Bibliography 02
ラオスのある店のデモンストレーション用で たかだか24ページの冊子だか
 カラー写真が豊富で ラオスの織物を 現地人の感覚で把握できるもの。

以前 私は ラオスショールを「パーヴィャン」として 
一括りに捉えてたが 40X200cm程度の「パーペイ」と 
布の両端の模様が違っている「パーカンスゥン」に分かれることを この本で知った。
1996年発行 全87ページ。 ラオスのサイヤブリ・シェンクワン県に住む
モン族のバティツク(batik・蝋防染による模様染め)の模様集。 バンコクで 295バーツで購入。 

余談だが 人文科学(文化)系素養人間は「染め」模様(後染め)に惹かれ 
自然科学(理科)系素養人間は「織り」模様(先染め)に惹かれると 
聞いたことがあるが 私は 若干納得の感をしている。
2000年の8月 成美堂出版発行 1200円。いわく 「家具がそれほど発達しなかった
代わりに発達したのが手織りもの」「収納家具の変わりに袋をもち 
パーテーションの代わりに布で空間を仕切るなど」。
家具・食器 それと西南アジアの敷物が主体の構成。
英語本だが いきなり191ページ目から始まり 241ページで終わる冊子。
 元々ドイツ語のどこかの本を抜粋したものだろう。 インドネシア・バリ/テンガナン村の
「経緯絣=グリンシン」についての 生活・冠婚葬祭面での詳細記述。

白黒写真だが 「これぞグリンシン」、テンガナン村の風俗の写真が
豊富に掲載されていて 大変 貴重な資料である。
gallery TOP biblio