Country

"The Foreign Businessman's Guide to Doing Business in Thailand" の副題。
現地人雇用の際の 人間関係を中心に 言葉、文化、しきたり等の「HOW TO」本。

タイ文化・タイ人を知る一助。ビジネス本で 何事もまず最初に 
受け容れる・認めるところから始まっており 
日本のサラリーマンには抵抗感のないタイ文化論。

タイ異文化との付き合い方の"do or do not"本。同様の各国版がある。
巻末に 5つの選択肢から あなたはどう対応する式の
20の「cultural Quiz」 がある。 あなたは ? 
回答毎に ベスト、ベター、ノーグッド、バッド等々 点数がつく。

あって悪い本ではないが 
おまりにも 白人特有の高い眼線が 鼻につく。
   例    
「タイのお寺に行った時 食事をしている村の人達から 食事を誘われた。
不衛生で あなたの嫌いな料理である。

さあ あなたは どうする ?」

選 択 肢
  1. 食事をしたばかりと嘘をつく
  2. 時間が無いと言って失礼する
  3. その料理は嫌いだと言って食べない
  4. 早くその場を逃げるため 少し食べる
  5. 誘いが聞こえぬフリして急いで去る
タイ東北・スーリン県、最近はカンボジアで 
絹絣での「村おこし」を指導する京都の染織家。 
クメール語で 織りは「トーバン」、シルクは「ソーット」、織機は「ガイ」、絣は「ホール」。 

カンボジアは 「ピダン」と呼ぶ"絵絣"が伝統だか 戦争での文化の中断現象のため 
この伝統を継承しているのは 70歳以上。

蚕を育む桑の木の栽培から復活させている。
 著者のHP
革命時代に多数の被害者を出した ラオス東北地方の
モン(中国名:苗族)族の藍染めと刺繍見聞記。
村に入りこみ モン族の言葉も駆使する 38歳の著者。

現地人を 素直に 水平の目線でルポしており 厭味のない逸本と思う。 
著者のHP
音楽 TOP laos trvel