ライン

カンチャー・バティック

  カンチャー ; 「大麻(たいま)繊維、ヘンプ」  Cotton(綿織物)では無いですが ここにページを 入れました。
 最近 タイ・チェンマイのナイトバザールでも しばしば目にする 大麻繊維(ヘンプ、タイ語でカンチャー)のバティックによるロング・ジャケットです。 肩には クロス・ステッチの刺繍が施されている。 染めは キアイ(クラーム)ではなく リュウキュウアイ(ホーム)だろう。 
 ラオスの紛争の時に サイヤブリ県から国境を越えて逃げてきて タイ北部にに住みついたモン族の 製品が売られ出したのだと今は思っています。 純粋なモン・バティックの模様よりは 現代風である。

 Marihuana cloth is woven in some places, mostly in the hilltribe villages. In Thailand they use the word KANCHA, meaning marihuana cloth, and this is often dyed with Indigo.( 大麻繊維の布も 所々で 特に山岳少数民族の村で 織られている。 タイでは 「カンチャー」の言葉を使っており 染めにはインディゴ藍が 良く使われている )  ・・・ ( 「Natural Dyeing in Thailand」 by Marjo Moeyes, White Lotus Co.,Ltd. )

 麻には靭皮繊維を持つもの(亜麻、大麻、芋麻、黄麻)と、葉脈繊維を持つもの(マニラ麻、サイザル麻)の二種類がある。
英名 hemp, 学名が Cannabis sativa L, の 大麻(たいま)は 古代から人間と深くかかわってきたアサ科の植物である。実(み)は食用や薬用になり、小鳥の餌にも利用され、また種子油はワニスや石鹸の原料にもされた。靭皮繊維の長さは 2cmくらいと長く丈夫である。特に 花の咲く時期に茎から収穫した靭皮は良質とされる。  ・・・  「染と織の鑑賞基礎知識」 (小笠原 小枝 至文堂刊)

 In Laos, embroidery and applique were tecniques that depended upon materials such as colored cloth, ribbons, and thread bought in shops or from wandering traders. But batik did not depend on outside sources. Batik decoration of hemp cloth produced an unique, idiosyncratic material entirely without assistance from outside the home.It was a decorative technique which used only material either grown on the farm (hemp and indigo) or gathered in the forest(beeswax). Only the copper for the pens came from the outside world. In Sayaboury, a less wealthy and more conservative region, the batik tradition was truer to the intricate drawing of the Chinese heritage, possibly because there was less money and opportunity to buy thread and cloth for elaborate applique.  ( ラオスで良く見られる刺繍とかパッチワークの手法は その材料は 町の店か 行商人から買った カラフルな布、リボン、糸である。 しかし モン・バティックの手法では そういった他から持ち込まれた材料は使われない。 家の周りにある 独特固有の材料を使う。 大麻とインディゴのように自分の畑で栽培する材料か 蜜蝋(みつろう)のように山の中から採取して来る材料だけで 作られる布である。 他から持ち込む唯一の材料は ペンとして用いる銅製品のみである。 ラオス・サイヤブリ県は もっとも貧しく 保守的な気風の地域であり 糸やパッチワーク用の素敵な布を 買うお金・機会が少なく そのことが 中国の流れを汲む モン・バティックの繊細な伝統布が より純化されたままで ごく最近まで 引き継がれていたのだと考えられる )  ・・・ ( 「H'mong Batik--a Textile Technique From Laos」 by Jane Mallison and others, Sikworm Books in Chiang Mai )
裾はサイドベンツ風のスリットとなっており ループ・ボタンホール。 衿はマオ・カラー。 
裏地もしっかり。 同系のトゥング・ヤーム(肩掛け袋)も。
prev cotton home tribes