(かすり)模様を交互に織りこみます。 彼等も また タイ・デーン族と同様に 複雑な技法の「シン・ムック」を織ります。タイ・カオ族は タイ・デーン族で高いステイタスの女性のみが使う「ファ・ブアン」という腰帯は 用いません。

 タイ・カオ族の頭巾は タイ・デーン族のものと似ていますが 凡そ 幅40cm 長さ200cm程度の 細長いもので 濃い藍色か黒色を使います。 両端には模様が施されていて 頭に着けた時に 垂れ下がった部分に幾何模様とか神話に登場する生物模様が見えるように なっています。 平織の頭巾の主要部分とは 別に 織られて 後で縫い合わせます。 この部分にタイ・カオ族が好んで使う色は 黄色と緑です。

Thai Dam (タイ・ダム族・・黒タイ)

  タイ・ダム族は 中腹ラオの中で 最大の民族の一つです。 タイ・ダム族は TPOに応じて 様々なタイプの巻スカートを着ます。 タイ・ダム族の 小さな集落は ラオス北部 特に ルアンナムタ、ファパン、ボリカムサイの各県の いたる所にあります。 タイ・ダム族 特に年輩の女性ですが 平織の黒色の巻スカートを着ます。 紋織り手法を用いた布を スカートの裾部分に付けることもあります。

  いくつかの地方では タイ・デーン族、タイ・カオ族のものと同じものですが マットミーと紋織り模様が交互に織られたスカートを着ることもあります。 模様は 何とか自分たちの特徴を出そうと ラオスに古くからある模様を色々 工夫して組み合わせます。

 頭巾>は タイ・ダム族の特徴が 最も良く出ています。 黒の長い木綿の布に 二、三本の細い色糸を織りこみ 片方あるいは両方の端に パッチのように正方形の模様を 刺繍または織りこみます。 大体は タイ・ダム族の頭巾は 幅35cm、長さ150cmで タイ・デーン、タイ・カオ族のものより 短くて幅も狭いですし 模様がある部分も小さいです。 この頭巾は 巻きつけるとか しっかり包むとかするのではなく 模様部分を見せるようにして そして ヒダを作るようにして被ります。 被り方は 既婚、未婚で違います。 既婚者は 顔全体が出るように被りますが 未婚者は 額が隠れるように被ります。

 タイ・ダム族は 色々なパターンの上着を着ます。礼装用には 蝶々の形をした銀製のボタンを あしらった 体にピッタリする 単一色の上着を着ます。ほとんどのタイ・ダム族は 精霊信仰であり 祭り・儀式毎に違う 様々なパターンの特別な上着と長いシャツを着ます。 タイ・ダム族は 独特の形をしたボタンには銀を使いますが スカートのベルトには 金属を使わないで 明るい色を使うのが普通ですが 布を使います。この布には 刺繍あるいは紋織りの模様を施す人も います。


男性用の衣服 (Men's Clothing)

 民族に関係無く ラオスの男性は 家の中に居る時には 「パー・サロン」という くるぶしまでの長さがある腰布を着ます。年齢によって色が違います。 若い 男盛りの男性は 明るい色の格子柄で 年輩者は 青か 黒か 茶色の格子柄になります。

 「パー・カァウマー」と呼ばれる 縞模様の布も 必須のアイテムです。 これは 元々は 腰に巻く布ですが 今では 頭に巻いたり 赤ん坊を抱っこするのに使ったり 様々な用途に使われます。 田舎では 仕事をする時には 手紡ぎの 藍染めのシャツとズボンを着ます。 都市部では 家の外では 洋式のシャツとズボンを ほとんどの人が着ます。ラオスの男性が着る衣服は 格子柄か 縞柄で 模様は付きません。模様が付くのは 女性用の衣服のみです。

 つい最近まで ラオスの男性は 体にたっぷり刺青が入るまでは 結婚すべきではないと考えられていました。 これは 単なるファッションというより 苦痛に耐えることができる男だという面から 刺青を入れた男性を女性が好むという理由が主です。 刺青の模様は 女性の衣服に用いられるものと同じに 体を守るという意味で トラとか神話に登場する動物などが 彫りこまれます。 背中、胸、腕に こういった刺青をいれた男性は まだ 目にすることができます。

 男性が着ける「パーサロン」にも 藍染めのズボンにも ポケットはありません。 紋織り模様の入った 肩掛け布製バックが 日常生活で 良く使われます。 洋式の衣服を着ている男性でも この肩掛け布製バックを 肩に掛けている姿を 今でも 町、村を問わず 見かけます。

 結婚式などの機会には 低地ラオの男性は インドのドーティに似ていますが 絹製で タックを取った長い布を着ます。 この布は 各民族によって 名前も扱い方も様々です。 普通は 一つ色を用いて 撚り糸を使い 二色の雰囲気を出します。 金糸で織った裾部分が付けられる場合もあります。 礼装用とか お寺の行事等何かの時には 肩掛け布を付けます。 大体は 細くて 白一色 あるいは二色の格子模様であり 肩から斜めに垂らします。
▲ この頁の先頭に戻る