Country 02

ある朝 突然 日本の新聞の日付が「西暦」から 「仏暦」(西暦年数+543)に変わった。

かつて 駅前留学で名を売った 英米語会話の教室には ほんの僅かの生徒で 全く 人気がない。
洋服を買う時に 英単語の ”ピンク”はありませんか? 
では 店員に全く通じない。 シー・チョンプー(タイ語)と伝えなければ。

それは、
タイ国東北地方で この地球最後の大油田が発掘され タイが大国となり 世界経済の中心になった。


 東京・中野駅で タイ人が電車に乗り込んで来て タイ語で質問された日本人は ジャパニーズスマイルを忘れ 
「ここは日本だから 日本語で話せ」と噛み付いた。
 名門中学の入試で タイ語試験の成績を苦にし 自殺者が出た。


 日本女性が 海外語学留学と称してタイへ行き出入国管理法違反で帰されるので タイ行き観光ビザが取りにくくなった。

 いまや 「ジャパ行き」ではなくて 「シャム行き」になった。

英語圏欧米主体の世界が タイ主体へ。そこから見えるものは? そんな内容・ストーリーの本を紹介します。

1990年に発行された 東京外大タイ語科卒・岩城 雄次郎氏著「ぼくもシャム行きさん」。

同時に タイ語判が バンコクのドゥアン・カモン(D.K BOOK HOUSE)から出版された。

タイ語名は 「ポム・コー・パイ・サヤーム」。
  • 文章力、表現力、構成力のどこから見ても 決して文藝小説と呼べるレベルの本では無いと思いますが 日米文化比較論とか 泰日文化比較論、あるいは 日本人の文化意識論的に 読んでみると 結構 楽しめる本です。
  • 著者は 私が一番最初に持ったタイ語会話の草分け本「英語対照 タイ語会話」(大学書林発行・87年初版)の著者でもあります。そんなことで 写真右側のタイ語バージョンをバンコクで 日本語バージョンを東京・アジア文庫で買い求めました。泰日対訳本として タイ語の読解力養成にも いつかは 役に立つだろう とも 思いつつ。
  • 確かに 岩城氏が主張されるとおり 日本の欧米志向というのは 異常とも思える節があります。 英米語が上達しない日本人は 劣等生・落ちこぼれ あるいは 下等人間の扱い・視線を受け、日本語をひとことも覚える気も無く 日本各地を臆面もなく ”Can you speak English ?” で 当然の如く闊歩する欧米人に対して 申し訳なさそうに おどおどしながら 迎合する 日本人の態度(仮に欧米人以外の タイ人・タイ語だったらば どう対応しているの ?)。 日本に在住する欧米女性は 英米語が話せる「賢い」人間として 日本各地で 英米会話教室の「先生」として 小遣い・アルバイト代が保証され。 タイに旅して日本語で「安い」を連発する日本人、日本に滞在するアジア女性全員を娼婦の視線で見下す日本社会、等など。
  • そう言えば かつて 観光ビザで入国し 行方不明になった六本木ホステスが 「元スチュワーデス」として日本で報道し続けられ 駐日英国大使館も巻き込んで 外交問題化までした 英国女性が いたね。 仮に 英語が不得手なアジアのタイ人女性だったら どうなっていたの ? タイ女性だったら 新聞沙汰にもならず 自業自得と無視されたの かなぁ。
  • 仮に 何かの拍子で タイ国が 世界の経済大国に変身したら どうなるの どうするの。 この本での そんな 岩城氏の提起は 多くの日本人に 国際感覚の 現在のあり方について 疑問を投げかけています。
  • 一方で 欧米人・欧米文化の 優等民族的行動・立ち振る舞いにも 苦言を呈している気がします。 加えて それを無定見に 欧米文化を上等として 容認し、受け入れる日本人の文化意識にも 問題提起を。 英語が話せる欧米文化・欧米人間が上で 貧国・途上国の文化・人々全てを 自国・自分より下と捉えていると 誤認されかねない日本人意識に。 ちょっと 卑屈過ぎるのではとも思える程までデフォルメ して書いています。最近の 日中摩擦も 源は 同根 なのかも とも。
  • ある会合で、これからは国際化の時代として 一番近くの外国である 韓国のある都市と姉妹提携した 九州のある町長に会ったが 「うん なんとしても英語が話せる町民を増やさなければ」と 公言していた。 ??? だったら まず 韓国語教育ではないの ??? 
  • 現在の世界同時多発テロも 見方を転じれば 自国の文化を唯一として 植民地支配時代の如く闊歩する  こういった長年の 欧米人の認識、行動に対する反発では とも 思える。 NYのテロ事件以降 米国の旅行会社が 米国人が海外を旅する際に留意すべき事項をまとめたと聞いたが 多分 ハナモチならぬと現地人に受けとめられる言動を列挙しているのだろう。
  • そう言えば 現在の「グローバリゼーション(globalization)」という言葉は 価値の押し売りという意味で 昔の「プランテーション(plantation)」と同意語だという学者にも 会ったことがある。 アヘンが ドル・英米会話に置き換わっただけか? FREE・FAIR・GLOBAL(FFG)、円(YEN)の国際化も なんのことはない 欧米の円(日本経済)侵略戦略(モグラたたき)ではなかったの ? (本当は 違うけどね)
  • と 言って タイ通の氏は 欧米人が日本で振る舞っている性質の悪い言動が そのまま 日本人が タイで アジアで 現在も 振る舞っている言動に ダブラせているのだろう。 経済大国=文化大国では ないよと。日本人さん たっぷり 自戒してね との メッセージとも読み取れる。 欧米→日本、日本→アジア そんな 上下構造から発する 見下す構図は 止めようね。 最近 カンボジアでは タイ→カンボジアとする タイ人に対する反発行動が 起きている よね。 といっても まさか 日本では 鹿鳴館時代からの長い歴史があるから 欧米製品・欧米人ボイコツトなどは 絶対 起きないと思うけどね。 
  • それにしても 現地相場の数倍もする日本人価格の欧米品=ブランド・高級品=良質=高額 と 「ブランド品」と認定する、一方、アジア産品=低質=安物 として 「アジアン雑貨」と位置づけてしまう 日本の風潮には 疑問は 私も感じています。 勝った 負けた ではないよ、、 この世は。。   正しく相手を 素直に 良さを 評価(apreciate)するセンスを育むマインドを意識することが、世界の中で 日本社会が 特異と 写らなくなるステップと 思うのだけどね。 自分自身に不安を持ち自信の無い、自分を自分で認めていない・評価していない そんな日本人個人は 日本社会の中でも 浮き上がっている よ ね。
  • でも この本を読むと タイの仏教行事である ソン・クラーン、ローイ・カートンが クリスマス・パーティーに 日本で 取って代わったら ? そんな想像も して見たくなります。 しかし この本の 製本はヒドイ。読み始めると 直ぐ ページが バラバラになった。この感覚も かな? 最近でも バンコクの本屋で 見掛けたことがありますので まだ 手に入る本と思います。
音楽 TOP laos trvel