ラオス・タイの織物と旅
全100数ページ

タイの植物染料(43種・草木染め)一覧

 アジア・タイで 草木染めとして 使用されている天然染料のリストです。

 「Natural Dyeing in Thailand」 (by Marjo Moeyes、1993年 White Lotus刊)を ベースとして 「Thai Textiles」 (by Susan Conway、1992年 British Museum Press刊)、武田薬品・京都薬用植物園長/渡辺 斉氏メモ、各国で手に入れた現地小冊子・博物館でのメモ、日本の各種植物図鑑、日本語雑誌での断片的な記述 等々を コツコツ蓄積していたデータを 一覧にしたものです。「−」は 当該名称が 不明または存在しないものです。

 当たらずとも 外れてはいないとは思ってはいますが 染色の真似事だけで 決して 草木染め・染色研究家ではなく また 植物学の専門家でもなく 全ての材料を タイで 実際に見て触っている経験もなく また タイ各地で微妙に呼び方が違うこともあって 依然として 極めて 不充分・不正確なものと 自認をしています。 是非 メールにて 細部にわたる ご指摘・ご指導・ご意見を お願いします。 時間をかけて 完璧なリストと したいと思っています。 (2002年07月28日/09月06日追記/2004年1月5日追記)
タイ名 使用部位 和 名 英 名 学 名
01 シー・シィアット 赤褐色 心材 アクセンヤクノキ cutch acacia catechu
02 マ・トゥーム 黄色 果実 ベルノキ bael aegle marmelos
03 サッバロット パイナップル pineapple ananas sativa
04 カヌゥン 黄褐色 木芯 パラミツ jackfruit artocarpus heterophyllus
05 マイ・サケー/トンサケー 黄褐 樹皮 パンノキ breadfruit artocarpus altilis
06 サドゥー 褐色 樹皮 インドセダン neem tree agaditachta indica
07 カムセーット 赤褐色 種皮 ベニノキ annatto bixa orellana
08 マイ・ファーン 赤桃色 心材 スオウノキ sappan wood caesalpinia sappan
09 カクゥーム 果実 カンラン kedondong canarium kerri
10 カム・フォーイ 頭花 ベニバナ safflower carthamus tinctorius
11 キーレック 黄緑 心材 タガヤサン american cassia cassia siamea
12 マクット ph調節 果汁 コブミカン lime citrus hystrix
13 クラン 虫樹脂 ラックカイガラムシ shellac coccus lacca
14 ケーレー/マイケー 心材 cudriana javenensys
15 カーミン 根茎 ウコン turmeric curcuma domestica
16 マクルゥア 発酵果実 タイコクタン ebony diospyros mollis
17 バーダー 果実 カンボウジノキ gamboge garcinia hamburyi
18 マンクット 皮汁 マンゴスチン mangosteen garcinia mangostana
19 コン・ター 果実 harrisonia perforata
20 クラーム 葉・茎 インドアイ/キアイ common indigo indigofera tinctoria
21 サラオ 赤桃 樹皮 ウルゲサルスベリ taback lagerstroemia tomentosa
22 チーアン・キン ツマクレナイノキ henna lawsonia inermis
23 クラーティン 茶 黄 葉・果実 ギンネム horse tamarind leucaena leucocephala
24 ヨー・パー 赤紫 ヤエヤマアオキ
セイヨウアカネ
コヤエヤマアオキ
indian mulberry
madder fam
morinda
morinda citrifolia
morinda coreia
morinda elliptica
25 ペー・カー/リッマイ 緑褐 樹皮 ソリザヤノキ sword−fruit tree oroxylon indicum
26 マイ・アラン/ノンシー 赤茶 樹皮 peltophorum inerme
27 シーシェット 赤茶 樹皮 ビルママホガニー burma mahogany pentace burmanica
28 プリック コショウ pepper piper methysticum
29 マイ・プラドゥー 赤桃 樹皮 インドシタン narra pterocarpus indicus
30 プラドゥー 樹皮 ビルマカリン burmese rosewood pterocarpus macrocarpus
31 ノム・メーオ 樹皮 rauwenhoffia siamensis
32 コンカーン・バイヤイ 心材 rhisophora mucronata
33 チャムチュア アメリカネムノキ raintree samanea saman
34 ケー/ケーバーン シロゴチョウ leguminous tree sesbania grandiflora
35 マイ・テーン 赤褐 樹皮 バラウ balau shorea obtusa
36 ホーム リュウキュウアイ assam indigo strobilanthes flaccidifolius
37 マカーム ph調節 葉・果実 タマリンド tamarind tamarindus indica
38 サック 黄褐 樹皮・葉 チーク teak wood tectona grandis
39 フゥークワン 暗灰 葉・樹皮 モモタマナ wild almond terminalia catappa
40 サモー・ピーペット 樹皮・果実 セイタカミロバラン beleric myrobalan terminalia belerica
41 サモー 果実 ミロバランノキ myrobalan wood terminalia chebula retz.
42 ブゥア・トーン 黄褐 頭花 メキシコヒマワリ mexican sunflower tithonia rotundifolia
43 マイ・デーン 樹皮 xylia xylocarpa taub
(注) タイ語の「マイ」は 樹木の意。
(追)
1 ミャンマー語では、 ベニノキ = ダディン・ディー、 ラックカイガラムシ = チェィツ、 インドアイ = メービン、 インドシタン = パドウク
2 マカーム(Tamarind)には マカーム・テート、マカーム・バーン、マカーム・ポーム、の3種類がある。マカーム・テートは樹に刺(とげ)があり、葉はやや丸味を帯びている。マカーム・バーンには 実が甘種と酸味のものとがあり、前者はおやつに、後者は料理に用いる。マカーム・ポームは普通、森の中にあり、実は薬用に用いる。
3 動物染料の クラン(ラック カイガラムシ)は 中国の文献にカンボジアに産することが記されていて、日本でも正倉院御物の「種々薬帳」に記載されていて、現物も伝来していた由。
4 京都大学渡辺教授 HP「タイで樹木の花を食べる」にも 少し記述があります。
5 広島大学医学部山崎名誉教授 が撮影された 学名と和名で紹介されている植物の画像が 「タイで撮った植物写真」 に掲載されています。
6 岐阜大学応用生物化学部宮川修一教授(生物環境科学)のHP タイ名・学名・英名・和名 画像付きの「東北タイ・ドンデーン村 有用植物写真集」があります。
7 学名と現地呼称との対比は、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア等「東南アジアの薬用植物」のHPがあります。
8 タイ語と英語・学名が理解できる方には 画像付の 「サムーンプライ (タイ・森の草葉・薬草)」(Research and Development Institute of The Government Pharmaceutical Organization) があります。
9 このページは 「植物学リソース」にリンクされています。 URLは こちら です。
ラオス・タイの織物と旅
全100数ページ HP専用検索窓設置