「Lao Textiles and Traditions」  1996年 Oxford University Press発行 全82ページ。、
ラオスの絹・綿の紡ぎ、染め、織りに加えて 生活・宗教等文化背景にも詳細に言及。

ラオス織物 染め織りの定番の入門書。 
バンコクで 595バーツで購入した。  このHPで 一部を日本語に置換えている。
1985年発行 全116ページ。インドネシア・イカット(かすり)の小冊子。仏語。
50ページ程度で 白黒写真が中心だが インドネシフア各島での1970年代の
染め織り手法・生活習慣の豊富な写真が貴重だ。

フランス・ローザンヌ美術館の調査報告書のようで 
バリ島で見つけたが 非売品かも知れない。
1991年発行。 タイ東北地方で織られるキットとマットミーの模様図鑑。タイ語。 
僅か110バーツ(330円)の本だが タイ語で 絹絣関連の専門用語を 
全般的に確認できる本は タイでは 本当に少ない。田舎の小さい本屋で見つけた。
2000年12月発行。 全127ページ 3,800円と高価な割には 
東京・京橋で画廊を経営する著者のマットミー・コレクションを脈絡なく羅列しただけの本だが
 マットミーをテーマにした出版物は 日本では初めて。
著者後記には どこかの書籍 で見た文章が使われている。
 1997年 シンガポール・ペリプラス社刊。観光地・バリ島を一切無視して
バリ以東の島々onlyの旅行ガイド カラー写真も豊富で 
文化・歴史・生活面の記事も丁寧で 旅行中の読み物的なガイドブック。
1998年11月発行の 最新版の定番ガイドブック 「lonely planet」。
幅広い内容で利用価値は高いが ラオスの社会・経済情勢の変化が激しく 
早くも 時代遅れの部分も数多くなってきた。
下にメッセージが出ます
ラオス政治情勢が沈静化してきた頃の1991年1月発行。 
写真主体に編集したフロンティアという 「地球の歩き方 姉妹版」。 
ビザ発給厳しく 外人の移動が許可される地域も限定されていた頃の本 で 

500キップが 最高額紙幣として89年3月発行されたとの記述は 隔世の感。 
2000年の6月に「地球の歩き方 111 ラオス」が 初めて発行された。
1994年1月 初版発行本。 上の第3版の350ページに較べて
200ページ程度の ささやかな厚さ。開通したばかりの メコン川友好橋を渡りに 
ヴイエンチャンに向かう途中 タイ国際空港で 市中の本屋より 
かなり高い値段で 購入した。
biblio TOP 語学