寺壁画 寺壁画

  織物に対する 母の、娘の、息子の 家族の 愛情が 心に響く タイ人の詩を ご紹介します

こんな詩が見つかると アジアの織物に関わっている 幸せを 本当に 感じます。 感動します。

バイワリン・カーオガームの詩 (月刊誌「芸術文化」1989年8月号に発表)   岩城 雄次郎氏 訳
(注 ; このHPでは 織りの工程からして どう見ても 日本語訳が相違すると思われる部分を 勝手に 修正しています)

カーオガームは 1961年タイ東北ローイエット県生まれで 母親の献身的な愛や自然の恩恵を優しく うたうと同時に、
社会の歪みや・不公正にも鋭い告発の目を向ける タイで注目されている詩人 の由。
 母の織る愛情の布 

母は 桑を 植え
せっせと マユを 育てる
愛情を こめて
てきぱき 働く姿には 希望がある

清らかな 手 で
どんどん 絹糸 を たぐり出し

時間を かけて
美しく  つややか それを繰る
心のこもった その手 で
たんたん 紡ぎ出す 絹の糸 を

その一本ずつ が 布になる
機(ハタ)を踏む 足に こそ 
魂 が
杼(ひ)を掴む 手の動きに こそ
生命が 宿る

母が 織って くれたばかりの 布
家族の 愛を 結ぶ 絹糸 の
目にも まばゆい 美しさ
心をつなぐ 絹糸 を
母は 作り出す

母の捧げる 絹 を
母が織り 子に 伝える
子は 母からの布を 身に 纏う

その絹を 作り給いし 母は 偉い人
どの布 にも 生命があり
心と魂 が 宿る
なんとも 美しく 織り上げられている

絹を織る ほそ腕の 母の手 は
かつて は 
よく
その手で 子どもを 叩いたものだ

そして この同じ ほそ腕が
生きる苦難 と 抗い
今も 子どもを 守ってくれる

そう  この手 こそが
織りに 生命を 与える
銭もうけしよう などとは
いささか 思わず
苦労を ものともせず 織り 続け
新しい絹布 を 産み出すために
精を 出す

娘  には 家事を教え
肩 を 並べて 織りを 教える
織りを 永遠に伝えるために
母の手 から 力が 抜けて 動かなくなってしまう 前に

そして 
息子には 誇りをもたせる

母を 愛するなら しっかり 働け と
絹布に こもった 繊細な 愛情の糸で
母の ように 懸命に 働き続けよ と 教える

やがて 母の 亡き後 にも
まことの 子 なら
織り 続けて いける
母から 子 へ
脈々と 機(ハタ)を 踏むことが できる

新しい 生命ある布 は 
また
きっと 美しいに 違いない

料理 国