ライン

ムック(muk)

 経(たて)糸を織物表面に浮かせて 絵模様を織り上げる。この技法だけの布は 90度回して見れば 
一見 緯(よこ)糸を織幅一杯に通して 浮かした絵模様を織るキット(khit)の文様と変わらない。
より手間のかかるムックは その他の技法と組み合わせて価値が出る。
ますます複雑な技法となり 織る人が 一層 少なくなる。
丈夫で扱い易い木綿絣は普段着 
手間の割りには絹に較べて評価が低く 手がける人は少なくなっている
染め易い木綿絣は 自然な色・風合いで好きだが 手に入りにくい 刺繍のような縫取り織(ジョク)
ラオスの観光土産ショップで必ず見つかるが 良質の織物は少ない。 地は木綿を使用。
緯浮織(キット)と絣(かすり)に経浮織(ムック)の三種の技法が使われている。
経糸と絣部分は木綿で 浮織り模様部分は絹糸使用
ミャンマーの織物で 浮文織・縫取織・縞を組み合せた模様 ミャンマーでは珍しい絣を織りこんでいるが 模様は単純。
タイ産プリント柄化繊60% 木綿40%のロール生地で、ラオスでも 伝統の仕様に加えて、スカートに利用者が 急速に 増加している。
安くて扱い易く 遠目で見ればキット布と間違える。「シン・コピー」という。
藍染めの絣と緯浮織り(キット)で 巻きスカート用の生地に良く使われている。 これも 絣と緯浮紋織り(キット)
ラオス女性は 今でも 伝統的な巻きスカートが主流である。
旧暦5月(太陽暦の4月)の「ピーマイラオ」(ラオス正月)での祈り。先祖のお墓参りをしたり 
日本の「お盆」に似ている。ラオス北部地方の風景で 晴着を身につけている。
silk home next cotton