Cooking
ラオス・ウドムサイからルアンナムタに向かうミニバスの中で 
前の席の若い女性がおいしそうに薄皮を手で剥きながら 食べていたので 
ルアンナムタの市場で探し見つけた。

蕪(カブ)と梨を足して2で割ったような味がして 道端の露店でも売っているので 
喉の乾きを癒すには安くて手軽。

でも 他が手元にない最悪の状況でなければ 私は手にしない。

ラオス語での確認は失念したが タイ語では「マンゲオ」と言い 市場で良く見かける。
「うつむいて、そんなに急ぎ足で通りすぎないで・・・。」のワッサナさんの料理教室にも通い タ
イで食べるだけでなく 独自の発想で日本でタイ料理に挑戦。 

例のソムタムの材料に 青パパイヤの代替に ダイコンでもなくセロリでもなく 
生のニンジンかインゲンが一番近いと発見するまで 何種類もの野菜を無駄にした・・・とか。 

私は 「切り干し大根」が最適との主婦にも会ったが。1996年8月発行。
日本語上の タイ文字は 「クルァ・タイ・コン・ワサナ」と発音="ワサナさんのタイ家庭料理"。 
日本人と結婚し 東京在住15年の方で 料理教室を主宰。 

ソムタム、ナムトック等 タイ東北地方料理の作り方も。
ワサナさんのHP or  ワールド
英語のタイ料理本は豊富で バンコクの高級書店では メインの陳列棚に置かれている。
現地人では買う気も起きない高額商品。バンコク在住の外人御用達なのだろう。 

私は タイ料理では 蟹の料理 ”プー・パット・ポンカリー”が好きだが。
田舎の市場で良く見かける 米の販売風景1KG当り 20バーツ(60円)程度のもの。
カウ・スゥアーイよりは カウ・ニィヤウ(もち米)が好きです。

 ピン・パーか ピン・カイを指で つまみながら 一緒に食べると 何とも言えぬ情緒が広がり 
思いっきり辛くて 涙・汗が滲み出てくるソム・タム(タムマックフーン)も 懐かしい味だ。
絹糸を紡いだ後の蚕を ナンプラー炒めにして バンコクの屋台で売っていた。
殻が若干硬く 中味も乾涸びており 干物蚕の感。香ばしい味。
20バーツ(60円)で たっぷりの量が買えるので お試しあれ。

ラオスで 紡いでいる鉄鍋の横で できたての「釜揚げ黄金蚕」、
タイ東北地方で 中味の柔らかい食感がまだ残る 「一夜干しの蚕炒め」も 
食べた経験がある。
語学 TOP 音楽