「Lao Textiles and Traditions」   by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

 (未定稿)  ラオスの布を知るために 私の独善的発想で 14ページ分を日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

置換者注;  このchapterは ラオスの民族毎に記述されている為 予め "Lowland" " Upland"等 ラオスの民族区分に関する参考文を前置きします。本文はその後になります。 また 独善的に lowland Lao = 低地ラオ、upland Lao = 中腹ラオ、highland Lao =  高地ラオ と 置き換えました。

(参考) ラオスの民族区分について
 ラオスは かつて ”国家というよりは多様な民族と言語の集合体である”、”統一国家というより多数の民族自治で形成されている” などと 言われていました。 それほど ラオスという国家は さまざまな民族の坩堝です。 これまで ラオスは四つのカテゴリーに民族を分類しています。 つまり 「ラオ・ルーム」「ラオ・タイ」「ラオ・トゥング」「ラオ・スゥング」 と 住んでいる標高に応じて おおまかに分類しています。

 人口の約半分は「ラオ・ルーム」です。10〜20%が「ラオ・タイ」、20〜30%が「ラオ・トゥング」(クメールの流れを汲み それほど高くない標高の山に住む)、10〜20%が「ラオ・スゥング」(標高の高い山に住むモン族など)です。 ラオス政府は「ラオ・タイ」を「ラオ・ルーム」と見なして 大きく三つに分類しています。  
 この見解・統計に従えば「ラオ・ルーム」(Lowland Lao)は59.5%,「ラオ・トゥング」(Upland Lao)は34%,「ラオ・スゥング」(Highland Lao)は9%の人口となります。

 この分類は 千キップ札の裏面に 左から右に ラオ・スゥング、ラオ・ルーム、ラオ・トゥングと並んで 民族衣装を着て登場します。 どの民族が どの分類に区分されるべきか? 公式的には 言語、歴史、宗教、慣習、衣装などから 68のグループに分けています。 その民族が住む標高を軸として区分するのは(特に1975年以降 山を下りるように奨励されていますので)ちょっと乱暴過ぎるのではと思います。  ちなみに 民族学者のローレン・シャゼ氏は 119のグループに区分しています。いかに 複雑かがお分かりいたたげると思います。 (1999年の最新版では132グループに区分)
   ・・・・・ <<  「The Peoples of Laos」by Joe Cummings   from 「Laos」 published  by Lonely Planet,  1998年版  から 引用 >>

(注記)
「ラオ・ルーム」
 標高200m〜400m(肥沃なメコン流域)に住む民族。タイ・ルー/タイ・ヌア族も含む
「ラオ・トゥング」
 標高300m〜900mに住む民族。僕(しもべ)を意味する"カー"という蔑称も。クム/チン/ラメット/カトゥ/アラック族など
「ラオ・スゥング」
 標高1000m以上に住む民族。モン/メオ/リス/アカ族など

6  Textiles as Clothing (ラオスの衣服)

女性用の衣服 (Women's Clothing)

 いつの時代でも どんな所でも その社会の序列は その人の着ている服と服飾品で判断できます。 特に 長い歴史を持つ共同社会では 何世紀もかかって 暗黙の秩序が形成されてきており このことは顕著です。ラオスも例外ではありません。 各社会毎に 周りの文化の影響とか 織る素材とかの違いで 色々なバリエーションがあります。

 ラオスの服装は 特に三つの部分で形成される女性用の独特な巻きスカートですが ラオス文化をこういった側面から知る上で重要なものです。
ラオス女性が着用する服装は その人の年齢、家族関係、立場、既婚未婚によって違います。

元々は ラオスでは 経糸を体で支える腰織機を使います。 ですから 織る人の腰幅と 織る布の幅は ほぼ 同じになります。 幅の広い布が必要な場合は この腰幅の布を 縫い合わせる必要があります。 この伝統は脈々としています。 より幅の広い布を織れる織機が使われるとしても 依然して 腰機で織られたかのごとくに 織られています。

 ラオス巻きスカートの大半は 腰周りの部分、裾の部分、メインのスカート部分と別々に作られます。 スカートに関する話題が 日常のありふれた会話です。 腰周り部分は「ヘッド」、メイン部分は「ボディ」、裾部分は「足」と それぞれ呼ばれています。

 これは ラオス人の 特に生命力という面で 人間の身体及び女性に対する考え方が反映されています。 頭を 特に頭のてっぺんですが 生命力の源と考えて重要視する一方 足は 不浄なものとして 忌み嫌っています。 ラオス人は 腰周り部分の布で 足に触れた可能性のあるものは 身に着けようとはしません。 公の場で着用する腰周り部分の布と模様を施した裾部分は 慎重に扱います。 ラオス人は 個人の生命力は着ている服に投影すると信じています。 女性が腰から下に着ける全てのものに 特別なパワーが備わっています。 洗濯棹に掛かっている女性の巻きスカートの下を歩くのは 不吉とされています。

 お経の経典も 決して女性の巻きスカートで包むなんてことはありえません。 たとえ どんなに素敵な布だったとしてもです。 ただ 若者が危険な仕事に赴く時には お守りとして お母さんのスカートの切れ端を持っていくということはあります。

 ラオスでは 女性の服装は その民族のアイデンティティーを示す重要な物の一つです。このために 様々な民族で デザイン、色、織り方、使う糸が違う等 様々なスタイルの巻きスカートがあります。スカートの長さ、裾部分の幅の広さ そして着用の仕方までも 本当に民族毎に違います。 でも 巻きスカートを三つの部分で構成するという基本的なやり方は 同じです。

上着も ラオス女性は 気候とか場面に応じて 様々なものを着用します。 礼装用として パーヴィヤンと呼ばれるショール(肩かけ)が ブラウスとかジャケットと一緒に用いられます。 若い女性は少し細めのショールで 折ってパーヴィヤンの様に使うこともあります。 寒い時期には 筒状のショールを着ることもあります。 北部の多くの山岳民族は 礼装用には 独特の上着を着用します。 また 頭巾(ヘッドクロス)も着けます。 ラオスのほとんどの民族は 日常着には木綿を使います。 絹は礼装用の巻きスカートとかショール等に使われるのが普通です。 上着には木綿、頭巾には絹と木綿が 使われるのが一般的です。

Lowland Lao (低地ラオの衣服)

 木綿は この地域では どこでも栽培され 田舎では 普段着の重要な素材です。 木綿で作る巻きスカートは 藍染めの絣糸が使われます。 模様は 花、菱形、ナーク(蛇)、スイカの種、雨などです。

 低地ラオは 良質の絹で出来た衣服を着て働くことを好みます。 ツヤがあって しっかり織られているが重量感がなく 薄っぺらな感じのしない 高級感のある絹布のニーズが高いです。 低地ラオでは 絹のスカートは 着用する年代によって 色とか模様が違います。 年輩の女性は くすんだ色を使った小さい模様で 若い女性は はっきりした色で大き目の模様となります。 低地ラオでは 腰の部分には 普段はシルバー、礼装用にはゴールド製の 金属のベルトをします。

 首都のヴィエンチャンに住んでいる女性が着用する衣服は インド、中国 そして西洋文化の影響を大きく受けています。 長い間 ヴィエンチャンの女性は 巻きスカート、その裾部分、ショールを美しく見せるために 輸入物ですが 金糸・銀糸を使ってきました。 ベルトとか ホックとか 金属製のファスナーとかを作る会社の名前が 横文字であることからも 西洋文化の影響が分かります。 スカート、裾部分、ショールの色をコーディネートする際も 西洋風が普通になっています。 伝統的に見れば ヴィエンチャンの女性が着用する巻きスカートは 落ち着いた色の 縦長の細いライン模様です。 しかし 何年もの間に 他のラオス民族の織り方とかデザインが移入されました。 プアン族とか ラオス南部の民族の影響を受けて マットミー = 絣模様が 巻きスカートに使われることもあります。

 ラオス北部地方で広く使われる経糸浮織り(ムック)の技術による ライン模様も 時々 見られます。 巻きスカートの裾部分にも 同様の変化があります。 伝統的な形は 中心部に 単純に繰り返す(普通は 動物、菱形、ジグザグとか 幾何模様を繋いだものですが)一本か 二本の帯状のラインです。 今では タイ・デーン族等の影響を受けて 裾部分は より幅広く 明るい色を使い 模様も 例えば ナーク(蛇)の形が現れるように なっています。

 ラオス南部で 巻きスカートに伝統的に見られる模様は この地域を何世紀にもわたって支配したクメール帝国から強い影響を受けています。 低地ラオの巻きスカートに似た 同じ模様が繰り返される縦長の細いライン模様もありますが ラオス南部の女性は マットミー(絣)模様を 巻きスカートのボディ部分全体に使います。

 ポピュラーな模様は 水田模様、バーシー風模様、ロケット状の模様、「ネット」と呼ばれる色々なスタイルの格子模様などです。 ラオス南部の古くからの模様には 象、人間そして寺境内風景が見られます。 これは 極楽の様子を描いたと伝えられるカンボディアの「ピダン」 いわゆる絵絣の影響です。 カンボディアでは この種の布は葬式用ですが ラオス南部では 巻きスカートの模様になっています。 他から移入された模様が その本来持つ意味が変形してしまった 典型的な例です。

 ラオスの旧都であるルアンプラバンは カーン川とメコン川が合流する所で ヴィエンチャンの北に位置します。 王宮で織られていた布は ラオス固有の文化に加えて 中国、インドの影響も受けています。 王と取巻きの官吏達は 中国スタイルの襟のついた上着を着て インドの「ドーティ」を連想させる 腰に巻いて背面でたくし込む 絹の長い腰布を着ていました。 この布の端には 時として 金糸が織り込まれていました。 このスタイルは 結婚式とか その他の祝い事の際には 今でも 一般的に着用されています。

 ラオス各地の王室一族が着用した衣服は その特別なステイタスを誇示するためのものでした。 その地方産の布に金糸・銀糸を織りこんだり、インドからの輸入絹糸とか 中国・カンボジアの布などを着用して 王が いかに諸外国と繋がりが深いかを知らしめたのです。 王国内の優秀な織り人は 王室お抱えになりました。 王室から絹糸が提供され 色とか模様には細かい注文が付きました。

 ルアンプラバン出身の女性達が織る絹の巻きスカートは 色も模様も 地味なものです。 礼装用の巻きスカートとショールには 緯糸に使うか または 縫取り織で刺繍のように織りこむか どらかの方法で 金糸・銀糸を使っています。 きスカートの裾部分には お寺の柱によく描かれている装飾を模倣した模様が 一般的です。 王室関係者が着用するショールは 格別 豪華でした。 金のメダル状のものとか 珠数状の金のビーズとかも 装飾されることもありました。

 ルアンプラバンに住む女性が礼装用に着る 体にピッタリした上着は 日本の着物のように胸の前で交差して着用するタイ・ルー族からの影響です。上着には 金糸・銀糸で縫取り織された細かい模様で装飾された 帯状の飾りもありました。昔は 上着の襟とこの帯状の飾りの 装飾度合いが それを着用している女性のステイタスを示していました。上着の帯状の飾りの幅が広ければ広いほど ステイタスが上でした。

▲ この頁の先頭に戻る

Phuan (プアン族)

 プアン族は 色づかいと伝統的な模様の使い方が 他の民族とは全く違います。 タイ・デーン族は 一見してもその模様が何か分からない程の 微細な模様を使いますが プアン族は 水平に並んだ きっちりしたブロック形の中に規則正しく ハッキリした模様を シンメトリーに織り込んでいきます。 プアン族は オレンジ色、黄色、紫色の糸を好んで使います。

 ある学者は プアン族は あえて他の民族とは違った色づかいをして 自分達の存在感を誇示しょうとしているのだと言います。 プアン族の礼装用の巻きスカートは 緯糸の絣模様の 良質で軽い絹糸を使います。縞筋に縦方向のマットミー模様も使いますが ラオス南部の民族と同様に 巻きスカートの全面に マットミー模様を使うことも よくあります。

 プアン族の 細長肩掛け布、頭巾、ショールの模様は 上下(左右)対称ではないのが普通です。 両端の模様は 幅が違いますし 中央部は 何の飾りも無い物が良くあります。 稀ではありますが 両端に凝った飾りの房を付けることもあります。 赤と白の飾りをつけた黒のブラウスを 普段は着用します。 上着には 腰の下まである 単純に飾りの無い黒色のものを着用します。

Phu Tai (プータイ族)

 プータイ族の女性が着用する衣装は 低地ラオの人達と ほぼ同じです。 良質の絹糸を使用して 何かの姿形を表わした模様が付いた 絣の巻きスカートも着用しますし 紋織りあるいは縫取り織のスカートも着用します。 巻きスカートの中心部分全体に 花模様とか 他の伝統的な模様を 反復して 紋織りで 織り込むこともあります。

 プータイ族が織る細長肩掛け布と これより広めであるショールは プアン族のものに よく似ています。 プアン族と同様に 水平に規則正しく配置した模様を 紋織りで織りこみます。 絹糸の色は オレンヂ色、黄色、紫色、それと 緑色が使われます。

▲ この頁の先頭に戻る
次ページに 続く