東南アジアの写真集

旅をする時には デジタルカメラは持ち歩きますが あまり 写真を撮ることには意識を集中しないことにしています。
人々との 触れ合い、光景をじっくり見つめ 目に焼き付けるように意を注いでいます。

で 風景等は 素敵な技術・構図のプロのカメラマンによる写真集 あるいは 絵葉書を 買い求めるようにしています。

タイ東北(イサーン)写真集

撮影・文;BEN DAVIES
発行;LUNA PUBLICATIONS

30cm 縦28cm 全144ページ。タイ東北地方を 観光ガイド・観光遺跡名所の紹介ということではなく 
人々の暮し・生活が たっぷり盛り込まれた写真集。
副題が FORGOTTEN PROVINCES OF THAILAND。洗練された素敵な文章です。

FESTIVALS OF THE NORTHEASTの章が 私は 一番 好きです。バンコクで 1000バーツ程度で 買い求めました。

メコン川写真集

撮影;ALLEN W.HOPKINS
文;JOHN HOSKIN
発行;POST PUBLISHING COMPANY

1991年バンコクでの出版。24cm 縦31cm 全232ページ。
中国、ラオス、ミャンマー、タイ、カンボジア、ベトナム6か国を流れる4200km
メコン川流域の町、人々を 歴史を交えて 写真・文で綴る 写真集。副題が A RIVER AND ITS PEOPLE。

わずか 10年ほど前の写真集だが 今となっては既に 失われた光景も見られる。
でも メコン川の流れ自体は 何千年も 変わっては いないみたいです。
製作者の意図が明確に伝わってくる 洗練された写真構成と思います。
バンコクで買い求めたが 値段は忘れました。今でも バンコクの書店では売られています。

ビルマ(ミャンマー)写真集

撮影;JEAN LEO DUGAST
文;JEAN YVES MONTAGU
発行;EVERGREEN(1998)

表紙カバーはイタリア語。本文はイタリア語が英語に翻訳されている。全159ページ。24cm 縦31cm。

有名観光地だけではなく ミャンマー全国各地が紹介されていて 写真の数が豊富。本文の記述も詳細で 
写真集というより 目で見る観光ガイドブック的な存在。ミャンマーの素朴な雰囲気が伝わってくる本。

メイッティーラが craftworkのtrade centerで ロンジー生産のメッカとの記述があるが ???。
バンコクで 700バーツ程度で 買い求めました。
この種の本は 重たいので 書店から 直接 日本あてに郵送してもらう手続きをすることもあります。

ラオス写真集

撮影;BERNHARD SCHMITT
文;JOSEPH R.POUVATCHY
発行;INFO VERLAG

ドイツで発行された2001年刊の比較的新しい写真集。176ページ。
27cm 縦24cm。独語、仏語、英語の三か国語での表記。
東部・西部地方の写真は無く 南部地方も20ページ程度で 
ヴィエンチャン、バンヴィエン、ルアンパバン、シェンクワンを主体に構成。

ドイツ人撮影とは思えない程(偏見?)の優しい目線の写真集です。 バンコクの書店で 1300バーツ程度。

gallery TOP biblio