「Lao Textiles and Traditions」    by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

(未定稿); ラオスの布を知るために 5ページ分を 私の独善的発想で 日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。

7  Traditions and Transitions (ラオス織物伝統とその変化)

 伝統を継承しつつ 時代の移り変わりにも対応できる ラオス織人の多才な技術とセンスにより ラオスにも 新しい織物の流れが生まれています。

 ここ最近のラオス情勢は目まぐるしく 特に 1975年の内戦終結以後は ラオス国民の人口移動が大きな流れとなっています。 例えば ファパン県、ポンサリー県のように ラオス北部地方の多くの人が ヴィエンチャン方面に流れていっており 前政府シンパのl地域では多くの人が 国を去りました。

 この混沌としていた時代には ラオス女性は織るのを止め ラオスの大事な芸術と文化を守るべきだとする主張も封じ込められました。同時に 今はヴィエンチャンに移住したラオス北部の民族・人達も いまさら 過去の生活習慣にしがみついても仕方ないとして これまでの家の伝統を あっさりと捨て始めました。
 加えて 新政府は 国民意識、国家意識を植え付けようと これまで大多数の民族が慣れ親しんでいたスカート、ショールとは 違う要素を加えて 民族色を薄めた服装を 押しつけ始めました。


伝統の再評価と復興

 その頃  布の美しさと織り技術の高度さのため 目を引き ラオヌア すなわち北部ラオスの 古布が ラオス国外に流出しだしました。 このことは これらの布が 世界的にも 大変価値のあるものだという 裏返しになります。そうこうして こういうラオス織物伝統が消滅しつつあるという危機感が生まれ 伝統・技術を守ろうとする様々な動きが起こりました。政府、および海外の公的、私的機関により ラオス織物伝統への様々な支援策が始まりました。 

  自家用ではなく 販売用の物として 町に住むラオス女性に 織物技術を伝えるため 海外の染織家が招請されました。ラオス女性協会が 田舎でも織物技術を残そうと 染色用の草木を植えることも始まりました。織物組合設立も奨励されています。

 1980年代後半には 政府は 外人と同様に ラオス人も個人起業家として営利を求めることも認め始めました。 国内・国外を問わず織物の達人の指導の下で これまでの伝統的な技術と模様・図柄を しっかり踏まえた新しい織物を製作する沢山の織物工房が出来ました。観光土産としても需要があります。今では ほんの小さな村が 観光ルートの一つにさえなっています。これらの村が成功し 豊になれば 他の村も追随していくでしょう。

 国を去り 海外に移住したl地域の人々も 基本的には結婚式やその他の行事に着る物としてですが 依然としてラオスの伝統的な織物に愛着を持っています。今でも ラオス国外の需要から ラオス織物が 高い値段で取引されています。こういった様々な要因が ラオス人が好むと好まずにかかわらず これまでの物と同じ違うに関係無く ラオスの織物製作に影響を及ぼしています。海外の要因・目線に晒されて ラオスの織物は 変化を始めています。

 100年ぐらい前に描かれたスケッチ、版画あるいは写真を良く見てみると 当時の服装と現在のものでは 大きく変化しているのが分かります。ラオス人のはいていたスカートの腰帯は 50センチ程度の 明らかに幅の広いもので 民族毎に色も作り方も違っていました。メコン川周辺の人々のスカートの下部につけた布は 今よりは幅が狭く あっさりしたものでした。

  第2次大戦以後 海外からの化学染料が 都会部を中心に使われ始めました。フックとかスナップのついた西洋物のバンド・ベルトが かっこいいとして取り入れられるようになりました。より豊になり始めると 絹を多用し 金色の糸も見られるようになります。

  北部地方の服装の変化 例えば スカート下部に付け加える布幅の広さ、模様の組合わせ方、織り技術の多様化などは 近隣の民族の影響を受けたものです。国の経済発展と道路などの社会的基本整備が進むと 民族同士の接触・交流がますます大きくなっていきます。

 この変化は 全ての民族において 着る服装自体にも現れます。頭巾、ショール、飾られた羽織りなどは かつては普段着でしたが 今では もし 着るとしても 行事・儀式の際だけになっています。

  ヴイェンチャンとその周辺に住んでいるラオス人が着ている服装は 今は 北部地方の織り技術とそれを組み合わせて発展させたものが幅広く使われています。過去においては 織り方、色の用い方、デザインなどから 容易に民族毎に区別ができましたが この変化は もはやヴィエンチャンなどの都市部だけではありません。

  これまでの伝統よりむしろ 一時的な流行で スカートを選ぶようになっています。一般的にはルー族などが使っている技術の浮織りを 一部に取り入れた腰帯が かっこいいとされています。

 最近の タイ・デーン族が日常使っている幅広のスカート下部布を付けて 綴織とマットミー(絣)模様の腰帯を組み合わせた 色の淡いスカートは 1970年代のヴィエンチャンで良く見られた くすんだ色合いで 細い縞模様、2色の細い縁取りのあるスカートとは かけ離れています。

 そうはいっても 伝統的な三つのデザインパートで構成されるスカートも ちゃんと残ってはいます。

 現代のラオス織人は エスニックの流れをもつ伝統的な技術に かならずしも拘ってはいません。若い織人は 今は 布を織るのに幅広い分野からのデザインを参考にして 取り入れています。販売用の布への注力と民族毎の個性が薄れるにつれて これまでの素晴らしい沢山のデザインが消滅しかかっています。

  結果として出来あがった美しい布は あたかも歌詞の無いカラオケミュージックのように 何かが欠けた感じがします。宗教行事、儀式、その他の行事に必要不可欠なものとして扱われてきた模様・デザインは 今では精々 幸運を招くもの程度のものとなっています。もっと言ってしまえば 単なる装飾の意味でしかありません。

 織人が使う 機(はた)とかその他の道具・材料も この何年間に変化が見られます。進化した形の垂直紋綜絖は 一度作り上げると 誰が使っても同じ紋様を繰り返し織り上げれるし また その紋綜絖自体を売ることも出きます。いくつかの地域では 依然として より横幅の広い機(はた)を使っています。

  北部の地域では より幅の広い機(はた)を使って 狭く長く織って 縫い合わせる必要のある織り方ではなく 1枚で長方形のブランケットが出きる織り方をしています。しかし そのブランケットは いつも 同じデザイン 同じ技術で 何の愛想も無いとの見方にもなります。

 手紡ぎの木綿、手引きの絹 および草木を使った染めに固執するラオスの伝統的な手法を守ろうとする織人には それを可能にする充分な生活環境が必要です。今では より多くの人が都会風の生活を始めていますので 近くにそういった材料がありませんし 自分で植える、栽培する時間もありません。

  より低コストを求められる 販売用の布は コストダウンを図るために 合成繊維とか 安い輸入絹糸を使うことになってしまいます。合成染料による染めも一般化しています。手間がかからないというだけでなく より鮮やかな色合いを 現地ラオス人も好むようになったからです。しかし 田舎では コスト面から一部にアクセントとして合成繊維を使うことがあっても 依然として 天然素材、天然染料が一般的ではあります。

伝統の変化

 宗教、儀式に用いる布も また 変化の波に晒されています。都会では 功徳として寺に寄付する 僧衣とか関連する物は買ってくるというのが 一般化しています。宗教に係わる布の模様も 徐々に その真の意味合いが薄れてきていますし 模様も単純になりつつあります。

  北部地方で見られるパワーの象徴である「ヤック」(鬼)模様 これは 寺の恐ろしい守り神から由来すると言われ 祈祷師が頭に被るものに付いていましたが 違う民族が使い出すと 「仏さんの頭部」という意味の模様になってしまいました。今では 都会の地域(lowland)では カーテンや壁飾りの模様に使われてもいます。

 今では ラオス特有のものとなってる模様も 色々な影響を受けたものです。ラオスの文化は インド・ヒンズー教、スリランカ・上座部仏教、中国そしてベトナム・ドンソン文化などを移入していますが その影響度を個々に詳細分析するのは極めて困難です。

  ラオスの織物に組み入れられた模様は どの影響を受けたか その地方の歴史を物語っていますが 移入された当時のままの純粋な形を保持しているものではありません。換骨脱胎を続けたものです。何世紀もの間に ラオスの女性は これらの移入されたデザインを自国・自分のものとしてしまいました。彼等自身の考え、望み、夢を取り入れて 自分達独自のデザイン・模様に作り上げました。

 象徴として現れる布の模様が「物」である場合には その意味合いは 形を変えていきます。その模様が古ければ古いほど その持つ意味合いは ますます変化していきます。

  例えば ベトナム・ドンソン文化の模様である 星の形、ジグザグ模様、鉤模様、菱形模様などは 長い間に 織人の周囲にある物 たとえば 果物、野菜、動物を示すものに変えられてしまいました。ヒンズー教の強さの象徴である卍模様は 単なる鍵の模様となり ブランケットの模様に良く使われています。ダイヤモンド菱形模様の儀式的な意味合いは 民族間で流用し合う長い間に 真の意味合いは薄れてしまいました。

  「モム」(鳥)、「シホー」(半象半獅子)、「ナーク」(蛇)のように神話に登場するものは 形が変化し 神話での神秘性が薄められてしまいました。スカート用にだけ使われていたマットミー(絹絣) あるいは スカートには絶対使わなかった「シホー」模様などのように 使い方が特定されていた模様、技術、布などは 織人が 使う人の需要に応えて 簡単に使い方を変えてしまうかもしれません。元もとの意味合いが消えていきます。

 変化は不可避けられないものとしても それはラオス織文化の根本を損なうことがあってはなりません。新技術が これまでの技術が改良されるまでは必要とされる場合もありますが。

  今では ラオスの女性は 世界の人々が彼女達の織物を 立派に評価していることを知っています。自信を持って これまでの織技術を 母から娘に 伝えて行くでしょうし 身に付けなければならない新らしい組み合わせ・技術の取り入れは 自分達の今の生活・足下を踏まえた 緩やかなものであるべきでしょう。

 ラオスでは 色々と楽しみな動きがあります。織物だけでなく 国内外の需要が増えるにつれて これ以外の技術も見直されて来ています。銀細工は 儀式用の水汲みボールや他のものを作るのに忙しいですし 木彫りは 伝統的な踊りを公演するのに必要な 冠やお面を作っています。各地のお寺は 修復が進んでいます。

  願わくば 今のこういった 技術を大切にする動きが 今後も是非続いて欲しいと切に思います。古いものと新しいものが 共鳴しあうことによって 今後も 本物の「美」を 鑑賞し続けることができるものと思います。
▲ この頁の先頭に戻る