ひとり旅で起きた危険・ハプニング タイトル
 
ひとり旅での出来事です。素敵な織物との出会いを求めて ひとりで あちらこちらを旅しますと 移動する、泊まる、食べる、両替・支払う 等々の場面で 通りすぎてしまえば 笑い話になるような 色々な性質・度合いの「危険」に遭遇します。 何かの節に思い出す度に 書き込んでいます。 そんなこと 当たり前でしょう お馬鹿さん などと 軽蔑の眼差しで お読みください。( by Isaan )
もどる
01 野良犬
 小さい時 犬に追いかけられて 恐怖の余り 逃げ場を求めて 川に飛び込み 近くの家の子供が 全員女の子だったことから 女の子の服に着替えさせられて 家まで帰させられたハズカシサが入り混じり 今でも 犬とは親しくなれないでいる。 これが野良犬であれば さらに 文字どおり 私とは 「犬猿」になる。 番犬の落ち武者とは考えられないが タイ 特に 都会では エサが豊富らしく あちこちに 野良犬が徒党を組んで タムロしている。 ラオスでも ミャンマーでも。
 細い小路での遭遇、特に夜間は 私には 恐怖感・危険度はMAXだ。
02 野良犬
 犬に狂犬病の予防注射が徹底されているハズもなく 旅前のワクチン予防接種も 効果が出るのは数ヶ月後のようで無意味と聞いている。 何よりも 一人旅での旅先での 無用の怪我は回避したい。 旅の全てを台無しにする。 最大の危機は 夜中に バンコク・ファランポーン駅と高速道の間のエリアを歩いていた時。 20数匹の犬が こちらの方向に移動しつつ 2グループに分かれて 暗闇の中 低い唸り声を挙げて睨み合いの最中だ。

 一瞬 身体が硬直。 「トバッチリなんて勘弁してよ」  逃げるが勝ち。 犬なんか恐くない お前達の存在には気はついていないよ たまたま もう引き返そうと思っていた・・ 

 どんな名優でも不可能と思われる 一世1代の演技を 瞬時に 犬の皆様に 披露することに。
03 野良犬
 決して 犬の皆様の小競り合いを邪魔することなく 静かに その場を立ち去ろうとした時 一部で衝突が発生。 「キャイン」の後に 追いかけ合って 当方に近寄って来るような殺気。 多勢に無勢。 慌てず走らず 明かりの点いた家へ一目散に。 その家の住人は 慣れたもので 近くの石を取り上げ 犬の集団に向けて一投。 全ての犬が退散。 私にとっては心底 事無きを得た感。

 タイのお犬様連中は 人間の逆襲には 痛い目を身体で覚えているようで この投石という方法が 何かの時には 極めて有効であることを あちこちで 経験している。 石を投げるフリをするだけで スゴスゴと 捨てゼリフならぬ 捨て吠え の余韻を残しながら 潔く 退散していく。
04 野良犬
 タイの田舎で 安定的にエサを提供されるという意味では飼い犬だが ほとんどが放し飼。 ある時 バイクの後に乗っかり移動していた時 一匹の犬が 猛然と吠えながら 走るバイクに向かって 敢然と襲いかかってきた。 いかにも 私の脚を狙っている風にしか 私には感じなかったが。

 聞けば 昔 バイクに跳ねられた 苦い経験をお持ちの犬で その後は バイクを敵視しているとのことで 決して人を噛むことは無い由。 でも この種 行動をする犬には 結構 出会っている。事故関係の犬が 多いのだろう。
05 野良犬
 バンコクの日本語紙「バンコク週報」の最近の記事に タイの狂犬病のことがありました。
現在も タイ全土で年間約50人 バンコクで20人以上が感染して死亡しているとのこと。 バンコク市内の犬の数は約50万匹で 野良犬は 10万匹。 1980年代には 全土で 370人をピークに 毎年200人以上が死亡していたとのこと。 

バンコクの私立病院によれば 「犬に噛まれた」という邦人旅行者が毎月 数人は訪れる由。 決して 油断めされるな !!!
  (「バンコク週報」の購読は 東京オフィス 03-3325-3616 へ ご照会下さい)
06 夜道
 日が落ちてから町を歩く時は 地方では懐中電燈(ペンライト)が必需品となる。 現地の人は この種の道具は 勝手知ったる道であり 全く不要らしい。 懐中電燈の明かりは 「私は この町の者ではありません」と宣伝しながら 歩いているみたなものだ。
 ただ 街路灯もない地で 格好つけて電燈無しで 歩き回ると 文字通りの「落とし穴」に 遭遇する危険がある。 排水溝のある歩道は 覆いが破損、陥没が多く 夜道では 片足を突っ込み 良くて切り傷 最悪 骨折もありうる深さ。 よしんば 幸い 怪我を免れたとしても 悪臭の汚れは避け難い。

 雨期などには あちらこちら 大きな水溜りが 道路幅一杯を占領することもあり 灯かり無しでは どこかで餌食になること請合い。 乾期でも こんどは 大きな 新鮮な牛の糞に スリッパの片足がズッポリとの危険も。

 どちらにしろ 命に別状があるもので無く 旅の想い出ではあるが。
07 交通事故
 毎年4月に行われる「水掛けまつり」(タイではソンクラーン)は 交通事故頻発の様子。 今年のソンクラーン連休期間中に タイ全国で 死者531人 負傷者3万人超との政府発表。 確かに 運転中の車、バイク目掛けて 容赦なく バケツ一杯の水を浴びせると 何が起きても不思議では無い感じがする。
 また 水の洗礼を極力 最低限に押えようと 急にスピードを上げるドライバーもいて 危険度は一層高くなるようだ。 この状況に 政府関係者は頭を痛めているとのことだが お祭りは どこの国も 結果を気にせず フィーバーするのが 楽しむ道。

 どうせ阿呆なら 踊らにゃ ソンソン。
08 運転スピード
 タイのローカルバスには スピードメーターの形跡はあるが それが稼動しているバスは見たことがない。 というより オイルメーター始め 全てのメーターが故障して稼動していないというのが正しい表現。 それ程年代物ということだ。
 メーターがなくとも エンジンと車輪があれば 車は走るということを実感するが 何となく不安を感じる時がある。 途中でガス欠は無いのだろうか? スピードの出し過ぎは大丈夫なの? でも 燃料タンクに木の棒を入れて確認している姿を何回か見ているし 年代物バスであり エンジンの力は衰えていて それ程スピードが出るハズもない。 生活の知恵の中で それなりに対応しているのだろう。

 でも 追い越しのため スピードを目一杯上げて 対向車線に出た時 対向車が「急接近危険」意思表示のため ヘッドライトの光を激しく上下させる際には 一瞬 目をつぶる時も。 タイは結構 手荒いドライバーが多く バスに乗っている途中 何度か 衝突事故を見ているし 道路の上に犬の死体も 良く みかける。

 いつか 乗っているバスの衝突事故に遭遇するのではとの思いは強い。
09 バスで熱湯
 6、7年も前のことだが タイの東北地方、ウドンターニから サコンナコーンに向かうバスで 熱湯を浴びたことがある。
 タイ語の読みには まだ 自信が無い時期で、タイ語でしか書かれていないバスの行き先表示の確認に不安があり また 行き先と終点が同じであれば まだ 心の余裕も出るが 途中下車となると 不安が倍増する。 そこで バスの中で 一番偉い人はドライバーだ と言うことを生活の知恵で感じており できるだけ ドライバーの側に席を確保するようにしていた。 そうすれば 一々 確認の質問の声を発する必要もなく 不安の目線を流すだけで まだまだ とか ここだよ とか もう少しだよと 伝わってくるので。

 相当に旧式のバスなので その席の場所は だいたいエンジンの真上あたりになる。 ある時 思いきり バスがバウンドした。 その瞬間です。 熱湯が下から飛び出してきました。 なんとか ズボンだけの被害で 抑えきりましたが 熱いこと 熱いこと。 火傷で軽く肌が赤くなりました。
 水冷エンジンだったのでしょう。 冷却用水が エンジンの熱で 熱湯になっていたのだと思います。 さすがに 今はもう こんな経験はできないと思いますが。 でも 今でも 長距離バスて 後にあるエンジンルームに ホースで水を流し込んでいる姿とか ボンネットのドアを 開けたまま走っている姿を見ます。

 外気温度が 常時30℃を超える中を走る この国のバスは 色々 工夫があるものと感心します。
10 パンク
 バスで移動すると しばしば パンクに遭遇する。
 さすが タイでは 道路事情とタイヤ・チューブ等の装置が 急速に改善されていて 最近は めったに見かけないが ラオス・ミャンマーでは 日常茶飯事の出来事で 乗客も鷹揚である。
 取替え用に積んでいるタイヤに交換するスピードは手慣れたものである。 運転手以外の乗務員が多いのは 色々な事情があるのだろうが このパンクの修理の際には 乗務員の「数」が 力(ちから)をフルに発揮する。

 ミャンマーでの出来事だが パンク発生が 直ちに乗客の知れるところとなったが 日陰と水が確保できる場所まで カタカタと軋り音をたて しばらく 走り続けて修理を始めた。 民家のトイレに走る女性 水をいただく乗客 大きな木の下の陰で 体を休める乗客 その間 約1時間程 バスの回りを囲みながら 談笑しながら進行状況を見つめ 修理を見届けてから おもむろに バスに乗り込み 何事も 無かったかの ように 走り始める。

 パンク、ギアの故障、エンジンの不調 なんでもアリの旅だ。
 このページの先頭に戻る
11 お尻の打撲傷
 タイでは かなり減ったが ラオス、ミャンマーでは まだ主流と思える 所謂バスではなく 荷台に木のベンチをつくり 幌を付けたトラック・バスに乗る機会が多い。 命に別状がある訳でなく 危険とは言えないが 相当の注意を要する。
 凸凹道を通ると トラック丸ごと宙に浮き 着地の際の対処を間違えると お尻・臀部の打撲傷に悩まされる。 1、2時間程度の乗車であれば 楽しみで済むが 10時間余りも乗ると 集中力が途切れ 必ず これまでの人生では経験の無い お尻打撲傷に患わされる。 到着後 食堂の椅子に座った時には その余韻をたっぷり味わうことになり ビールの酔いで 紛らわすしかなくなる。 

 突如のスコールには 対向車の水しぶき、 陽が落ちてからは 風の寒さ、足の前のスペースに置かれた荷物との陣地取りゲーム、大型車の後に付いた時の土埃、、 一瞬も気の休まる時間は無く 心地よい眠りを得るなどとは 10年早い。

 さすが 現地人は 爆睡とも思える眠りで 余裕たっぷり。 だが この対面式のトラック・バスは 乗る時間が長い程 見知らぬ現地人との お付き合い・触れ合いが 深まる。
12 エンスト
 バスに乗って パンクはスペアタイヤに取替えれば解決するが エンジンのトラブルは 旅の不安が倍加する。 何度か立ち往生した経験がある。 途中に修理工場、営業所があるハズもなく 助っ人は期待できない。 ほとんどがギアか ブレーキの異常だ。 タイでは まだ 携帯電話が普及しているので そのうちに 仲間が駆けつけるかもと 「マイ・ペーンライ」の気持ちが保てるが ラオス、ミャンマーでは 運転手が全ての頼り。 運転手の修理で 完全に回復した場面は 見たことが無い。

 道路を走ってくる数少ない車に頼んで乗せてもらうか 運よく とりあえずの町までの別のバスが通りかかるか 解決方法は これしかない。 別のバスに乗り移る場合 料金はどうなるの ? 乗った時に 目的地までの料金は 払ったよ、全額返してよ、ここから先の料金分だけでも返してよ・・・
 でも 日常茶飯のケースなので 双方の運転手間で取り決めがあるみたいで 追加料金を要求されたことは 一度も 無い。
13 木の枝
 トラックバスに乗ると 充分注意しなければならないのは 道路沿いの 木の枝だ。 山道を通る時 道路まで はみ出した木の枝を トラックバスが押しのけて 前を進む。 木の枝は フロントガラスを ゆっくり通りすぎ サイドガラスを 舐めて 荷台の所まで 進む。 この間に 木の枝は たっぷりタワミ あたかも 鋭い しなやかな 鞭(ムチ)に変身している。

 遮る物が無くなる荷台のところに 来ると タワメられたエネルギーは 思いきり解き放たれる。 バシーッ。 上半身を屈んでいないと 頭 頬に 鞭の線を 旅の思い出として 刻み込まれる ハメにも。
14 バスのシート
 旅の途中で「危険」に遭遇する場面は − 移動する、 − 泊まる、 − 食べる、 − 払う がほとんど。 とりあえずは 「移動する」の場面を 書き続けます。
 タイのローカルバスに乗ると シートに悩まされることがある。 多分 新車当時は高級観光バスであったのが 古くなるにつれて段々田舎に流れ落ちて くるのだろう。 ローカルバスに当初の原型を留めているシートは見たことがない。 床に固定された鋼製の台座は残っているが その上に乗っかるシートはカバー、スプリングが破壊され シート丸ごと取替えられている。

 この取替え用のシート製造場面を見たことがあるが 木枠にベニヤ板を乗っけてビニールのカバーを貼りつけただけ。 それを木ネジで鋼製の台座に取り付けるから 台座と木ネジとの長年の喧嘩により 必ず 木ネジがシートの木枠からハズレル。 とすると 台座の上にシートが置いてあるだけの状況に。

 車の振動と身体・お尻の前後左右の動きにより 突然 シートが台座から滑り落ちる。  ガタン。 バスに乗った時は 出きる限り シートが台座にしっかり固定されている席に座るようにしている。
15 おいてきぼり
 長距離のバス、トラックに乗ると ドライブイン的な場所で 昼食・夕食・軽食休憩がある。 トイレに行き 食事を取ることになる。 これが 難儀な場合がある。 今は 慣れたが はじめの頃は 不安だった。 というのも 何分休憩 何時出発のアナウンスが全く ないのだ。 立派な高額長距離バスではないので 出発する時の人数確認なんかも 見たことがない。 こんなところで 置いてきぼりを 食らったら シャレにならない。 そこで 生活の知恵を発揮。
 バスから降りて 運転手の側にくっつき続けるか 常に 運転手の居場所を目で追い続けるか だ。 この種のバスは 誰でもなく ただ運転手のみが全ての差配をしているというのを 感じていたからだ。

 運転手が おもむろに バスに近づき歩き始めると 出発だ。 その雰囲気を感じた時点で それーっ これで 全てが 解決した。
16 トイレ・タイム
 バスで移動する時に 必ずご厄介になるのが トイレだ。 乗る前には事前の準備は怠りなくするのだが 到着予定が全く不明なルートの時には 都度 機に対応しておく必要がある。 立派でなくとも トイレらしき建物がある場合は まだ ましだ。 ラオス、ミャンマーの田舎路線では ほとんどが 草薮の茂みで代用される。 男性の場合は見慣れた風景だが 女性の場合も 老若問わず 地元の人達は 何の違和感もないようだ。 茂みの奥の方に向い 突然 頭が 消え去る。 ただ 男性の場合も 少し 留意すべき事項がある。

 トイレ休憩は なぜかしら ほぼ 同じ地点となるらしく 先客の残し物が 所構わず 残存しており 油断すると ・・・・・。
17 空腹
 長距離を トラックバスで移動する時には なんらかの軽食の用意が必要である。
 途中で 売店、商店、食堂を見つけることが 困難な場合が多々ある。 現地の乗客も何等かの軽食は手持して乗りこんで来る。 まあ 体力を温存して 椅子に座っているだけなので 空腹感に苛まれることは少ないので 過敏になる必要はないが 後日の体力消耗が気に掛かる。

 ラオスでバスに乗りこむ前に調達するのに手頃なのが 1個 1000キップ(13円程度)のリンゴ、南部では 真中を割いて コンデンスミルクをたっぷり垂らして沁み込んだ フランスパンのバゲット、北部では 竹筒にもち米と砂糖、ココナッツミルクを詰めて 火の周りに置いて加熱したカオ・ラーム だ。
 竹の部分を手で裂いて もち米部分を出して食べるのだが 加熱した後のカオ・ラームの竹筒の皮を裂けやすいよう ナタで 薄く削いでいる売り子の姿を良く見かける。
18 土埃の襲撃
 バスで移動する時に 土埃の襲撃に悩まされ続けることがある。
 荷物運搬の大型トラックが前に走っていたものなら それは スゴイ。 未舗装、道が細く 簡単に追い越しなど出来ず 延々と前のトラックが舞い上げる土埃の餌食となり続ける。 バスの方は 10分でも一旦停止して やり過ごすということを考えても良いものだが 乗客全員が こんなもの と思っている節があり だれも 提案する者はいない。 ラオスの”フェーサイからルアンナムタ”、”サバンナケートからパクセー”、ミャンマーの”ターズィからタウンジー”が 最悪の経験で 丸一日中 土埃の歓迎に会った。

 ルアンナムタに向っていた時には 途中 村人が 水浴びをしている小川を通過した際 運転手に無理を言って 停車してもらい 顔と 上半身を洗った時には 誠に スガスガしい感触を味わった。 他の乗客も 跡を追って 同様の行為に出た。
 到着後のG/Hでは 何度も 身体全身に水を浴びても 赤い水となり また 着ている衣服の洗濯にも 相当の体力を要する。 (サバンナケートとパクセー間は 2002年3月6日に舗装工事が完了した模様で 快適になったハズ)
19 女性の髪
 バスが終着点に近づくと おもむろに 近くの女性が バスの中で 髪の毛を梳かし始める。
 長い髪だと 私にも災難が振りかかることがある。 周りの人間の存在は完全に無視されている。 さてさて 素敵な彼氏の出迎えに対する準備作業、身だしなみなのだろうと寛容な気分で 見つめることがあった。 何度か この場面に遭遇したが 誰の迎えも無いことが多々で 必ずしも 彼氏の為だけでは無いようだ。

 バスの道中 髪に降りかかった土埃、汚れを 下車前に とりあえず 櫛(くし)で 髪の毛から 取り除くというのが どうも 主な 真相らしい。たしかに 細かい土の粒子が 髪に絡みつき バリバリとなっている。
20 とばっちり
 ラオスのトラック・バスでの出来事だった。 例のごとく 足元には 乗客の荷物が 幾重にも積まれていた。 座席(ベンチ)の下のオイルタンクが 車の振動と共に 注ぎ口から 液体が飛び出してきて 私のリュックが濡れてしまった。 焦りましたよ。 注ぎ口は キャップ等があるはずもなく ビニールの袋と輪ゴムで止めてあるだけだから無理も無い。 こんなこともあろうかと ビニール袋で しっかり包んではいるが リュックの中には 大切な織物が入っている。 

 ガソリン等オイル系であれば 匂いの付着などを 恐れた。 あわてて 首に巻いたタオル(汗拭き兼粉塵除け)で 液体を拭い去る。 でも 何か 匂いが違いました。 ラオスの焼酎=ラウラーオであった。
 このページの先頭に戻る
21 きっぷ検札
 バスに乗って 購入した切符の保管に戸惑うことがある。
 トラックバスでは めったに 切符などと言う代物には まず お会いしないが(降車手前でのニコニコ現金払い) そこそこの中距離バスでは 乗車前 あるいは 発車直後に 切符を購入させられる場合が多い。 発車後 しばらく すると 切符販売担当とは 別の担当乗務員が 切符確認に席まで訪ずれ 切符の一部を指でカットしていく。 切符は チラシ(使用済みノートの場合も)を小さく切って 担当がボールペンで料金数字を書き込むだけのものもあれば 例のブリキ製円柱から巻き出した切符もある。

 この取り扱いに悩まされることがある。 再度 検札がある場合と 無い場合があり、終点間際に回収される場合と 無い場合がある。 色々なことで 乗車、出発の安堵に浸りきってしまうと さて 切符は どこに入れたのかと ちょっと待ってと言いつつ すべての指で あらゆるポケットを 訪れることになってしまう。 

 たまたま 前日の 回収されなかった切符が ポケットに残っていると 思わぬ恥をかくことにも。 でも 回収を免れた切符は 旅の良い記念になる。
22 座席確保
 トラックバスでは 座った席で 運・不運に出遭う。 運転ブースの真後ろはエンジンと排気筒があり その熱は かなりのものだ。 早朝・日没後等 気温の低い時間帯 あるいは 風避けには これが なんとも 快適なのだが 暑い日中では 荷台最前列の席は地獄である。 まともに 熱が体に押し寄せる。 走っている間は 走行中の風が ある程度カバーしてくれるが 運転手がトイレ休憩などの為停車させた時には 地獄である。 振動による振り落としの危険があるので 女性は めったに座らないが 最後部は 景色をしっかり楽しめ 走行中にも タバコも こっそり吸え 乗降時も楽なので 1等席ではある。 だが 居眠りには 不適で 風の影響を まともに受け 体温の維持と目・髪の処置に難儀することがある。

 発車間際に飛び乗ると もはや ベンチ座席には 座れず 荷台の後ろに付いているステップに立ち 腕で トラック幌の棒に すがりつく ことになる。 日本での何ヶ月分もの 筋肉運動を余儀なくされてしまう。 ラオスのナムヌーンからポーンサヴアンに向う時には 荷台の後部開閉扉の上に座るハメになった。そう あの鉄製の細い部分に。 座布団などは あろう はずもない。 

 まともに お尻に 鋭利な 深手の打撲傷を負った。 乗車賃は どの場合も 同じだ。
23 運転助手席
 乗車賃は 割高となるが タイ・ミャンマー・ラオス・インドネシアどこでも トラックバスでの 最上等席は 運転手の隣の助手席だ。 なんとなく体が疲れていて 一眠りしたい あるいは 長時間乗車を覚悟している時などは 座りごこちが良く 実に 快適ではある。 ただ この席は ゲット・確保することは 結構 苦労が要る。 運転手の隣に座り続けるので 座らせる乗客には 運転手の好みが ありそうなのだ。 誰でも ということでは なさそうだ。

 運転手にして見れば ドライブ中に 隣の乗客と 楽しい会話が欲しいのだろう。 助手席をお願いしたときに 体良く 断られた経験があるが 荷台の乗客が少なく 売上げを 上積みしたいという状況では 会話の楽しみは全く期待は出来ないが 金払いの良い 外人旅行客にも お声が掛かる時がある。 というより 強引に荷台席から 助手席に誘導されることも経験している。 車掌兼務の奥さんが 助手席に どんと 座り続けている あまり商売熱心とは思われないトラックバスも。

  綺麗な衣服を着た現地の金持ち風情 それと 若くて可愛い女性は この助手席に 優先的に 座らせてもらえる、 そんな ヒガミを 感じることがある。
24 車酔い
 私は 「車酔い」とは 全く無縁であり 気にすることはない。 トラック・バスでは 車酔いに陥る乗客には まだ 出会ったことはないが 助手席、普通のバスでは 周囲の乗客のとばっちりを 被ったことがある。 ラオスのノンキァウからサムヌアに向う時 素直そうな男の子が乗ってきたので 旅の会話でもと思い 助手席に一緒に乗せてあげた。 しばらくは 楽しい会話が続いたが その後 急に 居眠りを 始めた。 心地よいからだろうと思ったが 数十分後 急に 例の 車酔いの症状を シートどころか 私のシャツ・ズボンにも 撒き散らし その匂いが 運転席一杯に 蔓延した。 運転手は あわてて 車を止め 処理・掃除に 専念した。  私は 余計なお世話を 男の子に したのだと 深く反省を せざるを えなかった。
 ラオスのルアンナムタからムアンシンに向うトラック・バスで 出会った ヴィエンチャンから飛行機で来た 一人旅の日本人女性は トラックの最後部の座席を確保し 近くの男性が 女性は危険だから 中に入ってとの忠告に 私は車酔いするから ここを確保しているとの ゼスチャーを見せていたが・・。 

 タイの方は 良く 車酔い止め効果なのか メンソール状の液体あるいはゼリー状の嗅ぎ薬(ピムセーン)を しばしば 使っている。
25 荷物が落ちる
 タイでは少なくなったが ラオス・ミャンマーあたりでは まだ 荷物をバスの屋根に乗っけることが多い。 ネット・ロープなどで しっかり保持はされているが バウンドなどで この屋根の荷物が ドスンと道路に飛び出す(落ちる)場面を 見かける。 カメラ・ビンなど 荷物の中に 壊れ物などが入っていれば 大変だ。  落ちることは 無いとしても 土埃と直射日光を まともに 荷物が浴びることは避けられない。
 また 到着後 屋根から荷物を下ろす際に 下で 受け止めることになるが 重たいと 受け止め損ない 地上にまっ逆さまに 落ちてしまうこともありうる。

  荷物は 出来る限り一つ、コンパクト、軽く まとめるのが得策だ。 だが 長旅をするうちに 織物が ついつい増えて そうはいかなくなるのが常ではある。
26 バイクタクシー
 ラオス、ミャンマーでは まだ未発達だが タイでは 都会では渋滞回避・スピード優先、田舎では乗客少数路線のバス代替として タクシーがわりの オートバイの二人乗りによる 移動を余儀なくされる。 これが 私には 大の苦手である。 走行途上で 転倒し 血を流している乗客を 何度も 横目にしている。 でも それしか手段が無い田舎では 覚悟を決めて 乗らざるを得ないことがある。

 ドライバーが 走行中に タイ語で話し掛けて来ることがあるが スピードの風で聞こえない時は 危険が倍加する。 会話を諦めてくれれば良いのだが 後ろでしがみついている小生に向って 顔を後ろへ振り向いて どこから来たか とか 何しに行くのだとか 知り合いが居るのか とか まあ 真剣だ。 俺のことは、ホットケ。 こっちを向くな ちゃんと 前を向け 道が凸凹だろうが 穴ぼこに突っ込んだら どうする ばかー。。 50ccで 大型トラックなんか 追い抜くなよ。こらー。。 心で叫んでいる。 汗が流れる。 あげくに 猛スピードの最中 片手を離す ことなんか されたものなら もう 眼をつぶってしまう。 かみさまー。。 タイヤの性能は最悪なのだろうが 雨が降った後で 道が濡れている時でも 猛スピード。 

 おれはよーー そんなに急いでなんか いないからさー スピードを落としてよ。 チャー チャー コートート。
27 転倒する
 初めて バイクタクシーに乗ったのは タイ東北・スゥリンから到着したナコン・ラチャシマーの長距離バスターミナルから G/Hを探すため タオスラナリ像まで移動する時だった。 例のごとく たくさんのドライバーが近寄ってきて トゥクトゥクと思って付いて行くと なんと バイクタクシーであった。 一瞬 たじろいだが いまさら と思い 乗っかった。 重たいバックを背負い よいしょと乗って とりあえずは 安全運転で 像の近くに到着した。 右足を上げ シートから降りようとした時 重たいバックのおかげで 思い通りにはいかず バックを背負ったまま 道路に真後ろに 倒れ カメ(亀)が あお向けになった様になってしまった。

 ヤソトーンでは ウボンから到着したバスターミナルの側の食堂で腹ごしらえをし ついでに食堂の主人に G/Hの有無・場所を尋ねた。 それが思わぬ方向となってしまった。 主人の妹さんが このターミナルで バイクタクシーのドライバーをしているということで 大きな声で 食堂の前まで 呼んでしまった。 大きな荷物があるので バイクでは無理と抵抗したが なんと 小生の荷物を オイルタンクの上に どんと乗っけて 両腕で挟み込んで 運転すると言う。
 そんな危険な。 進行方向が荷物でほとんど見えないよ それに もし 荷物が何かの拍子で動いたら どうなるの。 三箇所目のG/Hで なんとか 値段と部屋が釣り合ったが いざ バイクタクシー代の支払いとなると 相場の3〜4倍の値段を呈示。 それは無いよ と抵抗すると 重たい荷物をオイルタンクの上に乗っけて運転したから その分だとか。 

 おいおい だったら 初めから トゥクトゥクか サームローにしていたよ。。 バイクタクシーでは あまり 良い 思い出がない。
28 バス便が無い
 バイクタクシーは こちらが お客という立場もあり それなりの要求は可能なので 対応策はあるが 手も足も出ないケースがある。 タイの織り地に なんとか バスを乗り継いで とにかく 辿り着いたとして 出かける前に 帰りのバス便なんか 知る由も無いし そんなこと不安がっていたら 相当数の織り地を 一生 無視せざるを得ないたろう。 戻ろうとすると こんな時間(と言っても昼過ぎ頃なのだが)に 町方向へ行くバスは もう あるはず ないよ という悲惨な境遇に陥ることを しばしば 経験している。 もちろん トゥクトゥク、タクシー等の代替手段は無い。 
 なんとか 織り人の旦那・息子・隣人など その村人の善意にすがり付いて バス便がある 最至近の大きい道路まで 送ってもらうことを 模索するしかない。 これが その道路に到着するまで 眼をつむり続けることになる。 四輪車の選択は 論外で 村人のバイクの後ろに乗っかることに。  こちらは お願いする立場であり ただ ただ 村人のバイク運転に 身を任せることに なってしまう。 この時ばかりは タイ人は 全員 暴走族 あるいは レーサーか と 呆れてしまう。 こんなタイの田舎で 転倒事故で病院に担ぎ込まれたくは無い。 乗っかっている間中 祈るしかない。

 織り地には 全ての不安を取り除くため 外人観光客狙いのタクシー あるいは 旅行エージェントにセットを依頼する・金で解決する方法もあるだろうが その種の訪問客には 村人・織り人の信頼は 極めて薄いようで 行ったことがあるだけで 終わってしまう。
29 ヒッチハイク
 お持ちの方は ラオス南部の地図を開いてください。 お昼過ぎ 午後1時頃の サラワンのバスターミナルでのことであった。 パクセーからの途中にある タッロー・リゾートで1泊して サヴァンナケートに行きたいとする うら若き白人女性2人が 大きな声の英語で バス運転手に なにやら 要求をしているようだ。 
 たまたま居合わせた 私が 引っ張り出されて 言い分を聴かざるハメに。 パクセー>タッローと来たが 同じ道を戻るのも おもしろくないので サラワンから 国道23号線を北上して 国道9号線のサヴァンナケート>ラオバオ(ベトナム国境)のルートのムゥアンピンに行き サヴァンナケートに出たいとのこと。 確かに Lonley Planetには ”very interesting route”  との記述はあるけど。

 運転手達は ここからの北方面バスは 早朝1便のみで こんな時刻には 無いし トゥムランまでのバスしかなく あとは 乗り継ぎ・乗り継ぎになる とのこと。その通りを伝え、で 私なりに付け加えた。 多分 道路事情は まったく 不明であり その村その村でバスの乗り継ぎ便があったとしても 本数は少なく 相当の日数を覚悟する必要があるだろうし 英語は まず 通じないだろうし このルートの村に G/Hがあるとも思えず パクセーに戻るのが ベストだよ と。 
 結果は 「もういい それは私たちが判断すること あんたには言われたくない、23号線はハイウェイなんでしょ  とりあえず ヒッチハイクで行くから 北方面の国道23号線を教えて」 との要求。 私の 言い方が 感情を害させる程 よほど ひどかったのだろうか? 

 ホットパンツ、ヘソ出しルックの2人は 国道23号線の道路傍に立ち始めた。 どうなったのだろう。 向かったのだろうか? ハイウェイと言ってもね、?、何事 もなければ良いが。。。
 タイ、ラオス、ミャンマーでも 移動運賃に割高感が無いので ヒッチハイクの必要性は 感じない。
30 自転車タクシー
  バンコクでは 最早 禁止されているようだか 田舎では 自転車タクシーが健在だ。 バイク世代の若手ドライバーは数少なく ほとんどが 中高年だ。 ゴム草履でペダルをこぐ 黒光りした 逞しい脹脛(ふくらはぎ)に感心しながら ゆっくりと進むのは 何とも私には心地が良い。  ただ 長い距離を移動する際には ついつい こちらが気を使ってしまう。 登り坂などが あろうものなら 背中をたたいて 「大丈夫かい ? オレ 重たいからさ そこまで降りて歩くよ」と 声を掛けてしまう。 
 ある時 立ち漕ぎで 必死に登っていた時に チェーンが バスッと 切れてしまったことがあった。 一気の空回りで ドライバーの脚は 空(くう)を切り ペダルに強く打ち付けられた。その苦痛の表情はすさまじいものであった。 ゴメン 私が悪かったよ トゥクトゥクを選ばなかったオレが悪い そんな後悔が頭の中を駆け回る。 

 ミャンマーでも 全く同じ経験をしている。 普通は こういった チェーンに負担が掛かる場面では 体力とは無縁に ドライバーはサドルから降りて押して歩くのが常道のようだ。 タイのサームロー、ミャンマーのトリショー。
 このページの先頭に戻る
31 小銭持たず
  旅のバスで 途中の停留所から乗車した時に 焦ることがある。 バス賃は高額ではないので小銭の準備が不可欠になっている。 その小銭を生憎(あいにく)手持ちしていない時には 紙幣を握って 集金係・車掌の顔を ありったけの恐縮の表情で見つめてしまう。 車掌は 予め発車前に つり銭用のお金を手持ちするシステムではなく 乗客の支払う運賃で お釣りを賄っている。 乗客が少ない場合などには 当方に渡すお釣り分の手持ち金額が無いことも ある。 当方の高額紙幣を受け取ったまま お釣りは 集金が溜まった後でね と 言いながら 別の乗客の集金に精を出しに行く。 時間が経過すればする程、到着予定地が近づけば近づく程 乗車中 車掌の行動を ついつい 眼で追うことになる。 おのー お釣り渡すのは忘れていないよ ね。。。 との眼差しだ。

 ある時には 予定地で下車となったが 当の車掌の姿が消えたのだ。 バスは いかにも 直ちに発車の体。 おーい お釣りーー。。 つい 大声を出して しまった。 5倍もの乗車賃を 払う気は ないよーーー。 ゴメン 疑って。 当の車掌は 当方の下車時までに お釣りが用意出来なくて 停留所近くの商店まで 両替に行っていた のだった。
32 新手料金2倍
 ラオス・ルアンプラバンでのトゥクトゥクのことでした。 この町も 最近は完全に外人観光地となってしまって 仕方が無いことでしょうが 実直なラオス人の中にも (バンコク・ヤンゴンで良く見かける)個人の利益を貪る(むさぼる) 外人一見(いちげん)旅行客目当ての 悪意の商売・行動が顕著になってきているようです。 何度も訪れている織物の村に 女房と2人だったので バスではなく 往復をトゥクトゥクを利用することにしました。 現地人相場より若干高めの値段を申し出てOKとなり 目的を果たし 町に戻り支払いの時点になると 「一人当たりの料金だ」とのスゴミ。

  トゥクトゥクで 一台あたりではなく 一人当たりの料金提示など あろうはずもなく 要は 倍の値段を 要求したのだった。 そう言えば 村で 観光客を乗せた他のトゥクトゥク運転手と話をしていたので その際に そんな知恵を授かったのだろう。 こんな新手が はびこってきた。
33 バスターミナル誘導
 タイで 厭な思い出となることは少ないが 大きなリュックを背負って バス・ターミナルに出向くと 必ず どこに行くのと声を掛けてくる人がいる。 親切に あのバスだとか 後を付いておいでと 教えてくれる。 この人たちは ガイド料として 当該運転手から なにがしかの手間賃を いただいているハズ。 
 ただ 時に 手間賃が多額(?)なバスに誘導することがある。 誘導されたバスでは 直ちに運賃を支払うことはせず しばらくは 周りのバスの行き先表示を見つめることにしている。 確かに 行きたい目的地は通過するので 到着はできるが より 便数が多く そのバスより出発時刻が早く 運賃も安く 結果的に早く到着できるバス便がある ことを経験している。 逆に 長距離バス・ターミナルに出向いてしまって 目的地へのバス便は別の近距離ターミナルということもあった。 

 まごまごしていたら 中長距離のバス運転手に なんとか 途中で降車(本来は通過する場所)させてあげて と 頼み込んでくれた人にも 出会っている。
34 T/Cサイン相違
 織物出会いひとり旅の途中で遭遇する 移動する、泊まる、食べる、払う(含両替)の各ステージで起きる危険・ハプニングを書き続けていますが 泊まる、食べる、払うのステージを 書き始めることができず 「移動する」だけでも まだまだ 書き足りないみたいです。 飛行機もあるし タクシーもあるし 列車もあるし 船・ボートもあるし 。。。 そこで 他のステージの話題を とりあえず 一つだけ 書き足してみます。

 (払う)タイ・国際空港の両替窓口での出来事。 ドルT/Cの両替をすべく 窓口の目の前で 3枚のT/Cにカウンター・サインをして 提示したところ しばしの 沈黙。 結果 「サインが違っているので 両替には応じられない」の言葉。 おいおい。 購入者控えの呈示を要求するでもなく。 裏に 再度のサインを求めるでなく。 NOの一点張り。 CASHも持っていたので イザとなればとのあきらめは ありましたが 既に カウンターサインを行ってしまっているので 帰国してからリファンドするまで このT/Cは 無用の長物 ???   日本から 到着したばかりだよ これからの 旅行費用どうするの。。。 そんなに 不審人物に見えたのだろうか。 結果的に 困ったときの 邦銀と言うことで 翌日 XXX銀行のバンコク支店に出向きました。 

 事情を詳しく話して 購入者控えと 購入計算書の呈示で 無事に両替を済まし 事無きを得ました。 ヨーロッパ系のT/Cのブランドが 良くなかったのだろうか? ラオスでは 外貨支払いのトラブルらしいが 一時期 MXXXXRのT/Cブランドは 一切 両替禁止という ブランド排除もあった見たいだが。
35 深夜の宿探し
 (泊まる)ひとり旅の宿泊では 色々なことが発生する。 我が侭になるのか、その宿泊料金ならば仕方が無いのか、アンラッキーなのか、同宿者の質も影響するし 各国によっても微妙に事情が相違するし 施設、サービス、ホスピタリティーなど 様々な場面・苦境に遭遇する。
 宿探しから始まるが 都会では 特に神経を使う必要は無いだろうが 田舎を回ると 日が暮れて 夜に町に到着する時が 一番 緊張を感じる場面ではある。 普段は その緊張感を回避するため 宿探しに数時間かけてもOKな程度の時間帯に 移動をストップするようにはしているが バス故障などで 思惑通りに 進まなかったことがある。

 初めて訪れた ラオスのとある町では 真夜中の8時頃に到着することとなり トゥクトゥクなど移動手段も皆無、町の地図も無く 街灯も有るようで無いようで 人の通りも皆無。 ハズレなのか中心部なのか 町のどの場所で下車したのかも 確認できない。 行動の拠点・目印になる建物も見当たらない。 このときは 心底 不安だった。 

 家の灯りを見つけると 必死に飛び込んで 宿の有無・方角を 家人に聞きまわった。
 こんな時は 自分の力・勘には 全く頼らないのが 賢明だ。 ただ ただ 皆様の お力に すがる。。 それが 最良の方策だ。
36 ゲテモノ食材
 (食べる)アジアの田舎を回ると メニューという代物が無い場所で 空腹を満たすことが多くなる。 俗に「ゲテモノ」と言う言葉があるが 食べる時は 知らぬが仏だ。 旅では 屋台でも 市場の中の食堂でも 周りの現地人が食べている物には いささかも警戒感は払はず まず食べることにして 全てappreciateすることにしている。 そりゃそうだ。 いちいち素材を聞きまわっても 詮無いことで ゲテモノというのは よそ者の言葉であり 現地人には 常食なのだから。 それと 不衛生という 言葉も封印している。 日本人だって つい数十年前は 同じ状況だったハズ。 

 この覚悟があると 何を どんな場所で食べても お腹をこわすという軟弱な症状には出くわさない。 ただ 市場の中をブラつくと うーん、もしかして等と言う素材に 何度も出くわす。 ラオス北部ベトナム国境の町の市場では 鶏肉と一緒に 犬の頭部が売られていた。 

 正真正銘の犬であって 羊頭「狗」肉では なかった。(こんな諺が中国にあるのだから 相当昔から 犬の肉は食べていた。だから ゲテモノではない。。。。?)
37 右側通行の右ハンドル
 また (移動する)の話題に戻ります。 

 ミャンマーで日本を身近に感じるのが 「車」です。 バスなどは 「富士急行」「伊豆箱根」「○○カントリークラブ」「○○幼稚園」等の日本語がボディに書かれた そのままで 走っている。 日本で廃車になったものを 誰かがミャンマーに持ち込んでいるのだろう。 トラック・自家用車も同じで 「○○運輸」「○○豆腐店」「○○寿司」等の表示と 住所、電話番号が 書かれたまま走っている。 ついつい その写真を撮って 日本に帰ってから その住所あてに送ってあげたくなる衝動にかられる。
 ただ 何故かしら 交通ルールは右側通行で 車が日本式のままなので 右ハンドルとなる。 これが 私には不安感が増すことになる。 前方車を追い越す際に 運転手には 前方車の その前が見えない状態でスピードを上げていくのだ。 反対車線から大型車でも走って来ていたら どうなるの。。。 

 追い越す度に 車掌が 乗降扉から 身体を乗り出して 運転手に 合図を 送っている。
38 エアコン故障
 ミャンマーの夜行長距離バスでの事件である。 綿織物工場のあるバガン対岸のパコクからヤンゴンに戻る時のことである。 バガンをお昼過ぎに出発し 翌日早朝ヤンゴンに到着するバスだが 観光には全く用が無く 通り過ぎるだけなので入域料を払うのは潔しとはせず 現地人から知恵を授かり 役人がまだ出勤前の 朝4時早朝の渡し舟で パコクから バガンに入った。

 定刻の発車となったが 走り始めは 冷房も効き快適であったが そのうち 蒸し風呂化してきた。 カー・クーラーが変調を来たしてきたのだ。 バスの装備は 日本から持ちこまれた高級(?)観光バスだ。 窓全面ガラスで 客席には 外気を入れられる 開閉できる窓が無い。 クーラーが完全停止して 炎天下の密室状態。。。  

 結局 日が落ちて 自然クールダウンするまで その状態。 この時こそ タイで良く乗る オープン・エアコンのバスの便利さが 骨身にしみた。
39 バンコクのタクシー
 タイ・バンコク市内は どうしても好きになれないでいる。 大きな要因の一つは タクシーである。 バンコクのタクシーでは あまり良い思い出はない。 タイ北部、東北部の旅を終えて 国際空港から帰国するため バンコクに戻る際も バンコク1泊は考えず 郊外のランシットでバスを下車し そのまま飛行場に向かうことが 多くなっている。

 バンコクのタクシーも 最近はメーター・タクシーが主流で 相場感の不安、値段交渉の煩わしさからは解放されたが 結構 依然として 曲者(くせもの)である。 確かに 一方通行、右折禁止、時間帯別通行制限、渋滞回避等々 そういった交通事情は想定はできるが 意図的に迂回するタクシーに 何度も 出会っている。 
 宿泊先のヤワラーから 中央郵便局に行くため タクシーを選択したところ シーロム通りに入り ニューロードに突き当たり 右折すべきところを 右折禁止だからとして 左折して どんどん遠ざかって行った。 挙句に 高速道路にまで進入してしまった。 怒りました。抗議の態度を 精一杯 誇示しました よ。 ドライバーから返る言葉は 「ヤン ヤン」。 メーターの料金は 上がり放し。
 まず タクシーを路肩に停止させることを 要求し バンコク市内地図を広げて 多分と思われた現在位置を指し示し 直ぐ 戻れと タイ語で強く言い渡すと やっと 観念し 当初目的場所まで 戻った。 

 その間 1時間程。 気分は 最悪であった。
40 タクシー事故
 バンコクで宿泊し深夜便で帰国のため タクシーで国際空港に向かう時も緊張がみなぎる。 タイを離れる最後の瞬間は楽しい気分の余韻で終わりたいと心底思う。 だが このタクシーで何度か裏切られている。 深夜だが高速道路を使う・使わない、近道だとして見なれない道路を走る、高速料金代をゴマかす、意図的と思える荒っぽい運転、等々。。。まあ どんなことがあっても タイでは命には別状が無く 金で全てが解決するのではあるが。
 メーターTAXIだが 私は 高速料金等々あらゆるものを含めて 250バーツでと交渉して納得するタクシーを探すことにしている。 だいたいは拒否するドライバーは居ない。 50バーツ程度は お願いだから楽しい気分のまま帰国させて との意味でのチップと思っている。

 一度だけだか あと数時間後に帰国するために国際空港に向かう高速道路上で 自家用車の無理な割り込みのため 急ブレーキによりタクシーの後部が半回転し 危うく事故となるところだった。 入院、保険、格安航空券の処理・・・色々なことがよぎった。 高校生の息子が フィリピン・セブ島・モアルボアルに 格安航空券での単独旅行をした際に 翌日 マニラから帰国するため セブ島を移動していた時に 前走車が事故って 道路封鎖となり マニラに到着できず帰国不能となったことがあった。

何も無く順調に旅が進行すれば 一人旅ほど楽しく・気楽なものは無いが トラブルの時の対応能力が不可欠だ。
 このページの先頭に戻る
41 道路通行不能
  ラオス南部のアッタプーからセコンに向かう時だった。 朝早くに 例の如く アッタプーの町外れのバスターミナルに出向いたが セコン便は 午後1便のみと言われ ながーい時間を ターミナルで潰していた。 やっと 出発することになったが 途中で バスの行く手を遮るものに出くわした。
 なんと 道路一杯に 太い木が横たわっていた。 多分 開墾のために伐採した木が 何かの間違いで 道路側に 切り倒されたのだろう。 乗客のみなさんは 大変 鷹揚であった。 ただ 私は 初めて訪れるセコンには 何としても 日没前には到着を願っていた。 地図も無い町では 暗闇の到着は 方向感が 全く無くなるからだ。宿の探し、夕食場所等々 全てに 差し障りが生ずる。

 おもむろに 乗客が降り 近所の斧、まさかりを集めて 共同で 道路上の大木を 切り刻み始めた。 それは 微笑ましいことではあるが おいおい そんな大木に斧で挑戦して 何時間かかるの。 もしかして 今日中には。。。。  さすがだか なんとか 3時間で とりあえず バスが通りすぎれるだけの空間が 確保され その場から 開放はされた。

 でも 案の定 セコン到着は 真夜中になってしまった。 どこに下りたのか 町のどの場所なのか。。。
42 耕運機ハイク
 ラオス北西部・ムアンシンの町から 自転車で 周辺の少数民族の村を横切りながら 中国との国境付近を散策することを目論んだ時だった。 さすが 社会主義の国なのだろうか ある日突然 外人観光客相手のレンタサイクル屋が 営業を停止してしまった。 政府からの通達だそうだ。 多分 どこかの観光地で 外人によるトラブルが発生したのだろう。 そこで 片道 2〜3時間も歩けば 何とか国境周辺には辿り着くであろうし 村人達・織物との出会いも楽しめるであろうし と思って 軽食と水を片手に 早朝から 歩き出した。
 しかし 疲れと共に 後 どの程度を歩けば辿り着くのか 初めての道程は なんとも心細く 気が萎えてしまい もう 戻ろうかとの弱気が 襲いかかる。

 そのとき ムアンシンの市場で 売り買いを終えて 中国側に戻る 中国人の耕運機に出会った。 後ろの リヤカーには そこそこの人が乗っている。 是非 国境まで乗せてほしいと頼んだところ なんとか応諾を得た。 が リヤカー荷台の後ろ枠の上にお尻を乗っけざるを得ない状況だった。 悪路、振動、、、 その度に お尻がバウンドで打ち続けられた。 痛いこと 痛いこと。 でも 何とか 国境・イミグレまで 辿り着きはした。

 耕運機の ヒッチハイクは 最初で最後であった。
43 荒稼ぎポーター
 ラオス・タイでは めったに 暴力・危害が加わることを心配する危険には出会わない。 が ラオス南部・パクセーでの出来事であった。 今は 日本の経済援助でメコン川に橋が出来上がって便利・快適になっているが まだ パクセーから渡し舟でメコン川を越え タイに入国するしか方法が無い時期であった。

 サラワンを早朝一番のバスでパクセーに向かい 南バスターミナルに到着後 いまさらパクセーでは何もすることが無いと思い 一気にタイ入国を目指して ターミナルから トゥクトゥクに乗り メコン川の桟橋に到着した時であった。 トゥクトゥクの運転手に代金を支払う間に 私の荷物が あっという間に 消え去った。 ある青年が 1万キップと叫びながら 荷物を抱えて 渡し舟の方に走り去った。 ここまで来て 大切な布・織物を他人に渡すことはできないと 慌てて 後を 追った。 青年は 渡し舟の中で 荷物を抱えて どんと 座っていた。 要は ポーターとしての小遣い稼ぎであった。

 でも そんなに遠い距離ではなく 私自身で運んでも労の無い場面である。 押し売りになってしまっている。 まして 1万キップとは 法外な。。 外人と見透かしての暴挙なのだろう。 確かに 1ドルをほんの少し超える額であり 外人にすれば チップ程度なのだが。 
 でも 布・織物をコツコツ織るおばさんが 1万キップ稼ぐのに どれ程の汗水を出しているかを考えると なんとも 容赦できなくなった。

 そこで 私は荷物運びを依頼した覚えは無く 1万キップを払う筋合いは無いと応じたところ 渡し舟の中で 数人の仲間の青年に取り囲まれてしまった。 大声で 直ぐ払えと どうせ ラオスを出国するのだから 最早 キップ札は必要ではないだろうとの 暴言も。 おれは また ラオスに来るから キップ札は 必要だとか いろいろ言い合ったが なんとしても 払えとのスゴミ。 ラオス出国間際に 馬鹿馬鹿しい争いもと思い 観念して 支払った。

 仲間の青年が退散した直後に 渡し舟の船頭おばさんが 私に事情を聞いてきた。  ありのままを話すと 同情してくれて 船賃をタダにしてくれ あとで 彼らの青年達を 厳しく 叱るとのこと。 今まで出会った 本来の ラオス人の誠実な国民性が呼び起こされ なんとか 気分を取りなおして チョンメックまで到着した。
44 地元民専用バス
 早朝 ミャンマーのピンウーリン(メイミョー)からティーボーに 移動するため 例のごとく 気楽な気持ちで G/Hを出て 通りすがりの住民に バスターミナルの方向を尋ね 徒歩でゆっくり向かった。 到着後 行き先を告げ バスを探したところ まさに 発車しようとしているバスを 示された。 車掌に ティーボー行きですかと 尋ねると 何か様子が おかしく 結局 行き先が違うので 乗せられないとの返答。 うーん ???
 で ウロチョロしていると どこに行きたいのかと 尋ねてくれる住民が登場し 有態を伝えると 先程のバスまで 連れて行ってくれて このバスに乗れと言う。 でも 車掌が このバスは 行き先が違うと 先程 言われたよ!!! 

 結局は このバスは 現地住民専用のもので 外人が乗るには 汚なすぎるということで 車掌が 乗車拒否をしたとのことが 判明。 無理矢理乗せていただけたが 確かに すごいバスであった。 でも バスの後部に 大量に積まれている米袋の上に 大の字になって 寝てていて良いとのことで 寝台バス的な心地を体験した。
 で 乗車料金の集金が無く 結局は 目的地に到着して下車するときに 請求された。 値段は 現地人とは違い 外人専用バス的な額を 請求された。  それはそれで異存はないが たぶん 外人から いくらの乗車料金を徴収すべきなのかを 到着まで 思いあぐねていたのだろう。 
45 眼鏡のトラブル
 私は 眼鏡を使用しているので このトラブルが その後の旅に 大きな影響を及ぼす危険がある。 東南アジアでは 少なくとも 都会は別として 修理とか 自分の視力に合わせた眼鏡を買い求めることは 極めて困難である。
 ミャンマーの18時間程の深夜長距離バスで移動した時であった。 ついつい 睡魔の誘惑に耐えられず 眼鏡をしたまま 座席で眠り込んでしまった。 何かの拍子と思うが 知らぬ間に 眼鏡が 顔面からハズれた。 意識を取り戻した時には 目の前の光景にボヤケが生じていた。 あわてて 探したところ バスの床に 転げ落ちていた。
 見つけたことと 破壊を逃れていたことに 安堵して 掛け直した。 お−−−っと !!!。

 なんと 軟弱なプラスチック・レンズに 細やかなカスリ傷が 丁度 眼鏡の焦点部分に 無数に 付いていた。 その視界の煩わしさは 表現が出来ないほどであった。 多分 眼鏡が転げ落ちたバスの床面が 細かい砂利で覆われていて バスの振動により眼鏡が紙ヤスリの上を 動きまわったと同じ作用が働いたのであろう。 これには ほとほと 困った。 もう一つの 度付きサングラスが 日中には 威力を発揮することとなったが。。。 夜には。。
46 ボート座礁
 ラオスのボンサリーから船の川下りで ルアンプラバンを目指した時は 爽快感と危険が裏腹であった。 この船は 乾期には 水量が少くなると 運行をストップしている。 間もなくストップするという時期だった。 結構な急流で 船はスピードがある。 水量が少ないと 所々 浅瀬が出来ている。 ここに乗り上げると 多分 船は 破壊されるだろう。 実際に 浅瀬に乗り上げた船の残骸を 何艘か見た。乗客は どうなったのだろう ?

 もちろん ライフジャケット等は 支給されなく 全くの 無防備。 ノンキァウまでの区間が 一番 恐怖感があった。 ノンキァウからは 例の スピードボートが 運行されていたが 決して 乾期には 乗る気には なれない。
47 バス車内トイレ
 タイのハイウェイ長距離バスに乗ると 最後部にトイレ付きのがある。 何度か利用したが なんとも 違和感が残る。 ここも やはり タイ式トイレなのだ。 つまり あの 小さいポリタライが浮かぶ水バケツが置いてある。 まあ ハイウェイなので 然程のユレは 無いが 水が飛び出しはしないかと なにかと 気にかかる。 ソクソクと 立ち去ることにしている。

 でも あの狭い空間で 女性たちは 相当の苦労をされているとは 思う
48 国内線搭乗案内
 ラオスのルアンナムタ飛行場での出来事だった。 ヴィエンチャンに戻る 一人旅の若い白人女性が 大きな声で 私に 議論を投げかけてきた。 この国は CRAZYと言う。 飛行機の出発の案内アナウンスもなく 係員の不親切も極まりないと。 確かに ラオスの地方空港では どこでも そんな 対応はまったく ない。 また 国内線なのに 何ゆえ いちいち パスポートの提示を求めるのかとも。 現地の人の動きをしっかり見極めて 自分なりに 対処する以外には 方法は ない のだが。 多分 彼女は 直前に ルアンプラバン行きの飛行機が飛び立っていて それが もしかして ヴィエンチャン行きだったのではとの 不安感が助長していたとき だったからなのだろう。

 その後の横柄な振る舞いには 現地人も 眉をしかめいてました。 特に たまたま 到着便から 現地政府高官が降り 特別室で 花束贈呈などのセレモニーが 行われたが その後に 誰も入室しない その部屋のソファーに大の字になって 寝そべっていたのには 私でも 呆れ返った。
49 飛行機欠航
 インドネシアのフローレス島・マウメレから 西チモールのクパンへ 飛行機で向かおうとした時だった。 マウメレのメルパチ事務所で航空券を手配し(約40USD) 当日の朝 G/Hの従業員に別れをつげ 飛行場へ向かった。バリから飛んできてフローレス経由の便だった。パリを出発する時間が過ぎ フローレスに到着する時間になっても 搭乗手続きの動きがまったく無い。出発予定時刻をしばらく過ぎてから 現地語でアナウンスがあり 待合室のみんなが ぞろぞろ引き上げて行く。 私には まったく事情が理解できない。 今日は 飛ばないとのことを理解するまでには 時間が必要だった。 飛ばない理由はまったく 誰も 理解していないようだ。 乗客が少ないから 赤字を出さないために 間引きしたのではとも 疑いたくは なる。
 ハリ島を飛び立っていないのなら もっと 早めに 欠航の決定を アナウンスしても良いのでは なとどは 誰も 口には しないようだ。 で 航空券は どうすれば良い の ? 払い戻しなの ?

 明日 もう一度 飛行場に来れば良いとのこと。 でも 明日は フライトが無い曜日だよ ! 大丈夫なの ? この航空券は そのまま 使えるの ? なんとも なんとも、であった。 それと 待合室に入るときに 係官に6600ルピアの空港利用税を支払ったけど お釣りが無いので 後で持って行くと言われたけど なんの反応も無いよ。 それは どうなるの ?
50 奇術両替
 一人旅の危険も そろそろ 移動の場面から 支払う・両替する の場面に 移すことにします。

インドネシア・バリで 両替に挑んだときであった。 メインストリートの 両替率の良い店の看板を 見つけて 入った。 大体は 小路の奥に立地している。 おもむろに 従業員が現われ 机の上で 両替作業が始まる。 膨大な枚数のルピアになるので 従業員が枚数を数えながら 当方に 同意を求めてくる。 で 札束を数えることには そこそこの自信がある 当方は 相手の同意を求める数えの後に 自分で 再度 枚数を 日本流で 確認する。 うーん。 一束分 どうしても 少ない。 何度か その 繰り返しが 行われた。 最後に 相手は 両替率の変更を 強く 申し出てきた。 なるほど やっぱり。 

 プロマジシャン・カード手品のごとく 机の上で 一束を 机の下に隠す(抜き取る) 技術を 持ち合わせていたのだ。 そうそうと 両替をお断りして 退散した。
 このページの先頭に戻る
51 傷んだ紙幣
 ミャンマーでは しばしば 汚れ痛んだ紙幣で 悩まされる。 例え モヒンガーしか食べなかった食堂でも 発生した。 「これは汚れているので 支払いとしては 受け取れない」というものだ。 決して 偽札ではないのだが。 で じゃ この汚れた紙幣は もう 使えないのか と 質問すると 別なところ 例えば 現地人御用達の店などで 使えると言う。 でも モヒンガーの食堂は 決して高級食堂ではないよ。 

 それ以下の 食堂となると 。。。 うーん。 で サイカーの利用時とか 沢山の紙幣を使う際に モグリこますとか。 その 処理・始末に そこそこの神経は使わされる。
52 小額紙幣両替
 各国・各地で ドル紙幣の両替をすることがある。 100ドルなどの高額紙幣と 1ドルなどの小額紙幣で 両替料率が 大きく相違するのが 通常だ。 高額紙幣は 小額紙幣と比べて 手間の問題もあるのだが 料率は 好条件だ。 ただ 100ドル紙幣一枚も両替すると 現地人の数ヶ月の生活費にも及ぶ すさまじい価値のものとなってしまう国も あり 小額紙幣が 便利なTPOが あるが。。。 

 インドネシアのある田舎の銀行では この 高額、小額で 両替料率に 相違が無いところが あった。 ここぞと ばかりに 1ドル紙幣、5ドル紙幣を 両替した。 田舎の町の銀行は 都会の銀行に比べて 両替料率が不利なところが 多いが この町の銀行では 小額紙幣に限って 言えば 都会の両替料率よりは 上回っていた。 

 両替の行動は 旅人にとっては 不可避であるが その巧拙で 少しは その国のシステム・経済運営を 理解ができる ことが ある。
53 闇夜の自転車
 ミャンマーで 夜行バスに乗ると どうしても 不思議な光景に出くわす。 道路を 自転車で走る人間を 追い越すのである。 バスが 自転車を追い越すことは 当たり前であり 追い越すことではなく こんな 深夜に 何ゆえに 自転車で 走る ペダルをこぐ人間が いるのか ?  ということが謎である。 

 どうみても 近くには 人の存在、村の明かりなどは 見られない。 どこから帰ろうとしているのか ? どこに行こうとしているのか ?  皆目 検討がつかない。 自分の家に帰るのなら もっと 早く 明るいうちに 帰りなよな !!!   どこかに行こうとしているのなら 何も こんな 夜遅く 自転車を漕いで 走らなくとも 。。。。 いろいろな 思いが 過ぎる。 夜間の 狭い道を 無灯火て゜ 走るのは 本当に 危ないよ 。。。 余計な 心配を してしまう。 そうだよね。 クーラー付き自動車もなく オートバイも持たない 庶民が 遠距離まで 用を足す必要が生じた際には 自転車しか 移動手段がない。 

 と すれば 明るい・酷暑の日中を選ぶことなく 暗くとも・涼しい深夜を 選択するのだろう。 40度近い 日中での自転車漕ぎは 熱中症に陥り 命に関わる危険。
54 定価販売
 タイでは 最近は 定価の表示がなされていますが かつては たばこの値段は 全国共通とは思えなかった。 まず かつては 20本入り一箱を買い求める現地人は少なく 一本単位のパラ売りが多く 一箱を買う場合には 割高となる 一本値段×20本と計算されることも しばしばであった。 また 例のごとく 外人には 値段交渉の余地を残し 当初の言い値は 売り手の才覚とも思われました。

 「タバコは定価」の感覚に慣れ親しんでいる日本人は 何の疑念も無く 支払う場合もあったようにも思われます。 ミャンマー、ラオスでは 依然として タバコの値段は 都会、地方、店毎に 区々のようです。 とにかく 一箱を買う場合には 一本値段×20本の値段だけは どうしても 潔しとは しない。
55 休日の両替
両替で結構 危ないのが 休日の時である。 まして それが 連休となると 余計な不安感が増す。 特に 外人観光客が訪れる都会を離れている場合には 手の打ちようがなくなる場合も発生する。 日曜日はなんとか理解できても その国特有の祭日などが絡むと 悲惨である。 地方では 銀行が休業日、日祭日の場合に オープンしている両替所など あろうはずもない。

 タイ・ムクダハンから ラオス・サヴアンナケートへ メコン川を船で渡り 到着して さて ラオス・キップへ両替するために銀行に出かけた。 だが 本日は 午前中にて閉店し 次の開店は 5日後との掲示があった。 ガーン。。。 年末年始の休暇に入った 直後であった。
 バンコク国際空港から 真っ直ぐ 飛行機で コーンケーン経由 バスで サヴァンナケートへ直行していたので タイ・バーツの持ち合わせも 少なかった。 焦りました。 年末年始の間 貧乏・窮乏生活を強いられるのは 耐えられない よ。。 

 それよりも 銀行開店するまで この地で 足止めをくらうのは なんとも 退屈である。 地方にでかける時には 両替の不安は 取り除いて 出発するようには している。 だが 両替後のラオス・キップ紙幣の枚数は 相当の量に上るので その取り扱いに難儀することも しばしばではある。
56 高額紙幣
 両替の時に 悩まされるのが 高額紙幣の受取りである。 両替担当の お姉さんにしてみれば 手間数削減のためには できる限り 渡す紙幣枚数が少ない方を 選択するのであろうか。 小生のような 高額ブランド品買い物には とんと 無縁の者には 両替の時に受け取った この高額紙幣は えらく 困り果てることが多い。 近くの親しい店に 従業員が走り回る場面に何度も出くわしており 支払いの際に 相手の お釣りの如意が どうしても 気に掛かるのである。 昼飯の時にも ついつい 普段はご用も無い ご立派なレストラン(?)に 入らざるを得ない状況にも陥る。 結果として 無駄遣いが 多発することも。

 両替の窓口で この紙幣を もう少し小額の紙幣に換えていただけますか? と 依頼する現地語を なんとしても 覚えてしまう。
57 定価の無い品物
 定価表示の無い品物を買おうとする時には いろいろ気を使ってしまう。 バンコク、チェンマイの夜店あたりでの買い物は そこそこの相場があるので 不安は感じないが。 ただ 織物となると 逡巡することが発生する。 

 ラオスのある田舎の町で まったく見たことが無い織物を 私の目の前に出してきた中年男性がいた。 手に入れたい欲望は多々であったが 値段交渉の果て その言い値は 相当な額であった。 こういう場合には 思い切って 手に入れるべきか 悩まされる。 この時は あとで どこかの町で 見つかるかもしれないとの 思いで 踏みとどまった が 結果的に これが 大きな 間違いとなつてしまった。 その後 あの品物、織物が まったく 目に入らないのだ。 あちこちで 聞き回ったが なんとも 遭遇することができなかった。 織物は 一期一会を 実感してしまった。 
58 交換レート
国境を越えた直後には、渡る前の国の通貨価値と 渡った直後の通貨価値とが 頭の中の電卓が 混乱することが しばしばである。 タイのバーツと ラオスのキップ(kip)では 桁数が大きく違うため 特に 注意を要する。 100バーツ単位で 支払いが起きると ますます うんと うーんと しばらくの間(ま)が生ずる。 一度 失敗をしたことがある。 市場で そこそこの織物をみつけた時 「いくら ?」という私の言葉遣いが タイ語だったこともあろうが タイ・バーツの言い値であった。

 ちょっと ふっかけ気味の価格であったので 値下げ交渉をし 支払いの通貨は ラオス・キップとした。 が G/Hへの 戻り道で 何か違和感に襲われ 立ち止まって ゆっくり 整理してみると なんのことは無い 値下げ交渉した タイ・バーツ相当よりも 多くを 支払ったことに 気がついたが 後の祭り であった。
59 コールだけの電話料
 インドネシア・バリのホテルでの出来事です。 バリ島から東のヌサ・テンガラの島々を巡って 帰国のために 再度 バリ島に入り 最後くらいはと思い ロスメンではなく プール付の高級(?)ホテルに宿泊をした。 リカンファームは不要とは思いつつも 出発から相当の期間も過ぎていたので 念のためと 航空会社のジャカルタ支店あて 部屋から電話を掛けた。 が 呼び出し音は鳴るが なかなか 電話に出てくれない。 意地になって 何度も コールをした。 結果的には 目的を果たせなかったのだが チェックアウトの際に 一泊の宿泊代を上回る電話料金を請求された。 ちょっと 待ってよね。 コールしただけだよ、電話料課金は発生していないハズだよ !!!

  なんと コールしただけで 電話料金が掛かると言う。 それも バリ島から ジャカルタなので 長距離電話だと。
60 FAXの料金
 各地を転々としていると 日本あて 消息を兼ねて連絡をしておく場合がある。 その場合には FAX送信の方が 意を尽くせるときがある。 少なくとも G/Hでは 対応が無理なことが多い。 郵便局利用主体となるが 特にミャンマーなどでは 宿泊ホテルで 依頼するのが便利な場合が 多い。 と言っても そういったFAX装置・サービスを持つホテルの宿泊代は それなりの覚悟はいるが。 

 で 課金形式は 充分な確認が 都度 必要である。 送信時間(分)単位もあれば A4版一枚につき いくら との課金タイプもある。 また 日本からFAXを受け取る場合に 受信は無料という場合もあれば 用紙代程度の場合もあれば えーっ うそー という額の場合もある。 思い込みを せず まず最初に フロントに充分に確認をしてから 行動する必要を 実感する。 
 このページの先頭に戻る
61 所持金の分散
 ひとり旅で 最も 気を使うのは お金を持ち歩く方法になります。 少なくとも 一箇所に たとえば 旅行バックとかに 集中させるという愚挙は 必ず 回避しています。 盗難は論外だか 紛失の事態が発生する確率は 決して 低くはない。 ましてや 数ヶ月の長旅ともなれば 貨幣価値の損失もさることながら 楽しい旅が 中止する事態の失望感は 一番 避けたい。 自衛手段を 講ずることに徹底する。
 
 たとえ いかなる事態が発生しようとも 旅を続けられる最低限のものは確保する。 クレジツトカードは 最低2枚は所持して 各々収納箇所を 分散して 持ち歩く。 地方に出る時には カードでキャッシングが利用可能な都会までの バス代分の現金は 必ず 身に縛りつけておく。 手持ち現金の保管は 最低 3箇所に 均等に 分散する。 一人旅では 狙われたら防ぎようが無いので 盗難予防のためには 財布は持たない、高価な時計は 身に付けない、等々 現地人としても金持ちとの雰囲気で受け止められる仕草は 取らない。

  過剰かとも 思われる程に 気を使って 損は無いと 確信している。 自由と危険、フリーとリスクは 諸刃の刃・紙一重と 認識して 旅を続けている。 
62 他人の見分け
 先日 バンコクで 日本人女性が 同宿していた男性に 殺害された事件が報道されました。 余計なお世話でしょうが レア・ケース、めったには起きないこととは 思えません。 SARS を心配されるならば こちらの方面に 気を配ることが どれ程 旅の危険を回避するものかと 心底 思います。

 確かに 「旅の途中の 邂逅」には 今までの人生の中で 皆無であったと思われる 瞬間が 演出されることは実感です。 でも 何かからの 逃避行から 旅立っている方が 多いのも よく 見かけます。 過去とは違うものを 無理に 求めている かの 如く。 自分を 探し求めての旅は 相当な 疲労感に 苛まれる ようです。 

 そんな白人にも、日本人にも、中国人にも、若者にも、中年にも、男性にも、女性にも いたる所で お会いしています。 自分を探すのではなく 確認する 旅。。。 そんな旅人は 生き生きと しています。 
63 カメラ撮影のTPO
 私は あまり 写真撮影に神経を注ぐことは ほとんどなく フイルムに焼き付けるよりは 網膜に焼き付けることを 選択しています。 記録よりは 記憶とは 思っています。 ですが 衝動的に デジカメを 取り出す場面も 否定はしません。

 韓国・ソウルに 食べ物と織物の勉強に出かけ 夜間を散歩していた時 屋台のおばさんの姿が なんとも 他の国・地域で見たオーラとは 相違したので フラッシュを使用して その姿を撮影しました。 その おばさんは 結果的には ニコリとの微笑みにて 特段の問題も生じはしなかった。 だが その おばさんの背景には 韓国人の 若いアベックが キスをしながら抱き合っている場面が。。 その アベックの男性が すさまじい 勢い・形相で 私に 抗議を 訴えてきました。 韓国語でしたので 詳細は理解できませんでしたが 「なにゆえに 私たちの姿を 撮影したのか」 と 。。 多分 国家のその筋の手下なのか とも ??? 疑われて しまったのかも。

 でも 実際は かれらアベックの姿は 映っては いなかったのです。 ほー 儒教の国でも 韓国人の最近の若者は 路上でも憚らず と 色目で見ており 彼らの存在を 全く 知らなかったと言ったら嘘になりますが。 インドネシアのチモール島・クパンでも 似た経験をしています。 この時は 宗教上の侵害だとの 抗議でした。

 カメラで 撮影をする時には 周り、被写体、等々 その地のTPO を 充分把握することも 危険回避には 大切 なことなのです。
64 メーター無しの乗り物
 トゥクトゥク、サムロー等 料金メーターの無い交通手段を使う時には 値段交渉の場面が付いてまわる。 バンコクのゲストハウスで 乗車する際に 値段交渉を行うのは 相場を熟知している現地人ではあり得ないことで 私は 観光客で 不慣れであるということを 運転手に宣言しているようなものである。 運転手に行き先のみを告げて 乗車して 下車する際に 自分が想定した額を手渡し 運転手が納得しないようであれば 若干の上乗せを覚悟するのが テクニックであるとの 日本人男性に出会った。

 一理はありそうですが 決して 真似をしないのが 身の安全です。 乗る前であれば 複数の運転手に料金を交渉して 一番安い運転手に乗ることが出来るが 乗ってしまった後での 高い・安いは トラブルの元になります。 特に 現地の言葉に 自信が無い場合には。 結果的に すさまじく 暴力的な料金を支払わざるを得ないハメにも。 

 私も ラオス・ヴィエンチャンで 意図的ではなかったのですが 行きと同じ場所に戻る際に つい 行きと同じ料金であろうと思い込み 行き先だけを告げて乗り 下車の際に 支払う段になって 運転手から 行きの3倍の料金を要求され 大声ですごまれた瞬間に 運転手仲間数人に 囲まれて 険悪な雰囲気になった経験が あります。 
65 バス代の支払い
 都会は別にして 田舎のトラックバスに乗ると 下車時の現地人と運転手・車掌との バス代をめぐる 大声での論争を 時々 耳にすることがあります。 ターミナルから ターミナル間では それなりの相場がある ようですが 途中乗車(バス停標識などあるはずが無い)の途中下車の場合には 運転手・車掌との相対での値決めと なる ようです。 すくなく払いたい乗客と 多くを取りたい者との 意地のぶつかり合いだ。

 で 結果は 現地人が 勝利を収めることが 多いようである。 現地人の手口は 「いつも この値段だ」と言う殺し文句と 次は 自分の言い値の額を 運転手・車掌に 渡して さっさと その場を 離れることの ようである。 バスを 先に進める、発車させることと 離れ去る乗客を 追いかける時間・面倒との ジレンマの中で 終止符が 打たれる ようだ。 でも 決して 現地人に とって 異邦人・侵略者である 旅人は 真似を しないのが 賢明です。
66 田舎の雲助
 タイ・チェンマイ旧市街南の プラトゥー・チェンマイから ローカルバスに乗って とある有名織り地に向かい とりあえずのターミナルで下車し 近くの 食堂で朝食を注文しながら どのバスに乗り継げば良いのか食堂のご主人から情報収集した。 主人曰く 歩いて行けるよ。 でも 本当かなとは 思いつつ とりあえず 食事をすまして 歩き出した。

 不安になりつつ 通り道の雑貨屋で飲み水を購入しながら 行き方を再確認をすると 外人には有名のようだが 現地人には 無縁の場所なのであろう。 定かではなく 親切にも 数人が集まって 知識のすり合わせをしていただいた。
 結果的に 歩いて到着するのは 困難であり トゥクトゥクがベストとのアドバイスとなり たまたま 通りかかった トゥクトゥクに 飛び乗った。 歩き出して 相当 時間が過ぎており トゥクトゥクを こんな場所で 確保するのは 困難で 千載一遇のラッキーと思えたからだ。
 それが 大きなトラブルを 招くことになった。

 幹線道路を 大きく外れ 地元民でも こんなルートを知っているのだろうかとの 道を走り続けるのだ。 その時に 乗車する際に 値段交渉をしなかつた 愚かさに 気づいても 後の祭りであった。 こんなところで 値段トラブルで おいてきぼりを 食らっても。 もはや。。。覚悟を決めた。
 後は 乗車時間を しっかり刻んでいた。 というのも だいたい 10分走って いくら との 相場は 言い合う 自信だけは あったので。 目的を 果たし 出発地点のターミナルまで なんとか 乗車料金の不安を隠して 戻ることが できたが 案の定 値段のトラブルが 発生した。 どう 考えても 4倍の 言い値なのである。 

 相当の時間 高い 安い 払え 払わない の押し問答が 続いた。 結果的には 通りかかった 田舎の警察官が われわれの 中に入ってきて 1,5倍の 値段で 折り合うことと なった。 トゥクトゥク運転手の言い分は 外人には 仲間みんな だいたい あそこの織り地に連れて行ったときには これが相場で だいたいは 不満なく支払ってもらっている という主張だ。 

 でも チェンマイ南部の 幹線道路はずれの 田舎・現地人の 生活実態を 目の当たりに できたことが 5割の割り増し料金でもと 自分なりに 納得を させることができた 料金ではあった。  これなどは 過ぎてしまえば 危険・トラブルというよりは ハプニングとして 記憶に止められる範囲ではある。
67 蚊の襲撃
 泊まる・寝る際の 最大の危険物体は 蚊です。 

 咬まれて いかに 痒くとも 腫れが 目立とうとも 命には別状のあるものではなく 蚊さん一家への生活援助ボランティアと思えば 特に 拒むものではないが なんとも 安らかな眠りは 妨げられる。
 で 日本の蚊とは相違して ブーンとの警戒音は あまり 発せず 突撃・特攻が主体なのである。 特に 私などのように 寝る前に ビール等のアルコールを 体内に注入する物体は 格好のターゲツトとなるようだ。 何度となく 朝起きた時の 得体のしれない 痒みは 快感でもあり やられたとの後悔でもあったりする。  痒み止め、虫さされの 軟膏は 旅の必需品である。

  軽便なのは 「蚊取り線香」だが 安物を買うと その いかにもとの匂いが 衣服中に滲み込んでいる。 それと 一晩 一巻きを使用すると 箱ごと リュックに入れて 持ち運ぶのだが。。。 火の点いた線香を真ん中で支えるアルミ製のスタンドを 立てたり 元に戻したりするうちに いとも 簡単に 折れて 分断されてしまうのである。 G/Hの 虫・蚊とは 犬猿でもあり その地の息吹でも あるような。
68 シャンプーと虫除け
 シャンプーは ボトルは必要がなく また 温水使用を前提としている日本製は泡立ちが少なく 店先にズルズルとぶら下げられて売られている 現地製造の 一回分仕様の袋入りを 購入する。 例の 昔 日本の銭湯で売れられていた感じの物です。 一度に たくさん買うのも 傷付き易い袋なので 移動時の摩擦で 破れる懸念が大きく 回避するのが 賢明だ。

 ある時 田舎の雑貨店に出かけ 店先のズルズルから シャンプーを一袋だけ購入しようと手を出し もぎ取ろうととたところ 何か 違和感に 襲われました。 袋パッケージの色・形等には 特に 違和感は全くないのですが 袋に描かれているイラストが 違っていました。 そう 蚊・虫のイラストが あったのです。 とっさに もぎ取る のを 中止し 店のおばさんに シャンプーが ほしいと伝えると 隣の ズルズルから もぎ取って もらいました。
 私が 手を出したのは 虫除け用に腕・脚などに 塗りつける 薬品だったのです。 もし あのまま 頭に塗りつけ シャンプーを 開始していたならば どのように ??!! 。。。  
69 蟻の襲撃
 田舎で いつ来るとも知れないバスの便を 待つ際には 道端の草むらで佇むことも多い。 つっかけサンダルなので 地面と密接に足の膚が 触れ合う感じだ。 とすると 何か 無性に 痒みを 覚えることがある。 痒みというか 英語で言う irritate がピッタシだ。 敵は 蟻、それも 黒い蟻ではなく 赤い蟻(モッ・デーン)が 強敵である。 初めの頃は 特に 蟻の被害とは知らず 草に かぶれたか、あるいは そういえば 最近 汗をかいた足を 丁寧に 洗っていなかった ?? とも。 

 何せ その痒みが 容易には 治まらないのだ。 バスに乗ってから なんとも 手の爪が 足首あたりに 届いている。 赤い蟻の 巣の真上に立っていた ものなら その被害は 甚大、危険極まりない。 だが 赤い蟻の集団にとってみても やわらかい膚の大きな物体は わが巣を襲う 危険極まりない と 思っての 必死の行動なのであろうが。。。 
70 お釣り
 さすがに 最近は 感じないが かつて たとえば 76バーツの支払いの際に 日本流に 100バーツ札と 6バーツのコインを 差し出すことがある。 当然 30バーツのお釣りを 期待してのことだが。 これが とんでもない お釣り相違の危険を 孕むことがあった。 100バーツ紙幣のみを 差し出せば 単純に 24バーツのお釣りが いとも簡単に 戻されるのだが 106−76 の計算が 覚束ないのだ。 

 まあ 考えてみれば この計算方法は いかにも 日本流合理主義なのかもしれないが タイでは 落語の「時ソバ」の如く 惑わされる 方法なのであろう。 何度か お釣り計算間違いに 出くわした ことがある。 しかし 決して タイ人の計算能力が 劣後しているわけではないだろう。 
 このページの先頭に戻る
71 空港からの交通手段
 タイ・チェンマイから ミャンマー・マンダレーへ 飛行機で移動した時のことです。 乗客数が少なく ゆったりとした 快適な旅でした。 マンダレーの新空港に降り立ち 例の如く 強制両替を済ませ、さて 市内に向かうにはと 算段したところ なんとバス、リムジンの便が無いと言う。 出口にたむろしている たくさんのタクシー運転手が 相当 高い値段で 客引きをしている。 日本のタクシー価値からすれば なにも ビックリする価格では無いのですが 何か 違和感に苛まれました。 毎日 しっかり まじめに長時間労働して 女性の月給が 30ドル相当ゲットできれば 上の部類に入る国なのです。 それを 空港に出入りできる特権階級のタクシー運転手として 安易に高給を得られる仕組みに対して なにか 納得がいかなかつたのです。

 近くに オンポロのトラツク・バスが スタートしそうだったので 町まで 乗せて行って ほしいとお願いをしたが これは 現地人専用なので 外人は 乗せられないとし タクシーしか 方法は無いとのこと。 空は 暗くなってくるし この国の・この空港のタクシーの仕組みには 勝ち目は ないと 覚悟を決めて 値段交渉。 とりあえずは 値段交渉では 引き分けに 持ち込み なんとか 市内まで たどり着きました。 

 G/Hは 疲れたこともあり エアコン付きの部屋を確保したが 一時間もしないうちに 停電でエアコン不稼動となり エアコン付きとしての割り増し料金支払いの恩恵が 全く得られないこととなった。 といっても この国では しばしば 発生することであり 文句を言うことは ご法度である。
72 商魂
 タイ、ラオス、インドネシアでは 経験しないことですが ミャンマーでは 国際空港から タクシーに乗車して 必ずと言って良いほど タクシー車中で 運転手から 両替の件を 持ち出されます。 確かに 何ゆえか 空港内には 両替所が 全くないのです。 政府の方針なのでしょう。 これが かなりの ロスを生むみたいです。 確かに 両替料率は インフレの関係から 日々 変化 高騰していて 一ヶ月前の情報すら信用はできず まして 「地球の○○方」など 観光情報誌などは 全く役には立たない のが 常識です。
 
 出発前に得た 観光情報誌に比べて 運転手あるいは 運転手が立ち寄る両替所で 好条件の料率などと 嬉しく感じると 大きな 落とし穴が 待ち受けています。 そこは 現地通貨で タクシー代を払おうとせず 少々の 割高でも ドル払いが 正解と思っています。 で 着いた途端 食事のために チャットが必要でしょうから 最低限の範囲の両替を G/Hで 済まして じっくり 相場観を 養うのが 賢明でしょう。 決して ミャンマー人個々が 腹黒いというのではなく 外国人に対する 商売のかけひき・アヤを ミャンマーの方たちは 長年の歴史の中から 熟知されている ということなのでしょう。 
73 その筋G/H旅人
 ラオスの北部を旅して、G/Hに泊まる際には、白人旅行者とは 出来る限り 会話をしないことにしています。 タイ、ミャンマーでは その筋は 極めて厳しく監視されているので めったに見かけることはないのですが、ラオスの北部では 大麻等のご法度物資に 手を出す旅行者に かなりの比率で 出会います。 外人から声を掛けられて 親しくなり 仲良く慣れたと思う瞬間に 大麻パーティーに巻き込まれ・誘われることを 何度も経験しています。確かに トラツクバスの中でも ほんの 数歳の子供が おばあちゃんと一緒に 大麻タバコを吸っている光景も目にします。

 タバコを買う現金が無ければ 近くに自生している材料を使用するという事情は理解はできるのですが。 こういった誘いを 断る時の気まずさから 逃れたいため 始めから 外人旅行者とは 会話を 回避するようにしています。 
74 水洗トイレ便座
 東南アジアを旅するときに 時々 悩まされるのは 宿泊の際の トイレと 思います。 日本では 水洗トイレが当たり前になっている現状では カルチャーショック的な場面が 襲い掛かる ときが あります。 タイの G/Hでも 最近は 洋式スタイルの便器を 見かけますが、 現地人が主体のG/Hでは この洋式が 曲者 に なります。 

  お尻を乗せる曲線形の蓋が ないことが あるのです。 聞くところに よれば 現地人は お尻を乗せてする習慣が無く その蓋の上に 足を 乗せて またがる そうです。 結果 その蓋が破壊に陥り その後 修復が なされていないことを 間々 体験します。 想像をして 下さい その機器で大を実行する時の姿を。 悲惨です。 便器に お尻を 乗せないで 実行する 方法を。    うまく 行けば 良いのですが。 蓋のない 狭い縁に 不安定な態勢で 便器に 両足で またがるのが 考えられますが。。。。  
75 荷物の中の飛行物体
 タイ・カーラーシンの バスターミナル近くのモーテルに泊まり、翌日 コーンケーンのG/Hに入り、荷物を開けて シャワー・グッズを取り出した時です。 何か 黒い物体が飛び出してきました。 空中を 勢い良く 飛び回るのです。 それには ビックリしました。 なんなのだ。。。 危害が 加えられるのだろうか。。。

 一つの物体ではなく 複数なのです。 こちら以上に 物体の方が 気が狂ったように パニックになっていたようです。 黒い物体は 「コウモリ」と 気づくには 相当の時間が必要でした。 多分 カーラーシンの屋根裏に棲み付き なんらかの事情から チャックの開いた 私の荷物の中に 潜り込んだのでしょう。 それを そのまま コーンケーンまで 運びこんで しまったようです。 飛び出てきたのは 二匹で なんとか 部屋の外に 追い出したと 安心して さあ シャワーを思い ゆっくり 荷物に触れたとき もう一匹が 蹲っていました。 子供のコウモリでした。 少し 気が引けましたが これも 早々に 部屋の外に 退去願いました。 さて やっと シャワーをと思い 水を出し 思いっきり 水浴びを始めたところ バタバタと 物体が 飛び交う気配がありました。 なんで。。。 部屋の外に 退去願ったと思ったのが 一匹だけ 取り残されていたのです。

 なんと 追い出そうにも 素直に ドアの方に 飛び出しては くれないのです。 相手は 飛行物体で 必死の形相ですので こちらの 意図通りには なりません。 結果的に 一晩を そのコウモリと 過ごすことになってしまいました。 案の定 快眠は 困難でした。
 でも 大蛇ではなかつたので 命には 別状があるものではなくて 一安心と 思い込む ように していましたが。 
76 部屋の戸締り
 安宿(G/H)に泊まる時には、俗に言う「南京錠」が必需品なのです。 もちろん G/Hには、その部屋用の「鍵」(錠)が 予め セットされ 渡されますが、合鍵等のこともあるし、鍵仕様が全部屋同じとの不安もありますので、決して それを使用・信用することは 回避しています。 また、その日の G/Hを探して、宿泊する・しない を 決める重要なポイントに この施錠方法があります。 ドアノブ付近のシリンダー錠だけの部屋は、絶対に 回避します。 故意とまでは言いませんが、シリンダー錠が故障している場合、あるいは 施錠しても 強く引けば簡単に開くことも 多いのです。 南京錠が使える器具が設置・併用されている G/H、部屋を選びます。
 
 なにも そこまでと思うことはあるのですが、楽しい旅の途中で、ほんのちょっとした注意で、感情を妨げられるのを 防止するための予防行為と割り切っています。 想像して見てください。 部屋を出て、楽しい 美味しい食事から戻ってきて、部屋に置いていた荷物の中身が 無くなっている場面を。 多分 加害者は 現地人ではなく 宿泊者の場合が 大半と 思いますが。
 
 でも 時には、自分の南京錠でセットして、G/Hを出て、戻ってきた際に、鍵がバックの中から 見つからなくて ひどく 焦ることも ありますが。。。
77 モーニングコール
 早朝に、次の目的地に向かうバスに乗るため、G/Hを 出る・出発する際には、それなりの緊張感が つきまといます。 当然、モーニング・コールなどのサービスは あるハズもなく、全て 自己責任での起床となります。 トラベル・ウォッチは、重たいので 持ち歩くには邪魔物以外何物でもなく、腕時計のアラームでのセットを利用します。 が、然程の 効果があるものではなく、自分の脳の感覚を 最後は 頼りにすることになります。

 たまたま、脳の感覚が 早く反応することがありますが、その際には、後 一時間寝られる などと 思いますと、大変なことになります。なにしろ、ラオスでは、 朝始発バスが 出てしまいますと、次は 何時 出発するのか 全く 検討が付かない町が多いのですから。 

 それと、荷造りは 前日の明るいうちに 完了しておく必要もあります。 特に、ラオスでは、朝早くでは、電気が点かない地区が多く、暗闇の中で 朝 懐中電灯の頼りだけでは、無意味な忘れ物を部屋に残してしまう危険があります。 また、寝坊の後の 咄嗟の 行動にも 充分 耐えられますので。 それと、精算タイミングの確認は当然のこととして、部屋の鍵の返却場所等の事前確認も必要です。 また、何時にG/Hを出るのかについても、宿の主人に明確に 伝えておくことも必要です。 

 ある町で、G/Hの全ての出入り口が施錠されていて、出発するに出発できず、主人の居場所を 探すのに ひどく 焦った経験があります。
78 アジアの蚊との闘い
 タイ、ラオス、ミャンマー等 を G/Hを主体に 泊まり歩く際の必需品は、 「蚊取り線香」です。 日本での"蚊"とは違って、咬まれると すさまじく 腫れます。 痒さは 数段 上を行きます。 私の ように 蚊に対する免疫が少なく、寝る前には 何らかの アルコールを 体内に 蓄積するタイプは、蚊のみなさんには、大変 ありがたい ボランティアに 見られるようです。 無防備の場合には、蚊に喰われた証拠が、如実に 現れます。

 日本の蚊取り線香は、香りが良く、折れにくく 丈夫なのですが、わざわざ 日本で購入して 持ち歩く程の物でもないです。 現地で しっかりと どこの町でも手に入りますから。 値段も ピンからキリまであって、安物は 煙の匂いが、いかにも 焦げ付いている程度のもので、衣服に しっかりと 染みこみます。 高い、安いは、殺虫効力によるものではなく、この匂いの良し悪しで 決まっているみたいです。

 現地の蚊取り線香の難点は、例の グルグル巻かれた線香を、ある一点で支える、スタンドです。 私のように、毎日 転々とする人間は、一度 起こして、出発する時には、また、畳むのですが、それを ほんの 数日 繰り返します と、 ポキツと 折れてしまうのです。 その後、スタンドが利用できなくなった 蚊取り線香を どのように 利用すれば 良い のでしょうか ?  スタンドだけではなく、移動の途中に入れている バックの中では、容易に 渦巻き蚊取り線香が 折れて、バラバラに 小片になってしまっていることも 本当に 多いです。 それを どの ように 使うのかも ?  
79 G/Hの値段相場
 初めて訪れた町で、G/H探しの際に、戸惑うのは G/Hの値段交渉です。 その町の相場感を 掴む必要があります。 たとえば ラオス・ルアンプラバンの場合ですが、世界遺産に登録されてからは、G/Hが たくさん新設されていますので、施設の 新旧、ロケーション等々で 宿泊料が 大きく相違します。 また、外人観光客には ディスカウントを前提の上で、相当高値の値段提示から 始めるG/Hも存在します。 その日に宿泊しているお客の 宿泊料が バラバラということが 珍しくは ありません。 交渉の巧拙に よります。

 タイ・ウボンラチャタニーでは、飛び込みで G/Hに入って、一泊の値段を尋ねたところ、フロントに提示している定価表を指し示して、一切のディスカウント交渉は不能との 強気の弁でした。 そこで、交渉を諦めて、近くのG/Hに入り、実際の部屋の中を確認した上で、値段交渉をしたところ、先のG/Hの定価表の半額程度で、交渉成立したこともあります。 

 G/H探しは、根気が必要です。 また、このG/H探しの過程も、旅の楽しみではあります。
80 多国籍交流と現地感情
 やっと 気に入ったG/Hを見つけ出して いざ 宿泊となって さて と 困惑するのが、 同宿者です。 現地人オンリーですと それなりの友好を深める手立ては 充分に 存じ上げている のですが。。。 旅 手練の 白人同宿者と なると あまり 良い 経験を していないのです。

 偏見と思いますが ??  アジアを旅している外人に アジアの文化に陶酔した挙句 という 方には あまり 出会っていない のです。 貨幣価値の 有効活用の 最後のリゾートという手合いが 多いのです。 ラオスでは フランス人が、ミャンマーでは イギリス人が。。 いかにも かつての植民地支配時代の 無礼講を 地で行く、闊歩されている方を しばしば 見かけます。 おい おい 現地人は 奴隷・下僕ではない よ と ついつい ハラハラしてしまいます。 自国語 オンリーで それを理解できない国は 観光不適と 決め付ける ことも。

 G/Hでは 私にも 国際交流の純粋な呼びかけなのでしょうが、声を かけられることが ありますが、極力 英語は 話せない、理解が できないと 偽装します。 いまさら 欧米のナショナリティーを 理解し合う必要も感じませんし。 日本人の男女旅行者の方たちにも しばしば 白人旅行者と どこかで 知り合いとなったようで カップルで アジアのG/Hを 泊まり歩いて 居る方を 見かけますが、現地人にして見れば あまり 受け入れられてはいないようです。 私も その種の 日本人旅行者は アジアを旅する のは いかが とも 思ってしまいます。

 と いって いかにも その筋の 現地人女性と 思われる女性を ガイド兼用として 旅している御仁 も 勘弁してほしいですが。 現地人の反発感情、金銭面のトラブル 等々 旅の出会いと 危険は 紙一重 です。 
 このページの先頭に戻る
81 停電とエアコン付ルーム
とても 暑い時期、暑い地区を 訪れた時は、 どうしても エアコン付きの部屋を 選んでしまいます。 扇風機でも 特に 拒否するつもりは 無い のですが、 長い旅をしていると どうしても 日中 一切の動きを停止して 昼寝を して、身体を 休める必要があるものですから。 タイのチェンマイから 直接 ミャンマーのマンダレーへ 飛行機で 入国した時は、タイの疲れを 癒すために G/Hではエアコン付きの部屋を 選択しました。 

 入室の当初は 快適で ゆっくりと 睡眠を貪ることができましたが、 肝心の 夜になって、停電ということで、すべての 機能がストップしてしまいました。 高い 料金で エアコン付の部屋を 選択した 意味合いが 全く 無く なりました。 結果的に 朝まで エアコンのご利益を 享受 できませんでした。 
82 評判 G/H の内実
 G/Hの「評判」ほど 危なかっしいものは 無い と つくづく思っています。 星の数を並べる最高級ホテルの意味は 全く 無縁であります ので。 いろいろな ガイドブックでは 評価を書き並べています。 でも 仮に JTBですと、決して 冒険はしない宿を 評価していますし。 また どこかのBBSでは 我田引水の みえみえの記事も 数多く 目にします。 

 やはり 自分の眼と行動 あるいは 宿選びの基準は それしか 判断材料は ない と 思っています。 特に、日本人の気質として、良いと判断したものは 他人には 知られたくない、知らせたくない との 感覚から 独占する動きを優先したがる 民族では。 で NOと言うべき 宿舎は 即日 叩き潰す という 日本人の独特の気質が あると アジアのG/Hオーナーから 聞いた ことが 多々 です。 

 旅行ガイドブックに書かれている 宿舎の評判は 何の 価値も ありゃしない。。。  もし 不良白人と 同宿したくは なければ 英語版のガイドブックに 酷評されている G/Hを 選ぶべきです。 これが 結構 正解と 思った ことが 多々 なのです 。。。  
 タイ・チェンマイの あるG/Hについて、女性には 最高のG/Hですと 日本語版の 旅行ガイドブックでは 評判だったのですが、要は あまり 質の良くない筋の 白人・従業員等関係者男性の 最高級の ナンパ・センターに 堕落しているケースが 発生していました。 

 宿は 自分だけが 納得してから 選ぶのが 唯一の 賢い選択では 。
83 男のヒゲ剃り
 女性諸氏には無縁のことですが、男性となると 毎日の 髭(ひげ)の始末が 難問です。 カミソリは 何の意味もありません。 それは、剃る前に 日本で 慣れている あの 事前に必要な行動である 熱湯による髭蒸しが 不可能なのです。 高級ホテルは別として、田舎のG/Hでは、熱いお湯は 手に入りません。 長期旅の 若者バックパッカーが 無精髭を 伸ばして旅しているのを 良く 見かけますが、詮無し という感も します。
 毎日のことですので、厄介なのです。 髭ぐらい剃らなくとも 命に別状は無く、もう いいや と なってしまいます。 私が 持ち歩くのは、電池式の 電動カミソリです。 力は 弱いのですが、電気式は 各国のボルト、コンセントの形等々 難儀なことが 発生するので とりあえずは どこでも 手に入る「電池」仕様が ベストと思っています。 ただ、私が旅する地方では この種の電気器具には 不慣れらしく、G/Hの部屋の中で おもむろに 髭剃りのため この電池式電動カミソリを 動かしますと、その音に 周囲から不審に 思われることも 多々です。

 相当昔の話ですが、タイのノーンカーイから バンコクまで 寝台列車に乗り、朝方 バンコクに到着する頃を 見計らって この電動カミソリを 動かしたところ、その音に驚き、車掌が 私の所に 飛んできた ことが ありました。
84 生の日本語勉強
 ミャンマー・マンダレーのG/Hでの出来事です。 前日の夜 ナイトバザールへ 暗くなる前に 徒歩で出かけ、たっぷり もつ揚げ等 屋台料理など マンダレーの庶民暮らしを堪能し、いざ  帰る段になり 若干の酔いの中で 小路を歩いて戻ろうとすると 街路灯などあるハズもなく 暗がりの中で 野良犬集団と遭遇し 自分として精一杯 身の危険を感じました。 で たまたま とおりかかった 自転車タクシーに飛び乗り 危機を脱することにしました。

 下手なミヤンマー語と アジア人の姿からでしょうか あまり流暢とは思えない英語で ドライバーが 話しかけて来ました。 結果的に 私が 日本人であることを 見抜かれました。 すると かなりの長い期間 彼は 独学で 日本語を勉強していたそうです。 決して 自転車タクシーのドライバーとして 「日本人観光客」相手用に 日本語習得が有益との考えでは ないようでした。 さてさて。。。

 彼曰く 「日本人を客として 乗せたのは 初めてなのです」「生の日本語を聞いたのは 初めてなのです」「是非 もっと 日本語を聞かせてください」「私の独学での日本語のレベルを教えてください」。。。 
 で 乗せたところから G/Hまでの間での時間では なんとも 短すぎます。。 彼としては 私には 千載一遇のチャンスなのです。。 彼は 明日の朝 G/Hの前に 迎えに行きますから 是非 本場の日本語を 教えてくださいと 懇願するのです。。。
 ついつい そこまで 懇願されるのであれば 日本人として 拒否はするべきではないと。。 私は 思はざるを得ませんでした。

 で 翌朝 ある時間に G/Hの前で 出会うことを約束してしまいました。 
これが トラブルの根源でした。 たぶん 自転車ドライバーの縄張りが あるようで、たまたま 当人のドライバーが 遅れてきて、私は G/Hの前で 彼を待っていると G/Hテリトリーのドライバーが 案の定 声掛けをしてきました。 友達のドライバーを待っているので あなたには 用が無いとの返答したところ、その友達ドライバーの名前は と 聞かれました。 

実は 彼の名前まで 聞いてはいなかったのです。 しどろ もどろの私でした。 その場に 前夜のドライバーが 現れました。 近くの自転車ドライバーに 取り囲まれました。 多分 掟破りの詰問だったのでしょう。。 ああーー ゴメンと つい 心の中で 謝って しまいました。
85 行きずりの恋愛
 タイの地方都市の安宿G/Hで 毎日の部屋掃除アルバイトをしている 若きタイ人女性から 日本人男性から届いた手紙について 内容を教えて ほしいとの頼みごとを 依頼されました。

 多分 それなりの時間をかければ タイ語で 書ける方のように見受けられましたが 手紙は 多忙を極めているので とりあえず 日本語で 便りを出した というもの でした。 彼女は 日本語での読み書きは困難でした。 彼女には ペーパーに タイ語と英語併記で 彼氏からの手紙の内容を書き換えて あげました。 手紙の内容は プライバシーのことですので 詳細は伏せますが、 「おやじ」を標榜する私には 「おい おい 最後まで責任持てよ な」的な ものでした。 とりあえずは 三ヶ月後には 再訪する予定であるとの 一文 だけで 彼女は 全てを 安心したようでした。 

 旅の途中は 人恋しくなるのは 良く あることですし 特に G/H関係者とは 過ごす時間が 長くなる関係もありますし、 でもね 相手の感情も しっかりと 慮(おもんばか)る 勇気も 必要なのです。。。 余計な 小言 でした。。。。。
86 G/Hのご常連修行
G/H での フロントの従業員との付き合い方には ケースバイケースがあるようです。 深入りせず 距離を置かず が 結果的に 私の 処世術となっています。

 ラオス・ビェンチャンの中級クラスG/Hの ことです。。 空き室の有無と 部屋のチェツクを 例のごとく フロントの男性従業員と念入りに 交渉を開始していたところ、フロントのデスクに 二人の女性が 立っていました。 会話に耳をすませると 日本人でした。。

 フロントの男性に聞くと ここ数泊 しているとのこと。 二人の女性は いかにも このG/H常連との 風体を 醸(かも)し出して いました。 G/H客連絡伝言用のボードに 日本語をフロントの男性に個人教授するとして 平家物語の 序章を書き込んでいました。 私が 宿泊意図を フロントマンと 交渉開始している場面とは お構いなく フロントマンに 「日本語の 家庭教師の時間だよ」と 呼びつけ ました。

 その時の フロントマンの 迷惑そうな表情には 全く 気が付かないようでした。 フロントマンは しぶしぶ 私との交渉も そくそく と 彼女たちの傍らに向かいました。 私の後から 宿泊オーダーに訪れている 白人さんにも 彼女ら は まったく 意に介した様子は ありません。 「祇園精舎の鐘、、、」 ボードに書き込んだ日本語を 一生懸命 フロントマンに 反復させていました。

 G/Hは 常連になるべきです。。 だけどね。。 常連は 常連と認知されるには 仁義が ありそう なのですが。。
87 怠け者の昼寝
 「昼寝」、、 日本人にしてみれば、怠け者の代名詞にも思われます、、 だけと゜、、この効用については 納得するものがあります、
タイ人は、仕事もしなくて、日中から昼寝を 当然の如く している、怠け者 め。 だから、タイ人は と。。 つい つい 苦言を呈したくなる衝動に かられた時期も ありました、、 
 
 G/H で お昼に 食後 水浴びをして その後に 軽く ベットに 1,2時間 横たわることが いかに 体力を 温存する最良の手段で あるか ということに気づくには さほどの 渡航体験は 必要でありませんでした。
 なにせ 暑い中 日本人の如く せかせかと 動き回ることが 美徳と 思い込み ますと、長続きしません。 ミャンマーでも 夜中 自転車で 移動している方を たくさん 見ましたが、考えて見れば 遠距離を移動するには 手段が自転車しかない方々 にして みれば 日中 明るい内に 動くことは 体力を消耗して 命取り にも なりかねません。 やはり 太陽が沈んだ 夜の移動が ベストなのかも、

 現地人、彼らの 生活のサイクルを じっくり見極めて 同化することが 旅人の 肉体の危険を 回避する ベストの手段だとも 思っています。  郷(ごう)に入れば 郷に習え(従え) !!
88 外人同士のあつれき
 「信じられない、あなたの様な人を」、「私の国では あなたの様な人は 絶対に居ない」、「あなたは どこの国の人か」、 それは それは 中年女性の 大変な 剣幕でした。 私が ミャンマーのマンダレーから 高級船に乗り バガンまで 川下りする 出発間際の出来事です。

 前日中に 私は とりあえず 高額(?)USドルを 払い込み 座席指定を確保し 早朝 5時に まだ 真っ暗な中 前日に予約していた 自転車タクシーに乗って 桟橋まで向かい 左側の指定席に座り 落ち着いたところでした。 出発間際に 船のコンダクターから 右側の座席に移動するよう 指示を受けました。 「私の予約席は このシートなので 何ゆえに 移動する必要があるのか?」 と 尋ねましたが、すごく 命令口調だったので 航行の安全上の 指示だと 無理に納得して 重い荷物と供に 急遽 席を移動しました。

 その後 です。 ざわざわと 出発の ほんの間際 団体さんが 船に 飛び乗って きました。 挙句 団体全員がまとまって座るには 私が邪魔なので 私が座っていた席を あけろ と 団体のガイド役の ミャンマー人女性が のたまう のです。 団体は ファミリーの模様で、急遽 船でのバガン入りを選択し とりあえず 指定席を確保せず 桟橋まで ガイドを供に 来た、 そんな風でした。 確かに 満席であるハズもなく。。  特に 私は その席に 拘泥する必要も無いので 素直に 譲るべきとは 思いました。

 だけどね。。。

 若干 船のコンダクターに 文句を言いました。  ” 私の 指定席を あえて あなたが 動かせた上で それで また 今 動くことに なる とは !!!  なんらかの 説明が あなたから 私に 必要では無いですか、、”   その後の 動きが 冒頭の 言葉です。 

 私は 意地に なってしまいました。 凄い剣幕で捲くし立てる女性に対して 内心で 「あなたの国が 世界基準なのですか」「あなたの国が 世界のセンターなのですか」「お願いするのであれば 貴方は まず 先に 発すべき 単語が あるのでは無いですか。 例えば まず please とか」、、 まだ その場面では 表面では 船のコンダクターと 私の間の 会話でありました。。  団体の方々とは 直接には 会話は回避していました。 

 その後 中年女性は 私に 「あんたは アジア人 だろう」 と いかにも 見下した 言い方を 投げかけて きました。。 ついに 私は 切れました。。  英語の訛(なま)りから ドイツ人であることは 分かっては いました。 「謝 れ」 と 私は 要求しました。 だけど ついぞ 最後まで 聞くことは ありませんでした。

 この時に 限らず いままで アジアを回って あらゆる場面で 私は ヨーロッパ系では ドイツ人と スイス人には 良い思いでは 皆無なのです。。。 逆に 私が 私が苦手としている ドイツ・スイス人からは やっぱり日本人は と 思われているのかも しれませんが、、、
89 想像絶するトイレ
 これを「危険」と言うべきなのかについては 分からない が・・

 共同シャワー・トイレの G/Hも 良く 利用します。 共同しかないG/Hの 町もありますし、そういった町では 満室とか 特に 混みあっていることもないので それ程の 不自由・不都合 を感じたことは ありません。 が、、、 それなりに いろいろと ハプニングは 起こります。

 ラオスの ウドンサイのことです。 ムアンシンから ポンサリーへ 向かう途中に 宿泊 立ち寄り 町中を歩き回って そこそこのG/Hには巡り合ったのですが、あえて 「○○賓館」と称する 中国系のG/Hを 選んだ際のことです。 シャワー・トイレ付の部屋もあったのですが、共同に決めました。 案の定、宿泊客の大半は ボーテン国境を越え 息抜きに来ている中国人でした。 チエックインは 午後4時頃だつたのですが、バスの埃に塗(まみ)れて 直ぐに シャワーをと 思ったところ、フロントで「今の時間は 水が使えない」とのこと。。 まあ シャワーは 急ぐことも無いと諦めて 軽い睡眠を貪(むさぼ)っていたところ ついつい 小用を感じました。

 共同トイレに向かいました。。。。 アレーッッッ・・・・  トイレの汚れ というより それは 最早 トイレではなく 野糞の場でした、、

 足の踏み入れるスペースが 無い程 塊が です、、 便器はあるのですが、便器の存在・位置が 全く 無視されているのです、 トイレ個室スペース内に。 想像が できますか ?? 始末の後を流すための 水が 無くても お構い なし、、 若干の吐き気の催しを飲み込んで トイレ使用は あきらめました。 でも 私は 何としても 小用は 果たさなければ、、
90 女の油断
 これも 「危険」のカテゴリーなのかは 自信が 無いが。。

 共同トイレ・シャワーの件です。 ラオス・パクセーでの ベトナム人経営のG/Hでの ことです。 パクセーでは、ベトナム戦争時に 国境を不法越境したまま ラオスに居付き、G/H経営、食堂経営を始めた ベトナム人が 多いようです。
 バスターミナルに到着して バスのボンネットの上の荷台から 小生のバックを そくそくと 受け取り、たむろする ソンテオ運転手との チャーター運賃交渉を 完了し、何度かお世話になった 目指す G/Hに直行しました。 悪路のバス乗車での土埃(ほこり)との 戦いに そして 途中のエンストとの気ままさに 惨敗して たどり着いたG/H では またまた 共同トイレ・シャワーの部屋しか ありません。 

 私の 後を 追いかけるように 白人の女性グループ4人が 追いかけて来ました。 結果的に 同じ G/Hに 彼女たちも 宿泊しました。 土埃の魔物を 取り除きたくて シャワー室の奪い合い(?)に なってしまいました。 うん うん、、 女性優先だよね。。 とりあえず 落ち着くのを 待った上で やっと タイミングを得ました。 シャワー室(と言うりは 水浴び室が正しい かも)の 水タンク(桶)の量の 少なさに 愕然とは しつつも、、、 何とか。。  あれーっっっ。。。

 脱衣所スペースなどあるはずもなく 先客の彼女が 残した 着替える前の 極めて派手な色の 下着が シャワー室内に 置き去りに、、、 シャワーを 浴びた快感のために 浴びる前の行動については 全て 忘れて しまったのでしょうか、、 

 是非 共同シャワー・トイレのG/Hを 選ばれた場合には、 女史諸君には いろいろと 「恥」の 危険が 潜んで。。 

 このページの先頭に戻る
もどる