アジアの染織 Glossary
アジア(タイ、ラオス、ミャンマー、インドネシア)での染織道具、技法等を独自の見方で解説しました。
時間をかけて 逐一 充実させて行きます。 追加・補充をしていますので ブラウザの「更新」ボタンを押してから ご覧下さい。
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
ア行  
        藍建て  天然染料における青色は「藍染」以外には無い。藍は空気中の酸素に触れて初めて発色する染料で、濃い藍色を得るには膨大な作業を必要とする。藍の葉から色素を取り出す方法は 
(1) 生の葉を細かく切って水に漬けて 溶出する色素で染色する。最も簡単な方法だが 藍が生育する時期しか染められない。 
(2)  沈殿法と呼ばれ 刈り取った生の葉を水に漬け置いて色素を充分に溶出させて 空気を吹き込んで攪拌して沈殿させる。
(3) 葉を乾燥させたあと 堆肥をつくるように水をかけて蒸らし 発酵させて「すくも」にし それで染める。保存がきき一年中染められる。この一連の作業を「藍を建てる」「藍建て」という。
 藍建液は 強アルカリであり 動物繊維である絹は痛みやすいので 「青」色が鮮やかな絹織物は 全部または一部に合成染料を使用しているハズ。 天然染料では 紫色は難しいとされているが 経糸に赤色、緯糸に藍色を使用して 紫色の雰囲気を醸し出す 織り方がある。タイでは 藍を発酵させる壷を「モー」と呼んでいる。

 タイでは インド藍(キ藍)を「クラーム」、リュウキュウ藍を「ホーム」と言っている。「ホーム」を使う織物が多いと感じる。ラオスでは 藍の「生葉染め」で 6色の青を 染め分ける人に 出会っている。インドネシア・チモールでは インド藍・リュウキュウ藍の二種類を 明確に使い分けて染めていたのを見た。
 ラオスでは インドアイは 3月に種を植え 6〜7月と 11月と 年2回採取でき リュウキュウアイは 雨期に種を植え 丁度 一ヶ月後に 葉を採取できる。どの家庭でも この2種類双方を庭で 栽培している。
あとぞめ(後染)  織(おり)による白生地(布)があることを前提にして その後 染める手法。「染物」。ジャワ更紗、友禅など。
文科系素養人間は ヒラメキが生きてくる「後染め」の布を好み 理科系素養人間は 事前に明確な設計図を必要とする「先染め」の布を好むとの 風評があるが あながち 的ハズレとは 思わない。
 ちなみに 私は 後染めの布には 今のところ 全く 興味が ない。
あやおり(綾織)  ヨック・ドクと呼ばれる織り技法。文様を表出するために 緯糸は加えられず 通しの緯糸と経糸だけの地組織の変化だけで文様を作り出す。菱形とか篭目状の模様が地文に出る。
 タイ東北部のプー・タイ族の木綿のグレッタオ(”亀の甲”の意)という織物、タイ・チェンセン国立博物館で見た「パーホーム・タ・セーン」とか「パーホーム・タ・コン」と呼ばれる赤・白・黒の格子模様ブランケットは このヨック・ドク技法である。
 また タイ・ウットラディット地方のスカートのボディにも この技法が使われているのを見た。 twill weave と 英訳されている記述も 見受けます。
うきおり(浮織)  浮文織、紋織、浮紋織など様々で 名称は統一されていない。 広義には 織糸を部分的に 織り幅一杯に 加えて 地組織から浮かせて文様を織り出す織物技法またはその布。 織り幅の一部分に織り糸を加える技法は「ぬいとりおり (縫取織)」。綴織り(つづれおり)とは 技法が 全く 相違する。
 ただ 地の織り糸で 浮模様を作る「あやおり (綾織)」とか 「にしき(錦)」、「つづれ(綴)」「もじり(綟)」等 日本独特の昔からの名称も も想定すると混乱が生じ易い。
えぬき(絵緯) 紋織物で 地を形成する経糸と緯糸以外の模様を表す緯糸(よこいと)のこと。経に補足する糸は絵経(えだて)
おさ(筬)  経糸を織幅どおりに配置するためのステンレス製・竹製の櫛のようなもの。経糸の密度と順番が間違わないようになっている。Reed 。  ラオスでは 安価な竹製が主流だが 長期間使用すると 竹のホツレが生じて 経糸を傷めることがある。タイでの主流 鉄製は サビが生じ易くて これも経糸を傷めることがある。 日本では サビの生じないステンレス製が 主流。 タイ語では「パンウィー」(と言っても 各地で呼称が違うみたい)、ミャンマー語では「フナ」。 タイ 東北部 メコン川 ナコーンパノム 近郊 タイ庶民布のメッカ  レーヌナコンで 手作り筬を 背負った 行商人を見かけたことがある。 
カ行  ▲このページの先頭へ
          かすりあし(絣足)  絣を織る際の糸を染める前に括られた部分と括られなかった部分の染めぎわに出きる「にじみ」。にじみが大きくては なんともダラシが無い感じがし といって 仮に高度な機械があったとして 完璧に「にじみ」を取り除いた場合も プリント生地のようで味がない。この絣足の強弱・大小が「絣」の美しさと 私は感じているし 手で括る微妙なタッチで出きる この絣足の違いのため 究極の意味で 同じ絣布はこの世に絶対存在しないとも。
 タイ・チェンマイのナイトバザールでは 一見 古布利用に見せかけたマットミーのスカートを見たが この絣足が全く見うけられない 完璧な(?/皮肉) な括りであったが 多分 プリント生地なのではと。
キット  (khit) 浮紋織。地の緯糸とは別に 織幅一杯に通し糸として用いて文様を織込む技法。地の組織を作る綜絖のほかに 文様(図柄)を作る綜絖(紋綜絖)が必要。continuous supplementary weft と英訳される。 brocade weave  と 近い表現が使われることも 見かける。 
絹(きぬ、シルク、silk)  ラオスでは 絹は年5回生産します。
最初のものは 木々が青々としている時期で 「パン・ナー・カーウ」と呼ばれ 他の時期に比べると 輝きが素晴らしく 最も品質が良くい。2回目は 木の葉が落ちる頃で 「パン・ハイ・モーン」と呼ばれます。3回目は 桑の葉が目を出す頃で 「パンー・ファー」と呼ばれます。4回目は 「パン・ファー」の後で 「パン・ノーン・モーン」と呼ばれます。5回目は 雨期の時期で 「パン・ヤーム・ナー」と呼ばれ 糸にピンク、茶の雑色が付き  糸にならない部分も多く 最も質が悪い絹糸になります。
くさきぞめ(草木染)  植物の根、幹、樹皮、実、花、葉等より抽出された煎汁を使って行われる染色。 「草木」ではない コチニール、ラック、貝紫等動物染料も使われる。その材料を 「天然染料」。 日本では動物染料が稀有だったため「天然染料を用いた染色」=草木染め と定着していると 自分なりに理解しているが。手間がかかる割りには 発色が不安定で 安定供給に難があり 色落ち激しく堅牢度に欠き 色褪せしやすく 特に日光や洗濯には弱いため 1856年にイギリス人 ヘンリー・パーキングが発明後 当時開発された化学繊維と相俟って 「化学染料」が急速に普及。

 しかし 「天然染料」での染色は 目に優しく 色相が柔らかな暖かみがあり 数種類の色を用いても ある色が奇妙に浮き出ることなく調和している 自然な美しさが ある。 タイ、ラオスでも 最近は 化学染料が一般的だが 輸入物ではなく 現地業者が現地の感覚で製造しているのが せめてもの慰め。 80番台の色の番手を見たことがある。 
タイでは「ケミー」(多分 英語の chemical  の派生だろう)の用語を使用している。「自然染料」、「合成染料」の用語も見受ける。 
 ラオスでも タイでも インドネシアでも 先祖伝来の染めを体得している人は たまたま その色が出たというのではなく 意図的に 色を 染め出す能力を身につけている。 
 ただし 若い織り手 では ケミー 化学染料の使い勝手 を 充分に 理解し、自分 家族用以外の 観光土産 物産展用 売り物の織物に 割り切って 多用している。 赤色 の クッキリ には 要 目視 です。

タイで使用されている 天然染料の タイ名・色・使用部位・和名・英名・学名の一覧表は こちら に掲載しています。
こくだ(小管)  緯糸を巻きつける管。竹製、木製、紙製などがあり 一般的には ハトロン紙や模造紙を楕円形に切って 使用している。 タイの絹絣(マットミー)の織りでは 括り染めした緯糸を この小管に巻き取って行くが 巻き取った小管の順番を見失うことは致命的となる。 この小管に糸を巻く道具には 織り人の工夫・苦労が忍び込んでいて 実に 様々なタイプを 見かける。
こしおり(腰織り)  back  strap  loom , 人が地べたに座ったまま 腰に経糸の片方を結びつけて 人そのものが機(はた)の一部になって織っていく手法。織り込むに従って前に いざる様に進むことから「いざり織り」とも。インドネシアや タイ・ラオス・ミャンマーの山岳民族に良く見られる。"衣食住"の自給自足生活の中の 「衣」の部分を調達する古くからの手法。

 織機には 経糸が輪状の「輪経腰機」、経糸が一面の「平経腰機」、経糸の張力を足で行わず 端を固定保持する「経巻腰機」等がある。経糸が安定せず 絣模様をしっかり織りこむのは 相当の経験を必要とする。
サ行  ▲このページの先頭へ
        さきぞめ(先染) 先に 糸の状態で染めを施す手法。 その染められた色糸を使って布を織り上げる。私は ”織物は 布の一つ”であるとして 「織物」と「布」は 明確に区別している。 例えば バティック、更紗は 織物ではなく 布である。
そうこう(綜絖)  緯糸を通すため開口する縦糸を固定するもの。真中の穴(目)に 想定した内容で経糸を通し 綜絖を上下に動かすことによって 経糸と緯糸が組み合され 布が織りあがる。現在では金属製が主流だが タイ・ラオスでは農繁期など使用しない時には 機(ハタ)から 取り外しが自由となる「糸」綜絖を使用している。

 ハタは 軒下の土間に作られていることが多いが 夜間 織り作業を中止する時 ネコ・ニワトリ等の侵略妨害防止のため 大きな布をハタ全体に覆うのが通常だが 雨等織り途上の布に致命的な問題が生ずる懸念が心配な際は ハタから 縦糸、綜絖、筬全体を 外して 畳み込み 屋内に持ち込む。 
ジョク (jok)  縫取織。「縫取り」の言葉どおり刺繍をするように 模様を作り出す緯糸を部分的に 紋綜絖を使わずに織りこんでいく技法。ジョクは タイ語で「引き上げる」「つまむ」を意味する。凄まじい修練と手間・暇が必要で タイでは 全幅をこの手法で織り上げた絹布・プレワーを見たが 現在の日本で言えば「人間国宝」として絶賛されるものと思うが 当人は何の気負いも無く 淡々と日常作業として行っていた。 discontinuous supplementary weft  と英訳される。
シャンバック  幅の広い肩ベルトの付いた 四角い布製の肩掛けバック。口が大きくなんでも入る いわゆる「ズタ袋」 シャンは この種バックを多用するミャンマーの州・民族の名前。ラオス、タイでも同形のものが多数。肩ベルトの部分と袋の部分を別々に織り 縫い合わせる。タイでは 「トゥング・ヤーム」と呼ばれ 北部の袋はラオス風で ラーンナーの伝統が残っている。
ミャンマーでは 日本での 女性が好きな男性に 手編みでプレゼントする「マフラー」と同じ感覚で このズタ袋を 手織りで 好きな男性にプレゼントすることが しばしば行われている。 モテル男性は 数個の袋を 使い分けている とか。 

 ラオスでは 本命の男性に この袋をプレゼントする際には 中に入れる品物が 相違するらしい。 その地・民族の織物の模様・技術を 何となく醸し出しており 高価な物ではないので 私は ついつい 買い込んでしまい 数十種類・枚数の手持になっている。 
シン  ラオス、タイで使用される女性用のスカート。tubular とか cylindrical skirt と英訳される。「パー(布、服の意)・シン」が正しい用語なのだろうが 単に「シン」と呼ばれることが多い。「袋」を意味する「トゥング」の用例も。 腰に近い部分を「頭」(フゥア)、裾の部分を「足」(ティン)、それと本体部分(トゥア)の3枚の布を縫い合わせて一つのスカートを構成する。

 無地木綿の白、赤、黒色が多い「頭」の部分の布は特に神聖なもので大切に取り扱い 既婚・未婚で使用する色が違ったりする。ここの「フゥア」部分を更に2枚の布で構成し 4枚の布を縫い合わせるシンもある。ミャンマーでは「頭」部分を「アテッシン」、「足」部分を「イェディナー」と呼ぶ。
(パー・) シン・ミー  ラオスのタイ・デーン族、タイ・カオ族特有の 木綿の絣(かすり・マットミー)と 絹糸の紋織り模様が交互に織り込まれている ラオスの巻きスカート。絣部分には ナーク(蛇)模様が主体だが 複雑なものは 人、お寺、パインを咥えたナーク等の模様もある。 最近では 若い女性好みなのか 紋織り部分の模様部分が 幅が広くなっていて かつ 模様も複雑、使う色も派手になってきた気がする。

 絣と紋織り交互の巻きスカートは ルアンナムタのタイ・ルー族も タイ北部のタイ・ユワンも 持っている。それぞれに 趣が 異なる。あるラオス布展で これらを混同して ラオス・サムヌアものとしていた。タイ北部では 「カード・カーン」と呼ばれていて 絣部分が絹 の布も 手に入れた。
せいけい(整経)  織るための経糸の長さと本数を 計算して整える作業。 タイでも いまは 経糸は日本産の絹糸を使用することが多い。 数年前から 日本から派遣された指導者が しっかりした織物を作るために より張力・強度のある経糸を推奨し それが日本製だったらしい。 ラオスでも ミャンマーでも 経糸は 安物布は 中国製か ベトナム製、高い布で 日本製が相場となっているみたい。 あるラオスの織り人は 経、緯双方を ラオス産絹糸を使用した布地を 誇り高く 私に見せた。

 多分 現地絹糸を経糸に使用すると 作業効率が低下するのだろうと 日本人染織家が指導しているのではと 勝手に 私は思いこんでいる。 タイのマハサラカーン大学の研究員に会った時には 彼は 日本産の経糸を捨てて 元の タイ産で織ろうとする市民運動が 広まっていると言っていた。
そう言えば 例の「ジムトンプソン・シルク」は 経、緯糸とも 日本産絹糸であり タイ・シルクと言えないと 力説するタイ人に 何人にも会っている。
タ行  ▲このページの先頭へ
     たてがすり(経絣)  絣柄のための染色を経糸(たていと、warp)だけに施し、緯糸(よこいと、weft)は無地染にしたもので織った絣。 インドネシアのイカットは ほとんどこれで、この経絣が絣の祖型とされている。和服地では矢絣が代表的。
たてよこがすり(経緯絣)  経、緯糸共に絣柄の染色を施した糸で織った絣で、一般には、その経糸の絣と緯糸の絣が組織される時に交差して、絣柄が表現されるように計算して 染め・織られる。十字絣、井桁絣が典型。インドネシア・バリ島東部のテンガナン村では 木綿の「グリンシン」という経緯絣が有名で 1枚の布を完成するのに10年近い歳月が必要とされる。絹では インド・グジャラート州の「パトラ」。インドネシア・バリの観光土産用の 経糸と緯糸は絣だが 織り合った模様が形を為していない布は 「経糸と 緯糸が 絣」 で あって 「経緯絣」とは別物。
つづれおり(綴織)  英語では tapestry weaving と訳されているが 室内装飾用の掛け布を意味する tapestry と区別が付かず ラオスのパービャンを tapestry weaving と誤述した本もある。浮織り、浮文織、紋織、浮紋織と良く混同されるが 緯糸の扱いが全く相違する。”綴織り”は 少なくとも 絵模様は 浮きあがってはいず 平面の中にある。技法的には ”浮織り”は 地を構成する織幅一杯に通す緯糸(地緯)が必ず用いられており”綴織り”には地緯は無く 使用する機(ハタ)も 浮織りの様な紋綜絖も 杼(シャトル)も必要としない。縫取織も 必ず地緯が織りこまれる。

 ラオスのパービャンを「綴織」(つづれおり)とするのは 誤まり。
ラオス・ルアンナムタ、タイ・ナーンに住むタイ・ルー族の織物の中に「ラーイ・カン・ナム・ラーイ」とか単に「ラーイ・ナム・ラーイ」という 川面を流れる水の形を表わした模様を織物の一部に織り込んでいるのは”綴織”( コ とか ルアンと呼ばれている技法、 ミャンマーでの風景はこちら )で 他の技法と併用している。ただ タイ、ラオスの織物では 綴織り技法と言える布は 無いハズ。タイ、ラオスの織物に関する英語本を読む時には「tapestry」という単語が出て来た際は 要注意。 アジアン雑貨ショップでも 誤用・混同している。
ナ行  ▲このページの先頭へ
  ぬいとりおり(縫取織)  タイ語ではジョク。 紋織の一種。 「縫取」は 元々 刺繍用語で 文様を描く緯糸(絵緯)を 織幅一杯ではなく 必要な部分だけに用いる。 タイの絹織物「プレワー」の高級品は 指で経糸をすくいながら 多種の色糸を丹念に織りこんで行く。根気のいる仕事だが 手織りでしか実現できない布。ミャンマーでは インドからもたらされたとされる独特な形の「アチェイク」模様を 指・手ではなく 特殊な小型の杼(シャトル)を使用していた。
ハ行  ▲このページの先頭へ
   バッタン (battant)  手で紐を引くことで、筬枠の両端に取り付けられた杼箱の一方から他の一方へ 杼(シャトル)が走る仕組みの織機。1733年にイギリス人・ジョンケイが発明した装置。杼に直接手を触れないで製織するという意味で動力織機の先駆けとみなされる。ミャンマーでは 光熱費不要の低コスト維持のためだろうが 現在も日常的にあちこちで見かける。インドネシアのバリ島でも見かけた。 

 緯糸1本1本 丁寧に柄を合わせながら織り進めるタイの「マットミー絣」では使用されていない。 日銭稼ぎなのだろうが 古くから タイのマットミー・パターンの典型と高い評価を受けている コラート近くの村で このバッタンを使用して 平織り・無地のタイ・シルク(多分 ジムトンプソンの下請け)を織る町工場を見た時には 情けなくなった。日本では「しゃくり」ともいっている。
ハタ・機
タイ語のハタの各部の名称は こちら です
 布を織る道具のハタは 古い時代から使われていて それから相当進化した現代のものでも 基本原理は同じ。一つは 経糸を開口させて緯糸を入れ 経糸と緯糸をクロスさせる 二つ目は その緯糸を打ち込んで織りを均一にする 三つ目は この作業を連続して行う為に 経糸を送りだし 織り上がった布を巻き取る。原理は単純だが 民族毎に 地方毎に 様々な形態のハタ・機が 存在する。平織で糸の染め自体で模様を形成するハタと 糸そのもので模様を形成するハタでは 自ずと 構造が相違する。タイ・ラオスでは 三つ目の原理部分で 経糸を送り出す構造が 各地方により 大きく相違している。ミャンマーでは 飛び杼(フライング・シャトル)の使用が多く 一つ目の部分の構造が独特となっている。

 ラオス・タイでは 土間に杭を打ち込んで作るハタであり 農繁期など織りに従事する時間が無い時期などには 取り外しが可能な仕組みとなっている。夫、父、兄等身近な男性が手作りで組み立て 手先の器用な男性は 愛する女性が 四六時中使う ハタ及びシャトル等道具には 立派な彫刻装飾を施していた。ミャンマー・マンダレーの博物館で見た 王宮で使用されていたハタ・機は ハタ自体に 彫刻装飾があり 全面に漆塗りが施された それは 気品のあるものだった。
ひ(杼)・シャトル  緯糸を巻きつけた管(こくだ・小管)を入れて 綜絖で開口された経糸の間に滑りこまして織りこむ為の道具。タイ語では「クラスゥァイ」、ミャンマー語では「ロワン」耳では「ルン」とも聞こえる。 現在は 町の店で購入したものを使用しているようだが 最近までは 織り人の好みに合わせて 旦那達が 手作りしていた。 すさまじい装飾の杼が 食事用の薪となる 一歩手前で 手に入れた 秘蔵の杼がある。 なかなか 現地の自分たちでは その価値は 評価できないようだ。
マ行  ▲このページの先頭へ
       マットミー  タイの絹絣。タイ語で「マット」は"括る"、「ミー」は"細い糸"を意味する。一時は ジム・トンプソンに代表される 西洋人好みの「タイ・シルク」に押され 古くからの「マットミー」は貧乏人が着用するものなどと衰退気味だったが タイ王室が積極的に着用するなど 支援・援助により復活してきた。桑を植え 蚕を育て 糸を紡ぎ その地特有の文様に括り 染め材料を保存し 丁寧に織り上げて行く という 1枚の布の完成までに 数多くの人の愛情が注ぎ込まれている「布」。一つとして世界に同じ布は存在しない代物。

 現地では 何気なく織り上げているが その価値は日本で言う「民芸品」の域を超えている。私は「アジアン雑貨」として 同列に並べられ・扱われるのは 潔しとしない。「mdmee」「mumee」「mut-mi」などの記述も見うけるが 英語スペル表記は タイ国政府観光庁(TAT)などが発行する政府公式パンフレットには 「mudmee」 となっている。
まぶし  蚕に繭を作らせるための道具。卵からかえった蚕は、ひと月足らずの間に体積で7500倍、体重では10,000倍に成長し やがて桑を食べるのを止め 熟蚕となる。この熟蚕が 約2昼夜を費やして 野蚕で600メートル 家蚕で1,300から1,500メートルに及ぶ繭糸を吐き出すための足場になる。各国・各地で独特の形がある。ラオスでは 「チョー」と呼ばれ 竹を使用して お椀形状の 独特の形をしている。

 これが 日本から派遣された指導者には 絹糸の質低下の元凶と映るらしく 商品化のためには 日本式に変更すべきとの指導となるらしいが 個性を無視・消失させることは 本来の 商品化とは無縁のものと 私は 確信している。 大量生産化することが イコール 商品化では無いと。 希少価値を前面に押し出すことでも 商品化と思っている。 
ムック(muk)  経浮織。緯糸で文様を織り出すキットに対して 経糸で文様を織り出す技法。インドネシアのスンバ島でも見かけた。90度回転すれば 一見キットと変わらず 複雑な技法のムックは 単独では使われず キット他の技法と併用される場合が多い。このムックに 縞・絣・キットを併用する布は ラオス・サムヌア地方の民族しか技法を伝承していず 「ラオス布展」といえば 必ず1枚程度は展示されているが 染め・織りの上質な布は 手に入りにくい。

 ラオスでも 技術、手間数の割りには 評価が低く ムックで織っている現場を見つけるのは至難である。 以前はムックで織っていて その技術は持っている人には 何人にも出会っているが。 タイのナーン県でも ムック技法は 生き続けており 「ケップ・ムック」と称されている。
 ムック技法は 地を作る経糸に加えて 模様を作る経糸の 2種の経糸を 同時に操作して 模様織り上げる。地を作る経糸を 通常通りにハタ(機)にセットして その下に模様を形成する経糸を張る 独特の織り技法だが その価値が理解されていないようで 衰退の方向と感じている。 棒綜絖と指で 模様用の経糸を操作しながら模様を織り込む。 
模 様  ラオスの織物に見られる 神話にも登場する模様には
* ホン ... 孔雀模様。ハムサとも呼ばれる。ハムサは古代インドでは 白鳥で 清浄、清らかさを象徴する鳥(ブラーマ神が乗る鳥)。 英語版では goose(ガチョウ)と訳されているが(時折、gander、swanも)、 確かに peacock(クジャク)の尾の長さとは相違するので この単語を使用するしかないのだろうが。 元々は 白鳥の意味であろうが、ラオスに移入されて来て、環境の違いから 意味合い・対象が 変形したのだろう。 ラオスの織物模様では、白い孔雀とでも 訳すべきか。
* モム ... 鳥
* シホー ... 半身 ライオン 半身 象。 象ライオン。 コサシン、ラサシンハとも呼ばれる。
* ナーク ... 蛇。 ラオス特有の呼び方。 2匹の尻尾が絡み合っている等 30種類以上のパターンがあると言う。
* ナーガー ... 大蛇、竜。 ナークよりは 大きい。 水、川の守り神。タイ語、ラオス語の発音では 「ナーガ」(naga) よりは 「ナーガー」が 近い。

 上記の具象化模様は、インド・中国から、ダイアモンド形・菱形・卍模様などの幾何学模様は ベトナム・ドンソン文化から、ラオスに移入され、解釈・環境の違いから ラオス独自の意味合い・名称と なって 根付いている。 
もんおりもの 紋織物。染文様に対し 織りによって文様をあらわした織物の総称。「うきおり」の項参照。
もんそうこう(紋綜絖) 1  (竹)棒による紋綜絖
 あらかじめ30本から50本程度のヒゴ・棒などで 想定する文様に従って経糸をすくっておき 緯糸を通しながらヒゴ・棒を抜き捨てていく。山岳民族の布は この方法が多いみたい。
2  糸による紋綜絖
 文様に従って引き揚げる縦糸を 竹棒に取り付けた糸で吊り上げて開口して 緯糸を通す。上1の方法が織り終える毎に棒挿入作業を繰り返すが この方法は反復使用が出来て効率的。同じ文様の繰返しに適しているが 1枚の布に多くの文様を織り出すには 数十枚の糸綜絖を駆使する必要がある。私は ミャンマーで 33枚使用する織り人に出会っているが 90本程度を駆使する達人が居るらしい。
3 垂直紋綜絖
 上2の発展形で 数十枚の糸綜絖を一つに集約して 垂直に保存することで 同じ文様の布を より容易に半永久的に繰返し使える工夫をしたもの。経糸の上下で操作することから 大体は 真中に鏡を置いた感じの相称形の模様となる。独自性を醸し出すためだろうが 上2の方法と併用する織人も見た。手作りの味は上2が優ると 私は感じている。

 布紋様が複雑かつ相当の長さを持つ高級品の ラオスのショール(パー・ヴィヤン)の織りには 模様パターンが多くなり 木の棒では間に合わず より多く経糸を操るために 代わりに より細い 釣り糸を利用していて その数は 普通品で 150本に上っていた。 この綜絖を最初に作り上げる作業をじっくり見させて もらったが 木の刀(マイラープガーン)で 経糸を イメージに合わせて 掬い上げて そこに1本1本釣り糸を 差し込んで行く 気の遠くなる仕事であった。

 組み立て終了した釣り糸を順番に収納する木枠を「ガンサイディウ」と言っていた。人間国宝級の織り手は 数百本の綜絖を作り上げ かつ 細かい部分は 綜絖では最早ハンドリング困難で 手・指も加えて経糸を操作して緯糸を織り込む/操作する部分が 増えていく。
ヤ行  ▲このページの先頭へ
  よこがすり(緯絣) 経絣とは逆に、緯糸にのみ絣柄を施し、無地染の経糸に、この緯糸の絣糸で絣を織り出したもの。
ラ行  ▲このページの先頭へ
  ロンジー 一種の巻きスカートで 1枚の布を筒状に縫って身につける。質・値段はピンからキリまである。ミャンマー特有の呼び方で 女性用は特に「タメイン」と称する。ラオス南部の村でも 格子柄の男性用スカート絹布地を織っていたが ラオスの男性には ミャンマー程愛用されてはいない。

私も 風呂上り後のの腰巻きに 旅行の際のパジャマ・ブランケット代わりに はたまた風呂敷代わりに いろいろ重宝している。 ただ、ミャンマーの各地で 気に入った 上着、ズタ袋 それと ロンジーを 買い求め、ミャンマーのある地方都市の食堂へ それらを着用したまま出かけたが、店員から 上が「××族」で 袋が「××族」で ロンジーの模様は「××族」と メチャクチャだと 思いっきり皮肉・失笑を かってしまったことがある。 インドネシアでは「サロン」、ラオスでは「シン」、カンボジアでは「サンポット」、タイでは「シン」または「トゥン」
ワ行  ▲このページの先頭へ
  綿(わた、コットン、cotton)  アジア地域原産の綿は 「シロバナワタ」(草綿・アジアワタ・Gossypium herbaceum・levant cotton・white cotton)と 「キダチワタ」(木立綿・インドワタ・Gossypium arboreum・tree cotton・khaki  cotton)の2種。タイではシロバナワタを「ファーイ・トゥン」と呼ぶ。ミャンマーではキダチワタを「ワニ」(生地になった場合にはピンニ)と呼ぶ。 メーチェム等 タイ北部では キダチワタ、ラオス南部ではシロバナワタが 主体のようだ。そういえば 「真綿で首を締める」の 「真綿」が cottonではなく silk (floss silk)とは。

 ラオスでは 綿は年2回収穫できる。第1回目の綿は 「ファーイ・モーク」(霧の綿の意)と呼ばれ 米の収穫が終わった11月に綿を植え 3ヶ月後に収穫します。2回目は 「ファーイ・フォーン」(雨の綿の意)と呼ばれ 田植え後の雨期に植え 6か月後に収穫します。
laos travel home silk