「Lao Textiles and Traditions」    by Mary F. Connors  
published by Oxford University Press  1996年初版

(未定稿)  ラオスの布を知るために 11ページ分を 私の独善的発想で 日本語に置き換えたものです。決して 翻訳ではありません。 翻訳ソフトは この種 文献には 用をなしませんので 私の 独善0nlyの 置換えです。

2  Preparing the Cloth (ラオス布総論)

伝 統

 ラオスでは 良い布を織る人は尊敬されます。 ラオス女性の大多数は 布を織ることができますし 織物の良し悪しを一目で判断することもできます。  良い糸、良い織り、良い染めによる細やかな布を作る技術は その人だけではなく 家庭の事情にも大きく影響されます。幅広く色々な織り技術を持つ達人は 家の中に 布に専念できる家庭環境があり 織りを熟知した人が家にいて そして お手本になる家宝とも言える立派な布がある ということです。

 ラオスの良い布をじっくり見ますと 色々 手の込んだ技術を要求される織り工程を 細かい神経を使って 同じ模様を繰り返すことなく 小さい模様を 何種類も複雑に組み合わせて 細かく、繊細に 几帳面に織られていることが分かります。 冠婚葬祭に使われた精巧な織りの古布の場合は 何ヶ月もかけて 何百もの織り工程を経ています。まして 糸を紡ぎ それを美しい色に染め上げる工程も勘案すれば 凄まじい月数が必要でした。 今日まだ そんな立派な古布を再現しょうと 一生懸命努力している方が たくさん居ります。

 ラオスでは ほとんどの布は 売るためではなく 自分・個人が着る・使うために 織られています。 布には 生命とか 願いとか 魂とかが織りこまれています。 素敵な伴侶が、沢山の子宝が、作物がたくさん採れる土地を、そして災害や病気が無いように 色々な祈り・願いが 織り込められています。 布の模様は たんに 華やかに飾るというものではなく 織る人の 今思っている願いが 色濃く出ます。

 ラオス全国でそうですが 布を織るのは 乾期・雨期かまわず 年間を通じて行われる作業です。 綿花を栽培するとか カイコを飼育する作業は 気象状況によりますし、染料を作る作業 例えば 藍(インディゴ)など 取り込める時期が決まっているものもあります。 ただ 織り作業のほとんどは 乾期に行われます。

 伝統的に ラオスの布は 地元の綿と絹が使われます。 しかし、裕福な地方の人達は 結婚式用のスカートとかショールに裕福のシンボルとして 金色・銀色の糸とか 絹糸は輸入物も ここ何年も使っています。 また 山岳に住む民族でも いくつか 例えばタイ・デーン族、タイ・カオ族等は 儀式用の布に銀色の糸を使うこともあります。

紡 ぎ

 綿花は 雨期が始まった頃に種を植え 乾期となる六ヶ月か 七ヶ月後に収穫します。 綿花が収穫開始された最初の満月の夜に 織物シーズン到来を告げるお祭りが開かれます。 女性・女の子達が 村のある家に集まり 長くて太い良質の綿が収穫できたと語り合いながら 今年初めての綿を紡ぎます。 ここには 隣近所の男の子達も 女の子達が居る火の周りに集まり 恋人探しを始めます。

 光沢、肌触り、1本の糸の長さ どれをとっても 絹は 他の素材の糸とは比べ物になりません。 また 絹糸を作り上げるのに要する手間も 同じように 比べ物になりません。 蚕が吐き出す糸は 唯一 自然の力だけで完結する・出来あがる糸ですが 蚕を育て その糸を紡ぐ作業は すさまじい経験と時間が要求されるものです。

 ラオスでは 絹は 長い歴史を持っています。 17世紀の探検家 ゲリット・フォン・ユストフは 1641年にヴィエンチャンで見た絹が 素晴らしい物だったと記しています。 絹は ラオス全土で生産されています。 しかし 最も盛んな地域は 三つです。 まず 第一は 南部の パクセー、サバンナケート、サラワンの各地方で生産される絹は 光沢が良く強い良質のものです。 次は ヴィエンチャン平野の近くでも 同程度の品質が生産されています。 最後は 北部で ポンサリー、ルアンナムタ、ファパン、ウドンサイの各県で 柔らかいがゴワゴワしている原始的な野蚕種の黄色い絹が生産されています。 ラオス政府は 日本人などの支援を得て 特に シェンクワン、ルアンプラバン県などで 新種の蚕を移入して 農家の養蚕業を活性化しょうと努力しています。

 養蚕業は 骨の入る仕事です。初期の蚕は 30日間桑の葉を食べますので その間 新鮮な葉を与え続ける必要がありますし 天敵となる虫から守る必要もあります。 蚕が 桑の葉を食べるのを止め 体の色が変わると 糸を吐き出す状況になります。 この吐き出す糸の主な成分は 粘質性のセリシンとフィブロインと呼ばれる2種類です。 蚕は 吐き出す糸の足場となる「まぶし」の中を動き回ります。 次の2週間は 敵の虫から守り続け 糸を吐き出さない蚕を摘出することも必要です。

 光りを当てて一点の曇りも無く輝くような 滑らかで丸みを持ち光沢のある絹糸となるには 紡ぐ作業が重要です。 しかし その作業は技術と体力・集中力が要求されます。 水で満たした鉄鍋を火の上に置き その中にカイコを入れて 糸がスムーズに引き出せるように 水の温度を調節し続けます。 1回に 10個か20個のカイコを入れて 糸を引き出します。 そして その糸を撚り合わせて 糸巻きに巻き 綛(かせ)にして 糸の太さと質を均一に揃えます。

 絹糸を染める前に 粘質性のセリシンを 水、石鹸、アルカリの溶液に糸の綛(かせ)を入れて煮て 取り除きます。 絹は 染めには最も適した素材とされています。 綿に比べて 色が定着し易く より鮮やかな色が出ます。
▲ この頁の先頭に戻る

染 め

 ラオスのどこの村にも 一見何気なく生えている草木が 大切になります。 自給自足の社会では 食べ物、薬、そして布地の材料も 周りにあるもので営まなければなりません。 手を加えた桑の木、綿花に加えて、紡いだ糸を染める材料を 自然に生えている色々なものから幅広く集めなければなりません。

 そこで 家の周りに自生している数多くの草木が 鑑賞用とか日陰を作る役割以外の目的でも使われます。
 カポックの木の場合 種が入ったサヤは 敷布団とか枕をフンワリとさせる材料になるし その木の皮の灰は 藍建に必要なアクとして使われます。 タマリンドと野生のライムの木は もちろん果物としても栽培されますが 染色材料としても使われます。 しつこいですが ターメリックとサトウキビも 染料として用いられます。 ビンロウジは「ベテルナッツ」として広く人気がありますが 染にも使われます。 重厚なコクタンの木は建築材でもありますが 実は黒色に染める材料です。 鮮やかな赤色は 森に住むラック虫の樹脂状の分泌液から作られた染料を用います。 草木染めに使われる数多くの材料は 村の中では漢方薬しても使われている。

 天然の材料で 糸や布に染色を施すという作業は 複雑な工程です。 時には 布・織物を作る工程のほとんどの時間を染めに費やすこともあります。 ある染料はは 家の庭で簡単に育てることができるものが材料だったり ある染料は 山深くにしか生えていない木の皮とか根だったりもします。 ある染料は 若葉の時期に摘んで細かく砕く必要があるものもあります。 ある染料は 木の花の咲く時期に 「実」とか 「種」から作るものもあります。

 いづれにしても その天然の材料は大量のものを準備しておく必要があります。 それから 砕く、煮る、叩きつける、発酵させる、干す、アルカリ材料を加える等の工程があり たとえば ライムのように 色を定着させるには 色を出す作業を手際良く行い 最初に抽出される色で染める必要があります。 天然染料で染められた色は どの材料が使われているかは分かります。

 数種類の染料を使う作業は 大変繊細なもので 作業の際に色々な迷信や慣らわしがあります。 ある色を染める時には 出る色に影響するとして お坊さん、生理中の女性、初産の妊婦が側を通るのを避けるため 村のハズレで作業します。 もっとも多用されるインディゴは濃い色を出すために 1日の決まった時間にしか刈り取らないということもあります。 難しい色を出す工程は家族にしか見せないということも極めて良くあることです。 出きる限りの良い色を出すことは その家族の名声を高めます。
▲ この頁の先頭に戻る

織り道具

 ラオス人全員が 似たようなタイプの織機(ハタ)を使っています。 その織機でもって 平織、紋織、縫取り織などの技法を用いた布を織っていきます。 絵緯(えぬき)・絵経(えだて)を 織幅一杯に通し糸として用いたり 部分的に織りこんだりして布の文様をつくっていきます。 "マットミー"、つまり防染技術を用いた糸を 布の全体 あるいは部分的に織りこむ場合もあります。 細かい色々な模様が出来あがっていくのは 織機の仕組みより むしろ織る人の技術に左右されます。

 男達は 織機(ハタ)を作る時 特に 織機の根幹を為す「大黒柱」とも言える杭を立てる時には 出番が回ってきます。 織機を作っている間は お祓いを済ませた糸を この杭に結びます。 使わない時は取り外しができるように組み立てていきます。

 織る時は 「綜絖」の 糸で出来た目に1本1本 経糸(たていと)を通します。 綜絖(そうこう)は 経糸(たていと)を交互に上げ下げできるよう招木(まねき)が付けられています。 この招木は 踏木を交互に踏むことによって機能していきます。 経糸(たていと)を上げ下げして開口を作ります。 この開口に杼(ひ)を通します。 杼(ひ)には緯糸(よこいと)を巻いた小管(こくだ)を入れます。 筬(おさ)と呼ばれる竹製の装置が 織る人と綜絖(そうこう)の間に 織機(はた)の上から吊り下げられます。 経糸(たていと)は均一な間隔を保つように筬(おさ)に通され 開口に杼(ひ)を通し布の地を作る糸を打込みながら織り進めます。

 木製または竹製の箆(へら)が 特別な開口を作る時に 経糸(たていと)を開くのに使われます。 織り進むに連つれて 布を手前の千巻(ちまき)に巻きこんで行きます。 ラオスの織機は千切(ちぎり)を使いません。 経糸(たていと)の端は糸の張りを保つため織機にしっかり結びつけられます。

 ラオスでは 布を作る重要さと何時間もかかることを考えて 糸と布を作る色々な道具・装置に装飾が施されています。 箆(へら)とか杼(ひ)の表面には 小さな花模様がしばしば打込まれていますし 筬(おさ)の上部には草とか花が彫ってあることもあります。 千巻(ちまき)の両サイドにも装飾が施されてもいます。 南部のラオスでは織機と糸繰り機の両方に 神話に登場する「ナーガー」と呼ばれる大蛇(竜)の頭で装飾しています。
▲ この頁の先頭に戻る

織り マットミー

 マットミーなど防染された緯糸が 布、特にスカートを作る時に ラオスのあちこちで使われています。 マットミー布を完成させるには 数多くの工程が必要です。 平織でマットミー布は織られますが 模様を考えて 染めて 小管(こくだ)に染めた緯糸を巻き、それに基づいてマットミーを織り上げるのは 簡単なものではないです。 模様が歪まないように 織りの状況を 絶えずチエックしなければなりません。

 マットミーの質は 用いられる色の数と模様の鮮明さで判断されます。 色を一つ加えるということは 糸を括る作業と解く作業が 新たに加わるということです。 不鮮明な模様になるのは 染めの過程で括りが緩かったか 織る時に緯糸(よこいと)のズレを許してしまったかの どちらかです。 模様の大小と同じ模様をどれだけ繰り返すかは マットミー織りの技術程度を現わします。 大きい模様より 小さな模様で同じ模様をほとんど繰り返していないマットミーの方が 数多くの時間と努力が必要なのです。

織り キット

 ラオスの布の大多数は 絵緯(えぬき・地組織を構成する地緯とは別の)を用いて文様を作ります。 マットミーと同様に 平織(ひらおり)は織り方の基本です。 絵緯糸でしっかりした模様を作るには 箆(へら)を使って 予め想定した模様に従って経糸(たていと)を開口し 紋棒を一つ一つ通して行きます。 織り進める時に 通し糸を開口部分に挿入していきます。

 この方法で模様を作っていくのは芸術的なセンスだけでなく 忍耐力を必要とする大変な作業です。 複雑な模様は 何本もの紋棒を使います。 300種類の模様を作り上げるのには 紋棒をセットするだけでも一か月は必要とします。 しかし 紋棒を用いて 経糸(たていと)を開口する手法は 経糸を操って 出きる限り単純に模様を織りこむ装置としては それなりに工夫されたものと言えます。 ラオスでは 経糸自体に 経糸と水平に 挿入した紋棒を使うか 経糸の上下に直角に吊るした垂直紋綜絖を使うか どちらかです。

  この垂直紋綜絖は 一旦 紋棒をセットして 綜絖に糸を通せば 織機から取り外すことも 一つの布が織り終っても 次に使うこともでき いわばテンプレートのようなものです。 単純に 絵緯(えぬき)糸を繰り返し加えていく模様は 本来の綜絖(そうこう)の後に 小さい綜絖を使用することもあります。

 充分なセンスと経験豊かな人は 経糸を頭に描いて 想像力と慣れで どう経糸・開口を上下して 一つ一つの模様を織り上げ どうすれば バランスの良い完璧な模様を具現化することができるかをグランドデザインできます。 更に付け加えるならば 織りの達人は 紋棒さえも使わずに完璧な布を織ることができます。 こんな人が織った布は 模様が繰り返されていることは あったとしても 極めて稀です。 この域に達していない人は どのような模様の布を作るかの見本として 過去に織られた布を使い 数多くの紋棒を用います。 大きな模様を 真中に鏡を置いたように繰り返した布は 全面に亘って小さく細かく模様がデザインされた布に比べれば 織り方は易しいのです。

 絵緯を入れる方法は 織幅一杯に通すか 一部に入れるかの二通りがあります。 端から端まで通すか 必要な部分にのみ入れるかです。

織り ジョク

 後者は 大変時間を必要とする方法で ラオスでは アクセント模様というより 細かい絵緯(えぬき)糸を織りこんで 布全体に及ぶ核となる模様に仕上げられ 特別な意味合いの儀式用の布・ショール等に使われています。

 例えば 先祖の霊とか神話の動物とか 一つの模様の半分で色合いを変えることをしており 見る人は 時間をかけないと 何の模様だか見極めるのが難しい程です。

 絵緯(えぬき)に加えて いくつかの民族では 特に儀式用のスカートに用いる等 絵経(えだて)を布に用いる技法も使っています。 この技法は スカートに付ける 細くて浮模様を持つ横幅のバンドに良く見られます。

 裕福な人が住む地域とか プアン族では 絵経(えだて)技法をスカートに付けるバンドとしていますが タイ・デーン、タイ・カオ族などは 儀式用のスカート全体 広範囲にこの技法を使います。また 「フゥア・ブゥアン」という スカートに付ける儀式用の腰紐を織る時にも用いています。 

 浮紋織りのスカートに付ける裾布は タイルー族とその周辺の民族にも見られる定番の織り手法です。 一見すると この技法で織られた布は 浮紋織り技法の布と差が無いように見えますが 大きな違いがあります。

 浮紋織りは部分的に絵緯として緯糸(よこいと)を入れるのではなく 緯糸そのものですが この裾布は 模様を作るのに 彼らの手だけで 様々な色の糸を経糸に絡ませて織りこんで行く技法であり ラオスでは良くみかけます。

織り その他

 織物に似ているものに刺繍があります。これは手の空いた時間に行われ 質の良否は 空いた時間の多寡を示すほどです。

 コーチングは 煌びやかな糸で 織りあがった布の表面上に模様を作るもので もう一つの糸でしっかりと布に縫いつけ ルアンプラバン(ルアンパバン、ルアンパバーン)では昔から服とか儀式用の品物に良く使われています。 女性用男性用スカート布には 布に直接縫い付けられたコーチング模様があります。 ジャケットの全面あるいはブラウスの襟に付けられたバンドは 別々にコーチングされています。 また 三角形、長方形模様が枕にも使われています。 過去には 純金、純銀が用いられたこともあり 3世代か4世代前に使用された服に見られ その模様の輝きは依然として失われておりません。

誇 り

 ラオス代々の女性が 代々伝えてきた素晴らしい織り技術は 誇りであり 結晶であり 自負なのです。 最良の糸と豊かな天然染料を使って 繊細で複雑な細かい模様の入った何とも言えない布が出来あがるには 長い月日が必要です。 何人かの若い女性は  嫁入り時とか儀式用に使う 従来の織り技術・品質を受け継ごうとして 織り続けている 一方 都会に住む人達は 急いで作ったことが見え見えの 大きな模様と織りが甘い布に満足している者もいます。

 しかし ラオス人としての誇りを失わず 過去の質の良さをしっかり受け留めて 個々人が持つ今の高いレベルの技術をもってすれば 相当数の人が 過去の達人に負けず劣らず 現代の新たな達人として 育ち続けると 私は思います。
▲ この頁の先頭に戻る