ラオス・タイの織物と旅
全100数ページ

タイ・ラオスの染色方法・・黒色

 染料 ; タイ名:マクルゥア 和名:タイコクタン 英名:Ebony  学名:diospyros mollis
絹糸を 黒色に染める材料は 色々ありますが マクルゥア(タイコクタン)の実を使う 染色方法を 紹介します。
タイコクタンの実 タイ黒檀の実での 草木染め風景 ラオスのコクタン
マクルゥアでの染色風景

1 染色の方法 2 染色の材料  3 出典

A  マクルゥアを しっかりと叩いて潰し、約12時間程 灰汁・マクット(コブミカン)・泥を加えた水に浸します。それを 木綿の布で漉し 染液とします。その中に 絹糸を 約30分程 しっかり 沈めてから、日陰に 干します。

 この作業を 3回繰り返して、しっかり水洗いした後で、日陰に干します。 この時点では 絹糸は 灰色(グレイ)ですが、約1時間程 熱いお湯の中で 煮込みますと 徐々に 黒くなります。
マクルゥア 1kg
絹糸 1kg
灰汁 二分の一 グラス
マクット(ライム・コブミカン) 0.2 kg
泥 1kg
水 15リットル
 "Colour from Lao Forest " by Phaeng Mai Gallery

B  マクルゥアの染色作業には 必ず ゴム手袋を着けて下さい。
淡い緑色をしている熟したマクルゥアの実を使います。マクルゥアの実に入っている中身をモーターに入れて、充分に砕きます。黄色い物が見えますが、これが 黒い色に染まる原料なのです。小さい種の形だけが残る程度まで 砕いてから、砕いたマクルゥアを水を入れたボウルにいれて、良くかき混ぜます。

ゴムの手袋を着けて、ほんの少しのライム・ペーストを加えて、手でマクルゥアを洗うような感覚で、水を攪拌します。石鹸の泡のようなものが出てくるまで続けて下さい。少なくとも 5分から10分は 要します。

 この水の染液に 絹糸を浸してください。ここでは 絹糸を事前に水に濡らす必要はないのですが セリシンの除去処理はしておいて下さい。染液の中で絹糸を洗うように 5分間程 手で動かして下さい。それから 絹糸を絞って脱水し 天日で干します。 

 乾ききってから 再度 上記の手順を 何度も繰り返しますと 絹糸は 灰色から 徐々に 黒く変化していきます。意図した 色の濃さとなったところで 充分に 水ですすぎ 刺激の少ない石鹸で洗い ここでは 日陰で干します。
マクルゥア 400g
絹糸 200g
"Natural Dyeing in Thailand" by Marjo Moeyes

C  タイ北部では 黒色に染めたい時には 濃いインディゴ藍で染めることが多く 黒即ちインディゴ藍とされることも しばしばです。でも 熟し始めた時期のマクルゥアを使って 本当の黒色に染めることも 勿論 します。 このマクルゥアは 乾燥させないように水に入れておけば 何年も保存することができます。

 染める手順は パルプ状になるまで砕き 灰汁を加えます。その染液に 浸しては干すことを 3、4回繰り返しますと その度に 糸の色が 徐々に黒くなっていきます。太陽の光に晒されることによって 黒味が増すのですが 色むらは 避けられません。日陰で干すのが 一般的です。

 もうひとつ。木綿を染める場合ですが 黒色以外の色を染める場合に 事前に このマクルゥアを使って軽く染めることで 色の定着が良くなります。 
"Lan Na Textiles" by Songsak Prang
watthanakun & Patricia Naenna

D  黒色に染める 伝統的な方法は マクルゥアの実を使います。タイでは このマクルゥアを庭で栽培したり 村の近くの山から採ってきます。まず 最初に 熟したマクルゥアの実を 灰汁を混ぜながらパルプ状になるまで砕き 水の中に浸し その水がどろどろ状になるまで かき混ぜます。 水で湿らせた木綿糸を 3日間ほど この染液に浸し ムラなく染まるように 木綿糸をひっくり返す作業を続けます。3日間後に 木綿糸が 充分に黒くなったところで 染液から取り出し 絞って脱水します。

 黒色を染めるのにマクルゥアを使うのが一般的な タイ東北地方では 村の小川で採れる大きなカタツムリの一種から 灰汁を作ります。 カタツムリの貝殻を燃やした後の灰と 台所から出る木の灰を 混ぜ合わして 灰汁としています。

木綿糸が良く染まるための媒染剤として 水で湿らせた木綿糸に塗(まぶ)せることで 庭の土を使うことがあります。染められた木綿糸を 川に持って行き ペースト状にした土手の土でこね回してから 川の水で洗い流し 乾燥させます。この手順は 木綿糸を染めるものですが 絹糸を染めるにも マクルゥアを用います。ただし 土を使う媒染の方法は使われません。最近では マクルゥアを使うことが少なく 化学染料を使うのが主流になつています。また 黒というより濃い青なのですが インディゴ藍で染めることを何度も繰り返す人もいます。
"Thai Textiles" by Susan Conway

ラオス・タイの織物と旅
全100数ページ HP専用検索窓設置