絹絣logo
Language
平成10年9月発行。外国語勉強定番教科書の白水社エクスプレスシリーズから
 「ラオス語」も 1999年12月に出版された。 

ラオス語の数少ない教材。タイ東北地方ではラオ語訛りの人が多いので 
こちらもラオ訛りを使うと 厭な顔をされる場合も。
「田舎者」とカラカわれて いると感じるらしい。
タイ人が 外国に旅行する時の英会話本。ほとんどのタイ若者は 英語に興味があり 
この本を持って タイを旅すると 意外なコミュニケーションが起きることも。 79バーツ。

タイ語からみる英語本を 逆転して利用するのも有効のようだ。
でも 欧米で発売されているタイ会話本よりはタイ語の表現が正確である。
チェンマイの会社が 平成5年に発行。タイ・バンコクの日本人向け本屋で見つけた。
定番の白水社「エクスプレス タイ語」の著者「水野 潔 きよし」先生ならぬ 
著者は「水野 潮 うしお」 完璧なアングラ本で 語彙の選択方針がメチャクチャ。 

でも 2冊合せても 350バーツと高価でなく ヨコ10センチ・タテ15センチと小型・軽量で
携帯に便利なので 旅には重宝している。
東京都文京区の発行所住所が記載されている。コンパクト本であるが 語彙の選択が適確で
 旅には重宝する辞書。 
ただ 発音記号表記が 心許なく ある程度のタイ語の基礎知識が必要かも。 

ヨコ10センチ・タテ13センチながら 5000語のタイ語を収録。 
1969年初版で これは1995年の25版本。 人気ロングセラー本。
参考文献 TOP language